カテゴリー別アーカイブ: 街歩き

Tシャツとか、連敗惨敗とか。

国立競技場近くのお店。
th_IMG_6316

テニスコートデザインのTシャツが。
th_IMG_6176

USオープンのオフィシャルTシャツ?
そのわりにはフレンチっぽい色合い。

よく見たら・・・
th_IMG_6177
USA.OPENだって。
なんじゃそりゃ。

いよいよUS.OPEN開幕だ。
なんだかんだあるけど、やっぱり楽しみだ。

 

さて、ゴルフである。

某日、K女史から電話。
コロナ自粛モードから久しく連絡を取ってなかったっけ。

「元気でした?」

「まあなんとかね。スクールは休業で大変だったけど」

「ゴルフいきましょう」

「ゴルフかぁ」

「Nさんが大阪から帰って来るんですって」

元ウイルソンの担当氏、Nさんが転勤先の大阪から戻るらしい。
あとは、ナイキジャパンのマネージャーSさんを誘ったとか。
K女史も含め、なかなか揃わないメンバーだ。
そういうことならと重い腰をあげた。

ゴルフに腰が重ってのはどうかと思うが、
今回は千葉だから近いし、気持ちも楽だ。

 

Nさんがその日に大阪に戻るってことで、いつもラウンド後の打ち上げはなし。
と思ったら、「前泊するから前夜祭しましょう」とK女史。
どんだけ飲みたいんだよ。

前夜祭の店もいつもの近所のイタリアンだし、
じゃあ行くかねってことにしたのだが、
当日になってあれこれとやることが出て来て、
どうにも時間が取れず、まさかのドタキャン。

「明日はちゃんと行くから許して」ってことになってしまった。
まあ、ゴルフもドタキャンしたらもう遊んでもらえないな。

 

一夜明けてラウンド当日。
メッチャいい天気。
というか、危険な暑さ。
th_IMG_5914
なんていうゴルフ場だっけ。
もう忘れた。

いちおう練習なんかをしてみる。
th_IMG_5916
相変わらず調子がいいも悪いもよくわからない。

パッティング練習なんかもしてみる。
th_IMG_5918
パターで50センチもドライバーで200ヤードも同じ1打だしね。
ゴルフって理不尽なスポーツだな。

今日のメンバー。
th_IMG_5920
なんだかねぇ。
もう何年の付き合いだろう。
ありがたいな。

ラウンド開始。
th_IMG_5919

今日こそはK女史に勝ちたいぞ。
ここ5回以上勝ってない気がする。

そんなワタクシの秘めたる思いとは裏腹に安定感抜群のK女史。
th_IMG_5921
今日も厳しいラウンドになりそうな予感。

ナイキのSさん。
th_IMG_5929
数年前のひどいスランプからはすっかり脱した模様。
あの時はティーグランドの真横のブッシュにドライバー打ち込んでたくせに。(笑)

SさんもK女史と勝負しているらしい。
ちゃんとハンデをあげてるところがワタクシとは違うな。

Nさんは別格。
th_IMG_5922
ほぼパープレーで回っているので、比べる気にもならない。
っていうか、どうしてワタクシたちと遊んでくれてるんだろう。

前半、Sさん、K女史、ワタクシ、ほぼ横並び。
いや正確に言うと、K女史は1.5歩ほどリード。
なんとか追いつかないと。
th_IMG_5931

 

後半、デッドヒートな感じでのショートホール。
th_IMG_5932
ワタクシ、1オン。
Sさん、ちょっと横にこぼれたが、ほぼオン。

そしてK女史は届かず手前に落とした。

グリーン手前から寄せのK女史。
グリーン横から見守るSさんとワタクシ。

カツン!

「あ!強い!こりゃ行っちゃうわ」と、Sさんとワタクシ。
これで2打は追いつくかもと二人とも思った。

と、ここで信じられないことが。

K女史の強めのボールがピン当たった。
そして、カコン!と・・・。

「バーディーで〜す!」とK女史。
崩れ落ちるワタクシたち。
そう、何かを持ってるオンナ、それがK女史。

このチップインバーディーでとどめをさされ、
結局K女史に惨敗したワタクシたちである。

全ホールでレギュラーティー、一度もレディースティーを使わずで
90台前半で回られたら、何の言い訳も出来ない。
参りました。

 

これでK女史に何連敗だろう。
というか、もう一生勝てない気がしてきた。

どこかで連敗止めないと。
もうちょっとちゃんとやろうっと。
(って、いつも口だけ)

th_IMG_5925
Nさん、Sさん、ありがとうございました。
K女史、また誘ってね。

カテゴリー: ゴルフ, 仲間, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

雑貨屋とか、コーチャブルとか。

通勤時のウォーキングは適当にコースを変える。

なんか雰囲気の良い店があった。
th_IMG_4044
なに売ってるんだろう。
今度、行ってみようっと。

って、どこだっけ?これ。

 

さて、なんとも腹に落ちた話。

アスリートの為末大氏がこんなツイートをしていたのを見つけた。

 

結局、コーチングが機能するかどうかは受け手側の問題。

松下幸之助翁も、
「学ぶためには素直さが必要。そうすればすべてが師となる」
と言っておられるということ。

確かに。

 

このツイートにたどり着いた記事(Apps&Books)によれば、
アップル再建の際のスティーブ・ジョブズへのコーチングをはじめとし、
様々なビジネスマンにコーチングをし、1兆ドルコーチと呼ばれたビル・キャンベル氏は、
「コーチングを受け入れられる素養がある」人にだけコーチングを施したらしい。

つまり最初から聞く耳を持たない人は相手にしなかったということ。
提案しても「それは難しい。なぜなら・・」と言い訳が先に立つ人。
新しいことに出会うと、「やたったことがない(だから出来ない・やらない)」と考える人。
そして、コーチングを受けるかどうかを「どんなコーチかによる」と答えた人はバッサリ切り捨てたそうだ。

簡単に言うと、「言っても無駄」な人は最初から相手にしない。
コーチングが機能しない人のオファーは受けないということだ。

コーチングを受けいられる人だけにコーチングをすれば
成功率は著しく上がるはず。
もちろん、コーチングが正しいことが前提だけど。

前述の為末氏、そして松下幸之助翁が言う通り、
受け入れ、学ぶ姿勢を持つものだけが伸びるのだ。

 

たしかに、若手スタッフの評価や採用の規準も
「一緒に仕事が出来る人物か」だったりする。
それを別の言い方に置き換えれば「素直さ」だったりする。

さらに言えば、指導や注意、忠告、成功も失敗も素直に受け入れ、自分の糧にできるか、
その素地がありそうかどうかが見極めにおいては大きかったりする。

 

何か新しいことをやってみようと提案したりする。

ワタクシの場合、最初は「指示」ではなく「提案」でノックすることが多い。
「これやれ」と言われてやったものって、魂が入っていないと思うから。
自ら「これ良い」「すべき」と思って動いたほうが、確実にクオリティが上がるから。
もちろん、賛同してなくても、やるべきことはやってもらうけど。

ノックに対して最初の反応は様々。
「うーん」「忙しいし」「出来まかねぇ」の言い訳、逃げ系。
「面白そう」「やってみますか」「方法考えてみます」のポジティブ系。
実行に移したとして、どっちがより成功に近いかは明白。

 

「それは違うでしょ」ってことで、叱ったり指導することもある。
(いちおうそんなこともする)

注意される、叱られる、指導されるのはわかっていること。
まず最初に相対した時点でどんなスタンスを取っているか。

「いや、そんなことは(ない)」
「自分はこういうつもりだった」
「こう言ったと思うのだけど」

言い訳、逃げ系、はたまた逆ギレ。

叱られているということだけで頭がいっぱいで、ひたすらガードと逃げ。
こうなると、もう本質まで辿り着くことは出来ない。

 

何が原因だったのか、何が悪かったのか、
事実を分解し、分析し、どう改善すれば良いのか。
出口を見つけることが出来ない。

叱られることへの耐性低いのだろうか。
謝罪を悪だと思っているか、謝ったら負けだと思っているのか。
とにかくガードポジションを取り続ける。

ちなみに、問題があるのなら、まずは謝罪の言葉は必要だと思う。
謝ろうとせず言い訳を並べ始めたら、「まず謝罪はしよう」とは言う。
しかし望む本質は謝罪ではない。
欲しいのは原因究明と再発防止サウ。

語弊があるかもしれないが、謝罪なんて心からの1度でじゅうぶん。
ずっと申し訳なさそうな顔も必要ない。

欲しいのは、受け入れて一緒に次を考えること。
「現実を受け入れる素直さ」で成長が決まるような気がする。

 

最初に戻る。
ようは「どう受け取るか」だ。
もちろん、「どう伝えるか」の問題もある。
しかし世界一のコーチも、松下幸之助翁も、為末大氏も「学ぶ姿勢」と言っている。

ワタクシ、コーチングなんて立派なことはしていないし、
仲間と一緒に走っているだけだけど、成長は必須。
素直に学ぶ姿勢が無いと成長はないのは真理だと思う。

仕事だから「相手にしない」は出来ないが、
どんな反応、どんなスタンスを取っているかで、
「これじゃ伸びない(よ)」と思うことはある。

書いていてだんだん自分も苦しくなってきた。(苦笑)
ワタクシも叱られるのは嫌いだ。
指摘や指導を受けた時、一瞬ガードポジションを取ってしまうこともあると思う。
しかし冷静にそこから学ぶ姿勢を取れるようにしたい。

「叱られちゃった」だけしか残らないのはもったいない。
どっちに転ぶかは自分次第なのだ。

この話、もっと奥が深く多岐に渡っていた。
自分なりに掘り下げて考えてみたい。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

角とか、案内とか。

高輪あたり。
th_IMG_4686
以前から気になっていた一角。

メッチャ細い(薄い?)家。
1階はたしかカフェ。

2階は住居ぽいな。
住めるのね。

 

さて、某日はレックテニススクール府中へ。

ミーティングやら、あれこれを終え、コートでレッスン観察。
山本コーチも上高原コーチも暑い中、元気に頑張っている。

ホントこの二人、元気でいいなぁ。
お客様も楽しそう。
暑い中、ご来場いただきありがとうございます。

レックテニススクール府中は15校の中で一番最初に営業を再開した。
各種の感染防止策は、以降の再開校のロールモデルになった。

お客様の入退場路のご案内、コート入り口を入場口、退場口で分ける、消毒液の設置、
コートでは、体操時の配置、ドリル時の配列、ボールアップ時のカゴ配置等々。
様々な感染予防の工夫を凝らし、アップデートしながら再開営業をしてきた。

で、ふとコート入り口を振り返り、案内を見た。
th_IMG_5736
入退場口のご案内だが、はげしい違和感。

近くにいた、フカダ支配人に話しかける。

「これ作ったのだれ?」(キミでしょ、間違いなく)

「私です」(が、なにか?)

「やっぱり」

数秒間の沈黙。
そして二人で爆笑。

「直します」

数分後、表記が変わった。
th_IMG_5738
やっぱり「こっち」じゃなくて「こちら」だよね。

この言い回し、間違いなくフカダコーチだと思ったけど、ドンピシャだった。
まあ、指摘する前に自分で読んで気づいたからよしとしよう。
こういうところが憎めないキャラなんだな。

そして、そんなことがあっても、
「付き合いますよ」と、勝手に獺祭を頼むヤツ。
th_IMG_5739
まあ、たまには良いか・・って、最近はキミとしか飲んでないぞ。

なかなか楽しいレックテニススクール府中である。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラコステとか、テクニファイバーとか。

明治通り、渋谷あたり。
th_IMG_6064
ラコステ・ショップである。

懐かしいな、ラコステ。
ポロシャツはアイビー少年の定番だった。

CHEMISE LACOSTE (フランス製)だのIZOD(アメリカ製)だのと、
あれこれこだわって何枚も何色も持ってたっけ。

あの頃って、すごく洋服にお金使ってたなぁ。
たぶん服自体が高かったんだよね。
(で、ラコステは今も高い)

ちなみにシューズも出してる。
th_IMG_6065
実は今後、競技用のテニスシューズも出すんだとか。
これも楽しみ。

 

さて、そんなわけで、某日はここへ。
th_IMG_6015
目黒駅直結のオフィスビル。

訪ねたのは・・・
th_IMG_6014
ラコステジャパンさん。

テクニファイバーが来年からラコステジャパンの扱いになるため、
来期に向けての展示商談会が開催されたのだ。
th_2007_Tecnifibre_eDM
しかしまあ、目黒駅直結とは、いい場所にあるよね。

遅い時間帯に行ったからなのか、会場内は人少なめ。
th_IMG_6008

あ、入った途端に「ワッキー テニス365チャンネル」のワッキーさんに会った。
なんか、どこにでもいるなぁ・・・と思ったのはお互い様か。

 

ちなみにテクニファイバーさん、最初は直接取引の会社はかなり絞るらしい。
実際、スタッフさんの状況を聞くとそんなに多くはなく、広くカバーするのは無理そう。
代理店経由になるのも自然な流れって感じ。

実はバボラさんも同様の施策をとっている。
どちらもスタートは少数精鋭で徐々に販路を広げる作戦のようだ。

そんな中、我らTeam RECはどちらも直取引でお声がけいただいた。
ありがたい限りである。

 

会場にはラコステのアパレルも。
th_IMG_6008
ジョコビッチのグランドスラム着用モデルもあった。
高いな、でもいいな。どこで買えるんだろう。

前出のシューズも展示してあった。
看板のメドベージェフが履くのかな。
なかなか特徴的な作りだった。
そして高かった。(こればっか)

 

そして、楽しみがひとつ。
th_IMG_6013
ボールの展開が決まった。

実はテクニファイバーのボールはかなりの歴史を持っている。
th_IMG_6009
ローランギャロの試合球もバボラの前はテク二ファイバーだったそうだ。
そういえばそんな気もする。
忘れてた。

ブリヂストンと一緒につくった製造工場産なので品質もまったく問題なし。
簡単に言うと、ロゴプリントがブリジストンなのかテクニファイバーなのかの違い。
これは心強い。

実はバボラもボールを本格展開するそう。
ヨネックスもこれまで以上にボールに力を入れるとか。

ブリヂストンがテニスから撤退し、ボールのシェアがどう動くのか
興味もあり、心配もありの今日この頃だったが、ちょっとホッとした。

 

他にも忘れちゃいけないストリング等、あれこれ商談をさせていただき、
来年から良い形で協力体制を組めそうな予感。

以前からの知り合いもいたりして、初めてな気がしないラコステジャパンさん。
一緒にテニスを盛り上げられように頑張ります。

それにしてもオシャレなオフィスだった。
1席貸してもらえませんか。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ホンダ車とか、足痛いとか。

通勤途中に。

いい感じ。
th_IMG_4045
マット塗装にステンシルのロゴ。
グリル系もマットブラック、ホイルもガン鉄のブラック。

センスいいなぁ。
この手の車種に興味がないので、車名もわからないけど、
普通のホンダ車がここまで雰囲気出るのね。

次のTeam RECカー、こんな感じでどうだろ。

 

さて、しばらく前から足が痛い。
もう1ヶ月くらいだろうか。

左足の足首っていうか、甲のあたりが痛い。
その痛みが足の横に回ってくるような気がする時も。

なんだろう。

実は最初、痛風を疑った。
もともと尿酸値若干高めで、かかりつけのお医者さんに
「注意してね。乾杯はハイボールで」って言われてるし。

いつも、先生に「ビール抑えてますか?」と聞かれると、
「はい。まあまあガマンしてます」とウソをついてる。

「じゃあ、今日は血液検査をしましょうか」と笑顔で言われ、
「先生、今日は勘弁してください。ちょっと時間が欲しい」と、
実はウソでしたと、ほぼ白状状態になってたり。
ごめんなさい。

このところ、夏を迎えてビールを全然控えていなかった。
まあ、冬でも普通に飲んでるんだけど。

これまで痛風になったことはないけど、
いよいよ来たかと思ったり。

でも、痛風って足先が痛むんだよね。
足首とか足の甲っておかしいか。

最近は、もしかして骨かなと疑っている。
走る、歩くでオーバーワークなのかも。

休日のランニングで15kmほど。
平日は通勤時のウォーキングを含め、15kmの歩行を目指している。
ちょっとやりすぎなのかも。

レントゲン撮ってみたほうが良いのだろうか。
でも、疲労骨折だったら、治るの待つしかないんだよね。
そしてその間は安静、運動禁止だよね、きっと。

どうせ自然治癒なら、診察料もったいないな。

取り合えず・・・
th_IMG_5897
湿布でごまかした。

これで治ればラッキーだな。

そうこう言いながら、相変わらず、ランニング、ウォーキングは続く。
「それがダメなんじゃない」という声も聞こえるような、聞こえないような。
あ、ランニングシューズ買わなきゃ。

カテゴリー: クルマ, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ディアドラとか、グキッとか。

原宿にて。
th_IMG_4041
こんなところにディアドラのショップがあるのね。

そうそう、このたびディアドラも取り扱うことになった。
近々、シューズ&アパレルが登場予定。
お楽しみに!

 

さて、毎朝の散歩がワタクシの日課である。

散歩って言っても、ワタクシがではなく、この方ね。
th_IMG_5039
Cooさんは、なぜか外でしかトイレをしないので、
雨の日も風の日も、吹雪の日も散歩は欠かせない。

最近は寄る年波で動きも緩慢に・・と思いきや、
散歩の時のパワーは相変わらずすごい。

あっちへこっちへ、他の犬を見つけると駆け出すし。
これだけ自由奔放に散歩してる犬はあんまり見ない。

他の家の子達はちゃんと飼い主と一緒に歩いてるぞ。
小さい頃、散歩のしつけをしなかったのが失敗だったなぁ。

若干おしゃれな作りのこの街。
ちょっと危険な場所がある。
石畳ふうの歩道にも危険箇所が。
th_IMG_5029

アクセントで入っているこの石の部分。
th_IMG_5027
濡れるととにかく滑るのだ。
これはあまりに危ないだろってことで問題になり、
歩くであろう場所はザラザラに削って対策をしたほど。

とはいえ、端っこなどはツルツルのまま。

先日の雨上がり。
じゅん散歩ならぬ、Coo散歩をしていた。

相変わらず自由なCooさん。
右へ左へと落ち着かない。

油断していたら急にCooさんが横に動いた。
運悪くワタクシの足っていうかサンダルはこの石の上。

ツルッと滑ってバランスを崩した。
5センチ程度の幅だから、転ぶまでには至らなかったのだが、
とっさに踏ん張った時、首に力が入ったようで、
寝違えみたいになってしまった。

痛い。
まともに横を向けなくなってしまった。
朝っぱらから困ったことに。

首が動きづらいままにレックテニススクール府中へ。

ことの顛末をフカダコーチに話したら、笑いながら、
「オジイちゃんじゃないですか」だって。

コイツ・・・。
まあ、完全否定はできないけどね。

転んで骨折るよりはいいか。
なんとかならないかな、あの危険地帯。
あ〜、首痛い。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, , , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

タレとか、カセットとか。

めずらしいオニギリがあると、つい買ってしまう。
th_IMG_6067

まさに、タレめし。
そのまんま、何のウソもない。
よって文句の言いようもない。(苦笑)

 

さて、某日の帰り道。
歩道の端に不法投棄と思われるゴミが。

ん?なんだあれ。

近寄ってみた。
th_IMG_6057
カセットデッキ!
なんか、久しぶりに見たぞ。

しかもソニーのダブルデッキじゃないか。
th_IMG_6059
なんかとっても懐かしい。

この押し込みタイプのボタンも懐かしいな。
th_IMG_6061
ガシャン!て押し込む感触、最近はないなぁ。

ダブルカセットでのテープのダビングも懐かしい。
ダビングでの音質の劣化も、デジタルコピーの今となっては昔話。

我が家に初めてきたカセットデッキもソニー製。
まだダブルカセットが出てくる前だけど、大事な音響装置だった。

TV番組から音楽を録音。
まだラインでの録音なんてできなかったから、
余計な音が入らないように息を潜め、音がしないように録音した。
途中で母親の「ご飯だよ〜」で台無しになるのは、昭和のあるあるだった。

カペンターズ、ビートルズをはじめて聴いたのもカセットだった。
ガシャリと再生ボタンを押し込んだら流れてきた
Yesterday once more、Ticket to rideにぶっ飛んだ。

そんなことを思い出しながら、道端にしゃがみ込んでるオジサン。
ちょっと危ないか。
th_IMG_6060

そんなに汚くなかったので、持って帰るかと一瞬考えたけど、
たぶん動かないし、そもそも大量のカセットテープは
ずいぶん前に処分してしまい、1本もないから思いとどまった。

カセットデッキ、青春のアイテムだよなぁ。
ああ、年とった・・・。

カテゴリー: オモチャ, 街歩き, 音楽, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バンとか、鈴木貴男プロ登場とか。

裏原宿あたり。

シルバーのボディが輝いていた。
th_IMG_4040

なんかのお店らしい。
th_IMG_4039

どこのクルマがベースなんだろう。
th_IMG_4038
全然わからないけど、いいな、これ。

 

さて、先日のレックインドアテニススクール上石神井

Team RECプロメンバー・スペシャルクリニックに
いよいよ鈴木貴男プロの登場である。

実はこのプロメンバー・スペシャルクリニック。
当初は鈴木貴男プロは組んでいなかった。
色々と忙しい鈴木プロなので遠慮していたのも正直なところ。

と、鈴木プロから連絡。
「皆がんばってるし、ボクもやります!」という、何とも有難い申し出。
ならばぜひ!ということで、急遽、鈴木プロの回を設定した。

しかし、そこは鈴木プロ。
おそらく申し込みが殺到し、混乱することも考えられる。
枠も少ないし、電話での受け付けはやめておこうってことで、
Webでの申し込みのみとさせていただいた。

申し込み受け付け開始時刻。
1分!
瞬殺で満員御礼である。
おそるべし。

そんなラッキーな会員様へのスペシャルクリニックとなったのだ。

鈴木プロ登場。
th_IMG_5947
マスクはTeam RECを愛用中。

クリニック開始。
th_IMG_5963

デモンストレーションがいちいちすごい。
th_IMG_5966
やっぱり言った通りに打てるって説得力あるよね。

後半はダブルス形式。
th_IMG_5989

th_IMG_5968
鈴木プロのボレーのキレの良さ、もう神業レベル。
すごくいいイメトレになったと思う。

最後はサービス。
th_IMG_5993
さりげなく打ったサービスが連続してターゲットにあたる。
どんなコントロール力なんだろう。

th_IMG_5999
やっぱりすごい、鈴木プロクリニック。
無事に終了である。
鈴木プロ、あろがとうございました。

このクリニック、もっと多くの方にと、
鈴木プロがさらに2コマ設定してくれた。
th_takai1-724x1024
お席は少ないが、ぜひトライしてみてください。

Team RECのプロメンバーからの申し出で実現した今回のスペシャルクリニック。
「今できること」を皆が考え提案してくれた。
なんか、チーム感がとてもうれしい。

チームにプロを迎えるかどうかは、
「この選手になら看板を背負って欲しい」
「一緒に戦いたい」
そして「いいヤツ」ってのが大きい。

このメンバーでよかった。
まさにそんなことを思った特別企画だった。

もうすぐツアーも再開になる。
メンバーがどう動くかはまだすべてが決まったわけではないが、
それぞれのステージで戦いが始まる。
ぜひ応援をお願いします。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事, 仲間, 街歩き, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マンホールとか、メガネとか。

千駄ヶ谷のマンホール。
th_IMG_3571

th_IMG_3573

th_IMG_3574

th_IMG_3572
棋士キャラクターが描かれている。

近くに将棋会館があるし、将棋の街みたいな押し出しなんだろうか。
そのうち、藤井聡太も登場するのだろうか。
探してみようっと。

日本将棋連携もちゃんと広報活動してるんだな。
テニス界ももう少し頑張らないと。

 

さて、メガネがこんなことに。
th_IMG_4954

最近はおもに自宅作業用にしていたメガネ。
なんだか建てつけが悪くなってきたっていうか、
剛性がなくなったなと思っていたが、ポキっと折れた。

金属疲労ってやつなのか。
レンズを入れ替えながら、ずいぶん長いこと使ってたから、
これも寿命ってことなんだろう。

直すか?
いや、もういいよね。
10年以上?長いこと付き合ってくれたし。

このメガネ、アニエスべーのもの。
まあまあ高かった。
たぶん、数万円のメガネを買った最後だと思う。

思えば、メガネって安くなった。
はじめてメガネを作ってもらった中学時代も数万円したもんね。

今は、JINSやZoffで数千円。
レンズを替えるよりフレームをごと交換が当たり前になった。

気づけば、家の中にメガネが溢れてた。
th_IMG_5911
これはほんの一部。
同じのばっかりじゃないかいっ!ってツッコミはなしで。
ウエリントンタイプが好きなんだな、結局。

でもって、時期がずれてるから、微妙に度が合っていない。
まあ、多少の度のズレは気合で。

しかし、メガネがないと生活できないって不便だわ。
レーシックとかってどうなんだろうね。

カテゴリー: 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

Papasとか、テクニファイバー試打会とか。

麻布だったかな。
th_IMG_3565
パパスカフェがあった。
いい感じに街に溶け込んでる。

ずいぶん前、Papasを好んで着てた時期があった。
高いんだよね、Papas。
シャツ1枚、2万円近くするし。

すっかり買わなくなったけど、今も高いのかな。
ユニクロってすごいね。

 

さて某日、朝から大井町へ。
th_IMG_5639
着いた先は大井町スポル。

まだオープン前なのか人はいない。
th_IMG_5641
ボルダリングって感染症対策どうしてるのかな。
突起をひとつずつ除菌するわけにもいかないだろうし。

なんてことを考えつつ、テニスコートへ。
th_IMG_5643

この日はテクニファイバーの新製品試打会。
th_IMG_5646
取り扱いはブリヂストンさん。
年内でテニス事業から撤退するので、今回が最後の試打会になるそうだ。

当日は密を避け、時間区切って少人数の予約制。
商品説明も外のテント下で実施された。

説明を受け、コート内へ。
th_IMG_5645

参加者はワタクシも含め5名のみ。
で、コートの向こう側を見ると、見たことのある顔が。
th_IMG_5684
守屋宏紀プロと土井コーチ。

この二人を相手にひたすら打ち合うって趣向。
なんとも贅沢な試打会である。

担当のスエダさんに「豪華ですね」と言うと、「最後なんで」とのこと。
あらためて残念。

ってことで、新製品を試打。

なるほどな、次はと。
守屋プロ、お願いしま〜す!

ありがとうございました!
えーと、次はと。
守屋プロ、お願いしま〜す!

ありがとうございました!
次はこれか。
守屋プロ、お願いしま〜す!

って、疲れるよ!

守屋プロ、かなり気を遣って打ってくれてるけど、
それでもボールは速いし、深いし、重い。
さすがプロだ。
当たり前だけど。

このままローテーションに加わっていると死ぬと思ったので、
ラケットの感想を言うふりをしてサボった。
現役バリバリのコーチの皆さんに混ざって打ち続けられるわけがない。

最後に担当のスエダさんと打ち合う。
実業団でもよく当たったブリヂストンスポーツさん。
スエダさんはもう選手からは引退したってことだけど、
元コーチだけあってやっぱり上手。

スエダさんとの付き合いも10数年になる。
仕事で絡めなくなるのを惜しみつつ、思い出ラリー。
th_IMG_5685
本当に長い間、ありがとうございました。

新製品の詳細は解禁前だけど、なかなか良かった。
th_IMG_5659
テクニファイバーって、ガチガチで重くて、とてもハードな印象があったけど、
実際にはそんなことはなく、オールラウンドな使いやすいラケットだった。

きっと今まではイッペイコーチのラケット借りて打ってたから、
ハードな印象になってしまったんだな。
そりゃ、日本リーグメンバーのラケットは無理だわ。

テクニファイバーは来年からラコステジャパンさんが取り扱う。
Team RECも取り扱いは継続する予定で準備中なので、ご安心を。

ブリヂストンスポーツ様、ありがとうございました。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。