カテゴリー別アーカイブ:

ワインとか、G360+EXTREME MPとか。

某有名高級スーパーで買ったワイン。
th_IMG_5099
ただしすごく安いやつね。

なんだか、味が薄いっていうか、薄ぼんやりした感じ。
どうも飲んだ気がしない。
まさか味覚が??と一瞬不安になったくらい。

いつ使っているワインアプリで評価を見てみた。

「飲んだ気がしない」
「値段なりです」

ワタクシの味覚もまあまあ合ってるのねと一安心。
今度からはもう少しだけいいワインにします。

 

さて、そんなわけで、先日のスポルでのHEADさんの試打会は、
実は新しいG360+ EXTREMEシリーズの試打会だった。
th_IMG_4310

th_IMG_4340

会場内にはGraphene360+ EXTREMEシリーズがずらり。
th_IMG_4314

比較的早い時間帯に行ったので、
順番待ちもなくじゅうぶんに試打ができた
th_IMG_4312

スピン押しのディスプレイ。
th_IMG_4311
まさにそんなラケットだった。

ということで、順番に紹介していこうと思う。
まずはこれ。

Graphene360+ EXTREME MP
th_IMG_4328
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:300g
■バランス:325mm
■ラケット厚:23-26-21mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19(OPEN)
■グリップサイズ:G2,3
■価格:33,000円

エクストリームシリーズの旗艦モデル。
ブラックコスメはTOURだったが、やはりこのMPが中心機種になると思われる。

TOURほどシャープなシルエットではなく、
これぞエクストリームという感じの少し厚めのフレーム。
th_IMG_4335

とはいえ、ちゃんとエアロシェイプなので振り抜きは悪くはない。
th_IMG_4334

歴代のエクストリーム、一時硬い打球感になったモデルもあるが、
先代あたりから徐々に粘りとくわえ感が戻ってきたというか、
強くなった感じが。

そして今回のモデルはそれがさらに顕著に。
フレーム剛性は高い感じながら、フェイスがしっかりボールを咥え込む。
一瞬しっかりと咥えた感触からボールが弾き出される。

ラジカルのような球離れとは対極のフィーリング。
ボール自体のパワー感はラジカルだけど、
コントロール的な安心感はエクストリームかな。
球離れ、スピード感、パワー、コントロール、この配分のどっち寄りが好きか。
そこをうまくチョイスできるのが、HEADのラインナップの良いところかなと思う。

とにかく、振っても振っても、いや振るほどにボールが落ちて
入ってくれる安心感は大きなアドバンテージじゃないだろうか。

 

で、この咥え感のキモがこれ。
th_IMG_4338
(フレームにステンシルインクが・・・ステンシル入れたの誰?)

フェイス方向に広がったスピングロメットがストリングの可動域を広げ、
独特の咥え感を出している。

ウイルソンのクラッシュゾーンもそうだけど、
グロメットでラケットの味付けはずいぶんと変わる。
あ、プリンスのO3もそうか。
このあたり、まだまだ進化の余地がありそうだなぁ。

ボレーもコントロール性は高い。
あっという間にフェイスを離れてしまって、
どこに飛んで行くの?という感じはない。
自分の意思が伝えやすい印象だ。

深く送るボレーもそうだが、薄いあたりのアングルやドロップ系も
フィーリングがつかみやすいので、ネットプレーが上達した気になるかも。

サービスはなぜか咥え過ぎないのが不思議。
スイングスピードの関係なのだろうか、球離れが悪い感じはしない。
しかし、スピン系もちゃんと引っかかってくれる。
なんだろう、これ。

ひと言でいうと「入るラケット」だ。
ラジカル系の球離れやスピード感が好きな人にはあまりオススメしないが、
謳い文句通り、スピン系の安定したショットが欲しい方には
ドンピシャのラケットだと思う。

このMPは特に幅広い層にマッチすると思う。
まずは打ってみてほしい。
おっ!なにこれ!って思うはず。

オススメです。

#HEADTENNIS #全身スピン #おちるはねるまがる #いつもより多く回しております #TeamREC

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 買い物, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キャラとか、ビアスタンドとか。

品川あたりで遭遇。
th_IMG_4682
飛び出し注意のキャラクターなんだけど、
実は関西方面の定番キャラ。

以前、琵琶湖にバス釣り遠征に行った時に道路端でやたらと見かけたキャラ。
関西はこの飛び出し注意キャラが定番らしい。
そんな認識でいたところに、都心ど真ん中の品川で遭遇して驚いた。
遠征ご苦労さま。

 

さて、コロナの影響でどこも自粛状態が続いていた。

メッチャ遅い時間でもないのに、駅のコンビニも開いていない。
全然コンビニ(便利)じゃないぞ、これ。

最寄り駅も21時くらいでも真っ暗。
アウトレットも駅前商業ビルの飲食店も駅ナカも終わっている。
しかたないけど、なんともさびしい風景である。

このところ徐々に自粛が解除になり、少しずつ灯りが戻ってきた。
駅ナカというか、改札を出たところのお店も少しだけ営業延長。

以前ちょくちょく行っていたビアスタンドにも間に合うようになった。
th_IMG_4144

立ち飲みじゃないけど、それに近い感じで軽く1杯飲める店。
th_IMG_4145
ビールもピルスナーからエール、スタウトまで様々選べる。

夏場の帰りの気分転換にもナイスなお店。
th_IMG_4148

th_IMG_4147
雰囲気も好きなんだよね。

ということで、久しぶりに1杯。
th_IMG_4146
なんだっけ?これ。(ダメじゃん)

お腹がすいてたので、おつまみも。
th_IMG_4149
結構ボリュームあるな。

いい気分転換になった。

で、もう1杯。
th_IMG_4150
ちょっと甘いかな。
でも美味しい。

こんな普通のことが幸せに感じるほどの状況だったってこと。
はやく日常が戻って欲しい。

カテゴリー: , , 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

野菜とか、発表! HEAD ニューEXTREME!とか。

おつかれの一杯。
th_IMG_4635
野菜スティックを買ってみた。
健康にいいかもというささやかな抵抗。
意味ないな。

 

さて、巷で話題のHEADブラックコスメラケット。
th_IMG_4508
このモデルの情報がいよいよ解禁になった。

ということで、ジャジャーン!

HEAD EXTREME新シリーズ発表!

th_スクリーンショット 2020-07-12 13.05.41
あれはエクストリームだったのね。

ということで、ラインナップ。

 

Graphene360+ EXTREME TOUR
th_235310_Graphene_360_Extreme_TOUR_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:98平方インチ
■ウエイト:305g
■バランス:315mm
■ラケット厚:22-23-21mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19(高密度)
■グリップサイズ:G2,3,4
■価格:34,000円

ブラックコスメモデルの正体はまさにこれ。
フレームの薄さからは想像できないほどに扱いやすい。
th_235310_Graphene_360_Extreme_TOUR_Grey_Yellow_6

th_235310_Graphene_360_Extreme_TOUR_Grey_Yellow_5

th_235310_Graphene_360_Extreme_TOUR_Grey_Yellow_4

ワタクシ的にツアーシリーズで使いたいというか、
「使える!」と思ったのは久しぶり。
ツアーモデルが手元に降りてきてくれた感じの1本。
お気に入りっす。

 

Graphene360+ EXTREME MP
th_235320_Graphene_360_Extreme_MP_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:300g
■バランス:325mm
■ラケット厚:23-26-21mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19(OPEN)
■グリップサイズ:G2,3
■価格:33,000円

エクストリームシリーズの旗艦モデル。
セールス的にはこのMPが中心になると思われる。
th_235320_Graphene_360_Extreme_MP_Grey_Yellow_7

th_235320_Graphene_360_Extreme_MP_Grey_Yellow_6

事前試打会でいちばん気に入ったのはこのMP。
とにかく扱いやすくバランスも良い。
かなり広いユーザ層にマッチすると思われる。

 

Graphene360+ EXTREME MP LITE
th_235330_Graphene_360_Extreme_MP_LITE_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:285g
■バランス:325mm
■ラケット厚:22-23-21mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19(OPEN)
■グリップサイズ:G1,2
■価格:32,000円

MPと同じフレームの軽量モデル。
最近のHEADさんの戦略ではこのセッティングが多い。

実際、MPと同じフィーリングで軽量なら女性層にもマッチするし、
ジュニアプレーヤーにもいいと思う。

打球感は若干乾いた感じかもしれないが、
食いつき感はしっかりあるので、
エクストリームフィーリングはしっかりある。

 

Graphene360+ EXTREME S
th_235340_Graphene_360_Extreme_S_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:105平方インチ
■ウエイト:275g
■バランス:340mm
■ラケット厚:23-26-22mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19(OPEN)
■グリップサイズ:G1,2
■価格:32,000円

MPより若干フェイスサイズが大きく、軽いのがS。
プレステージもそうだが、Sモデルは対象層を劇的に広げたと思う。
今回のSは新しいモールド(型)での新登場。

飛びも良いけど、食いつきも良いという良いとこ取りのマルチパーパスモデル。
ダブルス中心も女性プレーヤーにオススメかな。

 

Graphene360+ EXTREME PWR
th_235360_Graphene_360_Extreme_PWR_Grey_Yellow_1

■フェイスサイズ:115平方インチ
■ウエイト:230g
■バランス:375mm
■ラケット厚:29mm
■ラケット長:27.7inch
■ストリングパターン:16/19(FAN)
■グリップサイズ:G1,2
■価格:37,000円

シリーズ中、ちょっと毛色が違うのが、このPWR(パワー)モデル。
ビッグフェイス&ファットフレームで、楽チンテニスを実現している。
さすがにワタクシはチョイスしないが、シニア層にオススメの1本。
かなり飛びが良いうえに、粘りもあるってのはそうそうないと思う。

 

そんなわけで、ブラックコスメモデルの真相が明らかになった。
実はエクストリームは、これまでワタクシ使用モデルにしたことはない。
まあ、ワタクシが選ぶかどうかはどうでもいいんだけど、
そんなワタクシ目からウロコの食いつき感は、これぞエクストリーム!という感じだった。
th_IMG_4311

とにかく安心感いっぱい。
打てば入るラケットという感じニューエクストリーム。
ぜひお試しいただきたい。

もちろん、レックテニススクールのラケットキャンペーンにも登場予定。
お楽しみに!

#HEADTENNIS #全身スピン #おちるはねるまがる #いつもより多く回しております #TeamREC

カテゴリー: Team REC, インターネット, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

イメージとか、チャットサポートとか。

「ブログでボクのイメージ、ダウンしてますよね」とフカダコーチ。
「そうかな、全部事実だけど」とワタクシ。
th_IMG_3993
「数万人がボクを礼儀知らずの酒飲みって思ってるんですよね」
「大丈夫、数万人もいないから。せいぜい、1日に数千人だよ」
「その数千人が濃いんじゃないですか」

そうなのかな。
まあ、ウソじゃないし、しかたないよ。

 

さて、MacBook。
th_IMG_2952

OSをアップデートしたら、Officeが使えなくなった。
どうやら新しいOSにすると、あるバージョン以前のOfficeは使えなくなるらしい。

しまった!だったらOSアップデートしなかったのに。
どうも新しいものには飛びついてしまう。
事前に情報仕入れておけば良かったな。
まあ、でもアップデートは必要か。

ということで、対応のOfficeを購入。
インストールを試みる。

が、全然うまくいかない。
どうやら別のPCで使っているマイクロソフトアカウントが
紐づけられてしまうようで、「このアカウントはすでに・・」
みたいなアラートが出て、インストールが進まないのだ。

あれこれ試すもダメ。
どうにもこうにも身動きが取れず、しばし放置。
th_IMG_2942
もう飲んじゃえ。
時間をおけばなんとか・・なるわけがない。(笑)

いっそのことと腹を決め、PCを初期化。
th_IMG_2953
すべてをやり直す気持ちで・・・。

お願い、動いて!
th_IMG_2955
しかし、祈るような気持ちでのリカバリーでも
Officeインストールはならず!
こりゃ、どうにもならんね。

かくなるうえは、マイクロソフトさんに聞いてみようってことで、
チャットでのサポートをチョイス。
以前、アップルのサポートがとても良かったし、
天下のマイクロソフトも同じでしょってことだ。

ところが、どうにもマイクロソフトのチャットサポート、
レスポンスがよろしくない。
th_スクリーンショット 2020-04-16 15.38.35
チャット画面のデザインもワクワクしない。
まあ、チャットにワクワク画面はいらないけど。

やり取りも何となく途切れ途切れ。
複数名を相手にやり取りしてるのかなって感じ。
アップルの寄り添い感とはずいぶんと違う。
社風なんだろうか。

途切れつつ、ワクワクもせずで対応は進み、
何が何だかわからないが、問題は解決したっぽい。

ダウンロード〜インストールにようやく進んでところで、
なぜかチャットがダウンした。

最後のお礼も言いたかったけど、まあいいや。
そんな感じのやり取りだった。

以前のソフトバンクのチャットサービスもそれなりだったけど、
マイクロソフトはさらにもうひとつだった。

アップルのサポートって最強とあらためて思った問題解決だった。
解決したのに文句言うなよ。(だね。ごめん)

カテゴリー: PC, インターネット, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サワーとか、ブラックコスメ試打!とか。

味が変わるレモンサワーだって。
th_IMG_4513
キャッチコピーに惹かれて買ってみた。
たしかに味が・・・分かんないな。

 

さて、そんなわけでHEADさんからの
ブラックコスメラケットを張り上げた。
th_IMG_4508
全体にバランスの良いシルエット。

フレームもあまり厚めじゃない。
th_IMG_4511
黒の艶消しモデルって硬そうに見えるな。
それだけに攻撃的な印象ではあるんだけど。

何となく、各部はRADICALに似ている気がする。
IMG_4479
でも、発売サイクルからはRADICALじゃないよね、たぶん。

 

ということで、空きコートを確認。
奇跡的に1面30分だけ空いていた。

え〜と、相手は・・・と。
奇跡的にヒマそうだったナカガワコーチをつかまえた。

「張り上がっちゃったなぁ」

「おっ、なんですか?これ」

「HEAD契約のナカガワくんとしては、やっぱり打ちたい?」

「そう・・ですね」

「ヒマなの?」

「ヒマではないですが、少し大丈夫です」

(ゴールデンキッズの準備あるんだけど・・・)
という心の声というか、ささやかな抵抗を無視して、
ナカガワコーチをコートに引き摺り出すことに成功。

 

早速試打。

硬くない!
フェイスがしっかりボールをくわえる!

なに?これ。
見た感じと全然違うぞ。

艶消しブラックと薄めのフレームから、
けっこうガチガチの打球感をそうぞうしていたのだけど、
実際にはまったく反対の打球感。

柔かいというよりは、「食いつく」という方があってるかな。
フェイスにボールがめり込む感触、
そしてその後にしっかりとボールを弾き出す。

なんていうのかな・・
ゴツメだけど硬くないフレームのラケットが
ボールをくわえるような感触というか。

うーん、昔でいうと、クナイスル・ホワイトスターみたいな。

ゴツメのシャフトから正面から見て厚めのフレーム、
なのに素材自体の硬さは感じられなくて、
ボールをしっかりくわえ込む。

素材の硬さじゃなくて、フレーム構造で剛性を出しつつ、
フェイスがボールをしっかりくわえて飛ばすみたいな感じ。

例えのモデルが古すぎて、一定の年齢にしか分からないか。(ごめん)

 

そんなゴツメのフレームながら硬くないという不思議な感触を
このシャープなフレームが実現している不思議なラケット。
グロメットでストリングの可動域を広げたりしてるのかな。

とにかくフェイスが食う感じは安心感につながるし、
スピンもよりかかる感じがする。

ボールの軌道も自然に振り上げるだけで、
しっかりループ気味に飛び、ちゃんと落ちてくれる。
スナップバックもより効きやすくなっているのだろうか。

簡単にいうと、柔らかさを感じるフレーム、
そしてスピンが掛かりやすい食いつき方になっている感じ。

 

ボレーもボールをくわえてくれるから安心感が大きい。
パシッとシャープな球離れというよりは、グッとくわえて押し出す感じ。
タッチショットもコントロールしやすい感じがした。

特にバックスピン多めのドロップボレーは驚くほどにボールが戻った。
これ、ダブルスなんかで相手を動かしたい場合などはより安心安全な気がする。

 

そしてこれまた良かったのはサービス。
食いつきがあるからなのか、非常にコントローラブル。

フラットもセンターにきれいに入ってくれる。
少し大袈裟に肘手首を使いヘッドを走らせると、
ズドンと直線的な打球が飛んでいってくれる。

スライス系もフェイスの少し上の方で
ボールの斜め上を叩いてあげると、
キレイにコートの外に切れていく。

スピン量が多めだから、サイドライン手前の方に落としやすいので、
より相手を追い出せるサービスが打てる気がした。
実際、ナカガワコーチからエースを取った。
(気を遣ってくれたわけではない・・・と信じたい)

スピンも上からしっかり落として、
キック気味に跳ねさせることができた。
やっぱりよく回転が掛かるなぁという感じ。

とにかくこのラケット、よく「食いつく」。
このフレーム厚でくいつきが良いっていうのが、とても不思議。
肘や手首にも負担が少なそうだし、頼れる武器になりそうな予感。

正式版、いつ出るのだろう。
楽しみである。

 

ナカガワコーチも気に入ったようだ。
th_IMG_4512
フレームを隠しちゃう持ち方が、まだまだ甘いな。(笑)

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドリンクとか、久々にとか、

なんだかとても喉が乾いて、思わず購入。
th_IMG_3969
普段はこういうの飲まないんだけどね。
やっぱりケミカルな味満載だな。
瓶じゃなくて缶だと尚更だ。

ジュースもビールも瓶が美味しいよね。

 

さて、少しずつ色んなことが動き出した。
ようやくね。

長らく外で飲んでもいなかったよねってことで、
久しぶりに生ビールなどを。
th_IMG_3793
たまにはいいね。

で、調子にのった誰かさんが、「獺祭いきましょ!」。
たしかにさっぱりして美味いわ、獺祭。
でも、高いぞ。

th_IMG_3794
調子にのってる人。
フカダリョウヘイといいます。(笑)

で、その数日後、
th_IMG_3993
そんなに仲良しだったっけ、オレたち。

この日はワタクシのリクエストで餃子の王将。
th_IMG_3994
なんでかって言うと、駅前で帰りやすいから。

で、調子に乗って、日本酒頼むヤツ。
th_IMG_3995

まあ、久しくこんなこともなかったし、これも小さな幸せだね。
それにしてもキミとばかり飲んでるきがするなぁ。
押しの強さね。やっぱり。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アルコールとか、バイクその2とか。

お酒だけど、消毒にもだって。
th_IMG_3867
アルコールだもんね、なるほど。
でも、飲みたいな。

 

さて、バイクの話の続き。

若かりし頃、ワタクシの周りにはアメリカン乗りが多かった。

いちばんつるんでいたユウイチは、YAMAHA RX Specialっていう
アメリカンタイプの50ccに乗ってた。

トルクもないし、速くもないし、ちゃちい原付アメリカンだったけど、
ちゃちいなりに面白いバイクだった。
って、人のバイク、ボロクソ言うな。

 

その頃、ワタクシは、スズキ・ジェンマカスタムっていう、
ベスパもどきのスクーターに乗ってて、
学校帰りに、よく二人で江戸川の堤防で遊んでた。(小学生かっ!)

土手の下から上までバイクで上がれるか競争みたいなことしてた。
ワタクシのジェンマは何とかクリア。
ユウイチのRXは、もう少し、あと1mでゴールのところで失速。
そのまま土手の下に転がり落ちていった。

ワタクシの顔を見ながら、悲しい顔でスローモーションのように
土手下に落ちてゆく、ユウイチの顔は忘れられない。(面白くて)
うーん、今思えば、バカみたいなことしてたな。

 

これまたよくつるんでいた、アホのニムラってやつもアメリカンに乗ってた。
th_hndgl
HONDA GL400

縦置きのVエンジンがやたらと横に張り出していて、メッチャ重いバイクだった。
このバイク、仲間内で次々に譲り渡されていて、ずいぶんと長い間、そばにいた。
ワタクシもよく借りて乗ってたっけ。
全然速くないし、重いし、でものんびり走るには良かったな。

 

あと、尊敬する叔父がYAMAHAの400ccのアメリカンに乗ってた。
一緒にツーリングに行ったりしたけど、叔父さん、免許持ってたのかな。

そのバイクを借りて、ユウイチと四国一周野宿ツーリングも行ったっけ。
数日かけて、ほぼ四国を周りきった時、「あれ?オレ免許切れてる」と
ユウイチが重大発見をしたのはヒミツだ。(これだからB型は・・)

やっぱりツーリングはアメリカンが楽だと思った四国だった。
その前の年にネイキッドタイプで北海道にツーリングした時は
死にそうなくらい寒くて辛かったし。

 

そうそう、弟は、YAMAHA ドラッグスター400っていう、
メッチャ悪そうなアメリカンに乗ってたっけ。

他にも、ハーレーダビッドソンやドゥカティも持っていて、
道楽者の極みみたいな生活してた。
「こんな何台もいらないだろ。ドラッグスターくれ!」
と言ってみたら、「やだ!」と全力で断られた。

 

そんなわけで、なぜか周りのバイクはアメリカンが多かった。
きっと、イカれたヤツが乗る、ちょっとイカれたバイクがアメリカンなんだろう。
だって、見渡したら、皆んなアホみたいなやつばっかりだもんね。(オマエもだよっ!)
だから絶滅危惧種になってるんだな。

ん?てことは、オレたちも絶滅危惧種?
かもね・・・

カテゴリー: バイク, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バルコニーとか、バイクとか。

休日。
昼過ぎまでに何とか形をつけて、ちょっと飲もうと思って頑張った。
th_IMG_3900
バルコニーに椅子を出し、ビールをセット。
案外寒かった。

ちょっと日が悪かったな。
夏がいいね。

 

さて、ウォーキングコースの某所。

お店の前にバイク。
th_IMG_2900
YAMAHA SR400だ。

いい感じにいじってある。
ヘルメットが置いてあるから、ちゃんと乗ってるんだろうな。

SR、調べてみたら1978年発売だって。
40年以上も愛され続ける超ロングセラーモデルってことか。
すごいな。

ビッグシングルといえば、SR以外に出てこないし、
ひとつのカテゴリーを確立したバイクなんだと思う。

 

季節が良くなると、バイクに乗りたくなる。
毎年そう思うんだけど、毎年、それどころじゃない。
きっとこうして毎年過ぎていくんだろうな。

やっぱりもう一度だけバイク乗りたいな。
なんて思ってた矢先に、昔からお世話になっている保険屋さんに聞いた話。

「最近は中高年のバイク事故が多いんです。
昔乗ってて、余裕もできたし、またってことで乗り始めるんですけど、
昔の感覚のままで乗ろうとして、事故を起こすんですね。
で、体壊したり、仕事できなくなったり」

そうなんだ。
完全に出鼻くじかれた。
もうバイクには・・なのかな。

古いバイクをいじってとか、楽しそうなんだけど。

 

で、欲しいのはこれ。
th_hndstd
HONDA STEED400

アメリカンタイプね。
フロントフォーク伸ばして、ハンドルは短めの1文字タイプ、
いじり過ぎず、大人な感じで乗る。
ああ、いいなぁ。

ちなみにこのバイクもとうに廃盤。
中古車市場にはまあまあタマはあるようだ。

今って、どんなアメリカンタイプがあるんだろうと思って、
各社のサイトを見てみた。

ほとんどアメリカンて出してないのね。
あっても、1車種あるかどうか。

なんだろ、そういうニーズないんだろうか。
ほとんどがビッグスクーターだし。
車がミニバンだらけなのと同じ感じなのかな。

もうアメリカンに乗りたかったらハーレーとか、
外国車しかないのかもね。

なんか、乗り物も今は機能性ばかりで遊びがなくなった感じ。
ちょっと残念。

カテゴリー: バイク, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バーボンとか、ブルワリーとか。

バーボンが好きだ。
th_IMG_3374
ウイスキーは割るのだが、バーボンはロックが多い。

JIM BEAM、安くて美味しいけど、
ホントに好きなのは、I.W HARPER 12年。
最近飲んでないなぁ。

 

さて、休日。(自粛前ね)

近所の公園に行ってみた。
暑いな。
もう夏みたいな陽気だ。

th_IMG_3281

 

お昼時だったので、公園脇のカフェへ。
th_IMG_3260

この建物野中、ユーティリティースペースを挟んでカフェとレストランが入っている。
th_IMG_3265
真ん中のスペースはイベントみたいなことを開催したり、
カフェで買ったものを持ち込んだりできる。
小さなステージみたいなのもあったっけ。

無料WiFiも飛んでて、あれこれできる。
th_IMG_3262

 

で、この日入ったのはレストランのほう。
th_IMG_3261
MAKUHARI BREWERY

そう、実はこのお店、ブルワリー。
つまり地ビールをつくっているのだ。

店の奥にはビール工場。
th_IMG_3266
そういえば、昔よく船橋のサッポロビールの工場見学にいったっけ。
無料で入れて、小一時間の見学コースを回ると、
最後に出来立てのビールを飲ませてくれるんだよね。
ちょっと飲みたい時に行くのに良かった。(ダメだよ)
今もやってるのかな。

 

あ、話がそれた。
まあ、そんなお店なので、当然ビールね。
th_IMG_3268
優しい味で美味しい。
ちょっと高いけど。(1,000円くらいかな)

 

食事はパスタをチョイス。
th_IMG_3272
なんだったっけ。
ずいぶん前なので忘れちゃった。

で、調子に乗って・・・・
th_IMG_3275
白ワイン、うまい。
昼から飲むとなおさら美味い。

ほろ酔い。
いいよね、休みだし、たまには。

しかしまあ、しばらく外で飲んでないなぁ。

カテゴリー: クルマ, , , 街歩き, , 食べ物, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

地ビールとか、プロテニス協会とか。

地ビール。
th_IMG_3282
そんなに味がわかるわけじゃないけど、美味しい。

ただ高い!
1本500円オーバー。
まあ、地ビールだしそんなもんかな。
気軽には買えないぞ。

 

さて、日本プロテニス協会から郵便物が届いた。

th_IMG_2927

開けてみたら・・
th_IMG_2928
認定証に貼るステッカー。

これを毎年、認定証に貼り替えていく仕組みなのだ。

認定証はと・・・どこにあるんだろう?見つからないや。(苦笑)
えー、ワタクシ、理事でございます。
申し訳ない。

でも、もう認定証を使う機会ないからなぁ。
レッスンを持っていないスクールに飾るのもねぇ。

全スタッフの認定証を飾ってるスクールさんもあるけど、
ウチはそれはやっていない。

そもそもワタクシは本部の裏方稼業。
第一線のみんなが良いパフォーマンスをすること、
お客様に喜んでいただく仕組みと仕込みが、その役割り。
表舞台に立つことはほとんどないのだ。
(社外で前に引っ張り出されることは、たまにあるけど)

それでも顔を知ってくださる方もチラホラ。
スクールにいるとお声がけいただくことも少なくない。
で、ブログのネタについて「もっと犬が見たいです」とか、
リクエストいただいたり。(笑)

 

日本プロテニス協会の会員になって、もう随分と長い。

入会前の合宿は兵庫の氷上ローンテニスクラブってところだったっけ。
関東からの参加はワタクシのみ。
関西弁に囲まれた3泊4日は、ある意味カルチャーショックな合宿だった。

入会テストは名古屋だった。

ご高名なテスターに
「キミ、デモンストレーションは100%入れなアカンで」
とご指導いただいた。

心の中で、
「思い切り打ったフラットサーブ、全部なんか入るかいっ!」
って言ってたのはヒミツだ。

なんとか合格し、憧れのオフィシャルウェアとキャップを手に入れた。
ああ、ようやく自分もプロコーチになれたんだなぁって。

その後、数回のアップグレードテストを受け、最高位の資格を取らせてもらった。
打球テストで、ボレーだけ打ちに山梨まで行くプレッシャーっていったら、もう・・ね。

少しずつお手伝いをしつつ、でも数年間は協会関係から離れつつ、
また最近はテスターや地区長として手伝うようになった。

で、今期は理事としてのん活動が始まった。
業界が少しでも良くなるためには、内部に入って動かないと。

しかし、この状況でテニス界全体が休業中。
テニススクールも各協会のイベントも会合も、事務局もストップだ。

ワタクシの担当事業も凍結状態。
年間の事業計画はあるが、先が見えないので動きようがない。
せっかく業界に恩返しができると思ったのに。

何も出来ないのがこんなにもどかしく、苦しいとは。

でも、今はとにかくガマン。
明けない夜はない。
止まない雨もない。

そして再会を信じて、出来ることをしよう。

まずは、認定証を探すことだな。(そこからかいっ!)

カテゴリー: テニス, 仕事, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。