カテゴリー別アーカイブ:

打ち上げとか、小学生大会とか。

打ち上げ。
IMG_8318
いつもの扇屋。
ここしかないわけじゃないが、いつもここ。

メンバーはいつもじゃない。
初顔合わせ。

だからか、ここまで連行される。
IMG_8319
元気だなぁ、みんな。
危なく終電逃すところだった。

ちゃんと帰れたかな。
お疲れ様でした。

 

さて、そんな打ち上げの日、朝も早くから足立区へ。

足立区スポーツセンターのコートでテントの設営やら、
バナーの設置などを汗だくで。
IMG_8293

めずらしいツーショット。
IMG_8295

今日は足立区小学生テニス大会の日。
IMG_8296
足立区テニス協会の取り組みにワタクシたちテニス事業者も全面協力、
地域のテニスを盛り上げようという企画だ。

開会式。
IMG_8305

後ろで見守る親御様も真剣。
IMG_8300

外山レフリーのルール説明。
IMG_8309
少し緊張気味?

暑い中、試合が始まる。
IMG_8313

まだ試合に慣れていない層が対象なので
ロービングについているコーチも大変である。
IMG_8315
トラブルも自分達で考え、解決出来るように導いていく。
コート横で見守る親御様は応援のみで口を出さない。
こうして試合を覚え、全て自分達で出来るようになっていく。

転んだり、擦りむいたり、熱中症気味になったり、
色々なことがありながら、運営サイド、保護者様も一緒に見守り、
自立した選手を目指し、戦ってもらう。

試合だから当然勝ち負け、結果はあるし、
緊張して思うようにプレーできない場面もあったかもしれないが、
まずは試合が出来たことが大事。
IMG_8317

皆ここが第一歩。
そしてここからさらに羽ばたいて欲しい。

トップジュニアも勝負の夏だが、これからもみんなのサポートも
地域協会やテニス事業者の大事な役割。
こういう取り組みが他の地域にも広がれば良いと思う。

それにしても暑かった。
そりゃビールも進むし、カラオケもいくわね。
お疲れ様!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

花火とか、優勝!とか。

どうにも仕事が終わらないので、
15歳児のテニスは妻に送ってもらった。

なにやら外が騒がしい。
IMG_8584

そうだ、今日は花火大会だった。
IMG_8594
アパホテルのタワーが松明見たい。

仕事も少し先が見えたのでビールを買った。
IMG_8578
ちなみに人生はまったく持って先が見えていない。
老い先って意味では見えてるんだけどね・・はあぁ。
キレイだな、花火。

 

さて、今週末もメッチャ暑かった。

で、土曜日は有明。
IMG_8564

DUNLOP SRIXON社会人選手権・男子ダブルスAクラスの準決勝の日。
20615890_1821992234797837_7605516287208430421_o

Team RECからは佐藤一平コーチ、井原力コーチがベスト4に駒を進めている。
IMG_8571

まずは準決勝。
20626693_1821992761464451_6611914979293882585_o

二人のプレーも噛み合い、終始リードの展開。
20545266_1821993198131074_1336896000356708274_o

それぞれに持ち味を出している感じ。
20545539_1822034494793611_2117707974638784080_o

20616766_1821992518131142_1782631835260724588_o

締まった試合で8-3勝利。
20626415_1821992351464492_4178014921204513953_o
決勝に進んだ。

 

さらに暑くなった14時、決勝スタート。
20615579_1822034251460302_8952675988214131545_o

相手も上手い。
ウェアから大学強豪同好会出身のようだ。
リードされての苦しい展開が続く。
20626343_1821992584797802_8077790407507696621_o

どっちに転んでもおかしくな試合。
いや、もはや崖っぷちの展開。

そこから驚異のまくりを見せ、タイブレークに持ち込む。
そしてタイブレークは一気に突破。
凄まじい集中力で優勝をもぎ取った。

いやいや、胃の痛くなるような試合だったけど勝って良かった。
20645104_1822034784793582_6501509483525513444_o
素晴らしい、おめでとう!

さあ、明日はシングルス準決勝だ。
Team REC同士の対戦もありつつの日曜日。
優勝杯はTeam RECで奪ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

つまみとか、不調とか。

美味いもの発見!
IMG_8144
ポリンキー・濃いめんたい味

軽い食感、適度にガツンと来る明太フレーバー。
ビールのお供に最適である。

気づくとビールも進んでしまうので少々注意が必要かも。
この夏オススメの逸品。

 

さて、15歳児。

部活も始まり、クラブでの練習も毎日。
いったいいつ勉強をするのだと思えば、
朝5時に起きて勉強している。

中学生ってこんなに忙しかったっけ?
いや、昭和の中学生はもっとノホホンとしてたぞ。
え?ワタクシだけ?

ということで、先日はクラブ主催のランク戦。
IMG_7812
4試合のリーグ戦だ。

コートの後ろで見ていても、
まったくワタクシを気にしないのは素晴らしいが、
眼中にないのか?
IMG_7815

ランキング順にカテゴリ分けされているので、
戦う相手は拮抗した力の選手同士になる。
IMG_7791
この日は2勝2敗だったかな。
まあ、いいテニスができたんじゃないだろうか。

 

次の週、「明日早朝練習してもらえませんか」と15歳児。
レンタルコートを確認すると6時からしか空いていなかった。

いつにも増して早起きでコートへ。
IMG_8029

早朝でも汗だくである。
IMG_8033

そんなにもテニスが好きな15歳児。

先日、妻に「明日はテニスを休みます」と言った。
「どこか悪いの?」と聞くも「いや別に」としか答えない。

10分でもあればボールを打ちたい彼がどうしたのだろう、
そういえば最近元気がないような。

「今日、練習行かないんだって?」

「はい・・」

「どうした?」

「・・・」

「どこか痛い?何かあった?」

「調子が悪いです」

「体?テニス?」

「テニスです」

「何が?」

「全体に。こんなんじゃ試合に勝てないなと思って」

「で練習を休むって決めたの?」

「気持ちをリセットしようと思って」

「そう。それもいいかもね」

どうやら自分の思うプレーと現実に開きがあるらしい。
まあそれも成長の過程なのかもしれない。

「調子戻すなら休むんじゃなくて練習だろ!」って気もするが、
理屈はそうでも彼が自分で決めたことだから、それで良い。

調子が悪くて落ち込むほどに本気ってことなんだろう。
自分のことは自分でがテニスだし、我が家の主義でもある。
たくさん悩んで前に進んで欲しい。

応援してるぞ。
ガンバレ!

カテゴリー: テニス, ファミリー, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

神社とか、会合とか。

本格的な夏になり、朝のウォーキングがしんどくなってきた。
IMG_8147
たまに通る、千駄ヶ谷の鳩の森神社。

境内にある小山みたいなところ、「千駄ヶ谷の富士塚」って有名らしい。
江戸市中の著名な富士塚である「江戸八富士」のひとつのようだ。
今度、登ってみよう。

神社の裏には将棋会館があるからか、
盆踊りの日には将棋大会も開催されるようだ。
いかにも夏夏りって感じ。
行ってみようかな。

 

さて、某日夕方。
ミーティングを終え、自宅とは違った方向へ。

横浜〜♪、たそがれ〜♪(昭和だな)
IMG_8049
横浜、人多い!
新宿も多いけど、千葉はこんなに人いないぞ。

しばし駅前をふらつき、時間を潰す。
IMG_8057
陽も落ち、約束の時間に。

またまたの横浜会の開催である。
IMG_8055
前回から少しメンバーが増えた。

この日のお店はジンギスカン&ビール。
IMG_8052
店内には様々な種類のビールサーバーが並び、
冷蔵庫からジョッキを取り出し、
思い思いのビールを自分で注ぐ仕組み。

とりあえず安定の黒ラベル。
IMG_8053

ビールと肉を堪能しつつ、情報交換。
IMG_8056

各社の取り組みやアイデア。
業界情報、こんなことしてみたら等々。

H社のO社長、「おし!じゃあ次回のテーマは・・・だ!」と宣言。
N社のK氏、「ようやくテーマが出ましたか。待ってたんですよ。長かった」
って、何回めなのだろう、この会。

公式な会合もいいのだけど、非公式なこういう会もいい。
ワタクシ自身、こういう会合に顔を出すことが多いのか
少ないのか、よく分からないが、マメな情報交換は大事だなと実感。

学ばせていただくことばかりで、何も提供できずに申し訳ないけど、
ぜひ次回をお声がけください。

あ、あとオジさん達ばかりなので、
料理はもう少しボリューム少なめで大丈です。

カテゴリー: テニス, 仕事, 街歩き, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ニンニクとか、ワイヤレスとか。

ゴルフの打ち上げ。
IMG_7571

何度か行っているニンニク料理のイタリアン。
IMG_7573

ニンニクたっぷりで美味しい。
IMG_7575

酔い覚ましにひと駅前から歩く。
IMG_7576

次の日、家族から大ブーイング。

「お酒とニンニクの匂いで寝られなかった」

申し訳ない。
勝負に負けてのヤケニンニクはよくないな。

 

さて、消耗品の(そうか?)イヤホン。
elcgbas

Bluetoothのコードレスはとても快適なのだけど、
首を回すケーブルが汗で張り付いて引っかかる。

まあ、このケーブルがないとどっかに吹っ飛んで無くなってしまうし、
仕方のないことなのかなと思いつつ、完全独立タイプがあることを知った。

ということでご購入。
IMG_7371
このタイプは少し高い。
1万円ちょっとだから、いつも買うものの3倍くらいか。

やたらと付属品が多い。
IMG_7372

こんな袋までついてる。
IMG_7384
シューズ袋より少し小さいくらい。
何を入れる想定なのだろう。

ケース。
IMG_7373

こんな風にイヤホンが収まる。
IMG_7376

ケースに端子がついていて、格納して充電する仕組み。
IMG_7374

つまりケース自体にバッテリーが内蔵されていて、
ケースをフル充電すると2回ほど充電できる仕組み。
IMG_7383

構造的には耳の穴に差し込んで支えるタイプ。
シリコンのパッドだとサイズが合わない場合、メッチャ痛くなる。
低反発フォームを見つけて装着してみたらいい感じ。
フィット感もいいし、痛みもない。

音は・・まあ普通。
この手のものってかなり高価じゃないと変わらないよね。

バッテリーは予想どおりあまり持たない。
ジャスト2時間くらいかな。
これだけ持ち出しても途中で切れてしまうので、
切れたら別のものに交換、その間に充電という感じ。

ちょっと面倒だけど、完全ワイヤレスはやはり快適。
激しい運動じゃなければ外れることもないし。

ただ、何かの拍子に外れたら、きっとどこかに転がって行って
無くなってしまうだろうな。
今後、この手のものが増えるのかどうかは知らないが、
ワイヤレスはやっぱり良い。

おすすめです。

カテゴリー: , 買い物, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

鉱物とか、働いてますとか。

ウォーキング途中にて。
IMG_6523

こども鉱物館て・・

鉱物に興味のある子供ってどれくらいいるのだろう。
場所もそれほど目立つところじゃないし、HPも地味だ。

どれくらいの稼働率なのだろう。
採算取れるのかな。
大きなお世話だな、すみません。

 

さて、「らうどん(ラーメン)ばかり食べてますねぇ」と言われる。
実はそんなことはなくて、あれはボスとDRKさんだ。
ワタクシは2ヶ月に1回程度しか食べていない。

加えて、各方面から「毎日、飲み歩いてますよねぇ」とも言われる。
実はそんなことはなくて、最近はそれほどでもない。
自宅でビール飲んだりはするけど。

あまりに「飲んでばかり」のイメージがあるようなので、
SNSもブログもそういう投稿を控えているのだが、
どうも一旦そうなった印象を変えるのは簡単ではないようだ。

さらには、色んな人に「毎日あちこち飛び回って忙しそう」と言われる。
これはそう外れてはいない。
正直、あまり余裕はない。

ただこれも能力の問題によるところが大きいのかもしれない。
きっとデキる人はもっとスマートにゆとりを持って
仕事をこなしているんじゃないかと思う。

ということで、いちおう飲んでばかりじゃないってことを・・・

この日は会議前の早朝から研修。
社内のコーチラインセンスを判定するテスターが集まり、
目線合わせと次のステップに向けての打ち合わせ。

スクール数もスタッフ数も多いので、テスターも増やした。
品質の安定、向上がテスターチームのミッションだから、
事あるごとに話し合い、すり合わせが大事なのだ。
IMG_7350
皆さん、朝からお疲れ様でした。

 

そして全校から責任者が集まっての会議が行われ、
その後に事業部毎の会議。

全社会議は黙って座っているだけだが(ウソ)、
事業部単位の場は会議を回さなければいけない。

その後、研修会。
座学とオンコートを順番に実施。
こちらも担当することが多く、しゃべり倒して燃え尽きる。

これは途中で差し込んだシナプソロジー研修。
IMG_7354

オカノコーチに担当してもらった。
IMG_7357

そんなこんなで早朝からギッシリの毎月のおつとめを終え、
皆は情報交換会という名の飲み会に繰り出すのだが、
ワタクシはあれこれ仕事が残っていたりして、
間に合えば後から合流、間に合わなければ飲まずに帰宅となる。

結局何を言いたいかというと、飲んでばかりじゃなくて、
仕事をしている日もあるのだってこと。

なんてこと書いても、また「飲んでますね〜」って言われるんだよね。
周囲の人たちのフェイスブックとかがいけないんだと思うんだよなぁ。

カテゴリー: Team REC, 仕事, 仲間, 街歩き, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

横浜会とか、ホワイトスターとか。

「横浜会というのがあるんだけど、来ませんか」とお誘い。

どんな会なのか、誰がいるのか、よく分からないし、
そもそもワタクシ、横浜じゃなくて千葉なのに
なぜ呼んでいただけたのか分からないが、
お声が掛かるうちが華ってことで、参加。

横浜駅近くの居酒屋。
楽しく、そして勉強させていただいた。
IMG_7253

いつもはもう少しメンバーが多いらしいが、
先輩方のお話はとてもためになった。

やっぱり交流って大事だな。
ちょっと遠いけど、ぜひまた呼んで欲しい。
ありがとうございました。

 

さて、懐かしラケット。
IMG_5818
クナイスル・ホワイトスター・イワンレンドルである。

クナイスルはスキーブランドとしてメジャーだが、
テニスではイワン・レンドルの使用機として(多分)有名。
と言っても、レンドル以外のプロはあまり使用していなかったかな。

このモデルも機種名はホワイトスターだが、
イワン・レンドルが使うようになって、
レンドルの名が冠されるようになった。
IMG_5822

フェイスは小さめ。
IMG_5819

シャフトもゴツい。
IMG_5821
機種名を見ると、LENDL AUTOGRAPH となっているが、
LENDL PROというのもあったような気がする。

フレームにはケブラーも使用されている。
IMG_5823

値段はメッチャ高かった。
たしか、48,000円くらいだったと思う。

実はワタクシ、二十歳の頃、このラケットを使っていた。
アルバイトをしていたスクールのヘッドコーチが使っていて、
譲ってもらったり、買ったりで、4本くらい持っていた。

その頃はまだ「レンドルプロ」という名前ではなく、
単に「ホワイトスター」という機種名だった。

徐々に買い足して言ったのだが、
購入時期によって塗装の感じがバラバラで、
作りの甘さにちょっとがっかりしたりもあった。

フレームのホワイトは使っているうちに黄ばんできて
そのうち「軽いイエロースター」になる。
それを消しゴムでこすってホワイトスターに戻すのが毎週の作業だった。

打球感は素晴らしかった。
振動の少なさ、剛性は高いが硬質ではない打球感。
ボールが一瞬フェイスにめり込んで、抜けるような爽快さで放たれる。

素材ではなく、フレーム構造で剛性を出していたのだろうか。
とにかく、当時主流だった、YONEXのRシリーズ(22・27)や
カワサキのグラファイトシリーズとは対極の打球感だったように記憶している。

独特の打球感はストロークには最高だったが、
フェイスが小さいのでネットプレーは若干苦労した。
そりゃ、レンドルだってボレー出来ないわと思ったものだ。

その後、レッドスターとか派生シリーズが出てきて
メーカーの方向性がよく分からなくなったのと、
モデルによっては表面がひび割れてきたりして、
最後は手放してしまった。

多分、手元にもう残っていないと思うが、
1本くらいは取っておけば良かったなと後悔している。

テニスコーチをはじめた頃の思い出のラケットである。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

勝利とか、反省会とか。

Team RECメンバー、鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロは
現在、グアムフューチャーズに出場中。

雨のためにスケジュールがかなり変わっているようだが、
昨日は二人とも2回戦を勝ち上がった。

竹島プロは第6シードの選手と対戦。
このところ、結果が出ないこともあったが、
前大会あたりから復調の兆し。

ぜひとも良いところまで行って欲しいの思いもあり、
レック本社ではライブスコアを見守っていた。
IMG_7749
そして勝利!
良かった、またポイントゲットである。
しかし、ここ最近は一番のファーストサービスの確率だなぁ。

続いて鈴木プロ。
こちらも6-3 6-2で勝利。
映像はないので、どんな試合だったかは分からないが、
数字の進行だけなのに、竹島プロのライブスコアより
安心してみていられるのはなぜだろう?(苦笑)

とにかく、二人とも勝ち残った。
こうなったらもうひとつずつ勝って、二人の対戦を見たい。
頑張れ!

 

さて、負けられない戦いを終え、近所の飲み屋で反省会である。
IMG_7299
勝っても負けても必ずこのパターンだ。
まあ、これが楽しいんだけどね。

が、ワタクシどうしてもやっておかなければいけない仕事が。
「メール2通だけつくらせて。感じ悪いけど、ゴメン」

IMG_7296

ってことで、形ばかりの乾杯をしてPCを開く。
何とかレポートを送信し仕事終了。
ちなみに、目の前の方にも送ってるメールなんだけどね。

いつものように楽しく日本酒。
IMG_7297

しかも2本目。
IMG_7298
K女史のせいで最近日本酒飲むようになっちゃったなぁ。

今日のあのホールは何だとか、欲出しちゃダメだよとか、
うるさいな、分かってるよとか、ゴルフ後の飲みは楽しい。

とにかく早くリベンジしなきゃってことで、
飲み屋から次のラウンドも予約してしまった。
次は絶対負けないぜ、待ってろよ!

カテゴリー: Team REC, ゴルフ, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ, , 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

限定版とか、釣り部とか。

限定版なのだろうか。
IMG_6809

なかなか美味しかった。
と言っても、実はそれほど味わからない。
まあ、いつでもビールは美味いってことで。
痛風に注意だな。

 

さて、某日。
3時半に起きて東北自動車道を北へ。

IMG_6731
思いの外順調に来たので、蓮田PAで休憩。

もう少し走って羽生ICで降りる。
5~6分走った先に目的地がある。

IMG_6736

ゴルフ練習場・・・じゃなくて、その隣。
IMG_6734

年に一度の釣り部の活動である。
IMG_6732

バス釣りも道具多いけど、ヘラブナも大量の荷物。
IMG_6733
凝りだすとキリがないのだろうな。
どの釣りも一緒だね。

一年ぶりの椎木湖。
IMG_6739
天気も良いし、楽しい釣りになりそう。

早速、釣り座を準備。
IMG_6740

IMG_6742

IMG_6741
って、すべてホンザワコーチ、エグチコーチが準備してくれる。
やりようにも何をどうすれば良いかわからないしね。

その間に猫と遊ぶ。
IMG_6748
人馴れしてるな。

もちろん仕掛けの作り方も知らないのでお任せ。
IMG_6749

IMG_6753

IMG_6752

IMG_6751

とても繊細な調整が必要らしい。
IMG_6754

単位も尺だの寸だのが中心で、フィートやらインチで話している
バス釣り派のワタクシにはよく分からない。

餌も配合や硬さなど、とても繊細だそうだ。
IMG_6755

ようやくセッティング完了。
IMG_6738

さあ、バシバシ釣るよ〜。

カテゴリー: , 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

飲み会とか、道具とか。

某日、某所で飲んだ。
IMG_6620

普段なかなか揃わないメンバーで楽しく飲んだ。

よく喋り、よく笑い、なぜか居酒屋の座敷なのに
吉田拓郎の「ある雨の日の情景」を歌えと強要されたり。(苦笑)
自分で歌えるようになってください。

鹿児島の郷土料理に舌鼓を打ちながら、
面倒な話は無しでノンストップ。
IMG_6621

IMG_6619

まあ、これからもお互い、
そして皆んな何とかやっていくだろう。

色々あるから人生。
常に今の選択がベストなんだろう。

あ、終電無くなる。
今度は新宿あたりで飲みましょう。

 

さて、ゴルフである。

先日のまあまあのラウンドまで、
実はゴルフから少し遠ざかっていた。

その前にラウンドしたコースがトーナメント前で
やたらと難しく、めちゃくちゃなスコアだった。

なんて、コースのせいにしているが、
K女史に大敗を喫しているから、言い訳にもならず、
打ち上げでK女史に「まあ、元気だしなよ」と言われる始末。

もうしばらくゴルフはいいかな、肘も痛いしね
と自分的に言い訳していたのだが、
先日は前からの約束だったラウンドだったので
重い腰を上げたというわけ。

で、特にダメだったアイアンをソトヤマコーチに借りてみた。
IMG_6347

今まで使っていたのは、スチールシャフトのSフレックスとかなりハードタイプ。
今回、借りたのはカーボンシャフトのRフレックスと柔らかめ。
IMG_6346
プレステージからインスティンクトライトに変更って感じかな。

で、これがすこぶる良い。
適度なシャフトのしなりがボールを楽に飛ばしてくれる。
番手ひとつ分は飛距離がアップした。

加えて、手の振動も少ない。
多少のミスヒットでもまあまあ気持ち良くボールが飛ぶ。
うーん、クラブってこんなに違うのね。

そういえば以前、かつて柳川のエースで、
現在テニス&ゴルフメーカーの執行役員のHさんに、
「ゴルフは道具だよ。ボールだけでも10打変わるから。あとクラブはね・・」と
延々30分、道具に関する説教・・・じゃない、有難い話を伺ったことがあった。

あの時は「ホントですかぁ」なんて聞いてたが、実際その通りだと思った。
同時に「もうRシャフトの年齢なのね」と軽く凹んだりしたが、
それよりも楽に良いスコアが出た方が良いに決まっている。

ソトヤマコーチ、使っていないみたいだし、
しばらくこのクラブ借りてみようと思う。

ちなみにソトヤマコーチのドライバーは、
シニア向けのGLOIREとかいうヤツ。
ジジイだな。

カテゴリー: ゴルフ, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。