カテゴリー別アーカイブ: 音楽

発売!とか、前哨戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

頼んでおいたCDが届いた。
DSC_5102
レシキ

SUPER BUTTER DOGの池田貴史の主宰するユニットの新作である。
(池田氏オフィシャルサイト「うぇぶ城」)

歴史モチーフのこのシリーズもはや4作目。
今回もクオリティの高い楽曲が目白押しである。

1.キャッチミー岡っ引きさん feat. もち政宗
2.年貢 for you feat. 旗本ひろし、足軽先生
3.お犬様 feat. 尼ンダ
4.RUN 飛脚 RUN
5.salt & stone
6.僕の印籠知りませんか?
7.憲法セブンティーン feat. シャカッチ
8.Takeda’ feat. ニセレキシ
9.ドゥ・ザ・キャッスル feat. 北のパイセン問屋
10.アケチノキモチ feat. 阿部sorry大臣ちゃん

うーん、素晴らしい。
DSC_5104
帯には「オレがレキシで、レキシがオレで」って、
映画「転校生」みたいなこと言ってるし。(古いな)

このユニット、ツアーも組んでいて、日本武道館でもやるらしい。
行こうかな。

さて、ウインブルドンに向けて旅立った穂積プロと梅田コーチ。
前哨戦のITF $50,000 Nottingham に向かった。
何でもアムステルダムを経由し、二日掛けての移動だったらしい。
行った事無いけど、イギリスって遠いのね。

wbdm02002
トランジットの合間合間に送られてくる写真を見ると、
「オランダはハイネケンでしょ!」みたいなヤツだが、
梅田コーチもすっかりレックに染まっているなって感じである。

グランドスラムの前哨戦は多くの選手が調整のためにエントリーするため
普段とは本戦へのカットラインが一変するらしい。
このノッティンガムも最初は予選の8番目だかで、
予選からだと出発を早めなければいけないかもなどと話していた。

結局、ギリギリで本戦に入れたので良かったが、
トップ選手になるまではこういうスケジューリングでも
神経をすり減らさなければいけないわけである。
大変だなぁ。

ちなみに穂積プロは空港のベンチだろうが、どこでも寝られるらしい。
どこでも寝られないタイプの梅田コーチに言わせると、
「ホント、どこでも隙あらば寝るんすよ。うらやましいっていうか信じられない」
ということだ。
でもこれ、穂積プロの強みのひとつだね。

ということで、無事にノッティンガム入りした二人。
wbn00302

現地はあいにくの雨模様のため、インドアで練習したようだ。
wbm00301

前哨戦で勢いをつけて、なんとかウインブルドンの本戦に入って欲しい。

穂積プロと梅田コーチのウインブルドンレポートは、
レックブログで毎日更新されるので、ぜひアクセスを。

ガンバレ、エリ&ウメ!

カテゴリー: テニス, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ライブとか、予選開始とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

窓 -せめて愛を-
madoitsuwa

大学生時代に後輩から録音してもらったCD。
いや、当時はレコードだったかな。

荒井由美らと並んでジャパニーズ女性ポッポスの
先頭的な存在であることは認識していたが、
よりポップなユーミンの時代に流されて、
五輪真弓を聴く機会はほとんどなかった。

後輩にもらったテープを再生し、
そのメロディラインの美しさと、
なにより歌唱力というか、
声の美しさに驚愕したのを憶えている。

なんだろう?
よく分からないが、非常に繊細なビブラートなのか、
単音なのに裏にもうひとつ声がかぶさっているような
透明感がありながらも厚みのある声。

淡谷のり子先生が「あの子は歌うまいわね」
(モノマネで読んでください)
と五輪真弓を評したのも頷ける。

世の中的には「恋人よ」が有名だが、
このアルバム「窓」には珠玉の名曲が詰め込まれている。
「カリフォルニア」などは感涙ものである。

そんな五輪真弓のライブに行く事になった。
たまたまライブ情報を見つけ、抽選に申し込んだら当選。
会場が東京国際フォーラムと行きやすい事、
そしてなにより音響が良さそうだと思ったことが大きな理由である。

あの歌声を生で聴けると思うと非常に楽しみ。
カリフォルニア、歌ってくれないかな。

さて、フレンチオープン予選に出場のためパリに滞在中の穂積プロ。
前週の決勝戦で痛めた足をケアしながら練習に入ったそう。
試合会場ではなく近くのクラブでの練習なんだそうだ。
20140521-rgeriume002

足首のサポーターが少し痛々しいが、
ベストを尽くすのみである。
20140521-rgeriume003

予選初日、日本人男子選手は軒並み敗退。
レッドクレーの壁はやはり高くて厚いようだ。

そして迎えた穂積プロの予選1回戦。
15番コートの第4試合、相手はスイスの選手である。

おそらく20時くらいと聞いていたのだが、
梅田コーチから、現地は朝から雨との連絡。
IMG_8476
結局、試合は明日に持ち越しになった。

明日は9番コートの第3試合だそう。
今日はゆっくり休んで明日に備えて欲しい。

ガンバレ、エリ!ウメ!

カテゴリー: テニス, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

STIGRAYとか、入れ替えとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

妻がピアノを買ったので、
ついでにワタクシも何か買ってもらえないかなと、
楽器屋を物色。

MUSICMAN STINGRAY
IMG_7844

ワタクシが中学生の頃に発売されたというか、
立ち上げられたメーカーである。

それまではベースといえば、フェンダーのジャズベースタイプか、
プレシジョンべース、またはリッケンバッカータイプがメジャーどころ。
ワタクシもベースはジャズベースタイプを持っていた。
もちろんフェンダーではなく、コピーモデルだったけど。

で、このMUSICMAN STINGRAY。
初めて見た時、何てカッコいいベースなんだろうと衝撃を受けた。

このヘッドが特徴的。
IMG_7843
ペグが3:1で分かれているのが斬新だった。

ボディカットはフェンダータイプ。
IMG_7842
調べてみたら、フェンダーの元社員が立ち上げたメーカーだったのね。

このベースと言えば、ワタクシの年代だと
クイーンのジョン・ディーコンのイメージが強い。
値段はメッチャ高かったので、まったく縁が無かったけど、
憧れのベースだったっけ。

ちょっと欲しいなと思ったけど、
ベースだけ買っても何をするのだって感じなので
溢れる物欲を押さえ込んだのだった。

 

さて、久しぶりに梅田コーチに会った。
ポーランド〜マレーシア遠征から戻って来たのだ。

朝、梅田コーチがガットを張っていた。
IMG_8084

新品のラケットを何本も張っている。
IMG_8085

見ると、穂積絵莉プロのラケットだった。
IMG_8083
(いいなぁ、オンネーム)

半年に一度、すべて入れ替えるのだそうだ。
やっぱり、ツアープロの消耗は半端じゃないのだろう。

5〜6本入れ替えなのかな。
もっとだろうか。
以前、あるメーカーさんに聞いたこともあるのだが、
ラケットの使用本数は千差万別らしい。
当然、男女で消耗度合いも違うだろうし。

ちなみに穂積プロのラケットは、プリンス・EXO3 ブラック 100T。
IMG_8086
ストリングはハイブリッドである。
少し前にハイブリッドの組み合わせを変えたようなことも聞いたが、
何が何になったのは忘れてしまった。

ストリングのセッティングも梅田コーチが
穂積プロの調子を見ながらアドバイスしているようだ。
張りも梅田コーチが担当しているのも強みなのかな。

梅田コーチに「使い終わったラケット、1本もらえないかな」と言うと、
「あ、大丈夫だと思いますよ。ためブロさんの分ですか?」だって。

「違うよ、会社に置いておく分だよ.グリップにサイン入れてね」
と言っておいたが、覚えているかどうかはあやしい。
絵莉本人または関係各位がここを読んでいたら、
手配のほど、よろしくお願いしますなのだ。

カテゴリー: テニス用品, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テストとか、オヤジとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

早朝、電車に飛び乗り神奈川方面へ。
着いたのは伊勢原校

この日は伊勢原校でコーチテストなのだ。
IMG_7464

受験したのは、前日の事業所対抗戦でガッツ溢れるプレーで、
伊勢原校躍進の原動力となったコヤスコーチ。

元々テニスの技術がある上に、非常にモチベーションも高い。
結果は期待通り、高得点で文句無しの上級チーフ合格。
良かった。

プレースタイル、ガッツ共に
以前一緒に仕事をしていたあるコーチを思い出した。
きっといいコーチになる。
さらに良いコーチを目指して頑張って欲しい。

と、そんな感慨にふける暇もなく、
「ゴメン、すぐに戻らなきゃ」と上り電車に飛び乗る。
午後一番、本社でミーティングなのだ。

ミーティングを終え、昼食(と言っても、仕事しながらオニギリ2個)
を食べたのは16時過ぎだった。
無理な予定を組む癖は直っていないようだ。

 

さて、さらに夕方からはバタバタでボスとともに水道橋へ。
レックゴルフスクール水道橋に巡回・・・ではなく、向かったのはここ。
IMG_7465

目的は野球観戦・・・ではなく、
IMG_7467
ローリングストーンズ・ジャパンツアーである。

本社のハッシーがゲットしてくれたチケットは18,000円。
さすが高いね、ストーンズ。
何度もストーンズを観ているボスによればそれだけの価値はあるらしい。

某メーカーのYさんと待ち合わせて会場へ。
当然、中は撮影禁止だから画像は無い。

 

30分程待たされてステージが始まった。

Start me up!

ミックが吠える。
キースがテレキャスをかき鳴らす。

I Can’t Get No! (Satisfaction)

まで、キッチリ2時間。
70歳のオヤジたちは走り続けた。

スゴイな、これぞロック。
まさに化け物バンド。
たしかに観る価値があった。

ちなみのウチのボスは2時間、歌い続け、跳ね続けた。
こっちもすごいオヤジだった。

 

興奮のドームを後に地元駅に戻る。
水道橋付近のあまりの混雑にいつもの「一杯だけだよ」も無く、
食事をしていない事に気づいて、ひとりサイゼリヤに入る。
IMG_7468
家に帰って何か食べれば良いとも思うのだが、
何かと思うところもあり、ちょっと仕事をしながらクールダウンである。

メールを見たら、ボスも新宿のラーメン屋でひとり生ビールを飲んでいた。
やっぱり一杯やって帰れば良かったな。

熱いオヤジたちの夜だった。
あんなオヤジになりたいぞ。

カテゴリー: 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レキミとか、再開とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

頼んでおいたCDが届いた。
IMG_7230
レキミ

SUPER BUTTER DOGの池田貴史の主宰するユニットの3作目である。
(池田氏オフィシャルサイト「うぇぶ城」)

全曲、歴史をモチーフに組み立てられたこの作品。
タイトルはふざけているが、楽曲はさすがに素晴らしい。

それもそのはず、毎回、豪華なゲストミュージシャンたちが登場。
ただし、歴史ネームがつけられているので、誰が誰やらという感じである。
今作の「田んぼマスター」なんかは分かりやすいけど。

1作目
rekishi
レキシ

2作目
rekitsu
レキツ (DVD付)

そしてこの3作目だ。
曲目は下記の通り。

1. 大奥~ラビリンス~ feat.シャカッチ
2. 姫君Shake! feat.齋藤摩羅衛門
3. 武士ワンダーランド feat.カブキちゃん
4. ハニワニハ
5. 恋に落ち武者 feat.足軽先生
6. 古墳へGO!
7. 甘えん坊将軍
8. 君がいない幕府 feat.お台所さま
9. LOVE弁慶
10. 墾田永年私財法 feat.田ンボマスター

なかなか楽しい一枚。
オススメである。

 

さて、我が家の11歳児の授業参観に行ってみた。
今回は研究発表みたいな感じ。
それぞれのグループが研究したしたことを発表する。
IMG_7249

11歳児たちのグループは車椅子についての研究。
車椅子の歴史、取り扱い方、車椅子バスケットについて等、
様々な切り口で取り上げていた。

しかしなんで車椅子テニスの研究がないのだろう?
世界的なプレーヤーが日本に、しかも千葉県にいるのになぁ。
ちょっと残念だった。

妻が、以前同じクラスでテニスを一所懸命やっていた子の
お母さんに久しぶりにお会いしたらしい。
聞けば、もう選手としてのテニスはやめてしまったとか。

場所が変わって通い切れなくなったことや、
塾が忙しくなってきたことが理由らしい。
ワタクシから見ても、テニス向きに見えたし、
とても楽しそうに、そして一所懸命な彼女だったが、
続ける事ってなかなか難しいのだぁ。
ちょっと寂しかった。

で、テニスエルボーから少しずつ復帰しつつある11歳児。
久しぶりにテニスを見てみた。
IMG_7324

あまりに久しぶりで、「忘れちゃったかも」と不安そうだったが、
もともと繊細なプレーをしているわけでもないので、
普通に打てているように見えた。
IMG_7306

お世話になっているクラブは、コーチが時に熱血に、
時に面白く、時に怖く面倒を見てくれる。
11歳児はコーチが大好き。
復帰出来て良かった。

肘の具合がちょっと心配だが、
まあ楽しく真剣に続けてくれればいいかなと思う。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

発売とか、交換完了とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

Tennis Classic Break3月号が発売になった。
IMG_7228
今月もワタクシの連載は続いている。
今回のテーマはバックハンド・スライスである。
汎用性の高いショットなのでぜひモノにして欲しい。
ということで、ご一読ください。(買ってね)

 

さて、調子の悪かったiPod。
いったんiPod復元をし、最初から同期、ひとまず直ったと思いきや、
またiTunesがiPodを認識しないという事態に。
IMG_7035
iPodはずっとこの状態のまま。
そしてiTunesからは「デバイスを認識出来ません」とのメッセージ。

無理やり外して使ってみたが、
ハードディスクの容量は使っているのに
「音楽がありません」と何も聞こえてこない。

iPodって本当に消耗品だなぁ。
まあ、毎日使ってるし、iPod Classicはハードディスクドライブだから、
物理的に壊れるのは避けられないってことなのだろう。

妻が「誕生日プレゼントに新しいの買ってあげるよ」というが、
何となく壊れたものの買い替えにその権利を使うのは嫌。(苦笑)

ということで、別の対処法を見つけつつ、さらなるグレードアップを画策。

まずはiPhoneですべてを済ませてしまう作戦だ。
iPodとiPhoneを常に持ち歩くのは正直面倒。
iPhone1台で済めば荷物半分である。

問題はバッテリーの持ちとカーナビへの接続。
バッテリーはマメに充電&予備バッテリーで良いとして、
カーナビの接続は調べたらiPhone対応じゃなかった。

加えて、iPhoneの残り容量を調べたら、
なんと64GBを目一杯使っていてパンパンだった。
これではiPodのデータは入る隙間も無い。

それではと、iPod TouchかNanoへのシフトは?
これも容量的に無理。
何故にこれまでiPod Classicかというと、
100GB近くの音楽&映像データが入っているから。
他のiPodの最大は64GBだから入り切らないのだ。

仕方が無い、新品購入かと覚悟を決めかけ、ふと気づく。
修理に出してみよう。

調べると、apple storeに持っていって
修理不能の場合は有償で新しいものに交換してくれるらしい。
お金を払っても新品購入よりは安かろうと、
さっそくapple store渋谷のGENUIS BARを予約。
IMG_7222

いつ来ても不思議な空間だなここ。
IMG_7216

女性スタッフに症状を伝えると、
そのまま手持ちのデバイスに情報を書き込む。

待つ事数分。
担当のお兄さんがやって来てiPodを診断。
シリアルを端末に打ち込む。

「保証は切れていますから、新品に交換になります」

「幾らかかります?」

「10,800円です」

新品を購入すれば24,800円。
もちろん即決、あっさり新品になった。
IMG_7218
交換用の新品は本体のみ。
箱や周辺機器等は一切無く、そのままポロンと渡される。
妻曰く「箱とヘッドフォンが1万円なのね」。(そうじゃないだろ)

交換までの手順は単なる確認儀式に過ぎないように思えた。
正直、壊れたiPodを店員さんが見たってどうしようもないだろう。
普通に考えて、こういうのって修理よりも交換の方が現実的だ。
ワタクシ的にも半額以下で新品になるなら文句は無い。
良かった、良かった。

カテゴリー: テニス, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

壊れた?とか、デ杯あれこれとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
いよいよ今日から!
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

最近、iPodの挙動がおかしい。
クリックホイールが正常に作動しなかったり、
コマンドが極端に遅かったりと怪しい感じ。

iPodはこれで何台目かは覚えていないが、
ワタクシの生活においてなくてはならないもののひとつだ。

現在、使っているのはiPod Classic。
nannoとかShuffleにすればという気もするが、
車のナビ&オーディオの接続ケーブルがClassic用なので、
ひとまずこれを使い倒そうということなのだ。

そんなiPodをiTunesが認識しなくなった。
ケーブルを接続しても何も起こらない。
iPod側には「接続中」の表示が出るのに、
iMac側は知らんぷりである。

あせって、あれこれいじっていたら、
「出荷時に復元」みたいなサイン。
これはもう一からやるしかないと、
復元ボタンをクリック。
IMG_7035
何とか同期が始まった。

待つ事、小一時間。
壊れたかと思ったiPodが復活である。
いやぁ、焦った。
もはやiPod、iPhone無しでは生きていけないワタクシである。

 

さて、ワールドグループベスト8と、
歴史的な勝利をおさめたデビスカップ。
アップし忘れた画像などを。

太鼓を買った。
DSC_9658
沖縄音楽の楽器屋さんの通販でゲット。
こんなものを鳴らしたら退場させられるんじゃないかと思ったが、
カナダ応援団のドデカイ太鼓に完敗。
日本人の奥ゆかしさが裏目に出てしまった。

カナダ応援団には負けられないぜと、
初日の夜に買いに行ったのがこれ。
DSC_9659
カウベルである。
カナダチームも持っていたので、これでイーブンだ。

ホイッスル。
IMG_7003
とある、有名サッカーショップで買った。
ホイッスルってけっこう高いのね。
これで2千円超。

実はもっと高い物もあった。
IMG_7002
なんと5千円超!
店員さ曰く「大声援の国立競技場でも聞こえます」。
さすがに買わなかったが、音は聞いてみたい。

チームウェア。
DSC_9585

エレッセのロゴは通常より大きめ。
DSC_9586

左袖には日の丸。
DSC_9587

右にはテニス協会のワッペン。
DSC_9588
ちょっと欲しかったのだが、
着る機会があまり無さそうだったのでガマンした。

コロシアム北口。
IMG_7005

デ杯オフィシャルカーはアルファードらしい。
IMG_7009

他にもメーカーさんのブース等、色んなものがあったが、
今回は試合に集中していて、あまりフラフラ出来なかった。
4月のチェコ戦も目が離せないくらいの展開を期待したい。
ガンバレ、日本!

カテゴリー: テニス, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

懐かしいとか、グッタリとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

11歳児が漫画を買いたいと言うので、リサイクルショップに行った。
楽器コーナーの一角のジャンク品たち。

ギターケースがあった。
IMG_6235
そうそう昔はこんな布のケースにギター入れてたっけ。

一番最初に買ってもらったフォークギターもこんなケースに入れてた。
たしか1万2千円のモーリスだったなぁ。

初めて弾いたのは明星の歌本に乗っていた、
あのねのねの「空飛ぶ円盤の唄」だった。
たぶんコードが簡単だったんだろう。

ギターは今も実家に置いてあるが、ケースはもう無い。
どうしてもハードケースが欲しくて、
新聞配達して1万円のハードケースを買ったから。
今思えば、ギターとケースの値段がほとんど一緒って。

なんてことを思ったリサイクルショップだった。

 

さて、先日は社内研修会。

朝から夕方までずっとオンデスク研修。
今回、ワタクシが進行役やらあれこれを担当。
早めの仕込みで動いていたのだが、結局先日の夜までバタバタ。
前日、休みにしておいて良かったぜ。

折しもこの日、全豪は圭対ナダル。
時間は研修会の真っ只中である。

分刻みの研修プログラムを組んでしまったために、
ライブスコアでの応援もままならない。
そんなスケジューリングをした自分を悔やみつつ、
しかし大事な研修なので気を抜く事は出来ない。

なんとか研修もほぼ予定通りの時間で終了。
ライブスコアによると、圭の試合は2セットダウンの5-5。
慌ててTVをつけ、みんなで応援。
943307_571487132941868_117482991_n

何故かみんな立ち見で、街頭TV状態である。
IMG_6664
タイブレークまでもつれ込んだものの、最後はナダルに押し切られ敗退。
勝負所でサービスエースをキッチリ取れるのはさすがナダルである。

しかしNo1相手にほとんど互角だったこの試合。
圭の強さはやっぱり本物である。

次は2月のデ杯での来日かな。
ワールドグループだから、来ないってことはないだろう。
楽しみである。

研修終了後は自主練習。
IMG_6669
ワタクシも端のコートで地味に練習させてもらった。
浦和校のカトウコーチとのシングルの途中、
バックサイドに切り返しの動きを取った瞬間、
ピキッと肉離れ寸前の痛みを感じたので、
「今日はこれくらいにしてやる」
と途中で終わったのはヒミツである。

今週も展示会やら打合せやらあれこれ。
週明けも会議と予定満載。
ますます楽しくなって来たぜ。

カテゴリー: 仕事, 未分類, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メディアとか、プレゼントとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

スポーツクラブのカウンターに置いてあったフリーペーパー。
IMG_6525
全豪開幕、圭が表紙である。

WOWOWから会社に届いたペーパーと同じだから、
きっとWOWOWがページを買ったのだと思うが、
何にしても世界的なテニスイベントの特集で
日本選手が表紙を飾れるというのはうれしいことだ。

スター不在だったら、グランドスラムも開幕も話題にならないだろう。
テニスがこうしてメディアに露出されるのは圭がいるから。
そいいう意味では次代のスターが出てこないとなぁ。
内山、内田、ダニエル、頑張って欲しい。

一昨日のサンデーモーニングのスポーツコーナーでは
全豪オープンの話題は取り上げられなかったらしい。
最高峰の大会で日本人が17シードなんてすごいことなんだけど。
TBSさん、お願いしますね。

穂積絵莉プロの全豪予選が終わってしまい、
ちょっとトーンダウンしていたワタクシだが、
よく考えたら、大会本番はこれから。

2014年シーズンの開幕だ。
今年も楽しもう。

 

さて先日、レック本社のWさんからもらった。
IMG_6473

どこかのレコード会社かプロダクションの記念品らしい。
IMG_6474
松尾清憲の「愛しのロージー」が入っているのが泣かせる。

〜Rosie, Don’t you know? don’t you know? Love you so
Rosie, I can’t say I can’t say anymore〜

くぅ〜、たまりませんなぁ。

で、もうひと品。
IMG_6472
吉田拓郎の譜面。
広島フォーク村時代の曲から「流星」まで収載。

ギターを引っ張りだして弾いてみた。
「花嫁になる君に」は右手が上手く動かなかった。
数曲弾いたら、左手の指が痛くなった。

ご無沙汰してるとダメだな、やっぱり。
ナオキさんとバンド組むかなぁ。

なにより肘掛け付きの椅子はギターに向かないな。
IMG_6531
肘掛け、外しちゃうか。

何にしても今年はもうちょっと触ってあげよう。
ギターもボートも釣り竿も。

カテゴリー: テニス, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

無念とか、仕事とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

年末、ラジオから訃報が流れた。
「大瀧詠一さんが亡くなりました」

我が耳を疑った。
解離性動脈瘤だそうだ。

ワタクシ的に生涯ベストのアルバムといえば、
「A LONG VACATION」かビートルズのサージェントペパーかって言うくらい
大瀧詠一が好きだったのに。

iPodのヘビーローテーションには、
1981年の渋谷公会堂でのヘッドフォンコンサートの
音源が入っていて、最近もよく聴いていたのに。
(恋はメレンゲのミックスの再現は秀逸)

昨年買った大瀧詠一〜NIAGARA〜の本も読み終えていないのに。
IMG_6522

写真は大瀧詠一が絡んだ作品の一部。
この他にもEACH TIME、NIAGARA CALENDAR等々、
氏の作品はほぼコンプリートしている。

日本のフィルスペクターだった大瀧詠一。
重ね重ね残念で仕方が無い。
きっと天国でもミキサーいじってるんだろうなぁ。
合掌。

 

さて、「酒は飲んでものまれるな。仕事は追っても追われるな」が座右の銘である。
座右の銘というのはウソだが、基本姿勢としてはいつも心に置いている。

酒にのまれることはあまり無いと(自分では)思っている。
たぶん、のまれる前に眠くなるだけなんだけど。

酒もそうだが、仕事はもっと切実である。
追われるということは、ギリギリでこなしている状態だし、
追い越されるということは、抜け落ちや遅延だからアウトである。

そんなわけで、特に仕事は段取り、スケジューリング、効率、確認命。
常に一歩、二歩前を走ることを目標にしているのだ。

が、年明けから社内組織が変更になり、若干(たくさん)担当業務が増えた。
きっと大変になるだろうなと、年末年始休みの間、
あれこれ仕込みというか準備をしていたのだが・・・。

1月6日、本社の仕事始めの日。
業務開始3時間でテンパった。

隣のデスクにいたDRKさん
「ちょっといっぱいになっちゃいました。初詣行って飲んでる場合じゃないっす」
と言ってみた。

「そう言いながら、飲まない人はいないんですよ」
と冷たい答えが返って来た。
ひどい人だ。
結局、フルコース行ったんだけど

その後数日も仕事に追いつかれそうになりながらの日々をなんとかこなす。

ようやくの休日、まずはジムでのトレーニング。
IMG_6508
サンドバッグは叩いていないんだけど。

帰宅後はずっとパソコンの前だった。
IMG_6529
休みって、落ち着いて仕事が出来るからいいね。(泣いてないよ)

やっぱり年始は忙しい。
年始のご挨拶に来られる方も多いってことを忘れていた。
ある程度、のりしろを持ってスケジュール組まないといけないな。

そう言えば年末、DRKさんに言われた。

「ちゃんと週2日休んでください」

「スケジューリング、つい欲張っちゃうんんですよねぇ」

「ダメです。みんなも休み辛くなるから」

「うーん、なるほど」

「来年はちゃんと休むって約束してください」

「分かりました。頑張ってみます」

「じゃあ、休まなかったら1回1万円てことで」

「え?1万円くれるの?」

「違います!逆です!」

「働いてるのにお金取るなんて・・・鬼!」

しかも早速、年明け1週目から約束を破ってるし。

もう少しであれこれ落ち着くだろう。
仕事を追う体制にスイッチである。
頑張らなきゃね。
ああ、楽しい。

カテゴリー: 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。