カテゴリー別アーカイブ: 食べ物

待機とか、トーストメーカーとか。

キッチンで待機する2匹。
th_IMG_4020
何か食べ物が落ちてくると思っているらしい。
こぼさないよ。

 

さて、そんな2匹を足元において、新兵器の実験。

新兵器とは、これ。
th_IMG_4002
素焼きの陶器みたいな小物。
スチームトーストメーカーっていうらしい。
これがトーストを絶妙な焼き加減にしてくれるのだそう。

まずは食パンにバターを塗る。
th_IMG_4005

で、切れ目を。
th_IMG_4006
これは切れ目で焼き跡を強調するためね。

トーストメーカーを水にくぐらせる。
th_IMG_4009

水を含んだ状態。
th_IMG_4008

これを一緒にオーブントースターに入れてスイッチオン。
th_IMG_4010

焼き加減を見守る。
th_IMG_4011
トーストメーカーからの蒸気が、
外はパリパリ、中はふんわりを実現してくれるのだそう。

焼き上がり!
th_IMG_4016
ホントだ。
表面はパリっとしてるけど、中は柔らかい。

最近のトースターってパワーがあるからか、
トーストがパサパサになっちゃうなぁって思ってたけど
これで見事に解決だ。

メイプルシロップをかけてみた。
th_IMG_4019

美味い!これ優れものだわ。
千円前後でこの効果。
オススメです。

カテゴリー: ファミリー, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ホットドックとか、オリジナルマスクとか。

なんだっけ。
ミニストップの新商品。
th_IMG_4160
油が・・・走った後のはしんどい。
普通のホットドックの方が美味しいと思う。(選ぶなよ)

 

さて、そんなわけで、夏場にも対応できるマスクはないと
色々と探してみたりもしたが、なかなか決め手がない。

そんな折、ゴーデンキッズの研修にGODAIさんにお邪魔したところ、
コーチ陣が揃いのマスクをしていた。
よくみたら、なんだかロゴらしきものも入っている。

責任者の高島さんに聞いたところ、
オリジナルでつくったとのこと。

軽いし通気性も良いタイプなので、運動しても息苦しくなりにくいそう。

1枚いただいた。
th_IMG_4247
確かに軽いし、通気性も良さそう。
あまりに通気性が良いと意味がないけど、適度な感じ。

素材はなんだろう、これ。
ガーゼっぽい軽さ。
でも耐久性もあるようだ。

ということで、さっそく製造元の会社さんを紹介してもらった。
スタッフに必要数を聞き取り、注文を入れた。

th_TeamREC
Team RECマスクである。

納品は7月上旬の予定。
待ち遠しいぜ。

で、おそらくスタッフ分で頼んだ分がなくなってしまうので、
お客様にもご利用いただけるように追加製作を決めた。

追加分は、ロゴを変えてみた。
th_trlogo
こっちのタイプね。

 

やっぱり運動中は普通の不織布マスクや布マスクだと厳しい。
コーチもしんどいし、お客様もずっと着けているのは苦しそう。
結局、動くときは外さざるを得ない。
呼吸器系に支障が出るのも困るし。

ということで、夏にも対応なマスクはもうすぐお目見え。
もちろん、それでも呼吸が苦しい時は自己判断で外してください。
会員様価格でご提供の予定なので、お楽しみに!

こんなものを販売するようになるとはなぁ。
とにかく早くワクチンなり治療薬ができて欲しい。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス用品, 仕事, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

見えた!とか、常連とか。

先日のブルーインパルス東京飛行。
都庁に向かって北方向に飛ぶらしいってことで、
レック本社前で空を見上げる。

キタ〜!
th_IMG_4151
ドンピシャだった。

この企画については賛否両論あるようだけど、
かかったお金、350万円だっけ?
ワタクシ的にはあり。
少しでも元気にならないと。

 

さて、カレーの話を書いていて思い出した。

ワタクシ、気に入った店が出来ると、とことん通い詰めるタイプ。

そして決して店の方と仲良くならない。(笑)
黙って食べて、「ごちそうさまでした」とだけ言い、店を出る。

先日紹介したカレー屋さんのサーラもかなり通ったけど、
マスターと喋ったのは一度だけ。

「あ、ミニパト来ましたよ。車大丈夫ですか?」
「ほんとだ」

これだけだ。(笑)

 

すごく昔、何年も通っていた定食屋があった。
何の変哲もないロードサイドの小さな定食屋さん。
息子さんとお母さん(たぶん)の二人でやっていた。

まあまあ夜遅くまでやっていたので、
ナイターレッスンを終えてから寄ってもやっていたのも、
通い詰めた理由のひとつ。

で、頼むのは、コロッケ定食か玉子カレーのどっちか。
ホントにその2択だけで何年も通った。

そして、お母さんとも息子さんとも会話はゼロ。(笑)

調理担当でカウンターの中にいる息子さんも
お客さんに話しかけるようなタイプじゃないから、
あれこれ話しかけられなくて、気楽で良かった。
何年も通って、それはそれで不自然だけど。

だから会話は、
「いらしゃませ」
「コロッケ定食(または玉子カレー)ください」
「ありがとうございました」
「ごちそうさまでした」
のみである。

 

実は一度だけそれ以外の会話があった。

どうしてだか、正月にご飯を食べにいった。
世間は正月だったけど、一人暮らしのワタクシはいつものようにその店へ。

コロッケ定食を食べ、さあ帰ろうかと思ったら、カウンターの中の息子さんが、
「あけましておめでとうございます。これどうぞ」とミカンをくれた。
ちょっと驚きつつ、「あ、ありがとうございます」と受け取った。

精一杯の常連さんへのサービスだったのだろうか。
別にあれこれ話さなくても、こんな常連さんでじゅうぶんだなと、
ちょっと心が暖かくなった正月だった。

今はもうその店はない。
いい店だったな、ロード。(店名、今思い出した)

 

その昔、サイゼリヤの1号店にも毎晩通ったっけ。

頼むのは、カニサラダと焼肉ライス。
とにかく毎晩、それオンリー。

ついには注文すらしなくなった。
座れば、水とカニサラダと焼肉ライスが自動的に出てきた。(笑)

昔はマスター(たぶん現社長)は一品ずつフライパンを振ってつくってくれた。
ホントに美味しかった。
だから毎晩食べられた。

フロアを担当していた牧伸二似のウエイターさん(たぶん弟さん)が、
絶妙のサーブをしてくれた。

常連のペースを分かってくれて絶対にはずさない。
「お水ください」って言ったことないもんね。

特段、仲良くしてたわけじゃないけど、
ちょっとしたやり取りだけで、居心地の良い店だった。
常連ぽくするわけでもなく、特別扱いも無い、絶妙な距離感だった。
(注文してないけど)

今はもうすっかり違う店になっちゃったのが残念。
まあ、どこかで舵切ったんだよね。

ということで、色んなお店で静かなる常連だったりした昔だった。

カテゴリー: , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

たい焼きとか、HEADの全身スピンとか。

久しぶりにたい焼き屋さんが出てた。

おじさんによると、「保健所がうるさくて大変だった」とのこと。
感染防止指導が半端なかったそうだ。
移動販売も許可事業だから、まあそうなんだろう。

「大変でしたね〜。でも良かった」と言ったら、2匹おまけしてくれたそうだ。
th_IMG_4213

おかげで数日間、スイーツタイムはたい焼き。
th_IMG_4289
おじさん、また来てね。

 

さて、雨の金曜日。
前日夜にレックインドアテニススクール上石神井から報告。
「HEADさんからあやしい荷物が届いています」

というのは冗談だが、何やら届いたらしい。
ちょうど備品等々を運ばなければいけなかったので
納品をかねてブツをピックアップ。

どうやらラケットっぽい。
IMG_4476

たまらずその場で開封の儀。
IMG_4477
やっぱりラケットだ。

バリバリと・・・ウソ、丁寧に袋から出す。
IMG_4478
なんだこれ?
黒塗りで機種名も何もない。
ブラックコスメモデル、これで何回目だろう。

この前、試打したスピン系のアレかなと思いつつも、
ちょっとフレームが薄いような。
IMG_4479

バランスも良くてシャープな印象。
ツアー系モデルっぽい。
IMG_4480
つや消しブラックって強そうに見えるよね。

ストリングもついてた。
IMG_4484
これ張ってねってことね。
指定なんだな。

で、これをどうすればいいのだろう・・・。
と考えていたら、「中に何か書面入ってましたよ」とネジメコーチ。

あ、ほんとだ。
これちゃんと読まなきゃダメなやつね。
IMG_4486
そうですか、セレクテッドメンバーに選んでいただいて光栄っす。

で、このラケットの正体というか詳細はもう少し先の解禁らしい。
中に公開して良いキーワードというか、ハッシュタグの案内があった。

#HEADTENNIS
#全身スピン
#おちるはねるまがる
#いつもより多く回しております

って、染の助染太郎?
おもしろ系に振ってるのか?

キーワードとは裏腹に現物はシリアスプレーヤー向けのような気がする。
ああ、早く打ちたい。
でも、次の巡回先に行かなきゃ。
とても楽しみなHEADのブラックコスメモデルである。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドリンクとか、海外モデルとか。

頭のスポーツドリンクだって。
th_IMG_2593
成分。何なんだろ。
「eスポーツから生まれた」ってのも時代だなぁ。

ちなみにワタクシ、ゲームはほとんどやらない。
若い頃は、喫茶店に入り浸って、ギャラガとか麻雀とか、
テーブルゲームやってた時期もあったけど、
いつの頃からかさっぱりだ。

そもそもそんな時間ないもんね。

 

さて、随分前のことだけど、18歳児の練習相手をしていた時。
th_IMG_2979

 

クラブのコーチが「これ使ってみてください」と貸してくれた。
th_IMG_2981
「なんすか?これ」と聞くと、「ヨネックスの海外モデルです」とのこと。
そうなんだ、どうりで見たことのないモデルだと思った。

VCORE100
th_IMG_2985

詳しいことはわからないが、日本では販売していないスペックらしい。
th_IMG_2989

打ってみた。
かなりカッチリした打球感。

フェイスがまったくボールに負けない感じ。
思った通りに、振った分だけしっかりボールが飛んで行く。
芯のある信頼感のある打球感ていうんだろうか。
なかなかいい感じ。

極端なパワーアシスト感はないが、
その時の打ち方そのものがボールに表現されるような
厳しさや正直さはプレーヤーを成長させてくれる気がした。

スピンも潰ししてかけてねって感じで優しくはないが、
ちゃんと打てば応えてくれる印象だ。

コーチに返して、「なかなか良かったよ」というと、
「そうなんですよ。どうしてこれ日本で売らないのって言ってるんですけど」
とのこと。

広いところ狙ってない感じだからセールス的には難しいのかもね。

それにしても、ヨネックス契約インストラクターなのに、
海外サイトからヨネックス製品取り寄せちゃうあたりが、
Yコーチもテニスギアオタクだよね。

ラケットマイスターさんにも行ってるみたいだし。
今度一緒にいきましょうか。

18歳児がテニスを卒業してしまって、
クラブにも行く機会がなくなっちゃったけど、
せっかくのつながりは大事にしたいな。
また行きますね。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

膝上とか、カレーとか。

自宅仕事は放浪派。
ワークスペースのiMacだったり、膝上でラップトップだっったり。
th_IMG_4139
膝上ラップトップ、PCが熱を持っていて太腿が熱い。
そろそろ限界かも。

 

さて、カレーが好きだ。
年間360回、カレーでも大丈夫だと思う。

インドからきた方がカレーを食べて、
「美味しい!これなんて食べ物ですか?」
と言ったって話を聞いたような、つくったような。

まあ、それほどに日本のカレーは独自の進化を遂げた一大文化ってことだ。

ということで、久しぶりにゴーゴーカレー
th_IMG_2342
金沢カレーってカテゴリがあることは、ゴーゴーカレーで知った。

カラッと揚った薄めのカツとドロっとしたルーの組み合わせは絶品。
キャベツはそんなに欲しいとは思わないけど、それはそれで絶妙のアクセント。
福神漬けの容器が大きくて、好きなだけどうぞ感もうれしい。

普通盛りでもけっこうボリュームがあって、
最近は軽めのエコノミーでもいいかなって感じ。

そこらじゅうにお店があるので、
食べたいなと思った時にあまり探さなくて良いのもいい。

 

あと、よく食べるのがC&C
京王電鉄系のお店なんだろうか。
学生時代住んでいた総武線の最寄駅前にもあって、1日おきに食べてたような。
あの頃はコロッケカレーが定番だったなぁ。

今の通勤路の乗り換え駅にもあるので、有明での仕事の前に食べることも多い。
普段の朝はそんなに時間はないから寄よらないけど。
C&Cも青春の味だな。

 

意外と、CoCo壱番屋には行かない。
嫌いなわけじゃないが、どうしてだろう。
カレースタンドっぽい手軽さがあまりないってこともあるかな。
あと、あれこれトッピングするとけっこう高くなるし。

 

レックインドアテニススクール上石神井の最寄駅近くの
ミトミトカレーも安くて美味しい。

よくネジメコーチとお昼を食べに行く。
th_IMG_2183

難しい顔して食べてるから美味しそうに見えないけど、美味しい。
学生さんが多くて落ち着かない雰囲気もあるけど、オススメ。

 

で、ワタクシ的な青春カレーはこのふたつ。

上野のエース
上野駅からアメ横への入り口にある。
この店、正式名称は「カレー専門店 クラウンエース 上野店」て言うのね。
知らなかった。

カレーはとにかく普通。
もちろんまずくはないけど、驚くほど美味しくもない。(ごめん)
とにかく普通。
だから毎日でも食べられるって感じ。
th_IMG_2740
これはカツカレー普通盛り。
量も普通。
カツも少し薄めで普通。

そして値段はたしか500円
昔から値段が変わってないのはすごい。

この店との付き合いは、かれこれ30数年になる。

東北人のワタクシにとって東京の玄関口は上野。
東北新幹線の無かった頃から、帰省は上野から。

行き帰り、必ずエースの寄ってカレーを食べてた。
大学生の頃からだから、一番長い付き合いの店じゃないだろうか。
まあ、滅多に帰省もしなかったんだけど。

そんな思い入れと、サクッと食べてすぐに出られる気安さと、
値段の安さゆえのワタクシ的ランク上位店なのだ。
よって、すごく美味しいカレーを期待して、わざわざ遠くから行かないように。
責任は持たないよ。
って、店に失礼だな。

 

そして、味と値段ともにランク1位は、船橋のインドカレー・サーラ
昔、ららぽーとテニスクラブが職場だった頃、通い詰めた。

ここのチキンカレーは絶品。
サラッと系のルーにコロッと小さめのチキンが入っている。
適度に辛く、深みのあるルーは思わずおかわりしたくなるほど。

駅からそう近くもなく、駐車場もないのがちょっと。
昔は路上駐車でサクッと食べてたけど、駐車違反の取締りも厳しくなって、
いつの頃からか足が遠のいた。
まあ、職場が変わったってことも大きいんだけど。

ああ、書いてたら、久しぶりにチキンカレー食べたくなった。
今度行ってみようかな。
とにかくカレーは完全食だ。
カレー、嫌いな人っているのかな。
カレーって人類最大の発明だよね。(な、こたあない)

カテゴリー: PC, 仕事, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドリンクとか、久々にとか、

なんだかとても喉が乾いて、思わず購入。
th_IMG_3969
普段はこういうの飲まないんだけどね。
やっぱりケミカルな味満載だな。
瓶じゃなくて缶だと尚更だ。

ジュースもビールも瓶が美味しいよね。

 

さて、少しずつ色んなことが動き出した。
ようやくね。

長らく外で飲んでもいなかったよねってことで、
久しぶりに生ビールなどを。
th_IMG_3793
たまにはいいね。

で、調子にのった誰かさんが、「獺祭いきましょ!」。
たしかにさっぱりして美味いわ、獺祭。
でも、高いぞ。

th_IMG_3794
調子にのってる人。
フカダリョウヘイといいます。(笑)

で、その数日後、
th_IMG_3993
そんなに仲良しだったっけ、オレたち。

この日はワタクシのリクエストで餃子の王将。
th_IMG_3994
なんでかって言うと、駅前で帰りやすいから。

で、調子に乗って、日本酒頼むヤツ。
th_IMG_3995

まあ、久しくこんなこともなかったし、これも小さな幸せだね。
それにしてもキミとばかり飲んでるきがするなぁ。
押しの強さね。やっぱり。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、マシンメンテとか。

暑い日が増えてきた。
移動途中にアイスを食べる日も。
th_IMG_3992
安いし、美味しいし、ナイスだな、これ。

 

さて、自粛期間中はさすがにテニスも控えめに。
施設に行っても、テニスしようよとはならず・・・。

ラケットもストリングも試打は休憩。
したがって、ストリンギングもめっきり減った。

ボチボチ、ストリングの試打も再開するかってことで、
あらためてツールチェックやらメンテナンスを。

ワタクシの使っているマシンはGOSEN製。
ゴーセンがマシンの製造基地を海外に移す前の最後のモデルである。

最近のゴーセン製のストリングマシンはとても使いやすい。
そして何より安いのが特徴。

安いって言っても、40万円くらいだから、気軽な買い物では無いが、
海外ブランドのストリングマシンは100万円近くするものが多く、
半分程度の価格ってことになるから、普及率も高いと思う。

ただ、剛性感というか、堅牢さはちょっと・・という部分もある。
故障も無くはないし、もう少しガッチリしててもいいのかなと思うことも。

 

で、我が家の国産最終機。
その後に発売された海外製1号機より、圧倒的に故障が少ない。

ちなみにこの製造元の会社さんは現在、ヨネックスさん傘下になっている。
グランドスラムのオフィシャルストリンガー獲得等、
ヨネックスさんがワールドワイドでストリングに力を入れている
ひとつの現れというか、そうなるよねという流れだ。

最近のヨネックスのストリングマシン、高いけど良さそうだもんなぁ。

我が家のこのマシン、壊れたらおそらく修理はできない。
修理出来るであろう方は知っているが、ヨネックスのマシンを担当してるし、
さすがに頼みようがない。

 

ってことで、ちょっとメンテナンスなど。
th_IMG_2334

 

ツールをチェック。
th_IMG_2335
他にもあれこれあるんだけど、主要なものを。
実はストリングカッター、持ってないのね。

切れたストリングを1本ずつ切っていくのって地味にストレス。
キモニーさんのストリングカッター買おうかな。
th_kmnstctr
歯の部分、貝印製なのね。
よさそう。

 

で、掃除道具。
th_IMG_2337
各種ブラシと無水エタノール。

ストリングを挟むクランプ部の掃除用具は、
ケーキ用のバターナイフにベルクロテープを貼ったもの。
th_IMG_2338
これがとても使い勝手が良い。

 

事前整備はストリンギングのスムーズさに直結。
しっかり汚れを落とし、各部の動きを滑らかにしておかないと
作業時のストレスが大きく違うのだ。
端折っちゃいけないとこね。

あと、愛用しているパーツがこれ。
th_IMG_2336
単なる皮なんだけど。

こんなふうに使う。
th_IMG_2330
スターティングクランプでストリングを止めるときに
フレームを痛めないように挟むのだ。

これ、パーネルパッドという名前がついている。

実は、Team RECの必須のノット(結び方)のひとつである、
リチャードパーネルノットの考案者のパーネルさんがつくっている。
以前、パーネル氏のサイトでこのパーツを見つけ、購入させていただいたもの。
ものは2〜3,000円くらいだったけど、送料が高かった記憶が・・・。

別にこれじゃなくても、グリップの切れ端でも紙でも
代用品は作れるんだけど、この方がテンション上がるし。

そんなわけで、このマシンにはまだまだ活躍してもらわないと。
いつまでも元気で頑張ってな〜。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

おにぎりとか、名著とか。

やっぱり帰るまではお腹がもたない。
th_IMG_4072
今日も変わりダネおにぎりを。
うん、美味しい!
やるな、コンビニメシ。

 

さて、Zoom会議の場所を本棚前にする計画もあったりして、
あらためて本たちを眺めてみた。
th_IMG_3674
もう少しジャンル別に整理しなきゃだなぁ。

 

ということで、面白かったというか、引っ掛かりがあった本などを。

th_IMG_3687

「成功はゴミ箱の中に」 レイ・クロック自伝

マクドナルド創業者の話。
正確に言うと、創業のマクドナルド兄弟からフランチャイズ権を買取り、
マクドナルドをここまで広げたという話。
レイ・クロックは調理人ではなく、セールスマンである。

良い店であることと、事業の発展、拡大。
必ずしも一致しないビジネス要素について考えさせられた。
マクドナルドはかなりの高次元でバランスが取れているのだなと実感。

 

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」
も一緒に見るとより分かりやすいと思う。

 

ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則
ジム コリンズ;ジェリー ポラス

多くの経営者の方々がバイブルとしたと聞いて読んでみた。
サイバーエージェントの藤田さんも言ってたんだったかな。

組織の在り方、進むべき、目指すべき道は、
掘って掘って、掘り下げて、動かなければと思わされた。
たくさんの方が読んでいるのも納得な一冊。

 

そしてこれ。
th_IMG_3692

「ユダヤの商法」 藤田田

日本にマクドナルドを持って来た藤田田氏の著書。

実はこの本、1972年初版。
たしか初版はワニブックスから出ていたはず。

ワタクシ、小学生の時、家の本棚にあったこの本を読み、
いたく感銘を受け、何度も何度も読み直していた。

なぜあれが家の本棚にあったのか。
たまたま親が読んでいたんだろう。
ノストラダムスの大予言なんかも置いてあって、
家の本棚は本好きのワタクシにはおもちゃ箱みたいなものだった。

その中でもなぜかハマったのが、この「ユダヤの商法」。
初版本をずっと持っていたはずなのだが、幾度かの引越しで無くしてしまった。
書いなおそうとするも、絶版本でメッチャ高く、さすがに手が出なかったが、
新装版で復刻されたので、さっそく買った。

あらためて読むと、時代も感じるところも多いが、変わらず面白い。
オススメです。

 

何度も読んだといえば、これ。
th_IMG_3341

「それは私の担当ではありません!サービスに革命を起こせ」 ピーター・グレン

何度も読み、何冊も買った。

テニススクールってこれでいいの?
将来的にこのスタイルでやっていけるんだろうかと悶々としていた若い頃、
この本に出会い、これが今後の進むべきじゃないかと思い、
ここを起点に、サービスや顧客満足に関する様々な本を読み漁った
恩人みたいな本。

いわゆるノウハウ本ではないが、読むたびに原点を思い出し、
頑張らないとと思わせられる本。

人にも勧めたりしている。
絶版本だが、中古は1円で買えたりするので。(笑)

他にもあれこれあるのだけど、名著はいつになっても名著だなと思った。
何度も読む本は手元に、そしてまた新たな刺激を入れないとだね。

カテゴリー: 仕事, 読書, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

横浜家系とか、いよいよスタート!とか。

帰り道。
どうにもお腹が空いてコンビニへ。
th_IMG_3997
また変わり種おにぎりに手を出してしまった。

吉村家の味がした。
行ったことないけど。(ないのかいっ!)

 

さて、ようやくスクールが再開になり、テニスを楽しんで頂ける状態になった。
お客様の数はまだ様子見という感じもあるが、とにかく再開の第一歩だ。

そして、こちらもようやく動き出すことが出来た。
DSC_2738
このたび、ネオインドアテニススクールに西新井
新たに導入するプログラム、ゴールデンキッズである。

ゴールデンキッズは、子供の運動神経向上プログラム。
走る、投げる、バランス、その他、子どもたちの運動能力が一番伸びる
ゴールデンエイジの時にさらにその後押しをするプログラムなのだ。

本来であれば5月には開講していたのだが、
施設休館によりスタート出来ず。
ここにきてようやく再スタートが叶った。

 

昨年、あるきっかけでこのプログラム導入を会社に提案、
実現させていただいたこともあり、思い入れも大きい。
それだけにこのコロナウイルスによる減速はどうにもやるせない思いだった。
遅くなってしまったけど、とにかくここから頑張るのみである。

 

ということで、この日はコーチたちが集まって研修を行った。
DSC_2729

ユニフォームも揃い、なかなかいい感じに。
DSC_2737

プログラムを展開するのはここ。
DSC_2739

テニスネットは固定式だったが、可動式に改修工事をして、
子どもたちが安全に運動出来るようにした。
DSC_2742
ネットを動かせば、広々としたスペースが確保出来る。

 

研修開始。
まずはリズム系から。
DSC_2744
音響チェック。
こんな小さなスピーカーなのに、なかなかの迫力サウンド。

音楽に合わせ、様々な動きをする。
DSC_2748

 

続いてウェーブリング。
DSC_2770

足がしっかり地面を掴むように、指をほぐしていく。
DSC_2764
が、メッチャ痛いのよ、これが。
現地での研修のときも、なぜかここだけ「一緒にやりましょう」と言われ、
あまりの痛みに悶絶した。
笑いながら誘ってくれた意味が分かった。

これなんか、もう・・ね。
DSC_2772

DSC_2774
0.5秒が限界。(笑)

子どもたちはそんなに痛くないらしい。
やっぱり柔軟性なのかな。

 

他にも様々なプログラムを確認。
DSC_2782

DSC_2791

DSC_2800

DSC_2821

DSC_2812

で、最後は黙祷。
DSC_2840
座る手順までしっかり教える。

 

とにかくこのゴールデンキッズ、とても素晴らしいプログラムだと思う。
実際のレッスンも何度も見たが、子どもたちの輝きっぷりが半端じゃない。

ここでも子どもたちが元気に走って投げて、輝く姿を想像すると
もうワクワクしかない。
とにかく、STAFF全員、全力であたるのみ。

6月は体験会、7月は本オープン。
ぜひお子様の能力向上にご参加を!

詳しい内容はまた次回にご紹介します。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。