カテゴリー別アーカイブ: 食べ物

チーズとか、むさしの村とか。

最近のお気に入り。

IMG_1744

スティックの中のチーズが濃厚でおいしい。
ワインによく合う感じ。

ただ濃厚な分、カロリーは高そうだ。
100円のお買い得感とカロリーの背徳感満載のマイブームである。

 

さて、16歳児の冬も終わろうとしている。

2018年は良かったり悪かったり、故障もあったりで
なかなか試練の年だったような気もするが、
本人にとってはどうだったのだろう。

ということで、年末は高齢・・じゃない恒例のむさしの村の試合へ。

朝5時に出発、久喜方面へ。
しかし遠いな。
どうして毎年ここに出てる?

到着。
IMG_1138
気温は氷点下。
埼玉寒いぞ。

渋滞をケアしたら早く着き過ぎた。
IMG_1143
ようやく日の出である。

メッチャ寒いので車内で待機。
IMG_1144
真剣な表情だがゲームかLINEだろう。

ようやく開場。
IMG_1145
知った顔もチラホラ。

いつものようにクラブハウス裏でアップ。
IMG_1147

ふた回り目と思っていたら、1ラウンド目にオーダーされた。
IMG_1149

相手は身体の大きなサウスポーの選手。
左利きは久しぶりかも。

まあとにかく自分らしいプレーで頑張って欲しい。

カテゴリー: テニス, ファミリー, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

満腹とか、ダブルスとか。

日本リーグ前夜。
メンバーでの決起食事会を終え、二軒目へ。
IMG_1987

駅の裏手にあるいい雰囲気のバー。
IMG_1986
バーボンソーダが美味しい。

軽く飲んでホテルに戻ろうとしたのだが、
DRKさんが「ラーメン食べましょう」と言う。
「もう食べられないっす」と断ったのだが、
「ならば」と回転寿しへ連行された。

IMG_1991

DRKさん、頼みすぎです。
もう食べられませんぜ。

 

さて、そんな日本リーグの順位決定戦。
シングルスで2勝し、チームの勝利が決まった。

いよいよ最後はダブルス。
佐藤一平、井原力のコーチペアの登場だ。

とにかくこの2人で勝利を挙げたい。
それがワタクシたちの悲願でもある。
二人とも頑張れ!

DSC_2327
対戦するのは、小野田プロ、藤井プロのペア。
相手はプロだが全力でぶつかるのみだ。

序盤、いい感じで出だしで競る。
DSC_7429

DSC_7484

DSC_7596

しかし勝負所で突き放されてファーストセットを落とす。

悪い感じじゃない。
勝負になっている。
粘って思い切りよく全力でいけば何とかなるぞ。

セカンドセット。
DSC_7533

DSC_7573

DSC_7593

サービスゲームのブレークに成功。
よし!このまま一気に行こう。
DSC_7650

DSC_7664

DSC_7654

と思ったらブレークバック。
うーん、甘くないな、やっぱり。

とうとうタイブレークに突入。
離されそうになるところを必死で食らいつく。
DSC_7634
が、しかし最後は地力に勝る相手ペアが取り切った。

いやぁ、惜しかった。
もうちょっとなんだけどなぁ。

でも毎試合よくなっている。
参戦1年目とは確実に違っている。
あと一歩、突き抜ける何かが欲しい。

来年に向けてまた頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, , 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

決起集会とか、勝利!とか。

テニス日本リーグ、試合前夜はチーム全員で決起食事会。
恒例のイタリアンだ。
IMG_1984
このお店、美味しいしボリュームもある。

ワインが美味しいのもポイント高し。
あ、選手はノンアルコールだ。

食事を終え、店の前で1枚。
IMG_1985
この後、選手たちはサーティーワンへ。(たぶん)
アイスクリームを食べながらミーティングをするらしい。

 

さて、テニス日本リーグ・決勝トーナメント。
準々決勝で敗れてしまい、順位決定戦に回ったTeam REC。

対戦するのは、あきやま病院さん。
実は予選リーグでも対戦し、敗れている相手。
今回は何としてでもリベンジしたいところである。

まずはシングルス2、守谷選手。
DSC_6929
対戦相手は小倉選手。
予選リーグと一緒だ。

試合開始。
DSC_6999

良い立ち上がりで小倉選手を突き放していく。
DSC_7013

DSC_7085

応援団も力が入る。
DSC_7010

ベンチコーチには竹島プロ。
DSC_7009

ファーストセットを取り、セカンドセットも主導権を握る。

DSC_7126
そして勝利!

頼れる先鋒、守谷プロである。
IMG_2113
お疲れ様!

さあ、王手をかけた。
次で一気に決めたい。

シングルス1の関口周一選手登場。
DSC_7140

対戦相手は川上選手。
DSC_7226
予選リーグでは関口選手に勝っている。
ここでリベンジしておきたい相手だ。

DSC_7236

押される場面もありつつリードを守る。
DSC_7249
完全にはずしてるな、このショット。

ファーストセットを取り、徐々に相手を追い詰める。
DSC_7214

DSC_7202
いい雰囲気である。

DSC_7266

DSC_7279

徐々に気合マックス。
DSC_2313
そして勝利!

チームの勝利を見事決めてくれた。
DSC_2321
ありがとう!周一。

さあ、あとはコーチペアのダブルスだ。
最後も勝って締めよう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, , 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シゲキとか、Wilson CLASHとか。

final

 

日本リーグ・セカンドステージにて。

守谷プロの携帯品。
IMG_1441
どうやら刺激が欲しいらしい。

守谷プロが離れた隙に食べた竹島プロ。
「クソまずい!」
IMG_1440
勝手に食べて文句言うか。

「美味しさじゃなくて、刺激を求めるものなのです」
と冷静に返した守谷プロ。
刺激が足りないのか?

 

さて、ようやくその全容が明らかになったウイルソンの新製品。

プロトタイプのみが一部に出回り、インプレは語られるものの
スペックやテクノロジーは謎のままだった。

ワタクシにもプロトタイプを貸し出していただいたが、
情報には一定の制限がかけられていたので
話せたのは打球感のみ。
IMG_9997
申し訳ないと思いつつも、新しいテクノロジーを楽しませていただいた。

「ひっぱり過ぎでしょ」みたいな声もあったようだが、
まさにウイルソンさんの狙い通りだったんじゃないだろうか。

そんなダズル迷彩の全容が明らかに。

その名も「CLASH」

詳細はこちら。
https://www.wilson.co.jp/campaign/tennis/clash2019/
ウイルソンの伝道師、ミチバさんが詳細を説明している動画もあり。
まずはご覧いただきたい。

で、ラインナップは2種類。

CLASH100
clsh100f

clsh100

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:295g
■ラケット長:27インチ
■バランス:31.0cm
■フレーム厚:24.0mm
■グリップサイズ:G1/G2/G3
■ストリングパターン:16×19
■価格:32,000円(税抜き)

 

CLASH100 TOUR
clsh100tf

clsh100t

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:310g
■ラケット長:27インチ
■バランス:30.6cm
■フレーム厚:24.0mm
■グリップサイズ:G2/G3
■ストリングパターン:16×19
■価格:32,000円(税抜き)

シンプルな2ラインナップ。
どちらも試打をしたが、特性はそのままに非常に扱いやすく調整されている。

先日、レックインドアテニススクール上石神井で行われた
スタッフ向けの試打選定会でもCLASHのプレゼンが行われた。
IMG_1774

その際、用意されたCLASHの試打ラケットはなんと60本。
ウイルソンさんの気合がわかるというものである。

試打をしたコーチたちの評価も上々。
非常に扱いやすいとテンション上がり気味だった。

とにかくこのラケット、
「しなるのにブレない」「粘るのに飛ぶ」という、
相反する特性が両立している不思議なモデル。

確かに相反要素がぶつかる、まさにクラッシュ。
このネーミングセンスもさすがである。

ワタクシ的には「楽」な印象。
16歳児が打ち込んで来るハードショットも
それなりに苦労せずに返せるのはとても助かる。
あ、もちろん追いつけばという前提なんだけど。

「粘る、乗る」は多くのプレーヤーに恩恵をもたらすと思う。
ここ数年、ラケットはどんどん硬くなり、打球感も乾いた硬いフィーリングに向いた。
最近はその揺り戻しで、打球感がソフトになってきたが、
CLASHはその究極のフィーリングなのかもしれない。

とにかく不思議なフィーリングのCLASH。
「ラケットに革命を起こした」というだけはある。
wcbnnr

ウイルソンさんの一大キャンペーンで試打できるところも多いと思う。
来週から始まるレック各校でのキャンペーンでもたくさんの試打を用意したので
ぜひとも体感して欲しい。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ブランドとか、食べ過ぎ注意とか。

某アウトレットにて。
IMG_0370
PAPAS・mademoisellenonnonブランド、まだ健在らしい。

マドモアゼルノンノンといえば、森尾由美が来ていたフワフワ系。
パパスは大人の男がコンセプトのカジュアル系。

デザイナーの荒牧太郎氏の輩出するブランド。
と思ったら、PAPASってBIGIグループなのね。

80〜90年代、好きだった時期もあったけど、とにかく高くて。
シャツ1枚が2万円近くしてたような・・・。

まあ、当時は服はとにかく高かった。
MELROSEとか、BIGIとか、コム・デ・ギャルソンとか買ってたなぁ。
DGRACEのスタジャンなんてレザーとはいえ何万円だったっけ。
まあ、デザイナーズブランドだからそんなもんか。

ユニクロの登場は服にかけるコストを劇的に引き下げた。
ワタクシの年齢もあるんだろうけど。

デザイナーブランド系の服って今も売れてるんだろうか。
ウチの子たちって、どこの何を着てるんだろう。

 

さて、日本リーグ兵庫遠征の夜。
DRKさんと食事。

ホテル近くのお好み焼き屋へ。

名物らしい「ネギ焼き」
IMG_1430
ウマイ!

続いて、おつまみ系にチーズ焼き。
IMG_1431
ベーコンとジャガイモにチーズが絡んで絶妙。
ビール&ハイボールも進む・・はずだが、体調不良でそれほど進まない。(涙)

シメに豚玉を頼んだ。
IMG_1433
やっぱり基本定番は美味しいね。
ああ、もう満腹である。

と、DRKさん。
「塩焼きそば頼んでいいですか」

「いいけど、そんなにもう食べられないっすよ」(体調悪いし)

IMG_1432

美味しかったが、太めの麺がお腹にずっしりこたえた。
DRKさん、良く食べるなぁ。

飲んだ後には必ずラーメン食べるし。
どうして太っていないのだろう。(どっか悪いのかな)

それにしても関西は食事が美味しい。
値段も手頃だし、つい食べすぎてしまう。
西へ出張の際は食べ過ぎ、体重増に注意である。

今回は体調の関係でそれほど食べられなかったが、
まあ、それはそれで良かったかも。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

却下とか、ガッツポーズとか。

某日のレックインドアテニススクール上石神井。
フカダコーチと昼食。

ワタクシ「どうする?時間ないからすき家でいいか」
フカダコーチ「いやぁ、イマイチかなぁ」
ワタクシ「じゃあ、餃子の満州?」
フカダコーチ「ピンとこないっす」

結局、フカダコーチの希望の店へ。
IMG_0956

IMG_0957

美味いからいいんだけど、
昼飯でここまで意見を却下するのは彼くらいだ。
やるな。

 

さて、テニス日本リーグ・セカンドステージ。

昨年も苦戦続きの決勝トーナメント進出だったけど、
今年も怪我・故障も多く、それこそメンバーが足りない状態で
とても厳しい状況での予選リーグだった。

ファーストステージは竹島プロが手術で欠場。
ということは4人?

誰もも休めないし、誰も怪我も出来ない。
もし何かあったらどうなる?って状況。

関口プロとは「こうなったら(鈴木)貴男さんに頼むしかないでしょ」との会話まで。
ちなみに鈴木プロは日本リーグはもう卒業ということで出場はしない約束。
せめてベンチコーチに入ってくれれば(相手もやりづらい?)と思うのだが、
それもしないということになっている。

「周一、こんな状況だし、貴男さんに聞いてみ」
「いやぁ、聞けないっす。聞いてくださいよ」
「オレも聞けないよ」

後で鈴木プロが言うには、
「どうにもメンバーが足りなくなったら1試合は覚悟した」
とのこと。
聞けば良かった。

そんな厳しい予選もなんとか切り抜け、
今年も決勝トーナメントの切符を手にできた。
これもチーム力に他ならないと思う。

やっぱり団体戦は燃える。
スタッフもお客様も一丸になって選手を応援する。
それに選手も応える。

ガッツポーズ連発でさらに意気があがる。
そして勝てればこれ以上の喜びはない。

ということで、ガッツポーズ集。

DSC_5749

DSC_5729

DSC_5728

DSC_5680

DSC_5635

DSC_5614

竹島プロが多いのは、たまたま。
そう言えば以前、鈴木プロが、
「駿朗は大学でリーグ戦戦ってるし、チーム戦向き」
と言っていたっけ。

関口プロ
DSC_5582
このゲームの関口プロの集中力は凄かった。

決勝トーナメントもガッツポーズ連発で頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パンチョとか、ダズル迷彩もうすぐ!とか。

最近、巷でよく見かけるこのお店。
IMG_0914
一度入ってみたいと思いつつ実現していない。

ナポリタン専門店だって。
最強だな。
IMG_0913
でも看板はボンゴレ・バジリコ。
なんで。

 

さて、各所で話題のウイルソンのラケット。
「ダズル迷彩」というだけで全容どころか何も明らかになっていない。

一部のコーチやオピニオンリーダーなる方に
ダズル迷彩の試打が渡っていて、
インプレはちらほらアップされているが情報はそこまで。

特徴的なモデルであることは確かなのだが、
じゃあそのテクノロジーは?などは分からないまま。

実はワタクシにもダズル迷彩モデルをお貸しいただいた。

で、最初はナイロンマルチ(NXT)を張り上げて打ってみた。
非常に粘りがよくスピンもかかるのだが、やはりそこはナイロンマルチ。
16歳児に打たせてみたら1日に持たずに切ってきた。

ということで、今度はポリに張り替え。
IMG_9910

G-TOUR3を張ってみた。
IMG_9996

さっそく16歳児のお相手。

うん、こちらの方がより面剛性がハッキリ出ていいかも。
シャフトはしなるのでボールの食いつき感は強い。
しかしフェイス部分のブレはほとんど感じないのでボールが暴れる感じはない。

欲を言えば、スイングイメージからほんの一瞬遅れてボールが出ていく感じが
それぞれの好みになるんじゃないかなと思う。
球離れ重視で速い展開を望むプレーヤーには少しだるく感じるかも。

実際、16歳児にラケットを変えながら球出しで打たせて、
打球の飛んでいくイメージを観察したら、気持ち遅れて、
よく言えば粘ってからボールが飛んでいくように見えた。

その分、打球はきっちりスピンがかかり、フルスイングをしても
ネットの高いところを通って、しっかりボールがベースラインに収まる。
この安心感は大きいと思う。

逆にネットすれすれのフラットドライブで速い展開を望むなら
BLADE,BURN,PROSTAFFなどの他のツアーシリーズが良いかも。
その分、扱いは難しいけど。

しかし、粘るといってもダルくはないのがこのラケット。
だるさがないのは面剛性の高さ故なのかもしれない。
ボレーなどでのフェイスのあたり具合はちゃんと軽く弾くのが不思議。

IMG_9997

ストリングは何が合うのだろう。
ワタクシ的にはナイロンマルチは粘りすぎ。
柔らかめのポリが適度に弾いていいかなと思う。

この辺は好みだと思うが、素材、テンションで良いところを見つけて欲しい。

正直、ワタクシ的にはかなり扱いやすいし、変な意味ではなくラクなのが良い。
相手のボールが多少エグくてもそれなりに衝撃吸収をしてくれて、
それなりに抜けの良い感じで飛んでいく。
そういう意味ではオールラウンドなラケットだと思う。

そんなわけで、このダズル迷彩を「テニスのゴンちゃん」と試打したのがこちら。

とにかくこのラケット、2月1日に情報解禁の予定。
モデル名、デザインも発表になるのでお楽しみに!

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コラボとか、散歩とか。

今やなんでもコラボなのね。
IMG_9637
どんな味だったかも忘れたけど。

そうえば、初いきなりステーキ以来、一度も行っていない。
ガッツリ系は年に数回でじゅうぶんだなぁ。
 

さて、数年ぶりの妻とのドライブ。
海の幸を堪能し、腹ごなしに漁港を散歩。

美味そうなみりん干し。
IMG_0297
お腹がいっぱいなので、見ただけで終了。

漁港な風景がいいね。
IMG_0299

天気が良いのでツーリングの人たちも多かった。
IMG_0304
ハーレーかぁ。
大型免許に挑戦してみようかな。
でも買えないな、きっと。

クルーザー。
IMG_0302

桟橋に渡っても良いっぽいので行ってみる。
IMG_0310
このあたりは水もきれい。

うーん、豪華。
IMG_0317

IMG_0309

IMG_0306
ワタクシのバスフィッシング用ボートとは別次元の乗り物だ。
いくらするんだろう。

俗っぽいことは忘れ、しばし海を見てぼーっとする。
ああ、いいなぁ。
こんな感じ、久しぶりだ。

駐車場に戻る。

開きがプリントされたMA-1風ジャケット。
IMG_0300

Tシャツ
IMG_0301
もちろん買っていない。

のんびりできたが、まだ昼ちょっと過ぎ。
さて、これからどうするか。
久しぶりすぎてアイデアが出ないぞ。

カテゴリー: ファミリー, ボート, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

電池とか、漁港とか。

会社の時計が電池切れ。
単二電池を探す。

そういえば、最近は単二電池ってあんまり見ないよね。

棚の奥から発見された単二電池。
IMG_1102
ナショナルとソニー。
ソニーって今も電池作ってるのかな。

ナショナルってのも懐かしい。
昔はナショナル系列の街の電気屋さんがたくさんあった。
今はそういうお店も随分少なくなった。

「使えるの?これ」なんて話しながら電池交換。
ちゃんと動きました。

 

さて、ちょっと前。
妻と休日を合わせ、映画へ。

それにしても、二人で映画に行くのに
2ヶ月も前からスケジュールを合わせないといけないって、
大丈夫か?我が家。

朝一番の上映回を観終えて、時間はまだ昼前。
せっかくなのでドライブへ。

房総半島を南下し着いたのは・・・
IMG_0318
保田漁港である。

目的はこちら。
IMG_0282

房総名物の竹岡式ラーメン・・ではなく、こちら。
IMG_0284
ばんや

保田漁港直営の海鮮食堂なのだ。
IMG_0286

生け簀には獲れたての海の幸。
IMG_0287

昼前なのに店内はすでにたくさんの人。
IMG_0289

少し並んで待ち、順番が回ってきた。
IMG_0290
あれこれ迷いつつ注文。

マグロカツ。
IMG_0291

まかない丼。
IMG_0293

お好み握り。
IMG_0296
それぞれにボリュームがあるので、かなり満腹である。
いやぁ、旨かった。

それにしてもこの店はいつも混んでる。
漁協の町興し的に始まったのだろうか。
地元振興の成功例かもね。

ごちそうさまでした。

カテゴリー: ファミリー, , , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

プチ打ち上げとか、イヤホンとか。

昨年末、仕事がひと段落し、軽く打ち上げ。
初めての店。
IMG_0980

ピザも美味しいし、ワインも美味い。
IMG_0979
また行きましょう。
いつも助けていただいてありがとうございます。

 

さて、すっかり完全ワイヤレス派である。
IMG_9132
この開放感は一度味わったら離れられない。

泣き所はバッテリー。
IMG_9131
2時間は持たない。

よって、イヤホンは2台持ち。
片方のバッテリーがなくなったら、
もう一つを出して、片方はケースで充電する。

で、この最初に買ったほうのイヤホンがとうとう壊れた。
立ち上がってもすぐに接続が切れてしまう。

2年くらい持っただろうか。
使用頻度を思えばじゅうぶんだろう。

ということで、もう一台購入することに。
値段もこなれて来たし、種類も増えたので迷いつつ・・・
IMG_9134
今使っているタイプをチョイス。
特に不満はないし、とにかく安いのが魅力なのだ。

心配だったペアリングの混乱もなく無事に接続完了。
同型でデバイス側での表示型番が一緒でもそれぞれに認識されるのね。
IMG_9195

ということで、新型はケースにゴロ入り。
IMG_9194
混乱しないから助かる。

イヤホンの進化もそろそろこのあたりまでだろうか。
ケーブルが無くなるって、これ以上の進化あるかな。
想像つかないぞ。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , , 音楽, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。