カテゴリー別アーカイブ: 食べ物

辛つけ麺とか、完成!とか。

ネオインドアテニススクール西新井へ。

昼食。
ソトヤマコーチと近所を彷徨う。

結局またこの店へ

今回はチーズをトッピングしてみた。
IMG_0225

いやぁ、メッチャ美味い。
IMG_0226
チーズのコクと滑らかさが絶妙。
辛味も適度だし、ゆず風味の割りスープの最高だ。
ここにライスを入れるのもありだなぁ。

この手の食べ物は背徳感も大きいのが問題点。
申し訳ない。

 

さて、先日のこと。

頼んでおいたものたちが続々と入荷した。

まずはこちら。
IMG_0444
Team RECオリジナルパーカーだ。

正面は今年のTシャツで評判の良かったステンシルロゴ。
背面にはボックスロゴが乗っている。
IMG_0445
綿52%、ポリエステル48%裏毛素材。
しっかりした厚手の感触でなかなか良い。

今回はスタッフのみでつくってみた。
一般販売は今のところ無しってことで、ゴメンなさい。
欲しい方はスタッフをつかまえてプレッシャーかけてみてください。

そしてこちらも。
IMG_0441
Team RECゲームシャツ&パンツ2019年モデル。

今期もエレッセのカラーオーダーでつくってもらった。
袖にはTeam RECワッペン。
IMG_0442

実はこれは日本リーグ選手モデル。
IMG_0443
ということで、背中にはTeam RECロゴ。
今年の日本リーグはこれで戦う。

コーチングスタッフ分は公式戦で着られるように
背中のロゴは無しバージョンが春先に完成予定。

お客様からもお申し込みをいただいたので
こちらも楽しみにお待ちください。

ということで、今日から日本リーグ会場入り。
明日からいよいよファーストステージが開幕だ。

何かと大変な状況だけど、チーム力がウチの強うさだから、
選手、スタッフ、コーチ、会員様全員で戦い抜けるはず。
頑張ろう!Team REC!

ということで、動画が完成。

会場でお待ちしています!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

濃いとか、オフィシャルウェアとか。

休日。
近所のアウトレットでランチ。

ローストビーフのプレート。
IMG_9227
美味しいけど、ローストビーフってソースが濃いよね。
東京チカラめしのローストビーフ丼も濃かったけど。(比べるなよ)

塩味とかどうなんでしょ?

 

さて、頼んでおいたウェアが届いた。

パーカー
IMG_9784

パンツ
IMG_9782

それぞれにJPTAのロゴ。
IMG_9785

IMG_9783

JPTAってのは、JAPAN PROFESSIONAL TENNIS ASSOCIATION。
日本プロテニス協会ってこと。

毎年、プロ協会からオフィシャルウェアが販売される。
長らくウェアを購入していなかったワタクシ。
プロテストやら何らかの行事の時に肩身の狭い思いをすることが多く、
ここ2年ばかりはウェアを購入することにしているのだ。

ちなみにプロテニス協会のウェアのオフィシャルはヨネックスさん。
ヨネックスのウェアは細部に工夫がされていてとても着やすい。
シルエットも今風だし、着心地もとても良い。

加えて、とにかく素材と機能が良い。
IMG_9786
このウェアに搭載されているヒートカプセルという素材は秀逸。
とにかく暖かい。
他の素材とは明らかに体感温度が違う。

以前、この素材でオリジナルでユニフォームを作れないかと
ヨネックスさんにお願いしてみたが、特殊な素材なので
数を揃えにくいということで断られた。
もしかしたらプロパー以外には使えないのかもしれない。

そんなわけで、この冬もこのウェアで乗り切れそうだ。

その昔、プロテニス協会のメンバーになると、
毎年オフィシャルウェアがもらえた。

ワタクシの時代はYAMAHAのウェアだったかな。
背中にプロ協会のロゴが入ったウェアはとても誇らしかったし、
それだけでプロ協会に入ってよかったなと思った。

思えば、1,000人を超える会員にウェアを配布するなんて
恐ろしく太っ腹なことだし、今の時代では絶対にないだろうなと思う。

それだけの持ち出しをしてオフィシャルスポンサーにどれだけの
メリットを返せるかというのも疑問だし、
今のように受注生産〜会員価格で買ってもらうのが自然なのだと思う。

そりゃ、もらえれば嬉しいが、それ以上に大事なのは、
オフィシャルウェアを着ることに誇りを感じられる組織であることだと思う。

プロテニスコーチの社会的地位は上がったのか。
ちゃんと食べていける職業になったのか。
プロとしての誇りと、それに見合う努力はしているか。

職業としてはある程度確立してきた。
しかしそれはインドアテニススクール事業者が増えたからであり、
プロコーチが何かをしたからではない。

プロということはそれで飯が食えること。
そのために会員は何ができるか。
協会は何ができるか。
双方、すべきことはたくさんあるような気がする。

本当の意味でのプロフェッショナルにならなければいけない。
頑張ろう。

カテゴリー: テニス, 仕事, , 食べ物, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スナックとか、ALL RECとか。

「餃子のまんま」だって。
IMG_9235
激しく惹かれたが、買わなかった。
数日経った今でも気になる・・。

 

さて、札幌から戻った週の後半は一路山梨へ。
IMG_9638
ついた先は北杜市のクラブヴェルデさん。

今年もここで、ALLREC CHAMPIONSHIPSが開催されるのだ。
IMG_9643

この大会は、レック系列各校からの代表ペアで行われるダブルス大会。
IMG_9647

IMG_9665

初日のリーグ戦、2日目の順位トーナメントでREC ナンバー1を決めるのだ。
IMG_9668

今年のALLREC Tシャツ。
IMG_9652
ちょっとイメージをかえてみた。

開会式
IMG_9670

今年もゲストは鈴木貴男プロ。
IMG_9675

熱い試合の後、鈴木プロの熱いクリニック。
DSC_9162

IMG_9697

IMG_9689

夜はパーティー。
IMG_9702

IMG_9703
ここでも鈴木プロのトークショー。
興味深い話がたくさん聞けた。

さらにはジャンケン大会で鈴木プロ使用ラケットのプレゼントも。
いいなぁ、欲しいぞ。

2日目は鈴木プロのウォーミングアップメニューでスタート。
IMG_9716

熱戦の末、男子優勝は7CC武蔵小杉代表ペア。
DSC_9809

女子優勝は、ネオインドアテニススクール西新井代表ペア。
DSC_9800
なんと、5連覇である。
彼女たちを破るペアは出て来るのだろうか。

そんなわけで今年のALLRECも無事に終了。
参加者の皆様、ありがとうございました。
IMG_9714

鈴木プロもありがとうございました。
IMG_9656

ALLRECの名に恥じないように、
来年はもっと良い大会にグレードアップしたいと思う。
お楽しみに!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

糖分とか、試合&練習とか。

休日。
なぜか朝からPCにへばりつきっぱなし。
頭が疲れたので糖分補給。
IMG_9581
コンビニのモンブランもけっこういける。
もうひと頑張りかな。

 

さて、某日。

16歳児の試合へ。
たまたま休みだったのと、会場が所属クラブだったので
夜の練習に連れて行きがてらついていった。

今大会から年齢カテゴリが上がった16歳児。
以前から少しずつ18歳以下にもエントリーしていたけど、
はたしてどこまで出来るかなって感じ。

エントリーまで時間があったので、他の試合を眺める。
IMG_9318

さすが18歳以下、ボールは速いし、とにかく上手い。
強打に加え、スライス、ドロップなども絶妙に織り交ぜる。
昔の18歳ってこんなにこなれてなかったよなぁ。

そうこうしているうちに試合開始。
IMG_9319

いつも淡々としている16歳児。
緊張しているのかいないのか、よく分からないが、
いつもの感じで試合が始まった。
IMG_9328
立ち上がりは互いにキープで均衡状態。

勝負所でポイントを制してリード。
小さいけどガッツポーズとかするようになったのね。

最後は相手のショットがサイドアウトし勝利。
何とか初戦突破である。

少し緊張が解けた様子で次の試合を待つ。
次の相手は前大会の優勝者らしい。
調べてみるとあちこちの大会で入賞多数の子のようだ。

最近は対戦相手の名前を検索するとある程度の情報が入る。
いいんだか悪いんだか・・。
16歳児が相手情報を調べているかどうかは知らないけど。

ということで、2回戦。

IMG_9348

強い、かなり強い。
要所でサービスエースでポイントを取るし、
一発狙った時のフォアは半端じゃないスピード。
すべてに余裕もあって、搭載エンジンが違うって感じ。

IMG_9351

16歳児も必死に食らいついて、突破口を探す。
IMG_9360

結果は敗退。
食らいつく一歩手前でことごとく跳ね返された。

しかし最近は強い相手と対戦することも増えた。
ひとつずつ経験を積んで前に進んで欲しい。

この日の試合予定がすべて終わった。
16歳児がワタクシのところに来て、「練習したいです」というので
コートをレンタルすることに。

試合に出ていた同じチームの選手がいたので、
一緒に練習しないかって誘ってみたら「やりたいです」という。

彼は千葉県でも1、2位の上位校のテニス部。
この日、学校のナンバー2の子も来ていて、
一緒にいいですってことで、3人をコートに入れて練習。

二人ともメッチャ上手いし、とてもいい子たち。
16歳児にとってはすごく良い練習になったと思う。

何より楽しそうに自分たちを追い込むジュニアたちを見るのは
ワタクシもうれしいし、前向きになれる。
頑張れよ、みんな。

ちなみにそんなわけで、ワタクシはボールを打たずに
球出しとコート代支払い係だった。
強豪ジュニアと打ちたかったなぁ。
ちょっと残念。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、戦友とか。

お取引先様が新たにお店を出した。

ジュプレ
アイスクリーム屋さんだ。

先日、商談の際にいただいた。
IMG_9284

高級アイスだね。
IMG_9285
甘すぎず、とても上品なスイーツって感じ。

こんなものも。
IMG_9288
パーティーとかお土産に良さそう。

大泉学園のお近くの方、ぜひ足をお運びください。

 

さて、もういい歳になったワタクシ。

かれこれ30年以上、テニスに携わらせていただいている。
テニスコーチで食っていこうと決めた23歳の時には、
いつまで出来る仕事だろうと思ったけど、
こうして今もテニス界で生きている。
ある意味、奇跡かも。

迷い、憤り、必死に生きて来た20代から30代。
この頃に知り合ったテニス業界仲間はとても大事な存在だ。

先日、そんな方と水道橋界隈で落ち合った。
IMG_9204-1
HEAD社のKさん。
ずっとHEADブランドと共に歩んできているすごい方。

ワイン&イタリアンで語り合う。
IMG_9205

IMG_9200

IMG_9201

出会った頃はお互い若かったけど、
もうオジサンの域に入った・・・よね、完璧に。

でも、仕事に対しては変わらず熱い。
あの頃から変わらずだ。

ある意味、ワタクシのテニスを支えてくれたKさん。
お互いもっと頑張りましょうなんて話をした。

テニスを愛する気持ちを大事にまだ頑張りましょう。
引き続きよろしくお願いします。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ランチパックとか、ウイルソン・プロトタイプとか。

毎週、泣いちゃうぜ、下町ロケット。

こんなものが売ってたので、つい。
IMG_9732
普通にコロッケのランチパックだな。
涙は出なかった。(当たり前)

 

さて、ウイルソンさんから届いた例のアレ。
IMG_9739

ということで開封の儀。
IMG_9748
Cooさん、ジャマです。

意味ありげなマークと表記。
IMG_9741

IMG_9742
来年モデルであることがうかがえる。

ダズル迷彩のプロトタイプ。
IMG_9745

スロート内側にもPROTOTYPEの表記が。
IMG_9753

フレームサイドには、分かりにくくちゃんとWilsonロゴ。
IMG_9751
中厚なフレーム。

IMG_9746

IMG_9755
スロート形状に若干の特徴が。

そして特筆すべきはこれ。
IMG_9758
グリップを固定して押すと、怖いくらいしなる。
これだけのしなり、これまでの考え方だとコントロールにはマイナス方向。
それがどういう味付けになっているのかがキモだそうだ。

休日、ようやく張り上げ。
IMG_9819
まずは、NXT POWER16をチョイス。

クロスストリングがかなりフェイス上下に広がっている。
IMG_9820

張り上がり。
IMG_9821
さて、試打しますかね。
レポートはまた次回に。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

悪魔の・・とか、Wilson ULTRA TOUR解禁&インプレ!とか。

メッチャ人気で売り切れ続出とボスから聞いた。
出張先で見つけたので食べてみた。
IMG_9699
うん、美味しい。
感動するほどではないが、適度なB級感もあるのがナイス。
結局こういうものが定番なのかもね。

 

さて、いよいよ情報解禁になった。

何が?ってこれである。
IMG_9729
錦織圭がラケットを替える。
写真で分かる通り、ULTRAカラーである。

本日、ようやくこの新しいモデルの情報が解禁になったのだ。
シリーズ名は、ULTRA TOUR。
3機種が発表になった。

 

UKTRA TOUR 95CV
WR000711U_Ultra_95CV_Navy_LightBlue_Gloss_Front
■フェイスサイズ:95平方インチ
■ラケット長:27.25インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:309g
■ストリングパターン:16×20
■バランス:325 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:36,000円

錦織圭使用モデルである。
実はモールド(フレームの型)はBURNと変わらない。

大きく違うのはこれ。
crashzone1
CRASH ZONEという。

どこに入っているかというとこんな感じ。
crashzone2
すでにULTRAシリーズに搭載されているこのテクノロジー。
このパーツが変形することでメインストリングがたわみ、
衝撃を吸収し、マイルドな打球感が生まれるのだ。

加えて、この効果はスイートエリアを広げる効果があるそうで、
2,7%相当のフェイスサイズ拡大効果があるとのこと。

これがBURNのモールドに搭載され、テクノロジーはULTRAなので、
ULTRA TOURになったというわけ。
ちなみに発売は12月だ。

 

ということで、あと2機種。

ULTRA TOUR 95JP CV
WR005911U_ULTRA_TOUR_95JP_CV_Navy_LightBlue_Front
■フェイスサイズ:95平方インチ
■ラケット長:27.25インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:289g
■ストリングパターン:16×20
■バランス:340 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:35,000円

BURNにもあったが、日本仕様モデルである。
JがJP表記になったのは、J=ジュニア用のイメージと
誤解を防ぐためだとか、そうではないとか。(そうなのね)

ウエイトが289gということで、
まだ身体の出来上がっていないジュニア選手なども
しっかり振れるスペックになっている。

残念ながらこのモデルは来年1月発売。
少々お待ちいただきたい。

 

ULTRA TOUR 100CV
WR006011U_ULTRA_TOUR_100_CV_Navy_LightBlue_Front
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.25インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:293g
■ストリングパターン:16×20
■バランス:330 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:35,000円

実売ではこれがメインになるんじゃないかなと思う。
やはりこのフェイスサイズは違和感が少ないし、
パワーも含め、オールラウンドな安心感も大きい。

 

そんなわけで錦織圭の代名詞のBURNがULTRAに変わるという、
まさにウルトラCを仕掛けてきたウイルソン。

モールドそのままでカラー変えて、グロメット変えて
そんなに変わるんかいなと半信半疑で試打をしてみた。

ここがキモの部分。
IMG_9370

ULTRAカラーだが、つや消しではなくグロス塗装。
IMG_9372

IMG_9371
選手モデルはグロスが多いし、こっちの方がいいな、やっぱり。

 

打ってみた。

全然違う!

クラッシュゾーンてこんなに振動吸収したっけ?
驚くほどにボールがフェイスに粘っている感触が強い。

いったんメインストリングがボールを咥え込んで、
そこから一気に打ち出す感じ。

打球感も柔らかいというか、ナチュラルストリングを張ったようなイメージかな。
グロメットでナチュラルの感触が出せるって新たな発見だ。

BURNは若干ガツン!という感じもあったが、
ULTRA TOURはとても腕に優しくなった。
対象層が一気に広がる予感が。

この掴む感じは、コントロールへの安心感も大きい。

ボールとストリングが接触している時間は1,000分の5秒程度で、
それほど変わるものではないことはわかっているが、
感覚的には一瞬のつかみ感は、自分の意思をボールに伝えることが
できたような感覚につながる。

そしてスピン量もコントロールしやすい気がする。
物理的には大きな変化はないのかもしれないし、
千分の秒単位で人間がコントロール出来ることはないだろうが、
感覚的にはクラッシュゾーンの恩恵は大きいように思う。

ソフトでくわえるとなると、球離れは悪いのかなと思いがちだが、
そんなことは無かった。
パワーは損なわれていないし、ダルい感触もない。
非常に扱いやすいバランスのとれたモデルに仕上がっている。

個人的には、0,25インチロングは違和感はあるが、
これはおそらく慣れの問題だと思う。
使い込んでいくうちにきっと慣れるんじゃないだろうか。
ロングサイズはサービスのパワーアップなども恩恵も大きいので、
振れるのならばロングタイプへのチャレンジも良いと思う。

とにかく、グロメットの変更でここまで味が変わるのは
目からウロコがポロポロと落ちこぼれた新鮮な体験だった。

錦織圭も年齢を重ねて、さらにラケットへのリクエストが増えたのか。
CVは「疲れない」だったっけ。
そういう意味では、クラッシュゾーンは良い選択だなぁと思う。
(上からでゴメン)

とにかくBURNなんてゴツいの使えないと思っていたアナタ。
このULTRA TOURシリーズは一度打ってみるべし。
BURNの良い部分を残しながらも確実に進歩しているのが分かるはず。

ちなみにこのULTRA TOURシリーズ。
本日からレックテニススクール全校で試打ができます。
ぜひお試しあれ!

カテゴリー: ダイエット, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

モンブランとか、日本リーグ・ユニフォームとか。

休日。
PCに張り付いて、あれこれ仕事など。

キリの良いところで気分転換。
IMG_9250
妻と早めのランチへ。
ひさしぶりの星乃珈琲店。

ワタクシはピザトーストとカフェオレ。
IMG_9244

IMG_9242

妻はモンブランパンケーキ
IMG_9248
クリームの中にはアイスクリームが入っている。
美味しいがけっこうヘビー。

最初はダブルにしようかと思ったけど、
二人でも食べきれないかもよってことでシングルに。
正解である。

最近は何でもいいからガッツリってことはなく、
好きなものを適量でじゅうぶん満足って感じ。
枯れてきたか?

 

さて、日本リーグ・ファーストステージまで1ヶ月となった。

試合をするのは選手たちなので、
ワタクシたち裏方に練習はないが、何かと準備はある。

先日、今年の日本リーグチーム用のユニフォームが届いた。
IMG_9572

今年もエレッセで揃わせていただいた。
ゴールドウインさん、いつも無理を聞いていただきありがとうございます。

今年は昨年と素材が少し違うストレッチ系のものにした。

IMG_9573

IMG_9574

このタイプ、ブランドロゴはプリントなのね。
違和感が出ないからいいかも。

せっかくなので、佐藤一平コーチに着てもらった。
IMG_9561
「かわいいコックさん」の絵みたいなポーズ。

やっぱり選手が着ると一段といいね。
IMG_9564

スタッフのオジさん三人衆の着こなしは・・・。
いや、それも含めてTeam RECです!(なのね)

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, ファミリー, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

牛丼とか、見舞いとか。

流行り物と期間限定には乗っておけってことで。
okmigtd

ソースの匂いでお好み焼き感満載。
IMG_9277
卵の黄身を乗せるらしい。

失敗。
IMG_9280
乗せる場所を凹ませれば良かった。

味はお好み焼きと牛丼を足して2で割った味。
つまり1かな。
不味くはないけど、相乗効果で何倍も美味いって感じじゃない。
ちょっとお腹がもたれるし。(歳だよ)

すき家って色んな変わり種牛丼出すけど、
想像通りの味っていうか、劇的に美味くなるものって少ない。

牛丼って不思議だな。
やっぱり一番合うのは、七味と紅生姜だね。
普通の牛丼で完成されているってことなんだろうか。

 

さて、以前に書いた豪快を絵に描いたような叔父。

大変な病気になり手術もしたらしい。
実家からの情報なのでおそらく正確なのだが、
親戚にも会わないと言っているらしく、母も会えていない。

ワタクシも会いに行きたいのだが、突然行ったら怒られそうだ。
そんな叔父からメールが来た。

「元気でやってるか
お前も娑婆で何とか生きられているようで何よりだ。」
から始まり、自分の病状が書いてあった。

最後は、山の男らしく、山岳部の後輩たちに
山で弔ってもらうことになっているから心配するなとも。
叔父らしい言葉に涙が出た。

会いに行っていいかと返信をしたが返事はなかった。

そんな叔父が再度手術をすると、実家から連絡があった。
意を決して電話した。

「おお、元気か?」

「はい、なんとか。元気じゃないよね」

「まあな、来週手術だ」

「手術?行っていい?」

「手術が終わって生きてたら来い。仕事も忙しいだろうから無理するな」

「はい」(無理にでも行くよ)

無事に手術が終わったと聞いた。
実家と予定を合わせて病院へ。

IMG_8889

数年ぶりに合う叔父は少し小さくなっているような気もしたが、
相変わない雰囲気で迎えてくれた。

「ここじゃ何だからラウンジに行こう」

「歩けるの?」

「大丈夫だ」

「もうすぐ昼食じゃ?」

「ここの飯、あんまり美味くないんだ。料理長変わったな、ありゃ」

展望ラウンジであれこれ話をする。
IMG_8893

最初に病気の一報が入った時にはかなり悪かったらしいが、
驚異の回復力でここにいる。
やっぱりすごい人だ。

あれこれ話し込んでいたら、病棟から電話。

「もしもし。ん?ああ、昼飯ね。今日のは美味いの?(笑)
じゃあ、ちょっと食べてみるかな。もうちょっとしたら戻るよ」

うーん、変わってない。

別れ際、
「下のコンビニ行こう。カップラーメン奢ってくれ。病院食よりましだ」
相変わらずだ。
ちょっと安心した。

母親が「何にしても食べられるってことが大事。食べられさえすれば死なないから」と言う。
ワタクシたちがカップラーメン食べたらすごく怒るだろうに。

無理にでも会いにいって良かった。
叔父はまだ生きると信じられる気がした。
恩返しも出来ていないし、まだたくさん教えて欲しいこともある。
また会いにいきたいと思う。

カテゴリー: 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハロウィンとか、全日本選手権とか。

渋谷のハロウインの惨状をTVで観た。
年々酷くなってるね。
何とかならないものか。

ハロウィンにはあまり興味はないが、
ラジオでべた褒めだったコンビニスイーツを。
IMG_9149

ラズベリーのさっぱりした風味が絶品。
IMG_9151
期間限定なのかな。
今のうちかも。
オススメです。

 

さて、今年の全日本選手権は大阪・靱公園コートでの開催。

Team RECメンバーの応援、そして新規加入の守谷プロの写真も撮りたかったので、
何とか行こうと思っていたのだが、とんでもなく忙しくなってしまい、
結局、会場に行くことは叶わなかった。

で、現地特派員(?)の長谷川くんからメッセージ。

おっ!竹島プロ、菊池プロのダブルスである。
44897455_706209059778423_4099576121169805312_n
ファーストセット、6-0といい感じ。

と、次の写真。
44996213_318722042243267_95264805576769536_n
「竹島プロ、ドクターを呼びました」

「なんじゃ、そりゃ。どうしたの?」

「ドロップを追った時に足の付け根を痛めたっぽいです」

「マジか。リタイヤ?」

「いや、試合はできそうですが・・・」

結局、6-0 1-0の圧勝ペースからまくられてフルセット負け。
44878556_535473510253672_3950745608758755328_n

悔しい敗戦となった。
44884549_299588047543880_3944405970741886976_n

シングルスも予選を勝ち上がり、本戦1回戦を勝ち、
次はいよいよ第1シードの伊藤竜馬選手との対戦。

何が起こるか分からないのが勝負の世界。
全力でブチ当たってほしいと思っていたのだが、
怪我をした身体ではそれも叶わず、1時間かからず敗退。
悔しい大阪決戦となってしまった。

日本リーグまでにはしっかり治そう。

守谷プロもシングルス、ダブルスともに敗退。
ダブルスは期待していたのだが、
パートナーの竹内プロも負傷していたらしい。
勝負の世界は難しいな。

サポートメンバーの西郷幸奈プロは姉妹ダブルスで本戦2回戦へ。
シングルスも1回戦を勝ち上がり、昨年を超えた。
まだまだこれからの若手なので今後にも期待が持てたかな。

そして関口周一プロ。

ダブルスはパートナーの吉備プロの負傷で敗退してしまったが、
シングルスは現時点でベスト8進出中。

今日は若手のホープ、清水悠太選手と対戦だ。
日本リーグでも対戦する選手なので勝っておいてほしいぞ。
頑張れ!

試合は本日10時からセンターコートだ。
応援よろしくお願いします!

あ、そうそう。
今大会から関口選手のウェアが変わった。
45008112_2208224969448845_80296350628970496_n
スペインのブランド、JOMA(ホマ)ね。
見慣れない色合いだけど、そのうち慣れるかな。

気づけば全日本も終盤。
日本リーグファーストステージまで1ヶ月。
今年もあっという間に終わっちゃうぞ。
なんか時間経過が早くなってないか?地球。

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 西郷幸奈プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。