カテゴリー別アーカイブ: 食べ物

ノベルティとか、ランチとか。

HEAD新製品 MXGのパンフレット。
IMG_6727
飛び出す絵本風になっている。
こういう仕掛け、美味いよね、ヘッドさん。

他にもMXGノベルティが。
IMG_6623

IMG_6624
ロゴ入りボールペン。

こんなものも。
IMG_6724
仮面舞踏会・・いや、ウルトラセブンか。
これは使いようが・・・。

ラケットの性能は折り紙つき。
IMG_6573
レック各校で現在実施中のラケットキャンペーンでは試打が出来ます。
ぜひお試しを。

 

さて、休日。

朝からPCに向かう。
途中、ランニングを挟んでモニターとお友達。
IMG_6528
ところで、Macのデスクトップ同期って便利だね。
利便性を優先するとiPhone、iPad、Macとデバイスがappleに。
このあたりの連携性がMacのの強みかな。

そんなわけで、自宅にいる間の85%は家族に背を向け、
PCモニターと向かい合っているワタクシ、
「iMacと結婚したの?」とは言われないが、
さすがにそれもマズかろうってことで、
キリの良いところで妻と近所のアウトレットモールへ。

休日ランチである。
いつも行列のピザハウスがめずらしく空いていた。
IMG_6651

昼からビール。
IMG_6638

ピザは外カリカリ、具はしっかりボリューミー。
IMG_6643

こういうアメリカンな感じのインテリア、好きだなぁ。
IMG_6639
あ、イタリアンなのかな。
まあいいや。

パスタは若干アッサリ系。
IMG_6648
Tabasco置いてない店増えたよね。
オシャレ系なところほど置いてない。
Tabasco好きなワタクシとしては少しさびしい。

調子に乗ってワインセット。
IMG_6646

IMG_6650
たまにはってことで。

あれやこれやと話をしながらのひと時。
至福の時である。

思えば今年で結婚20年なのね。
よくもまあワタクシにそれだけ付き合っているものだ。
人間出来てるね、感謝。

カテゴリー: テニス用品, ファミリー, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、ラウンドとか。

レモン牛乳アイスクリーム。
IMG_6374
栃木の名物っぽい。
うまいね、これ。
千葉じゃ見かけないから、滅多に食べられないけど。

 

さて、某日。
「4時半に迎えに行きます」とネオインドア西新井のコバヤシコーチが言う。
早起きはいつものこととはいえ、さすがに早い。

暗いうちから目指すは埼玉。
同じくネオインドアのサトウコーチ、ソトヤマコーチをピックアップ。
東北道に乗り、那須方面へ。

着いた先はここ。
IMG_6339
矢板ICから20分ほど走った先のゴルフ場。

初めて来たけど、なんとも簡素なクラブハウス。
IMG_6342
田舎の貸しコートみたいな受付で先払いでコースフィーを支払う。
その額なんと、2,500円。
メッチャ安い。

乗り場でカートを割り当てられ自分たちでバッグを積む。
IMG_6341

スタート時間は?
ああ、準備が出来たら適当にスタートしてください。
なるほど。

練習場へ。
IMG_6343

打席はない。
各々適当な場所で打つ。
IMG_6348
芝から打てるので案外いいかも。

適当に打って、そろそろ行こうかってことに。
IMG_6353

いちおう記念撮影。
IMG_6354

混んではいないのだけど、やたらとツーサムが多く、
それなりに進行が速い。
急かすような雰囲気はないけど。

コバヤシコーチ。
IMG_6360
一番上手い。
そりゃ年間80ラウンドもしてりゃね。

ソトヤマコーチ
IMG_6361
最近、シニア用のクラブに替えて飛ぶようになった。
いかにもシニアなデザインのドライバーを使っている。
うーん、まあ飛ぶからいいのか。

サトウコーチ
IMG_6362
ゴルフは始めたばかり。
まだまだストレスの溜まるラウンドらしいが、
楽しくはあるようだ。

ラウンドは原則としてスループレー。
ハーフが終わったら、また適当に後半へ。

レストランは無い。
簡単な売店があるだけ・・・なのだが。
IMG_6358
ビール飲んでる。
コバヤシコーチの運転は確信犯か。

ちなみにプレーの方は、ワタクシなかなか好調。
生涯で2番目くらいのスコアが出た。
ミドルのセカンドでグリーンに一直線、
ボールが旗竿に当たった時には「イーグル!?」と思ったほど。

前回、K女史とのラウンドで散々な大敗を喫して以来、
ゴルフは敬遠気味だったけど、少し持ち直した感じ。

それにしてもこのコース、安いし普通にいい。
もう少し季節が進んで芝が生え揃ったらもっと良さそう。
また来よう。

カテゴリー: ゴルフ, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:31 | コメントは受け付けていません。

キスチョコとか、準備OKとか。

とある日の夕食。

IMG_6087

いつもこんな感じなわけでは無い。
当たり前か。

キスチョコ、久しぶりに見たぞ。
IMG_6092
今もあるんだね。

ところでこの紙って何のためにあるのかな。
取りやすくしてるのだろうか。

キスチョコって名前は?

子供の頃から食べてるけど、初めて疑問に思った。
誰か教えてください。

 

さて、いよいよ今日はREC FESTA。

昨日は皆で会場設営。
1回目に比べると随分と手際も良くなった。
最初は夜中2時でも終わってなかったからね。

ワンパットゴルフコーナーは深田コーチ。
IMG_7047

ダルマ落とし。
IMG_7038
細川コーチのパワーショット。

恒例のダンボール迷路。
IMG_7045

ダンボールスペシャリストなメンバー。
IMG_7046

今年はピラティス体験コーナーも。
IMG_7057

アトラクションを体験するとクジが引ける。
IMG_7065

景品はこちら。
IMG_7064

レックのイベントといえばうまい棒。
IMG_7063
今年はバスクリンもプレゼント。
間違って食べないように。

斉藤プロが登場。
IMG_7048

ひと通り遊んで回っていた。
IMG_7061

IMG_7054

IMG_7056
ゴルフのセンスは無いらしい。

今年は音響機材も増強。
IMG_7066

選手にはヘッドセットマイクも準備。
IMG_7052
試合中のつぶやきなども聞いてもらえるようにした。
竹島プロが何をつぶやいているのか興味ありだ。

外には、ポッポコーン、かき氷、綿菓子コーナー。
IMG_7060

そんな盛りだくさんのREC FESTAは10時スタート。
プロクリニック以外はどなたでも参加自由。
ぜひお越しください。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、どうする?とか。

年間360日、カレーでも大丈夫なワタクシ。
初めてのカレー屋を見ると、お腹が空いてなくても入りたくなるのだが、
ここ最近の節制生活でそんなこともしなくなった。

食事のタイミングが上手く合わずになかなか行けなかったのだが、
気になっていたカレー屋にようやく行けた。

IMG_6723
日乃屋カレー

うん。まあ、普通に美味い。
特徴は・・普通に美味いってことかな。
福神漬け、ラッキョウがご自由にってのはいいかも。

久しぶりに上野のエースのカレー食べたいな。

 

さて、某日。
3時半に起きて、14歳児と電車に。
IMG_6461
埼玉は羽生にあるクラブに試合に向かうのだ。

14歳児の春休みスケジュール最後の大会は、
雨で日程が大幅にずれ込み、会場に連れて行くのもひと苦労。

数日前の1・2回戦の日は妻が帯同。

今回のドローは2回戦で外シードの選手に当たるので、
初日で終わりかもと思っていた。

結果メールが届いた。

「1回戦、6-1勝ちました」

「次はシード選手かな。いいテニスをしよう」

「はい。頑張ります」

2回戦、妻から実況メール。

2-0
3-1
4-1
5-1
6-3で勝ちました。

マジか。
良かったけど、次の日程、誰も連れていけないぞ。
どうする?

結局、ワタクシが仕事前に会場に同行し、
帰りはひとりでってことになった。

しかし遠いな、ここ。
IMG_6462

田んぼ沿いの道を延々歩く。
IMG_6465

ようやくクラブに着いた。
IMG_6466

なぜか雰囲気がおかしい。
テニスバッグを背負ったジュニアがこちらに何人も歩いて来るし。

クラブハウスに張り紙。

「今日の午前中の男子の試合はコート不良のため明日に延期です」

マジか!
また明日もこのパターンか・・・

と、隣で困っている14歳児。

「どうした?」

「明日から学校が」

「始業式?」

「そう。クラス替えもあるし」

普通の日なら休んで試合に行くのもありだけど
(親としてアリなのかは分からないけど)、
始業式しかもクラス替えかぁ。

学校に本当の理由を言うわけにもいかないし、
さてどうしたものか。

とりあえず帰り道のマックで悩む14歳児。
IMG_6467
せっかくシードに勝ったし。
でもクラス替えか。
もしかしたらもっと勝ち上がれるチャンスかも。
学校には言えないよね、やっぱり。

色んな思いが頭を巡り結論が出ない。
でも、それを決めるのも選手の仕事なのよ。
欠場届け提出のリミットまで悩んで決めるが良い。

結局、欠場を決めた14歳児。
まあ、これも自分の条件の中で自分で決めたこと。
それはそれでまたひとつ経験したね。

次の日、学校から帰ってきた14歳児。

「クラス替えで担任がテニス部の先生だった。
多分理由を言えば休ませてくれたと思う」

まあ、そんな予感もあったけど、結果論だから仕方ない。
次も頑張れ。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

美味いとか、アップとか。

美味いもの発見。
IMG_6538

PABLO 黄金ブリュレチーズプリン

実際はパッケージとは違うけど。
IMG_6540
それほど高くはないのに、
味はコクあり、粘りありの高級アイスのそれ。

ブリュレ系って美味しいよね。

 

さて、某日、鈴木貴男プロ、関口周一プロが
レックインドアテニススクール上石神井に来場。

二人で練習だそうだ。
IMG_6306

IMG_6307

関口プロは中国遠征、鈴木プロは柏フューチャーズに向けての調整。
IMG_6308

関口プロがボールを出してきた。
IMG_6311

会話をしつつ、サッカーでアップ。
IMG_6313

IMG_6312

遠征先でもよくサッカーでアップをするそうだ。
テニスボールでやることが多いみたいだけど。

ちなみに鈴木プロも関口プロもアップは本当に入念に行う。
フィジカルにはとても気を使っているのが分かる。
プロ意識を垣間見る瞬間である。

カテゴリー: Team REC, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、チームづくりとか。

上石神井駅前のカレー屋さん「ミトミトカレー」。
「ミトミト」ってなんだ?
IMG_6247
これはJapaneseカレー、680円。
ボリュームもあるし、美味しいし、コスパ高し。

本格的なナンで食べるカレーセットもある。
ランチタイムはナンが食べ放題だそうだ。
どうりで学生が多いと思った。

目の前にはこの方。
IMG_6248
残すなってば。

 

さて、チームビルド、組織編成のこと。

チームをつくっていく、組織を組み上げるのは難しい。
チーム編成にはざっくり2タイプあるように思う。

ひとつは、王道タイプ。

私はトップ、あなたはリーダー、あなたはサブリーダー、
あなたはチームメンバー、あなたはヒラね。
まずは明確に役職と肩書きを割り振る。

それに伴い指示命令系統をハッキリさせる。
どこからどのように情報や提案が上がってくるか、
すっ飛ばしのスタンドプレーが無いようにしておく。

そして席次も厳格。
ミーティング、会議、誰がどこに座るかを明確にし、
上下関係、序列、指示命令系統をハッキリさせる。

ある意味、非常に日本的な手法。
分かりやすく、受け入れられやすいピラミッド型チームである。

 

もうひとつは、流動タイプ。

序列は二の次。
大事なものは、役割、パート、タスク。

役職名にはあまりこだわらない。
適正を持ってその人に割り振られたタスクがポジション。

日本的な役職名ではなく、プロジェクト担当的な
その人の地位ではなく、パートが見える職名が多い。
役割が変わったり、プロジェクトが終わればどんどん肩書は変わる。

席次は自由。
序列ではなく機能、つまりその人の役割で
一番効率的なところに位置すれば良い。

一番大事なことは情報の共有。
誰が何をしているかが分かれば良い。

役割を終えたら卒業。
作り上げたものはどんどん次に渡し、
別のプロジェクトに関わる。

大雑把だが、そんな2タイプがあるように思う。

 

ワタクシはどちらかと言えば後者。

職名や席次よりも機能優先。
チームづくりの際には、
役職名よりもまずは担当パートを割り振っていく。

一定の指示命令系統を明確にすることは必要だが、
情報や権限の一点集中よりも共有。
同じタイミングで皆に情報が行くのは一向に構わない。

良いチームはそれが自然に出来ているはず。
「聞いていない」や「わかりません」が多いチームは、
メンバーだけでなくリーダーにも「オレは聞いてない」が多いはず。
結局、リーダーがチームづくりを失敗しているのだ。

「不安な時は相談を」は必須だが、
基本的には自分で判断し動けば良い。

それぞれのパートをいかに全うしたかが評価。
つまり実績ありきで、成果としてどんどん認めるのが良い。

 

結局のところ、人は何をしたかでしか、
評価も引き上げも出来ない。

役職を与えれば相応しくなるという考え方もあるかもしれないが、
力も無いのに、何かの拍子に分不相応な肩書きをもらってしまっても、
本人も周囲もツラくなるだけか、勘違いの全能感が爆発するだけ。

最後は自ら降りるか、更迭されるかだ。
本人が望んでそこに立ったわけでも無いかもしれないのに
なんとも迷惑な話だ。

詰まるところ、ここまでやってきたこと、
積み上げてきた能力の延長上にしか現在も未来もない。

そこが乖離すると不幸な結果になる。
だから半歩先一歩先のタスク、ミッションで鍛える。
百歩先の肩書きは必要ない。

結局、どんな肩書きだろうが、
皆、誰がどれだけのことをやっているかは分かっている。
人はそんなに鈍感じゃないから、全てお見通しなのだ。

誰が何を担当するか。
誰が何をなし得るか。
そこに真の評価がある。
肩書きや席次ではないと思う。
それがワタクシのチームづくり。

が、実はこれって、序列ゴリゴリの日本的な会社には
あまり受け入れられないかもしれない。
そもそもチームビルドなんて概念があるかすらね・・。

でもやっぱり、役割優先、タスク優先、実績評価。
そこから真のリーダーが生まれるような気がする。

序列なんてって言うと怒られるが、
本質は肩書きや席次ではないというのが個人的な確信である。

カテゴリー: 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

好物とか、事業所対抗戦とか。

トマトはちょっと・・なんだけど、トマトケチャップは大好きだ。
IMG_6971
ステーキ屋さんによくあるタイプのこれ。
隣に同じタイプのマスタードがあれば最強である。

自宅にも欲しいな。
って、そんな感じの食事ばかりじゃないけど。

 

さて、JAPANフューチャーズもひと段落。

すっかり前の話になってしまったけど、
3月上旬、Team REC事業所対抗戦が開催された。

この大会は今年で28回を迎える歴史あるイベント。
各スクールの代表のスタッフたちが名誉をかけて戦う。

本戦当日の朝。
DSC_1827
緊張した面持ちの選手たち。

実はこの本戦大会の前には予選がある。
つまりここに来るのも大変という大会なのだ。

予選を勝ち上がった各校代表。
DSC_1850
今年もここに来れてまずは良かった。
頑張れ!

ということで試合開始。
試合は男子ダブルス、ミックスまたは女子ダブルスの3本。
2本取れば勝ちである。

定番の円陣。
DSC_1870

DSC_1878
各校で掛け声もそれぞれ。

ユニフォームを揃えているスクールも多い。
DSC_1814

2月で閉校したした厚木校。
DSC_1824
お客様の寄せ書きかな。
ありがとうございます。

チェンジコートのベンチコーチも熱い。
DSC_1886

DSC_1889

DSC_1890
仲間の激励や戦略、テクニカルなアドバイスと様々。

試合は徐々にヒートアップ。
DSC_7368

DSC_7488

DSC_7459

DSC_7382

いやぁ、みんな若いなぁ。
うらやましい。
DSC_6876

DSC_8284

DSC_8268

DSC_7956

応援も熱い。
DSC_1962

DSC_7185

DSC_7327

DSC_1943

ここ最近の傾向だが、女子選手が強いところが勝ち上がる。
DSC_7090

DSC_7248

DSC_8436
で、みんなメチャ上手い。

これまでも全日本選手やインカレ選手、県チャンピオンなど
錚々たる顔ぶれの女子選手が出場。
かなりのレベルなのだ。

決勝は、7CC浦和校と7CC武蔵小杉校。
DSC_8441

DSC_8558

DSC_8496

浦和校が接戦を制し優勝。
DSC_8619

優勝した7CC浦和校。
DSC_2014

どれも素晴らしい試合だった。
仲間の思いを背負って戦う選手たち。
熱い応援。
お客様もたくさん来てくださった。

Team RECを代表するイベントのひとつだ。
ワタクシも若ければ・・いや、ハハハ。

来年はどこが優勝するかな。
本戦にたどり着くのはどこだろう。
今から楽しみである。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

残念とか、サヨナラとか。

筑波フューチャーズ本戦に進んだ竹島プロ。
昨日、1回戦が行われた。

相手は仁木選手。
第1シードである。
結果は2-6 5-7で敗退。
DSC_09702
(写真は予選時)

残念。
スコアを見る限りは食い下がったみたいだけど。
今日は菊池玄吾プロとのペアでダブルスが組まれている。
相手は今井選手・上杉選手のペア。
勝とう!頑張れ!

 

さて、ずいぶん前のことのような気がするけど、
広島での最後の食事。
IMG_6916

やっぱり広島焼きでしょ。
IMG_6918
巨大な鉄板で豪快に焼き上げられる広島焼き。

その前にこれ。
IMG_6919
名前は忘れたけど美味しかった。

そしてメイン。
IMG_6923
結構な量。
やっと食べた。
満腹。

帰りは腹ごなしに広島駅まで歩くことに。
IMG_6927

IMG_6928

IMG_6929
路面電車と水と、雰囲気のある街だ。

サヨナラ、広島。
IMG_6931
ここ何年かは連続で来てたけど、
試合の予定も無いので、当分来ないかな。

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、サスペンデドとか。

レックインドアテニススクール上石神井へ。

移動前に昼食。
初めて入った駅前のカレー屋。
IMG_6247
これにドリンクもついて680円。
安いし、美味い。

ジャパニーズじゃないカレーはナンが食べ放題らしい。
どうりで学生が多いわけだ。

ワタクシの前に前にはこの方。
IMG_6248
真顔で食べるなよ、コワイ。

最近、一緒のことが多い。
タイミング悪いのかな。(ウソです)

ミトミトカレー、オススメです。

 

さて、筑波フューチャーズ・MEIKEI OPEN2017、予選2回戦の朝。
窓の外を見ると予報通りの雨。

犬の散歩に出ると、風も冷たい。
そういえば気象予報士の森田さんも「真冬の寒さ」って言ってたな。

こりゃ、今日の予選は無さそう。
仕事も山積みだし、ゆっくり家でやるか。
って、「休日は落ち着いて仕事が出来るぜ」ってパターン、なんとかしないと。

竹島プロにメッセージ。

「降ってる?」

「降ってます。多分今日は無いです」

「だよね」

「ただ、まだ予定変更は出てないです」

「何かわかったら連絡して」

と、9時頃、メッセージ。

「筑波は雨が上がっているので、予定通りやるそうです」

ウソだろ、千葉は結構降ってるぞ。
雨雲レーダーをチェックすると、茨城の一部のみぽっかり雲が空いてる。
慌ててクルマを出して筑波へ。

会場に着くと、試合が始まったところ。
DSC_1147
間に合った。

昨日同様に淡々とポイントを重ねていく竹島プロ。
DSC_1174

相手のミスを誘いつつ、ファーストは6-1。
DSC_1139
今日も良いペースだ。

セカンドセットも変わらぬペースでラリーを支配する。
DSC_1200

決して無理せず、徐々にペースを奪う。
DSC_1306

そしてネットで仕留める。
DSC_1159
良いパターンだ。

セカンドセットは4-1。
DSC_1335
ここでとうとう雨が降ってきた。

しばらくはプレーしていたのだが、
ラインが滑り始めて中断、待機となった。

小一時間の中断の後、コートドライ。
IMG_6296

なんとか行けそうだ。
選手が続々とコートイン。
IMG_6298
が、しかしそこで再度の雨。
先ほどより降りも強い。

こりゃダメだなと見切り帰宅。
15時過ぎ、竹島プロから今日は中止の連絡。

今日でしっかり決めたかったけど、仕方ない。
明日勝ち切って予選決勝に臨もう。
頑張れ!

ということで、空けて月曜日。
冷たい雨がようやくあがって試合が行われた。

竹島プロがそのまま勝利。
予選決勝に駒を進めた。

決勝は長尾プロ。
日本リーグでは勝ったが、力は拮抗。
とにかく勝って本戦に行こう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

八天堂とか、特技とか。

先日の試合会場でいただいた差し入れ。
IMG_6084
とても美味しかった。

結構有名なお菓子だとか。
八天堂、知らなかった。

いつもTeam RECの応援ありがとうございます。
また差し入れてくださいませ。

 

さて、乾杯!
IMG_6966
昼間なのでソフトドリンクだ。

長男の受験も終わり、行き先も決まった。
最後の方で一気に頑張った気もするが、それも彼のタイプ。

お疲れ会ってことで近所のお店へ。
IMG_6968

IMG_6977

IMG_6974

IMG_6969

ちょっと頼みすぎた。
ウチはあんまり食べないなぁ。

久しぶりに皆でゲームセンターへ。
小さい頃はよく遊びに来たけど、ここも久しぶり。

長男がUFOキャッチャーへ。
IMG_6978

次々とぬいぐるみをゲットしていく。
IMG_6979

かなりの腕前だ。
IMG_6981

あっという間に荷物がいっぱいになる。
こんな特技があったのね。
というか、キミ受験勉強してたか?

しかしこんなにぬいぐるみ取ってどうすんの?

ああ、こういうことね。
IMG_6990

気に入ったらしい。
IMG_6986

長男と彼らの仲良しの理由はこういうところにもあるのかも。

カテゴリー: Team REC, ファミリー, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。