マスコットとか、リーグ3戦目とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

12歳児からもらった。
というか、押し付けられた。
IMG_0085
どこかでもらって来たが、いらないらしい。
「人KENまもるくん」だそうだ。

くっついているタグを見たら、
「子供と女性の人権ホットライン」と書いてあった。
学校でもらってきたらしい。

「いらないなら捨てれば?」と言ったら、
「だって人権だよ。捨てるのはちょっと・・・」とのこと。

だからといって、人に押し付けるなよ。
ワタクシも困るぞ。

 

さて、東京都実業団秋季リーグ戦(2部)も後半戦。

第3戦の前日、相手チームから連絡。
この日の試合で主力選手が2名怪我をしてしまったらしく、
次の日の対戦を棄権したいとのこと。

怪我の様子とメンバー組み直しなら
ギリギリまで待つと伝えるも、
「都合がつきそうにないので棄権で良いです」と。

せっかくコートもとってあることだし、
ならば、なかなか日程が決まらなかった対戦をと
ブリヂストンスポーツさんに連絡。
急遽、対戦が決まった。

ブリヂストンスポーツさんは長らく上位リーグに留まる強豪チーム。
メンバーには、営業担当として長い付き合いのSさんもいるし、
大会やイベントでよく会うメンバーの方もおられる。
(Sさんはよく時々このブログにも登場する)

この試合に勝てば、我がチームのリーグ1位が決定し、
1部リーグとの入替戦へコマを進めることが出来るのだ。
そんな試合が、知らない仲ではない、しかも強豪チームとは。

試合が始まる。
DSC_0061
当然ながら皆さん、自社製品。
発売後、品切れが続いているヒット商品、X-BLADE VX。
ワタクシも試打をしたが、確かに良いラケットである。
 

ダブルス2 林・白川
DSC_0086

相変わらずの安定感を見せる林コーチ
DSC_0064

2戦目にしてチームの空気にも慣れて来た白川コーチ
DSC_0083

着実にゲームを重ね、6-0 6-1で勝利。

 

ダブルス1 梅田・井原
DSC_0218

対戦相手はTさん・Sさんペア
DSC_4217
チームの大黒柱のTさんは、
錦織圭と一緒にアメリカに渡っていたほどの実力者。
圭の活躍についてのコメントでテレビ出演したり
各種記事にも出ておられるのでご存知の方も多いだろう。

Sさんは元コーチ、そして現在も数々の
草トーナメントを荒らしていて、
昨年のJTIA東京都知事杯の優勝メンバーでもある実力者。
お酒の方も、頼んでいないのに自ら一気飲みをするなど、
かなりの実力者であることをワタクシは知っている。

梅田コーチ
DSC_0239
今ひとつフィーリングが合わなかった前回とはうって変わり
鋭いショットを連発していた。
これぞウメという感じのプレー。

井原コーチ
DSC_0227
いつものようにハードヒット。
ネット際のボレーは半分近くがドライブボレーだったような。

二人のショットが上手くかみ合って、6-1 6-2で勝利。
DSC_0245
とはいえ、スコア以上の接戦。
やっぱり強いチームだなと再任認識。

 

シングルス3 梁元コーチ
DSC_0278
いつも通りに安定したプレー。
さらに上のレベルを目指す梁元コーチは
梅田コーチのアドバイスで様々なトライをしている様子。
6-3 6-0で勝利。

この瞬間、レックの2部リーグ1位が確定した。
しかし、ドラマはここから。

 

シングルス2 林コーチ
DSC_0311

相手はSさん
DSC_0359
林コーチのフォアをさらにフォアで叩き返すなど、
ひと回り以上の歳の差を感じさせないプレー。

うーん、練習してるんだろうな。
さすがSさんである。
ちょっと尊敬。

林コーチがなんとか振り切って、6-2 6-0で勝利。


そしてクライマックスのシングルス1は井原コーチ。
DSC_0463

相手はTさん。
DSC_0391
要所要所で放つクロスの強打はメッチャ速い。
意表を突く、ワイドへの切れと押しの効いたセカンドサービス。
機を見て放つドロップショット。

いやぁ、強い。
そして器用。

ラリーのスピードも半端じゃない。
互いにエースを連発。
そしてセットオールで勝負はファイナルへ。
一瞬たりとも目が離せない展開。

最後の最後で井原コーチのストレートが炸裂し、
Tさんを突き放しに掛かる。
DSC_0475

そして勝負は決した。
DSC_0477
4-6 7-5 6-4で井原コーチの勝利。

すごい試合だった。
展開もそうだが、ラリーのレベルが半端じゃなかった。
井原コーチもこの試合でひとつ突き抜けた気がした。

この日、応援に来てくださったお客様も良い試合を見られたと思う。
応援、ありがとうございました。

次は11月1日に有明Bコートで行われる1部への入替戦である。
正念場が続くが総力戦で臨みたい。

カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

オマケとか、名機とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

オマケに弱い。
IMG_9667
缶コーヒーにオマケがついていると
つい買ってしまう。

今回は自衛隊コレクション。
IMG_9671
けっこう精密である。
会社のデスクに飾ってみたが、
キャラクターに合わない気がしてやめた。
ミリタリーオタクじゃないので、結局揃えなかった。

旧車シリーズとか出ないかな。

 

さて、東レPPO〜楽天ジャパンオープンと
秋の大会シーズンは各メーカーブースを回るだけでも楽しい。

そんな中、ウイルソンブースには錦織圭使用機が展示されていて
圭のパネルと一緒に写真を撮れるなど人気を集めていた。

この圭使用機たちは、以前USTREAM REC TVの収録で
アメアスポーツジャパンさんにお邪魔した際、
説明を受けつつ、ひと通り触らせていただいたのだが、
このような形で展示されていると、
とても貴重な体験をさせていただいたのだなと感激ひとしおである。

そしてもうひとつ貴重なお宝コレクションがあったメーカーさんが。
HEADさんである。

一説ではミスターHEADのK林さんの個人的な趣味との噂もあるのだが、
「K林さん、ずっとあのコーナーの準備してるんですわ」との
HEADスタッフさんの証言からもきっとそれは本当だろう。

そんなコレクションがHEADの歴代名機の展示コーナーである。
DSC_2973

アーサーアッシュ・コンペティション
DSC_2977
金属のフォルムが近未来テニスを予感させた名品である。

アーサーアッシュ・コンペティション2
DSC_2975

アーサーアッシュ・コンペティション3
DSC_2976

黒人の名プレーヤー、アーサーアッシュ氏の名を冠したモデル。
シリーズが3作に渡るということで、
当時のHEADの象徴的なモデルだったことが分かる。

HEADはシグネーチャーモデルをつくったのは
他には「VILAS(ビラス)」だけだろうか。
多くの名プレーヤーに愛されたブランドだが、
それだけ二人の存在は大きかったのだろう。

ちなみにビラスは選手生活の最後の方はプーマのラケットを使っていた。
そのモデルがブンブンサーブでウインブルドン制覇したボリスベッカーの使用機の前身。
ビラスモデルがあっという間にベッカーという名前に変わったという話もある。

グラファイトプロ
DSC_2972
ワタクシも使っていた。
カッチリした(当時にしては)剛性の高いフレームに
38ポンドくらいでガットを張っていた記憶がある。

その後、プレステージというその後のHEADを代表する
名機の出現を迎えることになるのだが、
当然ワタクシもプレステージに乗り換えた派である。

HEAD JAPANさんには、(K林さんの趣味により)HEADの名機が
かなりのグッドコンディションで保管されている。
中には新品未張り上げの初代プレステージもあるとか無いとか。

一度、ラケットを語るオフ会やりませんか。
あ、久し振りにREC TVを名品ラケット特集でやりしょうか。

アーサーアッシュ・コンペ、打ってみたいぜ。

カテゴリー: オモチャ, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

練習とか、ゴンチチとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

休日。
朝からトレーニングへ。
IMG_0139
走ったり、持ち上げたり、押したりして汗を流す。

汗を流した後、トヨタのディーラーへ。
新たに相棒になったシグナスのスペアキーを注文する。
イモビライザー付きって合鍵作るのに身分証要るのね。

そのまま近所のゴルフ練習場へ。
IMG_0144
このところ、東レPPOやら
楽天ジャパンオープンやらでご無沙汰。
平日の昼間って空いてていいな。

あるテニスメーカーの偉い方の教えに従って
ひたすら30〜50ヤードを練習する。
IMG_0143
ボコッ、コロコロを繰り返す。
かなり精度が上がったと思うのだが、
コースに行くとダメなんだよねぇ。
どうして?

なんせ今週はDRKさんとゴルフ合宿なのだ。
台風が来ているというのに「時間をずらせば大丈夫」というDRKさん。
どんだけゴルフしたいのだろう。

DRKさんに勝つとまでは言わないが、
もう少し上手くなりたいぞ。
とにかく練習あるのみだ。
頑張るぜ。

 

さて、そんなゴルフ練習を切り上げて、向かった先は有楽町。
先日、五輪真弓のコンサートが行われた東京国際フォーラムである。

東京国際フォーラムでのライブは数度目だが、
ワタクシここのホールがお気に入り。

座席はゆったり目で足下も広い。
壁・床・椅子が木造りで暖かく高級な感じがする。
もちろん、音も良い。

そして何より行きやすい。
東京駅京葉線改札から直結という素晴らしい立地は、
千葉から行くワタクシには最高のホールである。

ということで、今回のライブはこちら。
IMG_0149
ゴンチチの「ダブル還暦フェスティバル」である。

ゴンチチと言えば、ゴンザレス三上とチチ松村のギターデュオ。
TVでは観たことはあるが、ライブは初めて。

先日の五輪真弓のライブでもらったチラシで今回のライブを知り、
ダメもとでアクセスしたら、チケットが取れたというわけ。
ゲストに高中正義が出るというのもその大きな理由である。

それにしても、お二人とももう還暦なのね。

席に着く。
IMG_0151
3階の後ろから2列目。
ほとんど最後列だが、顔を見たいわけではないし、
このホールは音が良いので、まあOKですある。

ライブはゲストに、元ちとせ、原田知世、エゴラッピン、
そして高中正義師匠と豪華版。
原田知世の「時をかける少女」は相変わらずの透明感だった。

残念だったのは、高中師匠の音響セッティングが上手くいかず、
最後まで音が暴れていたことかな。
本人もかなりストレスが溜まっていたっぽい。

盛りだくさんのライブが終わったのは22時過ぎ。
関西人らしく、二人とも喋りがとても面白い。
ゴンザレス三上さんのボケをチチ松村さんが
見事に拾っていくという素晴らしい展開。

間に20分程の休憩を挟みつつ、時間を感じさせなかった。
なかなかいいぞ、ゴンチチ。
オススメです。

これは還暦祝いに配られた手ぬぐい。
DSC_4192

DSC_4193

ひとつだけサングラスを掛けたギターが混じっているのが粋である。
DSC_4195
また行きたいな。

カテゴリー: ゴルフ, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

みやげとか、実業団リーグ第2戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

楽天ジャパンオープンのお土産。
IMG_0105

プレミアムシートについている。
これをかぶる機会はあまりなさそうだ。
今後のゴルフでかぶってみよう。
チャラ系ゴルファーのフカダコーチとかぶりそうだな。
やめとくか。

 

さて、東京実業団秋季リーグ。
レックは2部リーグで戦っている。

10部からスタートして順調に昇格。
2部まで来ると、元インカレ選手などは普通である。
スコアこそ全勝続きでの昇格ではあるが、
明らかに厳しい戦いになってきているのが分かる。

そんなわけで、第2戦は秋晴れの
田無・ユーナンスポーツクラブで行われた。

ダブルス1は梅田・井原。
DSC_8837
二人とも質は違うような気がするが
ハードヒッターであることに違いは無い。

梅田コーチ
DSC_8789
いまひとつ感覚が合わないのか、首をひねる場面も多かった。
利き腕に巻いたサポーターとテーピングが痛々しい。

井原コーチ
DSC_8812
相変わらず打ってる。
とにかく打ち抜いている。
そしてガットを切る。

6-1 7-5で勝利。

ダブルス2 林・白川
DSC_8713
この日初めて組む、フレッシュなペア。

相変わらずフレッシュな林コーチ
DSC_8930

新加入の白川コーチ
DSC_8681
なかなかのサービスを打つ。

梅田コーチに曰く
「まだまだ無駄が多い。もっと速いの打てますね」
とのこと。
楽しみである。

さわやかに、6-2 6-2で勝利。

 

シングルス3 梁元コーチ
DSC_8880
JOPトーナメントを回っているだけあって安定感がある。

マイペースなプレーで、6-2 6-0で勝利。
これでチームの勝利が確定。

 

シングルス2 林コーチ
DSC_8710
男前でプレーもスマート。
ワタクシの若い頃にそっくりである。
ウソです、ゴメンなさい。

6-0 6-1で勝利。

 

苦労しながらも順調に勝ち星をあげ、
最終のシングルス1は井原コーチ。
DSC_9006
相手も意地を見せ、試合はもつれにもつれた。

一進一退の攻防はフルセットにもつれ込み、
終わった時には日が暮れていた。
DSC_3960
7-5 4-6 7-5で勝利。
どちらも大変お疲れ様でした。

ちなみにこの試合中、井原コーチはストリングを切りまくり、
手持ちのラケットが無くなり、梁元コーチに借りての戦いだった。
メーカーは同じながらテンションも機種も
全然違うラケットに持ち替えてのスーパーショットの連発に
「実はラケット、何でもいいんじゃない」と思ったのはヒミツだ。

第2戦もなんとか全勝で終えることが出来た。
応援に来ていただいた方もありがとうございました。

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

さらにとか、久し振りとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

そんなわけで、吉田拓郎の懐かしい本を買ったのだが、
ついでに当時読んだ2冊も買ってみた。

俺の井上陽水(富沢一誠著)
IMG_0133
当時の装丁ではないが、何度も繰り返し読んだ一冊である。
福岡から出て来たばかりの不遇の時代から
一躍ヒットメーカーとなり「二色の独楽」の頃までを綴ったもの。

富沢一誠なる人物を初めて知ったのもこの本だった。
陽水と同じく、氏が世に出るきっかけになった一冊のような気がする。
この頃、富沢氏はラジオ番組でフォークシンガーとも対談していたような気がするが、
もはや記憶は定かではない。

文体が「〜であります」みたいな、いかにも70年代な感じで
少し恥ずかしいような懐かしいような、
富沢氏も若かったのだなぁという感じ。

ふと思ったのだが、ワタクシの文体もこれに近い感じがして
恥ずかしい思いの一因なのかもと思った。

 

愛の塩焼き
IMG_0136
みなみこうせつ書き下ろしの自伝。
こうせつさんの人柄がにじみ出た読みやすい一冊。
かぐや姫もコンテスト番組に出ていたことはこの本で知った。

弾き易いコード進行と、拓郎や陽水ほど
特異なキャラが要求されないかぐや姫は、
当時のフォーク少年少女のコピー定番グループでもあった。

うーん、懐かしい。
こういう本を読み直しはじめたってことは
歳を取ったということなのだろうか。

 

さて、約3年振りである。

何が3年振りかというと、日本プロテニス協会のプロテストである。
もちろん、テストを受ける方ではなく、テスター(試験官)での参加だ。

会社を移って2年半、一度もテスターの要請が無かった。
転職して忙しいと慮っていただいたのか、
何らかの力学が働いたのかは知らないが、
とにかくすっかりご無沙汰であり、
今回、要請をいただいたことも正直、驚きだった。

実はこの先数年はお呼びはかからないだろうと思っていたので、
テスト日程もあまり把握しておらず、依頼に応えるのに
多少のスケジュール調整が必要で、最初は断ろうかと思っていた。

しかしボスから「せっかくだから貢献すれば」との後押しもあり、
なんとかかんとか調整し、参加と相成った。

そんなわけで準備をしていて気付く。
日本プロテニス協会は数年前にロゴを変えているのだが、
ワタクシ新しいロゴのオフィシャルウェアを1枚も持っていない。
プロ協会とは疎遠になっていたので、ウェアも購入していなかったのだ。

テスターがオフィシャルウェアを着ていないのも何だが、
そこは久し振りということで勘弁いただこうと
会社のウェアで参加することに。

当日、若干緊張しつつ会場入り。
IMG_0107
テスターの方々とも久し振りにお会いし、近況報告など。

テストが始まる。
IMG_0106
久し振りの採点ではあったけど、
数日前からテスト内容の確認しておいたことや
社内テストのテスターを担当していることもあり、
問題無く日程を終えることが出来た。

今回、新たなテスターが3名デビューされたが、
「人の人生を決めるかもと思うと、緊張しました」とのこと。
その気持ちはよく分かるし、忘れてはいけないと思っている。

受験生も緊張しているが、テスターも同じように緊張している。
それだけお互いに真剣勝負ということである。

何にしても無事にお役目を果たせて良かった。
新テスターたちに誘われて飲んだビールは格別だった。
(って、結局飲んでるのか)

カテゴリー: テニス, 仕事, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

台風とか、拓郎とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

すごい台風だった。
出勤時を直撃ながら、何と電車は間引きながら動いている。
仕方が無いので出勤。

新宿についたら、雨も風もいっそう強くなっていた。
IMG_0127

傘の中に雨が降って来た。
どうやらどこかから雨漏りしているらしい。
ポタポタ、そしてツーっと肩に雨が。
意味ないぞ。

今週末も台風予報。
大事になりませんように。

 

さて、先日のこと、吉田拓郎のライブを観た。
先日、WOWOWで放映された最新のライブを見逃していたのを
オンデマンドで観ることが出来た。

このオンデマンドってシステム、
最初のころはあまりメリットを感じなかったが、
何と時間が無い今日この頃は、とても便利。

しかも、PCでもiPadでもiPhoneでも
観ることが出来るなんて夢のような話である。
素晴らしいよ、WOWOWさん。

ということで、拓朗ライブ。

実は少々というか、かなりショックだった。
拓郎の老けっぷりにである。

肺ガン手術を乗り越え、療養していたことはもちろん知っている。
復帰後のラジオ番組も聴いた。
声は少し枯れていたが、相変わらずの拓郎節だった。

しかし、ステージに現れた拓郎を見て驚いた。
姿勢、表情ともにやはりやつれていた。
昔から大好きな拓郎がおじいさんに見えたというか、
枯れかけているように見えて仕方なかった。

それでもライブを最後まで見た。
何とも言えない思いが残った。
あの頃の「拓郎ちゃん」を望んではいけないのは分かる。
拓郎もも68歳、立派な老人である。

でも「イメージの詩」は名曲だ。
1970年の曲だから、もう44年前なのか。
うーん、なんか書いていて寂しくなって来たぞ。

そんなわけで、昔読んだ拓郎の本を買ってみた。

山本コータローが書き下ろした「誰も知らなかった吉田拓郎」
IMG_0134
今思えば、この頃から山本コータローの
カルチャー的な才能が開き始めていたのかも。
(岬めぐりは名曲です)

そして「気ままな絵日記」
IMG_0135
これは拓郎著である。

どんな内容だったかよく憶えていないので、読むのが楽しみ。
拓郎よ、永遠に!

カテゴリー: 仕事, 読書, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

寄贈とか、RADOラウンジとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

穂積プロからアジア大会のユニフォームをいただいた。
IMG_0129
前面にはサインを入れてくれた。

JAPANの文字が重い。
IMG_0130
メダルが獲れて良かった。

このシャツはレックインドアテニススクール上石神井に展示予定。
ご来場の際にはぜひご覧ください。

 

さて、錦織圭の感動的な優勝で幕を閉じたジャパンオープン。
IMG_0125

幸運にもワタクシはその決勝戦をロイヤルシートで観ることが出来た。
隣にはDRKさんという不幸もありながら
やっぱりテニスはいいなぁと思った次第である。

 

そんなロイヤルシートのバックヤードには
ラウンジやレストランがあり、食事もついている。
ちなみにドリンクはフリーでビールも飲み放題である。
ちゃんと観戦したいのと、車で行ったので飲まなかったけど。

レストランはRADOラウンジとスポンサー名を冠され、
黒基調のとてもオシャレなつくり。

メニュー
IMG_0114

オードブルはフォアグラとキノコの茶碗蒸し
IMG_0115

メインの肉(名前は忘れた)
IMG_0120
ちなみにの写真はレストランのスタッフさんが撮ってくれたもの。

食べ終わって「あ、写真撮り忘れた」と言ったら、
通り掛かりに小耳に挟んだウエイターさんが
「奥で出来立て写真を撮って参ります」
と撮影して来てくれた。

ついでに、もうひとつのメインの魚料理も撮ってくれた。
IMG_0117
ホスピタリティ溢れるスタッフさんである。

デザート
IMG_0116
ほど良くアルコールの効いたソースが絶品。
コーヒーとよく合った。

そんなロイヤルな席は、前の方にはテニス界の偉い方々がズラリ。
ラウンジで一緒になったらどうしようとビビってしまい、
レストラン以外には足を踏み入れなかったのはちょっと後悔。

デ杯監督の植田さんにはご挨拶させていただいたが、
福井プロにお会い出来なかった。
アジア大会直後でJOCの仕事が忙しかったのだろうか。

そういえば、第一セットを決めた
クロスへのスーパーショットの時、
となりのDRKさんはすでに涙ぐんでいた。
ワタクシと一緒に観戦出来たのがうれしかったらしい。

仕方が無いので、その後は月島に移動して
もんじゃ焼きを付合ってあげた。

ちなみにDRKさんは圭よりも、
観戦に来ていたフジテレビのアナウンサー、
カトパンに夢中だったのはヒミツである。

ワタクシに「カトパン、撮りまくって」と
しつこく指図するのはやめていただきたいものである。
(可愛かったけどね)

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

初コメダとか、実験その2とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

以前から行ってみたいと思っていたコメダ珈琲へ。
IMG_9994

有名なシロノワールなるものを注文。
IMG_9997
結構、ボリュームあるのね。
ミニサイズで良かったな。

しかもコーヒーにトーストもついてくるのね。
IMG_9996
サンドイッチも頼んじゃったよ。

初めての店って、ボリューム感がよく分からない。
カプリチョーザでも同じような失敗したっけ。

ということで、家族3人で満腹になった休日の朝だった。
なかなかいい店だね。

 

さて、12歳児の卒業研究、
テーマは「テニス・コントロールの仕組み」である。

第1回目の実験は素の状態で打球し、
切り分けたエリアにストロークの入る確率を計測。
その後、自分であれこれ調べて、さらに計測する。

今回は自分で調べた結果を打ち方に反映しての第2回目である。
少しアップをして、計測方法の確認。
IMG_9983
前回同様にコートにラインを引く。

実験開始。
DSC_3126

まずはフォアからクロス・ストレートに打ち分ける。
DSC_3068

続いてバック。
DSC_3110

「自分で調べてみて、どこを変えたの?」

「ストレートはボールの真後ろを打つつもりで、
クロスはボールの外側を打つことを意識してみた」

うーん、間違ってはいないけど、細かくエリアが切ってあるから
もう少し繊細なイメージのほうがいいんじゃないのかなぁ。

まあ、次の段階は、専門家に話を聞くってことだから
さらに前に進むのだろう。
ちなみに専門家とはワタクシのことである。

 

ひと通り、データ取りが終わり、1時間弱余った。
「練習するか。何やりたい?」と聞くと「サービス!」と。
DSC_3160
専門家が一緒にいるのに完全無視で黙々とサービスを打ち続ける。
あなたの後ろにラリーが出来る専門家がいるんですけど・・・

ひとしきりサービスを打ち終えた12歳児。
「アプローチからネットの練習をしたい」と言う。
ワタクシは単なる送球マシーン。
あのー、専門家だからラリーも出来ますけど。(苦笑)

最後に「試合をしたい」という。
力を抜き過ぎたら、左右にストロークを打ち込まれ、
いきなりファーストゲームを取られ焦る。
ゲームを取られたのは初めてである。

その後、大人げないプレーで12歳児の希望を打ち砕いたのは言うまでもない。
ハッハッハ、まだまだだな!

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スポットとか、コンサートとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

AppleStore銀座へ行く。
IMG_0058
店の前から駅方面までズラリと列が出来ていた。

iPhone6購入の列なのかな。
ここまで並んで買う気にはなれないな。
ソフトバンクショップにも在庫が無いらしいし、
予約もしておらず、なんとなくそのままである。

サイズ的にどちらが良いのかとか、力を掛けると曲がる噂とか・・
まあ、そのうちね。

銀座の街はセレブ(に見える人々)と外国人で賑わっていた。
メッチャ大きな犬も散歩していた。
IMG_0059
大人しいので撫で回してあげた。
こんな犬が飼える家ってきっと豪邸なんだろう。
さすが銀座。

有名な宝くじ売り場で、妻がオータムジャンボを購入。
ワタクシ、宝くじはほとんど買った事が無いが、
彼女はちょこちょこと買っているそうだ。

JRをくぐって皇居方面へ。
IMG_0064
お堀に大きな白い鳥。

白鳥だった。
IMG_0062
ずっと住んでるのか?

写真は撮れなかったが、金色の鯉も寄って来た。
ふと横を見たら、亀も。
IMG_0065

「金色の鯉と亀と鶴って、おめでたスポットだね」

「白鳥だよ」

「さっきの宝くじ、きっと当たるよ」

おめでたいのはキミの頭である。

そのまま内堀まで歩いてみる。
IMG_0070
恐ろしくキレイに整備された芝生。
ここでフェイアウエイウッド打ちたいな。
あっという間に逮捕されるんだろうけど。

二重橋
IMG_0067
初めて見た気がする。
東京って、実は見ていないスポットがたくさんありそう。
今度、はとバスツアーに申し込んでみようか。

 

さて、どうしてこの辺りに来たのかというと、これ。
IMG_0074
五輪真弓のコンサートである。

なんとなくライブというよりコンサートって感じなのかな。
勝手なイメージだけど。

会場の東京国際フォーラムCホールは3階まで満員。
そしてワタクシたちは、ステージ正面の前から4列目。
どうしてこんな良い席が取れたのだろう。
出来れば違うライブで当たって欲しかったな。

お客さんの年齢層はかなり高め。
ワタクシたちがかなり若い方だ。
まあ、そうだよね。

ステージが始まる。
やっぱり唄は上手い。
効き易い歌い方と美しい声は
知らない曲でもすんなり耳に入って来る。

途中、15分の休憩があったのは、
五輪さんも年齢を重ねたってことなのかな。
それとも、オーディエンス側の年齢層に考慮してなのか。

知ってる曲は、「少女」と「恋人よ」しか無かったが
昭和の香りのする心洗われるステージだった。

たまにはこういうのもいいな。

カテゴリー: 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

初戦突破とか、お疲れ様でしたとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

JAPAN WOMEN’S OPEN TENNIS 2014に出場中の穂積プロの初回戦が行われた。

試合はファーストセット、タイブレークという緊迫した展開。
ライブスコアを見守るこちらも自然と力が入る。

そして最終セット。
見ていないので分からないが、
梅田コーチによると、気持ちを切り替えて頑張ったそうだ。
osaka001 1
いい顔してる。

写真は梅田コーチとのトレーニング。
osaka02 2

今日は江口選手と組んだダブルス。
相手は大阪なおみ選手と尾崎りさ選手ペア。
No1コートの4ラウンド目である。

お近くの方、応援よろしくお願いします!

 

さて、テニスの日は多くのテニス関係者のボランティアで成り立っている。

ワタクシたちのようなテニス事業者はもちろん、
プロの方々も多数ご協力くださっている。
そういう体制があっての全国各地でのイベントなのだ。

有明会場もたくさんのプロの方にご参加いただいた。
午前中にはなんと松岡修造プロも参加。
DSC_8010
当初は予定に無かったのだが、
忙しいスケジュールを調整しての緊急参戦だった。

数分間隔で全コートを回り、熱気を置いて去っていった。
DSC_3325
さすがである。

 

各コートではプロによるクリニック。

倉光プロ
DSC_3344
ワタクシがテニスを始めた頃、
超ベテランながら第一線でトーナメントで活躍されていた。
福井さん時代のひとつ前の名プレヤーである。

坂井利郎さん
DSC_8028
やはり名プレーヤー。
神和住さんとのダブルスも強かったし、
もちろんシングルスもトップ選手。

TVの解説やナショナルチームの監督としてもおなじみ。
明るいキャラクターでコートを湧かせておられた。

中嶋プロ
DSC_8051
日本のテニススクールのパイオニア。
今もメチャクチャ熱血なレッスンをされる。
中嶋さんのレッスンを見ると、コーチはかくあるべきと思い知らされる。
今年も勉強させていただきました。

白戸プロ
DSC_3453
セイコースーパーテニスにも出場された実績を持つ。
非常に論理的なテニス観を持っておられる。

山本育史プロ
DSC_8117
「今日はボクは巡回役ですから」とのこと。
全日本選手権複数回優勝の名プレーヤー。
何度かプレーさせていただいたが、ボールがメッチャ重かった。

溝口美貴プロ
DSC_8150
最近はPLAY+STAYを担当されている。
現役時代とあまり変わらないパワーがすばらしい。

渡辺大輔さん
DSC_8014
ジュニア時代は山本プロとのペアで大活躍。
選手としての数々の経歴を持つ。

天然なキャラクターは飲みに行くととても楽しい。
試打の相手をしてくれているのに、ドロップやアングルなど
自分が楽しんでしまい「ダイスケ!試打だから、試打!」と
周囲に言われるあたりも貴重なキャラクター。
(いつもありがとうございます)

プロに挑戦に参加くださったプロの皆さん。
DSC_3724
なんとも豪華なメンバーである。

忘れちゃいけない、我らがレックのスタッフ。

ツツミコーチ
DSC_8292
ノリの良い、押しのきいたレッスンが特徴。

ネジメコーチ
DSC_8120
レックで1〜2のハイテンションレッスン。

イチジョウコーチ
DSC_8025
現在は本社勤務なので、レッスンに入ったのは久し振り。
徐々に勘を取り戻し、楽しくレッスン出来たようだ。

他にもたくさんの皆さんに支えられたテニスの日。
大変お疲れ様でした。
来年も良いイベントにしましょう!

カテゴリー: テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。