参戦とか、YONEX EZONE Ai 登場!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

RECが主宰する上石神井テニスチーム。
まだ発足1年ちょっと、人数も少ないジュニアチームだが、
梅田コーチをはじめ、思いのあるコーチたちが日々、
ジュニアたちと汗を流している。

そしてここに新たな仲間が加わった。
RIMG0141
前FEDカップ代表チーム監督の村上武資プロである。

先日、ナショナルの仕事を退いた村上プロ。
ワタクシたちの目指すものに共感いただき、
上石神井ジュニアチームに参加することになったのだ。

この日は村上プロの発参戦日ということで、
ワタクシたちも現場に立ち会った。
村上プロは選手全員と熱いラリーをし、熱血始動を行った。
RIMG0143

選手たちもコーチたちも新たな刺激を受けたことだろう。
梅田コーチに加え、村上武資プロという新たな戦力も加わり、
バックアップ役のワタクシたちもいっそう力が入るというものである。

さらにパワーアップしたTEAM RECでさらに高みを目指していきたいと
思いを新たにしたのであった。

さて、有明に行ったのは、東レPPO予選に出場の穂積プロの応援と
別にもうひとつ目的があった。
実はこちらの予定の方が先に入っていたというか、
「絶対に来てくださいね!」と念押しされていた。

しかし、そこに穂積プロの試合時間が丸かぶり。
本当にゴメンなさいということで、応援に回らせていただいた。

それがこちら。
IMG_4777

ヨネックスさんの新製品ラケット、EZONE Aiの新製品発表会である。
お台場のホテルで行われた発表会にはアナ・イバノビッチが来て、
参加者とのフォトセッションもあったとか。(残念!)

ということで、ヨネックスさんに不義理をしてしまったので、
その後、有明で行われた試打会に顔を出させていただいた。

今回、発表になった4機種。
IMG_4727
EZONE Ai 98/100/Lite(2カラー)の3機種、4本である。
今回のコンセプトは驚異的な振り抜きの良さとスイートエリアだそう。

少し打ってみた。
なるほど、確かにスイートエリアは広いような気がする。
広いと言っても、打球感がぼやけないところがさすがのヨネックスさんである。

EZONEのソフト感は相変わらず秀逸。
振動留めが要らないというのがウリになっているほど。
ソフト感をここまで味付け出来るのってスゴイな。
IMG_4719
このシャフトのテーパーも絶妙なんだろうと思う。

個人的に気に入ったのはEZONE Ai100。
IMG_4730
やはりこのスペックは扱いやすい。

キッチリ打って良し、ソフトなホールド感はボレーコントロールに良しである。
初めてEZONEが出た時も衝撃だったが、今回のEZONE Aiはさらなる進化を遂げた。
いい仕事してるなぁ。
ぜひ一度、打ってみる事をオススメしたい。

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

SPEEDPRO LIMITEDとか、予選とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

黒い。
IMG_4670

バンパーも黒。
IMG_4675

スロートも黒。
IMG_4668

何かというと、これ。
IMG_4667
HEAD SPEEDなのだ。

HEAD GRAPHEN SPEED PRO LIMITED
haedspeedproltd
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■フレーム厚:22mm
■重さ:315g(フレーム)
■バランス:平均310mm
■ストリングパターン:18×20
■グリップサイズ:2・3
■レザーグリップ
■価格:オープン

HEAD SPEED PROの限定バージョンである。
以前、PRESTIGE 25th Anniversaryバージョンのブラックモデルが出たが、
今回はSPEED PROのブラックバージョン。

写真で分かる通り、かなりカッコ良い。
価格はオープンだが、現行モデルとほぼ変わらない。
PROなので誰にでもというスペックではないが、

SPEED ファンならば持っておきたい一品である。
限定モデルなのでRECにも入荷は少しだけ。
コーチたちも狙っているので、興味のある方はお早めになのだ。

さて、有明はテニスの秋が始まった。
デビスカップを皮切りに、東レPPO、楽天JAPAN OPEN、
全日本選手権とメジャートーナメントが続く。

そして今日は「テニスの日」のイベントも。
ワタクシもカメラマンでお手伝いしている。
なんと今年はカメラマンはハッピ着用という罰ゲームみたいなルールらしい。
見かけたら、お気軽にお声掛けください。

ということで先日、有明へ。
我がRECがサポートする穂積絵莉プロが
東レPPOトーナメントの予選に出場するのだ。
DSC_0189
あれこれ仕事を片付けて、新宿から有明へダッシュ。
どうにか穂積プロの試合には間に合ったようだ。

REC 関係者も揃って応援。
DSC_0190

穂積プロのサポートを始めてもうすぐ一年。
とうとうこのグレードのトーナメントに出場するところまで来た。
なんとか予選を突破し本戦にコマを進めて欲しい。

穂積プロ入場。
DSC_0198
相手はWTAランキング20位にもいたという強豪。

試合が始まる。
DSC_0406
若干、固くなっているのか。

徐々にペースをつくり相手を追い込む。
DSC_0333
はずなのだが、今ひとつしっくりしない。

対して、相手はつなぎのスライス、
フラット系の決め球と試合巧者ぶりを発揮。
DSC_0607

劣勢の中、チェンジコートで梅田コーチがコーチングに入る。
DSC_0467

ファーストセットを落とし、セカンドセット立ち上がりで
いきなり相手サービスをブレーク。
DSC_0390
若干、当たりが戻ったか?

しかしその後、ブレークバックされ、そのまま流れは相手へ。
結局、ストレートで敗退である。
DSC_0770
ウーン、残念。
この敗戦を生かして、また次にチャレンジである。

今まで何度か予選を観に来たが、サポート選手の観戦は初めて。
観てる方も疲れるね。

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

またもやとか、キビしいとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
がんばろう日本!

記念日は覚えない。
というか、そういうことには恐ろしく無頓着である。
なんせ自分の誕生日すら忘れている。
子供の誕生日もあやしい。

当然ながら結婚記念日も覚えていない。
結婚以来十数年、毎年忘れ続けて今に至る。
そんなワタクシのために車のナンバーは結婚記念日だ。
しかしそれでも忘れる。

「土曜日、普通に仕事?」

「そうだよ。なんかあったっけ?」

「いちおう、ある」

「ん?あっ!ああ、またやっちゃった」

そこまで会話して忘れていたことに気付く。
しかしこの聞き方はトラップに他ならない。
特に怒るわけでもなく、そんなやりとりを
楽しんでいるみたいだからこれで良いのだと思う。
(と、勝手に思うことにした)

当日、いつもよりは少しだけ高いワインで乾杯してみる。

ただ、食事はカレーライスだった。
普通じゃないか。
そんな結婚記念日。

さて、なんとかエンジンも掛かり準備が整ったバスフィッシングトーナメント
ボートのエンジンが掛かっただけで準備OKとはいささかおめでたいが、
とにかく久しぶりのトーナメントである。

印旛沼の朝である。

キレイな日の出とは裏腹に甘くないんだよね、きっと。

タックルの準備をし、仲間と会話をしながら今日のパターンを探る。

まあ、簡単にしゃべってくれるわけはないのだけど。

今回のパートナーは昔からの釣り仲間のSクン。
印旛沼のバスフィッシング黎明期から通いこんだ猛者だった。
最近は千葉ロッテマリーンズとパフュームに入れ込んで
たまにしか印旛沼には来ないので、つまり過去形である。

「どこに行く?やっぱり鹿島川?」

「そうですねぇ。でも、みんな鹿島だろうし、銀座状態ですよね」

「空いてても釣れないとね。釣り勝つってことでどう?」

「捷水路もアリですかね」

「ハズシたら修正効かないよ」

「それは鹿島も一緒だよねぇ」

いっこうに作戦が決まらない。
そもそもプラ(事前練習)に入らない時点でダメダメである。

そうこうしているうちにスタート。

やっぱり皆、鹿島川方面である。

後もズラリと同じ方向。

こりゃ厳しいかも。

座礁しそうになりながら延々と鹿島川を上る。

ゴン!と船底に杭か何かが当ってビビる。
それでも上る。

雨が降ってきた。
テンションが下がる。

ようやく釣り始める。
あまり生命感が無い。

たまにSクンにアタリがある。

3回連続ですっぽ抜け。
貴重なアタリなのに何してんだよって感じ。

もうここはダメかなと鹿島川を出る方向で釣り始める。
と、ワタクシに貴重なアタリ。
もちろんSクンのようなヘマはしない。

バシッと合わせて引き抜く・・・ゲッ!メッチャ小さい。

まあでも、キーパーサイズが無い今回の大会では貴重な1本である。
検量出来る出来ないは雲泥の差である。

その後、ワタクシがさらにチビサイズを追加。
「Sクン、釣ってもいいんだよ」と嫌味を言ってみたが、
結局、この2本で終了。

帰着に向かう。
相変わらず混み混みの河口付近。

検量。

小さいなぁ。
ちょっと恥ずかしい。
釣っていないのに魚を持ってるSクンはもっと恥ずかしいかも。(ゴメン)

入賞者の魚。

うむー、去年はこんな感じだったんだけど。

最後に抽選会で梨をゲット。

微妙にむなしいのでSクンにあげた。

そんなわけでミッドサマーのトーナメントは撃沈。
9月の2DAYSトーナメントはデ杯で欠場予定だったが、
台風のために中止・繰り越しになったため出られるかも。
一度くらいはお立ち台に絡みたいぞ。
がんばれ、オレ。

カテゴリー: 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

7とか、iBooksとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
がんばろう日本!

iOS7がリリースされた。
Wさんから「iOS、使いやすいっす!」とのメール。
さすがMacファン、もうダウンロードしたらしい。

悔しいので、電車の中でポケットWi-Fiで無理矢理アップデート。

ちなみにワタクシの仕事カバンはRECのロゴ付きである。

が、ポケットWi-Fiだからか、なかなかダウンロードが終わらない。
同時に受信しているDRKさんからのメールのデータが大き過ぎるからか?
「残り時間50分」みたいな表示が出る。

そのままの状態で武蔵境校へ巡回に入る。
コートではテニスの日のボレーボレー大会開催中。

ワタクシの足元には予備バッテリーとiPhoneとポケットWi-Fi。(ゴメン)

ということで、ようやくアップデート完了。

フラットデザインのアイコンが新鮮。
少しいじってみたが、なかなか良さそうである。

あまりその気は無かったのだが、iPhone5Sが欲しくなった。
やっぱり新しいものはいいよね。
特に指紋認証は便利そう。
でも、もう少しガマンかなぁ。

さて、「あまちゃん」はまったく観ていない。
よって世間の盛り上がりにまったくついていけない。
ついていく気もないのだけど。

ちなみに「半沢直樹」も観ていない。

聞くところによると、ワタクシの大好き系な話らしいが、
途中から参戦するのもしゃくなので観ていない。

悔しいので、原作を読むことにした。
初めてiBooksで購入してみた。
通勤途中、移動中にiPhoneで読む。

メッチャ面白いね、これ。
結局、シリーズ3巻すべて購入。

一日一冊、3日で読み終えてしまった。
半沢直樹が何故人気があるのかが分かった気がした。
サラリーマンなら多かれ少なかれ共感する部分があるのだろう。

組織の歪み、上下関係、パワーゲーム、保身・・・
程度の差こそあれ、あるあるこういうこと、
いるいるこういうヤツってところなんだろう。
分かるような気がする。

「金は出さない、人も出さない、結果を出せ」と
自分は前線に出ないのに部下を丸腰で戦場に出す。

「金は掛けずに絶対に売上の上がる方法を出せ」と言う。
もちろん自分から案は出さない。
そんな名案がスラスラ出るなら、
アンタの下じゃなくて自分で会社やってるだろう。

「自分の立場を分かってるのか?この業界で生きていけなくしてやろうか」
バカじゃねえのと思う。

「今までのやり方にとらわれず、思い切って改革しろ!」
と言いながら「そんなのはダメ」と、気付けば後ろで足を引っ張ってるヤツ。
お前が改革のボトルネックだよ!

そんなヤツっているんだよね、きっと。
でも、オレたちは這いつくばって頑張ってるんだよ、バカやろう!
そんな思いに共感するのかな。

あ、ちなみにワタクシの今の場所にはこういうことはない。
みんなで同じ船に乗って、みんなで船を漕ぐ。
トップも上司も本部スタッフも現場スタッフも一緒に船を漕ぐ。

立派な事は言わないし、たいそうなお題目は唱えないけど、
みんなで頑張ろうぜって感じ。

まあ、そんなこんなで、iBooksはスゴイ。
もともと、活字中毒気味のワタクシだったが、
本を持ち歩くのがしんどくて若干停滞気味だったこのところ。

それがiBooksで一気に解消。
ここ数日は一日一冊ペースで本を読んでいる。
iPhoneさえ持っていれば良いからメッチャ楽。
スゴイ時代になったものである。

カテゴリー: PC | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

崩壊中とか、掛からないとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
がんばろう日本!久喜校へ行った。
コーチテストのためである。
もちろんワタクシが受けるわけではなく判定する側だ。

このテストに合格しないとレッスンを担当することは出来ない。
緊張の面持ちの受験生に必要以上のプレッシャーを
掛けないようにテストを進める。

1時間半程でテストが終了。
見事合格である。
おめでとう!

その後、同行してくれたイシバシコーチと
プロトタイプと新製品のストリングテストのためラリー。
あーだこーだ言いながら試打をする。

と、そこにイトウヘッドコーチ。
「この子たちと打ってあげてもらえますか?」

この子たちと言うが、彼らはちょっと前まで
全国大会に出ていた現役大学生。
打ってあげるというレベルじゃない気が・・・

ワタクシとイシバシコーチに対し、
若手コーチたち3人が入れ代わり立ち代わり30分近く。
死ぬかと思ったぜ。

その後、交代しながらダブルス。

若いっていいな。
歳をとるってしんどい。(涙)

ちなみにワタクシ、現在フォアハンドが崩壊中。
あまりにテニスをしていないので、
これまでどんな風に打っていたかの感覚も無くなっている。
マズイね、これ。
もう少しボール打たなきゃね。

相手してくれた久喜校のメンバー。

ありがとうね。
また来るよ。

休日に遠くまで来てくれたイシバシコーチを
そのまま返すのも悪いので、駅まで戻り反省会。

いつも何かとありがとう。

さて、忙しくてなかなかボートを出すヒマが無い。
何故かトーナメントの日に仕事が入るため、全然出られない。

8月のトーナメントだけは出ようとスケジュール調整。
なんてったってディフェンディングチャンピオンだし。

ということで、大会前日にボートの準備。

久しぶりのご対面である。

やっぱりいいね、この風景。

これで魚が釣れれば最高なのだが、印旛沼はそう甘くない。

そして大きな問題がもうひとつ。
ボートのエンジンがかかるかどうかだ。

車ならキーをひねれば一発始動だが、ボートってのはそうはいかない。
車と違って毎日乗るものではないので、
エンジンの掛かりが悪かったりは日常茶飯事である。

祈るような気持ちでイグニッションキーをひねる。
セルが回る・・・掛からない。
さらにセルを回す・・・掛からない。

プライマリーポンプをシコシコと握り、エンジンにガソリンを送り込む。
チョークを引いて(正確には押して)セルを回す・・・掛からない。

ギアを抜いてアクセルを開きセルを回す・・・キュルル、ボン!
もうちょっと。

気合いを入れてキーをひねる。
キュルルル、ボン!
掛かった!

不完全燃焼の燃料が燃えたのか、あたりに煙が。

まあいい。
とにかくエンジンは掛かった。
とりあえず慣らしにひとっ走りしてみる。

よし、これで準備は整った。
あとは明日、魚を釣るだけである。
頑張るぜ!

 

カテゴリー: テニス, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

連日とか、Macとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
がんばろう日本!

デ杯2日目、ダブルスの完敗を受け反省会へ。

有明から流れる定番の月島である。

細い路地を抜け、いつもの「むつみ」へ。

いつもの「巣ごもり」からスタート。

相変わらず美味い。

実は反省会というのはウソで、G社さんとの親睦である。

いちおう日本のテニス界などについて真面目に話し、
いい加減に酔い、いい加減にお腹が満たされたところで二軒目へ。

これまたいつもの店。(何度行っても店名を覚えない)

本業は持ち帰り総菜&弁当らしいが、
飲食スペースもあるという不思議なお店。

あやしい招き猫が飾ってある。

随所に大将の工夫が…(やらないけどね)

8席くらいしかないので、
ワタクシたちが入ると店を閉めてしまう。

やっぱり日本の課題はダブルスであるという、
誰でも分かるような結論の元に、
明日の勝利を信じてお開きにしたワタクシたちだった。

明けてデ杯最終日。
日本が劇的な逆転勝利をおさめたので祝勝会へ。
2日連続の「むつみ」である。

と、そこに電話。
デ杯名物の応援団長からである。
「帰る前に一緒に祝杯を!」とのこと。

もともとお酒が飲めない団長はオレンジジュースで乾杯。

これからなんと6時間掛けて車で帰るらしい。
お疲れ様でした、ホント。
そんな連チャンの月島だった。

さて、購入したは良いが箱から出してもいなかったMac mini。
ようやくセッティングをする気になった。

Wさんに勧められた通り、Thunderboltケーブルを繫ぐ。

ゲゲッ!認識しない。
なんで?

Thunderboltケーブルの接続アイコンが表示されているのに、
移行アシスタントが上手く作動しない。

電源を入れたり落としたりと暫し格闘。

「なんだよこれ!ケーブル、2800円もしたのに!」

と、文句を言ったからかなのかは分からないが、
データ移行アシスタントが動き出した。

設定からファイルデータまですべてがサクサク流れていく。
すごいぜ、Mac!(現金なヤツ)

1時間ほどで移行は完了。
これでオールMac計画はほぼ完了である。

やっぱりモニターもMacにしたいなぁ。

ちなみに妻のログイン画面に間違って
ワタクシのアップルIDを登録してしまったら、
ブックマーク、アドレス帳、LINEのデータ全部が
一気に妻のiPhoneに流れ込んでしまったのはヒミツだ。

まあ、見られてマズイものは無いからいいんだけど、
大量のデータを消すのは大変だよね。
ゴメン。

カテゴリー: PC, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントをどうぞ