懐かしいとか、グッタリとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

11歳児が漫画を買いたいと言うので、リサイクルショップに行った。
楽器コーナーの一角のジャンク品たち。

ギターケースがあった。
IMG_6235
そうそう昔はこんな布のケースにギター入れてたっけ。

一番最初に買ってもらったフォークギターもこんなケースに入れてた。
たしか1万2千円のモーリスだったなぁ。

初めて弾いたのは明星の歌本に乗っていた、
あのねのねの「空飛ぶ円盤の唄」だった。
たぶんコードが簡単だったんだろう。

ギターは今も実家に置いてあるが、ケースはもう無い。
どうしてもハードケースが欲しくて、
新聞配達して1万円のハードケースを買ったから。
今思えば、ギターとケースの値段がほとんど一緒って。

なんてことを思ったリサイクルショップだった。

 

さて、先日は社内研修会。

朝から夕方までずっとオンデスク研修。
今回、ワタクシが進行役やらあれこれを担当。
早めの仕込みで動いていたのだが、結局先日の夜までバタバタ。
前日、休みにしておいて良かったぜ。

折しもこの日、全豪は圭対ナダル。
時間は研修会の真っ只中である。

分刻みの研修プログラムを組んでしまったために、
ライブスコアでの応援もままならない。
そんなスケジューリングをした自分を悔やみつつ、
しかし大事な研修なので気を抜く事は出来ない。

なんとか研修もほぼ予定通りの時間で終了。
ライブスコアによると、圭の試合は2セットダウンの5-5。
慌ててTVをつけ、みんなで応援。
943307_571487132941868_117482991_n

何故かみんな立ち見で、街頭TV状態である。
IMG_6664
タイブレークまでもつれ込んだものの、最後はナダルに押し切られ敗退。
勝負所でサービスエースをキッチリ取れるのはさすがナダルである。

しかしNo1相手にほとんど互角だったこの試合。
圭の強さはやっぱり本物である。

次は2月のデ杯での来日かな。
ワールドグループだから、来ないってことはないだろう。
楽しみである。

研修終了後は自主練習。
IMG_6669
ワタクシも端のコートで地味に練習させてもらった。
浦和校のカトウコーチとのシングルの途中、
バックサイドに切り返しの動きを取った瞬間、
ピキッと肉離れ寸前の痛みを感じたので、
「今日はこれくらいにしてやる」
と途中で終わったのはヒミツである。

今週も展示会やら打合せやらあれこれ。
週明けも会議と予定満載。
ますます楽しくなって来たぜ。

カテゴリー: 仕事, 未分類, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ここまでとか、Prince!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

近所のスーパー。
IMG_6239
ふなっシーのアメがあった。

こんなところまで進出しているのか。
ふなっシーの権利ってどこが持っているのだろう。

非公認キャラってことは民間なんだろうか。
芸能事務所みたいなところが管理しているのかな。
何にしても相当儲けてるよね。
誰の懐が膨らんでいるのかなぁ。

 

さて展示会ウィークが始まった。
ブリヂストンさんの後に向かったのはプリンスさん。

ところが思いの外、ブリヂストンさんで時間が経ってしまったうえに、
プリンスさんの最終日は30分早く終わってしまうということに気づいた。
電車の時間を調べてみたら、ラスト5分しかいられない計算。
こりゃぁ、記帳だけで帰ってくるパターンかと若干焦る。

そんなワタクシたちを快く迎えてくださったスタッフの皆さん、
ありがとうございます&申し訳ありませんでした。
IMG_6637

入り口には今期のメインコセプト。
IMG_6641
SPINのESP、(スイート)SPOTのEXO3、そしてPUREFEELのPREMIERである。
すべてステンシルのPをかましているところがオシャレ。

スタッフさん以外にも色んな方が迎えてくれる。
IMG_6639
イズナー。
デカっ!

そして穂積プロ。
IMG_6638

前日来場し、サインしていったらしい。
IMG_6596

そして今回の大きな話題のひとつ。
IMG_6601
ベイビーステップのエーちゃんである。

なんとプリンスさん、契約を交わしたそうだ。
しかも、ベイビーステップの漫画との契約ではなく、
主人公の丸尾栄一郎と鷹崎奈津とのの契約である。
この契約携帯は初めてじゃないだろうか。

エーちゃんの使用ラケットはEXO3 Graphite 100T
IMG_6597

漫画でもステンシルが入るようになるのだろう。
IMG_6598

ナツの使用機はHarrier100
IMG_6599

当初、女子ウケを狙って、
シェラを使ってもらおうというアイデアもあったらしいが、
全日本ジュニア優勝する選手がシェアは無いだろうと、
ハリアーに落ち着いたとか。
IMG_6600

この珍しいパターンの権利関係がどうなっているのか質問してみると、
TVアニメとの連動は無く、あくまで誌面での契約なんだそうだ。
講談社との話なのかな。

これからプロの道を歩んでいくであろう2人。
我が家にも全巻揃っているが、ますます展開が楽しみだ。

続々発表されている新製品といい、今回の契約といい、
攻めに攻めているプリンスさんという印象である。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ヤスオとか、アザブとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

会社の裏にあるラーメン屋。
IMG_6187
以前、突如飲み屋が現れあっという間に閉店した場所である。

どうやら、もともとがこのラーメン屋で、
一時的に休業している間、飲み屋に貸していたのが真相らしい。
ということで、本来のラーメン屋に戻ったということわけ。

昼時には順番待ちが出来る人気店の名前は。
IMG_6188
スズキヤスオだ。
店主の名前なのかな。

能書きもちょっと独特。
IMG_6190

メニューは「ラそば」と「ラうどん」の2種類がメイン。
まずは「ラそば」を注文してみた。
IMG_6192
ラそばは細麺タイプ。
出す前に、ニンニクとショウガを入れるか聞いてくれる。
スープは魚粉系・・・なのかな。(あまり詳しくない)

深くてパンチの効いていてかなり食べ応えあり。
じゅうぶんに満足の一杯である。

以前、TV番組で取り上げられたようだが、納得である。
IMG_6191

後日、ラうどんに挑戦。
IMG_6497

こっちは太麺。
IMG_6499
たしかにうどんぽい。

試しに大盛りにしてみたのだが、かなりのボリューム。
夕食がいらないくらいのガッツリ系である。

店名も味もかなりの存在感のスズキヤスオ。
並ぶのが店の外ってシステムが寒くて辛いことを除けば大満足である。

 

さて、広尾の駅に降り立った。
地上に出れば、そこは麻布。
IMG_6582
ワタクシの人生において、ほとんど縁の無かったエリアだ。

ランボルギーニのディーラーがあった。
IMG_6593

一生乗ることは無いだろうなぁ。
IMG_6584
乗り降りし辛そうだからいいや。(そういう問題?)

そんなステキな街に来た理由は、ブリヂストンさんの展示会。
麻布の雰囲気にマッチしたメッチャおしゃれな研修センターがあるなんて
さすが大企業のブリヂストンさんである。

ラケット、アパレル等々、ついでにゴルフのフロアも見せていただいた。
情報解禁はもう少し先ってことなので、担当のSさんの写真を載せておく。
IMG_6587

今回気になったもの。
IMG_6592
テクニファイバーの振動止め。

超軽量であることと、絶妙の振動吸収性が特徴だそうだ。
たしかに振動をすべて殺してしまうとフィーリングが鈍る。
打球感を取り過ぎず、敢えて残すのはいいアイデアだと思う。
プロ選手も購入して使っているとか。

ストリンガーのKさんに色々と質問出来たのも良かった。
収穫の多いブリヂストンさんの展示会だった。
それにしてもオシャレな街だったぜ、麻布。

カテゴリー: テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

開拓とか、正月とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

ひとり会社の日。
昼飯を食べようと外に出た。

会社は小田急線南新宿駅のすぐそば。
というか、駅の改札を降りて数歩の場所である。

このあたりは100mも歩けば広い通りに大きなビルが建ち並ぶが、
ちょっと奥に入ると、細い道に銭湯や酒屋などが並ぶ昭和テイストと
小さくシャレた建物やお店が並ぶ不思議な街である。

現場巡回が多く、あまり会社にいないワタクシ、
まだまだ未開拓の通りや店があって歩いているだけで面白い。

この日は会社の裏の細い通りに行ってみた。
小さな店が目にとまった。
IMG_6220
カレー屋さんのようだ。
MOKUBAZAというらしい。

カウンターだけの店内。
IMG_6222
10人は入れないくらい。

夜は飲めるらしい。
IMG_6221

頼んだのはチキンカレー。
IMG_6225
もう少し辛めが好みだが美味しかった。
メニューをよく見たらチキンは辛い部類のカレーじゃなかった。

どうやらキーマカレーがメインらしい。
次回はこれにキーマカレーに挑戦だな。

 

さて、休日。
トレーニングの帰り、自転車であてもなく地元をフラフラしてみた。
IMG_6518
このところ予定が満載で、こんなふうに地元を歩くのは久し振り。

遠くから太鼓の音が聞こえて来た。
IMG_6517
音のする方向を目指すと人だかりが。

和太鼓の演奏である。
IMG_6510

町内会だか、自治会だか主催の餅つき大会らしい。(大会でいいのかな?)
IMG_6511
たくさんの臼が並び、子供たちが餅つきを体験し、
つき上がった餅が振る舞われていた。

ワタクシ、餅はあまり好きじゃないのでパスだが、
臼の中で餅がつき上がっていく様は見ていて楽しい。
餅ってだれが考えだしたんだろうね。
不思議な食べ物だ。

横では獅子舞が始まった。
IMG_6516
親子獅子というらしい。
獅子舞に噛まれて小さい子が泣き出すのも正月の定番風景である。

喪中だったので正月らしいことは何もしなかっけど、
何となく正月っぽい気分になった地元歩きだった。

カテゴリー: 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

夜逃げとか、初打ちとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

我が家の11歳児。
友達と遊びに行くと言う。
IMG_6506
それにしちゃぁ、大仰なの荷物である。
これって、塾に行く時のデイパックじゃないのか?

聞けば、
「シュンちゃんが、DSやりたいっていうから貸すでしょ。
そうすると、やること無くなるから、勉強するんだよ」
だそう。

家でゲームが出来ない友達と遊んでいるらしい。
しかし、片方が延々ゲーム、ゲームを貸した方が勉強って。
これで一緒に遊んでいるというのだろうか。

ワタクシが5年生の頃は、校庭でサッカーとか野球とか、
山登りとか、延々遠くまで自転車で出掛けたりとか、
そんな遊びだったような気がするけどなぁ。

まるで夜逃げにような大きなリュックに
勉強道具を詰め込んで遊びに行くなんて考えられなかった。
なんか、今の子って可哀想な。

しかし、11歳児は塾の無い日も、「自習室に行ってくる」と塾に行く。
彼らにとっては普通のことなんだろうけど。
複雑な心境である。

 

さて、あちこちの事業所を渡り歩いて、行き着いた先は所沢。
DRKさんと待ち合わせである。

この日はボスとDRKさんと飲んで、そのまま所沢に宿泊。
そして次の日は・・・
IMG_6547
初打ちである。

川越のゴルフ場は予想通りメッチャ寒かった。
ティーグラウンドは凍っていてティーが刺さらないし、
グリーンも乗ったかと思いきや、コーン!と軽快な音を立てて
ボールが弾んでグーリンを遥か越えて飛んでいく。

そんな中でもスコアをまとめるボス。
IMG_6556

そしてDRKさん。
IMG_6557
さすがである。

ワタクシはと言えば、後半ようやく体が動き出して
ティーショットもそこそこいい感じになってきたが、
上がってみればスコアはいつも通りだった。

まあでも、再来週の社内コンペに向けて、
アイアンのフィーリングが掴めたから良しとしよう。
(気のせいかもしれないけど)

しかしゴルフって難しいな。
ボスに言わせれば、「練習しないで難しいも何もないぞ」
ってことだが、難しいことだけは分かる。

テニスと違って、自分でどこが悪いんだか分からないから、
アジャストのしようがないところが難しい。
テニス以外のスポーツをすると、自分を客観的に診てくれる
コーチの役割りが大事なんだなぁとあらためて感じる。
きっとテニスプレーヤーがコーチに望むことも同じなんだろう。

そんなこんなのゴルフだが、ひとつ考えていることが。
IMG_6554
アイアンをスチールシャフトからカーボンに変えようかなと思う。

スチールシャフトにしてから、
カーボンシャフトを使っていた頃に比べて、
一番手は飛距離が落ちたような気がする。

先日、めちゃくちゃゴルフの上手いBS社のH崎氏に聞いたところ、
「年齢とともにクラブも進化させるべき」ということ。
つまり、薄ラケで頑張るよりも、
堂々とニューテクノロジーに頼りなさいってことらしい。

去年かったばかりのスチールシャフトのアイアン、さてどうしたものか。
ボスからは「道具じゃないんだよ」って声が聞こえて来そうだ。

でもだれか、フレックスSのカーボンシャフトのアイアン余ってませんか?

カテゴリー: ゴルフ, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ダブりとか、あちこちとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

いったんハマるとコンプリートしなければ
気が済まない性格である。

昨年、「半沢直樹ってそんなに面白いのか」
と池井戸潤の本を読んでみたら
メッチャ面白くて、それから読み続けている。

最初はiBooksで読んでいたのだが、
まだまだiBooksはアイテムが少なく
思うように読みたい本が手に入らない。

ということで、結局本を買い漁る事になる。
IMG_6519
通勤途中、移動の電車の中で読みまくったおかげで
残すはあと数冊くらいまでに。

あまりに一気に読むものだから、
どれを読んだのかが分からなくなり、
数冊同じ本を買ってしまったりした。

それにしても池井戸潤て面白いな。
組織の中の正義や保身、派閥争い・・・
勧善懲悪的な結末が多いのも面白い理由かな。

全部を読み終わってしまった時の喪失感が怖いなぁ。
次は誰を読もうか。

 

さて、このところまたもや旅芸人の様相を呈して来た。

先週金曜日はメッチャ寒い中、橋本校でコーチテスト。
見事合格は良かったが、悪い3人に
反省会と言う名の飲み会に拉致される。
hashimotio001
ちなみにワタクシに反省点することなどは無い。

 

日曜の夜はレックスクール最北端の久喜校へ。

久喜の夜もメッチャ寒かった、
緊張と寒さのせいか、受験生のグリップがブルブル震えていて、
こりゃあ今日はちょっと厳しいかもと思ったが、
実は非常に優秀で、これまた見事合格。

久喜校はヘタすると帰れなくなるくらい遠い。
なのに・・・
IMG_6534
「30分だけ行きますか!」と悪いふたりに捕まる。
駅前の居酒屋が軒並み満席で、サイゼリヤで乾杯である。
(諦めれば良いのに)

ちなみにこのふたりは、新宿まで帰るつもりで乗ったグリーン車が
上野行きで山手線を半周して帰るはめになったらしい。
ちゃんと行き先を見て乗りましょう。(笑)

 

明けて月曜日。
メッチャ天気の良い祝日。
ワタクシは朝も早よから車で西へ。
IMG_6539
海老名サービスエリアからは富士山もキレイに見えた。
これが箱根への温泉旅行だったらなぁと思いながら伊勢原校へ。

これまたコーチテスト。
この日は昼のテスト。
日差しってなんて素晴らしいんだろう。
IMG_6541
受験生が手の甲にたくさんメモをしていたのが
微笑ましかったが、そこは突っ込まずにテスト。

そして見事合格。
IMG_6542
社員スタッフの研修のスキルアップが見えたのも嬉しかった。

その後、一般道を延々北上し、DRKさんと待ち合わせの所沢へ。
なんか移動の多い年明けである。
色んなスタッフさんと会えて楽しいが、
デスクワークにいる時間も取らなきゃなと思う今日この頃である。

今週からメーカーさんの展示会もはじまるし、
スケジューリングは慎重にだなぁ。

カテゴリー: 仕事, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

お年賀とか、名機とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

HEADさんが年始のご挨拶に来てくださった。

今さら、「来てくださった」と表現するような仲でもなく、
K林さんとは20年近い付き合い、タネちゃんとも長い付き合いである。

今年の戦略やら直近の作戦などを練り、お話は終了。
最後にお年賀をいただいた。
IMG_6464
驚くほどベタにタオルである。
なんかヘッドさんのイメージとあまりに違うので驚いた。
ショッピングバッグ(紙袋)にも高級感とセンスをと
いつもひねりと拘りを見せるヘッドさんにしては意表を突く直球。

「ベタで驚いた」と言うと「たしかにそうですね」とタネちゃん。
「今までそんなこと考えたこともありませんでした」とK林さん。

ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 

さて、話は変わってプリンス。

少し古い話だが、楽天ジャパンオープン会場のプリンスブースに
プリンスの歴代の名機が展示してあった。

Prince Pro(1976年)
IMG_5120
いわゆるデカラケを世に知らしめたモデル。
写真はパム・シュライバー。
彼女がいきなり全米オープンの決勝に躍り出たことで、
プリンスのデカラケがキワモノ扱いじゃなくなった。

ワタクシ的にはシュライバーのプリンスプロは
ブラックじゃなくてシルバーの印象が強い。

こんだけ背が高くて、ラケットが大きいんだから、
そりゃ、ネットプレーは無敵に決まってるよと思った。
ちなみにフォアハンドはほとんどがスライスで
あまり憧れるようなプレースタイルじゃなかった。

この頃、プリンスのラケットはポパイやホットドッグプレスの
西海岸特集ではスケボーと並んでマストアイテムだった。
ひとつの時代の幕開けの象徴みたいなラケットだった。

 

Prince GRAPHITE(1987〜)
IMG_5121
言わずと知れた名機中の名機。
とにかく憧れのラケットだったが、初期型の値段がなんと9万円。
とてもじゃないが買えなかった。

後輩がアルバイト先のヘッドコーチのグラファイトを借りていたのを
脅して又借りするという荒技で使っていた時期もあったっけ。
確かグロメットレスの本当の初期型だった。

その後、山本育史プロ使用のミッドプラス(?)も使ってみたが、
とてもじゃないがワタクシには扱える代物ではなかった。

 

Micheal Chang Graphite(1995)
IMG_5119
ロングボディの先駆け的なモデル。
マイケルチャンが一気にランキングを上げたタイミングで発表された。

ワタクシも試してみたが、今ひとつロングボディに馴染めなかったのと、
ボックスフレームのグラファイトと打球感が違いすぎて、
「これはグラファイトじゃないなぁ」と使わなかった。
(注:個人の感想です)

セールス的には大成功したモデルだと思う。
 

Prince Woodie
IMG_5122
名前の通り、ウッドのデカラケ。
この頃、ウッドのコンポジットモデルはけっこうあった。
プロケネックスのゴールデンエースなんかもこの系譜じゃないだろうか。

ウッドなので当然重く、始めから興味は無かった。
初期のサバティーニが使っていたような気がする。
こんなラケットを片手バックであんだけ振り回していたのだから、
やはりタダモノじゃなかったんだろうなぁ。

 

Prince Spectrum Comp(1985)
IMG_5124
個人的には名品だと思っているのだが、
プリンスラケットの歴史の中では何故かセンターにこない。

扱い易さ、飛びの良さ、抜けの良い打球感と
ある意味快楽ラケットとしての条件が揃っていたと思う。
ただ、しばらく使っているとスロート部分に
ヘアークラックが入ってしまうという症状が出た。
本当に良いラケットなのに残念。
もしかしこれが今ひとつメジャーじゃない理由なのか?

 

Prince Boron(1985)
IMG_5125
ボロンという今まで聞いたことが無い新素材を搭載。
たしか15万円とかいう、これまた今までに聞いたことの無い値段だった。

エリック・コスタだかコリタだかって選手が
ボロン何本も抱えていて、思わずかけ算したのを覚えている。

当時、お客様が使っていて一度打たせてもらったが、
15万円相当のショットは打てなかったような気がする。
(腕だよ、腕!)

 

Prince Sovereign(1987)
IMG_5127
プリンス・サヴァラン。
そもそも読み方からして難しい完全オーダーメイドの超高級ラケット。
たしか26万円だった。

フェイスサイズ、バランス、ウエイト、フレックスにはじまり、
何から何までオーダー出来るシステムで、
バッグやラケットケースもついて
なんと木箱に入って納品されたらしい。
さすがにこのラケットは打ったことが無い。

こうして見ると、プリンスって数々の名品を世に送り出しているのだなと思う。
グラファイトに代表されるような憧れのラケットは今見てもやっぱりカッコいい。

当時のことを思い出しながら、ラケットを見ていると
いつまでたっても飽きないのだが、
我が家の11歳児は一瞬で飽きたようだった。(そりゃそうだ)

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メディアとか、プレゼントとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

スポーツクラブのカウンターに置いてあったフリーペーパー。
IMG_6525
全豪開幕、圭が表紙である。

WOWOWから会社に届いたペーパーと同じだから、
きっとWOWOWがページを買ったのだと思うが、
何にしても世界的なテニスイベントの特集で
日本選手が表紙を飾れるというのはうれしいことだ。

スター不在だったら、グランドスラムも開幕も話題にならないだろう。
テニスがこうしてメディアに露出されるのは圭がいるから。
そいいう意味では次代のスターが出てこないとなぁ。
内山、内田、ダニエル、頑張って欲しい。

一昨日のサンデーモーニングのスポーツコーナーでは
全豪オープンの話題は取り上げられなかったらしい。
最高峰の大会で日本人が17シードなんてすごいことなんだけど。
TBSさん、お願いしますね。

穂積絵莉プロの全豪予選が終わってしまい、
ちょっとトーンダウンしていたワタクシだが、
よく考えたら、大会本番はこれから。

2014年シーズンの開幕だ。
今年も楽しもう。

 

さて先日、レック本社のWさんからもらった。
IMG_6473

どこかのレコード会社かプロダクションの記念品らしい。
IMG_6474
松尾清憲の「愛しのロージー」が入っているのが泣かせる。

〜Rosie, Don’t you know? don’t you know? Love you so
Rosie, I can’t say I can’t say anymore〜

くぅ〜、たまりませんなぁ。

で、もうひと品。
IMG_6472
吉田拓郎の譜面。
広島フォーク村時代の曲から「流星」まで収載。

ギターを引っ張りだして弾いてみた。
「花嫁になる君に」は右手が上手く動かなかった。
数曲弾いたら、左手の指が痛くなった。

ご無沙汰してるとダメだな、やっぱり。
ナオキさんとバンド組むかなぁ。

なにより肘掛け付きの椅子はギターに向かないな。
IMG_6531
肘掛け、外しちゃうか。

何にしても今年はもうちょっと触ってあげよう。
ギターもボートも釣り竿も。

カテゴリー: テニス, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

無念とか、仕事とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

年末、ラジオから訃報が流れた。
「大瀧詠一さんが亡くなりました」

我が耳を疑った。
解離性動脈瘤だそうだ。

ワタクシ的に生涯ベストのアルバムといえば、
「A LONG VACATION」かビートルズのサージェントペパーかって言うくらい
大瀧詠一が好きだったのに。

iPodのヘビーローテーションには、
1981年の渋谷公会堂でのヘッドフォンコンサートの
音源が入っていて、最近もよく聴いていたのに。
(恋はメレンゲのミックスの再現は秀逸)

昨年買った大瀧詠一〜NIAGARA〜の本も読み終えていないのに。
IMG_6522

写真は大瀧詠一が絡んだ作品の一部。
この他にもEACH TIME、NIAGARA CALENDAR等々、
氏の作品はほぼコンプリートしている。

日本のフィルスペクターだった大瀧詠一。
重ね重ね残念で仕方が無い。
きっと天国でもミキサーいじってるんだろうなぁ。
合掌。

 

さて、「酒は飲んでものまれるな。仕事は追っても追われるな」が座右の銘である。
座右の銘というのはウソだが、基本姿勢としてはいつも心に置いている。

酒にのまれることはあまり無いと(自分では)思っている。
たぶん、のまれる前に眠くなるだけなんだけど。

酒もそうだが、仕事はもっと切実である。
追われるということは、ギリギリでこなしている状態だし、
追い越されるということは、抜け落ちや遅延だからアウトである。

そんなわけで、特に仕事は段取り、スケジューリング、効率、確認命。
常に一歩、二歩前を走ることを目標にしているのだ。

が、年明けから社内組織が変更になり、若干(たくさん)担当業務が増えた。
きっと大変になるだろうなと、年末年始休みの間、
あれこれ仕込みというか準備をしていたのだが・・・。

1月6日、本社の仕事始めの日。
業務開始3時間でテンパった。

隣のデスクにいたDRKさん
「ちょっといっぱいになっちゃいました。初詣行って飲んでる場合じゃないっす」
と言ってみた。

「そう言いながら、飲まない人はいないんですよ」
と冷たい答えが返って来た。
ひどい人だ。
結局、フルコース行ったんだけど

その後数日も仕事に追いつかれそうになりながらの日々をなんとかこなす。

ようやくの休日、まずはジムでのトレーニング。
IMG_6508
サンドバッグは叩いていないんだけど。

帰宅後はずっとパソコンの前だった。
IMG_6529
休みって、落ち着いて仕事が出来るからいいね。(泣いてないよ)

やっぱり年始は忙しい。
年始のご挨拶に来られる方も多いってことを忘れていた。
ある程度、のりしろを持ってスケジュール組まないといけないな。

そう言えば年末、DRKさんに言われた。

「ちゃんと週2日休んでください」

「スケジューリング、つい欲張っちゃうんんですよねぇ」

「ダメです。みんなも休み辛くなるから」

「うーん、なるほど」

「来年はちゃんと休むって約束してください」

「分かりました。頑張ってみます」

「じゃあ、休まなかったら1回1万円てことで」

「え?1万円くれるの?」

「違います!逆です!」

「働いてるのにお金取るなんて・・・鬼!」

しかも早速、年明け1週目から約束を破ってるし。

もう少しであれこれ落ち着くだろう。
仕事を追う体制にスイッチである。
頑張らなきゃね。
ああ、楽しい。

カテゴリー: 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

発売とか、全豪オープンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

テニスクラシック・ブレーク2月号が発売になった。
tcb02

ワタクシが担当させていただいてる連載、今月のテーマは「ディフェンス・ロブ」。
今回はアディダスのニューモデルウェアを着ているところが見所だ。(ウソ)

担当のY川嬢とのコンビネーションも徐々に良くなって来て、
少しずつ進行もスムースになったような、そうでもないような。(苦笑)
あれこれと頭を捻りながらつくったページなので、ぜひご覧ください。

 

さて、全豪オープンである。
昨日、我らが穂積絵莉プロは予選2回戦に臨んだ。

ウメダコーチとのLINEによるとメルボルンは暑いらしい。
メッチャ寒い日本からは羨ましい限り。
やっぱり応援に行きたかったなぁ。

この日のOPは11番コートの第4試合。
時差を計算すると14時過ぎくらいかなと思っていたら、
13時過ぎに「入りました」とのメッセージ。

オフィス裏のラーメン屋にいたワタクシ。
慌ててラーメンをかき込んで、口の中をやけどしながらオフィスに戻り、
ライブスコアで応援体制に入る。
aody022
序盤はイーブンペースで進むも、
すんなりサービスゲームがキープ出来ない様子。

ウメダコーチからは
「ラリーは負けていないんですが、すんなりキープ出来ない」
とのレポート。

年始らしくアポ無しでご挨拶にいらしていただいた方々の
対応をしつつ、試合が気になり気も漫ろだったり。(スミマセン)

IMG_6504

結局、ファーストを落としてしまう。
LINEではあちこちから「次だ!」「挽回!」との声が掛かる。

しかし健闘及ばずセカンドも落としゲームセット。
これで穂積プロの全豪オープン2014は終わった。

ウメダコーチによると、負けた途端にプレーヤーズラウンジや
プラクティスコートに制限が掛かるらしい。
「負けた人はもう帰れという感じです」とのこと。
まあ、勝負の世界だからそうなんだろう。

この1年ちょっと、穂積プロをサポートすることになり、
彼女の試合を追いかけて来た。
最初のうちは思うようにプレー出来ない試合もたくさん見た。
しかし、ウメダコーチと二人三脚で確実に進化し、試合内容も良くなった。
そして全日本優勝、グランドスラム初出場である。

全豪オープンは終わったが、穂積プロの2014年シーズンは始まったばかり。
なんてったってグランスラムだから、今回の1勝でポイントも稼げただろう。

ランキングもまた上がれば、全仏、ウインブルドンとチャンスは広がるはず。
今回の全豪オープンは始まりに過ぎないのだ。

Eri MUST GO ON!

皆で応援してるぞ!

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。