あり?とか、異常なしとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

近所の巨大ショッピングモール。
妻のリクエストで、カルビーのアンテナショップへ。
IMG_7456
作り立てのポテトチップスなんかが食べられるらしい。

で、妻が買って来た一品。
IMG_7454
揚げたてチップス・ロイズチョコレートがけ。

「いらない」と言うワタクシに、「いいから食べてみ」と言う。
「今から運転するし、いやだ」と言うと
「食べさせてあげようか」とバカなことを言う。

仕方が無いので1枚食べた。
う〜ん、まずくはないけど・・・どうなんだ?
アリかなぁ、無しかなぁ。
体調次第かなぁ。
たぶん自分でお金出しては食べないな。

さて、そんなこんなでスタートしたバスフィッシングトーナメント開幕戦。

スタートして初めて行き先も決めていないことに気づくワタクシたち。
とりあえず、朝メッチャ冷え込んだし冬パターンかなということに。

縦ストラクチャーについているバスを狙うことにした。
縦ストの代表格はやはり橋脚。
となると、向かうは川筋だろう。

しかし、実績の高い鹿島川は手練れの選手たちで銀座状態なはず。
ということで、印旛新川を南下するこことに。

デッドスローエリアのスタート地点を抜けると、そこからは分かれ道。
IMG_7580
やはり鹿島川を目指して右に舵を切る選手が多い。
ワタクシたちはあえての左方向である。

ということで、こんなムービーをつくってみた。
(決してヒマなわけではない)

ポイント着。
IMG_7587
橋脚周りをネチネチ攻めてみる。
が、何も起こらない。

周辺の葦に逃げ込んでいるのかもと、葦の中にルアーを入れてみる。
IMG_7585
全然生体反応が無い・・・
何かが間違っているのだろうか。

さらに支流の川筋に入る。
IMG_7586
ヘラブナ釣りの方々にメッチャ気を遣いながら、
ソロリソロリとポイントへ向かう。

パラダイスを求めて出来るだけ奥へと思ったが、
昔よりメッチャ浅くなってしまっていて、
これ以上奥に突っ込むと座礁しそうな勢いである。

仕方が無いので引き返すと、へら釣りのオジさんに
「もう戻って来たのかぁ?」と声を掛けられる。
「奥は浅くてダメでした」と言うと、
そうだろうと言わんばかりに頷くオジさん。
知ってるなら、行きに教えてくれればいいのに。

どうにもならずにさらに南下。
IMG_7588
ほとんど八千代市だよね、ここ。
しかし、夏の定番のこのエリアも不発。

おそらく戻るのに30分は掛かるから、
ぼちぼち戻り方向で考えなければいけない。

最初の川筋に戻り、最後の望みを掛けてルアーを打ち続ける。

IMG_7589
しかし無情にもタイムアップ。

ノーフィッシュで帰着申告である。
IMG_1260
まいったね、どうも。

この日のエラい人たち。
IMG_7594
釣れれば早春のビッグフィッシュ。
1本のウエイトが半端じゃなかった。

しかし、この日の参加者の内、釣って来たのはたった10人。
タフな戦いだった。
お立ち台に立ったのはランキング上位ひと桁の方々ばかり。
やっぱり強い人が勝つんだよなぁ。

心が折れたので、とっととボートを揚げて片付ける。
IMG_7590
次回は4月。
が、たぶんこの日は実業団の試合が出場出来そうにない。
春のビッグウエイトが狙える季節なんだけどね。
って、釣れる前提ってところがおめでたいな、オレ。

最後にこの日唯一の収穫。
IMG_7595
葦際に放置されていたへら竿。
今度、レックのヘラ師、ホンザワコーチ、
エグチコーチに手ほどき受けてみるか。

それにしても釣れない・・・

カテゴリー: 釣り, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

発症とか、開幕!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ようやく春の気配が感じられる今日この頃。
なのに我が家の11歳児はこんなことに。
IMG_7618

休日、発熱のためダウン。
次の日、病院に行ったところ、B型インフルエンザの診断。
暫く自宅療養となった。

こんな時期にインフルエンザとはと思ったら、
学校でもB型が流行っているらしい。
とにかく大人しく寝ていることだ。
テニスもしばらくガマンだ。

終業式にはギリギリ間に合うかな。
頑張って治しておくれ。

 

さて、11歳児がそんなことになっているとはつゆ知らず、
ワタクシは3時に起きて、真っ暗な中、高速を飛ばして印旛沼へ。

前夜、JTAカンファレンスの帰りに飲みにいってしまい
何も準備ができなかったので、起床時間を1時間前倒し。
ちょっと眠いが、好きでやっていることなので仕方ない。

そう、今年のバスフィッシングトーナメントが開幕したのだ。

ホームレイクの印旛沼に到着。
IMG_7551

暗い、寒い。
こんな中、日の出前からボートを降ろす変な集団である。
IMG_7553

前日、Hくんに準備させておいた自分のボートに乗る。
あれ、なんか白いぞ。
IMG_7560

って、霜だよ、霜!
IMG_7555
つまり凍ってるってこと。
こんな日に魚が釣れるのだろうか?
出だしからノーフィッシュの予感が・・・

しかも、全然準備の出来ていないワタクシたち。
IMG_7566
とりあえず荷物を載せる。
リグ(仕掛け)は明るくなってからだな。

隣に留めてあるのはクラブの会長艇。
IMG_7567
かつてはプロ戦でも戦い、メーカーサポートも受けている
その世界ではちょっとした有名人。
さすが強い人はボートの上も整っている。

かたやワタクシたち。
IMG_7561
この期に及んで、切れてしまったロッドセーバー(竿を留めるベルト)の
応急処置をしているという体たらく。
この姿勢が勝てない最大の理由なのかも。

そういうしている内に日が昇ってきた。
IMG_7569
トーナメントの朝の日の出は気持ちが引き締まる。(ホントか?)

スタート前のミーティング。
IMG_7572
会長の緩い感じの挨拶と今年のレギュレーションの説明。

昨年度の年間優勝杯の返還。
IMG_7574

こんな寒い朝に釣りに出るおかしな人たち。
IMG_7573

時計合わせをして、いよいよスタート準備だ。
IMG_7578

が、エンジンが掛からない・・・

おいっ!H、昨日ちゃんと掛けといたんだよなぁ!

ありゃ?昨日は大丈夫でしたけど。

頼むぜ〜、エンジンちゃん。

キュルルル、プスン・・・
キュルルル、ドドドド、バスン!

掛かった!

よし、行くぜ!
IMG_7576

どこ行きます?

あ、決めてなかったね。

どうなる?オレたち。

To be continued

カテゴリー: ファミリー, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

選出!とか、カンファレンスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

先日、梅田コーチから嬉しい速報が届いた。
レック興発所属の穂積絵莉プロがナショナルチームのメンバーに選出されたのだ。

女子Aチーム
奈良くるみ(大阪産業大学)
森田あゆみ(キヤノン)
クルム伊達公子(エスティックTBC)
土居美咲(ミキハウス)
青山修子(近藤乳業)

女子Bチーム
穂積絵莉(レック興発)
尾﨑里紗(ロイヤルヒル’81テニスクラブ)
石津幸恵(筑波大学)
藤原里華(北日本物産)

可能性はあるとは思っていたが、スゴいことである。
ナショナルメンバーのリストに自分の会社名があるのも
とても不思議な気がする。

Bチームとはいえ、フェドカップにも招集されるかもしれない。
ダブルスでの戦績はかなりいいしね。

ただ、フェドはこのところアウェイばかり。
4月のプレーオフ・オランダ戦もアウェイだし。

チームに呼ばれたらどうしよう。
応援に行きたいな。
オランダって遠いのかな。
飛行機はカメラ機材って別料金なのかな。

なんて心配をするほどおめでたい知らせである。

 

さて、ナショナルと言えばここである。
IMG_7544
味の素ナショナルトレーニングセンターだ。
ここはあらゆる競技のナショナルチームが練習をするところ。
色々な種目のトップ選手がやってくる。

この日は日本テニス協会のカンファレンスが開催されるのだ。
IMG_7542
(左奥がテニスコート)

テニスコートはインドアのハードコート2面とアンツーカー2面の計4面。
解析カメラなど最新の機材が設置された、まさにナショナルな設備である。
残念ながら内部は撮影厳禁なので画像は無しだ。

今年のカンファレンスのテーマはTennis Xpress。
大人版Play+Stayの紹介である。

実はレックでは数年前からPlay+Stayを導入。
レック流に検証し続け、大人版もすでに運用中。
今回はITF版を実演ということで興味津々で受講したというわけ。

結果、紹介されたプログラムはほとんどがすでに導入済みのものだった。
ワタクシたちのやり方の確認が出来たというか、自信になったのがひとつ。
もうひとつは、ここ数年に渡り、ほぼ同じテーマで開催されながら、
まだこの段階の紹介なのかという失望も正直なところである。

主催が日本テニス協会ということで、
参加者の多くが地方の地域指導者らしき方も多く、
普及という意味ではそうならざるを得ないのだろうが、
首都圏のテニス事業者にとっては
ほとんど導入済みのメソッドであるように感じた。

加えて、生徒の配置やビジネス戦略についての講義は
日本のスクール専門業者の方が進んでいるように思った。
このセミナーでビジネスに言及するのも
正直、若干の違和感があったことは否めない。

とはいえ、年に一度の貴重な機会である。
色んな方とお会い出来たりして、それもまた有意義であった。

 

そんなセミナーを終え、赤羽駅に向かう。
ワタクシは次の日試合があるため(釣りのね)、
とっとと帰って準備したかったのだが、
そんな言い訳が通るはずもないメンバーに連行された。

昨年はその後、武蔵小杉校で社内セミナーを行わなければなかったために
行くことが出来なかった、東北テイストの居酒屋「まるいち」である。
IMG_7545

弘前弁バリバリの女将が早口でまくしたて、
どんどん料理を出してくれる。
IMG_7548
どれも美味しくボリューム満点。
赤羽の名店認定である。

そんな楽しいひと時のおかげで、
次の日のトーナメントの準備はほとんど出来ず、
起床時間の1時間前倒しを決めたワタクシであった。
3時起きはけっこうツラいぜ。

カテゴリー: テニス, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

欠落とか、準備不足とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

昔から季節のイベント的なことはまったく頭の中に無い。
やっぱり、どこか大事なところが欠落しているのだと思う。
もちろんワタクシのことである。

というわけで、ホワイトデーだったのね。
どうりでスイーツらしきものがそこらにあると思った。

そもそも現場じゃないので、
バレンタインデーもあまり関係無いので、
ホワイトデーも頭に無かった。

毎日忙しいというのは言い訳だ。
そういうタイプじゃないってのも言い訳だ。

とはいえ、そんなことを言っている場合じゃない。
お世話になっている女性スタッフさんにと、
慌てて買い物に行ってみた。

なんかやっつけみたいで申し訳ないのだけど、
感謝の気持ちがあるのだけは本当なのだ。
と、終止言い訳みたいな一日だった。

さて、毎年のように直前で焦る。
これまたまったく準備が出来ていない。
明日、シーズン開幕のバスフィッシングトーナメントだ。

タックル(釣り具)の準備、ルアーの補充、ライン(釣り糸)の巻き替え、
そしてなによりボートの準備をしなければいけないのだが、
なにひとつ手についていない。
IMG_7541

とりあえず、バッテリーは充電してみた。
ガソリンは・・・Hくんに任せよう。
ルアーは・・・Hくんがたくさん持ってるからいいか。
ラインの巻き替えは・・・そのままでいいか。
トレーラーのタイヤは大丈夫だろうか。
何より、ボートのエンジンかかるだろうか。

本当に何もやってないぞ。
まずいな、こりゃ。

今年一度も湖に浮かんでいないから、
魚の居場所も分からないや。
これだけはHクンはまったくアテにならないなぁ。

今日は日本テニス協会のカンファレンスがあるから身動きが取れない。
すべては前日に現地入りするHクンに委ねよう。
荷物積むだけでスタートフィッシング出来るようにしておいてね。

とりあえず、去年のフライトの動画でも見てテンション上げとくか。

こんな体たらくで申し訳ないが、
今年はなんとか全戦出場したいぞ。
あわよくばお立ち台も・・・

カテゴリー: 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

卒業とか、修理とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

卒業式である。
IMG_7509
長男が中学校を卒業するのだ。

ワタクシ、決して忘れていたわけではないが、
何かと忙しく、当初は行かない予定だった。

が、土壇場でなんとか都合をつけて出席。
ギリギリに駆け付け、最後列に潜り込んだ。

これじゃ全然見えないやと思いきや、
最近の卒業式って、モニターが置いてあるのね。
IMG_7511
市立中学なのにスゴイな。

式前半の入場と卒業証書授与だけ見届けて退席し、
仕事へ向かったのだが、けっこう男親も多かった。
ワタクシの記憶では、こういう場に
父親が来たことってなかったような。

最近は違うのかな。
それともワタクシが普通じゃないのか。

ちなみにこの中学校はこんなシャレた建物だ。
IMG_7517
手前に見えるのは体育館。
ジャムおじさんのパン工場ではない。

制服は無しの私服通学。
決まった教室は無く、授業の度に教室を移動するという、
ほとんど大学のような中学校なのだ。

向かい側にあるのは小学校。
IMG_7516
ここも公立とは思えないオシャレな外観である。
このへんは新しい街ならではなのかな。

卒業式と妻の誕生日と祝い事が重なったので、
家族で美味しいものでも食べに行こうかと話していたら、
「あ、オレ、打ち上げがあるから」と長男。
中学生卒業の打ち上げってなんだよ!

後で聞いたら、みんなでサイゼリヤに行ったそうだ。
とにかく卒業おめでとう!

 

さて、突如として動かなくなった愛機Nikon D300s。
IMG_7498
その後もあれこれいじってみるも、結局ダメ。

知り合いのカメラマンにKさんに相談し、
ニコンのサービスセンターに持って行くことにした。

Nikon Imagingは新宿エルタワーの高層階にある。
IMG_7529

27階で降りる。
IMG_7523
いい眺めである。

廊下の先がNikon Imaging。
IMG_7528

落ちついた雰囲気のショールーム。
IMG_7521

修理カウンターに行く。
IMG_7520
番号札を取り暫し待つと、上条恒彦みたいなひげ面の
カメラマンオーラのあるおじさんが対応してくれた。

原因は調べてみないと分からないが、
おおよそ3万円くらいじゃないかとのこと。
修理完了後は自宅に送ってくれるとのことなので、
カメラを預けてきた。

痛い出費だが、3万円で済めば御の字かなぁ。
(いや、でも痛いな)

 

それにしても不思議な空間だなぁ、ここ。
女子率は0%。
オジさんさんばかりだ。
あ、ワタクシもそのひとりなのか。

でも、カメラに限らず望遠鏡やらのニコン製品を触れるし、
なにより雰囲気が落ち着いているし、ナイススポットだ。
IMG_7525

ニコンの最高峰機をいじり倒してみた。
IMG_7524
逆立ちしても買えない値段。
それ以前に使いこなせないだろうけど。

カメラ、引き取りにしてまた来るのが良かったかも。
今度、また寄ってみよう。
ニコンさん、よろしくお願いします。
(安く直してね)

カテゴリー: カメラ, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

乗り替え?とか、応援とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

メガネに新たな風を吹き込んだZOFF。
なにより安いのがありがたい。

先日、少し度が合わなくなってきたメガネを作り替えようと
近所のショッピングモールへ行った。

と、ZOFFを追撃する勢いのJINSがあった。
IMG_7453

店内の所要時間の案内ボードを見ると、待ち時間無し。
初JINSである。

価格帯は微妙にZOFFより安いかも。
品揃えは、ZOFFを見慣れた目には新鮮だ。

そして店員さんが親切。
ZOFFが不親切というわけではないが、
担当してくれた若い男性の店員さんは
知識もあるし、とても愛想も良かった。

購入したのはこちら。
IMG_7458
質感やら作りやらは値段なりな感じだが、じゅうぶんである。
しばらく浮気してみようかと思う。

 

さて、デ杯である。
史上初のBest8に進出した日本男子チーム。

Best4をかけての戦いは4月4日〜6日。
相手はチェコ。
そして決戦の場は有明。
banner_520_650

これだけ有明開催が続くのは奇跡的なこと。
そしてチェコに勝てばまた有明の可能性が高いとか。

まあ、その先を考えるのは気が早過ぎる。
とにかくチェコ戦に勝利することである。

そして今回もTEAM RECはデ杯チームを全力応援する。
前回のカナダ戦では、カナダ応援団の勢いに押され気味だったこともあり、
もう少し組織的な応援をしようということで、
先日、応援コールのビデオ撮りを決行した。
IMG_7462

社内イベントの後に残ってくれたスタッフたちで、
NGを連発しつつも何とか撮り終えたのがこちら。

)

有明に集結出来る方はぜひご覧ください。
NG集、番外編の近日公開予定である。

勝て!勝て!ニッポン!

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、Best8とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

カレーが好きだ。
毎日食べても大丈夫。

どんなカレーも好きだ。
街を歩いていてカレーの看板があると、
お腹が空いていなくとも試してみたくて仕方ない。

最近のお気に入りはゴーゴーカレー。
IMG_7366
カレー好きを自認するわりには普通だが、
こういうステンレスの皿に盛られる系が好きだ。

最近は普通盛りで満腹である。
年取ったのかなぁ。

それにしてもカレーを考えた人って誰なのだろう。
天才である。

ちなみにインドのカレーと日本のカレーはまったく別モノだとか。
インド人が日本に来てカレーを食べて、
「この美味しい食べ物はなんていうの?」
と聞いたとか聞かなかったとか。

カレーに少し薄めのカツと茹で玉子のトッピングはテッパンである。
まさにゴールデンスペックだと思う。
ああ、今日もカレーが食べたいぞ。

 

さて、春の試合シーズンのトップを飾ったビジネスパル東京大会。
2日目は若干メンバーを入れ舞えて臨んだ。
DSC_0434
初日出場の選手の一部はレッスンをしながら
出場選手たちに思いを託す。

 

ダブルス1は宮田・大道寺。
DSC_0449

宮田コーチは昨年大会ではすべてシングルスを戦ったが、
今回初めてのダブルスでの起用である。
DSC_0531

大道寺コーチは気合いの選手。
DSC_0533

 

シングルスは現時点では社内No1であろう井原コーチ。
DSC_0493

ここはテッパン。
よほどの相手が出てこない限り落とすことは無い。
ワタクシたちも安心して見ていられる。
DSC_0497
そんなに打たなくてもという程に攻めに攻める。

 

ダブルス2は茢田・山田。
DSC_0516

何は無くとも茢田コーチと頼りになる男である。
DSC_0510
「カリで負けるんなら仕方ない」と言わしめる程に信頼は厚い。

クレーバーなプレーが光る山田ゲンキコーチ。
DSC_0582
色んなショットを繰り出す。
が、たまに策に溺れるところが玉にきず。
「チャラいボレーしたら殺す」とケイタコーチに脅されてのプレーだ。

 

4回戦、全勝で勝利。
何とか上手く噛み合ったようだ。

しかし次の対戦相手の情報が無い。
いつもケイタコーチが対戦相手の観察に行くのだが、
なんと相手は片側がデフォしたため対戦なし。
試合が無いので、情報の得ようが無いという事態に。

加えて、試合の無くなった相手はべったりとワタクシたちの試合を観察。
インカレ選手が何人かいるという情報は入ったものの、
ワタクシたちは、オーダーを組み替えるかどうかで
悩むことになってしまった。

ボス、Wさん、ケイタ、ワタクシでしばらく悩むも、
相手情報が無いので、どうにも判断が難しい。
最終的には、このままのオーダーで勝負を掛けることにした。

 

そして迎えた5回戦。
やはり相手は強かった。
何度も潮目が変わりかけながらも、結局取れない。

宮田・大道寺のダブルス1が倒れた。
井原のシングルスは圧勝。

そして勝負はダブルス2、茢田・山田に掛かった。
相手も上手い。
そして気合いがすごい。

指令が飛び、ベンチコーチにケイタが入る。
DSC_0588

しかし勝負どころでことごとくポイントを落とす。
昨年の全国大会とは逆の展開である。

そして負けた。
そして今年のビジネスパルが終わった。

 

相手を観察出来て、オーダーの組みようでは・・・
というのはタラレバの結果論である。
ようするに相手の方が強かったのだ。

Best8では関東大会には行けない。
次が無いのは何とも淋しい。
来年はさらに盤石で臨むしかない。

来月からは春の実業団リーグが始まる。
順調の昇格し、今回は3部リーグ。
きっと今までに無く厳しい戦いになるだろう。
2部昇格目指して全力でぶつかりたい。

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

タスキとか、壊れたとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

春の戦いが始まった。
春期実業団リーグに先駆けてビジネスパル東京大会だ。

昨年は大方の予想に反して、あれよあれよと東京準優勝、
そして関東4位、全国Best8と一気に全国区までコマを進める事が出来た。
しかし冷静に振り返ると、どれも崖っぷちの接戦というか、
すべてが奇跡的な勝ち上がりだった。

今回もあんなことが起こるかと言うと、それはないだろう。
負ければ終わりのこの大会。
毎回、ゼロスタートの気持ちで臨むのみである。

ワタクシたちの仕事柄、土日はレッスンを休みづらい。
必然的に現場のスクールをやりくりし、
登録メンバーを組まなければいけない。

つまり選手を微妙に入れ替えての戦いになるわけで、
負けてしまえば戦いの場に臨めない選手も出る。
次の日、次のラウンドにひたすらタスキを渡して行く
さながら駅伝状態での戦いがワタクシたちのスタイルなのだ。

初日、有明に集まった選手たち。
DSC_0221
今回は第1シードなので2回戦から。

この戦いの意味を確認し、試合に臨む。
DSC_0223

ダブルス1は中川・吉村。
DSC_0229

そのプレースタイルから、シングルスしか
生きる道は無いのではと思われていた中川コーチ。
DSC_0243
まさかの覚醒を見せての大活躍である。

あんなに攻めのテニスをする中川コーチは初めて見た。
最近替えたラジカルもジャストフィットらしい。
DSC_0249
フィニッシュがアンガールズなのは変わらない。

吉村コーチ
DSC_0252
いつも通りのロケットフォア。
見事に2勝である。

 

シングルスは宮田コーチ。
DSC_0261
昨年のこの大会でスングルスを戦い抜いた、躍進の立役者でもある。
この日も2勝をあげた。

 

ダブルス2は茢田・橘定。
DSC_0305

茢田コーチ
DSC_0308
昨年のこの大会、そして実業団リーグで社内MVPを獲った頼れる選手。
「神様、茢田様」という言葉が生まれた程に、とにかく安定している。

橘定コーチ
DSC_0298
気合いが空回りしたり、チキったりすることもあるが、伸び盛りの若手である。
頼れるペアと組んで、2試合目はナイスショット連発していた。
試合前、ワタクシに「メンタルを強くするにはどうすればいいですか?」と
聞いてきたが、10分やそこらでどうにかなるもんじゃないので答えようが無い。(苦笑)

この二人も2勝。
つまりこの日は完勝で2日目にタスキを渡す事が出来た。
DSC_0427
さあ、次のランナーも頑張ろうぜ!

 

さて、そんな大会のさなか、ワタクシは一人焦り、悪戦苦闘していた。
IMG_7498
突如、カメラの調子が悪くなったのだ。

オートフォーカスがまったく効かない。
シャッターを半押ししても、レンズがうんともすんとも言わないのだ。

しかも壊れた方はメイン機のD300s。

もう一台のD50はとっくに廃盤の10年選手。
SDカードも2GBまでしか読まないし、
いい加減買い替えなきゃと思っていたのだが、
まさかのD300sの故障。
どうせなら古い方に壊れて欲しかった。

結局、振っても撫でても復活せず。
ニコンに修理に出すしか無いと結論付けた。

こんな大事な時に壊れるなんてと愚痴っても仕方ない。
この週末はサブ機で何とか凌ぐとして、
あとは修理期間がどれくらい掛かるかだなぁ。

なんてことを思っていたら、ボスがひと言。
「会社の備品として、新しいの1台買おう。どうせならいいヤツ買え」

ありがとうございます!
機種選定しなきゃ。

カテゴリー: カメラ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

執念とか、コンペとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

長男の高校受験が終わった。
合格発表の朝、ワタクシはその知らせをゴルフ場で受け取った。
IMG_7484

結果は合格。
最後の最後まで縺れ込んだ彼の戦いはようやく終わった。

どうしても行きたい高校があると受験校を決めた。
学校の先生は「うーん、あと総合で100点は伸ばさないと」と言った。
塾の先生は「頑張れば何とかなるかも」と言った。

しかしそこを希望した本人はなかなかエンジンが掛からなかった。
音楽を聴きながら勉強し、塾の帰りに長々と友達と話し込んでいる。

高め狙いの私立は次々と玉砕。
発表を見てきて「無かった・・・」と首を振るのを見るのはツラかった。

そして志望校の受験。
発表を見て戻ってきた本人がひと言。
「ダメだった。後期頑張る」
そして、「後期も同じところを受けるから。レベルは落とさない」と。

前期後期の2回ある後期選抜が本当に最後のチャンス。
滑り止めは受かっているとは言え、崖っぷちに追い込まれた。
ひとつ下で学校を受けたほうが良いのかもとも思ったが、
本人が絶対に志望校は変えないと言い張るから仕方ない。
そのまま最後の戦いである。

そして合格。
最後の2週間は彼なりに追い込んだのだろう。
そんな姿に結果によらず得るものはあるだろうと思っていたが、
結果もついてきてひと安心である。

テニス部に入るそうだ。
200人もいるテニス部。
そしてそこそこ強いから、試合に出るもの大変だろう。
しかし中学の時のように愚直に一所懸命やれば良い。

ちなみにワタクシ、受験に際しては何も出来なかった。
そのほとんどのケアは妻がした。
密かに好物を絶って願掛けもしていたらしい。

ワタクシはいつものように仕事をし、
いつものようにお酒を飲んでいた。
普通にすることが大事だと思ったというのは言い訳だ。

まあ、とにかくおめでとうだ。

 

さて、そんな合格発表を聞いた時、ワタクシはゴルフ場。
お取引先様にお集まりいただいてのミニコンペである。

メッチャ冷たい風が吹き荒れる中、お集りいただいた皆様。
IMG_7480
本当にありがとうございました。

写真に風が写らないから、ゴルフ日和に見えるが、
あらゆる方向が風が吹く厳しいコンディション。
IMG_7485

コースの周囲には雪が残っていて寒さ倍増。
IMG_7487

とはいえ、メンバーに恵まれて楽しくプレーが出来た。

相変わらず練習をしないワタクシであるが、
自分なりに気をつける事を頭に置いたことと、
飽きずに18ホール回る事を心に誓って臨んだ。
つまり、いつもは途中で集中力が切れるということである。

そして一緒の組のフォルクルのK女史に何とか勝つ事という
分かりやすい目標を宣言し、プレーを開始した。
つまり、これまで一度も勝った事が無いということである。

おかげでスコアはいつもより少し良い程度だったが、
18ホール飽きる事無く、そしてK女史に一打だけ勝った。
同じレギュラーティーから勝負して勝ったと喜ぶのもどうかと思うが
とにかく初勝利であることに違いは無い。

あとは何となくプレーの考え方とショットの感触が分かった。
(ような気になった)
特にアプローチはグリーンそばから何度もワンパットの距離に寄った。
これで小さなミスを無くせばあっという間に上手くなるかも・・・。
(そうか?)

 

そんなゴルフを終え、K女史をお送りしつつ、埼玉から千葉へ戻る。
途中、ウイルソンのNさんから電話。
ワタクシ、K女史ともに一緒にゴルフに行く仲、
そして自宅も千葉というローカル仲間のNさん。

じゃあ、地元で飲もうということになった。
IMG_7491
この二人との飲みはいつも楽しくて飲み過ぎてしまう。
スパークリングワインに始まり、白ワインを2本空けてしまった。

いい加減に酔っぱらい、家に帰ってメールを見たら、
「ゴルフ、掴んだような気が」というワタクシのメールに
「分かったと思って、また崩れるのがゴルフなのだ」とボスからの返信。

そうなんだろうなぁ、きっと。
水道橋に習いに行こうかな。

カテゴリー: ゴルフ, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

慣れとか、取材とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

西新井校でストリンギング。
IMG_7473
かつて発表会では触った事はあるが、
フルでこのマシンを使うのは初めて。

実はこのマシン、なかなかの優れもので、
クロスストリングを張る時に
ターンテーブルがせり上がり斜めになる。

この方が作業効率が良くなるらしいのだが、
グイーンとマシンが動き出す様は
さながらトランスフォーマーのようである。

メインを張り終わったワタクシ、
液晶画面のクロスストリングボタンを押す。
と、マシンがやたらとせり上がり、メッチャ高くなった。

こんな高さが作業効率アップに繋がるのか?と思いながら、
巨人の星の特訓のように、半分つま先立ちで張り上げた。

後でエグチコーチに聞いたら、個人個人の設定があり、
その人の好みの高さにメモリされているらしい。

ワタクシが選んだのは「WLN」というボタンなのだが、
どうやらこれはこのマシンの初期設定のボタンで、
外国人用のセッティングがされているらしい。
どうりで高いはずである。

ちなみに下げ方が分からず、
最後まで張り上げた自分を褒めてあげたい。(?)

やっぱり慣れているマシンがいいな。
慣れろよって話だけど。

 

さて、テニスクラシック・ブレーク4月号が発売になった。
tcb04
今月のワタクシの技術解説連載のテーマはドロップショット。
読んでみたら、手伝ってくれたタケダコーチばかり写っていた。
良かったね、タケチャン。
ぜひご一読ください。

そんなテニスクラシック・ブレークだが、次号以降の取材があった。
そろそろ連載も終わるのかなぁと思いつつ、
ノーアイデアで日々を過ごしていたので、
七転八倒の産みの苦しみを味わいつつ、
ギリギリの入稿になってしまった。
(担当のY嬢、ゴメンなさい)

 

今回の撮影は天候や残雪の影響を考慮し、NEOインドア西新井で行った。

ということで、お手伝いはエグチヘッドコーチにお願いした。
当初は別の若手コーチに手伝ってもらう予定だったのだが、
「誌面に載るけど、いいの?」と聞くと、「そうか。私がやります!」
とお休みを潰してのエグチコーチ登場である。

IMG_7477

撮影中、ふと気づいたら、
悪い例ばかりエグチコーチにやらせてしまっていたので、
途中は良い例というか、エグチコーチ押しのコーナーもつくってみた。

コーナー担当のY嬢は、最初の頃こそ互いに慣れずに
やたらと時間が掛かってしまったが、このところは随分と慣れ、
撮影もスムーズに。
IMG_7475
撮影を終えれば原稿が上がるまでワタクシたちの仕事は一段落だが、
ここからまとめるY嬢は大変だ。
何かとお世話になってばかりだけど、良い誌面にしましょう。

この原稿と取材でひと山越えたぜとホッとしたのもつかの間、
週明けの研修での資料作成に追われるワタクシである。(涙)

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。