壊れた?とか、デ杯あれこれとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
いよいよ今日から!
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

最近、iPodの挙動がおかしい。
クリックホイールが正常に作動しなかったり、
コマンドが極端に遅かったりと怪しい感じ。

iPodはこれで何台目かは覚えていないが、
ワタクシの生活においてなくてはならないもののひとつだ。

現在、使っているのはiPod Classic。
nannoとかShuffleにすればという気もするが、
車のナビ&オーディオの接続ケーブルがClassic用なので、
ひとまずこれを使い倒そうということなのだ。

そんなiPodをiTunesが認識しなくなった。
ケーブルを接続しても何も起こらない。
iPod側には「接続中」の表示が出るのに、
iMac側は知らんぷりである。

あせって、あれこれいじっていたら、
「出荷時に復元」みたいなサイン。
これはもう一からやるしかないと、
復元ボタンをクリック。
IMG_7035
何とか同期が始まった。

待つ事、小一時間。
壊れたかと思ったiPodが復活である。
いやぁ、焦った。
もはやiPod、iPhone無しでは生きていけないワタクシである。

 

さて、ワールドグループベスト8と、
歴史的な勝利をおさめたデビスカップ。
アップし忘れた画像などを。

太鼓を買った。
DSC_9658
沖縄音楽の楽器屋さんの通販でゲット。
こんなものを鳴らしたら退場させられるんじゃないかと思ったが、
カナダ応援団のドデカイ太鼓に完敗。
日本人の奥ゆかしさが裏目に出てしまった。

カナダ応援団には負けられないぜと、
初日の夜に買いに行ったのがこれ。
DSC_9659
カウベルである。
カナダチームも持っていたので、これでイーブンだ。

ホイッスル。
IMG_7003
とある、有名サッカーショップで買った。
ホイッスルってけっこう高いのね。
これで2千円超。

実はもっと高い物もあった。
IMG_7002
なんと5千円超!
店員さ曰く「大声援の国立競技場でも聞こえます」。
さすがに買わなかったが、音は聞いてみたい。

チームウェア。
DSC_9585

エレッセのロゴは通常より大きめ。
DSC_9586

左袖には日の丸。
DSC_9587

右にはテニス協会のワッペン。
DSC_9588
ちょっと欲しかったのだが、
着る機会があまり無さそうだったのでガマンした。

コロシアム北口。
IMG_7005

デ杯オフィシャルカーはアルファードらしい。
IMG_7009

他にもメーカーさんのブース等、色んなものがあったが、
今回は試合に集中していて、あまりフラフラ出来なかった。
4月のチェコ戦も目が離せないくらいの展開を期待したい。
ガンバレ、日本!

カテゴリー: テニス, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

調整とか、勝利!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
いよいよ今日から!
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

ダブルス勝利のデ杯2日目。
日本テニス協会の事務局から提案。
「明日のチケットがかなり売れていまして、日の丸を位置を変えたいのですが」

いつかは日の丸が出せなくなるほどにコロシアムをいっぱいに
とのワタクシたちの思いは早くもかないそうな状況らしい。

もともと日の丸を設置してあるのは、スポンサーの看板があり
死角になっていて使えない一角である。
IMG_7028
しかしその大きさから、上部通路まで塞いでしまうため、
少し折り込んで、通路を開け上部シートを確保する事に。

ということで、みんなで作業。
IMG_7030

日の丸の下に潜り込んで紐を結ぶ。
IMG_7029
我が家の11歳児もお手伝い。
日の丸の下はかなり暑かった。

設置を終えた頃、添田選手、西岡選手の練習が始まった。
IMG_7031
コートサイドに観に行った11歳児に
「打ってくださいって言ってみれば」と言うと
「まだ肘が痛いから」という返事。
そっちかよ!(笑)

さて、日本が王手をかけたデビスカップ3日目。
チケットは完売。
Facebookによると、朝から入場を待つ長蛇の列が出来ているらしい。

もはや良い席の確保は難しいと開き直り、有明へ。
少し上の方だが、何とか席も確保出来た。
DSC_9704

ほぼ満員の有明コロシアム。
DSC_0637
デ杯、フェドでこんなに入ったのは初めてかも。
ありがたいことだ。

いよいよ選手入場。
DSC_0419
エレッセのチームウェアはフェドの伝説のドイツ戦を思い出す。

伊達さんがグラフに勝ち、
杉山愛・長塚京子ペアがグラフ・フーバーに勝利し、
日本が歴史的な勝利をもぎ取った時のチームウェアもエレッセ。
日本にとってはゲンの良いウェアだ。

アップが終わり試合が始まろうという時に圭がコートから消えた。
トイレかな。
DSC_0443
スーパーバイザーみたいな人から怒られてるのか?

試合開始。
DSC_0455
序盤から飛ばす圭。

危なげなくゲームを取っていく。
DSC_0471

ファーストから相手を圧倒。
DSC_0480

セカンドに入ったところで、相手の様子がおかしい。
DSC_0503
トレーナーを呼んで何やら相談。

まさかと思ったら、リタイヤである。
DSC_0517

意外な形で日本の勝利が決まった。
DSC_0529
ちょっと拍子抜けだが、勝ちは勝ち。
日本、歴史的なベスト8進出である。
おめでとう!

団長&応援団も満足そうだ。
DSC_0589

最終戦は杉田を出すかと思いきや添田が登場。
思わぬリタイヤで杉田に準備が間に合わなかったのかも。
DSC_0594

添田も相手を圧倒。
DSC_0596

見事勝利で3日間を締めくくった。
DSC_0679

消化試合で3セットだが、しっかり決めたところはさすがである。
DSC_0693

さて、2回戦は4月のチェコ戦。
DSC_0733
日本開催ということだから、有明なのだろう。
厳しい相手だが、世界の4強を決める戦いだから当たり前だ。

さらに前へ!
頑張ろう、日本!

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

痛いとか、王手!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
いよいよ今日から!
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

左手の甲が痛い。
手を開いて、甲側に曲げても手のひら側に曲げても
手の甲の筋に激痛が走る。

ちょっとした物を持つのも辛いし、
キーボードを打つのも難儀する始末。
週明けには社員のゴルフコンペもあるのに、
ちょっと困ったことになった。

いったい何だろう?
腱鞘炎かなぁ。
ゴルフの練習のし過ぎ・・・いや、1球たりとも打っていないか。
やっぱりパソコンだろうか。
でも、これはやめるわけにも行かないしなぁ。

ゴルフコンペ幹事のDRKさんに、
「ゴルフは無理かも」とメールを送ったら、
「プレーはしなくて良いので来てください。なんならキャディでも」
と返事が来た。
ホントにヒドい人だ。

週末、時間を見つけて病院に行くことにして、
ひとまず湿布でしのぐ事にした。
IMG_7001
数日後、痛みが和らいできたので、
病院には行かずにもう少し様子を見ることに。

何にしても右手じゃなくて良かった。
テニス出来なくなっちゃうもんね。
・・・っていうのは、ちゃんとテニスをやっている人の台詞。
(ゴメン)

 

さて、デビスカップ・ワールドグループ1回戦・カナダ戦。
一勝一敗で迎えた二日目はダブルスである。

二日目はダブルス1試合のみ、
そして当初のオーダーでは圭は出ない。
だからか、初日よりは少し観客が少ない。
DSC_9661

何とか二日目もいっぱいにしたいねと相談しているのか、
応援団長とウチのボスである。
DSC_9655

ところが、なんと今日のダブルスに圭が出場とのアナウンス。
確かにダブルスを取らなければもはや徳俵に足が掛かる。
植田監督も勝負に出たらしい。
今日のお客さんもラッキーである。

試合開始。
DSC_0159
圭のパートナーは内山選手。

本人が「デ杯の借りはデ杯で」と言う通り、
前回のデ杯では正直いいところ無しで破れた内山選手。
実はワタクシたちも、「ウッチーで大丈夫か?」と思っていた。

とにかくデ杯はダブルスが大事。
強豪国には必ずダブルスのスペシャリストがいる。
対して日本はここ最近はダブルスに勝利が計算出来るペアがいない。
いつも二日目でため息をついて有明を後にするのが定番になってしまっている。

ウチのボスが「ブパシとパエスに日本国籍を!」と
メチャクチャなことを言うのも分からないわけではない。

そして今日のカナダペアはグランドスラムのタブルスタイトルを
いくつも持っているという強豪である。
ウッチーが爆発するか、圭がそれを引き出すか。
ドキドキの試合開始である。

ワタクシたちの心配を裏切り、序盤から内山選手が飛ばす。
DSC_0190
特にサービスが良い。
大事なところでエース連発。

リターンも気迫でくらいつく。
DSC_0221

互いのコンビネーションも良く、ファーストセットを6−3で先取。
DSC_0232

そしてセカンドセットはタイブレークで競り勝つ。
いよいよ王手が掛かった。

が、甘くないのがデ杯。
サードセットはカナダペア。

ここでビビるなよ。
頼むぞ、ウッチー。

とにかくウッチーを乗せる事だと、
「内山、いいぞー!」「内山、ナイスショットー!」
と、やたらとウッチーに声援を送るワタクシたち。

迎えたフォースセット、いきなりのブレークから勝利ムード。
DSC_0299

会場も大盛り上がり。
DSC_9665

そしてついに日本勝利である。
DSC_0328

ああ、良かった。
DSC_0350

圭も良かったけど、ウッチーも良かった。
DSC_0379

やっぱり二日目に勝つって素晴らしい。
これで日本チーム王手である。
史上初のワールドグループ・ベスト8はもうすぐだ。

しかし、世界の8強ってスゴイな。
もちろんワールドグループで戦っているってことは
世界でベスト16だから、これもすごい事。

それにしてはメディアの扱いが小さいような。
サッカーでワールドカップに出たら大騒ぎだし、
ベスト16だって大変な騒ぎのはず。
一緒だからね、それと。

まあ、まずはベスト8に入ることだ。
頑張ろう、日本!

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準優勝!とか、1勝1敗とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
いよいよ今日から!
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

タスマニア遠征中の穂積プロ。
宮村プロと組んだダブルスで決勝進出。

ファイナルセットまで縺れ込んだ決勝戦は残念ながら敗退。
hozumiru0131
しかし、1回戦で先の全豪オープンでベスト16に入ったペアを破るなど、
収穫の多い大会になったようだ。
お疲れ様!

穂積プロと梅田コーチは早くも次の大会会場へ移動を始めたようだ。
次は・・・どこだったっけ?(ウメ、ちゃんと報告してくれ)
とにかく、ガンバレ!

 

さて、そんなタスマニアでの決勝戦の中、
日本もいよいよ天王山である。
有明でのデビスカップ・ワールドグループ・カナダ戦である。

ワタクシたちも大挙し会場入り。
まずは日の丸の設営からである。
DSC_9558

実は今回、密かに日の丸がバージョンアップ。
DSC_9553
各辺に鳩目を増強したのだ。

実はこの日の丸、あの大きさで鳩目は四隅のみという
よく考えると非常に危うい構造だった。
重さに耐え切れず、少しずつ鳩目が壊れてきたこともあり、
このたび、大枚はたいて修理と相成った。

鳩目が増えた分、設営が若干大変になったような気もするが、
安定性は抜群に良くなった。
DSC_9565

いい感じである。
DSC_9596
会場も圭が出場とあって、かなりの観客数だ。

レック応援団も準備万端。
DSC_9591

DSC_9641

と思ったら、外から大音量のシュプレヒコール。
DSC_9580
カナダ応援団である。
こっちの用意した太鼓の何倍もの大装備で応援にやってきた。

あんな太鼓、ありなのか・・・負けたぜ。
DSC_9835

悔しがっているうちにセレモニーが始まった。
DSC_9848

そして試合開始。
DSC_9619
今回、ある方面のご厚意でベンチ後ろの席をいただいた。
TVに映りまくっていたらしい。
録画してくれば良かった。

圭はもはや普通に世界のトッププレーヤーである。
DSC_9885

遅くなったサーフェースに戸惑いはあったようだが、
順調にゲームを積み上げていく。
DSC_9949

植田さんも安心して見ていられる感じ。
DSC_9891

レック代表も満足の様子。
DSC_9827

盛り上がる応援団。
DSC_9921

ストレートの圧勝である。
DSC_9986
まずは1勝。

第2試合は添田。
DSC_0053

立ち上がりは好調。
DSC_0116
ストロークで押してネットで決めるパターンが面白いように決まる。

が、徐々に相手もペースアップ。
DSC_0137
思い切りの良いフォア、そして要所でバックのダウンザラインが炸裂。

じりじりと後退していく添田。
そして巻き返しならずで敗退。
1勝1敗で初日を終えた。

二日目の今日はダブルス。
なんとか勝って最終日を迎えたい。
頑張ろう、日本!

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

決戦とか、シューズとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
いよいよ今日から!
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

タスマニア遠征中の穂積プロ。
宮村プロと組んだダブルスは準決勝をフルセットで勝ち上がった。
IMG_6995
今日、決勝!
ガンバレ、絵莉!

 

タスマニアも熱いが、今日から有明も熱い。
いよいよデ杯ワールドグループ カナダ戦である。

昨日のドローミーティングが関係者のFacebookから流れて来たが、
直後、スマッシュの編集長さんから衝撃のコメント。

”ラオニッチ 欠場!”

全豪での故障が完治していないらしい。
これでグッと日本チームが有利に・・・
と、そんなにデ杯は甘くない。

2番手3番手もしっかり実力者。
ラオニッチ抜きでもカナダチームは層が厚い。
とにかく全力でぶつかるのみだろう。

やっぱり初日はとても大事。
まずは圭で一勝だな。
頼むぜ。

ちなみにワタクシも3日間、有明に通うつもり。
恒例になったビッグ日の丸も鳩目を増強し、
しっかり設置出来るようにした。

日曜日には有明に歓喜の日の丸を掲げたい。
お時間のある方はぜひ有明へ!

 

さて、シューズである。
これまで色んなシューズを履いて来たが、
ここ数年はアディバリケードに落ち着いているワタクシである。

が、展示会で新製品シューズを見ると
かなり期待出来そうな機種が多い。
どれも最近の流行りのスタイルを取り入れていて
尚かつ、機能性も高そうである。

ということで、履いてみたくなったいくつかをご紹介。

YONEX SHT27M
IMG_6705
全豪優勝のワウリンカ使用モデルである。

このアッパーの素材とカラーリング。
IMG_6709
ひと目見て「欲しい!」と思ったのはワタクシだけではないと思う。

同じシリーズでカラーバリエーション、オムニクレー用などもあるが、
どれもとてもデザイン的に優れていると思う。
IMG_6711

IMG_6715

こちらはレディースモデル。
IMG_6716

IMG_6717
YONEXのシューズは非常に評価が高く、マーケットシェアも高い。
今回の新製品はその追い風になること間違いないだろう。

MIZUNO WAVE EXCEED TOUR

こちらはオールコート用
IMG_6950

そしてオムニクレーコート用
IMG_6949
これもメッチャかっこいい。

世界のミズノだから、品質は間違いない。
こちらもぜひ試してみたい一足である。

シューズって、足を入れるたびに「こんなに違うものか」と
おどろくほど各社、味付けが違う。
自分に合った良いシューズに出会うのは結婚並みに大事な事だと思う。

ここ最近のモデルは傑作揃いの予感。
ぜひお店であれこれ試していただきたい。
ホントはプレー出来るといいんだけどねぇ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

残念とか、プライムとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
いよいよ今週末。
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

タスマニアに遠征中の穂積プロ。
シングルス1回戦はこちらの会議の真っ最中だった。

ウメダコーチからLINEで刻々と入る実況も
会議を進行しなければいけないので
こっそり見るわけにもいかず・・・。

休憩時間にiPhoneを見たら、
ファイナルセットタイブレークの6−8という
激戦の末、敗退していた。
IMG_6805
うーん、残念。
あとはダブルスで頑張ろう。

今回のパートナーは宮村プロ。
1回戦は無事に勝ち上がり、
次の日は藤原理華プロ・波形純理プロと対戦。

遠いタスマニアで日本人同士、
しかも3人がプリンス契約という不思議な対戦に。

昨日夕方、ウメダコーチから「勝ちました」との報告。
次はオーストラリアペアらしい。
しばらく帰ってこなくていいから、タイトルを獲って欲しい。
ガンバレ、絵莉!

 

さて、ペンである。
IMG_6770
ここ数年愛用して来たLAMYの4PEN。

雰囲気は良いのだが、どうも書き始めのインクの出が悪い。
先日、UniのJETSTREAMを購入したところ、その書き味の良さに感動。
RIMG0558hgg
雰囲気を取るか、性能を取るか悩んでいたのだが、
何にしても一番の問題は太すぎて手帳のペンホルダーに入らないこと。
そんなわけでペンケースに入れて持ち歩いていた。

ところが先日、東急ハンズでJETSTREAMの高級版を発見。
IMG_6768
三菱鉛筆 ジェットストリームプライム 3&1多機能ペン (ボールペン0.7mm インク:黒・赤・青、シャープペンシル0.5mm) ブラック MSXE450000724

細身のボディにシャープペン・赤・青・緑のボールペンとLAMY4PENと機能も同じ。
しかもLAMY4PENはシャープペンが0.7mmだが、このJETSREAMは0.5mm。
値段は5,000円とちょっとお高いが、かなり理想に近い。

ところが東急ハンズの売り場にはピンク色のモデルしか無い。
買ってしまおうかちょっと迷ったが、ひとまず諦め、
帰宅後、Amazonで検索。
無事にブラックを見つけ購入。
IMG_6769
なかなかの書き味。

手帳カバーのペンホルダーにもピッタリだ。
IMG_6772

いい買い物したぜ。
後日、メガネをかけて良く見たら、
変な石があしらっている事に気づいた。
IMG_6984
高級感を出そうと思ったのかもしれないが、
これはちょっと余計かな。

でも、かなりオススメの一本である。

カテゴリー: ステーショナリー, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

必勝とか、ニューモデルだらけとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
いよいよ今週末。
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

月曜日、デ杯チームが必勝祈願に柴又帝釈天を訪れたそうだ。
前回も同じく、帝釈天で必勝祈願をし、見事勝利を飾ったわけだが、
それも当然、帝釈天は勝負の神様なのである。

前回、選手たちはわけも分からずバスに乗せられ、
気づけば帝釈天で必勝祈願という感じだったとか。
パニックを避けるためにスケジュールは非公開。
地元の幼稚園児たちが選手たちを激励した。

そんな応援に選手たちは、事前に分かっていれば
子供たちにお礼も準備出来たのにと残念がったそうだ。

そして今回。
やはりパニック回避のためスケジュールは一部にのみ公開。
メデイア、そしてテニス業界各団体の主要な人物が帝釈天に集まった。

ウチのボスも今年初の営業会議を欠席し帝釈天へ。
選手たちとともに必勝を祈願したそうだ。

決戦はいよいよ今週末。
ワタクシたちも当然ながら3日間応援へ行く。

実は鳩目が4カ所しかなかったビッグ日の丸も、
鳩目増強の補修をし、しっかりと設置出来るようにした。

これで準備は万端。
あとは選手たちに頑張ってもらうのみだ。

何とか勝って欲しい。
キーはダブルスかなぁ。
ガンバレ、ジャパン!

 

さてそんな月曜日。
レックンドアテニススクール上石神井では月1回の会議。
ボスがいない分、何かとテンパって会議を進め、午前中を終える。

午後は2月スタートのニューモデル・ラケットキャンペーンの選定会。
メーカーさんに来場いただいて、商品説明を受け、試打をする。

この時期はワールドワイドの新製品ラッシュ。
全豪オープンに合わせて発表になったニューモデルも並ぶ。

Wilsonさん
IMG_6821

今回はSラケがメイン。
IMG_6815
SPIN EFFECTってヤツだ。
同一機種のノーマルモデルとSPINモデルが同じフィーリングながら
Sはメッチャスピンが掛かるという脅威の味付けはさすがである。

Princeさん
IMG_6816

プリンスも新製品ラッシュ。
IMG_6817
先日の展示会で発表されたツアーを始め期待の新製品揃い。
ESPというストリングパターンが粗いスピンモデルも注目である。

HEADさん
IMG_6818
露天商風な口上姿が誰よりも似合うタネちゃんである。

もちろん今回の目玉はグラフィンラジカルと
グラフィンプレステージ。
IMG_6819
ワタクシ個人的にも期待のモデル。
すべて試打したが、いやぁ良かった。
あの・・アレを買おうと心に決めた。

DUNLOPさん
IMG_6820
バボラのピュアストライクが際立っていたかな。
昨今のスピードテニスにしっかり対応したモデルだ。

VOLKLさん
IMG_6808

ビビッドなカラーリングのニューモデル。
IMG_6809
今回、新しいテクノロジーのグロメットも搭載されている。
Organix8のニューグロメットタイプも打ったが、
グロメットだけでこれだけ違うのかと驚いたほど良かった。
(ワタクシ、Organix8ユーザーでもある)
スゴイな、フォルクル。

YONEXさん
IMG_6806
大ヒットモデル、EZONE Aiに加え、パブリンカ使用のニューモデルの
ブラックコスメラケットがあったりとタイムリーなヨネックスさんだった。

MIZUNOさん
IMG_6810

ラケットは継続モデルだが、ニューモデルシューズの試履きを投入。
IMG_6950

IMG_6949
さすがモノづくりの日本企業。
ホント、間違いない完成度である。

とまあ、メーカーさんの協力をいただき、
新製品を漏れなく堪能・・・じゃない試打させていただいた。
個々のインプレは後日に譲るが、
今度のラケットキャンペーンが楽しみになったワタクシである。
ぜひ、たくさん試していただきたい。

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

タスマニアとか、忙しいのですとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

全豪オープンから戻った穂積プロとウメダコーチ。
1週間ほどで、「遠征に行って来ます」とのこと。

「どこに行くの?」と聞くと「タスマニアです」だそうだ。
プロもコーチも大変だなぁ。

そんなウメダコーチからラインでメッセージ。
IMG_6757
「空港に着きました。こんな小さな空港は初めてです」

「雰囲気は沖縄ですが、トランスポーテーション、誰もいません」
IMG_6758
大丈夫か?ふたりとも。

数日後、またメール。
IMG_6795
ドローが発表されたそうだ。
絵莉は第7シードだ。

今回、ダブルスは宮村美紀プロと組む。
IMG_6794

会場が地図でどのへんなのかまったく分からないが、
ITF $50,000 Tournament McDonald’s Burnie Internationalだ。
ウメによると、楽なドローじゃないそうだが、ガンバレ!

 

さて、年明けから何かと忙しいのは変わらない。

それなりにスケジュールを詰め込んでいるのだが、
次から次へとお題やら依頼やら指示が舞い込んで来て
ちぎっては投げ状態である。

この日もWさんの「昼飯、裏のラーメン屋行きましょうよ」
の誘いを断り、レックゴルフスクール水道橋へ向かう。
昼飯の誘いを断ったくらいだから、昼飯抜きである。

あれこれ打ち合せをしているうちにタイムアップ。
電車に飛び乗り、新宿へ逆戻り。

日本テニス事業協会での会議である。
ワタクシの所属する委員会は、ウチボスと仲良しの
スポーツクリエイトさんのK社長が委員長。

随分前から可愛がっていただいているので、
ワタクシへの仕事のムチャ振りにも素直に従うのみである。

そんな会議も終了。
会社に戻って仕事をするかと思っていたのだが、
K社長から「ちょっと行くか?」との有り難いお誘い。
IMG_6759
もちろん、ご一緒させていただきます。
忙しいなんてとんでもございません。

加えて、「Wちゃんも呼べよ」ってことで、仕事中のWさんに電話。
IMG_6761
テニス事業協会会長も交えての楽しい会になってしまった。

ひとしきり飲んで解散。
・・・なわけがなく、Wさんと思い出横丁の寿司辰へ。
IMG_6763
珍しくカウンターが空いてた。

しかしここの焼酎とトロタク、美味いな。
IMG_6762
Facebookに写真をアップしたら、タスマニアの穂積プロから
「あ、トロタク」とのコメント。
帰って来たら連れて行ってあげよう。

もしかして、飲んでるから忙しいんじゃないかと思いはじめた今日この頃。
(今頃気づいたのか?)

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

期待外れとか、テニスセンサーとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

年末に楽天で購入した自転車
レビューを書くと、自転車用ライトがもらえるってことで、
さっそく書いて送ってみた。

数日後、荷物が届いた。
期待して開けてみると・・・
IMG_6526
想像とはちょっと違う感じのライトが入っていた。

ハンドルへの取り付け部分もゴムの巻き付け式。
IMG_6527
この計上からしてボタン電池かな。
どれくらい持つのだろう。

まあ、タダだからこんなもんだよね。
ちょっとガッカリ。

 

さて、ヨネックスさんの展示会。

当初は午後に伺うつもりでいたのだが、
担当のSさんから「10時来られませんか?」との電話。
理由を聞くと、新たなテニスギアのプレゼンがあり、
それを聞いて欲しいのだそうだ。

すでに予定が入っていたWさんは
後で合流ってことで10時に会場へ。

受付もそこそこに会議室へ案内される。
いつもはヨネックス契約インストラクターの会議が行われる会場である。
IMG_6671
ヨネックスの偉い方のご挨拶に続き、早速プレゼンが始まった。

司会の若手スタッフの方が、マイク上部を握り、小指を下に絡めるという
カラオケ持ちで進行していたのが気になったり、
近くの席の2人の方が小声でもなくずっと喋っていたのに
若干イラッとしたが、商品そのものは興味深いものだった。

新商品は「スマート・テニスセンサー」という。
ラケットに測定器を装着し、プレーをすると、
プレーデータが瞬時に測定され蓄積されるというものだ。

測定センサーはこちら。
IMG_6701
グリップエンドに装着する。

このセンサーを装着するため、グリップエンドに加工が施されている。
IMG_6696

ロゴプレート上部の爪を下ろしてプレートを外す。
IMG_6697
そこに先ほどのセンサー装着する仕組みである。

現在のところ、ヨネックスのラケット数機種のみ対応とのことだが、
ヨネックスのラケットであれば、有償でエンドキャップを対応型に
交換してくれるらしい。

こちらが一式。
IMG_6698
右がセンサー本体、左がクレードル。
充電などはクレードルを通じて行われる。

体験コーナーがあったので打ってみた。(撮影:Wさん)
IMG_6729
バックネットの向こう側に、ヨネックスさんの偉い方で、
かつて柳川高校で福井プロと同僚だったKさんがおられて、
Kさんと向かい合う形でボールを打つのはちょっと恥ずかしかった。

画面はこんな感じ。
IMG_6703
画像はスマートフォンで撮影をそのまま。
周囲に球速・スイングスピード・回転などが
毎球、リアルタイムで表示される。

ちなみに、回転は自動車のタコメーカーのようにRPM表示ではなく、
トップスピンは+10まで、スライスは−10と段階で表記される。
細かく測定が出来ない事は無いが、分かりやすさを優先したのだそうだ。

データはスマフォに蓄積される。
IMG_6722
アプリは無料だそうだ。

蓄積されたデータはこのように集計される。
IMG_6723
輪の中央が打球数。
色は各ショットの比率である。

周囲には「FOREHAND SPIN/FLAT 376」等、
ショット毎の数値が表示される。
フォアハンドストロークなのかバックハンドボレーなのか等、
どんなショットなのかは自動検知だ。

ストロークは長い振り幅、ボレーは短め、
サービスはバックスクラッチが入る等の
ショットの特徴によって解析されるのだそうだ。
(ドライブボレーはストロークと認識されてしまうそうだ)

検知も正確だし、エラーもほとんど無い。
さすが世界のSONY、なかなか優秀なシステムだ。

あとはこれをどう使うかだなぁ。

ランニングアプリやエアロビクス的に、
何球打ったかのデータだけでは勿体ないし、
数値をどう使い回していくのが
このシステムの真価が問われるところだろう。

今のところ、ヨネックスさんのラケットにしか装着出来ないのも
ひとつのハードルになるのかもしれない。

センサーのウエイトは8gだそう。
コーチたちからは「バランスが変わってしまう」との声もあったが、
ワタクシが打った限りはあまり気にならなかった。
あ、もともとヨネックスさんのラケット使ってないから、
比較が分からないからか・・・。

5月末発売予定、値段は18,000円くらいだそうだ。
いずれにしても面白く有効な使用法を考えてみようと思う。

カテゴリー: テニス用品, 自転車 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

まだまだとか、定例とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

我が家の11歳児。
年末に肘通をうったえ病院に行ったところ、
3週間の安静を言い渡された。

当初、肘の軟骨にうっすらとヒビが入っているとの診断だったが、
どうやらテニスエルボーらしい。

本人は「もう痛くない」と言うが、
患部を押すと、「痛っ!」という反応。
回復傾向にあるとはいえ、あと2週間の安静を言い渡された。

本人はテニスをしたくて仕方ないらしいが、
こればかりはどうしようもない。

スポーツ整形外科に行っていることもあり、
毎日、リハビリ&ストレッチの日々である。
IMG_6742
(見守るCooさん&Cocoさん)

しかし、テニスエルボーで股関節のストレッチの指示が出るとは
さすがスポーツ整形外科だ。
(故障は様々な部位が関連しているらしい)

本人は「テニス忘れちゃうよー」と不安なようだが、
こういうトラブルと付き合うのも大事な経験だ。
しっかり治してまた頑張ろう。

 

さて、定例会を開催した。
平たく言うと、フォルクル社のK女史との飲み会である。

自宅が近いこともあり、ちょくちょく情報交換をする。
お互い環境は違えど、仕事の事やら価値観その他、
何かと勉強になる、貴重な仕事仲間なのだ。

今回は随分と久し振り。
まずはビール、そしてK女史得意の日本酒である。
IMG_6646
「ショットじゃなくて、ボトルでください」とはさすが豪傑。
ついていくのは大変だ。

ボトルを2本空け、味を変えようとワイン。
IMG_6647
「グラスじゃなくて、デカンタね」とさらなる豪傑ぶり。
自宅が近いから可能な荒技である。

この日、たまたまお互い、読み終わった本を持っていたので交換。
ワタクシは池井戸潤の「鉄の骨」を進呈。
K女史からは「エンジェル・フライト(国際霊柩送還士)」をもらった。
IMG_6765
ただ酒を飲んでいるだけじゃなく、
アカデミックな話も(少しは)しているワタクシたちである。

それにしても飲み過ぎだぜ、K女史。

カテゴリー: ファミリー, 読書, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。