発売とか、全豪オープンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

テニスクラシック・ブレーク2月号が発売になった。
tcb02

ワタクシが担当させていただいてる連載、今月のテーマは「ディフェンス・ロブ」。
今回はアディダスのニューモデルウェアを着ているところが見所だ。(ウソ)

担当のY川嬢とのコンビネーションも徐々に良くなって来て、
少しずつ進行もスムースになったような、そうでもないような。(苦笑)
あれこれと頭を捻りながらつくったページなので、ぜひご覧ください。

 

さて、全豪オープンである。
昨日、我らが穂積絵莉プロは予選2回戦に臨んだ。

ウメダコーチとのLINEによるとメルボルンは暑いらしい。
メッチャ寒い日本からは羨ましい限り。
やっぱり応援に行きたかったなぁ。

この日のOPは11番コートの第4試合。
時差を計算すると14時過ぎくらいかなと思っていたら、
13時過ぎに「入りました」とのメッセージ。

オフィス裏のラーメン屋にいたワタクシ。
慌ててラーメンをかき込んで、口の中をやけどしながらオフィスに戻り、
ライブスコアで応援体制に入る。
aody022
序盤はイーブンペースで進むも、
すんなりサービスゲームがキープ出来ない様子。

ウメダコーチからは
「ラリーは負けていないんですが、すんなりキープ出来ない」
とのレポート。

年始らしくアポ無しでご挨拶にいらしていただいた方々の
対応をしつつ、試合が気になり気も漫ろだったり。(スミマセン)

IMG_6504

結局、ファーストを落としてしまう。
LINEではあちこちから「次だ!」「挽回!」との声が掛かる。

しかし健闘及ばずセカンドも落としゲームセット。
これで穂積プロの全豪オープン2014は終わった。

ウメダコーチによると、負けた途端にプレーヤーズラウンジや
プラクティスコートに制限が掛かるらしい。
「負けた人はもう帰れという感じです」とのこと。
まあ、勝負の世界だからそうなんだろう。

この1年ちょっと、穂積プロをサポートすることになり、
彼女の試合を追いかけて来た。
最初のうちは思うようにプレー出来ない試合もたくさん見た。
しかし、ウメダコーチと二人三脚で確実に進化し、試合内容も良くなった。
そして全日本優勝、グランドスラム初出場である。

全豪オープンは終わったが、穂積プロの2014年シーズンは始まったばかり。
なんてったってグランスラムだから、今回の1勝でポイントも稼げただろう。

ランキングもまた上がれば、全仏、ウインブルドンとチャンスは広がるはず。
今回の全豪オープンは始まりに過ぎないのだ。

Eri MUST GO ON!

皆で応援してるぞ!

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

勝利!とか、しつこいとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

穂積絵莉プロの全豪オープンが始まった。
試合は第4ラウンド。
日本時間でも午後になりそうだ。

「控えに入りました」

「アップをはじめました」

「前の試合がファイナルに入ってしまいました」

ウメダコーチから報告が入る。

そしてワタクシがレックテニススクール春日部に向かっている途中で試合開始。
ダッシュで春日部校に入り、クリタコーチにライブスコアを表示してもらう。
IMG_6484
打ち合せをしながら、2人ともスコアが気になって仕方が無い。

ファーストは2−6で落とす。
セカンドセット、ギリギリの攻防。
デュースが何度も繰り返され、しかしブレーク出来ず。
そして最後、突き放して6−4。

ファイナルセットは怒濤の得点ラッシュで6−0。
グランドスラム予選初挑戦、そして勝利である。
IMG_6487
瞬間、LINEに祝福メッセージの嵐。

いやぁ、良かった良かった。
あと2試合で本戦だ。
oaglfy001
今日も行こうぜ!

 

さて、我が家のコーギー、Cocoさん。
一番の新入りなのだが、一番態度が大きい。

ソファに座っていると、膝に乗って来て「撫でて」と強要する。
IMG_6366
この体勢はまだマシなほう。
ワタクシの膝では仰向けになり「お腹を撫でて」と、
ワタクシの手を咥えてお腹に持っていく。

長男に入れ替わっても同じ。
IMG_6375
膝乗りコーギーである。

お姉さんのCooさんを撫でていても間に割り込んで来る。
IMG_6370
Cooさん、もはや諦め顔。

食事中も長男の膝の上に割り込む。
IMG_6380
鼻先で腕をフンフン突くから味噌汁なんか持っていたら危なくて仕方ない。

ホント、我が家の末娘はわがまま放題だ。
IMG_6373
あんなに手を焼いたCooさんが大人に見えるから不思議だ。
まあ、楽しく長生きしておくれ。

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

いよいよとか、Babolat PURE CONTROL TOURインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

全豪オープン予選に向けて、
香港からメルボルン入りした穂積プロとウメダコーチ。

時差が少ないうえに、毎日のようにLINEでやり取りしているから、
動向が手に取るように分かり、その分緊張感も共有している。

先日朝、ウメからメッセージ。

「パソコン壊れました」

「マジか。Macbook?それともiPad?」

「いえ、この前買ったばかりのサーフェースです」

「もう壊れたのか?」

「はい、最悪です」

「どうする?」

「iPhoneでしのぐしかないっす」

「どうにもならんの?」

「こっちに来てもらえませんか?」

「ボスを説得してくれよ」

満員電車の中でメルボルンとくだらない会話。
便利な時代である。

昨日は会場で練習。
IMG_6477
いい感じに調整出来たらしい。

そしていよいよ今日、予選が始まる。
相手はグルジアの24歳。
速いテニスが特徴の選手だそうだ。

グランドスラムの予選だから楽なわけは無い。
3回勝てば本戦。

そして本戦に入って欲しい。
何なら来週まで試合して欲しい。

いやいや、まずは1試合ずつクリアしよう。
ガンバレ、絵莉。
明日はライブスコアで応援するよ。

そんなウメダコーチからのレポートはここで読める。
南新宿の片隅から
しばらく帰ってこなくていいよ。
一日でも長く残ってくれ。

 

さて、バボラの新製品を打ってみた。
IMG_5913

BABOLAT PURECONTROL TOUR
bblpctr
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ウエイト:320g
■バランス:310mm
■フレーム厚:21.0mm
■ストリングパターン:16×20
■グリップサイズ:2,3,4
■価格:33,600円

言わずと知れたバボラの名機である。
かつてピュアコントロールからピュアストームの名称変更したのだが、
なぜかまたピュアコントロールにネーミングが戻った。

ボックスフレーム&フラットビームが大好物のワタクシにはたまらない1本。
実は赤白のピュアストーム時代に一瞬だけこのシリーズを使っていた。
何故かヘッドのプレステージが少ししんどく感じて、
気まぐれでピュアストームを使ってみたら、その扱いやすさに一目惚れ。
やっぱり自分はこの手のラケットが好きなんだなと再認識した1本だった。

そんなピュアコントロールの最新機種である。
IMG_5911
21mmフラットビームは癖の無いしなりを予感させてくれる。

カラーリングは個人的にはもうちょと派手が良かったかなって感じ。
最初のピュアコントロール時代を彷彿させるイメージ。
あの赤白のカラー良かったのにね。

機能的にはフレーム両サイドのカーボン密度を下げ、
ボールの食いつき、つまりコントロール性能をアップさせたらしい。
まさにピュアなコントロールラケットである。

打ってみた。

期待通りの打球感。
この時、ピュアストライクと一緒に試打したのだが、打球感は対極。
ピュアストライクの乾いた鋭い打球に対して、ピュアコントロールの
若干ウエットな粘り系の打球感は、これぞボックスブレームという感じ。
しっかりボールを咥え、自然なフィーリングで打ち出してくれる。

速い攻めをイメージするとちょっと物足りないのかもしれないが、
自分の思いをボールに乗せてコーナー突くフィーリングは
ピュアコントロールのほうが一枚上手かもしれない。

カーボン密度を下げると聞くと、昨今の高密度の流れからは
少し逆行していて、「むしろ退化?」と思いかねないが、
「密度を上げるばかりが進化じゃないぜ!」という
開発陣の意気込みが伝わってくるような見事なホールド感である。

ツアーなのでウエイトは若干重めだが、扱いにくくはない。
一般的なバランス設定のおかげか、取り回しはナチュラル。
苦労無くヘッドを回していける。

スピンは少し潰すイメージだろうか。
ピュアストライクのようなカシュン!と引っ掛ける感じではなく、
フェイスでしっかり潰しつつ打ち出す感じ。

ヘビートップスピンを掛けて後ろで頑張るも良し、
ネットに出て攻撃でもストレスを感じない
非常にオールラウンダーなモデルだと思う。

サービス、スマッシュの縦の振りも自然。
フレームパワーの過大なアシストは感じないが、
振った分だけ素直に飛んでいってくれる。

スライスのキレも良いし、
ホールドするからと言ってダルな感じは無い。
このあたりは絶妙な味付けだと思う。

ピュアドライブシリーズ、アエロプロドライブシリーズに加えて、
このピュアコントロールシリーズ、
それぞれに特徴がキレイに切り分けられていて、
やはりバボラの3本柱たるモデルだと思った。

そして、ここに新しいピュアストライクが定着するかは
また楽しみな要素である。

このピュアコントロールは、とにかく非常に素直でオールラウンドなモデル。
ウエイト的に扱えるコントロールを求めるプレーヤーにはオススメ1本。
・・・て、モデル名そのままじゃん。

カテゴリー: インプレ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

欲しい!とか、仕事始めとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

昨年末、更新したパスポートを受け取りにいって、
隣のデパートで素敵な乗り物を発見。
IMG_6094

車なんだか、バイクなんだか分からない。
IMG_6103

ベースはハーレダビッドソンらしい。
IMG_6105
エンジンからの駆動輪が恐ろしくゴツい。

ツーシーターのスパルタンなコックピット。
IMG_6101

当然ながらバケットシート。
IMG_6100

フロントサスはスーパーセブンを思わせるようなアーム式。
IMG_6095

欲しいなこれと思って値段を見ると、驚きの600万円オーバー。
こりゃ無理だ。
とても買えないや。

でもちょっと欲しいぞ。
一日でいいから乗り回してみたい。
ちなみに公道を走っているのは、まだ見た事が無い。

 

さて、仕事始めである。
レック本社の仕事始めに先駆けて始動はしていたが、
本社的な仕事始めは週明けに月曜日。

昼からは恒例の明治神宮参拝。
IMG_6423

それぞれに今年の思いを混めた・・・と思う。
1484105_573726102704237_387865109_n

そしていつもの栄寿司で新年会。
そんな中、メルボルンのウメダコーチからメール。
IMG_6430
無事にメルボルンに到着。
この日は尾崎理沙選手と練習をしたらしい。

せっかくなので、穂積プロに画像を送る。
IMG_6426
ウメダコーチから「寿司食べたいです」との返信。

無視して、さらにメッセージを送信。
IMG_6427

IMG_6428
いよいよ全豪オープン予選が始まる。
ガンバレ、絵莉!

激励の意味を込めてさらに飲んでおいた。
IMG_6429
写真は献身的に水割りを作る(フリの)DRKさん。

そして二次会はカラオケへ。
IMG_6437
熱唱するDRKさん。

寝る、ナリタコーチ。
IMG_6443

踊る、フカダコーチ&ソトヤマコーチ。
IMG_6449

メルボルンで練習する穂積プロ。
IMG_6458

目を覚まし歌う、ナリタコーチ。
IMG_6453
メルボルンと新宿の奇跡的なコラボである。(そうか?)

お腹いっぱい盛り上がりお開き。
・・・と思ったら、DRKさんが「30分だけ行きませんか?」と。
IMG_6456
近所のBARで小一時間。

いやはや、楽しい仕事始めだった。
しかし実は午前中ですでに仕事が満載でパニック。
休みの間にけっこう仕込んでおいたんだけど、
3時間もしないうちにパニックとはこれいかに。

今年も楽しくなりそうだ。

カテゴリー: オモチャ, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スゴイ!とか、戦線離脱とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

ボート関係のホームページを見ていたら面白いものを発見。

愛のほんまブログ

車のヒッチメンバー取り付けやら、ボートパーツやらでお世話になった
ボート屋さんのブログなのだが、なんとジェットエンジンを装着した
自転車を作っている。

しかもベースの自転車のショボいこと。(苦笑)
そしてジェットエンジンのスゴイこと。
完全にオーバーパワーっていうかアンバランス。

そもそもバスボートって乗り物も、あんな平べったくて小さいボートに
大馬力のエンジンを載せ、恐ろしく不安定にかっ飛ぶという
オーバーパワーっていうかアンバランスな乗り物。
それを扱うファクトリーでこんな代物が組まれているのも妙に納得である。

そう言えば、ワタクシの車にヒッチメンバーをつけている間、
隣では延々、パワーボートいじってたもんなぁ。

こういうのって楽しいよね。
模型つくるのとおんなじ感じかな。
意味が分からないものほど(失礼)楽しいのだ。

実物、見てみたいな。

 

さて、我が家の11歳児。

12月に入った頃から「肘が痛い」と言いだした。
聞けば、「サービスを打つと痛い」とのこと。
こりゃ、テニスエルボーかなと思いつつ、
「無理しないで様子を見ながら練習するんだよ」と言っておいた。

ところがある日、妻からメール。
「サーブの練習、下から打ってる。かなり痛いっぽい」

ということで、病院に連れて行った。

診断結果は・・・剥離骨折。
肘の軟骨に薄らとヒビが入っているらしい。

医者の見立てでは3週間の安静。
当然、練習も試合もオールキャンセルである。

試合が立て込むこのシーズン。
戦線離脱は正直、痛い。

せっかくの年末年始の休みだから、
テニスの相手もしてあげられたのに、
残念ながらすべてキャンセルである。

しかし、休養も選手の仕事。
出来ないものは出来ないわけだし、
ここで無理しても後に響くだけ。
この休みはとにかく静養しようと割り切った。

それにしても色んなことがあるなぁ。
でも、長い人生だし、それも将来の糧になるだろう。

元来、ワタクシたちは、やるもやらないも自分次第という主義。
子供の試合でエキサイトしたり、ランキングのために
過剰なことをするとか、まったく考えていない。

彼が頑張ることについては、極力応援するが、
本人の意思を越えて、親がお尻を叩いたりはしない。
あくまで、自らの意思でMAX頑張れば良いと思っている。

考え方は色々だろうが、いわゆるステージママやパパになる気は無い。
たまたまテニス業界に身を置くワタクシだが、
子供のために何らかの力やコネクションを使おうとは思わない。

あくまで、11歳児のテニスは彼のもの。
親の何かで恩恵を受けることが、
彼の今後の人生にプラスになるとは思っていないのだ。

今回、怪我という、誰にもどうにもならない状況に直面したのは、
その象徴だと思って受け止めたい。

いいんだよ。
色んなことがあるのだ。
キミはキミの置かれた環境でベスト尽くせば良い。
親の過剰なお膳立ては必要ない。
それが大事なのだ。

カテゴリー: オモチャ, テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コンプリートとか、歴代とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

大河ドラマ「八重の桜」を見終わった。
IMG_6317
休日、撮り貯めていた数話分を観ていたが、
なかなか追いつかず、結局年末にまとめて観た。

聞けば視聴率はあまり良くなかったとか。
確かに新島八重の生涯って言っても、
ピンと来ない人がほとんどだろう。

ワタクシ、何を隠そう福島県人。
そんなわけで、少し会津を身近に感じながらこのドラマを観た。

幕末の波にのまれていく会津藩は辛かったろうなと思う。
藩として武士としての義を通すがために
会津の人たちが逆賊の誹りを受ける。
その中で会津が、日本がどう進んでいくのか。

会津史観の歴史物は初めてだった。
歴史って視点を変えると全然違う物が見えるからね。
うーん、良かった。

「ならぬものはなりません」
これ、とっても大事なことだと思う。

そして正道を貫くことも。
仕事も会社も、説明出来ないようなことをしちゃいかんと思う。
いくら立派なことを並べ立てたって、
「何で?」ばかりのリーダーにはついていけないだろう。

お天道様と己に嘘をつかずに生きていきたい。
そんなことを考えた八重の桜だった。

これで大河コンプリートは秀吉、龍馬伝に続いて3作目。
今年の「軍師官兵衛」も一番面白い時代、楽しみだ。
秀吉が竹中直人ってのも見所のひとつかな。

 

さて年末、シューズを購入した。

アディバリケード8である。
RIMG0569
テニスシューズのストックは何足もあるのだが、
雑誌の撮影の時に型落ちはちょっとねってことで、
ラフィノクニヒコに電話して購入。
しかも、忙しい中、自宅まで届けさせるという暴挙である。
(ゴメン・・・っていうか自社で買えよって話しか)

ワタクシ、ここ数年はガチガチのバリケード派。
錦織圭のバリケード5から愛用している。
RIMG0577

遠い昔、アディダスはトムオッカー・プロフェッショナルなんていう
高校生にはバカ高いシューズを履いていたが、
バリケード5で久し振りにアディダス回帰である。

最初にバリケード履いた時、何てゴツいシューズだろうと思ったが、
履くほどに足に馴染み、ゴツさが安心感に変わっていった。
それからはもうバリケード一本やりだ。

バリケード6・アンディマレー
RIMG0579

バリケード6・mi adidas その1
RIMG0581
はじめてのmi adidas、オーダーシューズである。

バリケード6・mi adidas その2
RIMG0580
2足目。
頑張ろう日本バージョンだ。

バリケード7(OC)
RIMG0578
ワタクシ的には7が一番履きやすいかな。
アッパーの柔軟性とソールの適度な強度のバランスが良い気がする。
デザインも良いし、オールコート用も買っておけば良かったと後悔している。

そしてバリケード8。
RIMG0571
ヒールのサポートストラップが特徴的。

ソールはヘリンボーンと若干クラシカルに。
RIMG0576

アッパーはメッシュで軽量化、通気性を狙っている。
RIMG0572
らしいが、個人的にはこの差材は不満。
ホコリが中に入って汚れるし、この部分だけが妙に柔らかく感じる。

正直、7のほうが完成度が高かったような。
もう少し履いてみないと分からないけど。

とはいえ、何だかんだ言いながらバリケードから離れられないワタクシなのである。
9も楽しみだが、前回の展示会をパスしてしまったので、
どんな進化を遂げているのかまったく分からない。
行けば良かったと後悔している今日この頃である。

アディダスさん、やっぱり良いもの作ってるね。

カテゴリー: シューズ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、バイクトレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

IFT香港 $25000、穂積選手はシングルスはロシア選手に破れ、
ベスト8に終わってしまったが、ダブルスは決勝進出。

昨日、ワタクシもPCの前でドキドキしながら
ライブスコアで応援。
itfhongkong
そして見事優勝である。

ペアを組んだ江口選手とのコンビネーションも合って来て
全豪オープン予選に向けて徐々に仕上がって来ているとのこと。
IMG_6390
シングルスはちょっと残念だったが、良い形でメルボルンに入れそうだ。

いよいよ全豪オープンだ。
ガンバレ、絵莉!

 

さて、そんな正月。
元日はバイク(自転車)で初日の出ツアー。
二日は走ろうかどうしようか迷ったが、
2日連続のバイクトレーニングを選択した。

いつもの川沿いコースもつまらないので、
正月らしいコースを求めて東京方面へ。

あえて、あまり走らない道を選び西へ向かう。
IMG_6349
お風呂屋さんの裏。
こんな風景、今もあるんだね。

船橋港。
IMG_6350
正月は漁もお休みなのかな。

国道沿いをひた走り、江戸川の土手に出る。
IMG_6351
今日のお供はビアンキのクロスバイク。
先日購入したバイクは安かっただけあって、
やっぱりチョイ乗り用の域を出ないと判断。
自転車って値段なりなんだよなぁ。

江戸川土手は金八先生の世界。
IMG_6352
風呂屋の煙突とスカイツリー。
シュールな風景である。

目指したのはここ。
IMG_6355
柴又帝釈天だ。

前回のデ杯の際、
選手たちが必勝祈願に訪れたことでも分かる通り、
ここは勝利の守り神なのである。
もちろんワタクシもデ杯カナダ戦の勝利を祈っておいた。

参道は人人人でまともに歩けない。
IMG_6357
10mほど歩いたが、嫌になって戻った。

普段は静かな裏通りも車両通行止めになり屋台が並ぶ。
IMG_6353
屋台を眺め、正月気分を味わいつつ、帰路へ。

江戸川沿いを海まで下り、湾岸道路沿いから千葉方面へ。
3時間近く走り続けて若干めげつつも何とか帰宅。
50km弱の道のりだった。

いやいや、正月からいい運動したぜ。
ふう、疲れた・・・

カテゴリー: テニス, 自転車 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

届いたとか、行ってみたとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

年末、頼んでおいた荷物が届いた。

自転車である。
愛車のランボルギーニがとうとう壊れたのだ。

ギアチェンジは出来なくなり、ブレーキも効きっぱなし、
リムも歪んでいるらしく、まともに止まらない。
さすが廉価版の自転車。
ここまでもっただけで良しとしようって感じ。

他にも自転車を持っているのだが、
妻と共用の近場のチョイ乗り用はないってことで、
楽天で安い小径タイヤのクロスバイクを注文した。

待つこと数日、荷物が届いた。
IMG_6230
梱包の簡素さにちょっと驚く。
これも梱包と呼ぶのだろうか。
サンドイッチマンみたいだ。(例えが古い)

ハンドル部はこれだけ。
IMG_6231
プチプチシートを外すだけで荷解き終了である。

チェンジノブはシマノ製。
IMG_6270

ディレーラーもシマノだ。
IMG_6268
ここが購入のポイントだった。

ブレーキはよく分からない。
IMG_6272

ハンドル部にはZOOM ZOOMとシールが貼ってある。
IMG_6271
(マツダかっ!)

全体像はこんな感じ。
IMG_6265
コンセプトはナショナルチーム応援自転車である。
これで有明に行ったりはしないけど。

フレームに貼ってあるステッカーはすべて外して、
ステッカーチューンをする予定だ。

 

さて、そんな自転車の初乗りを兼ねて、
近所にオープンした巨大モールに行ってみた。
IMG_6291

さすがイオングループのお膝元だけあって、半端じゃない規模。
IMG_6275
自転車でも無いと回り切れないぞ。

実はひとつ目的が。
アクティブゾーンに新規オープンする同業他社さんの視察である。
IMG_6288
残念ながら休館日だった。
さすがに大晦日は休むらしい。(そりゃそうだ)

メインのグランドモールへ。
IMG_6292
広いなぁ。

巨大な本屋さん。(TSUTAYAの本屋さんらしい)
IMG_6295
マニアックな本も揃っているうえに、高級で落ち着いた雰囲気。

隣にはスタバも併設。
IMG_6296
休日、ゆっくり来るのに良いかもしれない。

2階に上がるとハワイアンな一角。
IMG_6302

カフェやら雑貨屋やら。
IMG_6304
いいね、この雰囲気。
ああ、ハワイに行きたいなぁ。
っていうか、ハワイに住みたい。

ガンダムカフェもあった。
IMG_6309

巨大なザクが。
IMG_6311
ちなみにワタクシ、全然ガンダム世代じゃないので興味無し。

大晦日だけあって人が多かった。
きっと年始も激混みだろう。
少し落ち着いた頃にまた来てみようと思う。

妻へのお土産のクロワッサン鯛焼き。
IMG_6314
本当は「ケーキ買って来て」と頼まれたのだが、
けっこう高かったのと並ぶのが面倒だったのでこれにした。
「イオンモール名物なんだって」と適当なことを言ったら、
「そうなんだ。美味しい」と言ってたから良しとしよう。

カテゴリー: 自転車 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

日の出とか、それぞれにとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

元日、暗いうちから自転車に跨がり走り出す。
初日の出を拝みに行くのだ。

東の空を振り返る。
RIMG0688
2014年の幕が開けようとしている。
さらにペダルを強く踏みしめ目的地へ。

ここ何年か初日の出を拝みに来ている海沿いの公園だ。
RIMG0702

日が昇るまでの数十分。
色んなことに思いを巡らせる。
家族のこと、故郷のこと、仕事のこと。
色んなことが山積み、そしてやりたいこともたくさんある。
プレッシャーもあったりするが、前に進むだけなのでむしろ楽しみ。

あらためて気合いを入れ、日の出を拝んだ。
IMG_6335
良い一年になるそうな気がする・・・
ではなくて、自ら良い一年にするのだ。
今年も楽しみだ。

 

さて、元旦もTEAM RECの面々はあちこちで活動中。
スクールでは大晦日も元旦もイベントを組んでいるし、
ウメダコーチは穂積絵莉プロの帯同で香港だ。
(休んでるのがちょっと心苦しい、ワタクシ)

年明け最初の試合となったHongkong ITF $2500の2回戦もストレート勝利。
江口選手と組んだダブルス2回戦も勝利である。
IMG_6344
練習から試合をみながら刻々と情報を送るウメダコーチも大変だ。

今回はトレーナーの先生も帯同してくださっている。
IMG_6323
2年前の全日本ベテランで連日、ウメダコーチの体をケアしてくれた先生が
今回は穂積プロのフィジカルケアについてくれている。
タフな試合が続くトーナメントにおいて、
とても心強いサポート体制であることは間違いない。

おそらくだが、こういうサポート体制を組める選手はそう多くない。
ツアー駆け出しの選手のほとんどがコーチをつけることも出来ず、
ひとり荷物を抱えて各地の大会に向かう。
いわゆる下積みである。

そこからランキングを上げ、ITFからWTAへと上部大会の出場を目指す。
上部大会はホスピタリティも充実しているから、ホテル、食事、
練習コート、メディカルケアも完備しているようだ。
つまり選手がプレーに集中出来る環境がより整っているということ。

どの世界にも明確なヒエラルキーが存在する。

バイクのレースだって、ワークスと呼ばれるバイクメーカーチームは
サーキット内の一番良い場所に大きなピットを陣取っているし、
次に良い場所に入れるのはセミワークスと呼ばれるメーカーのチーム。
プライベートチームはサーキットの外の小さなレンタルピットに陣取る。

ライダーもワークスライダーと呼ばれるスター選手は
チームのキャンピングカーでゆっくり休めるだろうが、
プライベートのライダーはバイクを降ろしたワゴン車に寝て
外の水道で顔を洗うのだ。

資金力に圧倒的な差があるから、マシンも違う。
ワークスのパーツはプライベートは手に入れられない。
レースは資金力であることをまざまざと見せつけられる。

しかし文句を言っても始まらない。
最終的にそこから這い上がるしか無い。

這い上がればスポンサーがつき、お金が回り、強いマシンが手に入る。
強いチームからも声が掛かるだろう。
それが勝負の世界なのだ。

テニスも同じ。
ランキングを上げ、上部ツアーに出る。
様々な環境が整っていく。
よりプレーに集中出来る。
とにかく上がっていくのみである。

穂積プロはグランドスラムの予選に手が届いた。
これが早いのか遅いのかは分からない。
ウメダコーチは「ようやくここまで来た」と言う。
一方、「でもまだまだです」とも言う。
「グランドスラム出場を記念にしても意味が無いですから」と言う。

すべてはこれから。
穂積プロとウメダコーチはまだまだ先を目指す。

だから、ワタクシたちは穂積プロと所属契約をしたのだ。
グランドスラムに何度も出場している選手ではなく、そこに向けて進んでいる選手、
その姿にワタクシたちのチームの姿を重ね合わせて一緒に前に進みたい。
TEAM RECの皆がそれぞれの場所で頑張っているとはそういうことだ。

元旦くらいはそんなことを考えるワタクシであった。
(いや、いつも心の奥には持ってるんすよ、ホント)

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

納まった?とか、香港とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

公式には27日で仕事納めって感じではあったのだけど、
予想通り、なかなか仕事が納まらず、30日まで出社。
IMG_6246
オフィスに着いたら、本社スタッフの男性陣はほとんど出社していた。
みんな、納まっていないらしい。

午前中、あれこれとダッシュで片を付けて
午後くらいからゆるゆると掃除。
強引に仕事を納めて、生ビール一杯だけ飲んで解散した。
今年もありがとうございました。

地元に戻って、そのまま釣り仲間と忘年会。
IMG_6247
思えば、もう20年来の付き合いだ。
あの頃はみんな独身で、毎晩釣り具屋に集まり、
ファミレスで遅くまでウダウダとコーヒー飲んでたっけ。

今はこうして集まる機会も減ったけど、
仕事が絡まない貴重な仲間たちである。
今年はもう少し釣りに行こうと思う。

大晦日、ゴールドジムも休み。
走り納めをしようと外に出る。

まだ暗い中、海沿いを走り出すと徐々に陽が登って来た。
IMG_6256

海岸沿いに出ると、富士山がきれいだった。
IMG_6258
写真だと見辛いけど。

何だかんだで10km。
IMG_6263
いい走り納めが出来たかな。

この休みは溜まったデスクワークと新年度の仕込みをしようと思う。

 

さて、そんな年末年始だが、選手たちに休みは無い。
全豪オープンに向けて旅立った穂積絵莉プロと梅田コーチは
香港のITF25000$に出場。
年明けにメルボルンに移動の予定である。

およそ3週間のツアー。
毎日、梅田コーチからレポートが届く。
IMG_6228
仕上がりも順調なようだ。
この日は日々万葉選手と練習したらしい。

シングルス初戦は青山修子プロとの対戦。
1545998_570273039716210_119485
ワタクシたちはライブスコアで応援。
スコアが変わるたびにドキドキで仕事にならない。

そして見事ストレートで勝利。
すかさず、「勝ったね!お疲れ様!」とラインでメッセージを送る。
梅田コーチから「ハイ、ありがとうございます」とすぐに返信。
便利な時代になったものだ。

昨日は江口選手と組んだダブルスも今西選手・波形選手ペアに勝利。
この大会で勢いをつけてメルボルンに乗り込もう。
IMG_6248
ガンバレ、絵莉!

しかし年跨ぎで試合とはプロって大変だな。
ほとんどオフって無いみたいだし。

そう考えると、帯同する梅田コーチも大変だ。
ウメ、家庭は大丈夫か?
毎日のレポートくらいマメに家に連絡しろよ。
(余計なお世話)

カテゴリー: テニス, ランニング, 仕事, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。