カレーとか、プレミアムとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

レック本社のWさんと外出の帰り、
オフィス近くに新規開店のカレー屋に行ってみた。
IMG_5050
安いし、美味いし、なかなかいい感じだ。

願わくばサラダをもう少しグレードアップして欲しい。
どうしてカレー屋さんのサラダってショボいのだろう。

しかしカレーって美味しいな。
年間360日食べても大丈夫だ。
前世はインド人かもな。

 

さて週末、レック・プレミアムキャンプが開催された。

プレミアムキャンプっていうくらいだから、
コーチもプレミアムなメンバーを揃えた。
当然ながらこれに参加したら上達しないわけはないという趣向。
ワタクシもプレミアムなカメラマン&雑用係で参加させていただいた。

当日は少し風があるものの素晴らしい天気。
DSC_7155
参加者の方々もテンションマックスである。

今回、アテンドさせていただいたプレミアムなコーチたち。

ナリタコーチ
DSC_3152
総合司会も兼ねているらしい。
独特のナリタワールドがウリ。

エグチコーチ
DSC_2364
テンションマックスが特徴である。

カナザワコーチ
DSC_2300
久し振りのアウトドアはカナザワコーチにとってプレミアムだったかも。

クリタコーチ
DSC_3251
イジワルなコースにプレミアムな配球をしていた。

オカノコーチ
DSC_2569
超論理的な組み立てのレッスンが得意技。

こんなプレミアムなメンバーが2日間じっくりお相手。

コーチに挑戦もあり
DSC_7286

ミニプライベートレッスンもあり
DSC_3281

DSC_3287
盛りだくさんの内容だったと思う。

そういえば、ワタクシもちょっとだけお相手させていただいた。
バックハンドローボレーをミス。
E3E2451F-6939-4015-91B1-74D6C3D1CCB2

センターを思い切り抜かれ。
466B6C52-4987-4E38-B34D-0DA6DAB5C228

助っ人にならなかったかも。
67A7E83-78DA-48C5-AE4F-332EDCD7D45C
申し訳ありませんでした。

最後は獲得ゲーム数が一番多かったプレミアムなチームを表彰。
DSC_7323
ご参加、ありがとうございました!

プレミアムなコーチたちで記念撮影。
DSC_7338
お疲れ様でした!

ちなみにワタクシ、今回は正式メンバーではなかったので
宿泊無しの2日間通いで頑張った。(泊まれば良かったな)

来年は「もっとプレミアムなキャンプ」でいこうってことになった。
ご期待くださいませ!

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テレキャスとか、トラウマラケットとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

楽器屋の前を通りかかった。
ちょっと寄り道。

テレキャスター、欲しいな。
IMG_4872
昔はストラトとかレスポールが好きだったけど、
ここ数年は何故かテレキャスが好きなのだ。

シャリシャリの音、キースリチャーズみたいな不良性に憧れるのか。
いや、たぶん軽いから・・・。
レスポールなんてもう重くて抱えてられないもんね。
って、年寄りか?オレは。

思えば、初めて持ったエレキギターはテレキャスターだった。
従兄弟に借りたノーブランドのヤツ。
ヘッドに刻印も無いし、ボディもペラペラだった。

エフェクターもファズのみ。
ラジカセのマイクジャックにケーブルを突っ込んで
無理矢理音を歪ませたのを憶えている。

でも、テレキャスターでKISSとかDeep Purpleのコピーは
今ひとつハマらなかったな。
あの頃はやっぱりストラトとかレスポールが欲しかったっけ。

あ、そういえばストラト、友達の家に置きっぱなしだ。
代わりにYAMAHA SG借りて来たんだっけ。
これでテレキャスター欲しいって言っても一発却下だな。
そもそも最近はギター弾いてないし。
ガマン、ガマンと。

 

さて、懐かしラケットである。
IMG_4003

YAMAHA 45
IMG_4005

ボルトで留められたブラスチックのブリッジが特徴的だった。
IMG_4006
これは飾りガットもついていた。

当時はこのヤマハマークがたくさん見られた。
IMG_4010

これは80年代後半に一世を風靡したラケット。
男性プレーヤーが使っているのはあまり見なかったが、
女性プレーヤー、特に主婦層に圧倒的に支持されたモデルだった。
公営コート、テニスクラブにはこのラケットを持った方がたくさんいた。

ワタクシ、この頃はコーチ駆け出しで右も左も分からないうえに
戦歴、実績、実力、人脈のどれも持っておらず(今も無いんだけど)、
一体この先どうなるのだろうと必死でもがいていた。

とにかく練習と数少ない知り合いのコーチを渡り歩き、
練習をつけてもらっては相手にならずに恥をかき、
セミナーを探しては片っ端から受講し、
レッスンでも今思えば赤面ものの理論を振り回していたような気がする。

そんなワタクシだから、コーチとしても認めてもらえなかったのだろう。
毎日のようにクラブに来る主婦プレーヤーの方々には
色んな意味でプレッシャーをかけられたっけ。

小さいテニスクラブだったので、人間関係も小さく閉鎖的で
誰がどうしたとか、あの人は気に入らないとか、
そんな声が嫌でも聞こえて来たりして、
結婚の先にあるのはこういうものなのかと
自分は一生独身でいようと心に誓ったものだった。

そんな下積み時代を思い出すこのラケット。
ある意味、ワタクシにとってはトラウマなラケットなのだ。
辛かったなぁ、あの頃。(遠い目)

カテゴリー: テニス用品, 未分類, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

研修とか、フォアハンドとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

厚木校へ巡回へ。
ちょうどフカダヘッドコーチが新人コーチの研修中だった。
IMG_5073
今日が初めての研修らしく送球法である。
立ち方、ボールピックアップ、ラケットワーク等、丁寧に教えている。

厚木校ではフカダコーチの研修に遭遇することが少なくない。
彼の研修は非常にマメで的確。
コーチとして必要な要件を外すこと無く伝えている。
自由参加の社内研修やコーチテストにも
熱心に参加しているだけのことはある。

スタッフさんのクオリティはヘッドコーチの鏡写しだからね。
そういう意味では、なかなかやるなのフカダコーチである。

そんな写真を撮ってみたら、フカダコーチもfacebookに倍返しアップ。
1378235_517242371699678_1713
「新人コーチにプレッシャーをかける本社Tさん」だって。
こういうところも抜け目が無い。

ちなみにフカダコーチのところに巡回に行くと
「どうしてボクがナイターに入っている日にくるんですか?」と言われる。
厚木でフカダコーチに付合って飲んだら帰れないからだ。

 

さて休日前、11歳児が聞く。
「土曜日、テニス出来ますか?」
テニスの話は何故か敬語なのだ。(苦笑)

ということで、コートを確保し早起き。
が、残念ながらのシトシト雨。
降ったり止んだりの微妙なライン。

「どうする?」と聞くと「やりたい!」と言う。
たしかにジュニアの試合は雨でもやるってことだし、
それも練習しておくかなってことでコートへ。

土砂降りではないが、しっかり濡れるような雨の中、
さっそく練習開始である。
IMG_5087

あっという間にボールが毛羽立ち大きくなる。
IMG_5088
11歳児も汗だか雨だか分からない状態に。
砂入り人工芝だから危険は無いが、正直ちょっとツラい。

そういえば高校の頃、土砂降りのハードコートで試合させられたっけ。
あれを思えばまだましか。

そんなバッドコンディションの練習だったが収穫もあった。
以前から崩壊中だったフォアハンドストロークが少し分かった。

原因は体の回し方。
テイクバックで状態をキッチリ回して深くテイクバックしていたのだが、
どうにもインパクトで打点が詰まるというか、体が回ってこない感じだった。

ということで、深く上体を回すのをやめて、腕から引き、
それに上体が引かれて捻られる程度にしてみた。
すると、インパクトでしっかり体が正面を向き、
スイングもスムースになった。

以前は体をキッチリ捻ってテイクバックし、
それを思い切り戻すイメージだったのだが、
どうやら戻し切れなくなっているようだ。(寄る年波?涙)

インパクトで体が正面に戻っていないと
スイングが詰まるのは道理。
だったら戻せる範囲までのテイクバックで良いってこと。
それが年齢によるものなのかは分からないが、
現状のコンディションで一番気持ちよく振れる方法がこれだ。

そういば、松原コーチが研修会で言ってたっけ。
「インパクトは正面向き。そして年齢とともに手打ちの要素が強くなります」

うむー、やはり年齢ってことなのか。
ちょっと何だなぁ。
でも、気持ちよく打ててるからいいか。

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

餃子とか、ギョウザとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

先日、北関東方面に行った。
IMG_4498
城を購入しようってプロジェクトのため・・・ってのはウソである。
餃子が食べたくなったから・・・ってのもウソ。

仕事である。
何の仕事なのかは内緒だけど。

ひと仕事を終え、帰る前に名物の餃子をたべて行こうってことに。
IMG_4504

駅前は何やら餃子テーマパークの様相。
IMG_4501

IMG_4506

IMG_4507

IMG_4505
なんだろ?ここ。(苦笑)

結局、駅の反対側の有名店で食べた。
IMG_4509

餃子にビール。
IMG_4508
たまんないね。
帰りの新幹線の時間が短過ぎて飲み足りなかったのはヒミツだ。

 

さて、それから数週間後。
今度は新宿の有名店のギョウザだ。
IMG_5328

焼きギョウザ、蒸しギョウザとメニューは色々。
IMG_5327

一緒なのは・・・
IMG_5329
穂積絵莉プロである。(隣は梅田コーチ)
昨年からRECがサポートする若手プロだ。

彼女とのサポート契約を結んでからもうすぐ一年。
区切りも良いという事で、来年の向けての打ち合せやら決起集会やらである。
将来の事、当面の目標の事、色んな話をしながらギョウザを楽んだ。

この一年、穂積プロを追って来たが、悔しい思いをしたり、
ITFトーナメント優勝というウレシイ思いをしたりだった。
ランキングも徐々にあがり、もう少しでグランドスラムである。

最後に店からくじ引きのサービス。
4等続出のワタクシたち。
が、穂積プロは違った。
IMG_5331
なんと一等を引き当てた。

さすがプロ、引き運が強い。
IMG_5332
さらなる飛躍を感じさせる穂積プロである。

一等は店内に名前が掲示されるらしい。
IMG_5337
ギョウザ屋でもサインするとは思わなかったろう。

そんな楽しいひと時を終え、穂積プロは遠征に旅立った。
IMG_5338
頑張れ!絵莉!

ちなみに穂積プロのお母様はこのブログを読んでくださっているらしい。
「過去の記事まで遡って読みました」だって。
ちょっと恥ずかしいぞ。

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

たこ焼きとか、導入!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

我が家のお手軽料理といえばお好み焼きである。
どうしてお手軽なのかというと、ワタクシでも作れるから。

キャベツをみじん切りにして、タネをつくって、
あとは適当に具をぶち込めばOKである。
ちなみにチーズと揚げ玉は定番。
ベビースターラーメンを砕いていれても美味しい。

先日、お好み焼きも飽きたってことで、たこ焼きに挑戦。
買い替えたホットプレートに
たこ焼き用のプレートがついていたことを思い出したのだ。

タネを作り、型に流し込み、タコを投入。
IMG_4975

ひっくり返す・・・はずが上手くいかない。
IMG_4973
型から上手く外れない。
皮を突き破りつつなんとかひっくり返す。

最終的にはソース&マヨネーズ&鰹節でカモフラージュ。
IMG_4974
うん、美味い!
お手軽レパートリーに追加である。

しかしひっくり返すの、何かコツがあるのかな。
やっぱり関西の人はたこ焼き屋さんみたいに手際が良いのだろうか。
誰かコツをご教授ください。

 

さて、我が家に新たなウェポンがやって来た。
っていうか、自分で持って来たんだけど。
IMG_5304

ストリングマシンである。
IMG_5307
会社のストリングマシンを数台入れ替えたために
お役御免になったマシンを譲ってもらったのだ。

最近、めっきりプレーをする機会は減ってしまったのだが、
新製品ストリングの試打や開発中のプロトタイプの試打やらは少なくない。
その度に満員電車にラケットを持ち込み、どこかのスクールで張り、
試打をしてまた持ち帰っていた。

加えて、11歳児がそろそろストリングを切るようになって来た。
彼のラケットを抱えて満員電車に乗り、
スクール巡回のついでに張らせてもらい、また電車で持ち帰る。

面倒だ・・・

ということで、家で張れればすべては解決というわけ。

まずはメンテナンス道具を揃える。
無水エタノール、ねじりブラシ、そしてマジックテープとパレットナイフ。
IMG_5309
ゲッ!2本セットだった。
1本でじゅうぶんなんだけど。

「ケーキでも作ってみたら」と1本は妻に進呈。
(ほとんど作ったことはないが)

マジックテープを両面に貼り、完成。
IMG_5198
これでクランプ(ガットを挟む爪)の汚れを落とすのだ。

ようやく準備完了。
いつでもOKである。

朝起きたら11歳が言った。
「ガット切れちゃいました。張ってもらえますか」

そういえば昨日の朝、頼まれてたっけ。
飲んで帰ったから張れなかったのを思い出した。

おそらく今日の練習で使いたいのだろう。
ということで、起き抜けにストリンギング。
IMG_5208
このマシン、少し型は古いがなかなか使いやすい。
ヘッドユニットは古くないのだし、しっかりテンションも出ている。

11歳児の部屋で場所を取っているが、それは仕方ない。
ストリングマシンが部屋にあるジュニア選手は
そう多くないぞってことでガマンしておくれ。

そんなわけでさらに便利になった我が家である。

カテゴリー: テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

3Dとか、アキバとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ヨドバシカメラで見つけた。
IMG_4857
3Dプリンタである。

デモをやっていたのだが、スゴイ代物だ。
まさに近未来のギア。

IMG_4856
こんな感じに構造物が出来上がっていく。
拳銃を造れてしまうのも分かる気がする。

欲しい。
でも、何を作るんだろう?
ルアーとか?
あとは?

イメージ湧かないな。
まだ必要ないってことか。

 

さて、最近このブログはテニス関係の話が多い。
tennis365netさんのブログだから当たり前のことなのだろうが、
以前は滅多にテニスの話が出てこないテニスブログだった。
それがテニスネタ満載の今日この頃。(クオリティは別として)

ということで、テニスじゃない話。

先日、秋葉原を歩いた。
あまり縁の無い街だが、ある意味「Cool Japan」代名詞のような街である。

まず目についたのが、チーバクンのバス。
IMG_4406
観光誘致というか宣伝らしい。

コインロッカーもアキバテイスト満載。
IMG_4408
妙にカッコいいぞ。

定番のメイドカフェのチラシ配り。
IMG_4409
ウチの販促もこういうカッコでやってみるか。(男性コーチが)

なんだかよく分からないものを売ってる店も。
IMG_4412
なんだっけ?これ。
ハンディ扇風機かな。

同じ店に売っていたキーボード。
IMG_4411
猛暑のせいなのか、鍵盤が波打っている。
買わないよねぇ。

マジンガーZ
IMG_4410
妙にカッコいいバージョンだ。
子供の頃、夢中になったっけ。

高架下を歩いていたら「初音」なる肉屋。
IMG_4413
昔から「初音」だったのか?
それとも初音ミクが出てから?
秋葉原だけに考えてしまう。

ガンダムカフェ。
IMG_4415
ガンダムってまったく興味が無かったというか、
全然かすっていなんだよなぁ。
年代が合わなかったのかな。

AKB劇場。
IMG_4417
楽曲は悪くないと思うが、誰が誰とかまったく興味無し。
メンバーには会わなくていいが、秋元康氏になりたいな。

しかし、不思議な街だ。
IMG_4418
まさに「電脳」という言葉がしっくりくるエリアである。

ということで、まさにCool Japanな動画を発見。

須藤元気、カッコいいぞ。

カテゴリー: PC, 街歩き | 投稿者Tameblo 06:02 | コメントは受け付けていません。

ビレバンとか、グリップとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ビレッジ・バンガードが好きだ。
以前、自宅から徒歩1分に店があり、
入り浸っていたのだが数年前に閉店してしまった。

そんなわけで、しばらく足が遠のいていたのだが、
先日、浦和校巡回の帰りに見つけ、寄ってみた。
IMG_4873

やっぱり何かと楽しいな。
で、買ったのがこれ。
IMG_4878
すっぱいまん(本じゃないのかよ)
一度買うと、しばらくハマり続ける不思議な干しウメ。
名品だ。

ビレバン、近所にまた出来ないかな。

 

さて先日、11歳児の試合があった。
この日はたまたまたお休みだったワタクシが連れて行った。
試合は公式戦ではなく、何試合も出来るランキング戦だ。

少しずつランクというかクラスを上げてきた11歳児。
以前のように楽勝全勝というわけにはいかなくなってきたのだが、
「今日は何位まで行けるかな」と上がることしか頭に無い様子。
おめでたいヤツである。

ワタクシ的にはランキングなどどうでもよく、
どんな試合、どんなテニスが出来るか、
そこから何を感じ課題とするかが大事だと思っているのだが、
やはり当人はランキングが気になるようだ。

ということで、試合開始。
IMG_4942
序盤戦から競り、互いに譲らぬ展開になるも、
最後は振り切られて敗退。
やはりそう簡単には勝てない。

試合後、こちらに来た11歳児。
「ペン、ある?」と言う。
ボールペンを渡すと、何やら書き始めた。
IMG_4947

「なにやってんの?」

「コーチに直されたグリップが分かんなくなっちゃって」

そういえば、フォアのグリップが厚すぎて
セミウエスタンに直されてたんだっけ。
どうやら敗因はフォアのグリップと思ったらしい。

ラケットを見せてもらった。
IMG_4950
グリップに手形を書いていた。(笑)
プレー中、いちいち手形に合わせられるわけなかろうと思うのだが、
彼なりに考えたことだろうからそれで良いのだ。

待ち時間もずっとフォアのグリップを握りっぱなし。
IMG_4951
バックも打つんだろうにと思うが放っておいた。

次の試合。
IMG_4965
競るもやはり負け。(バック、狙われてないか?)

戻ってきて、素振りを始める。
IMG_4955

「上手くいかないな」とブツブツ言いながら
ひたすら素振りをする11歳児。
(っつうか、グリップ戻ってるぞ)
IMG_4957
そんな低い打点で素振りしてるからダメなんじゃないのかな。
そこで打つならベースラインの遥か後方だぞ。

そもそものポジションが後ろ過ぎるのだ。
ベースラインから多い切り下がって打ち続けたって、
相手をワイドに振るのは無理だし、ボールの威力も出ない。
ということで、ポジションと打点のみアドバイス。

しかし、そのかいもなく試合は全敗だった。
全敗は初めてじゃないだろうか。
今にも泣き出しそうな顔で言う。

「コート借りてもらえませんか?」

「えっ?でも夕食が・・・」

「練習したい」

「うーん、じゃあ空いてたらね。聞いておいで」

空いてた・・・

ということで、誰もいなくなったコートで反省練である。
IMG_4971
まあ、やる気があるのは良いことである。
色々感じて成長して欲しいな。

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

読んだとか、ジャパンオープンその他2とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

以前から気になっていた本をようやく読んだ。
bkkei
不格好経営―チームDeNAの挑戦

DeNAの創設者、南場さんの著書である。

とても面白かった。
以前、何度かTV番組やネットで彼女の話を聞いていて
とても面白かった憶えがあるが、それ以上にこの本は面白かった。

南場氏はいわゆる才女。
一流大学を出て、マッキンゼーで大前研一氏の部下だったというから、
絵にかいたようなエリートだ。

その彼女が溢れ出る思いを押さえきれずにコンサルタントから経営者へ転身。
言うとやるとは大違いの現実と戦いながら会社を創っていく。

ポイントは彼女の周囲に有能な人物が集まってきていること。
虚勢を張らず、弱みも見せ、周囲を信頼し、任せる(頼る?)。
ブラックボックスを作らず、スタッフに対し透明性を保つ。
そんなところに優秀なブレーンが集まるのかもしれない。

トップである彼女の意思を汲み、
社内に浸透させていった幹部も素晴らしいし、
幹部たちが納得してそれを伝え、動ける意思決定をする
南部さんが読み取れた。

幹部がトップの意思決定に
「どうしてそんなことを言い出した?」
「よく分からないけど、仕方がない」
では絶対に上手くはいかない。

押しつけではなく皆ととことん話し合うこと。
その結果決まったことに向けて全員で走る。
そんなチームでありたいなと思った次第である。

 

さて、楽天ジャパンオープン、選手の使用ギアを見るのも楽しみのひとつ。

圭のシューズ。
Exif_JPEG_PICTURE
アディバリケード8だ。
以前はアディゼロも履いていたが、
このところはアディバリケードが多いような。

カラーは特注。
これとは違うカラーも履いていた。
ウェアと合わせてるのかな。

メルツァーはアディゼロ。
Exif_JPEG_PICTURE
カラーは特注・・・なのかな。
分からない。

ラオニッチはニューバランス。
DSC_1720
見たことが無いタイプ。
日本じゃ売ってないのかな。

アルマグロはウェア、シューズともにロット。
DSC_2004
フェレールもロットだったっけ?
ロットはイタリアのブランドだけど、スペインにも強いのかな。

アルマグロのツアーケースには国旗と「NICO(Nicoras)」のプリント。
DSC_2062

ドディックはアシックス。
DSC_1734
ゲルソリューション・スピードかな。
ワタクシ的にも今いちばん気になっているモデルだ。
欲しいなぁ、これ。

ソックス、ウェア、リストバンドのロゴはどこのメーカーだろう。
見た事が無い。

デルポトロのラケットは2世代前のWilson [K]FACTOR。
DSC_1933
なんでも彼はこのカラーリングに尋常じゃない拘りがあるらしい。
ウイルソンさんも複雑だろうなと思う。
ちなみにカラーリングだけのペイントジョブではないとか。

修造さんのシャツはいつも派手。
DSC_1840

欲しいな、こんなレンズ。
DSC_1974
100万円近くするのかな。

センターネットっていわゆる紐で出来た網じゃなくて、
樹脂製のネットっていうか格子なのね。
DSC_1788
知らなかった。
ATP WORLD TOURのロゴがどっちからも
キレイに見える理由がやっとわかった。

オフィシャルスタッフのFILAのウェア、なかなか良かった。
DSC_1835

試合の合間にはTシャツプレゼント。
DSC_1854
エアーガンでバシュン!と打ち上げる。

ガンを向けた方向の客席がブワッと盛り上がるのは
打つ方は気持ちが良いのだろうな。
DSC_1861
ちなみにこの二人とも知り合い。
最前列にいたので、「こっちに打って!」と頼もうかと思ったが、
そんな至近距離で打たれたら怪我をするに決まっているので
グッとガマンした。

そんなこんなでジャパンオープンも終わってしまったが、
今度は全日本選手権だ。
今年から規模も縮小らしいが、日本一を決める大会には違いない。
有明のトーナメントシーズンはまだ続くのだ。

カテゴリー: テニス, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

残念とか、ジャパンオープンその他とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

KISS日本公演。
IMG_4934
行きたかった。
自宅から歩いて行ける会場でライブなんて、
初来日の時、福島から夜行列車で武道館に行ったのを思えば
夢のような事だったのにチケットはあっという間に完売。
重ね重ね残念である。

 

さて、楽天ジャパンオープン、あれやこれやのスナップである。

芝部広場中央にはステージがあり、様々なイベントが行われる。
試合後、誰かが歌っていた。
IMG_5054
誰かは分からない。(申し訳ない)

土曜日もライブをやっていた。
IMG_5096
小雨まじりで可哀想だった。

会場内でコロナガール(勝手に命名)がビールを売っていた。
RIMG0257
ちなみに今大会、ワタクシは一杯たりとも飲まなかった。
エラいぞ、オレ。

コロシアム前の駐車場。
IMG_5089
駐車券があったのでここに停められた。
とても便利だった。

マッチボックスって何?
IMG_5169
どうやら選手関係者席らしい。

トロフィーと選手のサインが展示してあった。
IMG_5137
欲しいな、これ。

外ではビーチテニスの公式戦。
IMG_5136

コロナビールがスポンサー。
IMG_5026
メッチャいい感じのテラス。
コロナ、飲みたかったな。

メーカーブースでは様々な催しが。

ウイルソンブースでは圭のサイン会。
IMG_5007
予告無しのシークレットイベントだったので
立ち会えた人はラッキーである。

ゴーセンブースではストリンギングサービス。
IMG_5099
張人が張り上げてくれる。
あ、ちなみにワタクシも張人です。

プリンスブースにはイズナーの等身大パネル。
IMG_5129
本当に大きい。

シンプソンブース。
IMG_5115
何かとお世話になっているクサカさん。

プラチナシートはお土産付き。
RIMG0337

ピンバッヂもついてた。
RIMG0338

とまあ、盛りだくさんのジャパンオープンだが、
長くなったので続きはまた。

カテゴリー: テニス, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

別れとか、惚れたとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

送別会があった。
仲間が会社を去る事になったのだ。

ワタクシはまだこの会社では新人に毛が生えた程度だが、
長らく中心的な場所で活躍していた人材が退職することになった。

彼とはワタクシが前職の頃からの知り合い。
スクールを見学させてもらったり、
飲みに行ったりの付き合いだった。

そして一緒に仕事をするようになった・・・
はずなのだが、残念ながら袂を分かつことになる。
考え、生き方、方向性、色んなことを考えての決断であろうから、
色んな人が何度か話はしたが、止めるべくも無かった。

そしてとうとうその日。
送別会が開催された。
IMG_5043
彼について来たスタッフ、育てられたスタッフもたくさんいる。
そんな人たちがたくさん集まって、
笑いあり、それ以上に涙ありの会になった。

現場の真ん中にいる人間が去ることは会社にとっても残念なこと。
正直、組織にだって、残念以外にも色んな思いがある。
しかし彼が去る事だけにフォーカスし、ネガティブな感情を持つのではなく、
これまでしてくれた沢山のことに感謝し、エールを送ろうということ。
それがTEAM RECの度量である。
IMG_5047

また一緒に仕事をする機会があるのか、
ライバルとして切磋琢磨出来るのか、
どんな縁に発展するかは分からないが、
頑張って欲しい。

ワタクシもあの辛口で
「流してませんか?ダサいっすよ」
と言われないように頑張りたい。
また会おう。

 

さて、楽天ジャパンオープン準決勝の日、
二度目の観戦のチャンスに恵まれた。

この日の席はサイドライン側最前列。
DSC_1682
プラチナシートという席らしい。

本当にコートが目の前。
DSC_1683
セミナーでは何度も入った事があるが、
トーナメントでは初めての席である。

第1試合はラオニッチ対ドディク
DSC_1711
デカいな、ラオニッチ。

ワタクシ的にはノーマークだったドディク。
DSC_1730
客席からはかなりの声援。
人気あるのね。

サービスは全身バネ状態。
DSC_1739
うむー、羨ましい。

ラオニッチはビッグサービスを軸にそつのないプレー。
DSC_1779

叩くダブルハンドとスライスの使い分けが絶妙。
DSC_1780
スライス、ほとんど弾まないのね。

試合はラオニッチが勝利。
DSC_1823
昨年に引き続いての決勝進出だ。

第2試合は待ってましたのデルポトロ対アルマグロ。
DSC_1862

DSC_1864
グランドストロークのしばき合いに期待。

試合は期待通りの展開に。

デルポトロのサービスが炸裂。
DSC_1993

アルマグロのストロークも爆発。
DSC_1951

キッチリ構えた時のデルポトロのフォアは一撃必殺。
DSC_1996
さすがトッププレーヤーである。

アルマグロもスーパーショット連発で食い下がるが、
2セットともタイブレークを落としてしまい、デルポトロの勝利。
DSC_2054

しかしアルマグロのストロークはスゴい。
DSC_1887
勝負どころでのガン打ちは絶品。
もう、ため息しか出ない。

特にバックハンドには完璧にやられた。
シングルハンドのワタクシにとっては理想のバックハンドである。
あんなバックハンドが打てたら人生変わってただろうなって感じ。
DSC_1959
惚れたぜ!

ということで、グランドレベルのシートだったので、
正直、配球はまったく分からずだった。
DSC_2129
しかしトッププレーヤーのショットをかぶりつきで見られたのは収穫。
明日からきっとアルマグロばりのバックハンドを打つであろうワタクシである。
(ホントか?)

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。