蕎麦屋とか、張り替えとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

「日本一、美味い蕎麦屋に行きましょう」と言う。
DRKさんである。

商談の帰り、蕎麦屋に連行された。
IMG_9201

そして、「けんちんうどんを頼んでください」と言う。
蕎麦屋に誘っておいて、うどんを頼めとは訳が分からない人だ。
IMG_9200
が、たしかに、けんちんうどんは絶品。
あっさりしつつ深みのある、何とも言えない味わい。

けんちんうどんを食べたのは人生において何度も無いので
比較のしようもないのだが、たしかに美味しかった。

そしてDRKさんは、昼から冷や酒を煽っていた。
IMG_9198
DRKさんは取締役なので「昼から日本酒はまずいんじゃないですか」
とも言えず、黙って見守っていたワタクシである。
(ウソです。お冷やです)

ちなみにこの後、本社に戻ったワタクシ。
ボスの「腹減ったなぁ。ラーメンに行こう」とのお誘いに
「ボク、もう食べちゃいました」とも言えずに
ラーメンを完食したのはヒミツである。

ふう・・・お腹いっぱいだぜ。

 

さて、久し振りに12歳児の練習についていった。

MacbookAirを膝に乗せ、仕事をしながらちょこちょこ観察。
ショットは悪くないのだが、時折、決め球がフケ上がる。
もしかしてとラケットを見せてもらうと、ストリングが死にかけている。

「これ、ガットダメだわ」と言うと、
「張り替えてもらえますか?」と12歳児。

「1本でいい?」と言うと「2本お願いします」と言う。
うーん、帰ってビール飲もうと思ってたんだけど。
IMG_9126

火曜日の練習に使いたいというので、チャンスは今日だけ。
ビールを我慢して張り上げる。
IMG_9128

張り上げ途中にストリングが絡まる。
IMG_9127
12歳児のツアーケースについている
帝釈天の勝ち守りに絡まっていた。
勝利のお守りに好かれるのは良いことである。

ということで、グリップテープも巻き替えて完了。
IMG_9129
これから先、長男も12歳児もバシバシとガットを切るようになるのかな。
いっそのことストリンギングを教えたほうが早いかも。

そういえば、張りの様子をFacebookにアップしたら
ゴーセンのトミオカさんから「張りにいきましょうか?」とのコメント。

とんでもない。
ナショナルチームのストリンガーに張っていただくような
レベルじゃございませんです、ハイ。

カテゴリー: テニス用品, ファミリー, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:33 | コメントは受け付けていません。

PLAY+STAYとか、プリンス・グラファイトとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

近所の小学校でテニスの授業。
年に数回だけだが、もう何年にもなる。
長男が卒業し、12歳児も来年卒業だから随分前からだ。

お手玉や生け花、バドミントンやタグラグビーなど、
子供たちが様々な種目から自分の受けたい授業を選ぶ。

今回もテニスは満員。
いつもありがとう。
IMG_9063
体育館という場所と全員がほぼ初心者という条件なので、
当初からPLAY+STAY的な手法を取り入れている。

ここ数年で、PLAY+STAYが日本に入ってきて、
画期的で新しい教え方のように言われているが、
このような手法、すでにやってるコーチは
実は少なくなかったんじゃないかと思う。

ワタクシも20年くらい前から、イベントで一日だけのレッスンなどは
段階的導入ではなく、今で言うP+Sの方法論でレッスンをしていた。
「イチ、ニー、サーン」の素振りじゃ、その日だけのお客様は
飽きてしまうと思っていたからである。

PLAY+STAYの面白く深いところは、それが初心者だけでなく、
選手レベルのスキルアップにも流用できるところ。
このあたりは竹内映二プロのセミナーを受講して目からウロコだった。

一方、いまだに「PLAY+STAYでは、コーチは教えないこと」
との誤解が多いのも事実。
何も教えないのに生徒が勝手に上手くなるようなプログラムなら
ワタクシたちコーチはあっという間に失職である。

むしろどのように導くか、コーチの力量ががより問われる
難しいプログラムだと思う。
スマッシュ誌でおなじみの神谷コーチなどは、
このあたりの誤解を解きながら、全国を精力的に回っておられる。
指導者の方はぜひ一度受講されると良いと思う。

ということで、この日も初心者ながらも
カラーボールでゲームが出来るところまで持っていけた。
みんな楽しそうだったし、良かった良かった。

このテニス教室、12歳児が卒業したら、お役御免となるかというと
「地域の方を先生に迎えて」という主旨だから、そうでもないらしい。
お座敷が掛かるうちが華だし、頑張るか。

 

さて、シューズにかなり力の入っていたプリンス展示会だが、
ラケットの方も衝撃的な発表があった。
IMG_9167
はい、これ。
そう、プリンスの名機グラファイトが24年ぶりにリニューアルである。

 

プリンスグラファイトといえば、近代テニスの象徴のようなラケット。
あのビッグフェイスとグラファイト素材は間違いなく
その後のテニスを変えたと思う。

また、「P」マークがやたらとオシャレで、
ポパイやホットドッグプレスの西海岸特集なんかには、
UCLAのジョギングパンツはいてスケボーに乗る
サーファーのお姉さんがプリンスラケットを抱えていたものだ。

とはいえ、当時はやたらと高かったプリンスラケット。
グラファイトなんぞはいつまで経っても高嶺の花だった。

 

そんなプリンス・グラファイトがリニューアル。
IMG_9169

基本的なフォルムは変わらないようだが、
大きく進化した部分がこちら。
IMG_9170
J-PROシリーズと同じく、
ダイナミックブレイデッド with TPテクノロジー搭載である。
これにより、グラファイト独特の打球感が
よりクリアに快適になっているとか。

いずれにしても、トラディショナルモデルの代表格のような
グラファイトに新しいテクノロジーの搭載は非常に期待大である。

 

そして隣にはグラファイトらしからぬカラーリングの1本。
IMG_9173

こちらもグラファイトなんだそうだ。
IMG_9171
どうも特別限定版カラーらしく、数も少ないらしい。
最近、各社とも限定バージョンが多い。
ワタクシのような新しモノ&限定好きにはたまらない状況である。

ちなみにグラファイトはケースも高級。
IMG_9177
レザー風のケースがついてくる。

ああ、打ってみたいぞ。
グローグライドさん、試打会やりませんか?
または1本貸してください。
梅田コーチと一緒に試打します。

やはりグラファイトは永遠の憧れである。

そうそう、会場で宮村美紀プロに会った。
「久し振り。いつも穂積プロがお世話になってます」と言うと、
「私、ためブロ読んでますよ」だって。
変なこと書けないな・・・

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

宿題とか、パーティーとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

朝、ランニングを終えてシャワーを浴びる。
どこからか声が聞こえて来る。

「祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響きあり・・・」

「沙羅双樹の花の色。盛者必衰の理をあらわす・・・」

なんだ?
12歳児の学校の宿題らしい。

「何やってんの?」

「音読」

「宿題?」

「うん」

「なんで今?」

「ハンコをお願いします」

「自分で押していいよ」

「それはダメだよ」

そういうところは妙にマジメな12歳児である。

次の朝、PCに向かって仕事をしていた。
あと10分で出なければ。
その前にメールを1本。
結構タイトな状況である。

「祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響きあり・・・」

また始まった。
着替えを取りにクローゼットへ。
後ろからついてきて読み進める12歳児。
音読カードとペンとハンコをセット持っている。

丸をつけて、ハンコを押す。
出掛けのバタバタが加速してしまった。

一緒に家を出る。
エントランスで12歳児が言う。

「朝って忙しいね」

「オマエのせいだよっ!」

どうして前日にやっておかないのだ?
前の晩、犬たちとまったりしているヒマはあるのに。
IMG_9203
しかし妙に馴染んでいる3人だな。
とにかく宿題は前日に頼む。

 

さて七夕の日。
パーティーにお呼ばれ。
IMG_9139

こちらの団体の七夕パーティーである。
IMG_9144
主旨は協賛企業との懇親会らしく、
我がレック興発も賛助企業になっているため
招待いただいたということらしい。

女子連といえば、全国レディースをはじめとして多くの大会を運営し、
全国に多数の女性テニスプレーヤーを会員として擁する巨大組織。
ワタクシもコーチ駆け出しの頃から、主婦プレーヤーの皆様には
何かと鍛えていただいたというトラウマ・・・じゃない思い出がある。

さすが大きな団体だけあって、ほとんどのメーカーさんが出席されていた。
IMG_9141
写真は挨拶をするHEADのK林さん。

幹部の皆様もそうそうたる顔ぶれ。
IMG_9142
ただ、ワタクシはあまりお付き合いがないのと、
当然ながら先方もワタクシことなど知るわけも無いため
どこでどう振る舞って良いやら微妙な時間を過ごした。

そんなパーティーを終え、渋谷の街へ。
恒例の「もう一軒」である。
IMG_9145
テニス協会の偉い方、メーカーの偉い方に囲まれ、
どこでも偉くないワタクシはただただ頷きながら
お酒を飲み続けたのだった。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

人形町とか、プリンス新製品シューズとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

まだ日も落ちぬ人形町。
IMG_9187
焼き鳥 十五
知る人ぞ知る名店らしい。

美味い。
IMG_9189
ビールは瓶だけだが、グラスもキンキンに冷えていて美味しい。
サラリーマンが入れ替わり立ち替わりの人気店である。

釣れてきてくれたのはこの方。(左端)
IMG_9190
リエゾンテニス代表のイシカワ氏。
彼と飲むのも久し振りである。

相変わらずのパワー。
経営者ならではの色んな話を聞かせてもらえた。

ハイボールをグイグイといっていたイシカワ氏。
次の日、セミナーで会ったら、体調を崩していた。
飲み過ぎです。(苦笑)

またお願いします。

 

さて、どうして人形町で飲んだかというと、ここである。
IMG_9150
プリンスさんの展示会だったのだ。

毎回、地下鉄の駅を出てからしばらく道に迷うのだが、
今回こそはすんなり会場へと意気込んで出掛ける。
が、すんなりどころか、地図が載った案内状そのものを無くしていた。

かろうじて、ビルの名前を覚えていたので、
Yahoo!地図で検索、ナビを頼りにたどり着く。
地図アプリ、超便利である。

いつもの展示会場なのだが、今回は少しレイアウトが違った。
IMG_9151
今までは入ってすぐのコーナーは新製品ラケットなのだが、
今回はちょいと違う。

新製品のシューズがズラリ。
IMG_9154
今回、ラスト(足型)も完全リニューアルでの登場である。

テクノロジーも、アッパーの素材を一体成形にし
前足内側の補強部の厚みを増し、パーツを当てずに
柔軟性を損なわない構造にしたりと、
さらに進化したつくりなっている。

踵部内部もこれまでよりも厚みを減らし、
足入れをした時の一瞬の柔らかさよりも、
プレー時を継続的なホールド感を重視したそうだ。

こちらは、オムニクレーモデルのソール。
IMG_9165
ドットの大きさが不規則なのがわかるだろうか。

ドット(スパイク)の大きさ、高さを変えることで、
ストップ時、踏み込み時にスパイクが接地するタイミングを変え
よりグリップ力を増すように設計されたとのこと。

こちらはオールコートモデル。
IMG_9166
母指球部のパターンをターンしやすいように
斜めにするなどの工夫もされている。

そんな新しいテクノロジーが詰まったニューモデルがこれ。

TOUR PRO Z AC(オールコート)13,800円
IMG_9156

TOUR PRO Z CG(オムニクレー)13,800円
IMG_9161

剛性の高そうなヒール部が期待大。
IMG_9163

ワタクシも履いてみたが、
タイトフィットな仕上がりになっているとの割には
不必要な圧迫感はなく、足と喧嘩しない履き心地である。
アッパー素材の工夫がきいているのだろう。

こちらはライトモデル。

TOUR PRO LITE AC(オールコート)12,800円
IMG_9158
価格からも分かるようにライトスペックな廉価版ということではない。
アッパー素材などをシェイプアップしてシューズ重量をライトにしたもの。
機能的に落ちることは無い。

TOUR PRO LITE CG(オムニクレー)12,800円
IMG_9164

こんなシリーズも。
IMG_9159
レディースモデル。

インナーのデザインもカワイイ。
IMG_9160

いつもはラケットから始まる展示会場が
シューズから始まるという力の入れようが納得の
プリンスのニューモデルシューズたちだった。

今年からシューズ担当になったプリンスのプリンス、カッキーも
かなりの気合いだったから、間違いないだろう。

カテゴリー: テニス用品, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

終了!とか、スッキリとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

テニスクラシック・ブレーク8月号
IMG_9133
担当させていただいていた技術解説連載が終了した。
1年間の約束で引き受けさせていただいのだが、
大変だったり、勉強になったりと貴重な経験をさせてもらった。

関わって下さった担当者さん、
協力してくれたレックスタッフの皆に
心から感謝申し上げる次第です。

そして目を通してくださった読者の皆様、有り難うございました。
また機会があれば、どこかでお会いしましょう。

次なる企みは、REC-TVの再開である。
何かと忙しくて間が空いてしまったが、近々放映したいと思う。

ネタはたくさんあるし、ユル系のテニスバラエティーはやっていて楽しい。
次は穂積プロにも出演してもらいたいな。
ツアースケジュール次第だが、ぜひ実現させたい。

ということで、まだまだあれこれ暴れるつもり。
期待しないでお待ちください。
(え?期待してない?そうですか)

 

さて、もはや夏の陽気である。
我が家のCooさんとCocoさんもダレダレ。
IMG_9121

フローリングが涼しいのか、床にペッタリしていることが増えた。
IMG_9074

こっちはダイニングカウンターの下。(足の出演は12歳児)
IMG_9071
犬って汗かけないから大変だな。

ということで、さっぱり夏らしくということで
2匹をトリミングに出した。
IMG_9080
我が家は人間も犬も「ありの〜ままに〜」って感じで
トリミングにも滅多に出さない。

短毛なのでブラッッシングである程度済んでしまうのだが、
さすがにお尻のあたりがボサボサになってきたので
夏を前にサッパリしてもらおうということである。

というわけで、お尻周りもサッパリのCooさん。
IMG_9073

プリンと丸いお尻になったCocoさん。
IMG_9077
やっぱり、トリミングすると違うのね。
駄犬が少しだけ育ちに良さげに見える。

きれいになったので、散歩の途中で写真撮影を試みる。
IMG_9094

いくら呼んでも、まったくこちらを見ないマイペースな二人。
IMG_9091
やっぱ、駄犬だわ。

カテゴリー: テニス, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

願い事とか、付き合いとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

マンションの七夕飾り。
IMG_9097
毎年恒例の行事である。
子供も大人も願い事を書いて下げる。

妻が、12歳児はどんなことを書いたのだろうと
短冊を眺めていたら「○○死ね」と書いたものがあったらしい。

そこには実名で先生の名前。
誰が書いたのかもすぐに分かった。
他の子たちが見たらと思い、外したそうだが、
とても残念な気持ちになったそうだ。

まだ子供なのに他者に対してそんな思いを持つなんて。
いや、子供だから深く考えないで書いたのかな。
いずれにしても、恨みという負のパワーを持ち続けて
彼が成長していくのかと思うと淋しい。

誰でも色んなことがあって、色んな思いをして、
その中で許せないことも、許せない人もいるだろう。
それを忘れろとは言わないが、マイナスの方向を見て
生きていくのはとても疲れるんじゃないかと思う。

自分に被害や危険が及ぶなら戦うことも必要かもしれないが、
そうでなければ、自分とは合わなかったんだなと思って、
そっちを見ずに、今を一所懸命生きれば良いのに。

どうしてわざわざ負の感情の方向を見ながら生きるのだろう。
それって人生の無駄遣いにしか思えない。

 

そりゃ、ワタクシだって頭に来ることもあるし、
ふざけるなよと思うこともある。
非ぬ攻撃や誹謗中傷にさらされることもある。

しかしそんな音(あえてそういうものは声でなく雑音である)の
方向を向いて暮らしていたら、不快になるだけで、全然面白くない。
関わらなきゃいいのだと思うようにしている。

短冊に彼が書いた言葉、それを書かせた思いが自分のためになるのか。
いつか気付いて欲しいなと思った。

ちなみに12歳児のお願いは「絶対合格!」だったそうだ。
志望校を書いていないところが、まだこれからって感じだ。(苦笑)

 

さて先日、V社のK女史と、プロショップ・ラフィノクニヒコと飲んだ。
IMG_9060
K女史と飲むことは少なくないのだが、
開口一番「久し振りに飲みますよね」と言われた。
確か先月、ゴルフの帰りに飲んだはずなんだけど。

もともとこの日は、クニヒコと約束していた。
ラフィノさんから購入したミサンガのお金を払っていなかったのだ。

そこにたまたまK女史から電話。
「たまには飲みませんか?」ということで、一緒にとなった。
しかしK女史、どんだけ飲みたいのだろう。

なんだかんだ色んな話をしながら、結構飲んだ。
方やメーカーさん、方やショップさん、そしてワタクシはスクール屋さん。
それぞれ立場は違うし年齢も違うが、それだけにいつも勉強になる。

IMG_9062
(ちなみにこの塩焼きは39円。安っ!)

思えば、この二人とも長い付き合い。
そしてワタクシが仕事を辞めた時も、変わらず付き合ってくれた。

結局は所属先や肩書きじゃないのだ。
人として、仲間っていうか、同志っていうか、
互いを認められるから付き合えるってことなのだろう。
ありがたい繫がりだなと思う。
感謝。

22時過ぎにお開きにして解散。
直後にK女史からメール。
「今日は早い解散でしたね!」

う〜ん、どんだけ飲みたいのだろう。(苦笑)

カテゴリー: ファミリー, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

車欲とか、実使用機とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

近所で見かけた。
IMG_8896
HONDA NSX

1989年発売。
2シーター、ミッドシップ、後輪駆動のスポーツカー。
価格なんと800万円。
バブル期の象徴のような車である。

懐かしいな。
景気の後退とともに、この手の車がどんどん減り、
ワゴンやミニバンなどの機能重視の車が街に溢れていった。

世間がバブルで浮かれまくっていた頃、
人生で一番の極貧期だったワタクシだが、
当時、この車を運転したことがある。

どうしてなのかは、ここには書けないのだが、
首都高の路面に吸い付くような乗り心地に
さすが高級スポーツカーだなぁと思ったものだ。

ガソリンスタンドでは若い店員が
「こんな若造がなんでNSXに」という
顔をしてフロントガラスを拭いていたのも印象深い。
懐かしの1台である。

 

そんなわけで、最近ちょっと車を買い替えたい病だ。

今の乗っている車も気に入っているのだけど、
やはりトラックベースの逆輸入者。
IMG_8720
エンジン音やロードノイズはランドクルーザーとは比べようも無い。

やっぱりランクルがいいなぁ。
でもまた盗まれるのは嫌だしなぁ。
200が欲しいけど、さすがに買えないか。
じゃあ、100よりはシグナスがいいかな。
なんてことを夢想しつつ、中古車サイトをチェックしている。

あと、こんな車も気になっている。
vwt201
フォルクスワーゲンT2

いわゆるワーゲンバスである。
この車、オールドな稀少車ばかりと思われているが、
実は現行で新車も製造されている。

この写真のタイプが最終型だそうで、
ワーゲンバスを手に入れる最後のチャンスらしい。
エンジンが水冷になっていてフロントグリルがちょっと可愛くないが、
ワーゲンバスの雰囲気は維持している感じ。

これに色んなものを詰め込んで旅行に行ったら楽しいだろうな。
って、そんな時間があるのかって気もするけど。

あ、でもこれじゃボートを引っぱれないないか。
IMG_7590
やっぱり四駆系になっちゃうのか。
リカーン・ナビゲーター、キャデラック・エスカレードもいいね。
(注:買えません)

カーマニアではないが、色んな夢想が広がるのが
車の楽しいところだと思う。
誰かランクルくれませんか。

 

さて、穂積プロから会社にプレゼント。
DSC_2592
本人使用モデルのラケットである。
ラケット入れ替えで要らなくなったものをいただいた。

Prince Black100T
DSC_2593
Jフレームである。

スロートには本人の名前が入っている。
DSC_2595

バンパーはかなりすり減っている。
DSC_2600
プレーの激しさが分かる。
満遍なく削れているので、ラケットの裏表は決めないタイプなのかな。

ストリングはハイブリッド。
DSC_2596
弾いてみたが、けっこうボヨンボヨン。
緩んでいるのだろうが、元々は何ポンドなのだろう。

フレームサイドにステンシルインクの撥ねあとが。
DSC_2597
アバウトなのは穂積プロか、梅田コーチか。
どっちなのだろう。

グリップにサインを入れてくれた。
DSC_2594
サイン、変わったのかな。
以前は「Eri」ってだけのとっても簡単なサインだったけど。

何にしても貴重な1本。
ありがたく会社に展示させていただいた。

8月に入るとUSオープンに向けてツアーに出る穂積プロと梅田コーチ。
グランドスラム挑戦4大会目、そして今年最後のグランドスラムだ。
本戦への戦いは本当にタフだが、突き抜けて欲しい。

本戦にストレートインのところまで来たら、現地に応援に行きたいな。
ガンバレ!

カテゴリー: クルマ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

もう一軒とか、ゴルフとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

仕事帰りにボスとDRKさんと飲んだ。

正確には仕事の終わらないワタクシに「じゃあ、オレたち飲みに行くから」
と見捨てて飲みにいってしまったボスとDRKさんに無理矢理合流したのだけど。

いつもの寿司屋で飲んで店を出る。
ボスが帰り、ワタクシたちも「じゃあまた」となったのだが、
そこから少し話し込む。

そうか、まだボクと一緒にいたいんですねと、
DRKさんの心境を読んであげた優しいワタクシ、
「仕方ないなぁ。もう一軒だけですよ」と誘ってあげた。
IMG_9025
何度か一緒に行ったことのあるバーで
あれこれ話しながら飲んだ。

ご存知の方もいると思うが、DRKさんは数年前、
くも膜下出血で倒れ、生死の境を彷徨った。
誰もがもうダメか、戻ってきても以前のようには・・と思った。

しかし色んな幸運・強運、そして本人の努力、
周囲のサポートでDRKさんは戻ってきた。

復帰後暫くは悩むことも多かったようだが、
今は普通にメッチャ元気である。
仕事も細かく(細か過ぎるところがあるけど)、
とても精力的にこなしている。(煽られちゃうんですけど)

酒量は以前よりも押さえ気味にしているようだが、
こうして2軒目に行くほどである。

倒れた日、閉ざされた集中治療室のドアの前で
ワタクシは絶望的な気持ちだった。

もう会えないかもしれないのかと思った。
しかし、こうして今は一緒に仕事をさせてもらっている。
あの時は別々の場所で頑張っていたが、不思議な縁である。

二人で飲んでいると、つくづく人生は面白いなと思う。
出会いと縁に感謝しながらバーボンロックを3杯ほど飲んでみた。

また一緒に飲んであげますね。・・って、何で上から?
(注;DRKさんが上司です)

 

さて、DRKさんと言えばゴルフだ。
テニスでも仕事でもなく、ゴルフである。

一度生死の境を彷徨ったくせに今は80歳
・・・じゃない80台で回るほどに上手い。

倒れること無くここまで生きて来たワタクシが
まったく相手にならないってのがどうにも納得いかないが、
きっとワタクシのほうが仕事が忙しいからである。
(と思わないとどうにも・・・)

そんなわけで久し振りのゴルフだった。
メンバーはお取引先の社長さんとウチのボス。
DRKさんはいない。

遠いってこともあって、早く家を出たら、
スタート2時間前に着いてしまった。
しかも練習しようと思ったら、
練習場が無いというまさかの事態。
IMG_9030
ボンヤリとグリーンを見ながら時間を潰す。

そして、DRKさんからメール。
「今日のゴルフ頑張ってください。
スコアは○○以下、あと××より下だと腹が立つのでそれ以上で」

かなりピンスポットなスコア指定。
嫌がらせというか、パワハラだな、これ。

 

朝っぱらから理不尽なプレッシャーを受けつつのスタートだったが、
なんと出だしから2連続パー。
こりゃ、今日は何か起こるかもと気合いが入る。
IMG_9033
西武ドームに向けての打ち上げホール。
こうして見ると野球場って大きいね。

以降も踏ん張るワタクシ。
それほど難しくないコースとは言え、なかなかである。

 

そして今期ベストスコアペースで迎えた最終ホール。
ボギーであがっても上々のスコアが見えた。

ティーショット、構えた瞬間にDRKさんのメールを思い出してしまった。
余計なことが頭をよぎったままフルスイング。
ボールはキレイにスライスして、OBゾーンに消えていった。(涙)

前進4打から打ち直した最終ホールはトリプルボギー。
結局、DRKさんの指定したスコアにキレイにおさまってしまった。
恐るべしパワハラDRKさんである。

しかし、それでも今期というかここ2、3年のベスト。
まあまあ満足なワタクシである。

ちなみにワタクシの生涯ベストは80。
これもDRKさんとレック本社のWさんと回った時である。
多分、こんなスコアは2度と出ないと思うけど。

 

実は今回、ドライバーを以前のものに変えてみた。
IMG_9035
気分転換の意味合いだったのだが、まあまあだった。
しばらくこれで行ってみようと思う。

ボスが言った。
「あのドライバー、DRKに売りつけられたヤツだろ?
変な念がこもってるかもしれないから、しばらくこっちでいいんじゃない」

さすがよくお分かりで・・・

カテゴリー: ゴルフ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

大砲とか、撮影とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

こんなレンズを見つけた。
sgmbn
シグマの望遠レンズ 200-500mmf2.8
カメラが装着されていないから分かりづらいけどメッチャ大きい。

こちらのサイトで画像を見ていただくと分かると思うが、
ほとんどロケットランチャーである。

重さは15kgオーバー、そして値段はなんと200万円オーバー!
どんなシチュエーションで使うのだろう。
こんなの持ち歩けないよね。

欲しいとは思わないが、一度で良いから覗いてみたい。
カメラの世界はキリが無い。

 

さて、過日。
カメラ機材を積んでレックインドアテニススクール上石神井へ。

この日はホームページやらその他媒体用の写真撮影。
レッスン中にお邪魔してシャッターを切らせてもらった。

レッスン開始時に、撮影が入ることをお客様にお願い。

「みなさ〜ん。今日は写真家が来ております。
ホームページ等々に使わせていただきます。
お化粧のノリが今ひとつの方はお申し出くださ〜い!」
と、ナオキ支配人。

ナオキさん、写真家って・・・言い回しが古いよ。(苦笑)

ということで、コーチ中心に撮影。

ゲンキコーチ
DSC_5330
若さ満開っぷりが羨ましい。

カナザワヘッドコーチ
DSC_2619
実物よりも爽やかに撮ってあげた。

ナオキ支配人
DSC_5159

ナオキさんのレッスンは笑いが絶えない。
DSC_5285
希代のパフォーマーである。
誰にも真似が出来ないナオキワールドが展開されている。
さすがです。

そして最後にはこれ。
DSC_2580
夏らしく浴衣のフロント3人娘である。

浴衣に鮮やかなフォルクルのラケットが映える。
ナオキさんのリクエストでプレー写真も。
DSC_5650
なかなかいいんじゃないかな。

近々、団扇になって登場予定。
お楽しみに!

カテゴリー: カメラ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ベイビーステップとか、ウイルソンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ベイビーステップ31巻を買った。
IMG_8884
ひとり、サイゼリヤで夕食を食べながら読んだ。
(ちょっと淋しい)

もちろん中身は面白かった。
全日本にライバルたちが集結。
「全日本のタイトル、獲っておこうかと思って」なんて台詞、
妙に現実味があるというか、やっぱり舞台は世界なんだよね。
早く世界ツアーで活躍するエーちゃんを見たいな。

12歳児に頼まれて、公式ファンブックも購入。
bbspaant
これまでの荒筋やキャラクター名鑑など盛りだくさん。

関係者のインタビューも載っていて、プリンスのKさん、
エレッセのNさん、テニス協会のS事務局長と、
皆、知っている方々というのも不思議な感じがした。

しかし、この本、文字が細かい。
内容を詰め込むとこうなってしまうのかもしれないけど、
メガネ無しでは本を読めないワタクシにはちょっとツライ。

あ、こういう年齢の読者はメインターゲットじゃないか。
12歳児は普通に読んでるもんね。
失礼しました。

作者の勝木先生が、今年のテニスの日のために
エーちゃんとナッちゃんがボレーボレーをしているイラストを
書き下ろしてくださったのだそうだ。

このイラスト、条件を満たせば使っていいらしい。
とても協力的な勝木先生と講談社に感謝である。
ありがとうございます。

 

さて、展示会ラッシュである。
先日はウイルソンさんへ。
IMG_8963
今回初めての会場である。
ベースボールと一緒の展示会だったからなのかもしれない。

会場入り口にはこんなディスプレイが。
IMG_8968
革新的トップブランドであることを再確認。

ラケットも飾ってあった。
IMG_8966
スタン・スミス、そしてジャック・クレーマーである。

IMG_9001
ジャック・クレーマーのブリッヂ部にはインペリアルのロゴがあるが、
この時代、なんらかの提携をしていたのだろうか。

ストリングにスパイラルが入っているのも雰囲気である。
ワタクシの世代だと、ブルースパイラルと言えば、
ゴーセンのハイオーシープだったっけ。
懐かしい。

肝心の新製品であるが、情報解禁日を聞き忘れた。
IMG_8998
こんなロゴ入りTシャツ、絶対欲しいぞ。
ちなみに新製品のヒントではない。

次回の目玉になるであろうモデルの情報も。
IMG_8964
PROSTAFF97RF、フェデラーの黒塗りモデルがベールを脱ぐのだ。

フレームはボックスとラウンドのミックス。
ビームは21.5mmフラット。
フェイスは97平方インチ。
そして、RFのウエイトは340g。(重っ!)
RFじゃないバージョンは315gだそうだ。

期待が膨らむ発表である。
しかし、スペックの発表のみで、現物も写真も無かった。

何も見ていないのにオーダーしてくださいって言われてもなぁ・・・
スペックである程度の想像はつくのだが、デザインを見ないとねぇ。
本当かウソか、ウイルソンの社員も誰も見ていないのだそうだ。
(多分、ホント)

楽しみはもう少し先になりそうである。

カテゴリー: テニス用品, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。