日別アーカイブ: 2016年10月4日

軟式テニスから硬式テニスへ

私は中学生の時に軟式のテニス部に所属していました。

 

当時、流行っていたマンガの「エースをねらえ」を呼んで、テニスに興味があったので始めてみることにしました。

 

私が想像していたのはのこの漫画に出てくる「お蝶婦人」のような優雅なプレイをするイメージだったのですが、実際に初めて見るとタフなスポーツでした。

 

でもスコートとスコート下に着けるレースのパンツを履くと、ちょっと優雅になった気分で嬉しかったことを覚えています。

 

でも毎日、放課後に練習したり、夏休みには朝から晩まで練習続きだったので、私は全身、日焼けして真っ黒でした。

 

それでも仲間たちと一緒に過ごした日々は楽しかったですし、青春という感じで今ではとても良い思い出になっています。

 

そんな私が10年ほど前から働き始めた会社の敷地内にはテニスコートがありました。

 

そして会社の同僚たちはよくそのテニスコートでテニスを楽しんでいました。

 

そして私にもテニスを一緒に楽しまないか?と誘いがありました。

 

でも軟式テニスをやっていた私で、硬式テニスもちょっとやったことはありますが、軟式とはボールもラケットもぜんぜん違うので、うまくプレイ出来なかった記憶があるので、会社の同僚と一緒にプレイすることを躊躇していました。

 

でもテニスラケットとボールを余分に持っている同僚が、そのラケットを貸してくれるというし、彼女から熱心に誘われたので私はもう一度、硬式テニスをやってみることにしました。

 

そして一緒にプレイする同僚たちに、以前、軟式テニスをしていたクセが付いてしまっているので、ボールが飛びすぎたり、うまくプレイできないかもしれないことを先に言っておきました。

 

すると同僚たちは気を使ってくれて、私が打ったボールが飛びすぎても、ドンマイと言葉を掛けてくれたりして、案外、楽しくプレイすることが出来ました。

 

これからはもっと硬式テニスに慣れるために、もっとプレイしたいと思っています。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者tanimura1515 22:08 | コメントをどうぞ