広州-深圳-香港高速鉄道香港区間西九龍ターミナスの設計


広州-深セン-香港高速鉄道リンクが完成すると、錦上路項目香港から広州への移動時間が48分に短縮され、珠江デルタの1時間経済圏における「コロケーションネットワーク」の発展がますます重要になります(下図)。同時に、香港から長沙、武漢、上海への移動時間がそれぞれ3時間、4時間、6時間に短縮し、これによって、香港から これにより、新たな顧客資源と、香港の発展に向けた豊富な機会が提供されることになります。
広州-深圳-香港高速鉄道リンクの香港区間の建設は、政府が資金を出し、MTR Corporationが設計と管理を担当する予定です。 このプロジェクトサイトの総投資額は約669億人民元で、主に26kmのトンネル建設が行われ、MTR駅の設備建設が総投資額の30〜40%を占める予定です。
西九龍駅は、MTR九龍駅とオースティン駅の間に位置し、1990年に埋め立てられた商業用地にあります。 西九龍駅は、MTR東涌線、エアポートエクスプレス、西鉄線とすぐにつながり、鉄道とのインターチェンジ一つで、プロジェクトのアイランド線、ツェンワン線沿線の主要都市部のほとんどにアクセスすることが可能です。 開業当初は144組/日の列車が停車し、鉄道旅客数は直近(開業日)で100万人/日、2030年には200万人/日に増加すると予測されています。

西九龍駅の交通の役割は、道路レベルから地下4階まで、内部空間に縦に広がっています。 また、道路面は都市広場のレイアウトのほか、都市緑地や静止空間としての役割も担っています。 道路面より上の資産運用開発では、建築容積率(11.2)など基本的な建築基準を事前に確認し、MTR駅の設計スキームの構築において施工や荷重を考慮した設計となっています。

交通・輸送機構のレベルでは、西九龍駅を再入場型の地下通路と幹線道路に接続する地下道でインバウンド交通に割り振り、路面道路はハブ駅までの網羅的な道路という形でプロジェクトに対応することにしています。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者tanminimao 03:09 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">