テニスのBonJinです よろしくお願いします

こんにちわ、BonJin(凡人) と申します。

メインサイトの「 テニスのBonJin」にも是非お越しください。

ここ(Tennis365さん)では、記事等を一部転載させていただいております。

ツイッターもあります。

ご指導、ご鞭撻のほど、お願いもうしあげます。

 

 

この度の北海道地震により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

被災された皆さまの安全と一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

カテゴリー: いろいろ | 投稿者テニスのBonJin 17:57 | コメントをどうぞ

無念の金星献上、錦織×バッヒンガー(2018メス)ほか

 

まず悪い話題をひとつ。

2018メス 250 準決勝

錦織圭 vs M.バッヒンガー

62 46 57

Twitter は悲鳴と怒号が渦巻いていました(ちょっと大袈裟)。

まあ、あの負け方はちょっと予想外でしたし、ストレス溜まりますね。

 

続きは テニスのBonJin でご覧ください。

 

 

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 03:25 | コメントをどうぞ

ギリギリ!錦織×バシラシビリ 激闘制し4強(2018メス)

 

2018メス 250 準々決勝

錦織圭 vs N.バシラシビリ

63 46 64

 

日本時間で週末の深夜、タフなゲームでした。最後はラッキーポイントで突然試合が終わりました。

 

第2セット以降は、バシラシビリの強打の打ち分けにハッキリ押されていました。

鬼の攻撃、第3セットで先にブレイクスルーされたときは負けフラグ立ちましたよね。

 

1stサーブin、60%(バシラシビリは66%)。

1st入ったときのポイント率は83%と優秀なのですが、やはりinで安定しないとこういう相手には苦しみます。

 

続きは テニスのBonJin でご覧ください。

 

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 12:22 | コメントをどうぞ

真骨頂のクラッチファイト健在!錦織が昨年覇者降す(2018メス)

故障明けとはいえ緒戦のJ.Wツォンガを退けて上がってきた昨年の覇者は強かった。

 

2018メス 250 2回戦

錦織圭 vs P.ゴヨブチク

76 63

 

ランキングポイントを何とか守りたいゴヨブチク、良いプレーでした。

ツォンガ→錦織と、ビッグネーム続きで大変だったことでしょう。

ただ、こういうプレーを続ければ30位内定着も可能だと思います。

 

試合は、錦織(通常モードの)らしい、クラッチポイントの光る熱戦でした。

 

続きは テニスのBonJin でご覧ください。

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 01:51 | コメントをどうぞ

圧巻のPPO凱旋試合、Naomi時代到来の予感(2018東京)

2018東京(東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2018)
2回戦

大坂なおみ vs D.チブルコバ

62 61

 

なおみ旋風がとまりません。

ブレイクすら許さず、元ランキング4位を一蹴しました。

ライブ観戦しましたが、負ける気配がない。

 

我慢して、決して焦らないというメンタルを完全にモノにすることによって、かくも強くなるものなのでしょうか。

 

チブルコバは本来強いです。

キャリアも恐らく後半に差し掛かろうという年齢でもあり、近年故障もあるようですが、まだまだパワーも健在で、パワフルなストロークと高いフロント技術も持っています。

大坂なおみは、そんなチブルコバを僅か59分で押さえ込みました。

 

ライブで観戦しつつ、いつものように、試合の感想をなんだかんだつぶやいていますので、そちらをご覧ください。

 

続きは テニスのBonJin でご覧ください。

 

 

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 22:20 | コメントをどうぞ

完勝!デビスカップ WG残留決定戦(2018デ杯・大阪)

 

大阪で開催されたデビスカップのWG 残留決定戦、

期待に違わず、日本代表チームの完全勝利となりました。

今年の2月、強豪イタリアにWG1回戦敗退を喫してから約半年、同残留戦で見事に返り咲きを果たしたわけです。

 

続きは テニスのBonJin でご覧ください。

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 01:26 | コメントをどうぞ

WTAも触れざるを得ない ^^; 東レPPO 新全米女王Naomiの凱旋と豪華メンバー(2018東京)

節操ないですが、これまでそれほど触れてこなかったWTAにも触れないわけにはいきませんね。

 

今月17日から本戦の始まる国内最大の国際女子トーナメント「東レ パン・パシフィック・オープン」で、2018全米女王、大坂なおみが凱旋します。

 

 

正に、日本にとっては最高のタイミング、いやあ、東レさん良かったですね。

長年冠スポンサーをつとめるものの、近い時期にATPツアーのジャパン・オープンの開催もあることから興行的にはいまひとつだったPPO。

日本人全米女王の凱旋大会となったことで、大変な盛況となることが予想されます。

 

続きは、 テニスのBonJin でご覧下さい。

 

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 17:50 | コメントをどうぞ

世界の心をつかんだ新女王誕生! おめでとう 大坂なおみ(2018全米)

2018全米オープン 決勝

大坂なおみ vs S.ウィリアムズ

62 64

日本女子がニューヨークで歴史的快挙を成し遂げました。

大坂なおみが、プロテニス界の頂点たるイベント、USオープン女子シングルスを制覇したのです。

それは、アメリカおよび世界が、どよめき、ざわめき、戸惑い、哀しみ、叫喚し、感動し、祝福し、安堵し、喜び、…、というような1日でした。

当記事をご覧になっている方々は、まずご存知のとおり、試合自体は決しています。

大坂なおみは、見事なテニスで、女王セレナをストレートで沈めました。

この結果が変わることはありえません。

が、その経過につき、未だ疑義の渦巻く状況が残ってしまいました。

 

続きは テニスのBonJin をご覧ください。

 

 

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 00:11 | コメントをどうぞ

ジョコビッチの錦織対策が万全過ぎた件 (2018全米)

2018全米オープン 準決勝

N.ジョコビッチ vs 錦織圭

63 64 62

 

ふぅ、強いです。
もはや、ランキングは関係ないですね。
やはり、ウィンブルドン以来、今ほぼ王者として戻ってきている元王者です。

 

今更ながら、だいたい、錦織くんはほぼ、時の最強の男と対戦します。

 

そして、ジョコビッチの錦織対策、これがまた万全です。
もう、今の錦織の料理の方法を心得ています。

無論、誰もができることではありません。

この競技に人生の全てを注ぎ、一級品の技と力を持ちえた人間のみが、自他の力をも正確に把握したうえ、各コンディションによる振れ幅さえも想定して作り上げたストーリーです。

試合を観戦していて、だんだんと明らかになるそのストーリー。

私ごときが、偉そうに語っていますが、評価自体はそう遠くないと自負?しています。

そして、ツイッターで生々しくつぶやいているそれが今日の試合のプレビューのすべてです。

 

続きは テニスのBonJin でご覧ください。

 

ツイッターもよろしくです。

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 00:48 | コメントをどうぞ

大坂なおみ 「本物のセレナ」との頂上決戦(2018全米)

弱冠20歳、本当の最高の舞台で、大坂なおみが元女王(限りなく現女王)に挑みます。

話題には事欠きません。

今大会、錦織圭との日本人のアベックベスト4の話題も重なり、大坂の近況報道は過熱気味で、テニスファンならずとも盛り上がりをみせている状態です。

対戦成績は大坂から1勝0敗、今季のマイアミで初対戦初勝利しました。

驚きの声も記憶に新しいところですが、当時のセレナは、出産から復帰して間もなくでもあったため、参考にはならないという評が多いのも事実です。

また、セレナ本人も、昨日のプレカンなどでそういうニュアンスの表現をしています。

「大坂のテニスをあのとき体感できたので良かった」とも…。

 

続きは テニスのBonJin をご覧ください。

 

 

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 18:35 | コメントをどうぞ

ジョコビッチ×錦織 そろそろ勝つ!根拠も理屈も乗り越える!(2018全米)

なおみ嬢、おめでとうございます。

強いです。20歳という若さで、もう既に、強者の、王道の戦い方を身に付けているように見えました。

技術的には、深く返す、緩急・回転を変える。

我慢するところは我慢して、攻撃のチャンスは見逃さない。

 

貴女なら今回を含め、幾度となく頂点を極めてくれるでしょう。

 

結局、勝つときのパターンというのは、ほとんどこういう黄金律がみられますよね。

 

 

続きは テニスのBonJin でご覧ください。

 

カテゴリー: プレイヤー応援! | 投稿者テニスのBonJin 00:56 | コメントをどうぞ