西岡選手の転機

西岡選手はある時期から急激にランキングを上げ始め、今では50以内をキープしています。

西岡選手自身が動画の中である言葉がきっかけになったと話しています。

 

下記動画です。

世界で戦う西岡良仁の赤裸々質問コーナー!
@YouTubeさんから

 

この中で西岡選手は母親から、

「勝つときは勝つし、負けるときは負ける」といわれてから、

試合中に結果が気にならなくなったと言っています。

 

試合経験のある方ならわかると思いますが、インプレー中に結果(インやアウト、勝ちや負け)が気になると自分の意識が未来に向きます。

自分の意識が未来に向いてしまうと、現在に向く意識量が未来へ分散されて減ってしまいます。

現在に向かう意識量が減ると、集中力も身体的パフォーマンスも下がり、タイミングも合わずにミスも増えます。

 

西岡選手は結果に意識を向けず、プレーに集中し続けることでミスが減り、プレースタイル自体のレベルが上がりました。

(ランキングが上がりだした時に、サーブやフォアハンドのテクニック的な要素がレベルアップしたわけではない。)

 

そしてランキングが急激に上り始めたと考えられます。

 

 

プロストック ショップ
Tenir Prostock Shop




カテゴリー: 動画 | 投稿者tenir 21:25 | コメントは受け付けていません。