カテゴリー別アーカイブ: チューンナップ

ヘッド プロストック用パレット

緊急事態宣言により自粛が続いています。

そのためインターネットを使用して様々な動画、アプリ等、新しい試みが始まっています。

 

ラケットのカスタムは流石にインターネットでは出来ないので、プロストックについて気になったことを発信していきます。

 

ヘッドのプロストックもパレットが装着されていることが多いです。

しかし、プロストックに装着されているパレットは、市販されているパレットとは見た目、重さが変わっています。

形状は市販品と同様のパレットが多いです。

 

プロストックのパレットは、重さが5~6g程度軽くなっています。

また、若干柔らかくなっているパレットが多いです。

この辺りが打球感にも大きく影響してきます。

 

 

市販品のパレットよりプロストック用が良いと言うことではなく、好みで選択することが出来れば理想に近づくと思います。

私はプロストックを市販用パレットに変更して、レザーグリップにするのが好みです。

 

 

プロストック ショップ
Tenir Prostock Shop



カテゴリー: チューンナップ | 投稿者tenir 23:52 | コメントは受け付けていません。

グリップエンドのサイズアップ

グリップエンドにテーピングやレザーを何重か巻いて高さを出すカスタムをプロだけでなく、一般の方にも多くいらっしゃいます。

 

去年頃にこのカスタム方法に面白い依頼があり、今回、自分のラケットで試してみたのでシェアしたいと思います。

グリップエンドのサイズアップ

カテゴリー: チューンナップ | 投稿者tenir 22:17 | コメントは受け付けていません。

試作加工 スペック調整

緊急事態宣言のためテニスをする機会がなくなり、自宅にいる事が多くなりました。

時間がかなり余っているので、前から試したかったことを色々と試作してみました。

 

ヘッドのパレット交換の際、フレーム エンド部分のカーボン強度が弱くなっていることが多いです。

試作加工 スペック調整

カテゴリー: チューンナップ | 投稿者tenir 22:50 | コメントは受け付けていません。

アエロストームツアー チューンナップ

今年は梅雨開けが早いとおもっていましたが、ここで豪雨とは。

この短期間で地震に雨に大丈夫か心配です。

ウィンブルドンは錦織選手が勝ち上がり、今夜はキリオス選手とですね。

錦織選手も復帰から少しずつ調子が上がってきているので面白い試合になりそうです。

女子は波乱が多く、トップシードほぼ敗退してしまいました。

ニューヒロインが誕生するのでしょうか!?

さて、この前から調整しているアエロストーム ツアーのプロストックです。

アエロストームツアー チューンナップ

カテゴリー: チューンナップ | 投稿者tenir 00:22 | コメントは受け付けていません。

アエロストーム 軽量化

全仏オープン、ナダル選手が格別の強さで優勝しました。

ティエム選手が優勝するかもしれないと思っていたのですが、内容を見ると圧勝でした。

アンツーカーコートであれほどの強さを誇る選手は今後も出てこないかもしれないですね。

また、予選からベスト4まで勝ち上がって有名になったマルコ・チェッキナート選手、これから一気に来るのか楽しみです。

そんなチェッキナート選手が使用しているラケットはアエロストームのプロストックのようです。

丁度、友人の依頼でアエロストームのプロストックを取り寄せていたので、かなりタイムリーでした。

アエロストーム 軽量化

カテゴリー: チューンナップ | 投稿者tenir 15:09 | コメントは受け付けていません。

グリップサイズの変更を試してみる

年明けから全豪オープンが終わり、オリンピックも終わり、次の楽しみは全仏オープン!!

錦織選手も順調に回復しているので、活躍を期待したいです。

私はいつもグリップサイズ3を使用しているのですが、ワンサイズ細いグリップサイズ2を試したいと思い、

グリップサイズを1つ細く出来る薄いリプレイスメントグリップへ変更してみました。

海外でも信頼の高いヨネックス製のスーパーレザー カスタムシングリップです。

グリップサイズの変更を試してみる

カテゴリー: チューンナップ | 投稿者tenir 16:09 | コメントは受け付けていません。

プロストック ラケット 調整方法

もうすぐ8月も終わりですね。
少しは涼しくなるかと思いましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

プロストック ラケットの調整の依頼があったので、簡単に調整方法を記事にしておきます。

まず、グロメット、グリップ、パレットを順番に外していきます。

 プロストック ラケット 調整方法

カテゴリー: チューンナップ | 投稿者tenir 19:29 | コメントは受け付けていません。

オーバーグリップの重さ

普段はパシフィックのXTRグリップと呼ばれるドライグリップを使用しています。

あまり知られていないパシフィックのグリップですが、汗を吸収しつつもしっとりした握り心地に、

耐久性も高い、とても優れたグリップです。

オーバーグリップの重さ

カテゴリー: チューンナップ | 投稿者tenir 23:04 | コメントは受け付けていません。