子どもの心理的成長の敏感な時期、親は子どものジェンダー感受性に気を配る必要があります

子供はある年齢まで成長すると、自分の性別を明らかに意識するようになります。 例えば、複数の子どもが一緒に遊んでいるときに、「自分は一人で遊びたいから女の子とは遊びたくない」という男の子が数人いるかもしれませんし、先生がおやつをあげるときに、男の子がピンクの袋、女の子が鉄砲の形をしたキャンディーをもらっていたら、「自分の性別はそういうものを取ってはいけない」と思って交換をお願いするでしょう。

子どもたちは、最初は自分の性別に戸惑います。 子どもたちは、ある時期から性別の区別がつくようになると、自分の体の器官にも興味を持ち始めます。 性別の異なる身体を区別することで、自分と他人の違いをより深く理解するようになり、ジェンダーセンシティブな段階に入ります。 この段階はだいたい4~5歳。 先に述べたように、子どもたちは自分の性別を認識し、男の子と女の子が違うことを知っており、さらに自分の体の違いに興味を持っています。

この段階で、親が子どもの好奇心を満たし、性差を正しく理解させてあげられないと、子どもはますますこの分野にこだわり、さらには強い感受性と羞恥心を持つようになり、子どもの健全な成長にはつながりません。 ですから、親は子どもを積極的に指導し、性差の問題を普通に見られるようにしてあげることが、子どもがこの段階をスムーズに通過するためには必要なのです。 では、親はどうすればいいのか。

まず、子どもが自分の体をよく理解すること。

子どもが自分の体に興味を持つのは当たり前のことです。 子どもが自分で調べるのを待つのではなく、親が子どもを連れて行って、体の中にあるさまざまな器官について学ぶのがよいでしょう。 子どもたちには、それぞれの体の器官が何なのか、何をしているのか、どの器官を露出させてはいけないのかを事前に伝えておく必要があります。 また、露出してはいけない部位については、この時期に親が安全意識を持ち、男性器と女性器の違いを子供に教育する必要があります。 このことを子どもたちに教える際には、どの部分を自由に触ってはいけないのかを具体的に伝えることが大切です過度活躍

2つ目は、子どもの好奇心を肯定することです。

子供たちが様々な不思議な質問をするのは仕方のないことです。 子どもは脳が大きいと言われていますが、子どものジェンダーに対する好奇心を含め、さまざまな問題に対処するためには、親が精神的に準備する必要があります。 異性の体の一部がどのように見えるのか、男の子と女の子の違いは何か、なぜ父親ではなく母親が赤ちゃんを産むのか、などです。 保護者の方の中には、「恥ずかしくて答えられない」「子どもに理解してもらう必要はない」という理由で、子どもに答えない、あるいは子どもを連れて行かないという選択をされる方もいらっしゃるでしょう。 しかし、それを避ければ避けるほど、お子さんは好奇心旺盛になり、もしかしたら間違った方法で答えを得てしまうかもしれません。 だから、親は子供の好奇心を満たしてあげないといけない。 どう答えていいかわからないときは、関連する絵本を使い、そこに描かれている絵を使って、子どもと同じようにわかりやすく表現することもできます。

最後に、親が子どもの前で手本を示すことの重要性について述べました。特に同性の子どもを持つ親としては、子どもが自分の性別や何をすべきかについて最初に理解するのは、ほとんどが親の行動を真似することからなのです。 保護者の方は、お子さんに注意点や行動を伝える際には、それが実行されているかどうかも考える必要があることを覚えておいてください。 同時に、お子さんとの時間を大切にしてください。 そうすることで、お子さんは両親の違いをよりよく認識し、両親の良いところを学ぶことができ、父親が忙しくて毎日母親に付き添うことができず、女性化した男の子になってしまうことはありません。

精選文章:

如果孩子犯錯,父母可以這么做

如果孩子開始有負面情緒,開始發脾氣,父母該怎么辦?

親の行動は常に子供に影響を与えています


カテゴリー: 未分類 | 投稿者wanshiwu 19:03 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">