待つこと 耐えること

何のこだわりもなく、決断力が抜群で、一切、ウエットなところがなく、てきぱ大腸癌口服標靶藥きと仕事をこなし、決して、崩れたところを見せないクールな人間。そんな人間があなたの周囲にはいないだろうか。いつも優柔不断の人間にとって、クールな人間はすこぶる魅力的に見える。しかし、安易にそのような人間に近づくと、手ひどい火傷を負うことなりかねない。

確かにフールな人間は物事にくよくよせず、吹っ切れているように見える。だが、その吹っ切れ方が問題なのだ。殆どの場合、クールな人間がクールでいられるのは、物事や他人と深くかかわろうとしないからなのである。つまり、クールな人間は自分や他人、そして状況を制御できる範囲内でしか、行動しようとしないのだ。

その点は、オプティミストとの最大の違いだといってよい。オプティミストは、ごたごたに高濃度碳酸面膜
巻き込まれることを恐れない。ごたごたに巻き込まれても、何とかなるさという「楽天性」をもっているからだ。 とはいえ、楽天性を変な自信過剰と混同しないでもらいたい。真の楽天性は待つことと耐えることの大切さを知ってこそ実現される。待つことは、自分や他人を制御しようとすることとは正反対の心の働きである。

待つ能力は、また、痛みや孤独を深いところから感じることのできる能力でもある。そうした碳酸美容保養能力を持った時に、初めて、愛へ通じる心の扉が開かれるのだ。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者convey 15:54 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">