直さないと

 生徒の皆さんと違って僕はあまり練習できるわけではありませんが、やはり課題は自分がガンガン攻撃してない時のプレーです。

打つか少し下がってスピン多めしかないのであまり下がらずにしっかりボール潰しながらラリーしたいなー
この2人みたいに

この2人の試合はテレビで観ると一言でいうとつまらないんです。
練習してるみたいで。
ただラリーしてるだけみたいで退屈。
だけど実際にはこの動画を観ればわかりますよね。
当たり前なんですけどブレないしミスらないしクリーンだからただラリーしてるように見えるだけ。
両選手とも世界一ですから穴がなくて精度が高すぎる。

試合があるわけじゃないけど自分も悪いとこ全部直して、球に追いつけないとかそういうの以外は原因をなくしたいです。

教えてても生徒にはミスしそうなとこあやしいとこ、試合で使えなさそうなとこは全部注意して練習してもらってます。
グループだと重点的に個人にやってあげられるわけじゃないけどね。
そのままにして何年やっても弱点は変わらないしたいがいそのショットがそのままにしていて上手くなるのは見たことがありません。

何年か振りにレッスンに来てくれたとか別のとこでやってたけど戻ってきたとかで弱点が治って戻ってきたのは未だかつてみたことがないです。
もっとぶっ壊れたりしてる場合もある。

だから早めに直さなきゃ取り返しのつかないことになるんですね。
逆にこれはこのまま練習していけば安定して面白くなるだろうと思ってたらやっぱりっていう嬉しい場合もあるけどね。

自分が見れる時にできるだけいい方向にもっていってあとはそのままテニスしてくれればどんどん入っていくでしょというのがいつも心がけていることです。

ただ生徒さんの考え方がちょっと違った方向に行ってる場合も多くてなかなか難しいです…。
子供相手じゃないから一方的に言えないし逆にその自信はどっから湧いてくんだ?って場合もあるし、上には上がいるのは百も承知だけど僕の経験と勉強からその人の為と思って言っても伝わらない人もいる。

俺は俺のやり方で精一杯レッスンする。
良いことにはいいと言い、おかしいことにはおかしいと言う。
別に嫌われてもいい。嘘は言わないし取り繕わない。
ちゃんと伝わるはず。
めげずに頑張ります。


カテゴリー: 日記 | 投稿者けんぱ 02:04 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">