歯が抜けてしまう、こわい歯周病とは?

ある日突然、歯がポロリと抜けてしまう歯周病は、身近で厄介な病気です。大した自覚症状がないまま進行してしまうのも恐ろしく、成人の約80%が罹患しているというデータがあるほど・・・。

歯を失う原因の第1位も、実は虫歯ではなくこの歯周病なのです。
歯周病とは、歯を支える骨が溶けてしまう病気です。

むし歯になりにくく、歯が丈夫と自信のある方でも要注意!!!歯を支えるあごの骨が溶けてしまう病気なので、虫歯とは全然違います。その主な原因は、ずばりプラークとも呼ばれる歯垢です。

日本語では「歯の垢」と書くため、単なる汚れのイメージがありますが、歯垢は食べかすなどによって増殖する細菌のかたまりなのです。

歯垢は付着力が非常に強く、歯と歯グキの間のわずかな隙間、いわゆる歯周ポケットに潜みがち。そして付着後、24時間ほどで毒素を出すようになり、歯グキに炎症を起こさせるのです。

こうした炎症の行きつく先が、問題の歯周病。初期症状は「歯グキが腫れぼったい」程度のものですが、放置すると歯の周囲の組織が破壊され、結果として支えを失った歯は、1本また1本と抜け落ちていくのです。

さらにたまった歯垢は約2日で唾液中のミネラルと結びつき、硬い歯石に変化します。歯石は通常の歯磨きでは取り除けないため、余計に歯垢がたまりやすくなり、お口の中の環境は悪くなる一方です。

また、糖尿病による免疫力の低下や、骨粗鬆症による骨密度の低下、喫煙による口内環境の悪化なども、歯周病を進行させる要因となります。日頃から栄養バランスに気を配り、規則正しい生活を送ることは、歯周病予防の観点からも重要です。

さらに歯周病は認知症や誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)、心筋梗塞などとも関係が深く、放っておくと全身の不調を呼びかねません。

すこやかな毎日を過ごすためにも歯周病の原因を知り、歯医者さんでしっかりとケアをして予防しましょう!

—————————————————–

dentaltools.jpタービンハンドピースエアーモーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:59 | コメントをどうぞ

歯性上顎洞炎について

本日は歯性上顎洞炎についてお話したいと思います。

上顎洞とは私たちの頭部にある空洞で副鼻腔の一つです。

副鼻腔には上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞の4つがあります。

これらの空洞は鼻腔とつながっているため、ウイルスや細菌の感染で鼻腔に起こった炎症が副鼻腔に及ぶことがあります。この状態が副鼻腔炎(蓄膿症)です。

症状としては鼻水、鼻づまり、頬の痛みなどです。

副鼻腔の中で特に副鼻腔炎を起こしやすいのが上顎洞です。

上顎洞は左右に一つずつあるのですが、上顎洞の底は歯の根と位置が近いため、歯周病や歯の根の炎症が原因で上顎洞炎を起こすことがあります。これを歯性上顎洞炎と呼びます。

鼻性の上顎洞は両側に炎症が起こるのに対して歯性上顎洞炎は片側にしか症状がでないのが一般的です。

歯性上顎洞炎の治療は鼻性の上顎洞炎と同じくまず抗菌薬や消炎薬の投与を行う薬物療法です。

それと同時に原因となる歯の治療も行っていかなければなりません。

鼻水、鼻づまり、頬の痛み、階段を下りるときに痛みを感じるなどの症状に心当たりのある方は耳鼻科もしくは歯科でまずは相談されてみてはいかがでしょうか。

——————————————————————-

dentaltools.jp歯科用インプラント装置歯科用LED照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:41 | コメントをどうぞ

スポーツドリンクの危険性

今の時期、スポーツをして汗をかいた後や、部活動をしている中・高校生もスポーツドリンクを飲む機会が多いと思います。

スポーツドリンクは体内から失われた水分の他にミネラルやエネルギーを効率よく補給できるので、高いパフォーマンスを発揮するため必要不可欠なアイテムです。

しかし、炭酸飲料や缶コーヒー・スポーツドリンクなど、清涼飲料水には驚くほどの糖分が入っていて、飲み過ぎには注意する必要があります。今回は清涼飲料水に含まれている糖分の量をご紹介します。

清涼飲料水に含まれる糖分の量

私たちが日頃よく目にする清涼飲料水の、各種類別の糖分含有量を調べてみました。わかりやすいようにg以外にも、1個4g程度の角砂糖が何個に相当するかを目安に記載します。

炭酸飲料500ml:40~65g(角砂糖10~16個分相当)

コーラやサイダー、フルーツテイストの炭酸飲料は糖分の量がとても多く、500mlのペットボトルで角砂糖10個以上の糖分が含まれています。炭酸は苦みを感じるため、それを補う形で多くの砂糖が使われているのも理由の1つです。

缶コーヒー190ml:2~13.5g(角砂糖1~3個分相当)

缶コーヒーにも意外と多くの砂糖が使われており、一般的な甘い缶コーヒーで角砂糖およそ3個分、微糖タイプの缶コーヒーでもおよそ1個分の角砂糖に相当する糖分が使われています。缶コーヒー1本あたりの量は少ないものの、1日に何本も缶コーヒーを飲む方は注意しましょう。

スポーツドリンク500ml:20~34g(角砂糖5~8個分相当)

一見体によさそうなスポーツドリンクですが、見かけによらず多くの糖分が含まれています。激しいスポーツや汗をかいた後には効率よく水分補給ができますが、多くの糖分も摂取しているので注意が必要です。

果汁100%ジュース500ml:50~60g(角砂糖12~15個分相当)

果汁100%ジュースの中には、果物をしぼったそのままのものではなく、濃縮した果汁を薄めて100%にしている濃縮還元ジュースがあります。濃縮還元の場合、風味や甘味を増すため砂糖が使われている場合があります。また、果汁には果糖も含まれるので、100%ジュースも糖分の摂り過ぎに注意する必要があります。

糖分過多の影響

世界保健機関(WHO)の最新の指針によると、食事以外で1日に摂取してもよい糖分は1日の総カロリーの5%程度が望ましいと発表しています。これは平均的な大人の場合、25g程度となっており、500mlの炭酸飲料や100%ジュースを飲んでしまうと、たった1本で1日の必要摂取量を超えてしまいます。非常に厳しい数値だと思われますが、それだけ清涼飲料水には多くの糖分が含まれていることを理解しましょう。

糖分過多による人体の悪影響と言えば、まず肥満やメタボリックシンドロームになりやすいことがあげられます。糖分はカロリーが高いため、摂取しすぎると余分なエネルギーが体に蓄積していきます。さらに、糖分の摂り過ぎは糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクが高まります。

糖分は私たち人間の生命維持に欠かせないものではありますが、普段の食事から糖分を摂取しているので、食事以外の糖分はごくわずかでも問題ないのです。

スポーツドリンクは歯には天敵

そんなスポーツドリンクも歯からすると実はやっかいな存在なのです。仮にスポーツドリンクのプールに歯が泳いでいたとします。そうすると歯は5~10分程度で表面にぼこぼこと模様が浮き出てどんどん溶けていき、最後は少し触っただけでもボロボロと形が崩れるくらいのスカスカな状態になってしまいます。その理由はスポーツドリンクのpH値が関係しています。市販のスポーツドリンクはpH3.5前後のものが多く、これは歯が溶け始めるpH5.5よりも強い酸性を示しています。特に乳歯や成熟前の幼若永久歯は大人の歯に比べるとより簡単に溶けてしまいます。また、人に栄養補給をもたらしてくれるスポーツドリンクは口の中の細菌たちにも糖分の補給をしてしまい虫歯のリスクもあげてしまうのです。

◆ 意外な落とし穴。ゼロカロリーにも気をつけて!

「知らないうちにカロリーを摂りすぎるかもしれないなんて…!」

それならゼロカロリーを選んだら大丈夫だ!と思うかもしれません。

「ゼロカロリー」というのは実は、100ml当たりの成分量が5kcal未満の場合「0」と表示できるため、

全くカロリーがないというわけではないのです。

水分補給はお水を飲もう

毎日三食しっかり食事をとっている方は、甘いものを飲んだり食べたりしなくても、糖分が不足することはまずありません。逆に喉が渇いたり、普段の水分補給にスポーツドリンクや炭酸飲料などの清涼飲料水を飲んでいたりすると糖分の摂り過ぎになってしまいます。水分補給にはできるだけお水を飲むようにし、1日の糖分摂取量をしっかり守るようにしましょう。

このように清涼飲料水には多くの糖分が含まれており、日常的に飲んでいると肥満や生活習慣病のリスクが高まります。これを機会に、普段の水分補給はお水を飲む習慣に変えてみてはいかがでしょうか。

————————————————————

dentaltools.jp歯科用エアーモーター歯科説明・実習用模型などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:29 | コメントをどうぞ

歯の神経って必要なの?

△~歯の神経の役割とは~

虫歯がひどくなって痛みを感じるのは、歯の中に入っている神経が痛みを感じているからです。
このような話を聞くと、「歯の神経のせいで痛いんだから、いっそのこと神経がないほうがいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。
ですが、神経を取ってしまうと、色々と困ったことが起きてしまうんです。

△歯の神経の役割

歯の神経は正式には「歯髄(しずい)」と呼ばれます。歯髄には次のような役割があります。

■ 刺激を伝える
歯にかかる様々な刺激を感知し、脳に伝えます。

■ 歯に酸素や栄養を送る
歯髄には毛細血管も入っていて、歯に酸素や栄養を補給しています。

つまり、歯の神経は歯の異常を脳に伝え、健康に保ってくれているのです。

△歯の神経がなくなるとどうなる?

歯の神経がなくなると、こんなことが起こってきます。

■ 歯にバイ菌が入っても気づかない
歯の神経がなくなると、歯に加わる刺激を感知できなくなるため、虫歯になっても「しみる、痛い」というような症状が起こらなくなります。そのため、せっかく歯が残っていても、根の奥まで虫歯が進んだり、根の奥が化膿したりする原因になります。

■ 歯の寿命が短くなる
歯の神経がなくなると、歯に栄養がいかなくなるため、枯れ木のように歯が割れやすくなります。そのため、歯の寿命が結果的に短くなってしまいます。

■ 歯の色が黒っぽくなる
歯の神経がなくなると、歯に酸素や栄養が供給されなくなるため、歯はツヤを失って黒ずみ、見た目にも悪影響が現れます。

△歯の神経がなくなっても痛みは出ます

歯の神経を抜いたらもう歯が痛くならない、というのは間違いです。
確かに歯の神経が痛みを感じることはなくなりますが、神経を抜いた歯の内部にバイ菌が入って、歯の周囲の骨に広がって化膿すると、とても強い痛みを起こします。歯の神経を守るためには、虫歯にならない、悪化させないことが大事です。
日頃のお口のケア、歯医者での定期的なケアをして、大事な神経を守っていきましょう。

—————————————————————–

dentaltools.jp電解研磨機歯科移動式口腔外バキュームなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:40 | コメントをどうぞ

歯周病で早産の危険!?

★歯周病で早産の危険が高まる

妊娠中は、おなかの赤ちゃんへの麻酔やレントゲンの影響が心配で、歯医者に行かずに我慢してしまう方もいるかもしれません。

しかし、最近の研究で、妊婦の歯周病は早産(妊娠22~36週の出産)を促し、低体重の赤ちゃんが生まれる恐れがあることが分かってきました。

歯周病の人とそうでない人を比べた早産リスクは、アメリカではなんと7.5倍、日本でも5倍に高まると言われています。
これは、早産の原因といわれるタバコやアルコール、高齢出産よりもはるかに高い数字です。

★歯周病とは?

歯周病とは、歯ぐきや歯を支えている骨などに炎症が起きる病気の総称です。

歯と歯ぐきの間に溜まった歯垢や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していき、最終的に歯を支える骨を溶かし、歯が抜けてしまいます。

歯周病はサイレントディシーズ(静かなる病気)と呼ばれるほど症状に気づきにくく、歯を失う大きな原因となっています。

歯周病患者は、20代女性では重症な方はあまりいませんが、30歳以上になると急激に増え始めます。

★なぜ歯周病で早産するの?

研究により、歯周病と早産のメカニズムが少しずつ解明されています。

それは、出産のメカニズムと一致しています。
陣痛は、子宮収縮作用のあるプロスタグランディンという物質の分泌が高まって起きます。

このプロスタグランディンの分泌を促すのが、サイトカイン。

これは炎症によって増える生理活性物質です。

歯周病は歯周病菌によって炎症を起こしている状態です。

歯の周りの炎症によりサイトカインが増加し、プロスタグランディンが分泌され、子宮が収縮し早産となるのです。

実際、歯周病の程度が重くなるにつれ、血中のサイトカインが増え、サイトカイン数値の高い人ほど出産時期が早くなっていることも解っています。

★妊娠中でも怖がらずに歯科医院へ

妊娠をすると歯がボロボロになると良く言いますが、実際そんなことはありません。

つわりで気持ち悪く歯が磨けなくなってしまったりして、むし歯や歯周病になる方が多いのです。

赤ちゃんが生まれてからは、ますますお母さんの時間が無くなり歯医者に来にくくなってしまいます。
歯茎が腫れたり、違和感を感じたりしたら、ためらわずすぐに受診してください。

また、妊娠中でもPMTCで歯をクリーニングし、健康な歯を保つよう心がけましょう!

————————————————————–

dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置歯科用デジタルX線センサーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:26 | コメントをどうぞ

金属アレルギーについて

★歯科金属アレルギーってなに?

金属アレルギーとは、金属によってアレルギー反応を起こす症状の事を言います。ネックレスや指輪などの身近な金属によって起きることが知られていますが、最近では、歯科治療で使用する金属によりアレルギーを起こす『歯科金属アレルギー』がテレビなどのメディアで注目されています。歯科金属アレルギーの症状は、皮膚炎や肩こり、頭痛など、全身に及ぶため、まさか原因が口の中の金属だと気づかず、長年症状に悩んでいる方もいらっしゃるようです。

★金属アレルギーはこうして発症する

通常金属は無害なものですが、口の中の金属が唾液などの水分によりイオン化することによって体の中に溶けだし、たんぱく質などと結びつき性質を変え、そのたんぱく質が抗原となってアレルギーを生じさせると言われています。症状は、口内炎、口唇炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬(へんぺいたいせん)、味覚異常、接触性皮膚炎、湿疹、アトピー性皮膚炎に似た症状、頭痛、肩こりなど実に様々です。アレルゲンが血流によって全身に運ばれるため、口腔内だけでなく全身に症状が現れるのです。

歯科金属アレルギーは、アクセサリーなどに比べて発症する可能性はかなり低いと言われていますが、口の中は常にだ液などの水分があるほか、飲み物や食べ物によって酸性化したり、かみ合わせや歯磨きなどによって金属が摩耗したりと、金属がイオン化しやすい環境なのです。

★歯科治療にはどんな金属が使われているの?予防法は?

歯科治療では、歯の詰め物、かぶせ物のほか、入れ歯のバネやブリッジ、矯正などに金属を使用します。保険で使うのは、金パラ合金やアマルガムなどです。金パラは、パラジウムという金属を金銀と混ぜ合わせた合金です。アマルガム(当院では扱っておりません)は銀とスズの合金に銅や亜鉛を添加した粉末を水銀で練ったもので、金属アレルギーになりやすいと言われています。

歯の治療では失った部分を人工のもので置き換える必要があるため、ある程度の強度や耐久性を持った歯科用合金が今でも多く使われています。しかしまれに金属アレルギーになってしまうことがあります。では金属アレルギーを予防するにはどうすればよいのでしょうか?それは金属を使わない歯科治療を選べばよいのです。当院ではセラミックを使ったメタルフリーの治療を用意しています。金属アレルギーの不安がないだけでなく、白くて美しく、専門の技術を持った技工士さんが精密に作るので保険治療よりずっと長持ちします。金属アレルギーがある方、花粉症などのアレルギー体質の方などに特にお勧めします。
「お口の金属治療をすべてセラミックにしたら肩こりやアレルギーが軽減した」という症例もあります。セラミックを使った自費治療で、美しく、健康に不安のない生活を送りましょう。

—————————————————————

dentaltools.jp歯科根管材料電気加熱注入器ガッタパーチャカッターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:34 | コメントをどうぞ

歯がしみる・・・知覚過敏について

冷たいものを食べたり飲んだ時に、歯が「キーン」としみることがあります。

また歯ブラシをしているときも、「ズキン」としみることがあります。
虫歯があればそこから痛みが出ますが、虫歯でもないのに歯がしみる場合は 『知覚過敏』 の可能性があります。

今回はこの知覚過敏について説明をいたします。
1、『知覚過敏』とは?
歯は主に表面の『エナメル質』とその内面と根の大部分を占める『象牙質』、そして歯の中心にある知覚を感じる『歯髄』からなっています。
この中心にある歯髄は、痛みのみを感じる神経と歯に栄養を送ったり歯を硬くする細胞を送ったりする血管が混ざったものになります。

冷たいものなどの刺激が歯にあたっても通常は固いエナメル質で守られているため、中心の歯髄にまで伝わりません。
しかし何らかの原因でエナメル質の内側の象牙質に当たると、そこから歯髄に刺激がさらに伝わって鋭い痛みになるのです。
象牙質はエナメル質と同様に硬い組織ですが、顕微鏡で見ると歯髄まで無数の管が走っています。
これを『象牙細管』といいます。

刺激はこの象牙細管を伝わって、痛みを感じる歯髄に達することでまるで電気が走るようにしみるのです。

2、『知覚過敏』の原因は?
知覚過敏は様々な原因で発生します。
最もよくある原因は歯ブラシのしすぎです。
歯を磨くことはとてもいいことですが、多くの人は力を入れすぎています。
特に朝は忙しいため、歯ブラシも短時間で終わらせるのでつい力を入れすぎてしまいます。
また食後すぐに歯を磨くと口の中が酸性のため、歯の表面のエナメル質や象牙質が削れてしまいます。

歯を磨くのは食後30分経たってからにしましょう。
その他の原因として多いのは、歯周病による歯の根の露出です。
歯周病は歯茎の奥の実際に端を支えている顎の骨が細菌の出す酸で溶けてしまう病気です。
それはゆっくりと進むため自覚症状がないまま進行していき歯の根が露出してきてようやくしみるなどの症状が出るようになります。
また加齢による歯肉の退縮も歯の根が露出することで知覚過敏になります。

そしてとても怖いのが、歯ぎしり・食いしばりによる知覚過敏です。
寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをする人が多いのですが(皆さん寝ているのでほとんど自覚はありません)、強い力で歯が揺さぶられるので全体に歯の根が露出してしみるようになります。
歯が全体にしみると感じたら歯ぎしり・食いしばりをしている可能性があります。

歯ぎしり・食いしばりはしみるだけでなく、歯肉と骨の吸収や歯をする減らしたりかけたり被せ物が壊れたりしていきますので、出来るだけ早く歯科医院で歯を保護するマウスピースを作ってもらってください。
ただし、口の中は自分ではよく見えないため、知覚過敏だと思っていても虫歯の可能性もありますから気をつけてください。

3、『知覚過敏』を防ぐには?
歯ブラシは強く当てずに、食後30分以上経ってから磨くようにしましょう。
また歯ぎしり・食いしばりのある方はマウスピースを作りましょう。
歯科医院では、しみ止めの薬を塗ることで改善することがあります。
薬局ではしみ止め成分の入った歯磨き粉もあります。

——————————————————————–

dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置歯科用デジタルX線センサーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:29 | コメントをどうぞ

タバコについて

タバコは体にとって悪いものだという認識はみなさん持っていると思います。

実際、タバコの煙には約4000もの化学物質が含まれており、200〜300種類が発癌物質や有害物質で出来ています。
タバコを普段吸っている人は、歯周病にかかりやすくなったり治療して一生懸命ケアをしたとしても、悪くなったり治りにくくなってしまうのです。

なぜなら、普段タバコを吸う人は歯茎からの出血が少なく腫れにくいため、歯周病になってしまっても自分自身で気付かない人がとても多いのです。
そしてタバコの煙に含まれるニコチンは、神経を縮ませてしまう作用があります。
同じように、タバコの煙に含まれている一酸化炭素は酸素を届けるのを妨げてしまうような作用があります。
なので、常に酸素と栄養が行き届いてないような状態が続きます。
このような状況だと、歯周病の菌と戦う力が弱まってしまうので、いくら治そうとして治療を頑張ってもタバコが原因でなかなか歯周病が治らないのです。

またタバコを吸うと口臭がきつくなったり、歯にはヤニがついて黄ばんできたり、歯茎まで黒っぽくなってしまいます。
ヤニとして歯の表面につくと、そこがザラザラとして残ってしまうのでそこに新たに歯周病や虫歯の元になる菌が付きやすくなってしまうのです。
このようにタバコと歯周病の関係は大いにあることが分かります。
さらに、お母さんがタバコを吸っている場合、子どもにはどのような影響があるのでしょうか。

先天性の口蓋裂や口唇裂は、タバコが原因で起こることが多いことがわかっています。
さらに親のタバコの煙をこどもが吸ってしまうことが原因で、こどもの虫歯が増えてしまうこともわかっているのです。
また、タバコの煙によって歯茎が黒くなってしまったり、周りの人にも悪い影響を与えてしまいます。
タバコは歯周病や子どもに影響があるということ以外にも、インプラントを入れた場合予後がとても悪くなってしまって、最悪の場合脱落してしまったり。

口の中にできる、口腔ガンの原因にもなることがあります。
しかし、喫煙習慣がある人が禁煙をすることはなかなか難しいことだと思います。
歯や全身に悪影響を及ぼすタバコ。
もしやめたいと思っていても、なかなか辞められないという方は、禁煙外来やニコチンパッチなどを使ってこの機会に禁煙に取り組んでみてはいかがでしょうか。

———————————————————-

dentaltools.jpLED照射器モデルトリマーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:19 | コメントをどうぞ

口腔ケアでインフルエンザ予防

★インフルエンザはどのように感染するの?

インフルエンザの感染経路は、咳やくしゃみが飛沫したものを吸い込む飛沫感染と、ウイルスが付着したものに触れたりする接触感染です。
鼻やのどの粘膜に付着し細胞内に侵入したインフルエンザウイルスは、プロテアーゼやノイラミニダーゼという酵素を使って、自分の体を細胞内に放出し、増殖して感染を拡大します。

★高齢者への口腔ケアによるインフルエンザの予防効果が実証された!

ある実験で、在宅療養中の高齢者を『口腔ケア群』と『コントロール群』の2グループに分けました。

口腔ケア群は歯科衛生士による専門的口腔ケアと集団口腔衛生指導を、コントロール群は本人や介護者による従来の口腔ケアを行い、インフルエンザの流行する冬期6ヶ月の発症者を追跡しました。
その結果、口腔ケア群はコントロール群に比べ、インフルエンザ発症者が1/10であることが分かりました。

★インフルエンザを予防するには

インフルエンザの予防には、なんといっても『ワクチンの接種』が有効です。

ワクチンを打っても感染することがありますが軽くてすみます。

そして、マスクの着用とうがいによる飛沫感染の予防、手洗いによる接触感染の予防が大切です。

さらに、丁寧な歯磨きです。朝起きてすぐ、毎食後と寝る前に歯磨きをすることで、口腔内に入ったインフルエンザウイルスを流しだしましょう。

★クリーニングを受けましょう

ところで、どんなに丁寧に自分で歯磨きしても、歯垢は6割程度しか取れていません。

残った歯垢は、歯科医院でのプロの手で掃除をする必要があります。

————————————————–

dentaltools.jp歯科用開口器歯科用スリーウェイシリンジなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:05 | コメントをどうぞ

セルフケアの種類と方法について

今回は、『セルフケアの種類と方法』 について説明いたします。

セルフケアの基本は歯ブラシ
虫歯と歯周病を防ぐためにまず行うことは、やはり毎日の歯ブラシです。
しかし、歯ブラシもやり方を間違えると逆効果になったり、歯と歯ぐきを傷つけてしまいます。
まず歯ブラシの回数ですが、できれば一日3回、通常でも2回はしましょう。
歯ブラシのタイミングは、夜寝る前と朝起きた時です。
夜寝ているときは唾液の用が少なくなります。
すると唾液で食べかすや歯垢を洗い流す作用が減少して、細菌が大繁殖します。
虫歯や歯周病の原因菌が増えることで、次第に虫歯や歯周病になるのです。
口の中だけでなく、細菌を飲み込むことで体調不良になることもあります。

夜寝る前と朝一番に歯を磨くことで、細菌の繁殖を防ぐことができるのです。
また最近の常識として、食後すぐの歯磨きはお口に残っている食べ物が研磨剤や歯を溶かす酸として働いてしまい歯を傷つけてしまうため、しないほうがいいとされています。
最低でも食後30分経ってから歯を磨くようにしましょう。
「食後3分以内に磨こう!」というフレーズは過去の常識です。
今では歯にとって良くないということがわかっていますので、このフレーズは忘れてしまいましょう。
歯ブラシの種類ですが、基本的には毛先が細くて硬さは普通のものがおすすめです。

毛先が細いほうが、前回ご説明した歯周ポケットの奥まで入ってくれるので効果的です。
あまり柔らかすぎる歯ブラシは毛先がそっくり返ってしまうので歯垢が取れません。
歯周病が進んで普通の硬さの歯ブラシだと痛くて磨けない、といった場合に使うようにしましょう。

硬い歯ブラシは、女性など手の力が弱くて歯垢を落としきることができない場合は有効です。
ただし毛先が硬いと弾力が少なくて隙間に届きにくくなります。
たまに、「歯ブラシが硬くないと磨いた気がしない」 といった方がいらっしゃいますが、歯がどんどん削れて歯がしみる『知覚過敏』になってしまったり、歯の柔らかい部分が露出して虫歯になりやすくなってしまいますので気をつけましょう。

洗口剤を活用しよう
液体タイプのセルフケア商品には大きく分けて2種類あります。
一つは歯ブラシをする前に口に含む 『液体ハミガキ』 です。
液体ハミガキはデンタルリンスとも言います。

これは一般的なペースト状の歯磨き粉の替わりに使用します。
様々な薬用成分が歯を磨いた際に効果があります。
もう一つは歯ブラシの後に使用する、『洗口剤』 です。
洗口剤はマウスウォッシュと呼ばれています。

歯ブラシをしてお口をすすいだ後に使用することで、口中の殺菌・消毒、口臭の防止、歯垢と歯石の沈着予防に効果があります。
マウスウォッシュをした後は口をすすぐことはしません。効果が半減してしまいます。
さらにどちらのタイプもアルコールタイプとノンアルコールタイプがあります。

アルコールタイプは殺菌効果や清涼効果が高いのですが、刺激が強かったり口内炎や傷があるとすごくしみるため使用できません。
ノンアルコールタイプは刺激が少ないので万人向けです。
ただしお口をブクブクすると泡だらけになってしまうのでやや使いづらいです。

デンタルフロスや歯間ブラシを活用しよう
どんなに丁寧に歯ブラシをしても、歯と歯の間の歯垢は落とせません。
たいてい虫歯になりやすいところは歯と歯の間なのです。
そこで役に立つのが 『デンタルフロス』 と 『歯間ブラシ』 です。
デンタルフロスは細い糸で歯と歯の間に通します。
種類も色々ありますが、おすすめはワックスが付いていて滑りが良いタイプです。

歯間ブラシは金属製の細くて短いワイヤーにナイロンの毛先が巻きつけてあります。
歯周病で歯と歯の間に隙間ができてしまったり、歯並びが悪くて隙間がある場合にとても効果的なツールです。
隙間が大きい場合はデンタルフロスでは歯垢が取り切れないため、そういった際には歯間ブラシをおすすめします。
なお歯間ブラシは歯と歯の間に入らなければ使う必要はありません。デンタルフロスだけで十分です。

歯と歯の間の隙間が殆ど無いのに無理に歯間ブラシを入れると、歯ぐきを傷つけてしまい隙間が広がってしまうため逆効果です。
歯間ブラシにはワイヤーの太さで種類がいくつかありますので、自分のお口にあった適切な太さのものを使用しましょう。

ガムを噛むのは効果的?
ガムを噛む事で唾液の分泌が促進されますので、口中を浄化する作用があります。
ただし、ガムを噛むことは歯ブラシの替わりにはなりません。
またガムに砂糖が入っていると本末転倒です。

ガムを噛むときは、成分をよく見て代替糖である 『キシリトール』 が入っているものを選びましょう。
ここで注意が一つ。キシリトールが入っていても砂糖やブドウ糖加糖が入っているものはあまり効果がありません。
甘味成分としてキシリトール100%のものを選びましょう。
もし歯科医院で販売しているのであれば、まずキシリトール100%と思って間違いないでしょう。

お口の健康を保つことは虫歯と歯周病の予防だけでなく、全身の健康やインフルエンザやコロナウイルスの感染防止のためにもとても重要です。
しかし残念ながらこれらのセルフケアを頑張っていても、次第に歯垢と歯石は溜まっていきます。
そこでセルフケアに加えて、歯科医院での定期検診を活用しましょう。
歯科医院では溜まった歯垢と歯石を取り除くだけでなく、定期的に歯周ポケットを測定したりレントゲンを撮影することで、見えない病巣を早期に発見し、対処することができます。
セルフケアとプロのケアで健康な体を維持しましょう。

———————————————————

dentaltools.jpホワイトニング照射器口腔内カメラなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:16 | コメントをどうぞ