加齢で起きるお口の変化を知っていますか?

歯科衛生士として日々ブラッシング指導をしていると

『最近歯茎が下がった気がする、これは歳のせい??』

とお聞きすることがよくあります。

加齢によって起きるお口の変化として
・歯肉の退縮

・唾液な出る量の減少

・口腔機能、味覚の低下

・治療箇所の増加 があります。

1.加齢とともに歯を支えている歯槽骨が痩せていきます。そうすると歯肉退縮(歯茎が痩せる)が起こります。歯肉退縮によって根面う蝕(歯の根っこの虫歯)のリスクも上がっていきます。(歯科用インプラント装置)

2.唾液の分泌量の低下は薬の副作用や、噛む力の低下で起こります。お口の中のが乾燥すると虫歯や歯周病の進行はもちろん、細菌が増加しやすいので口臭の原因にもなります。

3.滑舌が悪くなったり、食事中むせる、噛めない食べ物が増えたりすることも加齢で起きる口腔内の変化です。(ガッタパーチャカッター)

4.治療箇所が増えるとどうしてもご自身の歯と治療箇所の境目に小さな隙間ができてしまうと言われています。そうするとプラークが付着しやすいので虫歯や歯周病のリスクも上がります。

これらは加齢によるお口の変化としてあげられます。これらの変化に対応し、少しでも長くご自身の歯で美味しく食事ができるようサポートしていけたらと思いますので、まずはご相談ください。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 18:12 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">