月別アーカイブ: 2020年11月

歯茎の不調について

皆さま歯茎が腫れたことはありますか?

歯茎が腫れるというのは、痛みの他に、咬みあわせる場合に違和感を生じたり、とても辛く、耐え難いものです。
今回は、歯茎が腫れる原因の代表的な3つについてお話したいと思います。

1.歯周病
まずとても多い歯茎の病気の代表、歯周病です。 歯茎は引き締まった状態が理想的ですが、歯周病が悪化した場合、歯周ポケットが深くなり、歯茎が腫れた状態になります。

歯茎の腫れにより、歯周ポケット内にプラークが残りやすくなるため、口腔衛生状態が悪化し、歯周病が悪化しやすくなってしまいます。 毎日の歯磨き時にお口の状態を確認する習慣をつけてみてください。 歯と歯の間の歯間乳頭が腫れていることや、歯茎が依然と比べて赤くなっていることなどに、ご自身でも早口気が付きやすくなります。

2.根尖性歯周炎
根尖性歯周炎とは、歯の根っこの先に膿が溜まった状態です。原因は、虫歯や歯周病によって起こり、歯の神経は死んでしまいます。根尖性歯周炎になった場合、歯の根っこの先端が位置するあたりが、何となく腫れている、触ると違和感があるといった症状がある場合があります。 その腫れの中には、菌が感染した結果、膿がたまっています。そのため、時間がたつ歯茎に小さなにきびのような穴が開き膿を出します。膿が出ると痛みが和らぎます。

3.智歯周囲炎
体調が悪い時や、お仕事が忙しい時や、飲み会で歯磨きを十分に行わずに寝てしまった際などに、一番奥に生えている親知らず(智歯)の周囲が腫れる場合があります。

顎の大きさによって、親知らずが、お口の中でまっすぐに生えることができない事があります。その場合、歯の頭を横にして、前の歯を押すように、半分歯茎の下に隠れた状態で生えていることが多いです。 このような場合、歯茎が被った部分の清掃が難しいため、汚れがたまりやすく、周囲の歯周ポケットが深くなりやすいです。そのため、炎症を起こしやすく、顎の下あたりまで腫れて強い痛みを生じ、お口を開けるのが大変になり食べ物や唾液を飲み込むことが難しくなることがあります。

歯茎のブクブクとした腫れは、とても不快な症状です。
多くは歯周病によるものですが、その他にも原因が潜んでいることがあります。 歯周病対策として定期的にお口のクリーニングを行い、健康なお口の中を保つお手伝いをさせていただければと思います。

——————————————————

dentaltools.jpホワイトニング照射器歯科診療ユニットなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:47 | コメントをどうぞ

ホワイトニングのQ&A(二)

ホワイトニングができない歯・向かない歯は?

次のようなケースは、ホワイトニングが出来ません。

ホワイトニングする歯に大きな虫歯や歯周病がある場合
歯の成長過程で、エナメル質や象牙質が十分に成長しきれなかった場合
セラミック・金属・プラスチックなどの人工の歯
妊娠中の方
無カタラーゼ血症の方
次のようなケースは、ホワイトニングに向きません。

歯の神経がないため変色している場合
歯が外傷を受け変色している場合。
抗生物質などの影響で歯が縞模様やグレー・茶色に強く変色している場合
薄い縞模様の色むらがある場合
エナメル質に亀裂が入っている場合
もともと知覚過敏のある歯

歯のホワイトニングでどこまで白くなる?
どのくらい白くなるかについては、個人差やその歯によっても違い、予測が困難です。1度でとても白くなる方もいますが、時間がかかる方もいらっしゃいます。例えば、日焼けで「一度でどこまで 焼けるのか?」といっても個人差があるように、歯もどこまで白くなるかについては人それぞれです。ただ、時間や回数をかければ、日焼け同様、効果の出にくい人でも徐々に白くなっていきます。白くなりやすい歯、白くなりにくい歯は年齢によっても差があり、歯年齢が若いほど白くなりやすい傾向があります。年をとると歯の組織が硬くなってホワイトニングの薬剤が歯の内部まで浸透しにくくなります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどちらが良い?
より白くなりたい人は、ホームホワイトニングの方が良いでしょう。白くなる程度、白さを維持できる期間、透明感のある仕上がり等、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも優れています。ただし、毎日1~8時間程度、最低でも2週間は継続することが必要です。また、効果が出るまで1週間から10日ほどかかるため結果を早く出したい方にはオフィスホワイトニングとの併用が効果的です。一方、オフィスホワイトニングは、基本的に1回の処置で、施術も1時間半~2時間程度で終了するため、忙しい方、根気に自信がない方にお勧めです。ただ、ホームホワイトニングと比べると短時間しか歯に薬剤を作用させないため、漂白の持続力は劣ります。

どのくらいの期間、白さを維持できるの?
ホワイトニングで白くなった歯は、セラミックなどの人工の歯と違い、お肌と同様に身体の一部です。お手入れをせずに放っておけば徐々に着色してきます。ただ着色の度合いは生活習慣や歯の質など個人差によるところが大きく事前の判断は困難です。白さを持続するためには、3ヶ月に1度くらいの定期的な歯のクリーニング、年に1・2度のタッチアップ(再ホワイトニング)が効果的です。

白さを持続するためには?
まず、タバコ、コーヒー、お茶、ワインなど着色性の強いものはできるだけ避ける方が良いのですが、やはり定期的な歯のクリーニングを受けることが一番大切です。そして、歯の黄ばみの原因は、着色だけでなく加齢により色調が濃くなることや遺伝的な本来の歯の色に戻ろうとすることなども原因しているので、半年に1度程度の割合で後戻り防止のためのホワイトニングを行うと良いでしょう。後戻り防止のホワイトニングは、オフィスホワイトニングで1回程度、ホームホワイトニングで1週間程度連続使用すれば、白さを持続することができます。

詰め物が入っている歯のホワイトニングは?
詰め物が入っている歯のホワイトニングをする場合、ホワイトニングでは詰め物自体の色を変えることができないため、詰め物を作り直すしかありません。しかし、ホワイトニングはどの程度まで白くなるか分からないため、まずはホワイトニングで希望の色まで白くして、その後ホワイトニングした歯の色にあわせて詰め物を作っていきます。

ホワイトニングの歯へのダメージは無いの?
全く問題はありません。歯にダメージを与えずに白くできるのが、ホワイトニングの最大のメリットです。

施術中や術後の痛みは?
ホワイトニングによって知覚過敏(冷たいものがしみる)が発生することがあります。オフィスホワイトニングで知覚過敏が発生した場合には、1~2日で自然に治ります。施術中に薬剤の影響で、歯ぐきが白くなったり痛みが出ることもありますが、この場合もすぐ治まりますのでご安心ください。ホームホワイトニング中に知覚過敏が発生した場合は、しばらくホワイトニングを休むことで治まります。

———————————————————
dentaltools.jp歯科用マイクロスコープ顕微鏡オートクレーブなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:53 | コメントをどうぞ