歯が黄色く或いは黒くなる原因

灰色あるいは黄色くなっている(白い線が入っている場合もある)

妊娠中や子供の時に飲んだ薬(テトラサイクリン系抗生物質)の副作用

歯は生えてくるまでに長い時間をかけて作られます。顎の骨の中で骨の基になるものが出来、それに少しずつカルシウム等の無機塩類が沈着して硬くなって歯の形になります。形がほぼ整うと歯ぐきを突き破って口の中に出てくるのです。前歯ではそれに要する期間は、4〜5年です。この間常に同じ状態で歯が形成されるのは不可能です。病気になったり薬を飲んだりすることによって、何らかの障害が現われることもあります。
歯の内部から変色しているので磨いても白くなりません。歯を削ってその部分を人工のもので置き換えて白くきれいにします。
※テトラサイクリン系抗生物質とは
化膿止めの抗生物質。エナメル質・象牙質ができる時期(母体の妊娠中や子供の時)に服用していると、これが組織中に沈着し、歯が黄色になることがあります。変色の程度は個人により異なりますが、褐色・茶色・灰色であったり、白い線になって見えることもあります。多数の歯にわたって現われます。

黒ずんでいる

歯の神経が腐ってしまったり、歯の神経をとった
虫歯が進行し、中心にある神経まで病変に侵されると、神経を取ってしまわなければなりません。死んでしまった歯は、枯木になったのと同じ状態ですから全体の色調が変わってきます。
虫歯だけでなく、打撲等によっても自然に神経が死んでしまうことがあります。痛みはほとんど感じないまま、歯全体の色が透明度を失って変色してきます。神経のない歯にとっては、削って被せるというのが最も一般的な処置法ですが、漂白という方法もあります。

——————————————————————————-

dentaltools.jp歯科用LED光重合照射器口腔内カメラなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:31 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">