月別アーカイブ: 2021年2月

定期健診が大切な理由

定期検診が歯にとって大切な理由

歯科医院に対して、「歯が痛くなってから行くところ」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。歯科医院は、歯を治療するだけではなく、虫歯や歯周病などを予防するために、定期的に通っていただくところです。ここでは、定期検診が歯にとって大切な理由を春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科が分かりやすく解説いたします。

◆虫歯や歯周病を予防することが大切

虫歯と歯周病は、どちらも進行すると歯を失う原因となる病気です。早期に治療することで、歯への悪影響を抑えることができます。しかし、普段から口の中をすみずみまでチェックすることは難しいため、気がつくと症状が進行していることがあるのです。

定期検診は、このような事態を防ぐために受ける必要があります。

◆定期検診で虫歯や歯周病を早期発見できる

患者様のお口の中をすみずみまで診察し、虫歯や歯周病、歯のトラブルの有無などをチェックします。そこで、初期の虫歯や歯周病などを発見できれば、早期治療が可能となるのです。

◆定期検診で虫歯や歯周病のリスクを抑えられる

定期検診では、お口の中の診察だけではなく、歯のクリーニングやブラッシング指導を行います。

・歯のクリーニング

スケーラーという器具で、歯についた歯垢などの汚れを取り除き、虫歯や歯周病のリスクを抑えるケアをします。また、歯の着色汚れも落とすことができます。タバコのヤニや茶渋などで歯が汚れている場合は、クリーニングを受けていただくことで、白い歯を取り戻すことが可能です。

・ブラッシング指導

虫歯や歯周病を防ぐためには、定期検診を受けていただくだけではなく、ご自宅で継続的にブラッシングをしていただく必要があります。また、ただ磨くのではなく、歯についた歯垢や汚れを落とせるように、正確かつ丁寧に磨くことが大切です。

しかし、正しく磨けているのかどうかわからない方もいらっしゃいます。ブラッシング指導では、歯の染め出しも行うため、磨けていない部分を把握いただけます。

◆まとめ

定期検診を受けていただくことで、虫歯や歯周病のリスクを抑えられます。ただし、日ごろからブラッシングを徹底していただく必要もございます。定期検診では、患者様の歯の健康を守れるようにブラッシング指導や歯のクリーニングを行っておりますので、ご活用いただければと思います。

 

——————————————————

dentaltools.jp歯科手術用無影灯ホワイトニング照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:46 | コメントをどうぞ

歯にいい食べ物は?

今回は「歯にいい」と言われている食べ物を紹介します。

・チーズ、ヨーグルト、牛乳などの乳製品

カルシウムを多く含む乳製品。カルシウムは歯を強くし、口の中の病気を予防する働きがあります。

・チェリー(さくらんぼ)

フッ素が多く含まれています。

・しいたけ、イワシなどのキノコ類・魚介類

キノコ、魚介類に多く含まれているビタミンDは、カルシウムなど歯に必要なものを消化しやすくし、カルシウムの吸収を助けます。

・にんじん、ごぼう、レタス、セロリなどの繊維質の多いもの

にんじん、ごぼう、レタス、セロリなどは繊維質が多く含まれているので「直接清掃性食品」とも言われ、噛む時に歯の表面を綺麗にしてくれます。そしてこれらは噛めば噛むほど唾液の分泌促進になり、歯を守る環境を作ってくれます。

・ひじき、海苔、わかめなどの海藻類

ひじき、海苔、ワカメなどの海藻類はpH数値が高いアルカリ性の食品なので、歯にとって非常にいい食品です。

・りんご

りんごには歯の表面を綺麗にしながら、歯やプラークなどの接着を軽減する働きがあります。海外には「1日一個のりんごは医者知らず」ということわざもあります。

これらの食品ばかり食べたら必ず虫歯や歯周病にならないというわけではありません。健康や歯を守るにはバランスの良い食事と毎日の歯磨き、定期的な検診が大切です。

————————————————————-

dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置歯科用ヘッドルーペなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:41 | コメントをどうぞ

歯間ブラシとフロスのどちらを使うべきですか?

毎日の歯磨きには、歯ブラシが必須ですよね。おそらく、歯ブラシによるブラッシングを行っていない方はいらっしゃらないかと思います。それに加えて、歯間ブラシやフロスといった補助的清掃器具を活用している人もいらっしゃいます。ただ、そこで迷うのが、歯間ブラシとフロスは、どちらを活用すれば良いかという点ですよね。

歯間ブラシとフロスの違いとは

歯間ブラシとフロスというのは、どちらも歯と歯の間をきれいにお掃除するための清掃器具です。目的が同じであるため、混同されがちですが、実は微妙に異なる点があります。まず、歯間ブラシについてですが、その名の通り器具の先端が「ブラシ」の形状をとっています。小さな取っ手がついていて、ブラシで歯と歯の間をお掃除する清掃器具です。次に、フロスについてですが、これはブラシの形状をとっていません。フロス自体は1本の糸でしかなく、歯と歯の間に挿入することで汚れを取り除きます。

歯と歯の間の隙間が広い人は歯間ブラシ

歯と歯の間に、広い隙間がある人は歯間ブラシが向いています。歯間ブラシというのは、ブラシの形状をとっているということもあり、器具自体がそれなりに太くなっているからです。そのため、一定以上の隙間がなければ、そもそもブラシを通すことができません。そして、一定以上の隙間がある人は、歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすくなっているため、歯間ブラシによる清掃が有効であるといえるのです。

フロスはすべての人におすすめ

歯と歯の間に、フロスを通す程度の隙間がある場合は、毎回のオーラルケアでフロスを活用しましょう。歯と歯の間の汚れは、歯ブラシによるブラッシングで落とすことが難しく、フロスによる清掃が必要となるからです。そのため、フロスというのは年齢に関係なく、ほぼすべての人におすすめの清掃器具といえます。

まとめ

このように、歯間ブラシとフロスには、形態や使用目的が微妙に異なりますが、ケースバイケースで使い分けていく必要があります。こうした補助的清掃器具を活用することで、虫歯予防を強化することが可能となります。

——————————————————–

dentaltools.jpタービンハンドピースエアーモーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:38 | コメントをどうぞ