歯科ホワイトニングの主な種類について

ホワイトニングとは

もともとは、米国で1989年より実用化が始まった技術で、歯のエナメル質に沈着した有機物の着色を分解して漂白するのがホワイトニングです。それ以前は歯の内部に沈着した色を取り除くことができず、表面の汚れのみを取ったり白い素材で被せ物したりといった方法しか解決策がなかった時代でした。
そんな中で登場したホワイトニングは、画期的な方法として話題になりました。当初はブリーチと呼ばれていましたが、その後、ホワイトニングという言葉が使われるようになりました。

従って、着色汚れを漂白する技術が、ホワイトニングのもともとの意味なのです。しかし現在では、漂白だけでなく歯の表面のステイン落とすだけのものであっても、ホワイトニングという言葉が使われています。混同しないよう気を付けてください。

歯医者さんなどで提供するホワイトニングプランの種類
歯医者さんで提供するホワイトニングは主に、もともとの言葉の意味どおり歯に沈着した色素を漂白するホワイトニングです。使用する薬剤の主成分は、過酸化水素や過酸化尿素を使い、漂白力の高い高濃度の過酸化水素の薬剤は、歯医者さんでしか扱えないものです。

また、歯医者さんの在籍していないホワイトニングサロンでは過酸化水素を扱えないため、主に歯の表面のステインを落とすホワイトニングとなっています。

・オフィスホワイトニング
歯医者さんで施術してもらう、高濃度の過酸化水素が主成分のホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます。

・ホームホワイトニング
歯医者さんで提供される、過酸化尿素を主成分としたホワイトニングキットを使って、自分で行うのが、ホームホワイトニングです。また、ホワイトニングキットをネットで入手して、すべて自分で行う場合も、ホームホワイトニングと呼ばれています。

・デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したものがデュアルホワイトニングと呼ばれます。歯医者さんが提供する施術メニューの一つです。

・セルフホワイトニング
歯医者さんの在籍しないホワイトニングサロンに足を運び、自分で行うのがセルフホワイトニングです。サロンでは法的に過酸化水素系の薬剤は扱えないため、漂白をしないホワイトニングが主体となります。

——————————————————-

dentaltools.jp歯科用ポータブル診療チェア超音波洗浄器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:15 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">