月別アーカイブ: 2021年5月

歯の神経って必要なの?

△~歯の神経の役割とは~

虫歯がひどくなって痛みを感じるのは、歯の中に入っている神経が痛みを感じているからです。
このような話を聞くと、「歯の神経のせいで痛いんだから、いっそのこと神経がないほうがいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。
ですが、神経を取ってしまうと、色々と困ったことが起きてしまうんです。

△歯の神経の役割

歯の神経は正式には「歯髄(しずい)」と呼ばれます。歯髄には次のような役割があります。

■ 刺激を伝える
歯にかかる様々な刺激を感知し、脳に伝えます。

■ 歯に酸素や栄養を送る
歯髄には毛細血管も入っていて、歯に酸素や栄養を補給しています。

つまり、歯の神経は歯の異常を脳に伝え、健康に保ってくれているのです。

△歯の神経がなくなるとどうなる?

歯の神経がなくなると、こんなことが起こってきます。

■ 歯にバイ菌が入っても気づかない
歯の神経がなくなると、歯に加わる刺激を感知できなくなるため、虫歯になっても「しみる、痛い」というような症状が起こらなくなります。そのため、せっかく歯が残っていても、根の奥まで虫歯が進んだり、根の奥が化膿したりする原因になります。

■ 歯の寿命が短くなる
歯の神経がなくなると、歯に栄養がいかなくなるため、枯れ木のように歯が割れやすくなります。そのため、歯の寿命が結果的に短くなってしまいます。

■ 歯の色が黒っぽくなる
歯の神経がなくなると、歯に酸素や栄養が供給されなくなるため、歯はツヤを失って黒ずみ、見た目にも悪影響が現れます。

△歯の神経がなくなっても痛みは出ます

歯の神経を抜いたらもう歯が痛くならない、というのは間違いです。
確かに歯の神経が痛みを感じることはなくなりますが、神経を抜いた歯の内部にバイ菌が入って、歯の周囲の骨に広がって化膿すると、とても強い痛みを起こします。歯の神経を守るためには、虫歯にならない、悪化させないことが大事です。
日頃のお口のケア、歯医者での定期的なケアをして、大事な神経を守っていきましょう。

—————————————————————–

dentaltools.jp電解研磨機歯科移動式口腔外バキュームなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:40 | コメントをどうぞ

歯周病で早産の危険!?

★歯周病で早産の危険が高まる

妊娠中は、おなかの赤ちゃんへの麻酔やレントゲンの影響が心配で、歯医者に行かずに我慢してしまう方もいるかもしれません。

しかし、最近の研究で、妊婦の歯周病は早産(妊娠22~36週の出産)を促し、低体重の赤ちゃんが生まれる恐れがあることが分かってきました。

歯周病の人とそうでない人を比べた早産リスクは、アメリカではなんと7.5倍、日本でも5倍に高まると言われています。
これは、早産の原因といわれるタバコやアルコール、高齢出産よりもはるかに高い数字です。

★歯周病とは?

歯周病とは、歯ぐきや歯を支えている骨などに炎症が起きる病気の総称です。

歯と歯ぐきの間に溜まった歯垢や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していき、最終的に歯を支える骨を溶かし、歯が抜けてしまいます。

歯周病はサイレントディシーズ(静かなる病気)と呼ばれるほど症状に気づきにくく、歯を失う大きな原因となっています。

歯周病患者は、20代女性では重症な方はあまりいませんが、30歳以上になると急激に増え始めます。

★なぜ歯周病で早産するの?

研究により、歯周病と早産のメカニズムが少しずつ解明されています。

それは、出産のメカニズムと一致しています。
陣痛は、子宮収縮作用のあるプロスタグランディンという物質の分泌が高まって起きます。

このプロスタグランディンの分泌を促すのが、サイトカイン。

これは炎症によって増える生理活性物質です。

歯周病は歯周病菌によって炎症を起こしている状態です。

歯の周りの炎症によりサイトカインが増加し、プロスタグランディンが分泌され、子宮が収縮し早産となるのです。

実際、歯周病の程度が重くなるにつれ、血中のサイトカインが増え、サイトカイン数値の高い人ほど出産時期が早くなっていることも解っています。

★妊娠中でも怖がらずに歯科医院へ

妊娠をすると歯がボロボロになると良く言いますが、実際そんなことはありません。

つわりで気持ち悪く歯が磨けなくなってしまったりして、むし歯や歯周病になる方が多いのです。

赤ちゃんが生まれてからは、ますますお母さんの時間が無くなり歯医者に来にくくなってしまいます。
歯茎が腫れたり、違和感を感じたりしたら、ためらわずすぐに受診してください。

また、妊娠中でもPMTCで歯をクリーニングし、健康な歯を保つよう心がけましょう!

————————————————————–

dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置歯科用デジタルX線センサーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:26 | コメントをどうぞ

金属アレルギーについて

★歯科金属アレルギーってなに?

金属アレルギーとは、金属によってアレルギー反応を起こす症状の事を言います。ネックレスや指輪などの身近な金属によって起きることが知られていますが、最近では、歯科治療で使用する金属によりアレルギーを起こす『歯科金属アレルギー』がテレビなどのメディアで注目されています。歯科金属アレルギーの症状は、皮膚炎や肩こり、頭痛など、全身に及ぶため、まさか原因が口の中の金属だと気づかず、長年症状に悩んでいる方もいらっしゃるようです。

★金属アレルギーはこうして発症する

通常金属は無害なものですが、口の中の金属が唾液などの水分によりイオン化することによって体の中に溶けだし、たんぱく質などと結びつき性質を変え、そのたんぱく質が抗原となってアレルギーを生じさせると言われています。症状は、口内炎、口唇炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬(へんぺいたいせん)、味覚異常、接触性皮膚炎、湿疹、アトピー性皮膚炎に似た症状、頭痛、肩こりなど実に様々です。アレルゲンが血流によって全身に運ばれるため、口腔内だけでなく全身に症状が現れるのです。

歯科金属アレルギーは、アクセサリーなどに比べて発症する可能性はかなり低いと言われていますが、口の中は常にだ液などの水分があるほか、飲み物や食べ物によって酸性化したり、かみ合わせや歯磨きなどによって金属が摩耗したりと、金属がイオン化しやすい環境なのです。

★歯科治療にはどんな金属が使われているの?予防法は?

歯科治療では、歯の詰め物、かぶせ物のほか、入れ歯のバネやブリッジ、矯正などに金属を使用します。保険で使うのは、金パラ合金やアマルガムなどです。金パラは、パラジウムという金属を金銀と混ぜ合わせた合金です。アマルガム(当院では扱っておりません)は銀とスズの合金に銅や亜鉛を添加した粉末を水銀で練ったもので、金属アレルギーになりやすいと言われています。

歯の治療では失った部分を人工のもので置き換える必要があるため、ある程度の強度や耐久性を持った歯科用合金が今でも多く使われています。しかしまれに金属アレルギーになってしまうことがあります。では金属アレルギーを予防するにはどうすればよいのでしょうか?それは金属を使わない歯科治療を選べばよいのです。当院ではセラミックを使ったメタルフリーの治療を用意しています。金属アレルギーの不安がないだけでなく、白くて美しく、専門の技術を持った技工士さんが精密に作るので保険治療よりずっと長持ちします。金属アレルギーがある方、花粉症などのアレルギー体質の方などに特にお勧めします。
「お口の金属治療をすべてセラミックにしたら肩こりやアレルギーが軽減した」という症例もあります。セラミックを使った自費治療で、美しく、健康に不安のない生活を送りましょう。

—————————————————————

dentaltools.jp歯科根管材料電気加熱注入器ガッタパーチャカッターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:34 | コメントをどうぞ