カテゴリー別アーカイブ: 未分類

金属アレルギーについて

★歯科金属アレルギーってなに?

金属アレルギーとは、金属によってアレルギー反応を起こす症状の事を言います。ネックレスや指輪などの身近な金属によって起きることが知られていますが、最近では、歯科治療で使用する金属によりアレルギーを起こす『歯科金属アレルギー』がテレビなどのメディアで注目されています。歯科金属アレルギーの症状は、皮膚炎や肩こり、頭痛など、全身に及ぶため、まさか原因が口の中の金属だと気づかず、長年症状に悩んでいる方もいらっしゃるようです。

★金属アレルギーはこうして発症する

通常金属は無害なものですが、口の中の金属が唾液などの水分によりイオン化することによって体の中に溶けだし、たんぱく質などと結びつき性質を変え、そのたんぱく質が抗原となってアレルギーを生じさせると言われています。症状は、口内炎、口唇炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬(へんぺいたいせん)、味覚異常、接触性皮膚炎、湿疹、アトピー性皮膚炎に似た症状、頭痛、肩こりなど実に様々です。アレルゲンが血流によって全身に運ばれるため、口腔内だけでなく全身に症状が現れるのです。

歯科金属アレルギーは、アクセサリーなどに比べて発症する可能性はかなり低いと言われていますが、口の中は常にだ液などの水分があるほか、飲み物や食べ物によって酸性化したり、かみ合わせや歯磨きなどによって金属が摩耗したりと、金属がイオン化しやすい環境なのです。

★歯科治療にはどんな金属が使われているの?予防法は?

歯科治療では、歯の詰め物、かぶせ物のほか、入れ歯のバネやブリッジ、矯正などに金属を使用します。保険で使うのは、金パラ合金やアマルガムなどです。金パラは、パラジウムという金属を金銀と混ぜ合わせた合金です。アマルガム(当院では扱っておりません)は銀とスズの合金に銅や亜鉛を添加した粉末を水銀で練ったもので、金属アレルギーになりやすいと言われています。

歯の治療では失った部分を人工のもので置き換える必要があるため、ある程度の強度や耐久性を持った歯科用合金が今でも多く使われています。しかしまれに金属アレルギーになってしまうことがあります。では金属アレルギーを予防するにはどうすればよいのでしょうか?それは金属を使わない歯科治療を選べばよいのです。当院ではセラミックを使ったメタルフリーの治療を用意しています。金属アレルギーの不安がないだけでなく、白くて美しく、専門の技術を持った技工士さんが精密に作るので保険治療よりずっと長持ちします。金属アレルギーがある方、花粉症などのアレルギー体質の方などに特にお勧めします。
「お口の金属治療をすべてセラミックにしたら肩こりやアレルギーが軽減した」という症例もあります。セラミックを使った自費治療で、美しく、健康に不安のない生活を送りましょう。

—————————————————————

dentaltools.jp歯科根管材料電気加熱注入器ガッタパーチャカッターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:34 | コメントをどうぞ

歯がしみる・・・知覚過敏について

冷たいものを食べたり飲んだ時に、歯が「キーン」としみることがあります。

また歯ブラシをしているときも、「ズキン」としみることがあります。
虫歯があればそこから痛みが出ますが、虫歯でもないのに歯がしみる場合は 『知覚過敏』 の可能性があります。

今回はこの知覚過敏について説明をいたします。
1、『知覚過敏』とは?
歯は主に表面の『エナメル質』とその内面と根の大部分を占める『象牙質』、そして歯の中心にある知覚を感じる『歯髄』からなっています。
この中心にある歯髄は、痛みのみを感じる神経と歯に栄養を送ったり歯を硬くする細胞を送ったりする血管が混ざったものになります。

冷たいものなどの刺激が歯にあたっても通常は固いエナメル質で守られているため、中心の歯髄にまで伝わりません。
しかし何らかの原因でエナメル質の内側の象牙質に当たると、そこから歯髄に刺激がさらに伝わって鋭い痛みになるのです。
象牙質はエナメル質と同様に硬い組織ですが、顕微鏡で見ると歯髄まで無数の管が走っています。
これを『象牙細管』といいます。

刺激はこの象牙細管を伝わって、痛みを感じる歯髄に達することでまるで電気が走るようにしみるのです。

2、『知覚過敏』の原因は?
知覚過敏は様々な原因で発生します。
最もよくある原因は歯ブラシのしすぎです。
歯を磨くことはとてもいいことですが、多くの人は力を入れすぎています。
特に朝は忙しいため、歯ブラシも短時間で終わらせるのでつい力を入れすぎてしまいます。
また食後すぐに歯を磨くと口の中が酸性のため、歯の表面のエナメル質や象牙質が削れてしまいます。

歯を磨くのは食後30分経たってからにしましょう。
その他の原因として多いのは、歯周病による歯の根の露出です。
歯周病は歯茎の奥の実際に端を支えている顎の骨が細菌の出す酸で溶けてしまう病気です。
それはゆっくりと進むため自覚症状がないまま進行していき歯の根が露出してきてようやくしみるなどの症状が出るようになります。
また加齢による歯肉の退縮も歯の根が露出することで知覚過敏になります。

そしてとても怖いのが、歯ぎしり・食いしばりによる知覚過敏です。
寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをする人が多いのですが(皆さん寝ているのでほとんど自覚はありません)、強い力で歯が揺さぶられるので全体に歯の根が露出してしみるようになります。
歯が全体にしみると感じたら歯ぎしり・食いしばりをしている可能性があります。

歯ぎしり・食いしばりはしみるだけでなく、歯肉と骨の吸収や歯をする減らしたりかけたり被せ物が壊れたりしていきますので、出来るだけ早く歯科医院で歯を保護するマウスピースを作ってもらってください。
ただし、口の中は自分ではよく見えないため、知覚過敏だと思っていても虫歯の可能性もありますから気をつけてください。

3、『知覚過敏』を防ぐには?
歯ブラシは強く当てずに、食後30分以上経ってから磨くようにしましょう。
また歯ぎしり・食いしばりのある方はマウスピースを作りましょう。
歯科医院では、しみ止めの薬を塗ることで改善することがあります。
薬局ではしみ止め成分の入った歯磨き粉もあります。

——————————————————————–

dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置歯科用デジタルX線センサーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:29 | コメントをどうぞ

タバコについて

タバコは体にとって悪いものだという認識はみなさん持っていると思います。

実際、タバコの煙には約4000もの化学物質が含まれており、200〜300種類が発癌物質や有害物質で出来ています。
タバコを普段吸っている人は、歯周病にかかりやすくなったり治療して一生懸命ケアをしたとしても、悪くなったり治りにくくなってしまうのです。

なぜなら、普段タバコを吸う人は歯茎からの出血が少なく腫れにくいため、歯周病になってしまっても自分自身で気付かない人がとても多いのです。
そしてタバコの煙に含まれるニコチンは、神経を縮ませてしまう作用があります。
同じように、タバコの煙に含まれている一酸化炭素は酸素を届けるのを妨げてしまうような作用があります。
なので、常に酸素と栄養が行き届いてないような状態が続きます。
このような状況だと、歯周病の菌と戦う力が弱まってしまうので、いくら治そうとして治療を頑張ってもタバコが原因でなかなか歯周病が治らないのです。

またタバコを吸うと口臭がきつくなったり、歯にはヤニがついて黄ばんできたり、歯茎まで黒っぽくなってしまいます。
ヤニとして歯の表面につくと、そこがザラザラとして残ってしまうのでそこに新たに歯周病や虫歯の元になる菌が付きやすくなってしまうのです。
このようにタバコと歯周病の関係は大いにあることが分かります。
さらに、お母さんがタバコを吸っている場合、子どもにはどのような影響があるのでしょうか。

先天性の口蓋裂や口唇裂は、タバコが原因で起こることが多いことがわかっています。
さらに親のタバコの煙をこどもが吸ってしまうことが原因で、こどもの虫歯が増えてしまうこともわかっているのです。
また、タバコの煙によって歯茎が黒くなってしまったり、周りの人にも悪い影響を与えてしまいます。
タバコは歯周病や子どもに影響があるということ以外にも、インプラントを入れた場合予後がとても悪くなってしまって、最悪の場合脱落してしまったり。

口の中にできる、口腔ガンの原因にもなることがあります。
しかし、喫煙習慣がある人が禁煙をすることはなかなか難しいことだと思います。
歯や全身に悪影響を及ぼすタバコ。
もしやめたいと思っていても、なかなか辞められないという方は、禁煙外来やニコチンパッチなどを使ってこの機会に禁煙に取り組んでみてはいかがでしょうか。

———————————————————-

dentaltools.jpLED照射器モデルトリマーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:19 | コメントをどうぞ

口腔ケアでインフルエンザ予防

★インフルエンザはどのように感染するの?

インフルエンザの感染経路は、咳やくしゃみが飛沫したものを吸い込む飛沫感染と、ウイルスが付着したものに触れたりする接触感染です。
鼻やのどの粘膜に付着し細胞内に侵入したインフルエンザウイルスは、プロテアーゼやノイラミニダーゼという酵素を使って、自分の体を細胞内に放出し、増殖して感染を拡大します。

★高齢者への口腔ケアによるインフルエンザの予防効果が実証された!

ある実験で、在宅療養中の高齢者を『口腔ケア群』と『コントロール群』の2グループに分けました。

口腔ケア群は歯科衛生士による専門的口腔ケアと集団口腔衛生指導を、コントロール群は本人や介護者による従来の口腔ケアを行い、インフルエンザの流行する冬期6ヶ月の発症者を追跡しました。
その結果、口腔ケア群はコントロール群に比べ、インフルエンザ発症者が1/10であることが分かりました。

★インフルエンザを予防するには

インフルエンザの予防には、なんといっても『ワクチンの接種』が有効です。

ワクチンを打っても感染することがありますが軽くてすみます。

そして、マスクの着用とうがいによる飛沫感染の予防、手洗いによる接触感染の予防が大切です。

さらに、丁寧な歯磨きです。朝起きてすぐ、毎食後と寝る前に歯磨きをすることで、口腔内に入ったインフルエンザウイルスを流しだしましょう。

★クリーニングを受けましょう

ところで、どんなに丁寧に自分で歯磨きしても、歯垢は6割程度しか取れていません。

残った歯垢は、歯科医院でのプロの手で掃除をする必要があります。

————————————————–

dentaltools.jp歯科用開口器歯科用スリーウェイシリンジなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:05 | コメントをどうぞ

セルフケアの種類と方法について

今回は、『セルフケアの種類と方法』 について説明いたします。

セルフケアの基本は歯ブラシ
虫歯と歯周病を防ぐためにまず行うことは、やはり毎日の歯ブラシです。
しかし、歯ブラシもやり方を間違えると逆効果になったり、歯と歯ぐきを傷つけてしまいます。
まず歯ブラシの回数ですが、できれば一日3回、通常でも2回はしましょう。
歯ブラシのタイミングは、夜寝る前と朝起きた時です。
夜寝ているときは唾液の用が少なくなります。
すると唾液で食べかすや歯垢を洗い流す作用が減少して、細菌が大繁殖します。
虫歯や歯周病の原因菌が増えることで、次第に虫歯や歯周病になるのです。
口の中だけでなく、細菌を飲み込むことで体調不良になることもあります。

夜寝る前と朝一番に歯を磨くことで、細菌の繁殖を防ぐことができるのです。
また最近の常識として、食後すぐの歯磨きはお口に残っている食べ物が研磨剤や歯を溶かす酸として働いてしまい歯を傷つけてしまうため、しないほうがいいとされています。
最低でも食後30分経ってから歯を磨くようにしましょう。
「食後3分以内に磨こう!」というフレーズは過去の常識です。
今では歯にとって良くないということがわかっていますので、このフレーズは忘れてしまいましょう。
歯ブラシの種類ですが、基本的には毛先が細くて硬さは普通のものがおすすめです。

毛先が細いほうが、前回ご説明した歯周ポケットの奥まで入ってくれるので効果的です。
あまり柔らかすぎる歯ブラシは毛先がそっくり返ってしまうので歯垢が取れません。
歯周病が進んで普通の硬さの歯ブラシだと痛くて磨けない、といった場合に使うようにしましょう。

硬い歯ブラシは、女性など手の力が弱くて歯垢を落としきることができない場合は有効です。
ただし毛先が硬いと弾力が少なくて隙間に届きにくくなります。
たまに、「歯ブラシが硬くないと磨いた気がしない」 といった方がいらっしゃいますが、歯がどんどん削れて歯がしみる『知覚過敏』になってしまったり、歯の柔らかい部分が露出して虫歯になりやすくなってしまいますので気をつけましょう。

洗口剤を活用しよう
液体タイプのセルフケア商品には大きく分けて2種類あります。
一つは歯ブラシをする前に口に含む 『液体ハミガキ』 です。
液体ハミガキはデンタルリンスとも言います。

これは一般的なペースト状の歯磨き粉の替わりに使用します。
様々な薬用成分が歯を磨いた際に効果があります。
もう一つは歯ブラシの後に使用する、『洗口剤』 です。
洗口剤はマウスウォッシュと呼ばれています。

歯ブラシをしてお口をすすいだ後に使用することで、口中の殺菌・消毒、口臭の防止、歯垢と歯石の沈着予防に効果があります。
マウスウォッシュをした後は口をすすぐことはしません。効果が半減してしまいます。
さらにどちらのタイプもアルコールタイプとノンアルコールタイプがあります。

アルコールタイプは殺菌効果や清涼効果が高いのですが、刺激が強かったり口内炎や傷があるとすごくしみるため使用できません。
ノンアルコールタイプは刺激が少ないので万人向けです。
ただしお口をブクブクすると泡だらけになってしまうのでやや使いづらいです。

デンタルフロスや歯間ブラシを活用しよう
どんなに丁寧に歯ブラシをしても、歯と歯の間の歯垢は落とせません。
たいてい虫歯になりやすいところは歯と歯の間なのです。
そこで役に立つのが 『デンタルフロス』 と 『歯間ブラシ』 です。
デンタルフロスは細い糸で歯と歯の間に通します。
種類も色々ありますが、おすすめはワックスが付いていて滑りが良いタイプです。

歯間ブラシは金属製の細くて短いワイヤーにナイロンの毛先が巻きつけてあります。
歯周病で歯と歯の間に隙間ができてしまったり、歯並びが悪くて隙間がある場合にとても効果的なツールです。
隙間が大きい場合はデンタルフロスでは歯垢が取り切れないため、そういった際には歯間ブラシをおすすめします。
なお歯間ブラシは歯と歯の間に入らなければ使う必要はありません。デンタルフロスだけで十分です。

歯と歯の間の隙間が殆ど無いのに無理に歯間ブラシを入れると、歯ぐきを傷つけてしまい隙間が広がってしまうため逆効果です。
歯間ブラシにはワイヤーの太さで種類がいくつかありますので、自分のお口にあった適切な太さのものを使用しましょう。

ガムを噛むのは効果的?
ガムを噛む事で唾液の分泌が促進されますので、口中を浄化する作用があります。
ただし、ガムを噛むことは歯ブラシの替わりにはなりません。
またガムに砂糖が入っていると本末転倒です。

ガムを噛むときは、成分をよく見て代替糖である 『キシリトール』 が入っているものを選びましょう。
ここで注意が一つ。キシリトールが入っていても砂糖やブドウ糖加糖が入っているものはあまり効果がありません。
甘味成分としてキシリトール100%のものを選びましょう。
もし歯科医院で販売しているのであれば、まずキシリトール100%と思って間違いないでしょう。

お口の健康を保つことは虫歯と歯周病の予防だけでなく、全身の健康やインフルエンザやコロナウイルスの感染防止のためにもとても重要です。
しかし残念ながらこれらのセルフケアを頑張っていても、次第に歯垢と歯石は溜まっていきます。
そこでセルフケアに加えて、歯科医院での定期検診を活用しましょう。
歯科医院では溜まった歯垢と歯石を取り除くだけでなく、定期的に歯周ポケットを測定したりレントゲンを撮影することで、見えない病巣を早期に発見し、対処することができます。
セルフケアとプロのケアで健康な体を維持しましょう。

———————————————————

dentaltools.jpホワイトニング照射器口腔内カメラなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:16 | コメントをどうぞ

歯科ホワイトニングの主な種類について

ホワイトニングとは

もともとは、米国で1989年より実用化が始まった技術で、歯のエナメル質に沈着した有機物の着色を分解して漂白するのがホワイトニングです。それ以前は歯の内部に沈着した色を取り除くことができず、表面の汚れのみを取ったり白い素材で被せ物したりといった方法しか解決策がなかった時代でした。
そんな中で登場したホワイトニングは、画期的な方法として話題になりました。当初はブリーチと呼ばれていましたが、その後、ホワイトニングという言葉が使われるようになりました。

従って、着色汚れを漂白する技術が、ホワイトニングのもともとの意味なのです。しかし現在では、漂白だけでなく歯の表面のステイン落とすだけのものであっても、ホワイトニングという言葉が使われています。混同しないよう気を付けてください。

歯医者さんなどで提供するホワイトニングプランの種類
歯医者さんで提供するホワイトニングは主に、もともとの言葉の意味どおり歯に沈着した色素を漂白するホワイトニングです。使用する薬剤の主成分は、過酸化水素や過酸化尿素を使い、漂白力の高い高濃度の過酸化水素の薬剤は、歯医者さんでしか扱えないものです。

また、歯医者さんの在籍していないホワイトニングサロンでは過酸化水素を扱えないため、主に歯の表面のステインを落とすホワイトニングとなっています。

・オフィスホワイトニング
歯医者さんで施術してもらう、高濃度の過酸化水素が主成分のホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます。

・ホームホワイトニング
歯医者さんで提供される、過酸化尿素を主成分としたホワイトニングキットを使って、自分で行うのが、ホームホワイトニングです。また、ホワイトニングキットをネットで入手して、すべて自分で行う場合も、ホームホワイトニングと呼ばれています。

・デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したものがデュアルホワイトニングと呼ばれます。歯医者さんが提供する施術メニューの一つです。

・セルフホワイトニング
歯医者さんの在籍しないホワイトニングサロンに足を運び、自分で行うのがセルフホワイトニングです。サロンでは法的に過酸化水素系の薬剤は扱えないため、漂白をしないホワイトニングが主体となります。

——————————————————-

dentaltools.jp歯科用ポータブル診療チェア超音波洗浄器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:15 | コメントをどうぞ

口腔習癖が及ぼす歯列不正について

今日は、「口腔習癖が及ぼす歯列不正」についてお話したいと思います。

歯列不正とは、シンプルに表現すると、「歯並びが悪い状態」です。
歯並びが悪い状態では、口元が気になったり、笑うことが苦手になるなど、精神的に辛い部分があると思います。
それだけではなく、健康面にも悪影響が出ることもあります。

例えば、歯並びが悪いと歯ブラシが汚れに届きにくいため、歯周病や虫歯へのリスクが高まります。
歯列不正は、見た目だけでなく心や体の健康に悪影響を及ぼすことがあるのです。

歯列不正の例では、以下のような場合が当てはまります。

顎が小さく歯が収まりきらない
上顎や下顎が突き出ていて噛み合わせが悪い
顎と歯のバランスが悪い などです。

しかし、幼少の頃からしっかり噛んで食べて顎を使うことで、生活習慣から歯列不正の症状を少しでも抑えることができます。

歯列不正の原因は、「遺伝など先天的な原因」と「生活習慣など後天的な原因」の2つに分けられます。

先天的な原因を防ぐことは難しいですが、生活習慣が原因の場合は事前に防ぐことができます。

歯の大きさは平均的なサイズはありますが、個人差があります。
その本人の歯の幅に対して顎の成長が劣っている場合、顎のアーチの中に並ぶことが出来なくなって歯列不正になってしまったり、日常の悪習癖から歯の移動や顎の変形によって歯列不正になったりもします。

歯並びを悪くする癖には…

①指しゃぶり
この癖が続いていると開咬や上顎前突という歯列不正になってしまいます。

開咬は、奥歯を噛み合わせても前歯が噛み合わずに開いてしまう状態です。
気づかずに奥歯を使いすぎている場合があり、顎の関節や筋肉に相当な負荷をかけて顎関節症を併発していることもあります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)は、前歯や歯茎や上顎が飛び出している状態です。
出っ歯とも呼ばれていて、見た目が悪いだけではなくケガをしやすかったり、咀嚼がしにくくなるデメリットがあります。

②口呼吸や口をいつも開けている事
ほとんどの人が自分は、鼻呼吸をしていると思っていて気づいていない事が多いようです。
日本人の小学生以下の幼児は、8割近くが口呼吸をしているという調査結果もあります。
口呼吸は、舌の位置を悪くするため、上顎前突、開咬、反対咬合(かみ合わせが逆の状態)また頬の圧力が内側にかかるため上の歯の歯列に影響して上あごが狭くなったり、それによって叢生と様々な歯列不正になります。

叢生(そうせい)、顎が大きさが小さいなどの原因で歯が生えるスペースが足りず歯が凸凹している状態を指します。
ほかにも、幼少に指や舌を噛む癖があると叢生になる可能性が高まります。

叢生を放置した場合、歯ブラシがしづらいため歯周病や虫歯びリスクがあり、口臭が悪化しやすくなります。

③頬杖や横向き寝やうつぶせ寝
頭の重さは、3Kg∼5Kgと言われています。
歯を動かすための矯正でかける力は、100g以下ですので、30倍以上の力がかかってしまったら容易に歯が移動したり、顎の変形が起こってしまうのも理解できると思います。
また部分的に上下のかみ合わせが反対になってしまう交叉咬合になる場合もあります。

④唇や舌をかむ癖
下口唇を噛むため、下の歯は、内側に倒れて上の歯は、前方へ出されるため上顎前突になったり唇の厚み分上下の歯の間に隙間が出来る開咬になったりします。

⑤爪を噛む癖
歯に隙間が出たり(すきっ歯)することがあります。

⑥片側噛み
いつも同じ方向ばかりで噛んでいると片側ばかり負担がかかってしまい、歯並びを悪くしたり、顔のゆがみが出たりすることもあります。

⑦舌の位置
舌は普段食べたり話したりしていない安静にしている時は、舌の先端の部分が、上の前歯の少し後方の口蓋の部分にありますが、人によっては、この安静にしている時に上の前歯の根元の部分を押していたり、下の前歯の根元の部分を押していたりする癖のある人がいます。
その場合舌の押している場所によって、上顎前突や反対咬合になったりします。

歯列不正の割合は叢生が1番多いといわれています。
歯列不正のうち「叢生」が44.3%を占めています。(厚生労働省平成23年歯科疾患実態調査より)[注1]
日本では可愛いと言われる八重歯も叢生の一種です。
生活習慣のなかにも歯列不正の原因が潜んでいる場合があるので、少しでも当てはまるようだったら、改善するよう心がけてみてください。

——————————————————–

dentaltools.jp歯科用サクション・バキューム紫外線uv殺菌灯などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:21 | コメントをどうぞ

タバコと歯周病の関係性

皆さんは、喫煙習慣と歯周病には密接な関係があることをご存知でしょうか?タバコといえば、肺炎や肺がんなど、呼吸器に対する悪影響が大きい疾患であるだけに、口腔疾患である歯周病との関連はなかなかイメージしにくいですよね。そこで今回は、タバコと歯周病の関係性について詳しく解説します。

▼タバコは歯周病のリスク因子

歯周病には、細菌の温床となる歯垢や歯石以外にもいくつかのリスク因子が存在しています。例えば、糖尿病やストレスなどが有名ですが、実は喫煙習慣も歯周病のリスクを引き上げるということが科学的に証明されています。ですから、毎日吸うたばこの本数が多ければ多いほど、歯周病にかかるリスクは高まるものとお考えください。

▼タバコは歯周組織の血行を悪くする

タバコの煙には、血管を収縮させる作用があることから、歯茎を始めとした歯周組織の血行を悪くする作用が存在しています。その結果、歯茎など末梢の組織の免疫力が低下し、歯周病菌に感染しやすくなるのです。

▼タバコのヤニが細菌の温床となる

タバコに含まれるヤニは、ベタベタとした粘着性の物質で、歯の表面にへばりついてしまいます。そこを足場として、歯周病菌が定着し、感染を起こすまでに繁殖するのです。

▼口腔乾燥によって細菌の繁殖が促進される

喫煙習慣があると、口腔内が乾燥しやすくなり、唾液による自浄作用や殺菌作用、抗菌作用などが期待できなくなります。そうなると、歯周病菌の活動も旺盛となるのは容易に想像できますよね。ちなみに、口腔乾燥は歯周病菌だけではなく、虫歯菌やカンジダ菌などその他の細菌、真菌の活動も活性化させるため要注意です。

▼まとめ

このように、タバコを吸う習慣があると、歯周病のリスクは明らかに上昇しますので、できれば禁煙することが大切です。喫煙習慣をやめることは、歯周病の予防につながるだけでなく、全身の健康にも大きく寄与しますので、積極的な禁煙をおすすめいたします。

———————————————

dentaltools.jp歯面清掃用ハンドピース歯科ポータブルデジタル式X線診断装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:01 | コメントをどうぞ

歯磨きは1日何回を目安に実施すべきですか?

歯磨きは、虫歯や歯周病を予防する上で、何よりも大切な習慣です。毎日、適切な方法で磨くことで、プラークフリーな状態を作りだし、口腔内を清潔に保つことができます。そんな歯磨きは、1日何回行うのが適切なのか、あまり知られていませんよね。適切なブラッシング法を実践していても、歯磨きの回数が不適切だとオーラルケアも不十分となってしまいます。

毎食後ブラッシングするのが理想

理想的な歯磨きの回数は、毎食後です。食事をする度に、歯ブラシでブラッシングすることで、虫歯や歯周病の予防を徹底することができます。ですから、1日3回、朝昼晩と食事をとる人は、合計3回歯磨きするのがベストといえるでしょう。さらに、間食もしている人は、その都度、食事が終わるごとに歯磨きをすれば、お口の中に汚れがたまることはなくなります。

1日1回は時間をかけて丁寧に磨く

1日3回、歯磨きをすることは、現実的になかなか難しいという人も多いでしょう。とくに、昼食に関しては、学校や職場などでとることが多く、食後にブラッシングする時間や場所がないことも少なくありません。そういった場合は、1日2回でも構いませんので、朝晩としっかり歯を磨きましょう。とくに1日1回は、10分以上時間をかけて歯磨きする習慣を身に付けましょう。なぜなら、1日1回でもプラークフリーな状態を作ることができれば、虫歯や歯周病の発症リスクを大幅に下げることができるからです。

眠る前にしっかり磨くのがおすすめ

1日で最も重要なのは、眠る前の歯磨きです。眠っている間は唾液の分泌が低下し、細菌の活動が活発化するからです。そのため、眠る前にお口の中が汚れていると、虫歯や歯周病のリスクが急激に上昇します。ですから、1日1回しっかりと時間をかけて磨くのは、夕食後あるいは眠る前が一番といえます。

まとめ

このように、歯磨きの回数の目安というのは、毎食後がベストといえます。何か口の中に食べ物を入れたら、お口の綺麗にする習慣を身に付けましょう。より効果的に歯垢を除去して頂くために、PHILIPSのソニックケアという超音波歯ブラシをホームケアにお勧めしております。通常の電動歯ブラシとは違い、超音波による振動で汚れを浮かせて取り除ける優れものです!

—————————————————————–

dentaltools.jp電気式歯髄診断器根管長測定器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:54 | コメントをどうぞ

定期健診が大切な理由

定期検診が歯にとって大切な理由

歯科医院に対して、「歯が痛くなってから行くところ」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。歯科医院は、歯を治療するだけではなく、虫歯や歯周病などを予防するために、定期的に通っていただくところです。ここでは、定期検診が歯にとって大切な理由を春日部市、武里の歯医者、やまもと歯科が分かりやすく解説いたします。

◆虫歯や歯周病を予防することが大切

虫歯と歯周病は、どちらも進行すると歯を失う原因となる病気です。早期に治療することで、歯への悪影響を抑えることができます。しかし、普段から口の中をすみずみまでチェックすることは難しいため、気がつくと症状が進行していることがあるのです。

定期検診は、このような事態を防ぐために受ける必要があります。

◆定期検診で虫歯や歯周病を早期発見できる

患者様のお口の中をすみずみまで診察し、虫歯や歯周病、歯のトラブルの有無などをチェックします。そこで、初期の虫歯や歯周病などを発見できれば、早期治療が可能となるのです。

◆定期検診で虫歯や歯周病のリスクを抑えられる

定期検診では、お口の中の診察だけではなく、歯のクリーニングやブラッシング指導を行います。

・歯のクリーニング

スケーラーという器具で、歯についた歯垢などの汚れを取り除き、虫歯や歯周病のリスクを抑えるケアをします。また、歯の着色汚れも落とすことができます。タバコのヤニや茶渋などで歯が汚れている場合は、クリーニングを受けていただくことで、白い歯を取り戻すことが可能です。

・ブラッシング指導

虫歯や歯周病を防ぐためには、定期検診を受けていただくだけではなく、ご自宅で継続的にブラッシングをしていただく必要があります。また、ただ磨くのではなく、歯についた歯垢や汚れを落とせるように、正確かつ丁寧に磨くことが大切です。

しかし、正しく磨けているのかどうかわからない方もいらっしゃいます。ブラッシング指導では、歯の染め出しも行うため、磨けていない部分を把握いただけます。

◆まとめ

定期検診を受けていただくことで、虫歯や歯周病のリスクを抑えられます。ただし、日ごろからブラッシングを徹底していただく必要もございます。定期検診では、患者様の歯の健康を守れるようにブラッシング指導や歯のクリーニングを行っておりますので、ご活用いただければと思います。

 

——————————————————

dentaltools.jp歯科手術用無影灯ホワイトニング照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:46 | コメントをどうぞ