暗闇の中の光の基本

ダンが彼女をまったく愛していないのであれば、すでに長い間別々の生活を送っているはずだと考えました.でも神様の恵みは本当に素晴らしく、今に至るまで、彼らは夜も同じ毛布を共有しています。ダンとヘラーは今でも愛し合っており、同じ屋根の下で一緒に生活を送っています。感情的なことに加えて、優れたアイデアも彼女の頭に浮かびました。彼女の感情に彼女を落ち込ませるのではなく、彼女の創造性と並行してそれを使用してみませんか?彼女は、このシナリオを使用して脚本の脚本を書くという素晴らしいコンセプトを思いつきました。

ダッチワイフについての有名なショーについて話しましょう

脚本はこんな感じ。ヘラーはセクシー ドールと出会い、仲良くなる。人形の性格には、彼女に話しかけ、彼女自身の良心、自信、執筆パートナーを表すさまざまなことを話す能力が含まれます。この物語は、人形が自分の不完全さを語りかけ、足りないと言っているようなものです。ご覧のとおり、これが彼女の本当の気持ちです。

粘り強く脚本を書き上げた後、彼女は脚本をダンに手渡した。彼女のパートナーはストーリーの進め方が好きで、大賛成です。多分、ダンは台本を読んで何かに気付いたのだろう。それはおそらく彼の内面に深く突き刺さったのでしょうそれは、ダンがラブドールを取り除く方法を見つけ、代わりに彼女の本当の人間のパートナーだけに集中したためです。後者の終わりに、彼らはより忠実で愛情のあるカップルとしてもう一度やり直しました.この時点で、Heller は、Dan はいつも彼女のためにそこにいるので、Dan はセックス人形を本当に必要としないと言うことができます。彼が必要なときはいつでも、彼女は彼女のベビードールになることができます。

驚くべきスクリプト

彼らは Quibi という名前の 10 億ドル規模のビデオ アプリ プロバイダーと連絡を取りました。次のステップは、その役割を果たすのに最適な俳優と女優を見つけることです。トロールズのスーパースターであるアナ・ケンドリックは、脚本への関心を伝え、最終的に製作提携を結びました。ドナル・ローグがダンを演じ、メレディス・ハグナーがダッチワイフの声になりました。ショーは大成功と言えるでしょう。特に、コロナウイルスとの接触を避けるために家にいるという世界的なキャンペーンに非常に関連するタイムリーなコンセプトです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者otonadoll1 18:23 | コメントをどうぞ

社会はセックスロボットの到来を懸念している

セックス ロボットやセックスボットは、セックスや人間関係の未来に関する会話の一部になりつつあります。

現在、いくつかの企業が、人々に交際と性的快楽を提供することを目的としたロボットを開発しています。これらの人形のいくつかはすでに市場に出ています。また、キャビネットに隠して販売される大人のおもちゃや典型的なlove dollとは異なり、セックスボットは主流になる可能性を秘めています。この考えは、2017 年の調査によると、アメリカ人の半数が、50 年以内に人間とロボットの性交が一般的になると考えているというものです。

定義されたセックスロボット

セックス ロボットという言葉の普遍的に受け入れられている定義を見つけることはできません。これは重要ではないように思われるかもしれませんが、それらを規制または禁止することは、sex 人形はどのような提案においても深刻な問題になります。主な問題は、セックス ロボットとセクシー ロボットをどのように区別するかです。

人気 ラブドールには魅力的で性的に満足するロボットはセックスロボットと呼べるのでしょうか?

議会が大人のおもちゃをどう扱うかのように、使用目的に基づいてセックス ロボットを定義することを検討することができます。たとえばアラバマ州では、政府は性玩具の販売を完全に禁止し、主に人間の生殖器をシミュレートするために使用されるデバイスを対象としています。ただし、上記の定義はセックス ロボットには適用できません。これは、セックス ロボットがユーザーにセックス以上のものを提供するためです。これらのロボットは、ユーザーの感情に関与するために使用できる自己学習アルゴリズムと統合されています。

社会はセックスロボットの到来を懸念している

たとえば、アーティストのスカーレット・ヨハンソンに似た AI ボットであるマーク 1 ロボットは、そのセクシーな外観のためにセックス ロボットとして分類されています。ただし、その作成者であるリッキー・マ・ツズ・ハンは、マーク1は性的快楽を提供することを意図したものではないと明確にしています。むしろ、昼食の準備や高齢者の付き添いなど、あらゆる種類の作業を支援することを期待して彼が作成したロボットです。

セックスロボットに関する法的問題

2003 年にさかのぼる画期的な事件、ローレンス対テキサス事件では、最高裁判所はテキサスのソドミー法が無効であると判断し、学者が性的プライバシーの権利と見なす新しい法律を制定しました。現在、ローレンスをどのように使用して州が性具の販売を制限すべきかについて、いくつかの議論があります。これまでのところ、アラバマ州での性玩具の禁止は確認されています。しかし、州が企業にセックスロボットの販売を大規模に懲戒することは不可能に思えます。それでも、子供に似たセックス ロボットに関する禁止は別のケースです。米国で子供のようなセックス ロボットがすでに販売されているかどうかはまだ確認されていませんが、子供のようなセックス ロボットの可能性により、2017 年に CREEPER または抑制の現実的な搾取的な電子小児性ロボット法が可決されました。一般の人々は、子供のようなセックスボットを禁止しようとするいくつかの試みをまだ目にしていません。ただし、これらの禁止が憲法上の課題よりも長生きするかどうかは明らかではありません。さらに、最高裁判所は、児童ポルノの制限は修正第 1 条に違反しないと述べた。これは、州が、描写する子供たちへの児童ポルノの影響を減らすことに関心を持っているためです。しかし、州はまた、1996 年の児童ポルノ防止法は、実際の子供が関与しない児童ポルノを禁止しようとする試みを考えると、広範すぎるとも指摘した。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者otonadoll1 18:42 | コメントをどうぞ

Hello world!

Blog総合管理へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

カテゴリー: 未分類 | 投稿者otonadoll1 09:37 | 1件のコメント