カテゴリー別アーカイブ: テニス一般

3勝(王手、リーチ)とりながら!

ジョコビッチが年間グランドスラムに3勝(王手、リーチ)となりながら、全米の敗戦で、達成できませんでした。

オープン化以降では、年間グランドスラム達成はロッドレーバーだけですが、今回と同様、3勝までいき、あと一勝で惜しくも達成出来なかったことがあったよなと調べました。

以下、左から、年、全豪、全仏、全英、全米の順で優勝者を記載しています。

・1974年:コナーズ、ボルグ、コナーズ、コナーズ  *テニスを始めた頃で記憶に鮮明です。

・1988年:ビランデル、ビランデル、エドベリ、ビランデル  *ほとんど知らない?

・2004年:フェデラー、ガウディオ、フェデラー、フェデラー

・2006年:フェデラー、ナダル、フェデラー、フェデラー  *全仏のナダルが壁

・2007年:フェデラー、ナダル、フェデラー、フェデラー  *全仏のナダルが壁

・2010年:フェデラー、ナダル、ナダル、ナダル

・2011年:ジョコビッチ、ナダル、ジョコビッチ、ジョコビッチ *全仏のナダルが壁

・2015年:ジョコビッチ、ワウリンカ、ジョコビッチ、ジョコビッチ *全仏で伏兵のワウリンカが阻む

・2021年:ジョコビッチ、ジョコビッチ、ジョコビッチ、メドベージェフ

こうして見ると、現在のビッグ3が如何に、とんでもないプレイヤーかと、あらためて思います。

いや、現在ではなく、テニス史上のビッグ3かな。

この時代に、錦織がいたのが、幸か下不幸か?

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 07:59 | コメントは受け付けていません。

え~!知らなかった!

先日のテニス中(私は見ている立場)、サーブがネットに触れ、サービスボックスに入りましたが、そのままプレーが続きました。

ただ、私以外にサーバーの前衛の方も、サーブがネットに触れたのに気付いていて、サーブ側はコールしていいのか?ダメなのか?と。

その時の私の見解(ルールの記憶)は、レットはレシーバー側の権利で、サーバー側は出来ないものでしたが、100%断言出来ませんでした。

そこで、色々と調べたのですが、なんと、2018年にセルフジャッジのルール改正が行われていました。以下、簡単に概要を。

サーブがネットに触れたかどうかについては、サーバーとレシーバーの両方に権利があると。
これを、「ネット」と言います、「レット」ではありません。

次に、ネットに触れたサーブが、サービスボックス内に入ったか否かの判定は、レシーバー側の権利になると。

そして、サービスボックスに入れば、「レット」とコールし、
入らなければ、「フォールト」とコールすると。

「ネット」と「レット」、そんな同じような言葉を試合中に言い分け、聞き分けられるか?

つまり、質問した仲間への回答としては、サーバー前衛としては、ネットに触れたことはコールできるが、「ネット」とコールするところまで、
その後のサービスボックスに入ったか否かは、出来ないと。

聞く人により、回答が分かれるのは、2018年改正前と後で、ルールが変わったからのようです。

でも、これ、改正かな?

かえって混乱する、改悪では?

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 07:51 | コメントは受け付けていません。

放送しても良いレベルと思うのですが?

このブログ記載時には、まだ全米決勝の男子は始まってなく、地上波での放送予定もありません。

ジョコビッチのファンでは、ありませんが、今回の決勝は、日本人選手ではありませんが、スポーツの大偉業達成か否かということで、地上波(特に、受信料を徴収しているNHK)で放送して良いレベルと思います。

まずは、3人目(オープン以降は2人目)、そして、52年ぶりとなる、年間グランドスラムを達成するか否か。

キャリアグランドスラム(生涯グランドスラム)でも、凄いことで、男子では、8名しかいませんが、さらに、それを上回る大記録。

そして、グランドスラム通算、男子単独勝利数の21を達成するか否か。

気持ちとしては、フェデラーとナダルと並んでいる記録を超えてほしくないのですが、達成すれば、これを大偉業と。

つまらない番組も少なくないなか、これは、放送すべきものでしょう!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 18:09 | コメントは受け付けていません。

コート手配は大変

民間のテニスクラブの会員やテニススクールだけでテニスをする場合は別として、

テニスをするのに一番苦労するのが、コート確保と思います。

現在、サークルテニスでは、幹事さんが毎週のコートを手配してくれて、感謝、頭が下がる思いです。

社労士テニス同好会では、月ごとにコート確保担当がいて、私は年に1~2回担当します。

さらに定例練習会以外に、臨時練習会を手配してくれる社労士メンバーもいて、有難い限りです。

コート確保で思い出すのは、GSSパンサーテニスクラブ時代で、都内の公営コートを中心に、毎日(平日)のコート確保に悪戦苦闘していました。

当時はネットがない時代で、公営コートは、毎月1回、抽選日があり、その日にコートに並び、抽選に当たらないとテニスが出来ません。

肌感覚ですが、10人並ぶと1人位あたるので、コート別に、並ぶ担当を決めていました。

しかし、なかなか抽選に参加してくれる部員(特に、創設直後でもあり)ばかりではないので、いろいろな対策を立てました。

1つは、他の同好会との対抗戦には、コート抽選に参加していない部員は、いくらテニスが上手くても、参加させないと。(やや強権的ではありましたね)

本当に、コート確保は大変と思い出しました!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 18:30 | コメントは受け付けていません。

迷った末に!

本日4日は、サークルテニス(アウトドア)の日ですが、天気は非常に微妙で、7~8割がた中止かなと思っていました。

中止になったら、スクールの振替を入れるかなと空き状況の検索もしましたが、まず、車をどうするか?

土曜日は、女房の送り迎えをして、昼間は私が車を使うのですが、100%中止であれば、女房が自分で運転していきます(この場合は車は使えない)。

さて、どうしようかと思いましたが、少しでも可能性があればと、女房を送っていきましたが、その道中に、雨が降り出し(違う市で結構ふっていました)、

これは無理かなと思いながら、いったん自宅に戻ると、雨はやんでいました。

そして、テニスウエアに着替えて、準備していると、ちょうど、幹事さんから電話があり、テニスしましょうと!

コートについた時点では曇りでしたが、集まったのは、4人!(良かった!)

ミニラリーからサーブ練習をして、その後は4ゲーム先取を合計3試合(つまり全組み合わせ)できました。

しかし、開始から1時間半で、かなり雨が降り出し、周りの人も引き上げていき、私たちも中止にしました。

ただ、1時間半、フルにできましたので、迷った末でしたが、良かったです!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 20:05 | コメントは受け付けていません。

今更?

(画像はインスタグラムに)
サーブの話です。

私がテニスを始めた、今から45年以上の前、サーブには3種類あり、

トスを顔の少し前に上げ、ボールの真後ろを打球方向に打つ、フラットサーブ。

トスを右側に上げ、ボールの右側を打つ、スライスサーブ。

トスを頭の後方に上げ、ボールの左下から右上に打つ、スピンサーブ。

で、ファーストはフラットで、セカンドはスライスかスピンで打つと教わりましたが、

これを試合で行うと、緊張した場面では、ファーストとセカウンドで違うサーブを打ち、タイミングが取れず、ダブリました。

で、今はどうかと言いますと、サーブは1つと。フォームは1つで、回転量でサーブを使い分ける(ラケットとボールの当たる場所)と。

アマは3つのサーブを打っていて、プロは1つのサーブを打っていると。

今更ですが、目から鱗が落ちるところで、確かに、フェデラーのサーブ見ると、同じフォームからサーブを打ち分けているように見えます。

結構、常識って変わりますよね。テニスを始めた頃、運動中は水を飲むな、足腰鍛えるのにウサギ飛びをしろ、など言われましたが、後で、間違っていたと。

GSSパンサーテニスクラブを作る前に、入っていたテニススクールでは、フラットサーブのイメージは、ハエたたきだと教わりましたし。

まあ、いくつになっても、改善、向上で、今のサーブに取り組んでいます!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 07:56 | コメントは受け付けていません。

ゲーム進行を楽しんでいます?

私が入っている、テニスサークル、社労士テニス部では、ゲームの形式(3ゲーム先取、ノーアド等々)は、幹事さん、その回の担当の方が決めますが、

番号決め、組み合わせ(乱数表)による進行は、主に私が行っています。

1面8人以下で、遅刻、早退がない場合は、何も考えずに、乱数表を見ていればいいのですが。

先日の社労士部では、当初、1面9人予定で、乱数表を見ると、3ゲーム待ちの人が出ることがわかりました。

3ゲーム先取でも、もしかすると、45分位待つかもしれないと。

そうすると、4ゲームマッチ(合計4ゲーム)にして、30分位待ちまで減らすかな等々考えていましたが、1名欠席が出て、8名となり、取り越し苦労になりました。

ところが、8名乱数表で進めていても、1名の方が来なく、7名乱数表に切り替えた進めたところ、

1時間遅れで、その方が参加、それから、8名乱数表に切り替えました。

最近、こういうケースに慣れてきたので、問題なく進行出来ているかなと思いますが、

切り替えが分かった際、自分がゲーム中ですと、頭のなかは、ゲームが半分、残り半分は、次の進行をどうしようかなとなっています。

でも、これは、これで、最近は面白いなと、楽しんでいる自分がいます!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 08:10 | コメントは受け付けていません。

また4連休テニスの2日目(和製チャンコーチレッスン?)

また4連休テニスの2日目、7月30日は、ほぼ3年ぶりの「和製チャンコーチレッスン?」を行いました。

平日に私が休みの日に、女性を対象にした、テニスですが、多少レッスンに近いことも行います。

今日は、バックハンドの強化をテーマに、

まず、ミニラリーでは、私は相手女性のバック側だけに打ちます。

次に、ボレーボレーでも同じく、私は相手女性のバックへボレーをしました。これは少し難易度が高かったようですが、練習にはなりました。

さらに、ベースラインの手前、真ん中、反対側端の3か所へボールを出し、それを走って打つことを行いました。

そして仕上げはゲームですが、私と組む女性は自分が苦手のサイドにつくことにし、結果、女性全員がバックサイドを希望しました。

わずか2時間ですが、どちらかというと、バックが苦手の女性のお役に立てたかなと思います。

なお、私自身は、開始時間の30分前に到着し、壁打ちを30分やって、練習をしました!

おまけ:行きの車で聴いていたベイエフエムで、女性DJがダブルにんにく牛丼を食べ、美味しかったと話していたのを聞き、

今まで迷っていた背中を押してくれました。テニス後、初のダブルにんにく牛丼を食べました。においは?これから女房が帰ってくるので、それからです!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 19:47 | 1件のコメント

扱い低すぎない?

オリンピックのテニス、地上波のテレビで事前にアナウンスされているのは、ほぼ大坂のみ。
さらに、大坂はライブ放送に加え、録画でも放送されていました。

それに加え、錦織は、放送が事前に分からず、後で、少し放送されていたと知って、悔しい思いをしました。

しかも、錦織は、単複両方で活躍し、特に、複は見ていた面白く、参考になる試合でした。(YouTubeで見て)

それに、1回戦、大坂はセンターコートで、錦織は違うと。

17才の頃から、10年以上、錦織は日本のエースとして活躍してきて、もしかすると?最後のオリンピックで、かつ日本開催のオリンピックにしては、扱いが低すぎないですかね。

まあ、本日のテレビ番組表には、錦織の試合が記載されていました。(大坂が負けたからなのか?、いずれにしろ、遅いと思いますが)

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 08:13 | コメントは受け付けていません。

4連休テニス

痛風発作で、直前まで不安でしたが、何とか4連休テニスを終えました。

22日は、社労士テニス同好会、4時間、インドアでハードコート(初日がハードコートは足への影響が心配でしたが、無事に終了)。

23日と24日はサークルテニス、3時間と4時間でアウトドアコート(足以外にも暑さも心配でしたが、無事に終了)。

そして、最終日の25日は、スクール、80分間、インドアのカーペットコート(一番、安心かと思っていましたが、終わってから、4連休の影響からか、足に痛みが出ましたが、大事には至らないと思います。)

さらに、テニスのプレーではありませんが、ガット張りを3本行いました。

社労士テニス同好会の仲間のラケット、サークルテニスの仲間のラケット、そして、自分自身のラケット(ちょうど前回から2か月経過していましたので)。

おまけに、テニス後の「にんにく芽牛丼」は、2回(23日、24日)食べれました。

以上、4連休前の懸念が現れず、無事、満足にいく内容でした。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 18:50 | コメントは受け付けていません。