めて駐車場の地面のように

老後住宅、あれこれ想像すると楽しい。
終活のために、家の庭を草木を全部抜いてセメント?で流し固めて駐車場の地面のようにした人がいる。
後の人、子供たちに負担がかからないように、だそうだBB腸絞痛
奥さんは草むしりから解放され、喜んでおられるとか。
立派な庭が殺風景な無機質セメント敷きになっていた。
色んな人がいる。
老いてくると、趣味すら面倒になってくるようだ。
気力、やる気の減退は、老いだろう。

実家の場合、庭は簡単には処分できない。
家も売却したらいかが?と他人さんがアドバイスしてくれるが、誰が買う臍帶血
貨幣価値には置き換えられない。
市場価値もない。
売らないなら、寄付、寄贈すれば?
それも選択肢の一つである。
が、寄贈された側は持て余す。
維持費がかかる。
更地にしたところで有効な利用目的はないと思われる。

他人の土地を最近買ったものなら直ぐにサヨナラできるが、代々住み、受け継がれてきた地。
災害やダム建設でもない限り、そこから出て行き、移り住むことはない。
限界集落になり、打ち捨てるということもない。
気候はそう厳しくもなく、引っ越して出て行く人もあまりいない。
しかし、閉鎖的になる。

自分の生まれ育った小さな村以外に何も知らない少女は幸せか?
なんとも言えない。
世界中を回って、結局故郷で生涯を閉じることもある經絡按摩
晩年、望郷の念に駆られることはよく聞く。

夢を見て故郷を後にし、最後はまた故郷へ。
流浪の場合もある。
根が切れて根無し草に。
どこかにたどり着き、そこが終の住処になることもある。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者sittingdo 16:20 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">