めんべいとか、アシックスとか。

th_banar

 

 

福岡のお土産。
th_IMG_2248
「せんべい」じゃなくて「めんべい」なんだそうだ。
明太子味だからなのかな。

とても美味しい。
調べたらメジャーなお土産らしい。

ちなみにこれをくださったのは妻の知人。
なんでもお子さんがソフトバンクホークスに入団したとか。
野球を頑張っていたのは聞いてたけど、びっくり。
頑張って欲しい。
さて、シューズを新調した。

th_IMG_2912

久しぶりのアシックス。
ランニングシューズはずっとアシックスだけど、
テニスシューズはいつ以来だろう。
たぶん、10年ぶりくらい。

今回購入したのは、SOLUTIONSPEED FF。
以前から気になっていたので、オールコート用はこちらをチョイスした。

いわゆるゴツめ系ではなく、軽量のスピードタイプ。
アシックスのこのモデルが、最近のテニスシューズの流れを
つくったといっても過言ではないと思う。

サイドのラインは一体成型(と思われる)
th_IMG_2914

内側のラインは色がついていない。
th_IMG_2916

トウ部分は柔らかめ。
th_IMG_2913
かなりしなやかに屈曲する。

内側のよく穴が開く部分。
th_IMG_2915
いちおう強化ラインぽいものが施されているが
これで大丈夫なのだろうか。
ちょっと不安。

ヒール部分もすっきりしたつくり。
th_IMG_2917
耐久性に若干の不安も。

足入れ部分。
th_IMG_2926
少し浅めに見える。

ソールサイドもゴツい出っ張りは少なめ。
th_IMG_2919
全体にすっきりしたつくりに徹している。

ソールもアッパー合わせてしなやかに曲がる感じ。
th_IMG_2921

トップモデルにしては少し頼りないんじゃと思うほどのスッキリ感。
アディバリケードを履き継いできたワタクシにはけっこうな違和感である。

がしかし、履いてみてびっくり。
確かに足入れ感は浅め系だが、そのホルード感は非常に高い。
シューズが足をしっかり包んで離さない。
入れた途端にシューズが足の一部になったかのよう。

屈曲性は高いのだが、決してやわな感じはない。
紐を締め込むと、むしろキツいくらい。

プレーしてみた。
これは見た目と違う。
しっかり系のシューズである。

シューズの中で足が動かない。
フットワークのロスも少ない。
と思われる。ワタクシの動きでも。

適度なハードコートでの適度なスリップ感も良い。
振られて止まる、切り返す際に自然なキュッ!というスリップ音。
そして足首のぐらつきもない。

なるほどこれはレベルが高いという印象。

ちなみにこれを履いて長距離をウォーキングすると左親指付け根が痛くなる。
ワタクシの足型と左右サイズが違うせいだと思うが、ただ歩くのには向いていない。
しかしプレー時はまったく痛みが出ないという不思議。
まあ、テニスシューズはテニスで履けってことなんだろう。

久しぶりのアシックス、やっぱりいいな。
さすがジャパンブランドである。

ということで、只今RECテニススクールではシューズキャンペーンを開催中!
今回からアシックスも取り扱いブランドに加わった。
ぜひ一度足入れしてみてください。

って、宣伝かよっ!
使用感はホントです。
念のため。

カテゴリー: シューズ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バスとか、宇野プロ参戦決定!とか。

th_banar

 

 

タイプ2(ワーゲンバス)が好きだ。
th_IMG_2275
これで商売をしたいわけじゃなくてね。
キャンプとかいいかな。

 

さて、REC FESTA 続報!

宇野真彩プロの参加が決定!
th_宇野真彩

宇野 真彩 (Uno Maaya) プロ

使用ラケット: Graphene 360 INSTINCT S
1996年4月18日生 大阪府出身

主な戦歴
関西オープンテニス選手権大会 ダブルス準優勝、
2014GS YUASA OPEN(ITF1 万ドル大会)ダブルスベスト8
全日本室内テニス選手権 出場

小学4年生からテニスをはじめ、ジュニア時代より数々の大会で活躍。
関西オープンやITF大会でもダブルスを中心に実績を残しました。
現在プロテニスプレーヤーとして各種イベントやレッスンで活動する一方、
モデルとして Amazon Fashion Week TOKYO 2019(東京コレクション)
に出演するなど、SNS でも多くの フォロワーを持ち、テニスをベースにマルチに活躍中。
その愛くるしい容姿と、華麗なショ ットのギャップをご堪能ください。

*HEAD Japanリリースより

何度かイベントに来てもらったり、あちこちでお会いしたりしているが、
とても明るく楽しい宇野プロ。

最近はモデル業など、活動の幅も広がっているようだ。
なるほどいただいた写真もそれらしいものばかり。

th_D3S_9542

th_D3S_9658

th_D3S_9512

テニスのプレーはもちろん、明るいキャラクターなので
一緒に楽しい1日を過ごしていただけると思う。

野郎だらけのイメージが強いTeam RECだが、
西郷プロ、宇野プロの参加で一気に華やかに。

鈴木貴男プロを中心に良いイベントになりそうだ。
ゲストプロの皆様、よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

残留!とか、勝利!とか。

th_banar

 

フェドカップ、日本-オランダ戦は、第2日の第一試合で日本勝利。
3連勝でワールドグループ2部残留を決めたそうだ。
良かった、良かった。

初日のサインボール打ち込みでフカダコーチが
日比野選手のボールをゲット。
th_IMG_3740

サインボールの打ち込みってたいがいキャッチミスで
ボールがコロコロ転がって奪い合いになるのだが、
フカダコーチは見事にダイレクトキャッチ。
さすがテニスコーチね。

このボールはレックインドアテニススクール上石神井に飾ってある。(はず)
どこにあるのかは知らない。
ご来場の際には探してください。

 

さて、何故に今回のフェドカップを初日のみで帰ったかというと、
日曜日に東京実業団リーグ第2戦があったから。

日本チームも大事だけど、こっちもとても大事。
さすがに2部リーグは強豪揃いだし、総力戦でいかないとね。

ということで、試合は高島平インドアテニススクール。
営業終了後の夜に試合開始だ。
終わるのか?

今回のメンバー。
th_57555557_2230462580617465_3698356202116218880_n
前回とほぼ同じ顔ぶれだが、
故障から復帰の細川コーチが加わった。
大丈夫か?無理するなよ〜。

まずはダブルスから。

武田・細川ペア。
th_57373108_2230461937284196_1329590994303188992_n

th_57414131_2230462223950834_2927611341457850368_n

th_57395680_2230462113950845_3274862608435380224_n
意外なほどに(失礼)、いい感じでペースをつかみ、
なんとダブルベーグルで勝利。

内容は濃かったが、圧勝のスコアにホッとする。
th_57435740_2230461933950863_8536738707619708928_n
顔はつくらなkていいよ、細川。

しかしもう一方の平田・町田のダブルスは激戦。
th_58380493_2230462477284142_4523823408596647936_n
ファーストセットを落とし、セカンドセットもイーブンの展開。
なんとかセカンドセットをもぎ取る。

ベンチにはボス。
th_IMG_3778
「平田、面白いことはしなくていいから」
と叱られているわけではない・・・と思う。

本人はもちろん真剣。
th_57710751_2230462330617490_2145734140316614656_n

そしてスーパータイブレークはリードされ、
こりゃ万事休すかと思いきや、驚異のまくりで勝利。
th_57172540_2230461707284219_5297042917741821952_n
どうなるかと思ったが、見事な勝利。
これが取れたのは大きい。
王手である。

そしてシングルス1は奥田コーチ。
th_57407247_2230461480617575_2918050383479701504_n

th_IMG_3789

th_57411738_2230461720617551_4357283779656548352_n
打ちに打ちまくって勝利!
チームも勝利。
頼れるエースである。

シングルス2は山本コーチ。
th_57606665_2230461097284280_2530493494129065984_n
序盤はいい感じに相手を引き離すも、
セカンドセット途中からもつれ気味。

カメラ目線でガッツポーズつくってる場合じゃない。
th_57555513_2230461207284269_8358025376131186688_n

最後は相手選手もかなり疲労困憊。
元気な山本コーチが勝ち切った。

残るは細川コーチ。
th_57486551_2230460953950961_5094349731572744192_n
おそらく相手チームのエースを持ってきた。

出だしは今ひとつな展開ながら、ファーストセットを取る。
セカンドセットも5-2でリード。
ここを取ればおしまいの場面で、相手選手が驚異の粘り。
th_IMG_3790

5-5までもつれ、しばき合いの死闘に。
th_57390027_2230461360617587_6159282075137474560_n

そして最後は振り切って勝利。
th_58376350_2230460897284300_4363408480330055680_n
良い形で実業団復帰ができて良かった。

試合が終わったのは23時。
ファイナルに入っていたら日付が変わったかも。
お疲れ様!

そんなわけで第2戦は全勝で勝つことができた。
順位極めがもつれた時を考えると全勝は大きい。
まずは良かったよ。

今回はホームでの試合ってこともあり、
多くのお客様に応援に来ていただいた。
th_IMG_3784
遅くまで応援ありがとうございました。

第3戦は、4月27日(土)、明治安田生命さんと対戦である。
明治安田さんとの対戦はこれで何度目だろう。
とにかく勝たなければ。
頑張ろう。

会場は、明治安田生命グリーンランドです。(遠いなぁ・・)
応援よろしくお願いいたします。

カテゴリー: Team REC, テニス, フェドカップ, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

蕎麦とか、発表会とか。

th_banar

 

 

ファミマのカップ天ぷらそば。
th_IMG_2480
安いのと、蕎麦ってことでカップ麺食べることの最悪感が少し減るのが良い。
罪悪感あるなら食べるなよ。

 

さて、ついにベールを脱いだHEAD G360 RADICAL。
せっかくなので、先日の発表会の様子など。

今回、オーストリア本社から来られたスタッフ数は過去最多だそうだ。
それだけこのモデル、そして日本というマーケットに力が入っているということだろう。

市場動向などの説明のあと、ついにRADIDALの発表。
th_IMG_2648
ロゴもかっこいい。

デザインイメージはここから。
th_IMG_2650
燃えるマグマのイメージなんだとか。

そして実機画像。
th_IMG_2651
いいよね、いい!
歴代RADICALの中でもトップクラスじゃないだろうか。

スクリーン横には大きなタペストリーも。
th_IMG_2652

同シリーズのバッグも発表になった。
th_IMG_2655
ラケットを持っているのはドリスさん。
日本語はペラペラ。

ラスベガスに連れて行ってもらった時もお世話になった。
ずいぶん昔のことだけど、憶えていてくれた。

バッグもカッコいいな。
th_IMG_2679
今回のイメチェンは本当に正解だと思う。

実機も公開。
th_IMG_2672

コピーは、”NO SHOT YOU CAN’T PLAY”
”あらゆるショットを可能に”だそうだ。
th_IMG_2656

th_IMG_2677
たしかにそんな気にさせてくれるラケットである。

ラフィノさんのフッキーとクニヒコもテンション高め。
th_IMG_2678
イケそうな予感バリバリのG360 RADICAL発表会だった。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

大阪ランとか、フェド初日とか。

FED CUP応援弾丸ツアーの朝。

大阪は素晴らしい天気。
半袖だと少しひんやりするが、ランニングには絶好の気候。

御堂筋方面から道頓堀の先まで走ることに。
th_IMG_3675

アーケード抜けて。
th_IMG_3676

道頓堀へ。
th_IMG_3678
早朝はほとんど人がいないので走りやすいが、
この辺りの昼間の人混みは半端じゃない。

難波駅辺りからグルリと回り込む。
th_IMG_3680
バスターミナルだって。
昭和な雰囲気だ。

それにしても気持ちが良い。
th_IMG_3681

会場の靭テニスセンターを抜ける。
th_IMG_3685

靭公園から梅田方面へ。
th_IMG_3686

何だかんだで7kmちょっと。
知らない街と素晴らしい天気のおかげで気持ちよく走れた。

 

さて、FED CUP初日。
日本チームはワールドグループ2部残留をかけ、オランダと対戦する。

今回、大坂なおみ選手は出場しない。
クレーシーズンに入っているし、プレーオフだし、
世界ランク1位だし、しかたないのかな。
圭もプレーオフだと出ないしね。

会場前、人出はパラパラ。
早めに来たからってのもあるだろうけど、ちょっと寂しい。

入り口には記念写真用の選手パネル。
th_IMG_3688
そっか、メンバー決まってから準備するわけじゃないんだ。
間に合わせられないのかなぁ。
出来そうな気もするけど。

テニスといえばのケバブ。
th_IMG_3689
ほとんど買ったことないけど。
ゴーセンさん、ダンロップさんもブースを出していた。

入場。
この日の組み合わせ。
th_IMG_3690
まずは土居選手、そして日比野選手と続く。

コートではオランダチームが練習中。
th_IMG_3691
あの選手のラケット、Prince EMBLEM107に見えるんだけど。
選手向きのモデルじゃないんだけど、違うのかな。

応援準備。
th_IMG_3693
巨大日の丸は靭じゃ無理なので、自分たちの身の回りのみね。
新しくなった有明でも日の丸掲げられるんだろうか。

開会式。
th_IMG_3700
まだ人はパラパラである。
何人くらい入ってくれるのだろう。

第一試合は土居美咲選手。
th_IMG_3702

th_IMG_3712

th_IMG_3708
試合は終始、土居選手ペース。
セカンドセットで少しもたついたが、しっかり締めて勝利。
まずは1勝だ。

応援団。
th_IMG_3721
昔に比べれば観客の皆も応援するようになった気がする。
やっぱり国別対抗は応援で盛り上げないとね。

続いて第二試合は日比野菜緒選手。
th_IMG_3724

th_IMG_3728

実は日比野選手の試合をちゃんと見たのは初めて。
きれいなテニスでショットの威力もある。
見ていて気持ちの良いプレースタイルだ。
ちょっとファンになったぞ。

そんな日比野選手も勝利し、初日で日本が王手をかけた。
2試合とも圧勝気味で安心して見られる展開だった。

それにしても観客が少ない。
th_IMG_3731
ここって何人入るんだろう。
正直、スカスカである。

福井烈プロにお聞きしたら、メンバー発表にならないと
チケット販売の動きは鈍いそうだ。

ようするに「日本を応援」ではなく、
「〜(大坂なおみとか錦織圭)を見たい」なのね。

そりゃそうなんだろうけど、「テニスを見たい」
「日本チームを応援しよう」にならないとなぁ。
メジャースポーツってそうだもんね。

色々考えてしまった初日だった。

カテゴリー: テニス, フェドカップ, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

参加決定!とか、バタバタでとか。

th_banar

 

 

REC FESTAにゲストプロの追加参戦が決定!

th_57168411_401983947289159_9096344066928410624_n

Team RECサポートメンバーの西郷幸奈プロである。

最近はスペインのマヨルカにあるアカデミーを拠点に
練習&ツアーを回っているため、ほとんど日本にいないのだが、
短い帰国のタイミングでREC FESTAへの参加を決めてくれた。

次の週に試合〜移動もあるため、「無理しなくていいよ」と言ったのだが、
「大丈夫です!日本にいる時間も少ないので、こういう時こそ皆さんとお会いしたいです!」
って、いい子やぁ〜。

これまでの何度かイベントに来てもらったことがあるが、
いつも明るく全力投球で盛り上げてくれる西郷プロ。
ますます当日は楽しみになった。

皆様のご来場をお待ちしております!

 

さて、今週末はFED CUP。
気づけばもうそんな時期なのね。

日本チームはオランダとワールドグループ2部プレーオフを戦う。
ちなみに今回、大坂なおみは出場しない。
プレーオフってのもあるし、クレーコートシーズンを優先したいのもあるだろう。
さすがに世界ランク1位にプレーオフに出てもらうのは厳しいのだろう。

ということでメンバーは、土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみ、穂積絵莉、青山修子。
久しぶりのメンバーも入ってる。
女子ってけっこうメンバー変わるよね。

会場は大阪は靭テニスセンター。
うーん、遠い。

今回は行くのか行かないのか・・・

「行くでしょ」とのボスの問いに
「日曜日は実業団ですよ(無理じゃないですか?)」と答えると、
「ああ、そうだなぁ。土曜日だけ応援するか」って、行くんですか?!

金曜のホテルだけ押さえて、土曜の試合終了後に戻ることに。

そんなわけで金曜日。
朝から普通に仕事。
早めに大阪に入った方が楽なのだが、
あいにくワタクシは夕方まで日本テニス事業協会で会議。
IMG_3655

なんとも間が悪いぜ。

会議を終え、東京駅へ。
IMG_3656

とりあえず一番早い便で大阪へ。
まあまあの時間に新大阪。

せっかくなので梅田から本町まで勘のままに歩く。
IMG_3662
ここが北新地かぁ。
へぇ~。

見覚えのある場所に。
IMG_3664

お腹が空いた。
ひとりだし食事は簡単でいいか。
IMG_3666
途中の中華料理屋でビールと餃子。

チェックイン。
とりあえず寝たい。

それにしても毎日バタバタだぜ。
日曜日は夕方から実業団、
月曜日は会議〜会議〜鈴木プロ研修会〜試打会だし。

なんとか乗り切れますように。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 西郷幸奈プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

東京オープンとか、主将とか。

th_banar

 

竹島駿朗プロが東京オープンテニスにて、
シングルスベスト4、ダブルスで準優勝!
th_IMG_3136
準決勝の日、ようやく応援に行けたが、
会場の都合か撮影禁止で写真は無し。

とにかくよく頑張った!
おめでとう!

 

さて、今年の春季リーグ、レック興発東京チームの主将である。
th_DSC_1355
チームの牽引役、そしてムードメーカー、それが平田主将だ。

この日もウォーミングアップから、
度肝を抜くカラーコーディーネートで、
皆の緊張を解く気遣いの男、平田主将。
th_IMG_3039

そして今季も平田劇場の予感。
th_DSC_1552

th_DSC_1528

th_DSC_1531

ファイティングスピリットと笑いの高次元融合。
th_DSC_1480

th_DSC_1457

もちろん、締めるとこはキッチリ締めて勝利に貢献。
th_DSC_1445

もうちょびっと身体絞りますかね。
th_DSC_1394

今大会はヘディングボレーもなかったし、
どチャンスボールでボールではなくラケットを飛ばすこともなかったが、
とにかく目が離せない男、それが平田主将。

彼が主将ならこのチームは大丈夫。
明るく前向きに戦えるだろう。
今季も頼りにしてます!

ということで、次の対戦は4月21日(日)19時から。
会場は高島平インドアテニススクールなので見学自由です。
応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

豆とか、G360 RADICAL MP インプレ!とか。

th_banar

 

最近のお気に入り。
th_IMG_2479
ファミマには売っていなかったのだが、
先月あたりからラインナップ入り。

売れないとあっという間にメンバー落ちするので
ちゃんと買い続けようと思う。
って、そこまでするか。

 

さて、とうとう発表になったG360 RADICAL。

ところで、G360ってなんて言えばいいの?

ワタクシ的には「じーさんろくまる」なんだけど、
「じーさんんびゃくろくじゅう」なのかな?
なんか「ジーサン(爺さん)」みたいだな。

正式には「ぐらふぃん・じーさんびゃくろくじゅう」なのだろな。
そのうち「らじかる」って言うようになるだろうから、こだわらなくていいか。

ということで、壁打ちだけじゃその進化を体感しきれずってことで、
先日、レックインドアテニススクール上石神井にラケットを持ち込んだ。

打ち合わせの隙間、コートが空いている隙間に
打たせて貰おうと思っていたのだが、
打ち合わせもコートもほとんど空きがなく、
ようやく隙間を見つけて試打をすることに。

まずは相手だが・・皆忙しそう。
おっ、フカダコーチがいた。
「キミキミ、会社で一番最初にニューラジカルを体感してみないか」
「ボク忙しいんです」と言いたそうな表情は無視してコートへ。

この日持ってきたのは、PROとMP。
IMG_3579
最初に打つならやっぱりこれでしょ。

 

G360 RADICAL PRO
th_233909_Graphene_360_Radical_Pro_xxx_1
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■ウエイト:310g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315 mm
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:34,000円(税抜)

th_IMG_3487

th_IMG_3488

 

G360 RADICAL MP
th_233919_Graphene_360_Radical_MP_xxx_1
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■ウエイト:295g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:33,000円(税抜)

 

まずはG360 RADICAL MP。
th_IMG_3580

シリーズの中核に位置するMP。
ここをベンチマークに試打を展開するのが分かりやすいはず。

打ってみた。

いい!いいぞ!かなりいい!

まず面ブレが無い。
オフセンターでヒットしても、飛びが殺されない。
フェイス全体がしっかりボールを押さえ込んで弾き出してくれる

フェイストップ部で打つとしブレたり飛ばなかったりするが、
ほとんど変わらない感触でバキッ!と捉え、バシュン!とボールが出ていく。
フェイスが回ったりボールが失速する感じはなく、
フェイス幅の口径のレーザー砲のようにボールが飛んでいく。

スライスサービスでワイドに振られ、厳しい体勢でのリターンも
ズドンと相手コートに突き刺さってくれる。
あ、突き刺さるほどのボールは打ってないか。ごめん。
でも、打ちたいイメージに近い軌道がこの体勢から打てるのには驚いた。
すごいな、これ。

G360になってフェイスの剛性が上がっているのだろうか。
とにかくブレが少ないのは大きな武器であり、安心感だ。

打球感はスタンダード、自然な感じ。
SPEEDがG360になったときは、剛性が上がっていながら、
なぜか打球感がマイルドに感じられたのだが、
今回はしっかり打ち心地もあり、攻撃的な打感である。

非常にバランスの良い味付けのバーサタイルなモデルだと思う。
EXTREMEほど回転系でも無く、思った通り、振った通りのショットが出ていく。
つまり自分の意志のままにボールをコントロール出来て、
それをG360の剛性が適度かつ非常に効果的にアシストしてくれるというところか。

ボレーの球離れもよく、ローボレーでフェイスを合わせ少し押し出した時の軌道は
ある意味快感なほどにキレイにベースラインに飛んで行ってくれる。
このキレの良い感触もフェイス剛性の恩恵なのかも。

サービスは、フラット系はバキッ!っと鋭く飛ぶ。
まさにバキッとボールを潰す感じがある。
レベルが上ったんじゃないかと勘違いしそうな感触だ。(勘違いです)

回転系も引っかかりが良い。
フェイス上部で引っ掛けるイメージで打つとかなり回転が掛かる。
けっこう回転量が多くなるので、失速には注意したほうが良いかも。
前に飛ばしつつ、回転をかけるってイメージが良い気がした。

取り回しもとても良い。
295gって、絶妙なセッティングなのかもしれないなと思った。
手の延長のように扱えるから、気持ちもアグレッシブになる。
これまたワンランクアップの動きが出来たような気持ちに。(だから勘違い)

とにかく非常にスタンダードで扱いやすく、なのにパワーもある。
正直言って、不満が見つからなかった。

MP、いいな。
デザインもいいし、これだな、これ。
気に入った!

ちなみに、レックインドアテニススクール上石神井のシャラポワ、
角田コーチに見せたら、一目惚れしてた。
IMG_8653
「これだ~!これ!買おうかな」
打ってないだろ!キミ。
まあ、そう思わせるラケットだよね。

ワタクシもデザイン、性能ともにとても気に入った。
いやぁ、いいもん作りましたなぁ、ヘッドさん。

つい興奮して長々と書いてしまったので、PROのインプレは次回にしよう。
最初にPROを試打したフカダコーチは「PROもやさしくなりましたね~」と
相変わらずの上から目線だった。(笑)

IMG_3583

あ、ウイルソンのTシャツ着てる。
ウイルソン契約コーチだから当然か。

ということで、やさしくなったらしいPROのインプレは次回に!

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ミニ缶とか、修理とか。

th_banar

 

コンビニで。
th_IMG_2500
右が350ml缶、左はミニ缶。

このサイズ、今も売ってるのね。
昔、サントリーのペンギンズ・バーの頃はミニ缶がたくさんあった。

それこそひと口で飲み干せてしまうようなサイズで、
果てしなく飲めた記憶が。
次の日の朝、空き缶の数に驚いたっけ。
今はもうそんな飲み方できないなぁ。

 

さて、クルマの話。

後付けでバックカメラを付けているのだが、
どうも最近、写りがよろしくない。

実はこのクルマ、リアゲートのレバーの位置が真ん中から右にずれてついている。
で、真ん中に何があるかというと、バックカメラがついている。

こんな感じ。
th_IMG_2349

ゴルフ場の出迎えや誰かが開けようとすると
たいがい真ん中に手を掛けてグイッとやるのだが、
そこにはレバーではなくカメラ。
その度にカメラの角度が変わってしまうという仕組みなのだ。

そんなわけで、ズレては戻しを繰り返したせいか、
画面の上半分がゲートに干渉して画角が狭くなってしまった。

新しいカメラをつけるのももったいないし、
しばらくは我慢していたが、思い立って直すことに。

まずカメラを外してみた。
といっても、すでにグラグラでかろうじてぶら下がっている感じ。
th_IMG_2350

接着部。
th_IMG_2351
錆びてるし、ほぼ固定機能はない。

さて、どうしよう。
しっかり固定することと、設置位置を離さないと死角は解消されない。

そうだ!京都に行こう・・じゃない。あれだ。
th_IMG_2347
厚手の強力両面テープがあることを思い出した。
ボートメンテナンス用に買ったんだった。

台座のサイズに切って重ね貼り。
th_IMG_2348
こんなもんでどうでしょ。

これを挟んで取り付け。
th_IMG_2352

枠からレンズが出てるし、いい感じじゃない。
th_IMG_2353

テスト。
th_IMG_2354
ほぼ死角なし!
素晴らしい!

小さなストレスがひとつ解消された。
あとはレバーの位置を間違われないことだな。
「レバーはこっち」のステッカーでもつくるか?(ウソ)

自分でやるって、お金かからなくていいね。

 

カテゴリー: クルマ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、マシンたちとか。

第2回 ITF ユニ・チャームトロフィー 愛媛国際オープンにて、
関口周一プロが優勝した。
IMG_3576

決勝戦の日曜日は雨で中断。
動かないライブスコアを見ながらやきもきしていたが、
結局、試合は順延になり、明けて月曜日に再開。

仕事をしながらライブスコアを確認。
ファーストセットを取り、マッチポイント。
見事優勝を決めた。

いやぁ、良かった。
よくやった!

決勝は仁木選手とだったが、ITF早稲田の準決勝で当たって勝ち、
ITF柏の1回戦で当たって負け、そして今回の決勝。
どんだけ当たるんだって感じだが、勝ち上がればまあそうだよね。

優勝の瞬間にLINEでお祝いメッセージを送り、
「写真送って」と頼んだらすぐに送ってくれたのが上の写真。

その後、表彰式の写真を送ってくれるかと思いきや、音沙汰なし。
そう、それが周一。(笑)

とにかくおめでとう!お疲れ様!

 

さて、HEADさんのネタが続くが、先日の新製品発表会。

情報解禁がまだなので、書けないことが多いが、せめてもの情報を。

いよいよ、ストリングマシンの本格展開に乗り出すらしい。
th_IMG_2657
あまり知られていないかもしれないが、
HEADはATPツアーのオフィシャルストリンガーとして
多くの大会をサポートしているので、
この展開も自然なことなのかもしれない。

実はこのマシン、昨年使わせてもらっている

IMG_7880

IMG_7886

IMG_7888

剛性も高いように感じたし、操作性も良かった。
あとは価格かなぁ。

探りを入れたのだけど、はっきりした答えはもらえなかった。
まだ決まっていないのか、ヒミツなのかは分からないけど。

個人的にも1台欲しいな。
モニターとか募集してませんか。

もうひとつ発表になったのがこれ。
th_IMG_2658
ラケット計測機。

ウエイト、バランス、スイングウエイトが計測できる。
th_IMG_2659

th_IMG_2660

th_IMG_2661

この手のマシンは他社さんからも発売されているが、
どうも販売をやめるらしい。

今後、ラケットについて、より細やかな提案をしていくには
このマシンは欠かせないものだと思う。

ラケットをどうすればより使いやすく、さらなる武器に出来るのか。
どうすれば、より快適にプレーが出来るのか。
こういった提案も必要になって来るんじゃないかと思う。

そういう意味ではHEADさんから発売になるのはグッドニュースだ。

実はこちらもいくらなのか教えてもらえなかった。
10〜20万円くらいの間なのかなぁ。
今後の展開のためにも揃えたいなぁ。

ということで、色々と新たな展開を進めているHEADさんである。

 

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。