日別アーカイブ:

リポDとか、JPTT準決勝とか。

JPTT・盛田正明杯にはたくさんのスポンサーについていただいた。
仕切りをしてくださった橋本総業さんのネットワークには驚くばかりだ。

で、こんなものが。
th_th_IMG_2557
橋本総業オリジナル・リポビタンD。

すごいなぁ。
ウチもつくろうか。
Team REC赤まむしとか・・・ダメか。

 

さて、JPTT・盛田正明杯、。
初日をシングルス2勝で勝ち上がり、2日目の準決勝にコマを進めたTeam REC。

鈴木貴男プロの最高の出番の準備は整った。
そして橋本総業さんに勝ちに行く。

が、ここでチームに黄色信号が。
守谷プロの腹筋に異変。
初日終了後から脇腹が痛み出し、朝になっても回復しない。

やって出来ないことはないかもと本人は言うが、
ここで無理をしてツアーからの長期離脱はまずい。
準決勝は守谷プロを外して組まざるを得なくなった。

 

そしていよいよ決戦の時。
th_th_IMG_2567

相手はメッチャ強いけど頑張ろう!

 

シングルス2は、鈴木貴男プロ。
これが鈴木プロのラストマッチということになる。

相手は中川直樹プロ。
2020年の全日本王者という新旧王者対戦という、最高の組み合わせとなった。

ラストマッチについては、後に詳しく書こうと思うが、
随所に鈴木貴男プロらしいプレーも見られ、感動的な対戦になった。

th_th_DSC_8310

th_th_DSC_8390

th_th_DSC_8348
やっぱりすごいわ、貴男さん。

試合は6−2で中川プロの勝利。
th_th_IMG_2645

まずは橋本総業さんが1勝である。

 

後がなくなったTeam REC。
シングルス1は正林プロが伊藤竜馬プロに挑む。
th_th_IMG_2682

少し前、MTSで練習させてもらっている時、
伊藤選手とも練習してもらったそうだが、
「球の威力、ハンパないです」とのこと。

正直、格は違うが、1セットなので何があるかわからない。
とにかく思い切りやるだけである。

試合はやはりという感じで、伊藤プロのペース。
th_th_DSC_8612
威力のあるストロークを左右に打ち込んでくる。

世界レベルで戦う選手のショット力を見せつけられている感じ。
th_th_DSC_8585

どうしたものか・・・
th_th_DSC_8594

粘ってみても、攻めてみてもさらに上をいくショットで追い込まれる。
th_th_IMG_2699

うーん、厳しい。

一方的な展開で敗退。
0-2でチームの負けも決まった。

 

ダブルスは何とか勝ちをと、竹島プロ、一平コーチ。
th_th_IMG_2716
対するは、竹内プロ、田沼プロのペア。

ベンチには鈴木プロが入ってくれた。
th_th_DSC_8672

が、しかし、橋本ペアも百戦錬磨。
th_th_IMG_2738
強力なサービスで押し込み、多彩なショットで翻弄してくる。
いやぁ、強いわ。

鈴木プロもアドバイスをくれるが、流れを変えるには至らない。
th_th_DSC_8696

th_th_DSC_8623

途中、流れを掴みかけるも、また押し戻される。
th_th_DSC_8683

最後まで橋本ペアのペースでゲームセット。
th_th_IMG_2752

0-3で敗退である。

何とも強い、橋本総業さん。
日本リーグ王者だけのことはある。

さあ、次は順位戦。
気持ちを切り替えて準備をしよう。

でも、盛り上がっているし、いい大会だなぁ。
出場して良かった。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。