日別アーカイブ:

ルーティンとか、ラストマッチとか。

鈴木貴男プロのウォーミングアップはとても丁寧。
決まったルーティンをきっちりこなし、コンディションを整えていく。

練習の時も試合の時も、動画収録時も同じ。
決して端折らず、自らをチューニングするかのように丁寧に手順を踏んでいく。

th_IMG_2533

ラストマッチのこの日も変わらずルーティンをこなしていた。
th_IMG_2511
この場面のコメントはTeam RECのフェイスブックページに動画をあげたので、
興味のある方はぜひご覧ください。

 

さて、いよいよ鈴木貴男プロのラストマッチの時間になった。

本来はツアーの中でのラストマッチになるはずだったが、
コロナの状況で大会が軒並みキャンセルでそれは叶わなかった。

「RECのイベントで」と鈴木プロも言ってくれていたのだが、
「今大会でラストマッチを」と運営サイドから話をいただき、
配信もされるし、他の選手たちもいるし、
多くの方々に観ていただけるだろうということで、
実現の運びとなった。

当初は、エキシビションマッチを組む予定だったが、
今回は鈴木プロもTeam RECメンバーとして参加するため、
試合の中で組めるのが理想ということになった。

ならば、プロ選手同士の対戦に出来ればということに。

ってことは、初回戦を勝ち上がってプロ選手のチームに当たらないとそれは実現しない。
もし、チームが負けてしまえばエキシビションを組んでもらえるだろうが、
そうではなく、チームの勝敗に絡む対戦でラストマッチを組みたい。
チームとしてはそこまで勝ち上がることが命題になっていたのだ。

 

そして初日を見事に勝ち上がり、2日目の対戦は橋本総業さん。
全員プロの強豪チームと、すべて整ってのラストマッチである。

対戦相手は中川直樹プロ。
th_IMG_2584
昨年の全日本を制した若手ということで、これ以上の相手はいない。

コートの周りもこれまでの対戦とは比べ物にならないくらいの人。
無観客なんだけどな。(苦笑)

噛みしめるようにアップをし、試合開始。
th_DSC_8312

中川選手、強い!(そりゃそうだ)
th_DSC_8268
恐ろしく速いショットを思い切り打ち込んでくる。

何とか食らいつく貴男さん。
th_DSC_8306

 

そして随所に貴男劇場。
th_DSC_8324

th_DSC_8390

th_DSC_8401

 

もうずっと観ていたいくらい。
th_DSC_8410

th_DSC_8464-1

th_DSC_8429

 

容赦ない若手との対戦を楽しむように、自分のプレーを貫く。
th_DSC_8468

th_DSC_8510

th_DSC_8480

 

試合は6-2で中川プロ。
th_IMG_2645
負けはしたが、とてもすてきな1セットマッチだった。

試合後、チームメンバーとグータッチをし、ベンチに戻ると
様々な方々が祝福にやってきた。
th_IMG_2663

th_IMG_2680

そして延々と続く取材。
th_IMG_2762

やっぱりスター、そしてレジェンドだな、貴男さん。
th_DSC_8557

 

この場に立ち会えたこと、そして貴男さんと関わって来られたことに感謝したい。
「世界一テニスが好きなのはボクです」と公言している貴男さん。
これからもテニス界のために動いてくれるそう。
th_DSC_8548
テニス界もTeam RECもよろしくお願いします!!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。