日別アーカイブ:

工夫とか、JPTT3位決定戦とか。

JPTT・盛田正明杯の受付時に出場チームに配られたマスク。
th_IMG_2214
大会オリジナルなのね。

そして各チーム毎に設けられたシートというかエリア。
th_IMG_2215
密にならないように芝生広場に距離をとって設置してあった。
色んな工夫と配慮のある大会だった。

 

さて、橋本総業さんに0-3で敗退したTeam RECは3位決定戦に回ることになった。

ここで問題が。
選手が足りない!!

腹筋を炒めた・・・じゃない、痛めた守谷プロは出場不可。
鈴木プロはラストマッチを戦ってしまったので、もう出すわけにはいかない。
ひとり足りないぞ。
どうする?

対戦相手の早稲田大学に話をして、1本は棄権にしてもらおうか。
せっかくやる気になっているはずだし、配信もあるので申し訳ないけど、
どうにもならないし、しかたないかと話し合っていた。

とにかくオフィシャルに言わなければと相談したら、提案が。
「選手会から1名レンタルしてください」
「それ、ありなんですか?」
「ありです」

そういう手があったか!

で、隣にいた選手会メンバーにお願い。
誰が出てくれるかなと思ったら、「試合やりたい!」と、
江原プロが手をあげてくれた。
ありがとう、江原プロ。

ということで、なんとか対戦にこぎつけた。
th_DSC_8712
ふう、よかったぜ。

オーダーもちょっと変えて、シングルス2に一平コーチ。
th_DSC_8718

ベンチには貴男さん。
th_DSC_8772

かなりプレッシャーのかかる状況での出場になってしまった。
そして、早稲田、メッチャ強い。
th_DSC_8731

終始押しまくられ、反撃の糸口が見つからないままにゲームセット。
th_DSC_8801

これは厳しい。
th_DSC_8808

 

シングルス1には正林プロ。
th_IMG_2798
相手は早稲田のエース、白石選手。
頼むぜ、知大。

序盤は正林選手ペースでリードを広げる。
th_DSC_8865

th_DSC_8875
攻撃もリズム良く、順調にポイントを重ねる。

 

このまま行くかと思いきや、徐々に白石選手の粘りが。
th_DSC_8883

なかなかゲームが取れなくなってくる。
th_DSC_8932

 

4ゲームを連取され、形勢逆転。
ここからは一進一退の展開。
th_DSC_8879

th_DSC_8927
気迫で勝ちにいく正林プロ。

が、最後の最後で取りきれず敗退。
th_IMG_2832
強かったなぁ、白石くん。
残念、チームも負けてしまった。

 

なんとか1勝を取りたいダブルス。
th_IMG_2840
急遽、出場してくれた江原プロの心意気にも応えないと。
ペアはダブルス巧者の竹島プロ。

気迫のプレーを繰り広げる江原プロ。
th_DSC_9089

th_DSC_9038

コンビネーションも悪くない。
th_DSC_8994

貴男さんもベンチコーチに入ってくれた。
th_DSC_9050

th_DSC_8957

しかし早稲田ペア、若いっていうか、勢いづいているっていうか、
どんどんプレッシャーをかけてくる。
th_IMG_2852

最後まで勢いを止められず敗退。
いやぁ、厳しかった。
そして強いわ、早稲田。
参りました。

これでTeam RECのJPTTは終了。
th_DSC_9120
江原プロ、有難うございました。

チームのみんな、お疲れさま!
全部、いい試合だった。
久しぶりのチーム戦、とても楽しかった!

次のチーム戦は日本リーグかな。
明日からまた頑張ろう!!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。