月別アーカイブ: 2021年8月

茶漬けとか、印旛沼へとか。

近所のイオンスタイルで発見!

th_IMG_4461

th_IMG_4464

お茶漬け販売カーなのだろうか。
カッコイイ!!・・・とは言えないけど、いい感じ。

 

さて、駐艇場を借りているボート屋のアキラさんから連絡があったらしい。

「トレーラーのタイヤ、パンクしてるぞ。あとボートカバー、また破けてるぞ」

カバーは持って1年かぁ。
やっぱり安物はダメだな。
でも、いいやつだと10万円オーバーだし、
安いのをマメに替えるのとどっちがいいんだろう。

なんてことを、HEADのハヤシくんと話しながら、
ボートカバーを掛け替えにいくだけで終わってたんだけど、
さすがにタイヤのパンクはまずい。

もうダメだよね、交換しなきゃって言いつつ、
ずっとそのままだったけど、とうとう来たかって感じ。

 

いよいよこれはやらなきゃねってことで、
週末、ボートに集合って約束をした。

ワタクシ「タイヤどうする?」

ハヤシ「買うしかないですよね」

ワタクシ「買っといて」

ハヤシ「ボクがですかぁ。あのタイヤ特殊なんですよね」

ワタクシ「たまには働け」

ハヤシ「いつもやってますって」

ということで、ハヤシくんに手配を任せた。

 

で、せっかく印旛沼に行くんだし、岸からでも釣りっぽいことはしたい。
全然釣りしてないこの状況、やっぱり良くないよ。

クローゼットからタックル(釣り具)を出してみる。
th_IMG_5615

めっちゃホコリだらけ。
th_IMG_5617

th_IMG_5618
ホコリなんだか、犬の毛なんだか。
ひどいなこれ。

 

ってことで、ひと通り拭き掃除。
th_IMG_5619

 

ラインまで巻き替える時間はないけど、とりあえずね。
th_IMG_5620

果たして釣りが出来る状況になるのかはわからないけど、
2本だけクルマに積んで、印旛沼へGOなのだ。

 

カテゴリー: クルマ, 仲間, 街歩き, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

唐揚げとか、Wilson US.OPEN LIMITEDとか。

テリー伊藤の唐揚げ屋さん。
th_IMG_4332

これで450円だっけ。
th_IMG_4333
ボリュームもあるし、美味しいし、コスパ最高。
オススメです!

 

さて、若干バタバタしている感のあったウイルソンさん。
商品の方はしっかり新製品をリリースってことで、まずはこちら。

th_2000x2000_b

BLADEとCLASHのUS.OPEN LIMITEDである。

US.OPENといえば、Wilsonというイメージだが、
その特別バージョンが発表・発売に。

 

まず、BLADE US.OPEN LIMITED

th_WR062111U_1_Blade_98_16x19_US_Open_LTD_Edition_GY_BL

th_WR062111U_4_Blade_98_16x19_US_Open_LTD_Edition_GY_BL

th_WR062111U_5_Blade_98_16x19_US_Open_LTD_Edition_GY_BL

 

デザインはNYの夜のイメージ。
夜のマンハッタンのマップがプリントされている。
th_IMG_5570

th_IMG_5572
精悍さがいい感じ。

US.OPN LIMITEDのプリントも入っている。
th_IMG_5573

フェイスサイズは98平方インチ、ストリングパターンは16×19。
価格は、36,300円である。

実はこのBLADE US.OPEN LIMITED、発表になったばかりの
BLADE新製品 V8がベースになっている。
新しいBLADEがLIMITEDで楽しめるという豪華企画。

BLADEファンの方はぜひお試しいただきたい。

 

そして、CLASH US.OPEN LIMITED
th_WR062011U_1_Clash_100_US_Open_Limited_Edition_WH_GY

th_WR062011U_4_Clash_100_US_Open_Limited_Edition_WH_GY

th_WR062011U_5_Clash_100_US_Open_Limited_Edition_WH_GY

こちらはマンハッタンの昼のイメージ。
ベースはCLASH100なので、幅広い方にマッチすると思う。

女性にもうけそうなデザイン。
th_IMG_5575

th_IMG_5576

CLASHの扱いやすさはご存知の通り。
フレームのしなりが効果的に作用し、打っても打っても
ボールがちゃんとコートにおさまってくれる。

フェイスサイズは100平方インチ、ストリングパターンは16×19。
価格は、35,200円である。

ベースモデルは現行のCLASHなので、CLASHユーザーは違和感なく、
使用いただけると思う。

 

このUS.OPEN記念のDAY & NIGHTモデル
情報解禁日が直前で延期になったり、不安要素もあったけど
実物を見てみるとかなりカッコいい。

限定品なので、見かけなくなったらもう手に入らない。
RECテニススクールでは各5本(G2のみ)だけ確保できた。
スクールに在庫がなくても、お申し込みいただければ他校から取り寄せで対応可能。
完売で終了なので、お早めがオススメ。
(実はスタッフからも希望者が・・)

ウイルソンブランドは昨年から大きく施策を変更しているので、
「どこでもある」ブランドでは無くなる可能性も大。

もちろん、ワタクシたちはしっかりタッグを組んでやっていくけど、
それでも今回の確保は5本のみという状況。
ぜひお早めにどうぞ。

 

ちなみに、新しいBLADE、まだ打たせてもらっていないので、
実はフィーリングなどは全然わからない。
以前はいち早く試打させてもらえたんだけどなぁ。

これも方針転換の一部なのか、単に担当のIさんが忙しいだけなのか・・・
まあとにかくウイルソンの新製品には注目なのだ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラケバとか、夏の夜とか。

ダンロップさんにて。
th_IMG_4345
オリンピック仕様なのかな。
ベタな・・というか、まあいいです。
選手使ってた?

 

さて、人々が活動している時間に地元に帰らないワタクシ。
めずらしく日暮れ時に地元に帰り着いた。

th_IMG_5380

いい夕焼けだなぁ。
いつもこんな時間帰れたらうれしい。

たまたまだけど、何やらイベントが。
th_IMG_5369
竹の明かりを灯してのイベントらしい。

夏の夜に竹灯り。
いい感じ。
th_IMG_5371

th_IMG_5372

th_IMG_5373
近所の皆さんが集まってきている。

 

夏って、盆踊りとか縁日とか、
子供たちが繰り出していい夜のイベントがあったよね。
th_IMG_5375

今年はコロナやらの影響で盆踊りもなかったりしたんだろうけど、
こういうイベントは夏らしくて大好きだ。
th_IMG_5374

th_IMG_5377

高校生の頃、温泉街のお祭りに行って、午前様で帰ったら、
「高校生の時間じゃない!」って母親に怒られたのを思い出した。
かなりの放し飼いだったけど、あの時は度を超えたんだろうな。

なんてことを思い出しながら、フラフラと楽しい夏の夜だった。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

DAINESEとか、燃えよ剣とか。

お台場にて。

DAINESEショップ。
th_IMG_4415

ダイネーゼといえば、バイクギアブランド。
th_IMG_4416
ヘルメット、革ツナギ・・・
バイク乗りだった頃、欲しかったけど、高くて買えなかったなぁ。

 

さて、ワイルドスピード9を観に行ったのが先週。

th_IMG_5724

 

映画も久しぶりだなぁなんて思いながら、
奥側の上演館に向かうと・・・

th_IMG_5722

え?!!燃えよ剣が映画化だって!!

マジですか!!

 

「燃えよ剣」といえば、司馬遼太郎の名著。
幕末の混沌した時代を、新撰組そして土方歳三に焦点をあてて描かれた名作。
ワタクシの座右の書の一冊でもある。

「燃えよ剣」は、ずいぶん昔にメーカーの担当者だったTさんに紹介いただいた。
それまであまり司馬遼太郎は読んでいなかったのだが、
「ぜひ!ためブロさんは感じるものがあるはず」と薦められ読んでみた。

幕末ものっていうと、政治駆け引きや活劇的なものが多いが、燃えよ剣はそれではない。
Tさんも言っていたのだが、この本は組織論を語ったもの。

もちろんドラマも勇猛な戦闘シーンもあるといえばあるのだが、
風が変わるだけで、官軍から逆賊へなど、時代に翻弄される組織や、
その中でどうあるべきかを貫いていく話でもある。

特に新撰組の組織改革は時代の変化によって、
適宜組み替えられていく「変化対応」が素晴らしい。
これぞ土方歳三の才覚であり、この時代にいるべくしていた人物である。

 

この本を読んで土方歳三の生き方に感銘を受けた。

組織の掟において、一切妥協をしない姿勢。
それがどんな者であっても例外は認めない。
組織が緩むからである。

新撰組副長として近藤勇を支え、組織のために信念を貫く。
時にはエキセントリックに、時には冷酷に、しかし組織を動かすためにはブレない。
そして、ポジションや支配欲ではなく、組織のためにすべきことをする。

歳三のナンバー2の美学こそが、
自身のロールモデルであると深く感じ入ったのを覚えている。

組織はかくあるべき、そしてこう率いるべき。
そんなことを教えてくれた「燃えよ剣」。
もう何度読み返しただろうか。

 

まあ、ワタクシはナンバー2であったこともあるような無いような。
そして現在はナンバーいくつもでないような立場ではあるが、
規模に関わらず、チームを率いるうえにおいては、バイブル的なものでもある。

 

そんな「燃えよ剣」が映画になるとな。

主演は岡田准一。
これドンピシャじゃないかな。
その他出演者も豪華だし、これ観にいくでしょ。
いやぁ、また楽しみが増えた。
とりあえず、本もう一度読み返そう。

仕事仲間のみんな、迷ったらこれを読むのが良い。
信念を貫くとか、思惑や政治に流されないとか、理不尽な力に屈しないとか結構大変だけど、
変な打算や計算ではなく、信念、真理のもとに動こうと思えるはず。

オススメです。

カテゴリー: バイク, 仕事, 仲間, 映画, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、マシン調整とか。

ファミマにて。
th_IMG_5708
買う?これ。
いや、買わない。
誰か感想聞かせて。

 

さて、ウチの会社って、ストリングマシン何台あるんだろう。
20台以上はあるよね。

順番に新しいマシンに入れ替えていって、
ようやく2世代前のマシンがなくなったなと思ったら、
その次がもう古くなっていたり、まあ何かと大変。

でもって、これだけあると、なんやかんやであちこちで不具合が出る。

1回のストリングキャンペーンで3,000本くらいの張り上げをするから、
マシンもフル稼働だし、メンテナンスのルールが決まっているとはいえ、
それなりに消耗も激しいのだと思う。

多少の建て付け的なものは自分たちで調整できるけど、
コンピューターや可動部の内部構造になるとお手上げ。
メーカーさんに来ていただいての修理調整となる。

 

そんな困った時に来てくれるのが、ゴーセンの冨岡さん。
th_IMG_4425
デ杯チーム、フェドチームのオフィシャルストリンガーでもあるので、
日本チームの中で応援をしている姿を見たことがある方も多いと思う。

お互い若い頃からの付き合いだから、
もう20年以上一緒に仕事をしていることになるのか。
年も取るわけだ。(しみじみ)

 

先日、高島平インドアのマシンの具合が悪くなり、また来ていただいた。
ストリングを引っ張るチャックの可動がどうもおかしい。

おもむろにマシンのカバーを外す冨岡さん。

th_IMG_4422

「え〜とですね。一緒に見てもらっていいですか」

「え?ああ、はいはい」

「中はこんなふうになっています」

「ふむふむなるほど」

th_IMG_4423

「で、パネルのボタンのこことここを長押しします」

「はいはい」

th_IMG_4424

「で、ここのつまみをドライバーで調整すると、キャリブレーションが調整・・」

「ちょっと待った!冨岡さん、ボクに内部の調整方法教えてる?」

「はい。そうすれば自分でできるんで」

「いやいや。だって、ここは開けないでって書いてあるじゃん」

「ためブロさんなら大丈夫でしょ。覚えてください」

「マジかぁ。それでダメにしちゃったらどうすんの?」

「そうなったらボクが来ますって」

th_IMG_4427

 

信用されてるんだか、なんだかよく分からないけど・・・
分かりました、覚えますよ。
渡されたマニュアルも全編英語でよく分からないけど。

th_IMG_4428

なるほど、こういう仕組みで動いてるのね。
自分でできる範囲を広げておくのもいいかもね。

あ、良い子はマネしないでください。
あくまで自己責任でお願いします。

夏は各所の全日本大会でほとんど旅芸人の冨岡さん。
また秋風が吹く頃に会いましょう。

カテゴリー: Team REC, スポーツ, テニス, テニス用品, デ杯, フェドカップ, 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

満員とか、ステッカーとか。

ワクチン接種、まったく目処が立っていない。
REC本社の皆さんは、それぞれのつながりを駆使して接種を終え、
接種できていないのはワタクシだけ。

かくなるうえは東京の大規模接種会場ってことで、
予約受付開始時間にPCに張り付いてみた。

「混んでるから、このまま待っててね」のページを見つめること40分。
ようやく画面が切り替わった。

th_スクリーンショット 2021-08-12 18.35.52

ウソでしょ?

まいったな。
デルタ株の猛威で、身近に迫る危機がいっそう強まった感があるし、
なんとかならないか、この状況。

 

さて、夏生まれの夏男のワタクシ(ウソ)としては、すっかり真夏な感じで嬉しい限り。

しかし暑いわ。
th_IMG_5189
ほとんど微熱状態。
体温なら、もう少しで出勤停止だよ。

 

で、クルマの後ろを見ていて、ふと気づいた。

あれ?スッテカーおかしくない?

th_IMG_5190
ムーンアイズのデカールが剥がれてた。

暑さのせいなのだろうか。
こんな、なるか?
th_IMG_5398
ちょっとひどいぞ、MOON EYE’Sさん。
と、文句を言っても仕方ないので、貼り替えることに。

 

何かステッカーなかったっけと、ステッカー保管庫をゴゾゴゾ。
あった、これいいんじゃない。

th_IMG_5402

DAYTONA、所ジョージさんが監修していた頃の
アメ車というかアメリカンライフスタイル雑誌のステッカー。
たぶん30年前くらいに買ったもの。

劣化で貼れないかもしれないけど、
数週間で剥がれちゃうムーンアイズよりはいいだろ。

 

ということで、工具箱からツールを取り出す。
th_IMG_5399
スクレーパー!(ドラえもんで)

なにかと便利なのね、これ。
th_IMG_5401
ったく、短い命だったぜと、ブツブツ言いながら剥がす。

 

で、DAYTONAステッカー装着。
th_IMG_5403
おお!いい感じじゃない。

50過ぎのオヤジがすることじゃないな。
まあ、いいか。

カテゴリー: PC, インターネット, クルマ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マスクとか、DUNLOP LX800インプレとか。

Prince BEASTの試打会で配布されたマスク。
th_IMG_5392

普段用にはならないなぁ。
契約コーチがレッスンでするのはアリかな。
でも、まあまあ苦しい、これ。

 

さて、新製品が目白押しな今日この頃。

ダンロップさんから試打ラケットが届いた。
th_IMG_4957

 

LX800
th_IMG_4956
■フェイスサイズ:110平方インチ
■ラケット長:27.5インチ
■ウエイト:255g
■バランスポイント:355mm
■フレーム厚:26~27mm
■グリップサイズ:1・2
■ストリングパターン:16 × 18
■価格:35,000円

 

ダンロップさんのカンタン飛び系ラケットの中核をなすモデル。
以前は、SRIXONブランドで、8.0という名称だったが、
DUNLOP LXシリーズに名称が変更され、800として再デビューである。

ダンロップのこのシリーズは10.0も含め、メッチャ飛ぶ。
クラブプレーヤーでダブルス中心の方には「楽チンラケット」として馴染みが深い。
特にこの800系はバランスの良いセッティングで評価が高い1本である。
th_IMG_4958

もちろんこの手のラケットはワタクシが使うタイプではないけど、
ちゃんと打っておかなければってことで試打をしてみた。

 

やっぱり・・・飛ぶ!!ラク!!

思い通りの打ち心地。
期待を裏切らない感じ。

 

実は最初は全然合わなかった。
久しぶりのテニスにテンションが上がって、振りすぎたから。(子供かっ!)

やっぱり振りすぎると、この手のラケットは思うようなショットにならない。
ゆっくり丁寧に運ぶ感じでちょうど良い。
ラケットの飛び性能を信じて合わせてあげればちゃんとボールは飛んでいく。

なんとなくコツがわかってアジャストできたら、あら不思議。
全部入るじゃん。

こんなにラクにすべてのショットが入っていいのかな。
すごい打球が飛んでいくことはないけど、
ミスショットもなく、全部入りますぜ状態。
いやこれ、魔法のラケットだわ。

 

過剰なスピン系はいらない。
いや、向かない。
普通にナチュラルに後ろから前、少し下から上にスイングすれば
ナチュラルスピンの打球がキレイに飛んで行ってくれる。
う〜ん、これぞ飛び系の真骨頂だわ。

th_IMG_4960

 

ネットプレーも合わせるだけ。
振って送る動作も必要ない。
合わせるだけで、ちゃんとベースライン深くにボールが飛んでいく。

柔らかく包み込みようなフィーリングなので、腕にも優しい。
ドロップやアングルなどのタッチ系も思いのままだ。
コントロール重視のダブルスプレーヤーにはすごい武器かも。

 

サービスは振りすぎるとどこかにすっ飛んで行ってしまうけど、
丁寧にスピンをかければかなり曲がって落ちて入ってくれる。
ゆっくりなスイングでもここまで曲がると相手は嫌だろうなという感じ。

見た目はそれほど楽チン系ってこともないが、
とにかく魔法のようにボールが飛んで、入ってくれる。
th_IMG_4961

様々なテクノロジーが搭載されているからのこの出来上がりなのだが、
技術云々よりもとにかくこの飛びとコントロールを味わってほしい。

 

シングルスでガンガン振りたい人にはオススメしないが、
ダブルスが多い女性プレーヤーにはイチオシかも。
th_IMG_4966

今ならREC各校に試打があるはず。
興味のある方はコーチにお声がけください。

 

今回、試打の相手をしてくれたのは、
レックインドアテニススクール上石神井のハタナカコーチ。
th_IMG_4970
あ、契約はHEADだった。
コバヤシさん、すみません。

いきなりのご指名に付き合ってくれてありがとう。
またお願いします。

いやぁ、良かったな、LX800。

カテゴリー: Team REC, インプレ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス用品, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

DUTSUNとか、ワイスピ9観た!とか。

某所にて。

DUTSUN FAIRLADY
th_IMG_4347
こんなコンディションのフェアレディあるのね。
しかも普通に動かしてる感じ。
動いてるところ見てみたい。

 

さて、クルマといえば、今いちばんホットなのがこれ。
th_IMG_5724
ワイルドスピード・JETBREAKである。

ワイスピシリーズは全部観た。
今回のJETBREAK公開に備えて、Amazonプライムでもういちど全部観た。
観れば観るほどにメチャクチャな映画だけど、
それでもいいじゃないなと思うくらいに突き抜けてる。

もうそれでいいよ、付き合うよって気持ちになったので、近所の映画館へ。
th_IMG_5718

ちなみにワタクシ、映画もライブも基本はひとり。
集中したいし、同じくらい思い入れがあったり、好きだから
一緒に観て楽しいって思うから。
付き合いで行くことないよ、ライブも映画も。

 

久しぶりだな映画館。
th_IMG_5719
ボヘミアンラプソディー以来か。

 

席は事前にネットで選ぶのだけど、
原題の「FAST and FURIOUS 9」(F9)に敬意を払ってF列にした。
th_IMG_5723
9番はコロナ対応で着席不可だったのが残念。

 

上映開始。

いやぁ、良かった。
そして破茶滅茶だった。(笑)

これだけ死んだ登場人物が生き返る映画って、ゾンビ映画しかしらないよ。
「なんで生きてるんだ?」って、こっちが知りたいわっ!

最初は単なる車泥棒とストリートレースの話だったのに、
いつの間にか飛行機や原子力潜水艦と戦って世界を救ってるし。

そして今度は宇宙って。(笑)
でも、楽しいから良しとしよう。

最後に次に向けての伏線ぽいのがあったりして、
きっとまだシリーズは続くんだろうなって期待もあったり。

これだけ強引で楽しい映画もなかなかないよね。
ああ、もう次が観たいぞ。

 

ということで、帰宅してワイスピに乾杯。
th_IMG_5725

ワイスピといえばコロナ。

「オレたちはファミリーだ」

ああ、いいわぁ。
10、待ってるよ〜!

カテゴリー: クルマ, 映画, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

SRとか、Coo、Coco近況とか。

どこだっけ?

YAMAHA SR
th_IMG_4304
シンプルだけど、ちょっととんがった感じがナイス。
いいなぁ、SR。
実は一度も乗ったことがない。
欲しい。

 

さて、我が家の犬たち。

Cocoさんは相変わらず元気というか、甘えっぷりがすごい。

ワタクシの仕事スペースの足元に。
th_IMG_4257

そこまで入られたら座れないんだけど。
th_IMG_4335
これでもかとばかりに、キッチンに立つ長男の足元にも。
th_IMG_3398
そこまでするかね。

とにかく、かまってチャンなCocoさん。
th_IMG_3673
愛想の大盤振る舞いである。

そんなCocoさんも実はまあまあのお歳。
どうしてこんなに子供っぽいんだろう。
対するCooさんはすっかりこんな感じ。
th_IMG_5246

もう14歳だから完全におばあちゃんだ。

最近はぼんやり外を眺めたり、ほんやりと考えごとをしたり、
寝ていることが増えた。
th_IMG_5171

th_IMG_5172

一時は足の具合が悪くなって歩けなくなったりもしたけど、
最近はそれも治って、散歩も出来るようになった。

以前ほど元気には歩き回れないけど、
ゆっくりでも歩けるようになって良かったよ。

 

以前はソファに乗って休むことが多かったけど、
もう自力ではソファに登れなくなった。
お気に入りの場所も足を外して低くしてあげた。
th_IMG_4867

最近はこの高さも躊躇するようになったので、
クッションにしてあげた。
th_IMG_5538
まあまあ気に入ったらしい。

そんなCooさん、足が痛いのか、
気になるところをペロペロなめていたら炎症を起こしてしまった。
病院で診察を受け、薬をもらって帰宅。

で、なめないように人生初のカラー装着。
th_IMG_5690
テンションだだ下がり。(笑)

自分の車幅が分からずに、あちこちにガンガンぶつかりながら歩き回るから、
うるさいわ、痛いわで落ち着かないけど、しばらくはガマンだな。

 

そんな二人だけど、久しぶりにトリミングに連れていった。

th_IMG_5526

th_IMG_5528
女っぷりがあがった。

Cooさんも若く見える。
病院の医師も「若く見えますね〜!」と驚いてた。(美魔女?)

Cocoさんもお尻もまるっとかわいい。
th_IMG_5530

二匹もワタクシもいい年になってきたけど、
とりあえず元気にしていればじゅうぶんかな。
まだまだ楽しもうね。

カテゴリー: バイク, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

丼とか、勇気を出してとか。

松屋のステーキ丼(だったかな)
th_IMG_5129

味も深くて美味しい。
若干満足感を超えるくらいのインパクト。
元気な時にどうぞ。

 

さて、ずっと気になっている人がいた。

いつか声を掛けたいなと思いつつ、なかなか勇気が出ず、
でもやっぱり気になるあの人。(女子高生かっ!)

勇気を出して声を掛けてみようか。
いや、でも、つれない反応だったらどうしょう。
ああ、でも一度お話をしてみたい。

 

そんな葛藤を経たある日、ランニングの途中、思い切って声を掛けてみた。
知らない人とフレンドリーに話すタイプじゃないワタクシにとっては、
清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟を持ってのこと。

「おはようございます」

「あ?おはようございます」

「このクルマ、なんて言うんですか?ずっと気になってて」

「これ、ワーゲンです。車名はあるのかないか」

上半身裸の同じくらいの歳のオジサンに話しかけてみた。

 

実はこの方、天気の良い日の週末はいつもヨットハーバーの駐車場で、
このクルマを磨き上げているのだ。

th_IMG_3638

なにこれ?フォルクスワーゲンてことはわかるけど。
ずっと気になってた。

この手のクルマのオーナーさんて、拘りが強くて気難しいんじゃ?
ヘタに声かけたら、「あんた。クルマのことわかって聞いてんの?」
みたいな反応が怖くて、ずっと声をかけられずにいた。

通りががりにクルマを舐めるように見てたら目が合ったので、
思い切って声をかけてみたという次第。
半年以上かかったな。

 

話してみたら、なんとも気さくなおオジサン。
ちなみにワタクシもオジサンだ。

オジサン同士、話が弾む。
しかもご近所さんてことも判明。
いやぁ、声かけて良かった。

 

で、クルマについてあれこれ、根掘り葉掘り。

しかしキレイだなぁ。
th_IMG_3637

運転席
th_IMG_3641

th_IMG_3642
ステアリングがいい!
MOONEYE’Sテイスト。

後付けのタコメーターもかわいい。
th_IMG_3643

リアシートは、「いちおうあります」な感じ。
th_IMG_3644

後ろ姿も美しい。
th_IMG_3636

見て!このエンジン。
th_IMG_3635

どんだけピカピカなのか。
th_IMG_3634

エンジンルームの端には後付けのパーツ。
th_IMG_3648
電装系の強化パーツなんだそうだ。
古い車は、まず電装系の強化からが持論だとか。

ホイルもワーゲンお約束のタイプ。
th_IMG_3646

ポルシェホイールね。
th_IMG_3647

これなんですか?
th_IMG_3645
消化器だって。
何があるかわからないからって。(笑)
これもオシャレ。
いいわぁ。

 

あれこれ説明してもらって大興奮なワタクシ。

実はこの方、たまに昔のアメ車も整備している。
その話をしたら、「あれが日常の足なんです」だって。
しかも、VESPAも所有しているとか。

まさに理想のモーターライフを送っている方がご近所に。
ああ、もうなんともうらやましい。

ワタクシももう少し余裕ができたら、
こんな風にクルマとか、ボートを愛でたいなぁ。
休日もずっとPCに向かっている生活じゃなぁ。

まあでも、いい方と知り合いになれた。
今度、ドライブ誘ってもらえないかな。(ワクワク、ドキドキ)
女子高生かっ!!

楽しいね、クルマ。

カテゴリー: オモチャ, クルマ, ランニング, 街歩き, 食べ物, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。