カテゴリー別アーカイブ: ストリンギング

正林プロ動画とか、ブラックコスメ張り上げとか。

守谷総一郎プロと一緒に正林知大プロのところに
ストリングマシンを届けた時の動画が公開になった。

まあまあ時間が掛かっちゃったけど、ぜひ見てください。
短編なんで観やすいと思う。
正林プロの天然炸裂です。

 

さて、HEADさんから届いたブラックコスメラケット。

まずは舐めるように眺め、匂いを嗅いでみて、なめてみた。(ウソ)

早く打ってみたい。
今週チャンスは明日くらい?
ならば今夜のうちに張ってしまおう。
ビールもしばしガマンだな。

 

久しぶりだな、ストリンギング。

th_IMG_6110

ストリングはこれまた発売前の新製品。
ポリ系のようだが、微妙に柔らかい。
なんだろ、これ。

 

テンションは安定の45ポンド。

th_IMG_6111

まずはここから上げ下げしたり、
マルチやナチュラルに張り替えたりしながら試す予定。
最初はHEADさんの指定ストリングから。

 

なんか、スロートが特徴的だなぁ。

th_IMG_6117

手元はプレステージっぽいし、上の内側は少しふくらんでいる。
どんなフレックスなんだろう。

 

ストリングもポリにしては張りやすい。

th_IMG_6118

ヨネックスのポリツアー系的なしなやかさを感じる。

 

フレームも張りやすいグロメットパターン。

th_IMG_6122

素直で張りやすいラケットってあるよね。
HEADはいちばん張ってるのもあるけど、
張りやすい部類のブランドだなと思う。

 

張り上がり〜!

th_IMG_6125

 

ストリングもけっこういい色。

th_IMG_6123

 

期待が膨らむぜ。

th_IMG_6127

 

グリップテープも入っていたHEAD製で。
th_IMG_6128

最近発売になったこのHEADさんのグリップテープ、
これまでにはない適度な吸い付きのウエット感でなかなかの商品だと思う。
契約選手も使っているとのこと。
オススメです。

 

しかしこのスロート形状、これまでのHEADにはなかったタイプ。
ああ、早く打ちたい。
th_IMG_6132

 

よーし、早速明日の巡回先のレックテニススクール府中で試し打ちだ。
th_IMG_6136

腕が鳴るぜ!

#headyougotthis
#ぼくに任せて
#きみならできる
#headtennis
#headracket
#ニューモデルラケット

カテゴリー: Team REC, インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

赤とか、ストリングマシンとか。

滅多に赤は飲まない。
th_IMG_9103

ということで、頂きもの。
たまにはいいかもね。

 

さて、守谷総一郎プロを連れて、むさしの村ローンテニスクラブに
練習に来たわけだが、実は当初の目的は別。

正林プロにストリングマシンを届けるためである。

拠点をむさしの村に移した正林プロ。
クレーコートってことと、練習が長時間&超ハードで、
ストリングが2時間くらいで切れてしまうそう。

「マシンが無いとキツいっす」ってことで、レックインドア上石神井
新しいものに入れ替えた際、前のマシンを譲ってあげることに。

ストリングマシンはいちおう分解できるので、送ることが出来ないわけではないが、
ナショナルチーム・ストリンガーのゴーセンの冨岡さんに聞いたら、
「重いからかなりの送料かかりますよ。持っていけるならそのほうがいい」とのこと。

ならば、仕方ない、持って行ってあげるよとなったのだ。

 

練習を終え、正林プロの車に先導され自宅へ。
ちなみに正林プロは免許取りたて、
納車1週間のプリウスに乗っている。

正林プロの自宅に到着。
マシンをおろす。

足部分のパーツを運び、マウント部分を運び・・・と、気づいた。

「総一郎とオレが重い荷物運んでるのに、
どうしてキミはドアを押さえているだけなのだ?」

「あ・・・そうですね。すみません」

 

なんとかひと通り運び込んだ。
th_IMG_2071

さて組み立てるか。

まずはマウントを取り付けてと。
次にターンテーブルを・・・と、また気づいた。

「知大!なんで総一郎とオレが重いパーツを持ってて、
キミはビス1本だけ持って待機してるのだ?」

「あ・・・」

「あ・・じゃねえよ」(笑)

 

なんてこともありつつ、順調に組み上がる・・かと思いきや。

「知大、ドライバーちょうだい」

「無いっす」

「無いの?!ウソだろ。じゃあ、六角貸して」

「ロッカク?」 (カタコトかっ!)

「六角レンチだよ」

「六角ベンチ?」

(ボケてるわけじゃなくて、素で知らないな、こいつ)

「一人暮らしするなら、工具セットくらい持ってた方がいいよ」

「そうなんですか。そうだ!近くにホームセンターがあります」

「じゃあ、ドライバーと六角、買いに行くか」

「誰の車で行きます?」

「キミのに決まってるだろ」

「運転は誰が?」

「おまえだよっ!!」

「死にたいですか?」

「死にたくないから、安全運転して」

 

ということで、はじめてのお使い状態で出発。
th_スクリーンショット 2021-04-17 15.44.58

「すみません。レックカーどかしてもらえますか」

「通れるよ」

「いや無理っす。絶対擦る」

「余裕だって!」

「ダメっす!」

しょうがないなぁ、じゃあちょっと下げるよ」

 

ようやく出発。

th_IMG_2075

話しかけないでくれオーラを出してたけど、
リラックスできるように優しく会話をふってあげた。
どうやら右折は出来ないらしい。
着くのか?

この「はじめてのお使い」の様子は、
近日中にTeam REC Channelで公開予定。

 

なんとか着いて、買い物コンプリート。

そして帰宅〜組み立て再開。
th_IMG_2078

また総一郎が重いターンテーブルを持って、知大はボルト留め。(笑)

ようやく組み上がった。
th_IMG_2079

「おっ!!電源入った!」と知大。
そりゃ、入るわっ!!

 

とうことで、ようやくミッションコンプリート。
th_IMG_2081

知大が勝ち誇った顔をしている理由は不明。
キミ、何もしてないから。(笑)

大事に使えよ。

 

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

オフとか、プロト張り上げ!とか。

ようやくのオフ。
最近、あまり走れてない。
あれこれ済ませて海沿いへ。
th_IMG_8132
すっかり秋の空だ。
あっという間に冬なんだろな。
早いね。

 

さて、HEADさんから届いたRADICALプロト。
打つ気満々だったんだけど、ガットが張ってないというハプニング。(注:普通です)
th_IMG_8095

次の日の土曜は高島平インドアテニススクールで打ち合わせだから、
ガットを張って、試打をと思ったら・・・コートが空いてない。
そりゃそうだ、土曜日だもの。(by相田みつお)

打てないのにラケット持っていってもねえってことで断念。

 

休みの日曜日に張り上げることにしたのだが、
あれやこれやと次週の仕込みがあったりで、なかなか張れず。

午後、ようやっとストリングマシンへ。
th_IMG_8143

ストリングはHEADさん指定のLINX TOUR。
th_IMG_8144

テンションはワタクシ指定の45ポンド。
th_IMG_8145
18歳児がテニスを辞めてから
すっかりホームストリンガーの機会も減ってしまった。

マシンもちゃんと動かしてあげないとね。
th_IMG_8148

 

ということで、張り上がり〜!
th_IMG_8152

th_IMG_8155

th_IMG_8154

いい感じだ。
th_IMG_8159

th_IMG_8163

th_IMG_8162

th_IMG_8161
モールド変わったのかな。
カラーリングでそう見えるだけ?

とにかく新しいラケットにワクワク。
さあて壁打ち行くかぁ!

と思ったら、すっかり暗くなってた。(涙)
試打はまたお預け。
今週、どこかで無理やり打とうっと。

どんな感触なんだろうね、ニューラジカル。
楽しみ!

ステンシル入れなきゃと思ったら、前のロゴのステンシルしかなかった。
現行ロゴのステンシル持ってなかったのかぁ。
まあいいか。
契約してもらってるわけじゃないしね。

#PEOPLESRACKET
#HEADTENNIS
#teamrec
#rectennis
#headtennis
#headradical

カテゴリー: Team REC, インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キャラクターとか、ストリンガー資格とか。

某日は浦和へ。

浦和校に来るのも久しぶり。
まずは駅前の「うなこちゃん」に挨拶しなきゃ・・・っていない!

たしかここだよなぁ。
うなこちゃんがいた場所に何もなくなっている。

どうにも気になったので、ググってみた。
ウイキペディアによると、浦和西口ロータリーにあることになっている。

どこ?うなこちゃん。
少し歩いてみた。

いた!
th_IMG_6374
少し移動したのね。心配しちゃったよ。
とある理由から、キャラクターに対して受信感度が高い今日この頃である。

 

さて、そんなわけで、セブンカルチャーテニススクール浦和校。

この日はRECオフィシャルストリンガーのテスト。
この資格を取らないと、お客様のストリングを張ることができないのだ。

テストは実技と筆記。
実技テストに合格したら筆記試験を受けられる仕組みだ。

実技は100点満点で手順を細かくチェックされる。
ラケットの傷などの確認、マシンへのセッティングの状態、
ストリングの取り扱い(ほどき方)等々、張り始める前でもかなりのチェック項目がある。

そしていよいよストリンギング開始。
制限時間もありの緊迫した空気が流れる。

中には手が震えている受験生もいたりして、
ワタクシのほうがあまりの緊張に耐えられなかったり。(苦笑)

「話しかけていい?それとも黙って張る?」と聞いて、
受験生が緊張しない雰囲気にしてあげることにしている。

手順通りに張れているか。
無駄な動作はないか。
丁寧に作業しているか。
ノット(結び目)の作り方は正しいか。
工具の持ち方は正しいか。

ちなみに、Team RECの基本ノットは、エイトノットとリチャードパーネルノット。
ワタクシ個人的にはユニノットかスパイダーノットが多い。
・・・って、これは釣りの時だ。

工具の持ち方は怪我防止のための徹底項目である。

工程のすべてをチェックし、実技テスト終了。
th_IMG_6375

手順が抜けた部分、動作がもっと有効に働くようにすることなど、
チェックしたポイントを説明し、改善を指示。

仕上がりも細かくチェック。
th_IMG_6377
ストリングの目が揃っているか、
メインストリングのテンションは揃っているか、
フレームの変形はないかなどを計測していく。

そんな細かな採点を経て、見事合格である。
よかった、採点するワタクシもホッとしたよ。

その後は筆記テスト。
ストリングに関する知識、ラケットの知識、マシンの知識、
メンテナンス方法等についての設問に答えてもらう。

こちらも見事に合格。
晴れてRECオフィシャルストリンガー3に合格である。
おめでとう!

ということで、RECオフィシャルストリンガー資格は3段階ある。

3はシンセティックストリングの張り上げ(1本張り)、
2はハイブリッド等の2本張り、
1はナチュラルストリングの張り上げの資格になっている。

マニュアルは何ページにも渡り、新たなギアや要素が入れば随時更新される。
メーカーさんも進歩しているから、ワタクシたちもしっかりついて行かねばなのだ。

ということで、各校にはこれらの試験に合格したストリンガーが配置されている。
担当コーチのアドバイスはもちろんだが、ストリングを張っているコーチにも
気軽に話しかけてみて欲しい。
担当コーチとはまた違った目線でのアドバイスがあるかも。

そんなこんなで、現在、ストリング張り替えキャンペーン中です。
お気軽にご相談くださいませ。

宣伝かいっ!!(宣伝です)

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ひよことか、ブラックコスメ張り上げ!とか。

ネオインドアテニススクール西新井で遭遇。
th_IMG_4414
日清さんのノベルティね。
これどうしたもらえるんだっけ。
欲しいな。

 

さて、HEADさんから突然届いたブラックコスメラケット。

IMG_4479

IMG_4480

見た感じは、SPEEDシリーズのようでもあり、
いやむしろRADICALシリーズのようでもあり。
そしてなかなかシャープな印象。

ツアー系なのかなって気もする。
何にしても、カッコいい。

とにかく早く打ってみようってことで、
ネオインドア西新井でマシンを借りて張り上げることに。
th_IMG_4500

ストリングはこれ。
th_IMG_4502
HAWKかな、それともLYNX?。
何だろう。

テンションは45P。
th_IMG_4501
まずはこの辺りから様子見ね。

トップ部のバンパーになにか細工?
th_IMG_4503
なだろうこれ。

基本的にはすごく張りやすいストリングパターン。
th_IMG_4504
グロメットのつくりで、絶妙に張りやすい、
張りにくいラケットってあるよね。

HEADのラケットはワタクシ的には張りやすい部類。
まあ、18歳児やら自分のやらがほとんどHEADで慣れてるってのもあるかな。
ただ、HEADは変形しやすいのもあるから注意ね。
th_IMG_4505
それにしても、このマシンも張りやすいな。
ゴーセンのマシンて安いし、張りやすいし、かなりリーズナブル。
ただ故障は若干多いような気もする。
まあ、メンテナンス体制が整っているからいいんだけど。

ということで、張りあがり。
th_IMG_4508

いい感じだ。
コート空いてるかな。
相手も見つけなきゃ。

ヒマそうなの誰かな。
って、みんな忙しいよっ!!

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、マシンメンテとか。

暑い日が増えてきた。
移動途中にアイスを食べる日も。
th_IMG_3992
安いし、美味しいし、ナイスだな、これ。

 

さて、自粛期間中はさすがにテニスも控えめに。
施設に行っても、テニスしようよとはならず・・・。

ラケットもストリングも試打は休憩。
したがって、ストリンギングもめっきり減った。

ボチボチ、ストリングの試打も再開するかってことで、
あらためてツールチェックやらメンテナンスを。

ワタクシの使っているマシンはGOSEN製。
ゴーセンがマシンの製造基地を海外に移す前の最後のモデルである。

最近のゴーセン製のストリングマシンはとても使いやすい。
そして何より安いのが特徴。

安いって言っても、40万円くらいだから、気軽な買い物では無いが、
海外ブランドのストリングマシンは100万円近くするものが多く、
半分程度の価格ってことになるから、普及率も高いと思う。

ただ、剛性感というか、堅牢さはちょっと・・という部分もある。
故障も無くはないし、もう少しガッチリしててもいいのかなと思うことも。

 

で、我が家の国産最終機。
その後に発売された海外製1号機より、圧倒的に故障が少ない。

ちなみにこの製造元の会社さんは現在、ヨネックスさん傘下になっている。
グランドスラムのオフィシャルストリンガー獲得等、
ヨネックスさんがワールドワイドでストリングに力を入れている
ひとつの現れというか、そうなるよねという流れだ。

最近のヨネックスのストリングマシン、高いけど良さそうだもんなぁ。

我が家のこのマシン、壊れたらおそらく修理はできない。
修理出来るであろう方は知っているが、ヨネックスのマシンを担当してるし、
さすがに頼みようがない。

 

ってことで、ちょっとメンテナンスなど。
th_IMG_2334

 

ツールをチェック。
th_IMG_2335
他にもあれこれあるんだけど、主要なものを。
実はストリングカッター、持ってないのね。

切れたストリングを1本ずつ切っていくのって地味にストレス。
キモニーさんのストリングカッター買おうかな。
th_kmnstctr
歯の部分、貝印製なのね。
よさそう。

 

で、掃除道具。
th_IMG_2337
各種ブラシと無水エタノール。

ストリングを挟むクランプ部の掃除用具は、
ケーキ用のバターナイフにベルクロテープを貼ったもの。
th_IMG_2338
これがとても使い勝手が良い。

 

事前整備はストリンギングのスムーズさに直結。
しっかり汚れを落とし、各部の動きを滑らかにしておかないと
作業時のストレスが大きく違うのだ。
端折っちゃいけないとこね。

あと、愛用しているパーツがこれ。
th_IMG_2336
単なる皮なんだけど。

こんなふうに使う。
th_IMG_2330
スターティングクランプでストリングを止めるときに
フレームを痛めないように挟むのだ。

これ、パーネルパッドという名前がついている。

実は、Team RECの必須のノット(結び方)のひとつである、
リチャードパーネルノットの考案者のパーネルさんがつくっている。
以前、パーネル氏のサイトでこのパーツを見つけ、購入させていただいたもの。
ものは2〜3,000円くらいだったけど、送料が高かった記憶が・・・。

別にこれじゃなくても、グリップの切れ端でも紙でも
代用品は作れるんだけど、この方がテンション上がるし。

そんなわけで、このマシンにはまだまだ活躍してもらわないと。
いつまでも元気で頑張ってな〜。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ZOOMとか、ZOOMスペースとか。

今はやりのZOOMのピンバッヂ。

th_IMG_3593

というのはウソ。
これ、バスフィッシングのルアーメーカー。
なんとなくタイムリー。

 

さて、そんなわけで、こっちは仕事のZOOM。

自宅でZOOM会議に参加することも増えそうなのだが、
どこでそれをするのかが問題。

いつものワークスペースはそれなりに環境は良い。
th_IMG_1783
Wi-Fiルーターも近く通信速度も問題なし、
iMacもいつぞやの騒動を経て、SSD搭載でサクサク動く。

ただ、この角度で参加すると、後ろはリビングスペースなので、
ちょっとなぁって感じ。
たぶんあれこれ喋ってると犬たちも騒ぐ気がするし。

 

で、実はワタクシiMacにこんな細工をしている。
th_IMG_3587

カメラをテープで目隠し。
th_IMG_3586
クラプトンのFrom The Cradleのシールなのは、特に意味はない。
たまたまCDに貼ってあったのが目についたから。

何かのウイルスが入り込んで、PCを乗っ取られた時に
カメラが悪さをしたら嫌だなと思って、物理的に塞いでみたのだ。

ということで、ワークスペースはなしかな。

 

ソファは?
th_IMG_3598
良い場所を占領してるひとたちが・・・

どいてもらって、ノートPCを膝に載せても。
th_IMG_3425
すました顔で間に割り込んで来る。

ソファもダメだな。

 

やっぱり静かな別室で。
ストリングマシンやらラケットやら、本棚のある部屋はどうだろう。

本棚をバックにするとそれっぽい?
本棚見られるのってけっこう恥ずかしいけど、
まあ、そこまでの解像度じゃないだろうし。
th_IMG_3672

絵面的に遊んでようにしか見えないけど、
ギターを片付ければ何とかなるかな。
あとは、Wi-Fiがどれくらい安定してるかだな。

 

小さなテーブルが要るなと思って、ニトリのネットショップで探す。
いい感じのがあった。
th_scrtbl
約2,000円、安い!買った!

と思ったら、欠品中で6月以降の入荷だって。
マジか!

同じようなこと考えてる人、たくさんいるんだろうな。
ニトリの値段見ちゃうと他のショップで買う気が失せるけど、何とかしなきゃ。

なかなか整わないテレワーク環境である。

やっぱり、こんな話題が多くなるなぁ。

カテゴリー: PC, インターネット, オモチャ, ギター, ストリンギング, 買い物, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

満タンとか、引退とか。

不調の原因特定が出来ないままに戻ってきたランクルくん。
ひとまず給油。
th_IMG_2476

満タンまで約80L、1万円オーバー。
th_IMG_2477
高い。
代車のWISHとのギャップが・・・。
燃費も含め、もはや贅沢品なのかもなぁ。
でも、好きなんだな、ランクル。

 

さて、某日。
17歳児のストリングを張る。

昔はマルチ系を張っていたが、1日で切るようになって、
ポリストリングに替えた。
中学の頃だったっけ。

そのうちポリも数日で切るようになった。

「すみません。ガット切れました。張ってもらえますか」

「いつ使う」

「明日です」

即張りかぁ、早起きしてだななんてことも。
ちなみに17歳児、今も敬語を貫いてる。(笑)

ラケットをRADICALからPRESTIGEに替えてから、
少し長持ちするようになったが、やはり消耗は早い。

この日も時間を見つけて張り上げ。
th_IMG_2306

そんな中、各所のジュニア大会中止の知らせが入る。
千葉県ジュニアも中止なってしまった。

彼のジュニア最後の公認大会がなくなった。
つまりジュニアテニス卒業である。
こんな形で。

年明けの白子の大会。
「これ含めてあと2大会か。早いなぁ」なんて見てた。
最後の県ジュニアはどこまでいけるかな、頑張って欲しいって思ってたけど、
いきなり引退の日がやってきてしまった。

関東大会はランキングで決めるそうだ。
彼のランキングはカテゴリ内で30位代。
関東には届かない。

まあでも大会がないのだから、ランキング以外に基準はない。
妥当だ。

まだインターハイ予選は残っているが、学校系の試合はまたちょっと違う。
きっとそこまでやるんだろうけど。

やっぱりジュニア公認大会が終わるのが気持ち的には大きい。

学校系の試合は関わらなかったけど、公認大会はできる限りついていった。
あんな試合、こんな試合。
泣いたり、喜んだり、怒ったり。
負けてそのままクラブに行ってコート借りて練習したり。

そんなことを思いながら張り上げた。
th_IMG_2307

彼のラケットを張るのもあと数本かな。

大会が無くなったことを受けても淡々としている17歳だが、
この先、テニスはやるんだろうか。
「色んなことをしたい」と言ってたから、やらないかもな。

まあでも、テニスがあって良かった。
テニスがなかったらここまで関われなかったと思う。

関わらせてくれてありがとう。
最後の試合まで頑張って欲しい。
試合があればだけど。

カテゴリー: クルマ, ストリンギング, テニス, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

試打ストリングとか、インソールとか。

「#ダンロップ、ストリングはじめるってよ」
「桐島部活やめるってよ」ふうに言ってみた。
th_IMG_2358
そんなダンロップさん怒涛のリリース6機種のサンプルが届いた。
6機種試打ってけっこう大変だな。
いつ張る?いつ打つ?(目処立ってません)

 

さて、このたびTeam RECがコラボすることになった商品。
th_IMG_2630

SUSASブランドの高性能インソール、S-Balanceである。
このS-Balanceインソール、何度か測定会販売会を実施していたのだが、
試してみての実感がわかりやすく、お客様も好評をいただいていた。
足もとの強化はパフォーマンス直結ってことだ。

で、今回、SUSASさんがTeam REC日本リーグチーム、実業団チームの
サポートをしてくださることとなった。

早速。ワタクシもノンオーダータイプをテスト。
th_IMG_2631

オールスポーツ用というものらしい。
th_IMG_2632
足先部分は素材はソフト。

アーチは硬めで高め。
th_IMG_2633
ここがキモなのかな。

ソール表面の質感はしっとり。
th_IMG_2634
シューズの中で足が遊びにくいような気がする。

アシックスのシューズに入れてみることにした。
th_IMG_2637
ゴルフシューズという手もあるが、頻度が・・ね。
もともとのインソールを出してみる。
th_IMG_2645
ロゴが消えかかっていて、足形っぽいのもついている。
それほど酷使してないのに、ここまでへたるのね。

で、入れ替えようとしたら入らない。
説明書を読んでみた。(最初に読むように)
なるほど、最初のインソールを合わせてカットするのね。
th_IMG_2646

難しいな、まあこんなもんか。
th_IMG_2647

装着完了。
th_IMG_2649

ちょっとだけ足を入れてみた。

なんと!シューズが別物に感じる。

もともとは、アディダス・アディバリケード信者だったワタクシ。
ゴツめのシューズが好みで、ここまで来た。

最近はアシックスを履くようになったが、
やはり選ぶのはいちばんゴツめのGEL-RESOLUTIONシリーズ。

足に馴染みの良いゲルレゾ。
アディダスほどのカッチリ感はないが、
インソールとの合わせ技で剛性感が増した気がする。

これはいいかも。
実際にプレーしてみたらどうだろう。
期待が膨らむぜ。

問題は、いつテニスするのかってことだな。(そこかっ!)

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

エアコンとか、ALU POWER比較試打!とか。

某日、自宅でストリンギング。
けっこう寒い日だったので、エアコンをつけて張っていた。

が、全然暖かくならない。
むしろ、エアコンからは涼風の感触。

なんかおかしいなと思ってリモコンを見る。
th_IMG_2331
冷房になってるじゃないかぁ!

そりゃ寒いわけだ。

暖房運転に切り替えたら温風が出て来た。
当たり前だけど。
th_IMG_2332

しかしこの時期で冷房モードにはしないよね。
何らかのワナなのか?

 

さて、そんな寒い思いをしつつ張り上げたのが、LUXILON ALU POWER115。
th_IMG_2329

Wilsonのミチバさんから
「115×130のハイブリッドと比べてみてください」
と送っていただいたものだ。

早速、高島平インドアテニススクールに持ち込んで試打を。
th_IMG_2594

右がALUPOWER115x130のハイブリッド。
左が縦横ともにALUPOWER115である。
th_IMG_2595

最初はミヤタコーチに相手してもらっていたのだが、
レッスンの準備があるということで、隣のコートへ乱入。

練習中のアサノコーチ、ミヤウチコーチに相手してもらいつつ、
試打もしてもらった。
th_IMG_2601

で、感想。

縦横ともに細ゲージしたら、かなり乾いたフィーリングで硬さが出ると思っていた。
つまり、115×130のハイブリッドよりもキンキンな打球感をイメージしていた。
そしてより引っかかってスピンがかかるって予想。

ちなみにラケットは同じCRASH100。
テンションもどちらも48P。

打ってみて驚いた。

縦横115、柔らかい!
張り上げの時にも柔らかくて張りやすいと思ってたけど、
仕上がりもソフトなフィーリングになっている。

ハイブリッドの方は、横糸の130ゲージが面圧を出してくれて
しっかり感というか面剛性高めな感じ。
インパクト時、パン!とボールを潰してくれる感じになる。

一方、縦横115はボールを一瞬たわんでボールをくわえる感じが強い。
明らかにハイブリッドよりも柔らかい打球感。

ふーん、なるほど、そうか。
ゲージの細さは反発感ではなく、フィーリングに振れるのね。
言われてみれば、細い分たわむだろうから、そうなんだろうけど、
見事に予想は外れた。

th_IMG_2610

そしてスピン。
これは明らかに縦横115の方がかかる。
いや、引っかかるという表現の方が正しいかな。

ボールの軌道、上がり方が縦横115の方が上に振れている。
同じスイングをしても、それだけ引っかかって軌道が上がるようだ。
そして落ち方も大きい。

ハイブリッドの方はそこまで高く上がらない。
おそらく面剛性が高い分、潰す要素が強いんじゃないだろうか。
ただし、しっかり感が強いので、自ら打ってる感じは大きい。

ソフト感とスピンを求めるなら縦横115ゲージ。
スピン時の引っ掛かりを維持しつつ、面剛性が欲しいなら縦115x横130のハイブリッドかな。

選手系のパワーヒッターは縦横115だと頼りなく感じると思う。
おそらくすぐ切れちゃうし。

しっかり潰して打ちたいタイプにはハイブリッドがオススメだ。
逆に縦横115は女性プレーヤーにもじゅうぶん使えるんじゃないかと思う。

横糸のゲージでここまでフィーリングが違うってのは新たな発見だったな。
個人的にはどうだろう。
そこまでソフトじゃなくていいから、やっぱりハイブリッドかな。

ちなみにアサノコーチは、
「自分はグリグリのスピン系じゃないけど、勝手にスピンがかかる」
ってことだった。
もちろん、その傾向は強いのは縦横115のほうね。

ストリングって奥が深い。
同じストリングのゲージ違いでもかなりのバリエーションが組めそう。
あらためて目からウロコの試打だったな。

ミヤウチコーチ、アサノコーチ、お相手ありがとう。
th_IMG_2614

ウイルソンさん、ありがとうございました。
もうちょと打ち込んだらラケットお返ししますね。

#アルパワー最強説 #PR

カテゴリー: インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。