カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

自販機とか、TUTCパーカー着弾とか。

渋谷の奥のほうだったかな。

th_IMG_9532
何ともディープであやしい雰囲気。

店の前に自販機が。
th_IMG_9533
買えるの?これ。

で、何の店?

 

さて、何かが届いた。(らしい)
th_IMG_1781
なに頼んでたっけ?

しかも袋はSSKさんのもの。なんで?
th_IMG_1782

 

開けてみた。
th_IMG_1783
おお!そうだそうだ。
しばらく前に頼んでたから忘れてた。

 

ブツはこちら。
th_IMG_1785
パーカーである。
いったい何枚パーカー買えば気がすむのだろう。
子供たちのパーカー所有数もかなりのもの。
どんだけの数のパーカーが我が家にあるのか、
今度数えてみようと思う。

ということで、今回はこのパーカー。
th_IMG_1786
必ず映り込むCocoさん。
どいて。

TOKYO UNDERGROUND TENNISCLUB
th_IMG_1788
何かの特別バージョンだったはず。
頼んだのは数ヶ月前だったと思う。

ドヤ顔しないでいいから、どいて。

 

若干薄手で軽めの素材が良い感じ。
th_IMG_1791
ポケットの切り込みもアッサリでGood!

このタイプの袖口も好き。
th_IMG_1792

春先、秋口に活躍しそうな
少しだけライトな感じのパーカーである。

 

ってことで、着てみた。
th_IMG_1796
172cmのワタクシはMサイズがジャスト。
サイズ感も着心地も気に入った!

 

このTOKYO UNDERGROUND TENNIS CLUBは、
佐藤武文氏が主宰するテニスブランド。

ワタクシも密かにファンで。以前からけっこう着ていた。
最近はモッズパーカーなど、さらに心をくすぐるアイテムが充実してきて、
ナイスなところをついてくる武文さんて感じ。

良い感じのものを続々リリースしている
TOKYO UNDERGROUND TENNISCLUB。

好きな感じがかなりシンクロしているので、
思うがままに買っていたらキリがなくなる予感が。
でも欲しいの、たくさんあるんだよなぁ。

そうだ!
武文さん、契約してくれませんか?
ダメですか、ああそうですか。

 

ということで、こういうインディーズ的なテニスブランド、
すっかり少なくなっちゃったから、TUTCさんにはぜひ頑張って欲しい。

また買いますね。
コロナが落ち着いたら、飲みにいきましょう。

#TUTC
#TOKYOUNDERGROUNDTENNISCLUB
#Tennis
#Tennisapparel
#Tenniswear
#TennisFashion
#TennisStyle
#Driveatennisculture
#東京
#テニスカルチャーをドライブしていく
#TENNISGEEK

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メルセデスとか、ピンクイオンとか。

最近は品川方面に行くことが多い。

品川ウイングのメルセデス。
th_IMG_1857

進撃の巨人バージョン。
th_IMG_1858
怖いわっ!!

 

さて、この度、Team RECに心強いサポートが。

th_スクリーンショット 2021-03-29 18.14.01

PINK IONである。

もう随分前からスポーツシーンではメジャーなサプリだが、
Team RECにサポートをいただけることになった。

日本リーグチーム、レック興発東京の実業団チームへのサポートをいただきつつ、
コーチングスタッフのパフォーマンスアップにもひと役かっていただくことに。

ピンクイオンはアスリートのミネラルをサポートしてくれるサプリメント。

詳しくは公式サイトを見てもらえれば分かるが、
開発コンセプトはこういうこと。

th_スクリーンショット 2021-04-03 21.39.08

アスリートのパフォーマンスをアップさせてくれるサプリなのだ。

 

ラインナップはこんな感じ。
th_スクリーンショット 2021-03-29 18.14.29
ドリンクからブロックまで豊富なラインナップが揃っている。

Team RECも今週末のJPTT・盛田正明杯に備えて準備。
th_IMG_1815
しっかりミネラル補給をしてベストパフォーマンスで戦う。

気温もあがり、これから厳しい季節に向かう。
ぜひこのサプリで戦い抜きたい。

ピンクイオンは、レックインドアテニススクール上石神井、高島平インドアテニススクール、
レックテニススクール府中で取り扱い予定なので、ぜひお試しください。

カテゴリー: Team REC, クルマ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

有明とか、Team REC始動!とか。

某日、有明方面へ。
毎日通っている通勤路なんだけど、久しぶりに下車。

目的はテニスの森じゃなくて反対側。
th_IMG_1309
新規ビジネスを模索し、展示会へ。

帰りにテニスの森をのぞいてみた。
th_IMG_1310

th_IMG_1311

th_IMG_1312
まだまだ工事中なのね。

オリンピック、ホントにやるんですか?

 

さて、有明に行くこともすっかりなくなり、
東京体育館も横浜国際プールもビーンズドームもなかったシーズン。

Team REC・日本リーグチームとしての活動は一時休止状態だけど、
ようやく試合が始まって、個々の出場トーナメントに応援行く機会も
少しずつだけど再開。

東京実業団チームも春のリーグ戦も今週末からようやく始まる。

昨年秋、1部から2部リーグに降格してしまったので、
試合数が増えて、メンバーの招集に苦労も増えたけど、
コーチたちが技術を磨き、経験を得る貴重な機会として頑張って欲しい。

で、今週末の試合はどこでやるの?(分かってない)

 

そんなこんなのシーズン開幕。
もうひとつの大きな大会。

th_158850844_101581082010808_1696468696400933911_o

JapanPremiumTennisTournament・盛田杯

Facebookはこちら

 

4月10日(土)・11日(日)の2日間、千葉県柏市のTTCで開催される団体戦だ。

参加チームは、日本リーグチーム中心だが、そこにプロテニス選手会や
柳川高校、相生学園、慶應大学などが加わり、
さながらボーダーレスバトルの様相を呈してきた。

どこを見渡しても強豪チームばかり。
しかも学生という若さの勢いバリバリなチームも。
Team RECは4シードいただいているけど、どこも強いからシードは関係ないな。

とにかく、せっかくの機会なので、全力でやろうってことで、
バタバタで準備が進んでいる。

ホテル、OK!
ドリンク、OK!
メンバーは?
移動手段は?

まずは当日までちゃんとたどり着くことだなぁ。

カテゴリー: Team REC, スポーツ, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

朝日とか、椅子とか。

朝ラン。
もう何年になるだろうか。
続けることを辛いと思うタイプじゃないので、ずっと続いてる。

景色に飽きないようにコースを変えたりはするのだけど、
同じコースでも毎回、海や空の表情は違う。
(って、カッコつけてるわけじゃない)

こんな朝日が見られるのも冬ならでは。
th_IMG_0141
今日も元気だ、空気がうまい!
(やっぱり昭和だ)

 

さて、某日。
「これいいと思わない?」と携帯を見せながらボスが言う。

何だか良くわからなかったけど、「いいですね」と言ってみた。

話は終わりかと思いきや、「ちょっとパソコンで開いて」と言う。

良くわからないままにキーワードを入れて検索。
なんで自分のPCでやらないんだろう。

 

出てきたのは、携帯用の椅子。
コンパクトにしまえて、持ち運びに便利なんだそうだ。

「へぇ〜。いいですね」と言ってみる。

「だろ!!買おうよ」

「え?」

「だっていいって言ったじゃん。一緒に買おうよ」

「(ボスには)いいですねとはいいましたけど・・・」

「うん。一緒に注文して」

「一緒にって(どういうこと?)」

 

ってことで、Amazonのワタクシのアカウントで2個注文。
あっという間にブツが届いた。

いかにも海外モノっぽい箱。
th_IMG_9064
TELESCOPIC STOOLって言うのね。
機能そのままな感じのネーミング。

出してみた。
th_IMG_9065
たしかにコンパクト。
EPレコードとLPレコードの間くらいの大きさかな。
って、例えが古すぎてわかんないって。

この2個の穴に指を入れて引き出すらしい。
th_IMG_9068

回す感じで引っ張ると・・・
th_IMG_9069
ほ〜ら、椅子になった。
なるほど、たしかに便利・・・

「ほらほら、こうすると高さも自由自在なんだぜ〜」とボス。
th_IMG_9072

「はやく実業団始まらないかなぁ」って、メッチャ嬉しそうだ。

「いいだろ〜。買ってよかったな」

「ハ、ハイ・・・そうですね」

コンパクトと言っても、それなりなのでとりあえずロッカーにしまっておく。
で、今もロッカーに。

 

先日のビジネスパル予選初日。
ボスが嬉しそうにリュックからこれを取り出した。

「どう?これいいでしょ?」と皆に自慢。

「あれ?持って来なかったの?」とワタクシに。

「すみません。忘れました(ロッカーに入れっぱなしで)」

「ほら、これさ、伸び縮みするのよ」と皆に疲労・・・じゃない、披露。

「NHKのど自慢ですね」と言ってみたら、「横森良三です」って返しが。
ハズしませんね、ボス。
そんなところが大好きです。

このスペシャルな椅子。
きっと、4月のJapanPremiumTennisTournament・盛田正明杯でも活躍するはず。

ワタクシは写真撮ったり、ビデオ撮ったりだから、椅子に座っていられないんだよなぁ。

DRkさんに貸してあげるか。
いや、DRKも買いませんか?
ワタクシだけはずるいっす。

カテゴリー: Team REC, インターネット, スポーツ, スポーツグッズ, ランニング, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コーラとか、テニピンとか。

コーラとか、テニピンとか。
内容
裏原宿あたり。
ずっと気になっていたこれ。
th_IMG_0044

イラコーラ?なに?
th_IMG_0045
ドフトドリンクで450円て・・・おいおい!

で、ようやく謎が。

伊良コーラ(いよしコーラ)

「世界初のクラフトコーラ専門メーカー・専門店。
東京・下落合の自社工房で、コーラ職人によって作られる、世界で唯一のクラフトコーラ。」
だそうだ。

ストーリーを読んだら、飲んでみたくなった。
やっぱり付加価値っていうか、ストーリーだよね。
目からウロコのヒント満載の東京シティである。

 

さて、先日のこと。
高島平インドアテニススクールの近所の小学校におじゃました。

実は授業で「テニピン」を実施させていただけることになったのだ。

「テニピン」は、日本テニス協会が中心となり、テニス業界が推進している
テニスの入口になる種目。

JTAサイト:テニピン

簡単にいうと、手のひらにラケット的なものをつけてのミニテニス。
長さのあるラケットを使わないので、誰でも簡単にボールが打てる。

で、ルールも全員が1回打ってから勝負が始まるとか、
2バウンドOKとか、初期段階では1回キャッチしてからでもOKとか、
初めての子でもすぐに楽しめるかたちになっているのがポイント。

これを小学校の授業に導入してもらおうとテニス界で動いているのだ。

そんな中、 Team REC各校でも近隣小学校に働きかけて、
テニピンをオススメしている。
まずは、Team RECのコーチたちが授業を行い、
ゆくゆくは先生たちでテニピンの授業を展開していただくことを目指している。

 

ということで、この日は朝から体育館でテニピン授業準備。
th_IMG_1432

担当するのは、オカノコーチとミヤタコーチ。
th_IMG_1434
高島平のエースコンビだ。
頑張ってね。

ワタクシもテニスウェアで来れば良かったね。
ごめん、スーツで来ちゃった。

今回、ラケットは、手のひラケットという市販品を持って来たが、
こんな風に、ダンボールの自作でもOKなのだ。
th_IMG_1436

 

授業開始。
th_IMG_1453
挨拶から盛り上がっている。
なんで?(笑)

で、体育館全面を使って、試合までできた。
th_IMG_1480
やっぱりすぐに試合までできるのがいいよね、テニピン。

そんなこんなで2日間で7時間の授業をやらせていただいた。
子供達もメッチャ楽しそうだったし、先生方にも認めていただけたようで良かった。

こういう草の根運動、大事だよね。
お声をかけていただければどこでも参上しますので、ぜひともお声がけください。

テニスやりましょう!
まずはテニピンから!

密にならない、「だからテニス!」ね。

カテゴリー: Team REC, スポーツ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準優勝!とか、JPTT発表!とか。

Team RECの竹島駿朗プロが、ロイヤルSCオープンにてダブルス準優勝!

th_IMG_1292
ダブルス巧者の野口プロとのコンビネーションもバッチリだったようだ。

試合の結果は毎日報告をもらっていたが、
最近の国内大会はどこを見ても強豪ぞろい。
連日、厳しい戦いを勝ち上がっての準優勝は素晴らしい。

ロイヤルSCは千葉だし、まあ近くはないけど応援に行きたかったのだが、
この週はちょっと無理だった。
行けなくてゴメンよ。
とにかくおめでとう!!

って、昨日、レック上石神井でTeam RECジュニアの練習を見に行ったら、
山梨での大会を終えた竹島プロがコーチに入っていた。
いよいよハードな日々が帰ってきたって感じかな。
いいことだ、頑張ろう!

 

さて、そんなこんなで、日本リーグ出場チームが中心になっての団体戦。
JapanPremiumTennisTournament・盛田正明杯の詳細が発表に。

まずはFacebookページが立ち上がった。

th_スクリーンショット 2021-03-12 21.54.03

JPTT 盛田正明杯

情報はここから配信されると思う。
ぜひ、「いいね」で情報チェックをお願いします。

ちなみにトップの写真はこちら。
th_158850844_101581082010808_1696468696400933911_o

おお!一平の写真が・・
なんで一平?

そしてこんな写真もいただいた。
th_152333523_5429022937137781_3593904848910756374_n
Team RECのエース、関口プロ。

そしてワタクシの写真は・・・?(ないよ!!)

 

というわけで、参戦表明をしたTeam REC。
あとはメンバーだなぁ。

関口プロはアメリカに渡っちゃったので、隔離期間を考えるとちょっと厳しいかも。
そして、「可能なら出ます!」と言ってくれた鈴木貴男プロ。
内山選手のツアー次第だけど、どうかなぁ。
ちょっと厳しそう。

とにかく揃ったメンバーで全力を尽くすのみ。
せっかくのこの大会、皆で最高の盛り上がりに持っていきたいぞ。

観戦は?
ライブ配信あり?

近々、クラウドファンディングも立ち上がるそう。
その際はご支援よろしくお願いいたします。

とか、まだ分からないことも多いけど、
新たなテニス界の一歩に関われることに感謝して
盛り上げて行きたいと思う。

お楽しみに!!

カテゴリー: Team REC, スポーツ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

チョコとか、マスクとか。

バレンタインデーの週はスクールのバックヤードにチョコがたくさん。
みなさんに可愛がっていただいているのがよくわかる。
ありがとうございます。

th_IMG_0646
そんなわけでおこぼれを「今日のスイーツ」にするワタクシ。

 

さて、プリンスさんから新製品のマスクがリリースされた。

生産数がめっちゃ少ないとのことだったけど、数枚のみ入手できた。
th_IMG_0371

新素材な感じでまとわりつかないのがいい。
th_IMG_0372

内側はこんな感じ。
th_IMG_0373
このドットがどういう効果があるのかは分からない。

ヒモ部分はアジャスタブル。
th_IMG_0374
耳が痛くなりがちなワタクシにはとてもありがたい。

ロゴはくっきり。
th_IMG_0375
他のメーカーさんの前ではちょっと・・だなぁ。

この立体構造は圧迫感がほとんどないのがいい。
th_IMG_0376
マスクもどんどん良くなるね。

効果についてはよくわからないけど、つけ心地が良いのは助かる。
合わないやつだと一日中、耳たぶが痛いし。

マスクなしで過ごせるようになるのがいちばんいいんだけどね。
早くおさまってくれないかなぁ。

ちなみにここ最近の愛用はミズノさんのマスク。
スイムウェア素材だったっけ?
柔らかくて肌触りが良い。

メーカーさんのマスクは他社さんとお会いする時に着けられないってのがちょっと。
かといって全メーカー揃えるわけにもいかないし。
そういう時は不織布マスクかユニクロかって感じかな。

まあ、テニスウェアやバッグもお会いする人なりに気を遣うし、
一緒っていえばそうなんだけど。

あ、Team RECのマスクもまだストックがあるけど、
これは春から夏にまだ活躍かな。
その頃は世の中、どうなってるかね〜。
頑張ろう、人類。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス用品, 仕事, 仲間, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ストリンガーとか、グラファイト97インプレ!とか。

こんなイラストが完成。
th_recknstringing

レッくん、実はRECオフィシャルストリンガーの資格も持っている。
なかなか手つきもいいでしょ。

ってことで、現在、REC全校でストリングキャンペーン中。
ぜひ春に向けての準備をしましょう。
詳しくはコーチにご相談ください。

 

さて、グローブライドさんのご厚意で貸し出していただいた
Prince PHANTOM GRAPHITE97。
th_IMG_0788
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウエイト:315g
■バランスポイント:305mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:22.5-21.5-18.5mm
■グリップ:2,3
■ストリングパターン:16×19
■価格:37,000円(税別)

 

週明けにようやく試打の機会が。

スタッフ研修講師役でテンパっているタケダコーチをつかまえて、
「You、ちょっとボクとテニスをしないかい」とジャニーさんばりに言ってみた。
どんな言い方かには関係なく断れなかったとみえるタケダコーチ。
いいやつだな、タケちゃん。

th_IMG_0700

ということで、軽くショートラリーから、いよいよ本番。

 

ケンスケコーチに写真を頼んで、記念すべき1球目〜!
th_IMG_0711

シュパーン!・・・と、ボールはネットの下半分に突き刺さった。
th_IMG_0819
飛ばねぇ〜! 思わず倒れこむ。

グローブライドのほぼ現役プレーヤー、大友氏の
「使えますかね〜」の言葉が頭を駆け巡る。
たしかにこれは簡単じゃないかも。

いや、きっと慣れていないだけ。
ボックスフレーム好きのワタクシに使えないわけがない。

気を取りなおして、強めに、そして若干上方にボールを飛ばす。
ああ、こういう感じなのね。

 

簡単にいうと、「振ってナンボ!
以上である。

って、インプレにならないか。

とにかく、「まさにボックス」なラケットだ。
しなり感は素材が最新だからか大きくはないが、
しっかりホールドする感じはボックス特有な感じ。

初球でネットの下半分に当てておいてなんだけど、飛ばないわけではない。
「ちゃんと振らないと飛ばない」だけね、ごめん。

少し厚めに、頑張ってフルスイングしてみる。
th_IMG_0703

メッチャ、気持ちいい!!

ボールが潰れて、しかもスピンも掛かって、ズドンと相手コートに飛んでいく。
うん、やっぱりこれがこのラケットの本質なのね。

しかし疲れるぜ。
この振った時の気持ち良さと体力&筋力の限界の葛藤が・・・でもいいわ、これ。

スライスもちゃんと振らないと思うようには飛んでいかない。
th_IMG_0702
フェイスが勝手に飛ばしてくれる感じは薄いし、
トップスピンもスライスも自然な引っかかりというよりも
潰し感があっての回転という感じ。

張ってあったのはポリだと思うけど、ナチュラルだとどうなるのかな。
って、勝手に張り替えるわけにもいかないけど。

スピンは前述の通り、厚く合わせて潰してかけるイメージ。
「軽く引っ掛けて」な感じだと威力も落ちるし、思うように距離は出ない。
どこまでいっても楽はさせてくれないラケットだけど、ハマった時の快感は半端じゃない。

やっぱり大友氏のような若くてバリバリのプレーヤ向けなのかな。
でも、さらにひと味引き出せるような気もするんだよなぁ。

これ、いつまで借りてていいんだろう。
th_IMG_0790
もう返さなきゃですよね。
もうちょっとだけ打ってみようっと。

1セットくらいは持つような使いっぷりを見つけたい。

カテゴリー: Team REC, インプレ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, レッくん, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

必需品とか、Prince X115とか。

朝ランの必需品、モバイルバッテリー。
th_IMG_9378
以前のiPhoneはランニングアプリを立ち上げてると
あっという間にバッテリーなくなってたし。

今のiPhone12Proはバッテリー長持ちで、
モバイルバッテリーの出番はなくなった。
ああ、身軽で走れるっていいね。

 

さて、某日。
レックインドアテニススクール上石神井からさらに西へ。

と、朝から降っていた雨が雪に変わった。
th_IMG_0229
マジかぁ、積もらなきゃいいけどと思いながら、さらに西へ。

目的の場所に着いた頃はさらに勢いが・・・
th_IMG_0231
駐車場からあの建物まで行かなきゃいけないんだけど、
傘持ってないのよね。

そんなここはどこかというと、グローブライドさんの本社。
プリンス新製品の内見会にお邪魔したのだ。

ホントはダイワの釣り用品、見たいんだよなぁ。
ダイワブランド、契約してほしいなぁ。
来年は頑張って釣りに行くけど。

って、バカなこと言ってる場合じゃない。

グローブライドさん、場所的にちょっと電車ではしんどい。
荷物もあったりして、この日はクルマできたのだけど、
この雪だからクルマは正解だったな。

 

ということで、あれこれ今期の新製品の説明を受け商談。

中でも気になったラケットをご紹介。

Prince X115
th_IMG_0252

th_IMG_0249

 

Xシリーズに超軽量、ビッグフェイスの115(平方インチ)が加わった。
th_IMG_0254

持ってみたらその軽さに驚くほど。
225gだっけ。(間違ってたらごめん)

とにかく軽く、操作性は抜群。
「こんなに軽くて打ち負けないの?」と聞いたが、
トップ部の厚みからも分かるように面剛性は高いそうだ。
th_IMG_0253

th_IMG_0255

実はこのXシリーズが発売になった時、
企画ものの一発屋で終わるんじゃないかとの危惧もあったけど、
しっかりシリーズものとして継続、好評をいただいている。
この115でさらに対象層が広がったテッペキなラインナップになったと思う。

まずは打ってみたいな。

カテゴリー: Team REC, インプレ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, ランニング, 仕事, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

一平ちゃんわさびとか、撮影とか。

焼きそばは一平ちゃん派だ。

新しいのが売ってたんで、買ってみた。
th_IMG_8758

完成!
th_IMG_8759
思い切りむせた。
わさびが目にしみる。

普通の一平ちゃんが好きです。

 

さて、順調・・・ではないけど、何とか撮影が進んでいるTeam REC CHALLENGE。

とにかく時間がないので、チャッチャと撮らないと終わらない。
事前にある程度、打ち合わせしておいてこんなカットも。
th_DSC_3108

ATP  FINALみたいにしたかったのだけど、
右端の知大のホノボノ感のおかげで、童話の表紙みたいな雰囲気に・・・
モノクロにしてごまかすかな。

ならば、選手毎のカットくらいはと、
「迫力っていうか、戦い直前の空気でね」
と、リクエストして個別撮影。

 

守谷総一郎プロ
th_DSC_3083
さすが、絵になる男である。
よっ!男前!!

 

竹島駿朗プロ
th_DSC_3061
駿朗にしては頑張ってる。
無理あるけど。

 

佐藤一平コーチ
th_DSC_3092
いいよ〜!一平。(男前だしな)

 

正林知大プロ
th_DSC_3099
う〜ん、なんで童話感が出るんだろう・・・(笑)

 

締めは、関口周一プロ
th_DSC_3077
笑いが堪えられない男。
毎回、こうだよね。

こんな感じだけど、まあいい雰囲気で撮影は進んでいる。

細かな部分ではトラブルというか問題山積み。

ビデオのが画角的にコート全体がうまく入りきらないとか、
3mの高さからワタクシのiPhoneが落ちたとか、
その衝撃で買ったばかりの外付けマイクが壊れたとか、
iPhoneの動画が使い物になるのかとか、
困ったもんだのオンパレード。

でも、おかげさまで多くの対戦の収録を終えることができた。
あとは編集だな。
ホンドーくん、よろしくね!

カテゴリー: Team REC, スポーツ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 買い物, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。