カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

マリンスポーツとか、刺激とか。

海の近くに住んでるけど、マリンスポーツをやっていない。
これ、引っ越してきた時からずっと思ってた。

ウインドサーフィン、シーカヤック・・・
せっかくここに住んでるのにもったいないなと思いつつ、
気づけば20年も経ってしまった。

歳がいくほどに、どんどん始めるハードルが高くる。
体力、筋力もねぇ。

ということで、最近流行ってるこれ。
th_IMG_7381
Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)、サップっていうんだって。
なんか、誰でもできそうじゃない?
いってみっか〜!

 

さて、海沿いから東京に通う毎日である。

通勤時間は2時間ちょっと。
そのうち、1時間はウォーキングである。
普通に電車で行けば1時間ちょっと。
まあ、普通だな。

 

で、早朝の東京の街をコースを変えながら歩く。
最近はすっかり恵比寿、渋谷、原宿、神宮あたりの裏道に詳しくなった。

ウォーキングのもうひとつの目的は刺激を入れること。

まだ開店していないお店のディプレイやら何やらが、とても参考になるのだ。

カフェとか、
th_IMG_7591

パン屋さんとか、
th_IMG_7592

ここは理容室かな。
th_IMG_7594

業種問わずだけど、おしゃれな店しかないので、刺激が大きい。

 

あとは、ディスプレイのTシャツなんかも参考になる。
th_IMG_6980

シルエット、ロゴ、どことどこがコラボしてるとか。
う〜ん、なるほどね〜。

まだ人の少ない朝の東京の街は気持ちがいいし、
健康にも良いし、刺激ももらえるしで、一石何鳥もの早朝ウォーキングなのだ。
まだまだ続けるよ〜。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, ダイエット, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

PURE AERO RAFA入荷とか、痩せる?とか、

新製品入荷!!
th_162195460_4127930657256539_5827361117555733894_o
Babolat PURE AERO RAFA

ナダル使用の特別カラーモデル。
スペックは現行品と同じだ。

バボラさん、会社が変わって、なかなかフルラインナップが揃わない。
加えて、コロナ禍で商品が思うように日本に入ってこない。

そんな中での新製品。
RECにも若干入荷。

次回のラケットキャンペーンにと思っての確保だったけど、
各校で順調に売れていて、たぶんもうすぐなくなってしまう。
これを書いている時点で残り2本かな。
見つけたら、即購入をオススメします!!

 

さて、ブリヂストンスポーツのHさんが、「痩せる」って言っていたグッズ。

パワーウェーブだっけ。
まあまあお高いこれ。
th_IMG_8780
毎晩、焼酎飲みながら30分乗っているとか。
「全然太らないよ」とのこと。

もともと太ってないHさんだし、これのおかげなのかは怪しい。
そもそも焼酎飲みながら、これに揺られて気持ち悪くならないのだろうか。

 

そんなパワーウェーブ、テニス事業協会の事務局で発見。

K事務局長が毎朝の日課にしているらしい。
「全然、痩せないよ」だって。(笑)

ためしに乗ってみた。
th_IMG_8778
ボスが・・・

最初は大人しく乗っていたけど。
th_IMG_8776
やっぱり!
絶対やると思ってた。
踊らなくていいです。

 

でも、ダイエットグッズで百花繚乱、色んなものが出ては消えてだよね。

ちょっと前話題になったSIX PADもボスはしっかり買ったそうだ。
懇意にしている同業他社の社長さんに、「SIX PAD買ったんだよ」と言ったら、
「実はオレも」ってシンクロしてたって。
どんだけ仲良いんだろう。

「で、シックスパッドになりました?」って聞いたら、
「全然変わんない」だって。
そりゃそうだ。

やっぱり、ダイエットって食べ物の調整が一番だよね。
その次が運動かな。
単純に食べた分と消費した分の差し引きだもんね。
色んなダイエット法があるけど、基本はいたってシンプル。

ちなみにワタクシ、油断すると太るタイプ。
体質は昔からなので、気をつけて生きていくしかない。

夜の食事はおかずを少しだけ。
お酒を飲んじゃうのは・・・カンベン。

昼は付き合いもあるのでそれなりに食べるけど、朝はほとんど食べない。
ダイエットって、朝はしっかり食べてというのが多いけど、
ワタクシの場合、朝ごはんを食べないのがダイエットのキモだったりする。
なんでかわかんないけど。

ということで、マシンには頼らずに、自力で節制しようと思ったパワーウェーブだった。
この手のやつ、高いしね。

カテゴリー: スポーツグッズ, ダイエット, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

桜とか、レビンとか。

ちょっと前のウォーキング途中の渋谷あたり。

桜?だよね。
th_IMG_1058
ちょっと早い気もするけど、もうすぐ春か。

去年の春はコロナでバタバタだったけど、今年はどうだろう。
学生さんも社会人もいい新年度になるといいね。

 

さて、近所のショッピングモール。
ここにはトヨタのディーラー(?)があって、色んな車が展示してある。

車ってこんなに高かったっけ?
普通車で300万円近くするのね。
新車なんて買えないぞ。

で、時々懐かしいクルマも出現するのだが、思わず飛びついた1台。

カローラ・レビン
th_IMG_9234

th_IMG_9235

th_IMG_9236

AE86、いやAE85かな。
よくわからないけど、とにかくLEVINだ。
th_IMG_9238

懐かしいなぁ。
レビン、トレノ、すごくカッコよかった。
80年代を代表する1台だよね。

アルバイトコーチをしていた学生時代、お客様のOLさんが乗ってて、
皆で一緒に海に一泊旅行に行ったっけ。
今なら絶対アウトだな、それ。

で、なぜかワタクシが運転手。
メチャ渋滞の海沿いをずっと運転してた。
でも、クルマを運転できるのが楽しかったのを憶えてる。

走り屋のイメージが強いレビンだけど、当時は女子にも人気だったのかな。
th_IMG_9237

個人的にはトレノの方が好きだけど、レビンもいいなぁ。
th_IMG_9241

そうそう昔はステッカーだった。
th_IMG_9239

th_IMG_9240

この、APEX TWINCAM16ってのに憧れて、ステッカーだけ貼ったりして。
今思えば恥ずかしいな。

でも、そんなことも楽しかった80年代。
日本中が浮かれてた時代を象徴するクルマかも。

 

最近の若者ってクルマに興味がないっていうけど、
我が家の長男もまったく興味がなさそう。

免許とってから運転したのは1回だけ。
雨の日も風の日も、それこそ雪の日もママチャリで学校に、バイトに行っている。
どう考えても彼女いないな、あれは。

車を持つのって、お金が掛かるし、首都圏に住んでたら、電車方が便利だしね。
最近はカーシェアもあるから、いざって時は何とかなるんだろうなぁ。

クルマがオモチャだったり、憧れだった時代は遠い昔なのかも。
何だか寂しいなぁ。

ところで、ワタクシの愛車、ランクル・シグナスくんは相変わらず調子が悪い。
やっぱり高速道路で勝手に横滑り防止装置が働く。
乗る機会が少なくなったのと、コロナでディーラーに持っていくのも面倒で
なんとなくそのままだけど、ちゃんと直さないとだなぁ。

カテゴリー: クルマ, ダイエット, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

エコバッグ とか、電車の旅とか。

完成!!
Team REC エコバッグである。
コットンのナチュラルカラーで畳んでバッグに入れておける。
th_IMG_7427

マチもそこそこあって、収納力もまあまあ。
th_IMG_7428

欲しい?
実はまだ用途は決まっていない。
正確には用途は決まっていないままに製作した。

提案者のケンスケコーチに「用途の想定は?」と聞いたら、
「考えてません。ボクが欲しかったっていうか」だって。
コラコラ!

ということで、レックテニススクールで販売することを検討中である。
たぶん、350円(税込)。
売り切れゴメンなので、見かけたらお早めに!

 

さて、国内ツアーもようやく動き出した。
まだ海外に出ていないTeam RECメンバーは、高崎オープンに出場。

そんな選手が多いと見えて、めっちゃハイレベルの大会になっていた。
そんな豪華な大会だが、なかなか遠いのと、仕事が詰まっていて観に行けず。
なんとかこの日だけはと、無理やり予定を調整して会場へ。

高崎は群馬県。
経路を検索すると新幹線を案内される。
それだけ遠いってことね。

新幹線代がもったいないので、とりあえず在来線を乗り継いでいくことに。
京葉線〜りんかい線〜埼京線〜高崎線と順調に乗り継ぐ。

上尾の手前でふと車内の表示を見る。
え?籠原行き?カゴハラ?高崎行きに乗ったはずなのになんで?
th_IMG_7432

慌てて上尾駅で降りる。
おかしいな。
確かに高崎行きに乗ったはずなのに。

過ぎゆく電車を見ていたら、後半の車両には「高崎」の文字。
前4両が籠原、その後ろの車両は高崎に行くという罠のような仕組み。

うそ〜!まじか〜!
そんなことある?

とりあえず、気持ちを落ち着かせなきゃと、
天ぷらソバを食べる。(なんで?)
th_IMG_7431
2本後の高崎行きに乗る。
今度はしっかり後ろの車両に乗った。

まだここから1時間以上かかるのかぁ。
遠いな、高崎。

籠原に着いた。
しばらく電車は止まったまま。
そうか。前4両、切り離してるのか。
最初の電車でも籠原で後ろの車両に移ればよかったのかも。

うーん、ローカルルールにやられたぜ。

なんだかんだで3時間半の電車の旅。
新幹線なら新大阪着いちゃうぞ。

ようやく着いた高崎でボスにピックアップしてもらい会場へ。
th_DSC_8020
大変な騒ぎだったぜ、ふう。
さあ、応援だ。

カテゴリー: Team REC, ステーショナリー, ダイエット, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

回転寿司とか、節制とか。

休日のお昼。
回転寿司に行ってみた。
th_IMG_6449
回転寿司のシステムって、コロナ対策としてはNGじゃないのかな。
レーンの先の方でグループ客が大声で盛り上がってるし。

「くら寿司」みたいにカバーがかかってるならいいけど、
ここみたいにオープンなのはダメでしょ。
足が遠のくかも。

 

さて、最近ちょっとしたことがあって反省中。

ヒント画像。
th_IMG_6251
救急外来に歩いて行ったの初めてだぜ。
今って、しつこく「熱はないですね」って聞かれるのね。
そりゃそうだ。

とにかくいい歳なんだから節制してね的な話になった。

 

加えて最近はウエイトオーバー気味である。

こんだけ暑いのに食欲がさほど落ちていないってのもあるけど、
毎朝欠かさずウォーキングもしているのにどうして?

このまま食欲の秋を迎えたらえらいことになるぞってことで、
生活をあらためることに。

昼食。
th_IMG_6236
納豆とおにぎり1個のみ。

とはいえ、納豆は3パック。
これが正しいのか、偏っているのはよく分からないが、まあ気分だけでも。

ちなみにこの納豆、ボスもご愛用中だそうだ。
卵を入れたみたいに、滑らかになるのが特徴。
タレにヒミツがあるのかな。
けっこうオススメです。

別の日。
th_IMG_6241
おにぎりをやめ、豆腐にしてみた。

豆ばっかり・・・
th_IMG_6242
これを3回繰り返した。
流石に心が折れかけた。

もう少しバリエーションが必要だな。
っつうか、極端なだよね、いつも。

 

で、一番の変化は・・・禁酒。

大げさな禁酒ではないが、平日自宅でのお酒をやめてみた。

初日、二日目、あまりよく眠れなかった。

そして寝入りばなに怖い夢を見る。
謎の男に体を押さえつけられたり、
頭の近くでガンガン!と音がなったり、
一瞬飛び起きたり・・・。
まずいんじゃないの、これ。

三日目あたりからよく眠れるようになった。
で、起き抜けも体調が良い気が。

週末、体重が3kg落ちてた。
お腹回りもすこしスッキリしたような。

やっぱりお酒なのかな。

暑い中、帰ってきて、シャワー浴びたらまず1杯。
食事を終えて、ハイボールを飲みつつ、ミックスナッツをつまみつつ、
PCに向かって遅くまでって生活が良いわけがない。

平日のお酒を控えただけで、3kg落ちるって、
どんだけ飲んでたって話しだよ。

いつまで続くか分からないけど、
ひとまず健康を意識ながら日々を過ごしてみようと思う。

あ、そういえば、コロナ休業の騒動で健康診断行ってないや。
行かなきゃ。

カテゴリー: ダイエット, ファミリー, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ケガとか、日本リーグ2日目とか。

試合終了直後、笑顔の守谷プロと竹島プロ。
DSC_3265
守谷プロのポーズには理由が。

アングルショットを追いかけて転んだのだ。
おかげで手と膝がえらいことに。
DSC_3275
そのファイトのかいあって試合は見事に勝利。
この激戦を制した1勝は大きい。
お疲れ様!

さて、そんなテニス日本リーグの2日目はイカイさんと対戦。
イカイさんは何度もリーグ制覇をしている超強豪チーム。
これまで何度か対戦したが、まだ勝ったことはない。
今度こそはとの思いで、全力のオーダーを組んだ。

IMG_9825

シングルス2は正林選手。
DSC_2573

DSC_2520
相手は徳田選手である。

正直、チャレンジャーの立場の正林選手。
何とか食らいついてほしいところだ。
頑張れ!トモ!

DSC_2575

試合は一進一退の好ゲーム。
DSC_2514
正林選手が徳田選手に食らいつく。
いいぞ、いけるかも。

要所で果敢に攻める。
DSC_2627

メンバー全員で応援。
DSC_2634

良い展開だが、徳田選手の自力が勝った。
DSC_2632
良い試合だったが、ストレート負け。
でも、悪くなかったぞ、トモ。

 

続いてはシングルス1の関口選手の登場。
DSC_2676
Team RECはとにかく周一が勝つこと。
それで負けたら仕方ないつもりで戦っている。

相手は今井選手。
これまで何度も対戦しているであろう選手である。
DSC_2869

試合は序盤から今井選手主導の展開。
関口プロ、いまひとつ乗り切れていない感じ。
DSC_2720
守りの時間が多くを占める。
正直厳しい。

後半盛り返すが、時すでに遅し。
DSC_2713
この写真を見た関口プロ、「うーん。詰まってる」とのこと。

最後は挽回しきれずにストレートで敗退。
DSC_2877
チームの負けも決まってしまった。

 

最後はダブルス。
竹島選手、守谷選手のペアだ。
IMG_9840
チームの敗戦は決まってしまったが、
1勝でも取っておくことが最後に効いてくるのがリーグ戦。
とにかくこの対戦は負けられない。

相手は、小野澤選手、松崎選手ペア。
これまた一筋縄ではいかない相手。

ファーストセットはタイブレークで取る。
DSC_2988

DSC_3020
いい感じだ。

しかしセカンドセットはワンブレークを返せずに落としてしまう。
DSC_3046

DSC_3050
やっちまったの2連発。

ファイナルセットはスーパータイブレーク。
DSC_3026

DSC_3035

それはもう攻める、攻める。
DSC_3151
竹島選手がエマージェンシーなのに、
守谷選手が前に攻め込むというカオスな状況。
それだけ前にという状態。

ここまで来たら気持ちで勝ちたい。
DSC_3076

メンバーも必死で応援。

そして最後は気合で勝利!
よく頑張った。
この1勝はチームにとっても大きいと思う。

この敗退で1勝1敗となってしまったが、
全員でよく頑張ったと思う。

まだリーグは序盤戦。
3日目は明治安田生命さんと対戦。
総力戦で勝ちに行こう!

カテゴリー: Team REC, ダイエット, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

野菜ジュースとか、南下とか。

ある情報から朝食抜きを試している。
前日の夕食から昼までお腹を休めると、
ダイエット、健康に良いのだそうだ。

th_IMG_4439

「お腹が空いて辛かったら野菜ジュースを飲もう」
と書いてあったので、それほど好きじゃない野菜ジュースを飲んでいる。

千葉が誇る老舗、古谷乳業。
野菜ジュースも出してるのね。

野菜の味が濃い感じがした。
パックで売ってるナショナルブランドとはひと味違う。
美味しいけど、千葉でしか買えないよね。

 

さて、朝っぱらからハワイ気分を味わいつつ、
ちょっと豪勢なモーニングを楽しんだ休日。

これからどうするかと時計を見たらまだ10時すぎ。
天気も良いし、せっかくだから遠出をしようと言うことに。

選択肢はふたつ。
銚子方面に行き、海鮮丼的なものを食べるか、
房総半島を南下し、勝浦坦々麺を食べるか。

協議の結果、房総半島南下ツアーに決定。

東金を抜け九十九里、波乗り道路へ。
全然車が走っておらず快適。
th_IMG_4372
(写真は助手席の妻撮影。念のため)

終点まで行き、一般道をさらに南へ。
th_IMG_4359

サーフショップがたくさんあっていい感じ。
房総も垢抜けて来たか。
th_IMG_4361

平日だけどサーファーもけっこういた。
th_IMG_4367
昔はやってたんだよなぁ。
今は・・もう無理か。

聞くところによれば、サーフィンもシニア層が元気らしい。
若者はクルマを持っていないし、遠くまで交通費をかけて
遊びに行くようなことをしないとか。
結果、昔から波乗りをやっている層が今も現役だそうだ。

まあ、冷静に考えれば、ワタクシも休みのたびにここまで来る時間はないな。
その前に、バス釣りしろって話だ。

さらに南下し勝浦へ。
勝浦坦々麺発祥と言われている店を探す。

海から山の方に入り、しばらく走る。
あった、ここだ。
th_IMG_4369

「江ざわ」さん。
th_IMG_4368

入り口に置いてある椅子で呼ばれるのを待つ。
th_IMG_4370
なかなか呼ばれないので、システムを確認しに店内に入ったら、
実はけっこう席が空いていて、「どうぞ」だって。
言ってよ。

まずは心得から。
th_IMG_4383

メニューはこちら。
th_IMG_4371
中辛とチャーシュー丼を注文。

ホントだ、赤い。
th_IMG_4376
けっこう辛い。
汗が・・・。

チャーシュー丼、メチャうま。
th_IMG_4378
これで辛さを中和しつつ食べる。

こっちは普通バージョン。
th_IMG_4380
でも、まあまあ辛い。

初めての勝浦坦々麺、完食。
美味しいけど、普通の中華坦々麺の方が好きかなぁ。
まあ、話題のものは食べておけってことで。

さあ、お腹も膨れたし、ドライブしながら帰るかな。

カテゴリー: ダイエット, ファミリー, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

久々とか、撮影とか。

この時期は暗いし寒いしで。平日はランニングはほぼ休み。

休日、ようやくランニング。
IMG_2120
日陰にはまだ雪。

いつもより遅めの時間だったので、海沿いのカフェが開いていた。
IMG_2123

ふーん、パンも売ってるのか。
IMG_2121

ここは外にソファが置いてある。
IMG_2122

一度、ここでお茶したいと思っているのだが、
ランニングの時はお金持ってないし、
このためにここまで来るのもねってことで、いまだ実現せずだ。
IMG_2124
暖かくなったら来てみるかな。

 

さて、テニス日本リーグ・決勝トーナメント前日練習。
関口周一プロから写真撮影を頼まれた。

新たに契約したJOMA(ホマ)のウェアを着用した写真がないのだそうだ。
ポイント練習に入ったところでウェアを着替え撮影。

「ウェアロゴとTeam RECパッチが写っている写真が欲しいです」

そんなアングルあるのか?

「あと、カッコよく」

それはキミの問題だろう。

普段の試合では撮れないアングルをってことで、
センターネットに張り付いたりして撮影。
頭の上をボールがビュンビュン飛び交って、まあまあ怖い。

途中、ギリギリのショットもあったらしく、
守谷プロから「怖くないんですか?」と聞かれたほど。

ファインダー覗いてるとボール見えてないから怖さもないのだよ。
ただ、周一の「ヤバッ!」という表情で危なかったことはわかったけど。

ということで周一らしい写真が撮れた。
51407540_307061886645320_2387502681246662656_n

51461696_2015423288577434_2624644507311800320_n

51816558_283676555646192_6136606640679419904_n

 

ちなみに「こんな感じで」と本人が言ったポーズがこちら。
DSC_6044

DSC_6041

DSC_6123

こっちのほうは周一らしいな・・・。
使えないか。

カテゴリー: Team REC, カメラ, ダイエット, テニス, ランニング, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

滑り止めとか、プロテストとか。

札幌大通公園にて。
IMG_9505
北国ならではの風景。
やっぱり砂がいいのね。

 

さて、札幌での旅ランも無事に終え、いよいよお仕事へ。

レンタカーを運転してくれるのは、
日本プロテニス協会テスター仲間のフカヤくん。
IMG_9513
隣はシブヤくん・・あ、いや、シブヤ理事ね。(失礼)

10分ほど車を走らせ着いた目的地へ。
IMG_9514

ヴェルデテニスクラブさん。
IMG_9515
初めてお邪魔するクラブさんだ。

倉庫を改築したインドアテニスコートが2面。
IMG_9520

IMG_9526

IMG_9523
色んな工夫がしてあって勉強になる。

フロントスタッフさんのホスピタリティも素晴らしい。
IMG_9531
楽しくて暫し話し込んでしまったほど。
(ワタクシ的にはめずらしいことなのだ)

あ、何しに行ったか書いてなかった。
IMG_9519

日本プロテニス協会のプロテストのためである。

先日、都内でのプロテストでテスターをつとめたばかりなのだが、
昨年同様に「札幌のテストに行ってください」の指令。

「月曜日、会議があるから無理」というと、
「ボクも会議があって、夜行くんです」とシブヤ理事。
そう言われば、言い返すすべもなく、札幌行きが決まった。

加えて「今回はストロークアナリシスお願いします」と畳み掛けてくる。

ストロークアナリシスとは、各ショットの標準デモと
微妙に一箇所だけ変えて打球し、それを当ててもらうというもの。
受験生の正答率が低いと「デモが悪かったんじゃ・・」と
テスターの技術に矛先が向かう可能性のある、怖い役割なのだ。

「久しぶりだしなぁ・・考えとくね」と微妙に保留にしたはずなのだが、
ラウンド表を見たら、しっかり名前があった。

緊張しつつのアナリシスデモをなんとかこなし、レッスンテストの採点へ。

テストはアメリカプロテニス協会と共通。
原型は以前から変わっていないのだが、
解釈や採点細部がアップデートされていて、
基本項目の確認という意味でも非常に有効なものになっている。

合格最低限の点数を獲得するための手法も存在するのだが、
上位ランクの資格を取るためには、本質を押さえた診断と矯正法が必要。
そして実際に生徒さんが上達しないと合格しない仕組みになっている。

当然、採点するワタクシたちテスターも、
同じ目線で生徒さんの診断と矯正方法を探すので、互いに真剣勝負。
互いの着眼点が一致し、生徒さんが上達し、
受験生に合格を出せた時が喜びも大きい。

そういう意味ではコーチの地力がそのまま問われるテスト制度であり、
それに向けて勉強することは、職業コーチとして大事なことだと思う。

今回も素晴らしい若手コーチたちに会えた。
各所で頑張っている仲間を見るのもの喜びのひとつである。
そんなテストもなんとか無事に終了。

あと1日くらいのんびりして、
北の大地の美味しいものでも堪能したいのだが、
何かと忙しいワタクシたちはレンタカーに乗り込み、
一路新千歳空港を目指すのであった。

ああ、せっかく札幌に来たのに
コンビニご飯しか食べてないぜ。(涙)

カテゴリー: ダイエット, テニス, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

悪魔の・・とか、Wilson ULTRA TOUR解禁&インプレ!とか。

メッチャ人気で売り切れ続出とボスから聞いた。
出張先で見つけたので食べてみた。
IMG_9699
うん、美味しい。
感動するほどではないが、適度なB級感もあるのがナイス。
結局こういうものが定番なのかもね。

 

さて、いよいよ情報解禁になった。

何が?ってこれである。
IMG_9729
錦織圭がラケットを替える。
写真で分かる通り、ULTRAカラーである。

本日、ようやくこの新しいモデルの情報が解禁になったのだ。
シリーズ名は、ULTRA TOUR。
3機種が発表になった。

 

UKTRA TOUR 95CV
WR000711U_Ultra_95CV_Navy_LightBlue_Gloss_Front
■フェイスサイズ:95平方インチ
■ラケット長:27.25インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:309g
■ストリングパターン:16×20
■バランス:325 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:36,000円

錦織圭使用モデルである。
実はモールド(フレームの型)はBURNと変わらない。

大きく違うのはこれ。
crashzone1
CRASH ZONEという。

どこに入っているかというとこんな感じ。
crashzone2
すでにULTRAシリーズに搭載されているこのテクノロジー。
このパーツが変形することでメインストリングがたわみ、
衝撃を吸収し、マイルドな打球感が生まれるのだ。

加えて、この効果はスイートエリアを広げる効果があるそうで、
2,7%相当のフェイスサイズ拡大効果があるとのこと。

これがBURNのモールドに搭載され、テクノロジーはULTRAなので、
ULTRA TOURになったというわけ。
ちなみに発売は12月だ。

 

ということで、あと2機種。

ULTRA TOUR 95JP CV
WR005911U_ULTRA_TOUR_95JP_CV_Navy_LightBlue_Front
■フェイスサイズ:95平方インチ
■ラケット長:27.25インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:289g
■ストリングパターン:16×20
■バランス:340 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:35,000円

BURNにもあったが、日本仕様モデルである。
JがJP表記になったのは、J=ジュニア用のイメージと
誤解を防ぐためだとか、そうではないとか。(そうなのね)

ウエイトが289gということで、
まだ身体の出来上がっていないジュニア選手なども
しっかり振れるスペックになっている。

残念ながらこのモデルは来年1月発売。
少々お待ちいただきたい。

 

ULTRA TOUR 100CV
WR006011U_ULTRA_TOUR_100_CV_Navy_LightBlue_Front
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.25インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:293g
■ストリングパターン:16×20
■バランス:330 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:35,000円

実売ではこれがメインになるんじゃないかなと思う。
やはりこのフェイスサイズは違和感が少ないし、
パワーも含め、オールラウンドな安心感も大きい。

 

そんなわけで錦織圭の代名詞のBURNがULTRAに変わるという、
まさにウルトラCを仕掛けてきたウイルソン。

モールドそのままでカラー変えて、グロメット変えて
そんなに変わるんかいなと半信半疑で試打をしてみた。

ここがキモの部分。
IMG_9370

ULTRAカラーだが、つや消しではなくグロス塗装。
IMG_9372

IMG_9371
選手モデルはグロスが多いし、こっちの方がいいな、やっぱり。

 

打ってみた。

全然違う!

クラッシュゾーンてこんなに振動吸収したっけ?
驚くほどにボールがフェイスに粘っている感触が強い。

いったんメインストリングがボールを咥え込んで、
そこから一気に打ち出す感じ。

打球感も柔らかいというか、ナチュラルストリングを張ったようなイメージかな。
グロメットでナチュラルの感触が出せるって新たな発見だ。

BURNは若干ガツン!という感じもあったが、
ULTRA TOURはとても腕に優しくなった。
対象層が一気に広がる予感が。

この掴む感じは、コントロールへの安心感も大きい。

ボールとストリングが接触している時間は1,000分の5秒程度で、
それほど変わるものではないことはわかっているが、
感覚的には一瞬のつかみ感は、自分の意思をボールに伝えることが
できたような感覚につながる。

そしてスピン量もコントロールしやすい気がする。
物理的には大きな変化はないのかもしれないし、
千分の秒単位で人間がコントロール出来ることはないだろうが、
感覚的にはクラッシュゾーンの恩恵は大きいように思う。

ソフトでくわえるとなると、球離れは悪いのかなと思いがちだが、
そんなことは無かった。
パワーは損なわれていないし、ダルい感触もない。
非常に扱いやすいバランスのとれたモデルに仕上がっている。

個人的には、0,25インチロングは違和感はあるが、
これはおそらく慣れの問題だと思う。
使い込んでいくうちにきっと慣れるんじゃないだろうか。
ロングサイズはサービスのパワーアップなども恩恵も大きいので、
振れるのならばロングタイプへのチャレンジも良いと思う。

とにかく、グロメットの変更でここまで味が変わるのは
目からウロコがポロポロと落ちこぼれた新鮮な体験だった。

錦織圭も年齢を重ねて、さらにラケットへのリクエストが増えたのか。
CVは「疲れない」だったっけ。
そういう意味では、クラッシュゾーンは良い選択だなぁと思う。
(上からでゴメン)

とにかくBURNなんてゴツいの使えないと思っていたアナタ。
このULTRA TOURシリーズは一度打ってみるべし。
BURNの良い部分を残しながらも確実に進歩しているのが分かるはず。

ちなみにこのULTRA TOURシリーズ。
本日からレックテニススクール全校で試打ができます。
ぜひお試しあれ!

カテゴリー: ダイエット, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。