カテゴリー別アーカイブ: テニス用品

自販機とか、TUTCパーカー着弾とか。

渋谷の奥のほうだったかな。

th_IMG_9532
何ともディープであやしい雰囲気。

店の前に自販機が。
th_IMG_9533
買えるの?これ。

で、何の店?

 

さて、何かが届いた。(らしい)
th_IMG_1781
なに頼んでたっけ?

しかも袋はSSKさんのもの。なんで?
th_IMG_1782

 

開けてみた。
th_IMG_1783
おお!そうだそうだ。
しばらく前に頼んでたから忘れてた。

 

ブツはこちら。
th_IMG_1785
パーカーである。
いったい何枚パーカー買えば気がすむのだろう。
子供たちのパーカー所有数もかなりのもの。
どんだけの数のパーカーが我が家にあるのか、
今度数えてみようと思う。

ということで、今回はこのパーカー。
th_IMG_1786
必ず映り込むCocoさん。
どいて。

TOKYO UNDERGROUND TENNISCLUB
th_IMG_1788
何かの特別バージョンだったはず。
頼んだのは数ヶ月前だったと思う。

ドヤ顔しないでいいから、どいて。

 

若干薄手で軽めの素材が良い感じ。
th_IMG_1791
ポケットの切り込みもアッサリでGood!

このタイプの袖口も好き。
th_IMG_1792

春先、秋口に活躍しそうな
少しだけライトな感じのパーカーである。

 

ってことで、着てみた。
th_IMG_1796
172cmのワタクシはMサイズがジャスト。
サイズ感も着心地も気に入った!

 

このTOKYO UNDERGROUND TENNIS CLUBは、
佐藤武文氏が主宰するテニスブランド。

ワタクシも密かにファンで。以前からけっこう着ていた。
最近はモッズパーカーなど、さらに心をくすぐるアイテムが充実してきて、
ナイスなところをついてくる武文さんて感じ。

良い感じのものを続々リリースしている
TOKYO UNDERGROUND TENNISCLUB。

好きな感じがかなりシンクロしているので、
思うがままに買っていたらキリがなくなる予感が。
でも欲しいの、たくさんあるんだよなぁ。

そうだ!
武文さん、契約してくれませんか?
ダメですか、ああそうですか。

 

ということで、こういうインディーズ的なテニスブランド、
すっかり少なくなっちゃったから、TUTCさんにはぜひ頑張って欲しい。

また買いますね。
コロナが落ち着いたら、飲みにいきましょう。

#TUTC
#TOKYOUNDERGROUNDTENNISCLUB
#Tennis
#Tennisapparel
#Tenniswear
#TennisFashion
#TennisStyle
#Driveatennisculture
#東京
#テニスカルチャーをドライブしていく
#TENNISGEEK

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ゲームとか、SEIKO Super Tennisとか。

スーパーマリオブラザースだ。
th_IMG_9096
懐かしいなぁ。

大学生の頃、昼は喫茶店でずっとギャラガをやってた。
夜は近所の潰れそうなゲームセンターでずっと麻雀ゲームしてた。

よく考えたら、テーブルゲームって音出るよね。
ゲームセンターならまだしも、喫茶店で、ピュンピュン!ドカン¡てうるさくなかったのかな。
それにしても学校行っていないな、オレ。(ごめんなさい)

 

さて、日本プロテニス協会が50周年を迎えるにあたり、
記念誌等の編集作業を担当しているわけなのだけど、
さすが長い歴史の中で、様々な資料が出てくる。

会員向けの会報はもちろんだが、プロテニス協会が行なった
外部に向けてのイベントなどの資料も多数。

 

ワタクシの年代でプロテニス協会の事業として外せないのが、SEIKO Super Tennis。

当時のトッププレーヤーが集結するインドアトーナメントは、
そりゃもう豪華というか、カッコいいというか、夢の世界のようだった。

大会はワタクシがプロライセンスを取得する前から始まっていて、
最初の頃は大学生だったのだろうか。

会場の代々木国際プールに行き、財布の中身を何度も見ては、
今月この先が苦しくなっても、SS席を買うか、安い席でガマンするか、
ずいぶんと悩んだことを憶えている。

当時、付き合っていた彼女と一緒に行ったこともあったけど、
財布の中身と料金表を何度も交互に見つめている彼氏なんて、ちょっとカッコ悪いよね。
でも、本当にお金なかったんだよなぁ。

会場に入れば、どんな席でも別世界。
華々しい世界のトップレベルのプレーが繰り広げられていて、
まばたきするのも惜しいくらいにコートに釘付けになっていた。

客席の上の方から見たコートサイドには、プロテニス協会会員のプロの皆さんがずらり。
揃いのブレザーでトーナメントを切り盛りする姿はまさにテニスプロだった。

恐ろしく遠くて華々しい世界だったSEIKO Super Tennis。
最後の方はコートサイドに呼んでもらえたりと、
少しだけ夢の世界に近づいたけど、ほどなく大会も終わってしまった。

 

そんなスーパートーナメントのプログラムが資料の中にあった。
th_IMG_1418

メッチャお宝!
th_IMG_1421

ベッカー
th_IMG_1419
この時はもうラケットは、ボリスベッッカー・スーパーだったのね。

クリックステイン
th_IMG_1420
打球時にほっぺを膨らませて打つ姿がカッコよかった。
たしか、ラケットはロングサイズにチューンしてあったような。

いやぁ、懐かしい。

ワタクシも初期のプログラムは全て持っていたのだけど、
何度かの引越しのタイミングですべて処分してしまった。

コートレベルで観戦した時、ちょっと先にいたレンドルに
もらったサインが入ってたものもあったのに。
今思えば捨てるんじゃなかった・・・あぁ。

まあ、何しても日本のテニスが輝いていた頃の象徴でもある大会。
懐かしいやら、仕事進めなきゃやらで、複雑な思いで、
事務局通いをする今日この頃なのだ。

原稿仕上げなきゃ。

カテゴリー: オモチャ, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

良いところとか、ショップか?とか。

近所の開発予定地。
th_IMG_7420
壁面にこの街の良いところが100個書いてあった。
「海が近い」「ショッピングが便利」とか、たくさん。

これいいな。
自分のスクールの良いところ、テニスの良いところ100個書いてみない?

 

さて、前に書いたが、絶賛断捨離中である。

洋服やらシューズやら、色んなものが、
長男の部屋、18歳児の部屋、その他あちこちに侵食。
いい加減にしてほしい的なプレッシャーが家庭内に。

まあ、この先どんだけ長いかもわからないし、
スペースもコストってことで、あれこれ整理することに。

 

で、困ったのがラケット。
ラケットって、気軽に捨てられないのね。
カーボンファイバーだから産業廃棄物になるんだそうだ。

そんな積もり積もったラケットたちが家のあちこちに。
th_IMG_1545

th_IMG_1544
なんか、HEADばっかりだけど。

いっそ売り飛ばすかってことも考えたのだけど、
そうもいかない事情のものもあるし、
思い入れのあるものたちなので心が痛む。

 

さて、どうする? ってことで、こちらを購入。

th_IMG_1546

ネットラック〜!(ドラえもんで)
th_IMG_1548

このラックを設置して、テニスショップばりに展示してしまおうという目論見。
しかしデカイな。
th_IMG_1549
Cocoさん、邪魔です。

 

で、スペースを見つけ、バタバタと試行錯誤でなんとか設置。
とりあえず、発掘されたラケットたちを並べる。

足りるの?これで。

あっという間に埋まっていく柵。
th_IMG_1556

th_IMG_1630

全然足りない・・・
th_IMG_1631

1柵につき6〜7本だから・・・100本オーバー?
でもまだ、あちこちにラケットが。

テニスショップをやりたいってのが高校生の頃からの夢だったけど、
さながら家庭内テニスショップ状態。

う〜ん、幸せなのか不幸なのか。
懐かしいラケットもあるので、追い追い紹介していこうと思う。
とりあえず、ラケットたちに囲まれて幸せではある、

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

トレーラーとか、お気に入りゾーンとか。

キャンピングトレーラー。

th_IMG_8326

th_IMG_8328

リモートワーク用にも人気だって。
確かに自宅の状況によってはリモートって難しいもんね。

そういえば、昔、移動しながらレッスンしながら、デスクワークしながらの頃、
車中で仕事が出来るようにって、ブルーバードワゴンから三菱シャリオにしたっけ。

ハイエースのキャンパーとかいいよね。
欲しい。

 

さて、自宅のワークスペース。
th_IMG_0147
リビングの一角なんだけど、好きなものたちを勝手にならべてある。

お気に入りのCD。
th_IMG_0148
外せないのはナイアガラレーベル(大瀧詠一)ね。

ミニカー
th_IMG_0155
ディズニー「カーズ」のマックイーン。
ストックカーレースっていいよね。

ワーゲンバス、ピックアップ&バスボート、Hard Rock Cafeのマスコット。
th_IMG_0153
あと、忘れちゃいけない、キース・ヘリング。(大好き)

ショットグラスも。
th_IMG_0156
後ろにはビレッジバンガード企画のCD BOX。

 

で、先日、レックテニススクール府中のカリタコーチからもらったラケット。
th_IMG_3210

HEAD EXTREME
th_IMG_3209

「要ります?」

「欲しい!持ってないし」

「使わないから、どうぞ」

まあ、たしかに使わないよね。
th_IMG_3212
小さいし。(笑)

HEADのコーチコンベンションの参加記念品だって。
カリタコーチはこの手のものに興味がないらしい。

ワタクシ的にはラッキーだ。
HEADコーチコンベンション、呼ばれないし。

 

ということで、EXTREMEが加わって、
ますますお気に入りのゾーンになったワークスペースである。
th_IMG_3215

って、よく考えたら、このへんも断捨離が必要なんだろうか。
ここは最後にだな。

カテゴリー: オモチャ, クルマ, テニス, テニス用品, ボート, 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

赤とか、ストリングマシンとか。

滅多に赤は飲まない。
th_IMG_9103

ということで、頂きもの。
たまにはいいかもね。

 

さて、守谷総一郎プロを連れて、むさしの村ローンテニスクラブに
練習に来たわけだが、実は当初の目的は別。

正林プロにストリングマシンを届けるためである。

拠点をむさしの村に移した正林プロ。
クレーコートってことと、練習が長時間&超ハードで、
ストリングが2時間くらいで切れてしまうそう。

「マシンが無いとキツいっす」ってことで、レックインドア上石神井
新しいものに入れ替えた際、前のマシンを譲ってあげることに。

ストリングマシンはいちおう分解できるので、送ることが出来ないわけではないが、
ナショナルチーム・ストリンガーのゴーセンの冨岡さんに聞いたら、
「重いからかなりの送料かかりますよ。持っていけるならそのほうがいい」とのこと。

ならば、仕方ない、持って行ってあげるよとなったのだ。

 

練習を終え、正林プロの車に先導され自宅へ。
ちなみに正林プロは免許取りたて、
納車1週間のプリウスに乗っている。

正林プロの自宅に到着。
マシンをおろす。

足部分のパーツを運び、マウント部分を運び・・・と、気づいた。

「総一郎とオレが重い荷物運んでるのに、
どうしてキミはドアを押さえているだけなのだ?」

「あ・・・そうですね。すみません」

 

なんとかひと通り運び込んだ。
th_IMG_2071

さて組み立てるか。

まずはマウントを取り付けてと。
次にターンテーブルを・・・と、また気づいた。

「知大!なんで総一郎とオレが重いパーツを持ってて、
キミはビス1本だけ持って待機してるのだ?」

「あ・・・」

「あ・・じゃねえよ」(笑)

 

なんてこともありつつ、順調に組み上がる・・かと思いきや。

「知大、ドライバーちょうだい」

「無いっす」

「無いの?!ウソだろ。じゃあ、六角貸して」

「ロッカク?」 (カタコトかっ!)

「六角レンチだよ」

「六角ベンチ?」

(ボケてるわけじゃなくて、素で知らないな、こいつ)

「一人暮らしするなら、工具セットくらい持ってた方がいいよ」

「そうなんですか。そうだ!近くにホームセンターがあります」

「じゃあ、ドライバーと六角、買いに行くか」

「誰の車で行きます?」

「キミのに決まってるだろ」

「運転は誰が?」

「おまえだよっ!!」

「死にたいですか?」

「死にたくないから、安全運転して」

 

ということで、はじめてのお使い状態で出発。
th_スクリーンショット 2021-04-17 15.44.58

「すみません。レックカーどかしてもらえますか」

「通れるよ」

「いや無理っす。絶対擦る」

「余裕だって!」

「ダメっす!」

しょうがないなぁ、じゃあちょっと下げるよ」

 

ようやく出発。

th_IMG_2075

話しかけないでくれオーラを出してたけど、
リラックスできるように優しく会話をふってあげた。
どうやら右折は出来ないらしい。
着くのか?

この「はじめてのお使い」の様子は、
近日中にTeam REC Channelで公開予定。

 

なんとか着いて、買い物コンプリート。

そして帰宅〜組み立て再開。
th_IMG_2078

また総一郎が重いターンテーブルを持って、知大はボルト留め。(笑)

ようやく組み上がった。
th_IMG_2079

「おっ!!電源入った!」と知大。
そりゃ、入るわっ!!

 

とうことで、ようやくミッションコンプリート。
th_IMG_2081

知大が勝ち誇った顔をしている理由は不明。
キミ、何もしてないから。(笑)

大事に使えよ。

 

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

椅子とか、オフィシャルウェアとか。

イタリアンレストランで。
th_IMG_7384
イタリアンだけどアメリカン。(笑)

こういう感じの好きなんだよなぁ。
部屋に置きたい。

 

さて、絶賛断捨離中である。

冷静な目でクローゼット〜衣装ケースを棚卸してみたところ、
たぶんもう一生着ないようなウェアが多数。
しかも新品同様や未開封なものも山のようにあった。
ホント、申し訳ない。

 

ということで、あれこれ思い切って捨てはじめたのだが、
迷ったのが日本プロテニス協会のウェア。

もちろん、ライセンス保持者のみが着ることのできるウェアだから、
誰かにあげるわけには行かないし、ヤフオクやメルカリに出したら
絶対怒られる、たぶん。(絶対だって)

でも、古いモデルはやっぱりもう着ない。
ということで、記念に写真を撮って、サヨナラすることに。

関係ない人が見ても、全然面白くない写真が続くかも。

まずはポロシャツ。
th_IMG_1721

th_IMG_1730

th_IMG_1729

いつの年代だっけ。
全然記憶にない。
横ストライプのポロもあんまり着ないよね。

 

そしてオフィシャルウェア。

これはずいぶん前のかな。
th_IMG_1713

th_IMG_1712

th_IMG_1695

th_IMG_1696

 

たしかこれも古いはず。
th_IMG_1710

th_IMG_1709

th_IMG_1697

th_IMG_1698

 

これは・・記憶にない。ほとんど着てないと思う。
th_IMG_1708

th_IMG_1707

 

これは何度か着た記憶がある。
th_IMG_1706

th_IMG_1705
テニスウェアを着ない業務も長かったからなぁ。

 

このへんなんて、新品同様。
th_IMG_1699

th_IMG_1700

あとはイベントウェア系。
th_IMG_1672

th_IMG_1675

th_IMG_1674

th_IMG_1673
懐かしいような、協力した記憶が曖昧なような。

こうしてみるとけっこうな数のオフィシャルウェアが。

申し訳ないけど、収納場所ももったいないので、処分させてもらった。

実は日本プロテニス協会はもうすぐ50周年を迎える。
それにあたり、記念事業を計画していて、ワタクシもお手伝いしているのだが、
先日、オフィシャルウェアの歴史って話になって、
「この前、処分しちゃった」と言ったら、「協会に寄贈してくれれば」とのこと。

ああ、その手があったかぁ〜。
ごめんね、もうないわ。
とりあえず、写真ならお渡しします。

50周年事業、ガンバリます。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

関口プロとか、会場入りとか。

旅先のホテル。
ツアーに出ていた関口プロからLINE。

「ブルイクマスク、いいですね。写真送ります」
th_IMG_2209

th_IMG_2208

気に入ってくれたようだ。
良かった。
汗をかいても息苦しくならないのがいいよね。

RECテニススクールでも取り扱い予定。
オススメです。

 

さて、いよいよ JapanPremiumTennisTournament・盛田正明杯の初日を迎えた。
ちょっと空気が冷たいけど、テニスにいは最高のコンディション。
インドアでの開催でも、この季節が楽しめる天気がいいよね、やっぱり。

ということで、会場入り。
th_IMG_2212
2週間前からの健康調査や検温などが徹底されている。

大会オリジナルマスクも提供された。
th_IMG_2214

チームの待機場所も指定。
th_IMG_2215
屋外で密にならないような配慮が。

天気が良いので、ケアもお日様を浴びながら。
th_IMG_2217

 

会場内を散策してみる。
th_IMG_2219
優勝カップ。
欲しいな。

スポンサー様もしっかりついている。
th_IMG_2222

ドロー
th_IMG_2223
あらためて気合が入る。
まずは初戦突破だな、

今大会はyoutubeで配信される。
th_IMG_2227
GAORAさんがついてくださっているんだっけ。
すごい機材。

 

朝礼。
th_IMG_2230

th_IMG_2231
なんとしてでも2日目まで繋ぐことを確認。

頑張ろうの集合写真。
th_IMG_2236

開会式がはじまった。
th_IMG_2246
th_IMG_2238
蜜を避けた配置など、随所に対策が施されている。

今回、メンバーにマスクを揃えた、
th_DSC_7541

th_DSC_7552

th_DSC_7543

th_DSC_7542
ブルイク・アスリートフェイスマスクね。

今回、メンバーに加わってくれた鈴木貴男プロ。
th_DSC_7559
とにかく初日を抜けて、貴男さんのラストマッチに繋がなければ。

そんなこんなの開会式を終え、メンバー写真。
th_DSC_7569
絶対勝とう!!

で、なんでいるんですか?団長。
th_IMG_2249

さあ、いよいよ試合だぜ。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

返金キャンペーンとか、無い!!とか。

ウイルソンさんの新企画。
th_IMG_1880

勝つための選択・全額返金トライアウトキャンペーン

購入した商品が合わなかった場合、返品〜返金してくれるというもの。
もちろん返金されるのは購入金額で、商品価格ではない。
返金は購入時のレシート等が必要なので保管を。

テニスラケットは試打が一般的だけど、無い場合もあるしね。
シューズも合う合わないはとてもデリケートなので良いかも。

なんとも思い切った企画だなと思ったんだけど、
テニスでは少ないが、別の業界ではよくある企画だそうだ。

振り返ってみれば、ウイルソンさんはこういった企画が得意。
昨年はCLASHシリーズの期間爆値下げもあったし、
その昔は、厚ラケの元祖、プロファイルを1本買うと、もう1本ついてくるなんて企画もあった。

これで販売店もメーカーも業界も、そしてお客様もハッピーになれるといいな。
せっかくのキャンペーン、ぜひご検討を。

 

さて、いよいよ今週末に迫った JPTT・盛田正明杯

th_JPTTトーナメント

今日からチームも現地入りし、前日練習に。
関口プロはアメリカツアーに出発してしまったので、
今回はメンバーから外れるが、
それぞれの場所で頑張ろうってことになった。

 

鈴木貴男プロは昨日から現地入り。
松井プロらとしっかり作り込みに入っている。

 

で、ワタクシもあれこれ準備。

まずはカメラをと、カメラ用のケースを開けると。

えっ!!?カメラがない。
メインのD500がない!なんで?

一瞬パニックになるワタクシ。
慌てて捜索。

クローゼットの中・・・無い
数あるバッグの中・・・無い
あ、カメラバッグか・・・無い
ウソでしょ。

しばらくカメラの出番がなかったので、最後に使った日を思い出せない。
Team REC CHALLENGEの収録だっけ?
たしかに使ったけど、忘れるはずないしなぁ。

ああ・・・どうしちゃったんだ?
どこに?
焦ってるから頭が働かない。
落ち着け、オレ。

オプションのグリップパーツはあるってことは、ボディのみで使ったってこと?
ってことは、テニスのプレーは撮ってないのか?
広角レンズもないから・・・・

わかったぁ〜〜!!
レックテニススクール府中のリニューアルの写真を撮りに行って、
次の用事に持っていけなかったから、
そのまま貴重品ロッカーに置いてきたんだ。
たぶん・・・ね。

 

ということで、フカダコーチにLINE。
早朝にゴメン。

「もしかしてオレのカメラ、府中に置きっぱなし?」(あって!お願い!)

「ありますよ。8番のロッカーに入れっぱなし」

「やっぱり!」 (良かったぁ)

「どうします?」

「週末の試合で使うんだよなぁ」

「ロッカーから出して置きましょうか?」
(持ってきてはくれないらしい)

「設定した暗証番号忘れた。たぶん・・・〜か、〜か」

「いざとなればマスターキーがあるので大丈夫です」

「とにかく取りにいくね」

いやいや焦ったぜ。
カメラ買わなきゃとか考えちゃった。

無事に手元に戻ったカメラ。
これで週末は何とかなるかな。

なんだか仕事もとても忙しいし、準備も進まない。
これで無事に大会に辿り着けるのか?オレ。

とにかく選手もスタッフも全力で頑張るので、
応援よろしくお願いいたします。
さあ、準備しなきゃ。
(やってないのかよっ!)

カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メルセデスとか、ピンクイオンとか。

最近は品川方面に行くことが多い。

品川ウイングのメルセデス。
th_IMG_1857

進撃の巨人バージョン。
th_IMG_1858
怖いわっ!!

 

さて、この度、Team RECに心強いサポートが。

th_スクリーンショット 2021-03-29 18.14.01

PINK IONである。

もう随分前からスポーツシーンではメジャーなサプリだが、
Team RECにサポートをいただけることになった。

日本リーグチーム、レック興発東京の実業団チームへのサポートをいただきつつ、
コーチングスタッフのパフォーマンスアップにもひと役かっていただくことに。

ピンクイオンはアスリートのミネラルをサポートしてくれるサプリメント。

詳しくは公式サイトを見てもらえれば分かるが、
開発コンセプトはこういうこと。

th_スクリーンショット 2021-04-03 21.39.08

アスリートのパフォーマンスをアップさせてくれるサプリなのだ。

 

ラインナップはこんな感じ。
th_スクリーンショット 2021-03-29 18.14.29
ドリンクからブロックまで豊富なラインナップが揃っている。

Team RECも今週末のJPTT・盛田正明杯に備えて準備。
th_IMG_1815
しっかりミネラル補給をしてベストパフォーマンスで戦う。

気温もあがり、これから厳しい季節に向かう。
ぜひこのサプリで戦い抜きたい。

ピンクイオンは、レックインドアテニススクール上石神井、高島平インドアテニススクール、
レックテニススクール府中で取り扱い予定なので、ぜひお試しください。

カテゴリー: Team REC, クルマ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ぼっかけとか、ブルイク・フェイスマスクとか。

関西某所で。
th_IMG_8835
関西には「ぼっかけ」というものがあるらしいってことで、
ぼっかけ蕎麦を注文。
美味し!満腹。

 

さて、コロナ禍で欠かせないのがマスク。

もういい加減、マスク生活にも慣れては来たけれど、
やっぱり気温が上がってくると暑いし息苦しいしで、ちょっとしんどい。
テニスのプレー中はマスクは外すけど、レッスンは基本着用なので、
コーチたちにとってマスクは大きな問題でもある。

そんなアスリートの悩みを解決する最強アイテムが登場!
th_スクリーンショット 2021-04-03 20.23.24

blueeq ATHLETE FACE MASK(ブルイク・アスリートフェイスマスク)

一部ネットショップでもすでに販売されているが、
この度、プリンステニスを取り扱うグローブライド社が取り扱いを開始したのだ。

このフェイスマスク、かなりの優れもの。
世界に名だたるスポーツブランドN社の企画部門におられた方が
立ち上げたブランドということで、機能面、デザイン面ともに突き抜けている。

 

ってことで、ご紹介。
th_IMG_1925

特徴的なのが、耳かけじゃなくて、首にかかるストラップ。
このストラップをグルリと回して留めることでしっかりフィットする。

そして耳にかかる負担が少なく、耳が痛くならない。
th_IMG_1928

首側のストラップはベルクロテープ。
th_IMG_1927
フレキシブルな調整が可能だ。

フェイス部はこんな感じ。
th_IMG_1929

鼻の部分がメッシュ構造になっている。
th_IMG_1931
マスクをすると鼻呼吸中心になるので、ここをメッシュにすることで
息苦しさから解放されるという仕組みである。

内部のデザインを観てもらうと分かるが、リバーシブルになっている。
th_IMG_1933
まあ、ワタクシは黒で使うと思うけど。

 

収納ケースも付属している。
th_IMG_1923
このケースに入れて、洗濯機にポン!でいいそうだ。

細かな部分にも気遣いが。
th_IMG_1924
ケースにはジッパータブが収納できるフラップが。
洗濯時に引っかからないようにかな。

ベルクロ部分にが変なところにくっつかないように布も。
th_IMG_1926

実際に装着してランニングをしてみた。(テニスしろよ!)

フィット感は問題なし。
変に位置がずれないので、呼吸部分も確保されていて息苦しさもない。
薄手のマスクだと汗で張り付いたり、濡れて通気しなくなったりするのだが、
それが無いため、かなり快適。

これはいいぞ〜!
オススメです。

 

微に入り細に入りのブルイク・アスリートフェイスマスク、
実はTeam RECにもサポートいただいている。

今週末のJPTT・盛田正明杯でもメンバーが着用予定。
試合中はマスクはしないが、あらゆる場面で活躍するはず。

RECテニススクールでも取り扱い予定なので、
4月22日の発売をお楽しみに!!

@blueeq_eqjapan
#blueeq #ブルイク #ATHLETEFACEMASK #sportmask #スポーツマスク

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。