カテゴリー別アーカイブ: 仲間

なに?これとか、それを言えるかとか。

何?このクルマ。
th_IMG_4419

ベースはトヨタ車だけど、屋根の装備はなんだろう。
th_IMG_4420
Googleのクルマかな。
それにしても超未来的。

 

さて、大変だなぁとか、不便だなぁとか、これ意味あんの?
とか思ったりすることって少なくないと思う。

 
何故だか提出書類や報告書がとても多くて、仕事のかなりの部分を占めてているとか。

どうして同じような報告を別の形でダブってしなければいけないんだろうとか。

ファイルをこういうふうに統合されると分業が出来ないんだよなぁとか。

毎度報告しているけど、この数字どう使われているんだろうとか。
 

組織というのは月日を重ねるたびに書類や報告が増えていくもの。
一方で、何かが削減されていくことはほとんどない。

提出する方は手間がかかるが、受け手側にはその手間がわからないし、
「何が」ではなく「誰が」決めたかで、廃止の手が鈍ったりもする。

何かのタイミング、それこそトップダウンの大号令で、
「無駄を見直せ。要らないものはバンバン廃止せよ」
と思い切りよく整理しないとモノもコトも減らない。

つまりは無駄と理不尽はいつの間にか積み重なっていくもの。

 

現実に「無駄では?」といちばん感じるのは、
報告する側の一線のスタッフたちだったりする。

しかし本部と現場の力関係なのか、
なかなかそれが声になって出てこなかったりもする。

突っ返され続けてきた歴史のなかで
言葉にすることをやめてしまったのかもしれないが、
違うのでは?無駄では?意味あるの?と思ったら、言ってみるべき。

喧嘩腰じゃダメだし、言い方に配慮は必要だけど、言ってみることが大事。

それに対して「決まっていることだから」という、
まったく答えになっていない理由で突っぱねられたら、
そんな組織や上司は見限ってしまえばよい。
入り口でそんな対応しかできないなら、どうせ良くならない。

 

もう少し遡って考えてみる。

「大変」なのが、「なんか大変」「だけど言われたからやる」だと問題。
大変なのはどこかに問題があるはず。

それを大変なままに受け入れて、大変な思いを続けると、
いつかミスが出るし、遅れも出る。
何より身体に悪い。

「大変」に問題意識を持つこと。
なんで大変なのか?

仕組みに問題があるのかも。
そもそも業務量の振り方に無理があるのかも。
要らないものはないかな。
もっと楽に早くできないかな。

「発明は不便の発見から」と言った人がいたが、
「大変は問題発見のカギ」じゃないかと思う。

言われるがままに大変さを享受しちゃダメ。
ずっと大変さを受け入れ続けているのをみると、バカなのかな?と思う。
もちろん「大変なのは自分の能力が低いから」もあるかもしれないけど、
それも程度の問題。

 

問題発見能力は仕事の大事なスキルだと思う。

処理能力の高い優秀な人にしかこなせないような業務はおかしい。
その組織がエリート集団ならまだしも、普通の組織なら普通に出来るラインを探すべき。
身の程知らずの業務配分は組織の動きを止めるだけだ。

 

何にしても、まずは大変さを感じること。
そして疑問を持つこと。
そして文句ではなく、提案をすること。
それが改善てことだと思う。

おかしいと思いつつ、こうすれば良いと思いつつ、
意見を言うと損をするからと口を開かないしょっぱいヤツはそもそもダメ。
意見を言うことに「もの申すなんて失礼な」なんて反応の組織もダメダメね。

ああ、それを風通しっていうのかな。
提案も同じ構造だよね。
各階層で皆が考えないといけないことだね。

カテゴリー: クルマ, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アディダスとか、iPhoneブラックアウトとか。

高橋悠介プロのシューズはアディダス。
th_IMG_5976
ずいぶん変わったね。
でも、モデル名にはバリケードが復活したそうだ。

もうアディダスは3世代くらいご無沙汰。
ゴツさが好きだったけど、現在のモデルはしなやかそう。
久しぶりのアディダスもいいかも。

 

さて、そんな真夏の炎天下での関口プロ、高橋プロの練習。
2時間の予定だけど、数十分で汗だくのヘロヘロ。

しかしそこはプロ。
いったんポジションに入れば、気合いのショット連発。
th_DSC_1581

いやぁ、すごいな、やっぱり。
th_IMG_6017

 

余計なことはしなくていいです。(笑)
th_IMG_6027

 

残り45分ほどで、鈴木プロから指令。
th_IMG_6023
「じゃあ、試合して。3-3からがいいかな」

 

ということで、練習マッチ開始。
th_IMG_6034

 

「展開をしっかり意識しながら行こう」と鈴木プロ。
th_DSC_1658
いつもの貴男トークは逆の短いコメントがポイントをついていて、さすがって感じ。

 

試合はキープ展開の接戦。

th_DSC_1652

th_DSC_1604

th_DSC_1655

迫力あるわ。
なんかとっても得した気分。

 

と、撮影しているiPhoneがブラックアウトした。

「本体が熱くなりすぎたから、一回休むね。冷えてからまた使ってね」
的なメッセージが出て、撮影不能に。

マジか〜!
こんなことある?

仕方がないので、iPhoneを冷やす・・・方法がない。
日陰も無いし、風もない。
わずかな日陰で、ブンブン振り回して風をあててみる。
効果あんのか?これ。

なんとか復活させつつ、また熱で落ちながら撮影した動画が公開された。

ワタクシの努力が伝わるとウレシい。(つたわんないよね)

カテゴリー: Team REC, シューズ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 携帯電話, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メガとか、釣りしたとか。

おお!メガクルーザー
th_IMG_4878

実車は久しぶりに見た。
th_IMG_4876
映画ではワイルドスピードでよく出てくる印象。
乗りごごちは悪そうだけど楽しそうだなぁ。
でも、都内は厳しいなぁ。

一度乗ってみたい。

 

さて、そんなわけで、ボートトレーラーのタイヤ交換も無事に完了。

th_IMG_5663

やっぱり新しいタイヤはテンション上がるね。
釣りもやる気になるっていうか。

 

ただ、タイヤ交換だけではどうにもならないくらい放置の傷跡が。

まずはトレーラーの灯火系。
th_IMG_5665
なんで、こんなに壊れてんの?
水に浸けたりするからって言ってもねぇ。
これは後日、パーツ買ってきて配線やり直してだなぁ。

 

あとは・・デッキのゴミと苔と、うーんこれは今日は無理か。
th_IMG_1767
th_IMG_1764

th_IMG_5670
でもできる範囲でやるか。

 

と思ったら、いきなりの大雨。
th_IMG_5672
一気にテンション下がる二人。

「とりあえず今日のオレたちを褒めておこう」

「あとは今度ですね」

 

ってことで、ボート屋のアキラさんのところへ。
「雨降ってきたんで、今日はこれくらいにしときました」
と、変な言い訳。

せっかくなので、岸から釣りを。
th_IMG_5679

たぶん釣れないけど、真剣にスポットにルアーを打ち込む。
やっぱり釣れない。

釣り方を変えて、投げては巻きをしながら印旛沼を眺める。
th_IMG_5681
アキラさんにもらったルアー。
これでも釣れないけど。

 

でも、こうして水面を眺めながら心が空っぽになるっていいな。
そもそも釣りを始めた時、この感覚がたまらなくてハマったんだよなぁ。

いつしかボートを買って、トーナメントにも出るようになったけど、
釣りの時の集中感、空っぽ感は変わらない。

th_IMG_5680

このフィールドで、この仲間たちに会えてよかった。

アキラさんも
「もうちっとしたら仕事も落ち着いて、
釣りもできるようになるって言ってから、ずいぶん経ってるぞ」
って言ってたしな。

また釣りしよう。

カテゴリー: オモチャ, クルマ, ボート, 仲間, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

沖縄とか、北海道とか。

オリオンビールって、沖縄で飲むとどうしてあんなに美味しいんだろう。
th_IMG_5959
まあ沖縄、1回しか言ったことないけどな。(笑)
千葉だとそれなり。

 

さて、北の大地・札幌ではTeam RECメンバーが奮闘。

内山靖崇選手がディレクターをつとめるUCHIYAMA CUPに
関口プロ、竹島プロ、守谷プロが出場した。

関口プロは数年前のITFツアー以来の札幌だとか。
イベントでは鈴木プロと一緒に来てるみたいだけど。
貴男さんの実家に泊まったって言ってたっけ。

その時のITFツアーは優勝してるみたいなので、相性はいいのかな。

 

と思っていたら、まさかのシングルス1回戦敗退。
けっこう気合入ってたのに、なぜ?

ダブルスも棄権してるから、どこか悪くなったぽい。

負けた直後に「どうした?」って聞くのもなぁと思っていたら、
次の日のLINEアカウントからの動画メッセージで、
腹筋を痛めたとの発表が。

本人曰く、「これが全日本でなくて良かったと思うようにした」
まあ、そうだね、前向きに捉えて、次に備えよう。
まずはしっかり回復をだな。

 

守谷プロはベスト8で競り負けた。

今年は色々と悩みながらのプレーが続いていたけど、
そこからは脱したんじゃないかなという気がする。
まだいけるぞ。
全日本も頑張ろう。

 

そして、竹島プロ。

(たぶん)粘りに粘って、走りに走って、準決勝まで進んだ。
準決勝は第1シードの島袋選手。
朝、「頑張れ!勝とう!」とLINEを送ったら、ガッツポーズの絵文字が帰って来た。
気合十分なのか、返信が面倒だったかのどっちかだな。

この大会、YOUTUBEでのライブ配信があるので、仕事しながら観戦。
(って、休日に仕事すんなよ)
th_スクリーンショット 2021-09-11 14.04.25
まずは激闘のファーストセット奪取。

セカンドセットも均衡が崩れずだったけど、5-7で落とす。

そしてファイナルセット。
島袋選手がギアをさらに上げたか。
押し込まれて序盤でサービスダウン。

最後の最後、メッチャ粘ったけど、力尽きた。
th_スクリーンショット 2021-09-11 14.56.37

惜しかったなぁ。
ほんの少しの差だった。

 

そんな北の大地でのトーナメントは、内山靖崇選手が立ち上げた大会。
現役選手が大会を主催するのは本当にめずらしいこと。

現在のツアー状況やコロナ禍への内山選手の思いと決意の詰まった大会という意味でも
意義深いものだと思う。
素晴らしい大会をありがとうございました。

みんな、お疲れ様!!

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, , 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

10代対決とか、フォトコンやりまっせ!とか。

USオープン、女子決勝は誰も予想しなかったであろう顔合わせ。
めっちゃワクワクしながら観た。

素晴らしい試合だった。

弾むような動きから繰り出されるキレの良いショット。
心の揺れも垣間見えたりしたのも良かった。

フェルナンデスの粘りも素晴らしい。
あの局面での笑顔にも惹きこまれた。
ファイナルに入るかも?と思った。

次世代が出てくるってこういうことなのか。
いやぁすばらしい!

 

さて、9月といえばテニスの日。

五輪やらコロナやらで有明でのテスの日の統一イベントもできず、
加えて、JAPAN OPENも開催できずで、ちょっと寂しい秋のテニスシーズン。

ちなみに全日本選手権は開催方向で動いているけど、
会場は兵庫県三木市のビーンズドーム。
出来れば応援に行きたいけど、ちょっと遠いなぁ。
Team RECの誰かがいいところまでいったら頑張ってみようかな。

で、そのあとは日本リーグ。
昨年は直前で中止だったけど、今年は出来そうな気がする。
おそらく無観客で感染対策万全でって感じだろうけど、
配信なりの工夫をしてくれるといいな。

 

まだまだテニスシーズンはこれからってことで、
Team RECでは今年もこんなイベントを実施する。

th_teamrectennisdayphotocon

 

Team REC x テニスの日・フォトコンである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
応募方法は簡単!

・応募資格はありません。スクール会員様以外もぜひご参加ください。

・teamrec またはレック各校のインスタグラムアカウントをフォローしてください。

・テニスに関連する写真、動画を投稿してください。

・投稿時は下記のハッシュタグをつけください。
必須タグ #teamrec0909 #レックテニスの日フォトコン
お願いタグ ご利用のスクールのハッシュタグ 例 #レックインドアテニススクール上石神井
*その他、ご自由にタグをお入れください。(#テニス大好き #チームレック大好き 等)

・締め切り:9月30日

・優秀作品は表彰させていただきます。
発表は、インスタグラム、facebook、ホームページ等で行います。
入賞者の方には、Team RECグッズをプレゼントさせていただきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もちろんTeam RECスタッフも投稿する予定。
プロメンバーにも投稿してもらえるようにプレッシャー・・・じゃない、お願いしておこうっと。

こんな状況だけど、スポーツは大事、「だからテニス!」ということで、
たくさんのご応募お待ちしております!!

カテゴリー: Team REC, インターネット, カメラ, スポーツ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画公開とか、炎天下練習とか。

関口プロと鈴木プロのインタビュー動画を公開した。

今週のUCHIYAMA CUPでは腹筋を痛めて敗退してしまった関口プロ。
残念だけど、次に向けて頑張ろう。

 

さて、そんな動画収録の様子を。

朝からビールが飲みたくなるくらいに暑い週末。
いちおう休みだけど、電車であるテニスコートを目指す。

着いた!しかし暑いわ。
th_IMG_5970

 

コートサイドにはすでに汗だくでアップを始めた人が。
th_IMG_5973

関口周一プロである。

先日、関口プロから「金〜日、ここで練習してます!」とのLINE。
まあまあ近くだし、これは「来てね」ってこと?
用事もあったし、休み返上で行くことに。

 

まずは、用事を済ませる。

先日のTeam REC CHALLENGEの抽選で守谷プロのシャツが当たったお客様から、
「全員のサインを」とリクエストがあり、選手たちを渡り歩いてサイン集め。
最後はツアーから戻った関口プロにサインをもらいにきたというわけ。

今回の練習は鈴木プロがコーチで帯同しているので、一緒に1枚。
th_IMG_5975
ようやく揃いました。
お待たせしました。

 

今回の練習相手は、高橋悠介プロ。
th_IMG_5977
日本リーグでは相手チームだけど、
えげつない打球から想像もつかないくらいの礼儀正しい好青年。

 

陽も高いお昼前、コートに入る。
th_DSC_1517
体力持つのかな?

おっ!関口プロ、ラケットがプレステージに戻ってる。
th_DSC_1521
ちょっと前はグラビティを使っていたはず。

「戻した?」

「はい。やっぱり浮気しちゃいけませんね」

th_DSC_1522
最後に信頼がおけるのはやはりプレステージのようだ。

 

練習開始。
th_DSC_1525

th_DSC_1529

th_DSC_1534
暑いからかアップのラリーは短め。
すぐにフルのラリーに入る。

 

関口プロの水分補給時は鈴木プロもラリー。
th_DSC_1541
クロスのスライスのラリー、半端ない。

 

横に鈴木プロがついてアドバイス。
th_IMG_5981

th_IMG_5986

貴男さん曰く、
「ある程度出来上がっているので、ヒントのみで答えを引き出す」
感じで話をしているそうだ。

 

続いて送球での打ち込み。
th_DSC_1548

th_DSC_1555
高橋プロのボールはあらためてすごい。
で、とってもシャープ。

 

かなり暑いので、休憩しつつ。
th_IMG_5998

th_IMG_5991

 

なんと、プロ二人ネット、貴男さんひとりベースラインパターン。
th_IMG_6003

th_IMG_6008

貴男さん、元気。
すごいな。

合間に小さな日陰を探す関口プロ。
th_IMG_6014

この時点でまだ1時間も経過していない。
皆んな、持つのかな。
むしろワタクシが倒れそうだ・・・

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ヨットとか、タイヤ取り付けとか。

近所のヨットハーバー。
th_IMG_4476
大会でもあるのかな。

昔、ヨット教室に通ってライセンスとったっけ。
すっかり忘れちゃったぜ。

 

さて、そんなわけでボートトレーラーのタイヤ交換へ。

やっぱり台風の影響で雨が降ってきた。
早めにタイヤ外して正解だったぜ。

 

「タイヤ屋、どこ?」

「たぶんあっちの方角です」

「西遊記かっ!!ちゃんと案内しろよ」

「はじめて行くんで」

 

ちなみにボートトレーラーのタイヤって特殊サイズ。
加えて、トラック用でサイドウォールの強度が高いもの指定。
普通のタイヤ屋には置いていない。

「タイヤあったの?」

「無かったです」

「どうしたん?」

「ネットで探して愛知から取り寄せました」

「タイヤ屋にちゃんと届いてんのか?」

「たぶん」

どうにもあやしい手配屋である。

 

降りしきる雨の中、タイヤ屋に到着。
th_IMG_5654
いちおう店はあってホッとする。

 

「じゃあ、交換してる間、昼飯にしましょう」

「いいね。どこにしようか」

「隣にジモティな感じの良さげな中華屋があります」

「良さげっていうか怪しげにしか見えないんだけど」

「こういう地元に根付いた店が美味いんですって」

ハヤシくんのあやしげな理屈に負け、入店。
th_IMG_5653

味はまあまあ。
愛想はマイナス500点だった。
まあいいか。

 

そうこうしているうちにタイヤ交換終了。
th_IMG_5655
新しいタイヤは気持ちがいい。

 

ボートに戻って取り付け。
th_IMG_5657

(めずらしく)働くハヤシ。
th_IMG_5660

 

装着完了!
th_IMG_5663
新しいタイヤは気持ちがいい。

さあて、次は・・・どこからやっつけるかな。
と思っていたら。

続く。

カテゴリー: スポーツ, ボート, 仲間, 街歩き, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

オマケとか、ボート屋さんとか。

夏は麦茶!
th_IMG_4328
なんかオマケがついてた。

ペットボトルカバー。
th_IMG_4329
いいかもね、このときしか使っていないけど。

 

さて、パンクしたボートトレーラーのタイヤを直すべく印旛沼へ。

th_IMG_5634

th_IMG_5629
ひさしぶりだなぁ。
印旛沼とボート屋さん、変わらぬ景色は気持ちが安らぐ。

 

まずはボート屋「ふないち」のアキラさんに挨拶。
というか、滞納していた駐艇料を払う。

「まとめて払いますから!」って、偉そうに言うハヤシ。
2年分溜めといてあの言いっぷりがハヤシの普通じゃないところ。
そして、怒らないアキラさんもいつも通り。
すみません。

 

ボート屋さんの中も変わらない。
th_IMG_5625

th_IMG_5627

 

釣りを終えて戻って来た方も。
th_IMG_5630

いいなぁ、釣りできて。
th_IMG_5633

 

そろそろタイヤ交換やるか。
th_IMG_5626

のんびりしてんじゃないよ、コラ!!

さあ、うまくいくかな。

 

カテゴリー: オモチャ, ボート, 仲間, 買い物, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

茶漬けとか、印旛沼へとか。

近所のイオンスタイルで発見!

th_IMG_4461

th_IMG_4464

お茶漬け販売カーなのだろうか。
カッコイイ!!・・・とは言えないけど、いい感じ。

 

さて、駐艇場を借りているボート屋のアキラさんから連絡があったらしい。

「トレーラーのタイヤ、パンクしてるぞ。あとボートカバー、また破けてるぞ」

カバーは持って1年かぁ。
やっぱり安物はダメだな。
でも、いいやつだと10万円オーバーだし、
安いのをマメに替えるのとどっちがいいんだろう。

なんてことを、HEADのハヤシくんと話しながら、
ボートカバーを掛け替えにいくだけで終わってたんだけど、
さすがにタイヤのパンクはまずい。

もうダメだよね、交換しなきゃって言いつつ、
ずっとそのままだったけど、とうとう来たかって感じ。

 

いよいよこれはやらなきゃねってことで、
週末、ボートに集合って約束をした。

ワタクシ「タイヤどうする?」

ハヤシ「買うしかないですよね」

ワタクシ「買っといて」

ハヤシ「ボクがですかぁ。あのタイヤ特殊なんですよね」

ワタクシ「たまには働け」

ハヤシ「いつもやってますって」

ということで、ハヤシくんに手配を任せた。

 

で、せっかく印旛沼に行くんだし、岸からでも釣りっぽいことはしたい。
全然釣りしてないこの状況、やっぱり良くないよ。

クローゼットからタックル(釣り具)を出してみる。
th_IMG_5615

めっちゃホコリだらけ。
th_IMG_5617

th_IMG_5618
ホコリなんだか、犬の毛なんだか。
ひどいなこれ。

 

ってことで、ひと通り拭き掃除。
th_IMG_5619

 

ラインまで巻き替える時間はないけど、とりあえずね。
th_IMG_5620

果たして釣りが出来る状況になるのかはわからないけど、
2本だけクルマに積んで、印旛沼へGOなのだ。

 

カテゴリー: クルマ, 仲間, 街歩き, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

DAINESEとか、燃えよ剣とか。

お台場にて。

DAINESEショップ。
th_IMG_4415

ダイネーゼといえば、バイクギアブランド。
th_IMG_4416
ヘルメット、革ツナギ・・・
バイク乗りだった頃、欲しかったけど、高くて買えなかったなぁ。

 

さて、ワイルドスピード9を観に行ったのが先週。

th_IMG_5724

 

映画も久しぶりだなぁなんて思いながら、
奥側の上演館に向かうと・・・

th_IMG_5722

え?!!燃えよ剣が映画化だって!!

マジですか!!

 

「燃えよ剣」といえば、司馬遼太郎の名著。
幕末の混沌した時代を、新撰組そして土方歳三に焦点をあてて描かれた名作。
ワタクシの座右の書の一冊でもある。

「燃えよ剣」は、ずいぶん昔にメーカーの担当者だったTさんに紹介いただいた。
それまであまり司馬遼太郎は読んでいなかったのだが、
「ぜひ!ためブロさんは感じるものがあるはず」と薦められ読んでみた。

幕末ものっていうと、政治駆け引きや活劇的なものが多いが、燃えよ剣はそれではない。
Tさんも言っていたのだが、この本は組織論を語ったもの。

もちろんドラマも勇猛な戦闘シーンもあるといえばあるのだが、
風が変わるだけで、官軍から逆賊へなど、時代に翻弄される組織や、
その中でどうあるべきかを貫いていく話でもある。

特に新撰組の組織改革は時代の変化によって、
適宜組み替えられていく「変化対応」が素晴らしい。
これぞ土方歳三の才覚であり、この時代にいるべくしていた人物である。

 

この本を読んで土方歳三の生き方に感銘を受けた。

組織の掟において、一切妥協をしない姿勢。
それがどんな者であっても例外は認めない。
組織が緩むからである。

新撰組副長として近藤勇を支え、組織のために信念を貫く。
時にはエキセントリックに、時には冷酷に、しかし組織を動かすためにはブレない。
そして、ポジションや支配欲ではなく、組織のためにすべきことをする。

歳三のナンバー2の美学こそが、
自身のロールモデルであると深く感じ入ったのを覚えている。

組織はかくあるべき、そしてこう率いるべき。
そんなことを教えてくれた「燃えよ剣」。
もう何度読み返しただろうか。

 

まあ、ワタクシはナンバー2であったこともあるような無いような。
そして現在はナンバーいくつもでないような立場ではあるが、
規模に関わらず、チームを率いるうえにおいては、バイブル的なものでもある。

 

そんな「燃えよ剣」が映画になるとな。

主演は岡田准一。
これドンピシャじゃないかな。
その他出演者も豪華だし、これ観にいくでしょ。
いやぁ、また楽しみが増えた。
とりあえず、本もう一度読み返そう。

仕事仲間のみんな、迷ったらこれを読むのが良い。
信念を貫くとか、思惑や政治に流されないとか、理不尽な力に屈しないとか結構大変だけど、
変な打算や計算ではなく、信念、真理のもとに動こうと思えるはず。

オススメです。

カテゴリー: バイク, 仕事, 仲間, 映画, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。