コンラッド東京×ルーヴル美術館展コラボスイーツブッフェ夏のパリがテーマのマカロンやエクレアファッションプレス

https://www.us-cargo.com/mission-statement/ コンラッド東京は、「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ― 人は人をどう表現してきたか」とコラボレーションした「ルーヴル スイーツブッフェ」を開催。2018年6月2日(土)から9月2日(日)の土日祝のみ、オールデイダイニング「セリーズ」にて実施する。夏のパリがテーマ「ルーヴル スイーツブッフェ」「ルーヴル スイーツブッフェ」では”夏のパリ”をテーマにしたスイーツ&セイボリーを用意。ルーヴル美術館のある街・パリをイメージした、まるでアートのように美しい料理の数々が並ぶ。こだわりのスイーツは全10種類。表面に車輪模様が描かれたパイ「ピティビエ」をはじめ、カヌレ、マカロン、エクレアなど伝統的なフランス菓子が揃う。甘酸っぱいレモンタルト、パッションフルーツのジュレ、フレーズ・デ・ボワのヨーグルトムース、アプリコットタルトなど季節にぴったりの爽やかなスイーツも。また食事系のセイボリーは、苺ブリオッシュにスモークサーモンのリエットを合わせたオープンサンド、ハムとブリーチーズをライ麦パンではさんだサンドイッチ、ポーチドエッグの3種類が用意される。オリジナルカクテルやスペシャルコースもその他にも5月30日(水)から9月3日(月)までの期間、ルーヴル美術館展とのコラボレーションカクテルやスペシャルコースが登場。バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」ではアイスキャンディーとシャンパーニュを使ったカクテル「コンラッド・ポプテル」の期間限定フレーバー「ルーヴル・ポプテル」を提供。ブドウ畑の桃と称されるフランスの桃”ペッシュ・ド・ヴィーニュ”をベースに、展覧会メイン作品であるアントワーヌ=ジャン・グロ《アルコレ橋のボナパルト》に描かれたバラを飾った。モダンフレンチ「コラージュ」では、《アルコレ橋のボナパルト》、ヴェロネーゼ《女性の肖像》にインスパイアされたスペシャルコースを用意する。クラシックフレンチの調理法を用いた自慢の「天草産真鯛のマリニエール 浅利と大葉」や「フランス産仔羊のロースト ナヴァラン仕立て 山椒とつや姫」などを、アートのような1皿に仕上げている。【詳細】コンラッド東京「ルーヴル スイーツブッフェ」日時:2018年6月2日(土)~9月2日(日) 15:00~17:00 ※土日祝のみ開催場所:コンラッド東京(東京都港区東新橋1-9-1)会場:オールデイダイニング「セリーズ」料金:1人4,500円、子供(6~12歳)2,500円、6歳未満無料※ソムリエセレクトのグラスシャンパーニュ付き 5,000円■ルーヴル・ポプテル 1人3,300円期間:5月30日(水)~9月3日(月) 9:00~24:00 (L.O. 23:30)会場:バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」■スペシャルコース「ルーヴル」期間:5月30日(水)~9月3日(月)時間:月~金 17:30~21:00(ディナーのみ)、土日祝 ランチ 12:00~14:00/ディナー 17:30~21:00場所:モダンフレンチ「コラージュ」料金:1人 ランチ9,500円/ディナー11,000円※ワインペアリング付 1人 ランチ15,500円/ディナー 17,000円【予約・問い合わせ先】TEL:03-6388-8745(レストラン予約直通)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 20:58 | コメントをどうぞ

カフェ&ブックスビブリオテークの限定スイーツブルーベリータルトをのせたパンケーキなどファッションプレス

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 14:28 | コメントをどうぞ

高橋一生ハイジュエリーブランドブシュロン創業160周年ムービ―出演シンデレラを題材にファッションプレス

http://fondchizhova.ru/node/1283 ブシュロン(BOUCHERON)が、創業160年を迎えるにあたり、高橋一生とレティシア・カスタを起用したショートフィルムを公開。童話「シンデレラ」をモチーフにした“運命の愛”を綴る物語フランスのハイジュエラー「ブシュロン」が、ブランド創業160年の記念すべき年に制作したのは、童話「シンデレラ」をモチーフにした12分間のラブストーリー。主役には、日本で圧倒的な支持と人気を誇る高橋一生と、フランスの女優であり、ブシュロン160周年のアンバサダーでもあるレティシア・カスタを起用した。2人がそれぞれ演じるのは、名家に生まれ何不自由のない生活を送る男と義理姉から虐げられる日々を送る女。2人はいつしか惹かれ合うが、境遇の違いから恋に踏み出せないもどかしさを抱える。そんなある日、男から送られた宝石を身に着けたことをきっかけに変化が現れ出す、という物語だ。劇中で2人が身に着けていたジュエリーは――キャトル クラシック リング 1,010,000円+税高橋一生が手にした、グラフィカルなリング「キャトル」は、ブシュロンを象徴するモチーフを彫金師の卓越した技術で再現したコレクション。セルパンボエム ネックレス 22,100,000円+税また、レティシア・カスタが身に着けていたのは、ピンクゴールドとダイヤモンドのセルパンボエム ネックレスや、イエローゴールドにラピスラズリが輝くペンダントだ。制作にはトップクリエーターが集結監督は、音楽CDなどのアートディレクション/デザイン、ミュージックビデオ、ショート・ムービーなど数多くの作品を手掛けてきた関和亮。そして脚本は、2016年に『異類婚姻譚』で第154回芥川龍之介賞を受賞した本谷有希子が務める。また、劇中に流れる音楽は、日本だけでなく海外でも積極的に活動しているジャズバンド「ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ(SOIL&″PIMP″SESSIONS)」が手掛けた。ムービー内使用アイテム例・キャトル クラシック リング 1,010,000円+税・セルパンボエム ネックレス 22,100,000円+税・セルパンボエム ペンダント 225,000円+税【問い合わせ先】ブシュロン カスタマーサービスTEL:03-5537-2203©BOUCHERON

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 15:16 | コメントをどうぞ

マークジェイコブスの2018年春夏新作デイジー柄×スポーツミックスのトートなどファッションプレス

http://afrakia.com/index.php/component/k2/itemlist/user/169 マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)2018年春夏コレクションの新作アイテムを紹介。主役は”デイジー”リトル ビッグ ショット デイジー 65,000円+税今季のコレクションを彩ったのは、ブランドのアイコニックなモチーフである”デイジー”。ブラックのキャンバスに、柔らかなタッチで描かれたレトロ調のデイジーは、Tシャツからバッグなどの小物類まで姿を現した。鮮やかなレッドをアクセントにデイジー プリンテッド トラック ジャケット 86,000円+税トラックジャケットは、前身頃一面にデイジーを描いた存在感のある一着。アームを彩る鮮やかなレッドには、ブラックのツーラインを配したことで、スポーティーなテイストをプラスしている。またさりげなくブランドロゴをあしらったジッパーは、ボディと同色の色調で統一した。クロップド丈のトラックパンツデイジー プリンテッド トラック パンツ 86,000円+税2017年秋冬コレクションから登場しているトラックパンツは、着丈をカットしクロップド丈にアップデート。モノトーンの中にネオンイエローを差し込んだことによって、軽やかな印象の一着に仕上げている。またトラックジャケットと同じく、サイドにはツーライン、左右のポケットにはジップを配した。新デザインのロゴを配してスポート トート デイジー 43,000円+税ブラックレザーのトートバッグは、新しくデザインされたラバーパッチのロゴがポイント。また肩にかけて使用するのはもちろん、両サイドのハンドルを持てば、バケツバッグとしても機能する嬉しい2WAY仕様となっている。たっぷりとマチをとっているため、収納力も抜群だ。新色のアクアスライドもデイジー アクア スライド 26,000円+税そのほかグリッターをあしらったアッパーに、デイジーのモチーフを重ねたアクアスライドや、デイジープリントを配したブランドお馴染みのカメラバッグ「スナップショット」などが展開される。【詳細】マーク ジェイコブス2018年春夏の新作アイテム例:・リトル ビッグ ショット デイジー 65,000円+税・スナップショット デイジー 49,000円+税・スポート トート デイジー 43,000円+税・デイジー プリンテッド クラシック TEE 19,000円+税・デイジー プリンテッド トラック ジャケット 86,000円+税・デイジー プリンテッド トラック パンツ 86,000円+税・デイジー アクア スライド 26,000円+税 【問い合わせ先】マーク ジェイコブス カスタマーセンターTEL:03-4335-1711

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 20:42 | コメントをどうぞ

ブーツブランドウエスコ100周年記念本ブーツケースに詰め込んだ1000点以上の歴史的資料ファッションプレス

https://www.fcgaarau.ch/kontakt ウエスコ(WESCO)は、創業100周年記念本『West Cost Shoe Company: The Boots that Stand Gaff』を2018年5月20日(日)に発売する。本書のメインとなるのは、2018年に創業100周年を迎えるアメリカのワークブーツブランド「ウエスコ」の創業者ジョン・ヘンリー・シューメイカーを筆頭に、その後4代に渡って続くファミリービジネスのドラマだ。 貧しいオランダ移民の家庭に生まれたジョンが、家業と関係のない靴ビジネスの世界に飛び込み、ブーツ職人として自らのブランドを立ち上げるまで。そして息子や孫たちが彼の靴作りのモットーを守り続け、現在に至るまでブランドを成長させたことなど、100年間の”サクセスストーリー”の軌跡をまとめた。また、世界に1つしか存在しないブーツ会社であり、なおかつ従業員が30人規模のローカルブランドを特集。計270ページ、1000点以上の歴史的資料で、20世紀アメリカの繁栄を陰で支えてきた”ブーツ産業”の歴史について体系的に紹介している。 表紙にワークブーツがプリントされている本体は、ブーツケース入り。そのため、本物のブーツと見紛ってしまうような遊び心のあるスペシャル仕様となっている。 【詳細】 ウエスコ・ブーツ100周年記念『West Cost Shoe Company: The Boots that Stand Gaff』 発売日:2018年5月20日(日) 取扱店舗:BEAMS、蔦屋書店、青山ブックセンター、ジュンク堂書店、ほかWESCOディーラー等 著者:田中凛太郎 ページ数:本文270頁(オールカラー) サイズ:256×256mm(大型本) ※ブーツケース入り 言語:英語/日本語併記 価格:8,800円+税

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 18:57 | コメントをどうぞ

トミーヒルフィガー×ルイスハミルトンのコラボコレクション発表2018年秋にローンチファッションプレス

トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)とイギリスのF1ドライバーのルイス・ハミルトンのコラボレーションによる「TOMMYXLEWIS」コレクションが2018年秋に登場する。上海でローンチが発表された「TOMMYXLEWIS」。コレクションロゴは、トミー ヒルフィガーのトレードマークでもあるフラッグにルイス・ハミルトンのイニシャルをネイビーでデザイン。イニシャルの文字には、ルイス・ハミルトンのタトゥーに使われているフォントが反映された。コレクションではアパレル、フットウェア、アンダーウェア、ソックスがラインナップされる予定。「ファッションが好きなので、洋服のデザインに携わることは僕のやりたいことのひとつだった。」と語るルイス・ハミルトン。そんな彼とトミー ヒルフィガーのタッグではどのようなデザインでアイテムが作り出されるのか、期待したい。 【詳細】 TOMMYXLEWIS 展開時期:2018年秋 【問い合わせ先】 PVHジャパン TEL:0120-266-416

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 17:40 | コメントをどうぞ

山口壮大ディレクションの企画展開催アンリアレイジやミントデザインズのコラボアイテムも登場ファッションプレス

左)ANREALAGE /ワンピース 右)mintdesigns / ストール 山口壮大ディレクションによる企画展「たたむ / つつむ / むすぶ」が全4回に渡って東京、京都、大阪で開催される。伊勢丹新宿店 TOKYO 解放区からスタートする。期間は2015年9月16日(水)から9月28日(月)まで。 本展では、「畳む」「包む」「結ぶ」に代表される日本の伝統的な所作を、現代的な視点でモダンにアレンジされたファッションとして表現する。日本を代表する気鋭のファッションブランドや、細やかで丁寧なものづくりに定評のあるブランドとの、この企画でしか見られないコラボレーションアイテムも見ることができる。 また、独創的なコレクションが注目を集めるアンリアレイジ(ANREALAGE)の森永邦彦ともコラボレーション。本企画に合わせて、身体を包み込むようにデザインされたワンピースも販売される。 ◼︎山口壮大について スタイリスト・ファッションディレクター。1982年生まれ。文化服装学院卒業。2006年3月、下北沢の雑居ビルにミキリハッシンをオープン。2009年1月、原宿キャットストリートに移転。またカルチャー、モード、ストリート系の雑誌、広告、などでスタイリングを務める。2014年、国内のものづくりメーカーと気鋭のデザイナーと組み、「日本の未来のものづくり」を通して「未来のくらし」を提案するライフスタイルブランド「KORI-SHOW」をパリでデビュー。 ◼︎参加ブランド ANREALAGE / CHIMASUKI / Katsura Sasaki / HUMAN_NATURE / KANSAI YAMAMOTO / KIRAYURINA / KORI-SHOW project / mintdesigns / Mai Murata / nir / POTTO / proef / spoken words project / TRART / YOSHIKO / 香川手袋 etc… 【開催概要】 「たたむ / つつむ / むすぶ」 2015年9月16日(水)〜9月28日(月) 開催場所:伊勢丹新宿店 本館2階=センターパーク/TOKYO 解放区 TEL:03-3352-1111 2015年10月21(水)〜10月27日(火) 開催場所:日本橋三越本店 本館2階=スペース♯2 TEL:03-3241-3311 2015年10月21日(水)〜10月27日(火) 開催場所:ジェイアール京都伊勢丹3階=ザ・ステージ♯3 TEL:075-352-1111 2015年11月18日(水)〜2015年12月1日(火) ルクアイーレ4階 イセタン クローゼット/ザ・ステージ TEL:06-4301-3825

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 18:07 | コメントをどうぞ

英老舗百貨店ハロッズから2015年のイヤーベアベネディクト発売誕生30周年記念ファッションプレス

ハロッズ・アニバーサリーベア「ベネディクト」年号入り 8,424円(税込) 英国の老舗百貨店ハロッズから、イヤーベア誕生30周年を記念した「ハロッズ・アニバーサリーベア2015」が登場。2015年9月1日(火)より、日本国内の有名百貨店で発売される。 「ハロッズの店内には、昔からあちらこちらにテディベアが住んでいる」という言い伝えから、1986年に初代「イヤーベア(今年のテディベア)」が誕生。その後、毎年ハロッズにまつわるエピソードと名前が付いたテディベアが登場しており、30周年を迎える今年は「ベネディクト」と名付けられた。「ベネディクト」のぬいぐるみはもちろん、人気のトートバッグ、紅茶などの関連商品も合わせて販売される。 「イヤーベア」は、出産・結婚などお祝い事のギフトにもぴったり。2015年が素晴らしい年に終わるよう願いを込めて、大切な人にプレゼントしてみてはいかがだろう。 【商品情報】 「ハロッズ・アニバーサリーベア2015」 発売日:2015年9月1日(火) 販売店舗:日本橋三越本店、名古屋三越栄店、ルクア イーレ、札幌三越、うすい百貨店、新潟三越、水戸京成百貨店、東武百貨店池袋店、東急吉祥寺店、東急たまプラーザ店、千葉三越、東武百貨店船橋店、岡島、静岡伊勢丹、大丸心斎橋店、広島三越、高松三越、松山三越、三越いわき、三越伊勢崎、三越つくば、三越今治、二子玉川東急フードショー、クイーンズ伊勢丹品川店、井上アイシティ21店(一部取扱いのない店舗あり)、三越オンラインストア

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 17:19 | コメントをどうぞ

横浜ベイクォーターで野外上映会映画『ノッティングヒルの恋人』などを“スイーツドック”と共にファッションプレス

横浜ベイクォーターで「クリスマス村の野外上映会」が、2017年12月16日(土)・17日(日)に開催される。 サンタクロースの故郷である北欧フィンランドの“クリスマスヴィレッジ”をイメージした空間で、クリスマスらしい映画を上映する本イベント。当日は高さ8mの本物のもみの木のツリーが立つ屋外広場で作品を堪能できる。上映されるのは、少年がイブの夜に体験する不思議な出来事を描いたCGアニメ『ポーラー・エクスプレス』と、ヒュー・グラントが演じる本屋の主人とジュリア・ロバーツ扮するハリウッドスターが恋に落ちる、ロマンチック・コメディの傑作『ノッティングヒルの恋人』だ。当日は映画を見ながら食べたい、ほっと温まるフード&ドリンクを用意。全粒粉パンに熱々のマシュマロを合わせた“スイーツドッグ”や、新鮮野菜を使った「コマデリ」のお弁当やスープなどが味わえる。 他にも会場の横浜ベイクォーターでは、フィンランドの伝統的なオーナメント「ヒンメリ」を作るワークショップや、サンタクロースの来館イベントなど、クリスマスを盛り上げる企画が目白押しだ。是非足を運んでみては。 【詳細】 横浜ベイクォーター「クリスマス村の野外上映会」 開催日時: ・2017年12月16日(土)17:00〜 上映作品『ポーラー・エクスプレス』 ・12月17日(日)17:00〜 上映作品『ノッティングヒルの恋人』 場所:横浜ベイクォーター 3Fメイン広場 住所:横浜市神奈川区金港町1-10 ※雨天中止

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 13:17 | コメントをどうぞ

バーバリープローサム2016年春夏コレクションイギリス王室の気品は機能的なスタイルとしてファッションプレス

バーバリー プローサム(Burberry Prorsum)が、ロンドンファッションウィーク期間中、2016年春夏コレクションをケンジントン・ガーデンで発表した。会場には、モデルのケイト・モスにカーラ・デルヴィーニュ、 女優のシエナ・ミラー、俳優のベネディクト・カンバーバッチなど英国を代表するセレブリティに加えて、映画監督のバズ・ラーマンなど、錚々たるメンバーが駆けつけた。今季のテーマは「FUNCTIONREGALIA(ファンクションレガリア)」。これは「機能的な」という意味の“FUNCTION”と、王位や気品ある装いをあらわす“REGALIA”を組み合わせた造語。”機能的かつ気品のある服”、このスタイルをコレクションでは追い求めた。 そもそも気品のある装いとは、どういったものだろうか。これには多様な解釈があり得るけれど、CEOを務めるクリストファー ベイリーの出した答えは、やはり“REGALIA”という言葉に求めることができそうだ。ショーを概観すればすぐに分かるように、序盤から多くのルックで取り入れられていたのは、イングリッシュレース、スイスレース、イタリアンレースなど、まるでイギリス女王の衣装を彷彿とさせるような、美しいパターンのレース生地。ミニドレスに始まり、トップス、イブニングドレス、コートとその取り入れ方も多種多様だ。そうしたクチュール的な要素と同時に目を向けたいのが、トレンチコートに見られるような、ゴールドのロープやエンブレムのモチーフといったディテール。ここには、英国の軍服と同じものが使用されている。トレンチコートが軍服に由来していることを暗示すると共に、気高いムードを醸し出すこともまた、ベイリーの意図した部分であろう。 気品があるばかりではない。あえて“FUNCTION”、つまり機能的なニュアンスを加えたからこそ、新鮮でモダンなワードローブとして、私たちの目に映った。ショーで多用されたのが、バイカージャケットやバックパック、フラットなサンダル・シューズといったスポーティなアイテムの数々。ナイロンなどの機能素材も、全体の品格を乱すことなく効果的に取り入れられ、気高い勲章のディテールや麗しいクチュールを引き立てていた。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者zhuty2546 02:50 | コメントをどうぞ