スイスの国技といえば?

White toilet bowl concrete wall

シュヴィンゲンは、ホルヌッセン、シュタインシュトーセンと並んでスイスの “国技 “とされている。American Standard 座廁

シュヴィンゲンとシュタインシュトッセンは、1855年にローザンヌで開催された “Eidgenössisches Turnfest “で “Nationalturnen”(「国民的体操」)と呼ばれる競技に組み込まれた。

最も注目されているスポーツは?

サッカー

世界中で35億人のファンを持つサッカーは、ほぼ全世界が認める世界で最もAmerican Standard座廁
視聴されているスポーツと言えるでしょう。アドレナリンが出てくるような興奮、男同士の攻防、厳しい競争の組み合わせで、トップになるのは本当に不思議ではありません。

世界で最も人気のある3つのスポーツは何ですか?

サッカー

世界200カ国で2億5千万人がプレーし、全世界で約35億人のファンがいる。次に人気のあるスポーツは、世界で22億人のファンを持つフィールドホッケー、バスケットボール、そして25億人のファンを持つクリケットです(20億人)。

スコットランドの国技は何ですか?

シンティは、少なくとも17世紀にはスコットランドのハイランド地方のAmerican Standard 馬桶
氏族間の混沌としたマスゲームに端を発していたと思われ、現在でもスコットランドではCamanachd協会(1893年設立)の監督のもとで行われており、「ナショナルゲーム」と位置づけられています。

フィンランドの国技は何ですか?

ゲーム ペサパロ

ゲームの紹介 ペサパロはフィンランドの国民的ゲームです。伝統的なボールバッティングのチームゲームとアメリカの野球を合わせたようなゲームです。

相關文章:

便座ルールって何?

男性用便座にはなぜ隙間があるのか?

今でもスクワットトイレを使用している国は?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者yudfry 11:42 | コメントをどうぞ

流れで混じっ

次女曰く。
「人の目を通しての富裕層ウォッチングではなく、自分の目でHデパートに行って、見てきたら?」

なるほど。納得。

そもそも、富裕層とは?その定義、捉え方が、わたしの姉と、わたしとは微妙に違う可能性がある。
姉妹であるが、家を離れるまでは同じ育成歴でも、離れてからは違う別人生。
(そもそも生まれた時から別人格)
多少の誤差は生じるだろう。

で、
富裕層うんぬんよりも、ファッションセンスの問題ではないかと。
センスは、人によって違う。
多くの人に愛され憧れられるファッションが好きな人は、求めているものと、求められるものが同じだから、一直線で、やりやすい。
わたしのように、自分の好きなものと、一般的な好みとに多少のズレがある場合が、ややこしい。
決して人様からの賛同を得たいわけではないが、人が良いと思っているものに対しても、確かに物理的には良いとは思うが、それがどうした?と、なる。
自分もマネしよう、取り入れよう、参考にしよう、とはならない。
否定はしないが、なびかない。
肯定するとしても、多くあるものの一つ一つとして、それぞれを肯定する。
決して、それだけが良い、他のものは良くないとは思わない。
ふ?ん、そうなの、それで?
と、なってしまう。
可愛げない。
自分の核を持っているから、たとしても、溶けないのだろう。

ファッションから入る富裕層、こういう定義しようとするから、すっきりしないのだ。
ファッションそのものに、頑とした自分を持っているので、「高そう→富裕層」という式はあっても、「マネしたい、参考にしたい」とならない。
しかも、最近のわたしは、同じ「高そう」でも、ファッション性を追求するのではなく、快適性、機能性を重視する傾向にあると思われる。
だとすると、ウォッチングは正解だ。
見て楽しむ。自分なら、買わない、着ない。憧れない。
「ふ?ん」の一種。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者yudfry 11:01 | コメントをどうぞ

ただや強制

仕事の時間が迫っているので、弟に対してはバスの中の彼らには会えないと伝える。大文字のFの形に配置されたボロい木製の桟橋にはいくつかの手漕ぎボートが係留されている。下に覗ける海は底まで透き通る、とても綺麗な水色だ。海の上に掛かる桟橋の上を韓國 醃肉汁歩きながら仕事に向かおうとするが、後ろで何もせずに突っ立っていた弟から突然に文句を言われたのだった。
時間は07:28だったので、その感じからすると以前勤めていた工場だったのだろう。

知らないバアさんの家。築十年も経っていないか、壁にはシミ一つなく、いくつかの洋服タンス等の家具は現代的でお洒落なデザインだ。おそらく後ろを振り向けばいわゆる機能的なキッチンがあるだろう。
時間は夜10時以降、天井の一箇所だけが消されずに残され、暖色系の白熱灯が広い部屋の隅を柔らかく包み、そこはフローリングの床になっていて直接布団が敷かれている。バアさんは上掛けをまくり上げてちょこんと座り込んでいる。
なにやら心配事があり眠るに眠れないのだとか。話を聴いてみると隣家の住人が大きな声で自分韓國 午餐肉や自分の家族の悪口を言っているのだというらしい。突然、玄関に通じるドアの上部に設置された機器が作動すると、凄まじい音がなり、しばらくすると自然にドアが外側に向かって開いたのだった。
新手のガス検知器なのだろう。そして、機器が誤作動を起こすのは隣家のせいなのだと。だったらコンセントを抜けばと応じるが、本来動く時の目的と状況(つまりガス漏れ)を考えると抜けないと首を力なく横に振る。最近はずっと寒さも続いてガスストーブを使っているので心配なのだ。はり大音量が鳴り響くのと、ドアが何度もバタンバタン十数分ごとに的に開けられるのが気になってバアさんは眠れない。というわけで、どうしたら良いか分からない八方塞がり状態だった。

同じ部屋で私も寝ることにしたようだ。本当に検知器はそんなに頻繁に鳴るのか調べるため、またドアを開けたままにしてどれくらい寒いか、また開けっ放しにすれば勝手に閉まったりはしないのか調べるためでもある。部屋を真っ暗にして寝っ転がり、横を向いて顔を上げてみるとガス検知器が正常の待韓國食譜機状態である証しの、緑色の常時灯が数メートル先に見える。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者yudfry 11:46 | コメントをどうぞ

抹消妹に

Hello!! 兄の部屋へ出入りしているおばあさんの立てる音が聞こえ、目が醒める。
覗いてみるとかなり重そうな荷物(ダンボール)を運韓國 年糕ぼうとしていた。放っておくわけにもいかないかなと、眠い頭を冷水で驚かしつつ徐々に現実の世界に足を踏み入れる。

正直に言って、目覚めの一発にいきなりこんなことを手伝わされたら面倒だとばかり思っていた。
しかし、おばあさんの必死で困り果て少し悲しんでもいるかの顔を近くに知りつつ、見て見ぬ振りは難しい。
しかも動かそうとしていた荷物はかなり大きく多分に重量もあるようで、一人で持ち上げでもしようものなら膝や腰に負担が掛るだろうし――後で私が確認した限りでは、やはりおばあさん一人ではまず不可能なくらいの重量だった――、ひょっとしたら心臓に悪いのではないか?
ズボンを履きベルトを締め、たまたま通りかかった調子でこちらにまだ気づいていない相手に声を掛けることにした。

途中々々で何度も放り出したくなってしまう(別に本人が実家に帰ってくるでも韓國 年糕ないのに何故部屋の整理をするのか、連絡があってからでもいいのでは)仕事だったが、やはりおばあさんの顔をふと見るとここで面倒臭がって止めるわけにはいかないなあと感じさせられ、やっぱり部屋を出てしまおうかもしくは「今日はもう止めちまおうよ」と、迷いながらに幾度もかの説得が結局二の足を踏むことになる。
仕事が終わりお好み焼きを作ってもらう。古い牛肉を使い切れてこれはこれで良かった。いつもの通り安定した味であるが、感謝の言葉がトッピングについていた。

次に下駄箱中段の空白スペース(何と言うのか分からん)を片付けないかとの、勢い付いたおばあさんから提案。
一度掃除心に火がつくと、意外と止め時を見失うほどにのめり込んでしまうことにもなるというものだ。その際一計を案じ、普段非協力的な当事者のも参加してもらうための方策をおばあさんに伝授した。
彼女の、本人もとうに存在を頭からしている古びて汚れた雑誌類や小物、どっかの心理セミナーから送られてきた案内書、下半分がちぎれ当然中の入っていないスナック菓子の外装用の型紙パックやら、くるりと内側に丸まり筒状になったコミックス、ラベルがとうに剥がれ伸びきった音楽テープといったものが、全く整理されることなく乱雑に下駄箱の中段に置いてある。

ゴミ捨て場といってもいいくらいで、処理に困った物たちが一時的に避難する場所になっているのだが、大小様々の物品は『サイダーハウス・ルール』(ジョン・アーヴィング)「セント・クラウズ」のホーマー・ウェルズの持ち物のように、【いつまでもそこに――時に何度かは手に持たれ、数秒間のそ韓國 年糕のものの行く先についての思いがなされたとせよ、やはり(確実に)一時間後には――あった】
とても良い考えを頭に浮かべ、私はなにやら上機嫌だった。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者yudfry 16:19 | コメントをどうぞ

思い出遠い

静かな「夏の家」で耳にする音が印象的だった。小鳥のさえずり、ナイフでエンピツを削る音、足音…。そこに電子音はない。時折り登場するバイクや車や草刈機のエンジン音の方がわたしには親しく感じられるのはどうしたものか。
誰も声を荒げず、不平不満を述べず、静かに自分の信じると韓國人蔘ころを話し行う。人間の「嫌な所」がほとんど表されず、そういう意味でも美しい物語だった。視覚的には、ホタルの光しかない真っ暗な中を、恋人同士でもないふたりが手をつないで歩くところなど、とても印象に残っている。

先生と、その長年の恋人だった藤沢さんとのことや、農場の大きな屋敷にひとりで住まう藤沢さんの暮らしについてはもっと読みたかった。そうそう、先生が好きだったという紅茶「ディンブラ」を飲んでみたいと思い検索したとき、検索候補に「ディンブラ 藤沢」と出てきておやと思った。藤沢に「ディンブラ」という紅茶専門店があるらしい。まあ、余談です。

申し訳ないくらい、まとまりなく書いてしまったなあ。文章力のなさがもどかしい。

昔に読んだ、やはり避暑地が舞台になって高麗蔘いる小説がせそうで思い出せない。

今日のバラは切り花。
フェアトレードのバラ。ケニア産と書いてあった。

枯れたと思ったサクランボの木、暖地桜桃の根元からひこばえが出ていた……ということをつい最近書いたけれども、結局、その2本の若い芽は腐らせてしまった。
気づかないでずっと放っておけばよかったのかもしれない。
過保護にして鉢の場所を移動したり水をあげたり、しないほうが韓國人蔘よかったのかもしれない。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者yudfry 13:20 | コメントをどうぞ

笑っ言葉

「命のある限り善業をなし功徳をつむほかはない」
人はいつでも健康で、そしていつまでも若く、長生き蟲草Cs4がしたいという願望
を持っているのが普通だとおもいます。 けれども、先にお話ししましたよ
うに、人間は生まれた瞬間から”生?老?病?死”の「四苦」を持ってこの世
に送りだされている動物です。
――省略――
これは日々の忙しさにかまけて、真に大切なものを忘れている人間に無常
をさとし、いかに生活すべきかを教えたお話です。
人間はどんな老人になろうが病気で寝たっきりになろうが、生き甲斐を見
いだせます。私はここに寂庵を建てたすこし後に、思いがけない病気をした
ことがあります。お経を続んでいる最中に後頭部を叩かれたような痛みに襲
われ倒れました。軽いくも膜下出血でした。
かすかだけれども舌がもつれ、左半蟲草Cs4身が少ししびれました。そのままころ
りと死んでしまえばいいのですが、半身不随で生き、ものが書けなくなれば
どうすればいいかとさすがに内心あわてました。
私は根が丈夫なので、自分の健康をいつも過信する癖があります。つい人
間は病気をするということを忘れがちになります。
生、老、病、死はこの世の逃れられない「四苦」だとお釈迦さまが教えて
いてくれたのを、つい忘れていたのでした。
私は出家してすべてを仏に捧げて帰依したのだから、死ぬときは仏が死な
せてくださるだろうし、生きて役立つ命ならば仏がきっと、生かしてくれる
だろう。それにしても、出家したばかりで仏さまも私の頭をぶんなぐるなん
て、ずいぶんつれないわと、姉にぐちをいいましたら、そのとき、元気だっ
た姉が、

「何をいっているの。仏さまが人間は蟲草Cs4病気もするということを教えてくださ
ったのよ」

といいまいした。
私はなんだか心身が軽くなり、それもそうだとていました。幸い、半
年くらいで、すっかり体は元どなり小説が書けています。
「あなたまかせ」というがあります。
信仰を持つと、神や仏さままかせになるので、くよくよと過去を悔やんだ
り未来を思いわずらわなくなります。
そして心が無限に自由になります。これも功徳というものでしょう……。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者yudfry 17:55 | コメントをどうぞ

えない誰が若

『デスパレートな妻たち』というアメリカのテレビドラマを観ている。
観ていると必ず掃除がしたくなり、TVの前でじっとしPretty Renew 銷售手法ていられなくなる。ドラマの中に潔癖症なくらいきれい好きな主婦が出てくるのだが、そのせいだけでもなく、姿勢よくきびきびと動きまわる登場人物と、会話と、その英語のリズムに乗せられて、じぶんもテキパキと動きたくなる感じだ。

相性のいいリズムの文章を読めば、同じリズムに乗ってどんどん書きたくなる。
わたしの頭って、ずいぶん単純なんだな。

買い物をしながら独り言を言う人は珍しくない。あら美味しそうとか、どっちにしようかしらとか、わたしも知らずに口にしているかもしれない。でも、ずっとひとりでしゃべっている人は珍しくて、それもボソボソと聞こえてくるの性の声だったので少し奇妙に感じた。

しばらく買い物をしているうち、その人の声が近く聞こえ、実はごくごく普通に誰かと楊婉儀幼稚園会話をしているらしいのが分かった。ひとりで、両手でカートを押して、ハンズフリーの電話で話しながら買い物をしているのだった。
そういえば以前にもケーキ屋で、「ショートケーキだと二種類あるけどどっちがいい? えーとね、ひとつはイチゴだけで……」と、ショーケースの前に屈んで見かと相談している女の人に驚いたことがある。よく見るとスマートなヘッドセットを着けていた。

携帯が普及して随分経つから、街中で突然大きな話し声が聞こえてきても、片手を耳に当てていれば、ああ電話をしているんだなと分かる。でも、ハンズフリーでしゃべっている姿にはまだまだ慣れない。運転中でもなく仕事でもなく、普通に歩きながら見えない誰かとしゃべっているって、未来的な、不思議you beauty 陷阱な光景だと思うのだけど、これはどんどん普及するのかしら。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者yudfry 12:13 | コメントをどうぞ

終始無言何かのイ

春日大社を後にして公園の中を歩いていると、前方に年配女性のグループが立ち止まっていた。口々に「まあ、そうなんですか」「いいもの見せていただきました」「おおきにー」と言って彼女らが離れて行くとそこに、自転車を支えて立っている和装のおじさんがひとり残った。ベレー帽のような帽子をかぶり、もんぺを穿いているようだ。

おじさんはその場に立ったままわたしの方を見ている。なんだろう、何か見せていたようだけど、押し売りだったらいやだな、面倒くさいから話しかけられたくないなと思って目を伏せ道の反対の端を歩く。それでもおじさんの目が追ってくるのでちらりと見ると、手を伸ばしてわたしを招く。気づかないふりをして通り過ぎかけて振り返ると、やっぱり無言で手招きしてきて、その手を今度は上に挙げ、そばの木の上の方を指し示した。何か、居るらしい。

それなら、と、おじさんのそばに寄って木を見上げると、茶色くて丸いプラスチックの板のようなものが二枚、水平に刺さっているのが見えた。タズラ? と思うには場所が高すぎる。次の瞬間「サルノコシカケ?」と気づいておじさんにそのまま言うと、オジサンは「いかにも、」というように鷹揚に頷いた。

初めて見ました。教えてくださってありがとうございましたと感激を伝えてもオジサンは。でも、なんだかとても得意そうなのだった。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者yudfry 13:26 | コメントをどうぞ

Hello world!

Blog総合管理へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

カテゴリー: 未分類 | 投稿者yudfry 04:13 | 1件のコメント