からも聞こえ

俺の場合はオマエとちがっていつもクールでこじんまりとした家庭環境だったからね。
単純に騒がしい?いつも宴会?みたいのに憧れてたんだんだろうな、きっと。
会社でもチーム単位でつるんでいつも騒いでただろう。
それがまあ、独立したらなんかいつも基本オマエだけじゃん?会社では。
そんでまあ、新たなコミュニティーってわけだよ、プライベートな環境でのね」
なるほどね。
まあ、外資の中堅企業ってのはある意味ちょうどいいって言やあ、ちょうどいい規模のコミュニティーだったもんなあ」
ああ、あの『赤い砂漠』の常連系ってのもいい感じだよな。
おかげですぐにルームメイトも見つかったし」
ああ、そうね。
でもまあ、これからも楽しくなるんじゃないか?ここでの生活なら」
そうだといいね」
とナカバヤシは、
あれ?」
と言って急に顔色を変えた。

どうした?」

あれ???、あれだよ、聞こえるだろ?」
とナカバヤシが急に小声になる。
えっ?
だから何?」
とホンジョウもつられて小声になる。
こっちのあたりからだ。
そうか、こっち側って言うことはトオルとミユキちゃんだな」
ああ」
と微妙な上下振動が聞こえることにホンジョウも気づき、
やってるねえ」
とニヤリと微笑む。
あれ?
ちょっと待った。
なんだかあっちの方からも聞こえてこないか?」
とナカバヤシは目を細めながら逆の方の天井に耳を傾けている。
ああ、そんな感じ。
お隣さんまでもかよ」
バイブレーションの伝達かなあ?」
ああ、生命誕生の鼓動ってヤツだね」
とホンジョウは腕を組んで天井面全体を見回している。

しかし、なんだねえ。
わけのわかんない展開になったもんだよな。
オマエを盛り上げようって言うサプライズのはずだったに、予定外のふたりがよりによって前の彼氏、彼女と盛り上がっちゃてさあ」
そう言うなんか???、オマエが一番寂しそうだね」
まあ、俺は管理人みたいなもんだから、ここの」
開き直りか?」
そうだ、マキさあ???、俺ちょっと思ったんだけどさあ」
とナカバヤシ。
何?」
とマキはだるそうに応える。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者honghuang 12:59 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">