カテゴリー別アーカイブ: 未分類

片手と両手と性格

趣味でテニスをやるからにはバックハンドを片手でも両手でも打てるようになりたい男、水土です。
こんばんわ。

スクールでは基本的に両手打ちでバックハンドを教えるようで、
合理的だなーと思う反面、とはいえマッチしてない人も多いなーと感じています。

そんな自分の思う性格からくるバックハンドの向き不向きの話。

片手打ちと両手打ちに性格なんて関係あるの?と感じる人が大多数だと思うのですが、
人を見てあれこれ考えた結果、バックハンドは性格にマッチした持ち方の方が上達が早いように思います。

自分の通うスクールにフォアもバックもブンブン振り回すAさんという方がいます。
打ちっぱなしの球出し練習でまるで全球チャンスボールかのように打ち込んでネットにかけまくるので、
何故コーチは指摘しないんだろう?ということが気になっていたのですが、
ばんばんネットするフォアと違って、不思議とバックハンドは2ランクくらい上の技量で、
フォア以上のボールスピードに加えてネットミスも少なく、弾道が高いということもないので、
次第に”何故ここまでフォアとバックに技量差があるんだろう?
そもそも普通はフォアが得意でバックが苦手なもんじゃないのか?”ということが気になりだしました。

そして逆にフォアはそこそこ打てるけど、両手バックハンドは苦手なBさんと比較してみて、
恐らく正解だろうと思える結論に辿り着きました。

Aさんはラケットをとにかく振り回すので恐らく勝ち気な性格で、
Bさんはフォアは振り回さず、バックはきついボールがくるとスイングが止まってしまうので、慎重な性格なんだと思います。

Aさんは
◆フォアハンドの場合
・身体と腕が自由に動かせる分、振り回しの影響でフォームが安定しない
・フォームが安定しないので打つたびに打点がブレる
・安定しないので上達しにくい
◆バックハンドの場合
・身体と腕の動きが抑制されるため、スイングフォームが強制され乱れにくい
・打ち気に早る性格から常に打点が前で保たれている
・振り回しによるスイングの早さと、ボールに面が被さるようなフォロースルー(左手主導かつ前腕の捻れで打てている証拠)
・速いボールスピードと十分なスピン量、振り遅れのない打点による高レベルなバックハンドの実現

対照的にBさんは
◆フォアハンドの場合
・大きな乱れのないフォームと打点
◆バックハンドの場合
・窮屈な両手打ちではスイングスピード不足
・落ち着いている分、打点が後ろになってしまうことがある
 (差し込まれても返球出来る両手打ちのメリットとも言えるが上達を考える場合はデメリット)
・打点が後ろになった場合やロブを上げる際など、弱気に流れると顔の前あたりでスイングが止まる

ちょっと書くのに疲れたので強引にまとめ。
ここまでの比較でなんとなくは分かってもらえたんじゃないかなと思います。

両手バックハンドのメリットとデメリットは表裏一体です。
1.窮屈ともいえる状態が振り回すタイプの人にはプラスに働く
  しかし振り回さないタイプの人には単純に窮屈な打ち方になるのでスイングスピードが不足しがち
2.片手と違って打点が後ろになっても打てる(レシーブで有利)
  一方で打点がズレても打ててしまう分、正しい打点が身につき辛い
  逆に打ち気に早る人はどんどん前で打とうとするのでこの点がデメリットにならない

強気な人、振り回す人は総じてオーバーパワーで安定感がありません。
同じフォーム、同じ打点で打ってこそ人は無意識的に自分の目で追ったボールの飛び方を経験として蓄積し、
より良いストロークを身につけていくので、この手の人には両手打ちの方が合っています。
(フォアハンドも制限がかかればいいので、物凄く重いラケットを使用するといい練習になるかも)

冷静な人、振り回さない人は両手打ちの打点の遅れの寛容さに甘えがちです。
また、スイングスピードも測ればフォアよりだいぶ遅いと思われます。
必然的にバック側が狙われ、バックの苦手意識が高まり、更に大胆に打てなくなり・・・と悪循環するかもしれません。
私の場合はフォアもバックもスイングスピードの平均値は約110km/h
プロのスイングを見ていてもフォアとバックに特段差を感じないので、
両手打ちを継続するのであればフォアよりも思い切り良く、という意識が必要だと思います。

なお片手バックハンドの場合は少しの打点の狂いで打てなくなるので、
最初こそ上手く打てないかもしれないですが、
長期的に見た場合、慎重な人には片手打ちの方が性格とマッチしているためより上達が望めるはずだと思います。

もし両手打ちを継続する場合はより飛びづらいボールでの練習、
例えばスポンジボールを使ってしっかりボールを飛ばす練習をすると自然と強力な両手バックハンドが身につくんじゃないかと思われます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者水土 21:01 | 5,842件のコメント