カテゴリー別アーカイブ: インプレ

正林プロ動画とか、ブラックコスメ張り上げとか。

守谷総一郎プロと一緒に正林知大プロのところに
ストリングマシンを届けた時の動画が公開になった。

まあまあ時間が掛かっちゃったけど、ぜひ見てください。
短編なんで観やすいと思う。
正林プロの天然炸裂です。

 

さて、HEADさんから届いたブラックコスメラケット。

まずは舐めるように眺め、匂いを嗅いでみて、なめてみた。(ウソ)

早く打ってみたい。
今週チャンスは明日くらい?
ならば今夜のうちに張ってしまおう。
ビールもしばしガマンだな。

 

久しぶりだな、ストリンギング。

th_IMG_6110

ストリングはこれまた発売前の新製品。
ポリ系のようだが、微妙に柔らかい。
なんだろ、これ。

 

テンションは安定の45ポンド。

th_IMG_6111

まずはここから上げ下げしたり、
マルチやナチュラルに張り替えたりしながら試す予定。
最初はHEADさんの指定ストリングから。

 

なんか、スロートが特徴的だなぁ。

th_IMG_6117

手元はプレステージっぽいし、上の内側は少しふくらんでいる。
どんなフレックスなんだろう。

 

ストリングもポリにしては張りやすい。

th_IMG_6118

ヨネックスのポリツアー系的なしなやかさを感じる。

 

フレームも張りやすいグロメットパターン。

th_IMG_6122

素直で張りやすいラケットってあるよね。
HEADはいちばん張ってるのもあるけど、
張りやすい部類のブランドだなと思う。

 

張り上がり〜!

th_IMG_6125

 

ストリングもけっこういい色。

th_IMG_6123

 

期待が膨らむぜ。

th_IMG_6127

 

グリップテープも入っていたHEAD製で。
th_IMG_6128

最近発売になったこのHEADさんのグリップテープ、
これまでにはない適度な吸い付きのウエット感でなかなかの商品だと思う。
契約選手も使っているとのこと。
オススメです。

 

しかしこのスロート形状、これまでのHEADにはなかったタイプ。
ああ、早く打ちたい。
th_IMG_6132

 

よーし、早速明日の巡回先のレックテニススクール府中で試し打ちだ。
th_IMG_6136

腕が鳴るぜ!

#headyougotthis
#ぼくに任せて
#きみならできる
#headtennis
#headracket
#ニューモデルラケット

カテゴリー: Team REC, インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シートとか、お中元?とか。

最近、私鉄はこのシートが増えて来た。
th_IMG_5938
隣の人とのストレスが少なくて良い。
JRでも増えないかな。

 

さて、昨日のこと。

こんなものが届いた。
th_IMG_6109
なにやらカラフルな箱。
HEADさんからのようだ。

さてはお中元?
付き合いもずいぶんと長いしね。

 

開封の儀。
th_IMG_6093
Cocoさん、邪魔だよ。

 

おお!!ラケットだ。
th_IMG_6095
で、またもやのブラックコスメ。
箱に書いているのもキャッチなので詳細はよくわからない。

 

どうやら、
「ひと足早く、キミに新製品を打たせてあげるよ。ちゃんと試打してね」
ってことのようだ。
HEADさん、いつもありがとうございます!

ストリングとグリップテープもついてる。
th_IMG_6097
これを張ってねってことなんだろう。

 

ラケットを取り出し、まずは観察。
th_IMG_6098

ふーん、ちょっとヘッド側が広いのね。
th_IMG_6100

スロート部というか、シャフトには特徴あり。
th_IMG_6099
若干、シャフトの内側が膨らんでいる。
で、手元側はフラットビームな感じ。
どんなテクノロジーなのか。

ビーム(フレーム厚)は少し広めかな。
th_IMG_6101
飛び系の予感というか期待も。

ちなみにフレームサイドの「YOU GOT THIS!」は
正式版には載っていないと思われる。

 

グリップのカラーがこれまでにない感じ。
th_IMG_6104
良いカラーだよね。
ティファニーっぽい。

グリップエンドのHEADロゴの輝きっぷりもいい。
th_IMG_6105

いやぁ、なんかいいわ、これ。

とりあえずガット張らなきゃ。
ビールはガマンでストリンギングだな。
楽しみ〜!!

#headyougotthis #ぼくに任せて #きみならできる #headtennis #headracket #ニューモデルラケット

 

カテゴリー: インプレ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マスクとか、DUNLOP LX800インプレとか。

Prince BEASTの試打会で配布されたマスク。
th_IMG_5392

普段用にはならないなぁ。
契約コーチがレッスンでするのはアリかな。
でも、まあまあ苦しい、これ。

 

さて、新製品が目白押しな今日この頃。

ダンロップさんから試打ラケットが届いた。
th_IMG_4957

 

LX800
th_IMG_4956
■フェイスサイズ:110平方インチ
■ラケット長:27.5インチ
■ウエイト:255g
■バランスポイント:355mm
■フレーム厚:26~27mm
■グリップサイズ:1・2
■ストリングパターン:16 × 18
■価格:35,000円

 

ダンロップさんのカンタン飛び系ラケットの中核をなすモデル。
以前は、SRIXONブランドで、8.0という名称だったが、
DUNLOP LXシリーズに名称が変更され、800として再デビューである。

ダンロップのこのシリーズは10.0も含め、メッチャ飛ぶ。
クラブプレーヤーでダブルス中心の方には「楽チンラケット」として馴染みが深い。
特にこの800系はバランスの良いセッティングで評価が高い1本である。
th_IMG_4958

もちろんこの手のラケットはワタクシが使うタイプではないけど、
ちゃんと打っておかなければってことで試打をしてみた。

 

やっぱり・・・飛ぶ!!ラク!!

思い通りの打ち心地。
期待を裏切らない感じ。

 

実は最初は全然合わなかった。
久しぶりのテニスにテンションが上がって、振りすぎたから。(子供かっ!)

やっぱり振りすぎると、この手のラケットは思うようなショットにならない。
ゆっくり丁寧に運ぶ感じでちょうど良い。
ラケットの飛び性能を信じて合わせてあげればちゃんとボールは飛んでいく。

なんとなくコツがわかってアジャストできたら、あら不思議。
全部入るじゃん。

こんなにラクにすべてのショットが入っていいのかな。
すごい打球が飛んでいくことはないけど、
ミスショットもなく、全部入りますぜ状態。
いやこれ、魔法のラケットだわ。

 

過剰なスピン系はいらない。
いや、向かない。
普通にナチュラルに後ろから前、少し下から上にスイングすれば
ナチュラルスピンの打球がキレイに飛んで行ってくれる。
う〜ん、これぞ飛び系の真骨頂だわ。

th_IMG_4960

 

ネットプレーも合わせるだけ。
振って送る動作も必要ない。
合わせるだけで、ちゃんとベースライン深くにボールが飛んでいく。

柔らかく包み込みようなフィーリングなので、腕にも優しい。
ドロップやアングルなどのタッチ系も思いのままだ。
コントロール重視のダブルスプレーヤーにはすごい武器かも。

 

サービスは振りすぎるとどこかにすっ飛んで行ってしまうけど、
丁寧にスピンをかければかなり曲がって落ちて入ってくれる。
ゆっくりなスイングでもここまで曲がると相手は嫌だろうなという感じ。

見た目はそれほど楽チン系ってこともないが、
とにかく魔法のようにボールが飛んで、入ってくれる。
th_IMG_4961

様々なテクノロジーが搭載されているからのこの出来上がりなのだが、
技術云々よりもとにかくこの飛びとコントロールを味わってほしい。

 

シングルスでガンガン振りたい人にはオススメしないが、
ダブルスが多い女性プレーヤーにはイチオシかも。
th_IMG_4966

今ならREC各校に試打があるはず。
興味のある方はコーチにお声がけください。

 

今回、試打の相手をしてくれたのは、
レックインドアテニススクール上石神井のハタナカコーチ。
th_IMG_4970
あ、契約はHEADだった。
コバヤシさん、すみません。

いきなりのご指名に付き合ってくれてありがとう。
またお願いします。

いやぁ、良かったな、LX800。

カテゴリー: Team REC, インプレ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス用品, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

折りたたみとか、Prince BEAST DBインプレ!とか。

折り畳み傘、また壊れた。
th_IMG_4765
これでもう何本目だろう。
構造的に複雑でジョイントが多いから壊れやすいのかな。

と言いつつ、また折りたたみを買うワタクシ。
最近のゲリラ豪雨には対応しきれないけど。

 

さて、メーカー各社の展示会もひと段落。
まだ情報を出せないものから、一気に情報解禁のものまで様々。

プリンスさんは、すでに情報解禁で一気呵成のプロモーションをかけている。

ワタクシも先日、全機種打たせてもらったが、期待通りの出来。
中でも、これ!!と思った1本をご紹介。

th_IMG_5282

Prince BEAST DB100
th_IMG_5284

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:300g
■ラケット長:27インチ
■ラケット厚:24-26-23mm
■バランス:320㎜
■グリップサイズ:1,2,3
■ストリングパターン:16×19
■価格:34,000円(税別)

いわゆるゴールデンスペックモデルだ。

Prince BEASTシリーズは前作で一気にセールスが伸び、
ラインアップの中核に飛び出したシリーズ。
ルックスも良いが、幅広い層に対応する、良い意味での「普通の良さ」を
しっかり備えたモデルである。

今回発表になったBEASTシリーズは、プリンス独自のO3モデルと
通常グロメットモデルに加えて、Dが追加になった。

 

DBというのはこちら。
th_IMG_5285
ダブルブリッヂという機能。
ある年代から上のプレーヤーには懐かしく、
若いプレ-ヤーには新鮮に見える独自機能である。

このブリッジ部が2重になっていて、
間に高分子エラストマー素材が入った機能は以前にあったもの。
20年前くらいだろうか。
カプリアティや杉山愛選手が使っていたモデルに搭載されていた。

簡単に言うと、振動を吸収してくれるのだが、
この絶妙な吸収性が食いつきをもたらして、
ボールをしっかり打ちたいプレーヤーにはたまらない打ち心地になっていた。

ちなみに当時、ワタクシは振動止め派で、
センター2本のストリングのみ振動を消した適度な打ち味が好みだったので、
このDBはあまり好きではなかった。(ごめんなさい)

そんな昔の記憶もあり、「今さら?」というのが、
商談会で初めて見た時の印象。(ホントごめんなさい)

 

で、それほどの期待もなく、打ってみた。

いい!これいいよ!!!

期待もせずに打ってごめんなさいと土下座したくなるほどに良かった。
適度な粘り感、なのに決して飛ばないわけではない。
しっかり芯を食うような気持ち良さ。

なんだ、これ。
めっちゃいいじゃないか。

う〜ん、以前のDBってもっとDB感が強かった気が。
フレームの進化なのか、このシステムがとてもいい感じで収まっている。
さすが、テキストリーム × トワロンテクノロジーである。
th_IMG_5293

th_IMG_5288

くわえすぎず、離れすぎずの絶妙な打球感は
プレーヤーの意思を正しく伝えてくれる感じがする。
ちなみにワタクシにそれほどの意思があるのかどうかは別の話で。

ボールがすぐに離れてしまわないのは安心感だ。
ただしプレーヤーによっては、飛ばないと感じるかもしれない。
プリンスのスタッフさんによると、コーチの皆さんは総じてDB支持とのこと。
なんかわかる気がした。

 

スピン系もフェイスにしっかり乗って回転をかける感じ。
スライスも一瞬乗ってからグイッと送り出してくれるフィーリングが良い。

 

ストロークは、素直な抑え感もありでコントロールに自信が持てそうな印象。

th_IMG_5289

 

ネットプレーでは抑えが効いて飛ばないということはない。
おそらくだが、かつてのモデルよりもフレームの反発が良くなった分、
ネットでのキレも両立しているのだと思う。

DBのエラストマーが良い具合に振動吸収をしてくれて、
でもストリングの動きとフレーム剛性でちゃんと飛ばしてくれる。

オールマイティというかバランスよく機能してくれる印象が強い。

 

サービスも飛びが抑えられる感じはなく、ちゃんと弾いてくれる。
回転系の引っ掛かりも良い。

スイングスピードが速いショットだと引っ掛かり感が出るのだろうか。
スライスも切れるし、スピンも落ちやすい。

バランス的にも偏りがないので、ヘッドを意図的に動かさなくても
素直に走ってくれるのが良い。
かなりの好感触。

 

PrinceのBEASTシリーズ、どれも好感触だったが、
どれかをと言われれば、このDBを選びたい。

ウエイト的には、300gと280gがあるので、体格、筋力で選べば良いと思う。

いやいや、久しぶりのDBは新たな局面を生み出していることを実感。
さすが進化をし続けるプリンスラケットである。

オススメです。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

水分補給とか、タイヤ交換とか。

暑い!!
脱水症に注意ね。
th_IMG_5167
これいいらしい。
ピンクイオンもいいけど、うまく使い分けてみようと思う。
どちらもオススメ!!

#凌駕 #スマッシュウォーター

 

さて、自宅のワークスペースのイス。
th_IMG_5232

まあまあ長く使っている。
そしてそんなに高いものじゃない。

イスって作業効率&疲労度に直結だから、いいやつを使いたい。
ホントはハーマンミラーのアーロンチェアが欲しいけど、
ビックリするほどお高いので手が出ない。

 

先日、ふと気づいた。
変なゴミっていうか、かけらがポロポロと落ちている。

なんだ?このプラスチックパーツと思いつつ、
足元を確認していたら、どうもイスの転がりが悪い。

発見!
th_IMG_5233
経年劣化でホイルが割れていた。

これはいよいよ買い替えかと思いつつ、アーロンチェアは買えるわけもなく、
次にターゲットを定めたのが、ゲーミングチェア。

こんな感じの。
th_スクリーンショット 2021-08-04 6.24.50
eスポーツに使いくらいだから、きっと疲れないつくりなんだろうし、
ゲーミングチェアって、けっこう安いものからある。
(ちょっと、アーロンチェアと語感が似てるし)

が、家中大反対。
リビングの雰囲気にまったく合わないというのがその理由。
まあ、確かにね。
じゃあ、アーロンンチェア・・・無理ね。

 

ということで、ニトリあたりで良さげなものを物色するも、
どれを見ても、「帯に短かし、恋せよ乙女」だ。(タスキに長しだよ)

しかたない。
基本性能はまだ維持されてるし、ホイールだけ買うことに。

「イス タイヤ」的な検索で合うものを探す。
各所のサイズを測るも、どれも微妙に合わない感じ。
なんで?日本規格じゃないのかな。

とイスをひっくり返してみたら、IKEAのイスだった。
そうだったっけ。

 

で、「IKEA チェア タイヤ」で検索し、似たようなものをポチり。
数日後に着荷。
th_IMG_5236
IKEA製品用なのだが、中華テイストなのはなぜ?

怪しげだけど、ブツは似てる。
th_IMG_5237
これで1,700円くらいだから、合わなくても諦めつくし。

と思ったら、ピッタシ!!
th_IMG_5238

ああ、なんか蘇った感が。
th_IMG_5239
クルマのタイヤ交換と似たような気分。

座ってみたら、勢いでイスがシャ〜!っと動いた。
前のホイルはこんなじゃなかった。

以降、座るたびに、シャ〜!っと、
いったんどこかに行ってしまうワタクシである。(ちょっと楽しい)

こりゃ、アーロンチェアは遠いな。

カテゴリー: インプレ, ステーショナリー, スポーツグッズ, テニス用品, ファミリー, 仕事, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

みやげとか、肩痛とか。

クローゼットから発見。
th_IMG_1763
ローランギャロに行った時のお土産だ。

余っちゃったんだっけ。
th_IMG_1765
ほしい人います?

 

さて、肩が痛い。
とにかく痛い。

「この問題わかる人〜!」 に 「は〜い!」と手を挙げるとメッチャ痛い。
そんなシチュエーションないけど。

なんだろう?これ。
今まで生きてて、肘とか手首の故障は多々あったけど、肩は初めてだ。
肩が上がらないまではいかないけど、けっこうツライのね。

 

きっかけははっきりしている。

数ヶ月前のスタッフ研修でのフォーメーションドリルの時、
いきなり指名されてコートに入ってデモ。
なんのアップもせずにスマッシュを打ったら激痛が。
そこからずっとこの状態である。

少しテニスをしてみたら、とりあえず縦の振り以外は問題なし。
ストロークもボレーもなんとか大丈夫。
サービス、スマッシュはカンベンという感じだ。

 

そうは言っても、テニスはサービスから。
このままの状態では試合もできないぜってことで、病院へ・・・・
行かずに、トレーニングすることにした。

ゴールドジムに年間350日通っていたころの貯金もすっかりなくなった今、
かろうじて大胸筋は多少ピクピクするけど、テニスにはあまり恩恵もない。
もう一度筋力をつけて300gオーバーのラケットを振り回せるようにすることに。

最初は久しぶりなので軽めのウエイトでトレーニングを始めることにした。
あれやこれやのトレーニングをするとしんどくて、肩痛どころではないほどの筋肉痛。
なるほど、こういう治し方もあるのかと思った。(あるの?)

まあとにかく当面は地道にトレーニングを積んでみようと思う次第である。

 

そんなわけで、ワタクシの試打動画が世間に出回っている。

テクニファイバーの新製品、TF-X1シリーズの試打動画である。

実はこの日、コートに連れて行かれ、いきなり撮影だと聞かされ、
ウォーミングアップもそこそこに撮影開始という暴挙にあった。(笑)

加えて、ここ数週間、肩痛に悩まされ、
サービス系はメッチャ肩が痛い状態での試打だった。

という、言い訳のオンパレードを頭に置いて観てください。

カテゴリー: インプレ, ステーショナリー, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ビールとか、テクニファイバーTF-X1登場!とか。

禁酒法発令中
th_IMG_4836
千葉は昼間ならこんなところも。
夏、明るいうちのビールって最高だよね〜。

なんて言ってたら、感染者数が爆発し緊急事態宣言へ。
まだしばらくは大変な状況が続くのね。
がんばろう。

 

さて、先日のこと。

レックテニススクール府中に荷物が届いた。
送り主はラコステジャパンさん。

開封〜!

th_IMG_5451
テクニファイバーの新シリーズ、TF-X1、ホヤホヤの試打ラケットである。

TF-X1は3モデルで構成されている。
th_IMG_5452
300/285/275である。

この表記はウエイト。
プレーヤーの体格等に合わせて選んでもらえるラインナップになっている。

これからストリングを張り上げるのだが、
実は先に試打を終えているので、インプレを。

 

まずは、TF-X1300から。
th_IMG_5455

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:300g
■ラケット長:27インチ
■ラケット厚:23-25-24mm
■バランス:320㎜
■グリップサイズ:2,3
■ストリングパターン:16×19
■価格:32,000円(税別)

 

テクニファイバーのラケットはずばり基本形が多い。

奇をてらったテクノロジーを乗せるよりも、
プレーヤーの「もう少しこうなったら」「もうちょっとこうしたい」に
絶妙に応えたモデルが多い。

とはいえ、ちゃんとそのテクノロジーが効果を発し、
快適性や操作性、パワーに反映されているところが
「実はすごいんです」という印象。(ワタクシのね)

ということで、テクニファイバー渾身の新シリーズがこのTF-X1なのだが、
今回のテクノロジーもなかなかの「すごいんです」を実現。

まずは、isoflex。
th_IMG_5458

グロメットとフレームの断面形状を変化させることで、
オフセンターでヒットしても、ブレを感じない、
つまりミスヒットを感じさせないような打球感とスピードが維持されるのだ。
th_IMG_5459
グロメットの形状はフェイスの各部で違うのがキモ。
単なるデザインではなく、フレーム形状に沿っての変化である。

簡単に言うと、横糸が長い部分はフレームを柔らかく、
短い部分はフレームを硬くして、
フェイス全面で同一のフィーリングを実現しているのだそうだ。

 

あと、特徴的なのがこちら。

X-DAMP
th_IMG_5479

グリップエンド部分に可動式のウエイトが仕込まれていて、
打球時の振動を打ち消してくれる仕組みである。

身体に悪影響のある低周波振動のみを軽減してくれるので、
打球感は失わずにマイナス要素のみを軽減するというテクノロジーなのだ。
th_txf1-w750-8
これは昔のラコステのラケットにも採用されていた仕組み。
そういえば、フォルクルもそんなテクノロジーあったっけ。

 

で、打ってみた。

まず普通に飛ぶ!
クセがない!

これが最初の印象。

テクニファイバーは形状的にもナチュラルなのがいい。
th_IMG_5456
この使いやすそう感はとての大事ね。

ということで、打ち進める。

 

なるほど、フェイス全体がボールを捉えてくれて、
多少のオフセンターは気にしなくてもボールが伸びてくれる。
これが、isoflexのご利益なのだろうか。

オフセンターでも飛ぶといっても、ぼんやりした感じはない。
ちゃんとカツっ!とフェイスがボールを捉えるフィーリングはあるので、
スイートスポットが広いけど、打点にフォーカスしてくれるという、
相反する要素を両立させているのが「スゴイんですポイント」だ。
振動はさほど感じない。
ただ、ワタクシ的にはあまりに打球感が伝わらないのは好みじゃない。
そういう意味では、ガツガツした厳しさはないし、抜けるような感触はある。
適度な優しさが好印象。

 

基本的にはしっかり飛ぶラケットである。
テクノロジーのあれこれを主張しすぎず、トータルでの扱いやすさを実現している。

X-DAMPなどは見た目のアピールはスゴイが、
振動を打ち消しすぎないという意味では、
絶妙の味付けだと思う。

フラット系で打ち抜くのも気持ち良いが、スピン系もしっかり引っかかる。
この引っかかり感、ワタクシ的にはとても大事。
ストリングがボールを掴んでくれる感触はトップスピンを打つときに安心感も大きい。

 

ボレーも飛びを感じつつ、余計な操作は要らない。
「押さなきゃ飛ばない」「ラケットを送らないと」もない。
普通にしっかり合わせれば、深く低く滑ってくれる。

300なので取り回しで疲れることもなかった。
実に扱いやすいモデルという印象。

 

サービスは飛び系の恩恵を感じられる。

実は最初は飛びすぎて、長めのフォルトを連発。
バランスのせいだろうか、自分からヘッドを回していくように意識をしたら、
サービスラインに収まってくれるようになった。

スピン系はかなりかかりやすい。
飛ぶけけど喰う!これはとても良いなと思った。

ただ、過剰にスピンをかけると失速することもあったので、
ラケットを信じて思い切り振り抜くのが良いと思う。

 

全体を通じて、とてもバランスのとれたモデルだと思う。
テクニファイバーって硬いんじゃない?とか、難しくないの?
などの先入観がある方は、目からウロコが落ちると思う。

デザインもいい感じだし、ウエイトのラインナップ的にも
幅広い層にマッチするモデルだと思う。

シンングルス、ダブルス中心も問わない。
オールラウンドに威力を発揮してくれるモデルだ。
オススメです!

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

一味とか、EXTREME NITE発売!とか。

餃子の満州で、いつものダブル餃子定食をオーダー。

タレをつくろうと思って一味を振るも出てこない。
さらに振る。
なんなら腰も振る。(ウソ)

出ない。
th_IMG_4955
中ブタ外してなかった。
おいっ!!

 

さて、テニスメーカー各社の新製品発表会が行われる中、
新製品も続々と発表されている。

しばらく前に情報をいただき、RECテニススクールにも少しだけ入荷する予定の
HEAD EXTREMEの限定バージョンがこちら。

EXTREME NITE
th_IMG_3785

昨年のHEADの大ヒットモデルEXTREMEシリーズの限定バージョンが発表になった。

今回のモデル名は「NITE」。
ニューヨークの夜をイメージしたナイトであり、
騎士の強さをイメージしたナイトでもあるとか。

 

ブラックボディにイエローの差し色がカッコいい。
th_IMG_3784

最近は各社、ヒットモデルに特別カラーモデルは定番化していて、
う〜ん、それもありだけど、どうなんだろうって思ってたのだけど、
このEXTREME NITEはかなりカッコいい。

 

スペックは現行品と同じで、発売になるのは、MPとTOUR。
th_IMG_3787

th_IMG_3789

RECテニススクールへの入荷はとても少ないので、見かけたらお早めの決断を。
全校には在庫が入らなかったので、コーチに言ってくれれば社内在庫があれば
取り寄せも可能なので、ぜひどうぞ!

ちょと差をつけて楽しみたい方、お見逃しなく!!

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レッくん完成とか、HEAD試打会とか。

待っていたアイテムがようやく完成!!
th_レッくん振動止めPOP

レッくん振動どめ〜!

表面にはTeam RECロゴ。
th_裏面

裏面には・・・
th_表面
なんだかわかるかな?

そう!レッくんのシルエットね。

レックテニススクール府中のフカダコーチに、「何に見える?」って聞いたら、
「ウ○コ」と言ったので、軽く殺意を覚えたのはヒミツだ。

あなたのラケットにレッくんをつけてあげてください。
レックテニススクール全校にあります。

 

さて、梅雨が明けた。
来たね、夏!
th_IMG_4976

ということで、メッチャ暑くなったこの日は大井町スポルへ。
ここもあと少しでクローズなんだよね。
ちょっと残念。

で、何かというと、HEADさんの新製品試打会。
th_IMG_5075
先日、展示会で発表になった新製品たちを試せるというナイスタイミングなイベント。

今回の新製品は、あのシリーズのニューモデルと、こんな発表も。
って、全然わからないよね。
情報解禁前なので申し訳ない。

ただ、へ〜、どんな感じなのかなと期待大だったモデルも、
1球目を打った瞬間に、おお〜!こんなかぁ!という衝撃。
どんなふうにしたら、こういう打球感出せるのかなという感じだった。
もう少し使い込んでみたいな。

そしてワタクシが大好きなアレもなかなか良かった。
発売が楽しみ。
はやく打ち込んでみたいぞ。

 

ってことで、撮影はいいけど、公開はNGなので、出せるのはここまで。
th_IMG_5113
全然わからん。

 

これじゃあまりに寂しいので、契約プロをパチリ。

宇野プロ。
th_IMG_5076
相変わらず元気にあちこちで活躍中。
最近はゴルフのYOUTUBEにも出演してるのね。
またどこかでご一緒しましょう。

沼尻プロ
th_IMG_5119
少し話をしたら、現役にひと区切りつけたのだそうだ。
まだまだいけそうなのに、もったいない。
今後はコーチとしても活動するそうだ。
頑張ってね。

コバヤシさん
th_IMG_5122
プレゼンお疲れ様でした。
あ、端っこに尾崎プロが写ってる。
相変わらずカッコいいテニスするね。

 

しかし梅雨明け直後のインドアは暑い。
メッチャ汗かいて試打終了。

次の場所に移動しようと駐車場に行ったら、HEADに挟まれてた。
th_IMG_5127

わざとかな。(笑)
お邪魔しました。

カテゴリー: Team REC, インプレ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, レッくん, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

桔梗屋とか、テクニファイバー新製品とか。

桔梗屋・信玄プリンだって。
th_IMG_3205

まさに信玄。
th_IMG_3206
美味しかった。
おすすめ。

 

さて、展示会シーズン真っ只中である。

微妙に各社の予定がずれているので、1日に何社も回ることはないが、
その分、何日にも渡ってあちこちへ。

加えて、最近は自社展示スペースでの発表商談会が多く、
さながら会社訪問状態である。

この日は、午前中に日本プロテニス協会での会議を終え、
品川から目黒にダッシュ。

 

着いた先は・・・
th_IMG_4782

HEADさん・・じゃなくて、ラコステジャパンさんね。

テクニファイバーの商談会である。

コロナ対策もあって、たったひとりで1時間半のプレゼンを聞く。
なんか申し訳ないような、かなりのプレッシャーのような。
ちゃんと聞きましたよ、はい。
さすが、テクニファイバーはワールドワイドがブランドだなぁと感心。

 

で、プレゼンの後は再び品川に移動して試打会。

高輪テニスセンターのお高いプライベートコートへ。
th_IMG_4783
スタッフの皆さんがフラッグやらバナーを準備。
カメラやマイクもあるぞ。

がしかし、他の方がいない。
試打・・・会ですよね。

「あとはどなたが?(来られる?)」

「ためブロさんだけです」

「なんて?」

「おひとりです」

「ワタクシだけのためにこれ?」

「はい。じゃあ、マイクつけてくださいね」

そんな一連のやりとりをして、撮影開始。
おいおい、撮影するなんて聞いてない。

 

そんなことなら練習しておけば良かったと後悔しても後の祭り。
とても可愛い女子選手にお相手してもらって1時間弱、ラケットを取っ替え引っ替え試打。

最後は総評的なコメント収録。
緊張はしないけど、めっちゃ疲れた。
最近はこんなにテニスしてないからね。

どこにどんなふうに映像が使われるのかわからないけど、
とりあえず、先月から肩がとても痛くて、
縦振り系のサービス、スマッシュはどうにもうまいこと打てないってことを書いておこう。

 

今回、プロモーション部隊として撮影やインタビューを担当されていたのが、
元ウイルソンの道場さんと横山さん。
この度、マーケティング&プロモーションの会社を立ち上げたそうだ。
設立、おめでとうございます。

th_IMG_4784

あ、で肝心のラケットだけど、とても良かった。
シリーズ内の味付けが絶妙にバランスが取れているし、
ストリングによる感触の違いもよくわかった。

ラコステジャパン、テクニファイバー、プロモーション部隊と、
新たな流れが来そうなブランド戦略。
ますます楽しみ。

詳細はもうすぐ発表できるかな。
お楽しみに!!

#tecnifbre #テクニの革新

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。