カテゴリー別アーカイブ: 仕事

後編公開とか、シューレースとか。

関口プロの練習マッチ動画(後編)を公開した。

淡々と接戦が続く様はイメージトレーニングに最適かも。
ぜひご覧ください。

しかし暑かったなぁ。

 

さて、黒系のスニーカーが好きっていうか、
気づけば集まっているのは前に書いた通り。
th_IMG_3996

 

で、久しぶりに履いてあげるかと、VANSのスニーカーを出した。
th_IMG_5157

これも随分磨り減ったなぁ。
th_IMG_5159

と思ったら・・・
th_IMG_5158
両方ともかかとが剥がれていた。
こりゃもうダメだね。
お疲れ様ででした。

 

ということで、もう1足出してみる。
th_IMG_6067
アディダス・スーパースター。
小学校の頃からあるバッシューの定番アイテムである。

 

スーパースターの特徴はシェルトゥ。
th_IMG_6068
つま先部分が別素材で貝殻のようなガードになっている。

これがあるからスーパースターでもあるのだけど、
このシェルトゥが無骨さを演出しているのも事実。

スタンスミスがオールレザーで優等生なら、
スーパースターダウンタウンの悪ガキな感じ。
どっちもそれぞれの味があっていいんだけどね。

 

このスーパースターをもう少しスッキリさせてみようと思った。
選んだアイテムがこちら。
th_IMG_6069
靴紐、350円なり〜!

通常、スーパースターについているのは平紐。
これはこれで良いのだけど、オーバルタイプ(楕円形)で少し上品にしてみようと思い立った。
丸紐でもいいんだけど、たぶんシューズの無骨さに負けてしまうので、中間のオーバルが良いのだ。

 

まずは前の紐を外す。
th_IMG_6071
RUN DMCみたい。
これでもいいかな。(何歳だよ)

と思ったけど、方向性がまったく逆なので、新しいものを通していく。
th_IMG_6072
ちょっとおしゃれなオーバーラッピングで通してみた。

 

いい感じ!
違いわかるかな。
th_IMG_6073
左が以前のフラット、右がオーバル。
絶妙に洗練されたと思わない?

気づかない?
どうでもいい?
ああそうですか。

でも、この微妙なこだわりが大事なのよ。(誰に言ってる?)

カテゴリー: Team REC, シューズ, テニス, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ランチパックとか、暴走とか。

中身1.5倍なんてあるんだ。

th_IMG_6082

常々思ってるんだけど、ランチパックって高くないですか。

 

さて、某日のこと。
久しぶりに会社へ行ってみた。(オイオイ)

各校回ったり、商談だったり、リモートワークだったりで、
最近は会社に行く頻度が落ちていた。

まあ、会社に行かなくても進む仕事ならそれに越したことはない。
通勤時間分、有効に使えるし、何より感染リスクが低減するからね。
それで回るのならばその方が良いと思う。

 

で、久しぶりのデスク。
PCを立ち上げ、メールの返信など。

が、入力がどうもおかしい。
キーを叩いてもリアルタイムに反応しないし、
数テンポ遅れて、変な文字列が暴走気味に入力される。

th_スクリーンショット 2021-08-10 11.49.39

なんだ?これ。

 

キーボードを切ってみたり、PCを再起動してもダメ。
暑さで頭をやられた人みたいな文字列に。

困った時はGoogle先生に聞いてみようってことで、
「Mac キーボード 暴走」で検索。

どうやら、NVRAM (不揮発性ランダムアクセスメモリ) か、
PRAM (パラメータ RAM)に残った情報が悪さをしているらしい。

「PRAMはMacOSが素早くアクセスできるように、
ハードウェア情報を保存しているメモリのこと。
起動ディスクや、画面の解像度、スピーカーの音量等、
ハードウェア関連の情報が保存されている。
PRAMはParameter Random-Access Memoryの略称」

ふーん、(いまいち分かってない)
よくわかってないんだけど、何かが余計なことをしているらしい。

解決法は再起動をかけてメモリを消すことらしい。

 

一旦電源を落として、電源を入れ直すときに下記のキーを押し続ける。

option+command+P+R

手つるわっ!!
(あなたならどう押さえる?)

とりあえず解決したけど、この症状、
久しぶりに会社に来るたびに発生する。
そのたびに指が攣りそうになりながら再起動。

ちょっとしんどいぞ。
これってMacがなんとかしなきゃいけないことじゃないのかな。
M1チップになって良くはなったけど、これはちょっとなぁ。
頼みますね、アップルさん。

カテゴリー: PC, インターネット, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ロットとか、HEADブラックコスメ・インプレとか。

関口プロのシューズ。
th_IMG_5971
今年、新たに契約したロットである。

結構いい感じ。
次はこれ買ってみようかなと思って調べてみたら、けっこう高いのね。
周一に頼むと安く買えるのかな?

 

さて、HEADさんから届いたブラッッコスメモデル。
早速張り上げてはみたものの、いつ打つの?状態。

次の日、レックテニススクール府中で打ち合わせがあったので持っていった。
ここにはHEAD契約のカリタコーチもいるし、ちょうど良い。
皆で打ってみて、あれこれ感想を聞かせてもらおう。

 

まだ情報が行き渡っていなかったらしく、
YOU GOT THIS! に反応する皆。

th_IMG_6149

 

このデザインのままでいいんじゃない?という、
ブラックコスメあるあるな反応も。
th_IMG_6148

 

若干、2時10時がふくらみ気味のフェイス。
th_IMG_6150
スイートエリアを上方向に振ってるのかな。

 

スロートに特徴ありの本機。
th_IMG_6153

シャフト内側部分が微妙に膨らんでいる。
ここに剛性を持たせているのだろうか。
th_IMG_6152

少し下に目をやると、スロートの根元はスッキリ細身。
th_IMG_6156
プレステージっぽい。

 

で、試打しようと思ったら無常の雨。

「16時にあがりますよ」と、アウトドアスクールスタッフならではの
鋭い天気予報を信じて、先に打ち合わせを済ませることに。

ほんとだ、上がった。

 

試打開始!

まずはカリタコーチ。
th_IMG_6165

おお!飛びますね。
打ちやすい!
スイートエリアも広め。

何グラムだろう?振りにくくもない。
スピン系の引っ掛かりがいいです。
スライスも乗るし。

難しくはないですね。
幅広く使えそうな感じ。

絶賛である。

 

続いて、カミタカハラコーチ。
th_IMG_6171

好きな感じ!
いいっす!

スピンかかるなぁ。
スイートエリアは頭の方っすかね。
少しフェイスの上を意識すると・・・おお!気持ちいい。

飛ぶし、かかるし、扱いやすいっす。
ください、これ。

ダメです。(笑)

 

そして、フカダコーチ。
th_IMG_6175

優しいですね。
重くないし。

素直にボールが飛んでいく感じがします。
フィーリングも軽いし、いい子だと思います。

回転系もラクかも。
幅広い層に使ってもらえそうです。
スペックわからないけど、振れればレベル問わないっていうか。

うん、気に入りました!

そういうフカダコーチはウイルソン契約だ。
ほめすぎちゃって大丈夫かな。

 

もちろんワタクシも打ったが、概ね皆と同じ感想。
かなりバーサタイル(万能)な感じが強い。
細かくは次回に書こうと思うが、それまでもう少し使って深掘りしてみようと思う。

現在はグラビティ使用のカリタコーチも、「これに変えるか?」とのこと。
th_IMG_6180

まだ正体もわからないのにね。

何にしても、これまでのHEADのラインナップのどれにも似た感じのないブラックコスメラケット。
発表が楽しみである。

YOU GOT THIS!とかいう機種名じゃないよね。(ないよ)

#headyougotthis
#ぼくに任せて
#きみならできる
#headtennis
#headracket
#ニューモデルラケット

カテゴリー: Team REC, シューズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

なに?これとか、それを言えるかとか。

何?このクルマ。
th_IMG_4419

ベースはトヨタ車だけど、屋根の装備はなんだろう。
th_IMG_4420
Googleのクルマかな。
それにしても超未来的。

 

さて、大変だなぁとか、不便だなぁとか、これ意味あんの?
とか思ったりすることって少なくないと思う。

 
何故だか提出書類や報告書がとても多くて、仕事のかなりの部分を占めてているとか。

どうして同じような報告を別の形でダブってしなければいけないんだろうとか。

ファイルをこういうふうに統合されると分業が出来ないんだよなぁとか。

毎度報告しているけど、この数字どう使われているんだろうとか。
 

組織というのは月日を重ねるたびに書類や報告が増えていくもの。
一方で、何かが削減されていくことはほとんどない。

提出する方は手間がかかるが、受け手側にはその手間がわからないし、
「何が」ではなく「誰が」決めたかで、廃止の手が鈍ったりもする。

何かのタイミング、それこそトップダウンの大号令で、
「無駄を見直せ。要らないものはバンバン廃止せよ」
と思い切りよく整理しないとモノもコトも減らない。

つまりは無駄と理不尽はいつの間にか積み重なっていくもの。

 

現実に「無駄では?」といちばん感じるのは、
報告する側の一線のスタッフたちだったりする。

しかし本部と現場の力関係なのか、
なかなかそれが声になって出てこなかったりもする。

突っ返され続けてきた歴史のなかで
言葉にすることをやめてしまったのかもしれないが、
違うのでは?無駄では?意味あるの?と思ったら、言ってみるべき。

喧嘩腰じゃダメだし、言い方に配慮は必要だけど、言ってみることが大事。

それに対して「決まっていることだから」という、
まったく答えになっていない理由で突っぱねられたら、
そんな組織や上司は見限ってしまえばよい。
入り口でそんな対応しかできないなら、どうせ良くならない。

 

もう少し遡って考えてみる。

「大変」なのが、「なんか大変」「だけど言われたからやる」だと問題。
大変なのはどこかに問題があるはず。

それを大変なままに受け入れて、大変な思いを続けると、
いつかミスが出るし、遅れも出る。
何より身体に悪い。

「大変」に問題意識を持つこと。
なんで大変なのか?

仕組みに問題があるのかも。
そもそも業務量の振り方に無理があるのかも。
要らないものはないかな。
もっと楽に早くできないかな。

「発明は不便の発見から」と言った人がいたが、
「大変は問題発見のカギ」じゃないかと思う。

言われるがままに大変さを享受しちゃダメ。
ずっと大変さを受け入れ続けているのをみると、バカなのかな?と思う。
もちろん「大変なのは自分の能力が低いから」もあるかもしれないけど、
それも程度の問題。

 

問題発見能力は仕事の大事なスキルだと思う。

処理能力の高い優秀な人にしかこなせないような業務はおかしい。
その組織がエリート集団ならまだしも、普通の組織なら普通に出来るラインを探すべき。
身の程知らずの業務配分は組織の動きを止めるだけだ。

 

何にしても、まずは大変さを感じること。
そして疑問を持つこと。
そして文句ではなく、提案をすること。
それが改善てことだと思う。

おかしいと思いつつ、こうすれば良いと思いつつ、
意見を言うと損をするからと口を開かないしょっぱいヤツはそもそもダメ。
意見を言うことに「もの申すなんて失礼な」なんて反応の組織もダメダメね。

ああ、それを風通しっていうのかな。
提案も同じ構造だよね。
各階層で皆が考えないといけないことだね。

カテゴリー: クルマ, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アディダスとか、iPhoneブラックアウトとか。

高橋悠介プロのシューズはアディダス。
th_IMG_5976
ずいぶん変わったね。
でも、モデル名にはバリケードが復活したそうだ。

もうアディダスは3世代くらいご無沙汰。
ゴツさが好きだったけど、現在のモデルはしなやかそう。
久しぶりのアディダスもいいかも。

 

さて、そんな真夏の炎天下での関口プロ、高橋プロの練習。
2時間の予定だけど、数十分で汗だくのヘロヘロ。

しかしそこはプロ。
いったんポジションに入れば、気合いのショット連発。
th_DSC_1581

いやぁ、すごいな、やっぱり。
th_IMG_6017

 

余計なことはしなくていいです。(笑)
th_IMG_6027

 

残り45分ほどで、鈴木プロから指令。
th_IMG_6023
「じゃあ、試合して。3-3からがいいかな」

 

ということで、練習マッチ開始。
th_IMG_6034

 

「展開をしっかり意識しながら行こう」と鈴木プロ。
th_DSC_1658
いつもの貴男トークは逆の短いコメントがポイントをついていて、さすがって感じ。

 

試合はキープ展開の接戦。

th_DSC_1652

th_DSC_1604

th_DSC_1655

迫力あるわ。
なんかとっても得した気分。

 

と、撮影しているiPhoneがブラックアウトした。

「本体が熱くなりすぎたから、一回休むね。冷えてからまた使ってね」
的なメッセージが出て、撮影不能に。

マジか〜!
こんなことある?

仕方がないので、iPhoneを冷やす・・・方法がない。
日陰も無いし、風もない。
わずかな日陰で、ブンブン振り回して風をあててみる。
効果あんのか?これ。

なんとか復活させつつ、また熱で落ちながら撮影した動画が公開された。

ワタクシの努力が伝わるとウレシい。(つたわんないよね)

カテゴリー: Team REC, シューズ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 携帯電話, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

沖縄とか、北海道とか。

オリオンビールって、沖縄で飲むとどうしてあんなに美味しいんだろう。
th_IMG_5959
まあ沖縄、1回しか言ったことないけどな。(笑)
千葉だとそれなり。

 

さて、北の大地・札幌ではTeam RECメンバーが奮闘。

内山靖崇選手がディレクターをつとめるUCHIYAMA CUPに
関口プロ、竹島プロ、守谷プロが出場した。

関口プロは数年前のITFツアー以来の札幌だとか。
イベントでは鈴木プロと一緒に来てるみたいだけど。
貴男さんの実家に泊まったって言ってたっけ。

その時のITFツアーは優勝してるみたいなので、相性はいいのかな。

 

と思っていたら、まさかのシングルス1回戦敗退。
けっこう気合入ってたのに、なぜ?

ダブルスも棄権してるから、どこか悪くなったぽい。

負けた直後に「どうした?」って聞くのもなぁと思っていたら、
次の日のLINEアカウントからの動画メッセージで、
腹筋を痛めたとの発表が。

本人曰く、「これが全日本でなくて良かったと思うようにした」
まあ、そうだね、前向きに捉えて、次に備えよう。
まずはしっかり回復をだな。

 

守谷プロはベスト8で競り負けた。

今年は色々と悩みながらのプレーが続いていたけど、
そこからは脱したんじゃないかなという気がする。
まだいけるぞ。
全日本も頑張ろう。

 

そして、竹島プロ。

(たぶん)粘りに粘って、走りに走って、準決勝まで進んだ。
準決勝は第1シードの島袋選手。
朝、「頑張れ!勝とう!」とLINEを送ったら、ガッツポーズの絵文字が帰って来た。
気合十分なのか、返信が面倒だったかのどっちかだな。

この大会、YOUTUBEでのライブ配信があるので、仕事しながら観戦。
(って、休日に仕事すんなよ)
th_スクリーンショット 2021-09-11 14.04.25
まずは激闘のファーストセット奪取。

セカンドセットも均衡が崩れずだったけど、5-7で落とす。

そしてファイナルセット。
島袋選手がギアをさらに上げたか。
押し込まれて序盤でサービスダウン。

最後の最後、メッチャ粘ったけど、力尽きた。
th_スクリーンショット 2021-09-11 14.56.37

惜しかったなぁ。
ほんの少しの差だった。

 

そんな北の大地でのトーナメントは、内山靖崇選手が立ち上げた大会。
現役選手が大会を主催するのは本当にめずらしいこと。

現在のツアー状況やコロナ禍への内山選手の思いと決意の詰まった大会という意味でも
意義深いものだと思う。
素晴らしい大会をありがとうございました。

みんな、お疲れ様!!

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, , 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

10代対決とか、フォトコンやりまっせ!とか。

USオープン、女子決勝は誰も予想しなかったであろう顔合わせ。
めっちゃワクワクしながら観た。

素晴らしい試合だった。

弾むような動きから繰り出されるキレの良いショット。
心の揺れも垣間見えたりしたのも良かった。

フェルナンデスの粘りも素晴らしい。
あの局面での笑顔にも惹きこまれた。
ファイナルに入るかも?と思った。

次世代が出てくるってこういうことなのか。
いやぁすばらしい!

 

さて、9月といえばテニスの日。

五輪やらコロナやらで有明でのテスの日の統一イベントもできず、
加えて、JAPAN OPENも開催できずで、ちょっと寂しい秋のテニスシーズン。

ちなみに全日本選手権は開催方向で動いているけど、
会場は兵庫県三木市のビーンズドーム。
出来れば応援に行きたいけど、ちょっと遠いなぁ。
Team RECの誰かがいいところまでいったら頑張ってみようかな。

で、そのあとは日本リーグ。
昨年は直前で中止だったけど、今年は出来そうな気がする。
おそらく無観客で感染対策万全でって感じだろうけど、
配信なりの工夫をしてくれるといいな。

 

まだまだテニスシーズンはこれからってことで、
Team RECでは今年もこんなイベントを実施する。

th_teamrectennisdayphotocon

 

Team REC x テニスの日・フォトコンである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
応募方法は簡単!

・応募資格はありません。スクール会員様以外もぜひご参加ください。

・teamrec またはレック各校のインスタグラムアカウントをフォローしてください。

・テニスに関連する写真、動画を投稿してください。

・投稿時は下記のハッシュタグをつけください。
必須タグ #teamrec0909 #レックテニスの日フォトコン
お願いタグ ご利用のスクールのハッシュタグ 例 #レックインドアテニススクール上石神井
*その他、ご自由にタグをお入れください。(#テニス大好き #チームレック大好き 等)

・締め切り:9月30日

・優秀作品は表彰させていただきます。
発表は、インスタグラム、facebook、ホームページ等で行います。
入賞者の方には、Team RECグッズをプレゼントさせていただきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もちろんTeam RECスタッフも投稿する予定。
プロメンバーにも投稿してもらえるようにプレッシャー・・・じゃない、お願いしておこうっと。

こんな状況だけど、スポーツは大事、「だからテニス!」ということで、
たくさんのご応募お待ちしております!!

カテゴリー: Team REC, インターネット, カメラ, スポーツ, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

爆速とか、言い換えとか。

膨大なリース料の割りにどうにもダメダメだった
会社のネットワークをより安くシンプルな形に切り替えた。

途端にこの速度。
th_スクリーンショット 2021-07-13 9.10.43
爆速である。

やっぱり良い業者さんての大事だね。
ほんと、あそこは酷かった。
早くすべての縁を切りたい。

 

さて、もうほとんど話題にならないけど、
過去のいじめが問題での辞任騒動があったっけ。

「いじめ」ってなに?
ひらがな表記がダメなんだと思うんだな。

正しく表現しようよ。
「暴行」「傷害」「恐喝」とか。

いじめた側の人権や将来とか言ったりもするけど、
一定のレベルを超えたら普通に犯罪だから。

いじめられた側にも人権はあるし、
いじめられて自殺したとしたら人権なくなるからいいとか?
そんなことないよね。

 

子供の頃を思い出した。

小学校3年くらいの頃かな。
激しい暴力はなかったけど、なぜか絡んでくる二人組がいた。
休み時間のたびに通路で待ち伏せして、捕まえようとする。

スネ夫とジャイアンみたいな二人組だった。
別に殴られたり、縛られたりはしないのだけど、
とてもしつこくて、通してくれない。

最後はどうしようもなくなって、
スネ夫の方を払い腰みたいな技で投げ倒して、逃げてたっけ。
うーん、これってこっちが悪くなるのかな。

詳しくは覚えていないんだけど、あの時期、休み時間がとても憂鬱だった。
いつしか彼らも飽きたのか、学年が上がってクラスが分かれたのか、
何らかの理由でそれはなくなった。
でも確実に学校に行くのが気が重い時期だった。

 

バスケ部でケンカというか、難癖をつけられて揉めたこともあった。
理由はよく憶えていない。

最後は馬乗りで首を絞められた。
本当に呼吸ができなくて、目の前がチカチカしだして、
視界が暗くなりかけたところで首から手が離れた。

あのまま気を失ったらどうなっていただろう。
先生もいなかったから、蘇生出来なかったかもしれないし、
何らかの障害が残ったかもしれない。
でも子供同士のケンカで処理されたんだろうか。

 

一方で明確にいじめられてるヤツもいた。
ちょっと変わった感じの男の子で、成績も悪かった。
何をされても怒らないし、リアクションが滑稽で大きいから、
いじめ集団にパンツ脱がされてたりしてた。

クラスや学年が変わっても、なぜかそういうタイプの子はいた。
何となくタイプは似ていたかも。

女子はどうだったんだろう。
無視とかそういうのあったんだろうか。
何となく疎外されている女子もいたっけな。
学校に来るの嫌だったろうな。

 

子供は残酷だで片付けられるレベルじゃないこと、
昔からたくさんあったんだと思う。
それって犯罪だよってこと。

なんで「いじめ」なんだろう。
子供がやることだからひらがななのかな。

とにかく変な言葉の言い換えが理不尽を包み隠しちゃいけないと思う。
どう考えてもダメなのよ、それ。

 

カテゴリー: PC, インターネット, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画公開とか、炎天下練習とか。

関口プロと鈴木プロのインタビュー動画を公開した。

今週のUCHIYAMA CUPでは腹筋を痛めて敗退してしまった関口プロ。
残念だけど、次に向けて頑張ろう。

 

さて、そんな動画収録の様子を。

朝からビールが飲みたくなるくらいに暑い週末。
いちおう休みだけど、電車であるテニスコートを目指す。

着いた!しかし暑いわ。
th_IMG_5970

 

コートサイドにはすでに汗だくでアップを始めた人が。
th_IMG_5973

関口周一プロである。

先日、関口プロから「金〜日、ここで練習してます!」とのLINE。
まあまあ近くだし、これは「来てね」ってこと?
用事もあったし、休み返上で行くことに。

 

まずは、用事を済ませる。

先日のTeam REC CHALLENGEの抽選で守谷プロのシャツが当たったお客様から、
「全員のサインを」とリクエストがあり、選手たちを渡り歩いてサイン集め。
最後はツアーから戻った関口プロにサインをもらいにきたというわけ。

今回の練習は鈴木プロがコーチで帯同しているので、一緒に1枚。
th_IMG_5975
ようやく揃いました。
お待たせしました。

 

今回の練習相手は、高橋悠介プロ。
th_IMG_5977
日本リーグでは相手チームだけど、
えげつない打球から想像もつかないくらいの礼儀正しい好青年。

 

陽も高いお昼前、コートに入る。
th_DSC_1517
体力持つのかな?

おっ!関口プロ、ラケットがプレステージに戻ってる。
th_DSC_1521
ちょっと前はグラビティを使っていたはず。

「戻した?」

「はい。やっぱり浮気しちゃいけませんね」

th_DSC_1522
最後に信頼がおけるのはやはりプレステージのようだ。

 

練習開始。
th_DSC_1525

th_DSC_1529

th_DSC_1534
暑いからかアップのラリーは短め。
すぐにフルのラリーに入る。

 

関口プロの水分補給時は鈴木プロもラリー。
th_DSC_1541
クロスのスライスのラリー、半端ない。

 

横に鈴木プロがついてアドバイス。
th_IMG_5981

th_IMG_5986

貴男さん曰く、
「ある程度出来上がっているので、ヒントのみで答えを引き出す」
感じで話をしているそうだ。

 

続いて送球での打ち込み。
th_DSC_1548

th_DSC_1555
高橋プロのボールはあらためてすごい。
で、とってもシャープ。

 

かなり暑いので、休憩しつつ。
th_IMG_5998

th_IMG_5991

 

なんと、プロ二人ネット、貴男さんひとりベースラインパターン。
th_IMG_6003

th_IMG_6008

貴男さん、元気。
すごいな。

合間に小さな日陰を探す関口プロ。
th_IMG_6014

この時点でまだ1時間も経過していない。
皆んな、持つのかな。
むしろワタクシが倒れそうだ・・・

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

自販機とか、テニス業界とか。

NEOインドアテニススクール西新井にて。
th_IMG_4334
自販機にマスク。
そういう時代になったのね。

安くはないな。
売れてるのかな。

 

さて、帰宅したら荷物が。

th_IMG_5727

日本プロテニス協会からだ。
なんだろう、お中元かな。(ないない)

 

開けてみたら、ウェアだった。
th_IMG_5728

思い出した。
プロテストテスターのウェアをつくるって言ってたっけ。
もうできたのか、早いな。

テスターウェアって初めてじゃないかな。
ちなみに貰えるんじゃなくて、買うのだよ。(念のため)

 

まずはアップ。
th_IMG_5734
西岡選手も着てたやつだ。
色もこれ着てた。

ワタクシが着ると若干昭和感があるが、まあ昭和生まれだからしかたないか。
カラーは理事長イチオシだったらしいけど、理事長も昭和だからな。
って、そういうことじゃないか。

 

バックプリントはこんな感じ。
th_IMG_5731
日本プロテニス協会と、提携しているアメリカプロテニス協会のロゴ。
そういえば、デザイン決める時、「どれがいいですか?決めて」と言われた気が。
ワタクシの意見が通ってこれになったのかどうか、
どれを選んだのかも記憶にない。(ゴメン)

 

ポロシャツ
th_IMG_5735

th_IMG_5736
定番な感じでいいかもね。

 

で、テスターワッペンも入ってた。
th_IMG_5738
プロテストの時はこのワッペンが着けてないといけないルールなのだ。

ちなみにこのワッペンも最初の分だけ支給で、あとはちゃんと買うルール。
明朗会計でいいけど、高いのよ、このワッペン。

 

あ、名刺も入ってた。
新執行部になって名刺も変わったんだっけ。
th_IMG_5740

ちなみに今期のワタクシの役割は常務理事とあれこれ。
別に偉くなったわけじゃなくて、仕事と責任が増えたというのが実感。

二期目に入って、より皆さんの仕事を知るほどに、大変なんだなぁというのが実感。
ワタクシもテニス界に恩返しのつもりで頑張らないとって感じだ。

しかしまあ、ここにきてプロテニス協会の仕事もそうだけど、
テニス事業協会の仕事も増えてきた。

「テニス界のために」とのボスの指示もあって動いているけど、
けっこう社内の仕事も多いので、なかなか大変になってきた。

いい歳だし、サラリーマンだから会社の方はぼちぼちだと思っていたけど、
こちら側でこんな感じになるのは計算外だった。

さぁて、この先、どうやって生きていくかな。
テニスで生かされてきた人生だから、
テニスに携わりながら、恩返ししながらいければありがたいな。
軌道修正しつつ、望まれる場所でもうちょっと頑張ってみようと思う。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。