Naomi~!

こんにちは。

昨日、ついに、ついに、やってくれました!

大坂なおみが、全豪オープン決勝戦で、クビトバ選手相手に大接戦の末撃破し、見事優勝しました!

そしてそして、夢にまで見た世界No.1のランキングまで手に入れるという、大快挙を成し遂げました!!

昨日の試合を見た人も、きっとたくさんいたことと思います。

手に汗を握る熱戦でしたね。

まさに、全豪オープンの頂点のみならず、女子テニス界の頂点を決めるにふさわしい、すさまじい試合でした。

試合は、1セット目はお互いに一歩も引かないラリーの応酬、そしてゲームもキープ合戦となり、タイブレイクに突入します。

タイブレイクの2ポイント目、なおみの素晴らしいストレートへのエース!

これで流れを引き寄せたなおみは、途中少し弱気になったクビトバを一気に引き離し、1セット目を取るのでした。

そして2セット目、今度はクビトバが猛ダッシュ!

1ゲーム目をキープすると、2ゲーム目でブレイクに成功します。

そのまま3ゲーム目もクビトバがキープしてしまうと、流れは一気にクビトバに行ってしまう・・。

そう思った時でした。

すぐに、なおみはブレイクバックに成功します。

その流れで、さらに次のクビトバのサーブをブレイクすると、2セット目後半、5-3でクビトバのサービスゲームながら、0-40でトリプルチャンピョンシップポイント!

ところが、そこからクビトバの猛チャージ!

一気に5ポイント連取してキープすると、その次のなおみのサービングフォーザチャンピョンシップを一気にブレイクし、その勢いのままに第12ゲームのなおみのサービスゲームも一気にブレイク!

セットカウント1オールとなるのでした・・。

なんという試合!

このような流れだと、ファイナルセットで一気に流れがクビトバに行き、大坂なおみは圧倒的に劣勢に立たされてもおかしくないのですが、今のなおみは一味も二味も違う!

ファイナルセット、第3ゲームのクビトバのサーブをブレイクし、1ブレイクアップ!

第7ゲームのクビトバのサーブも0-40となり、このゲームをなおみが取ると5-2でなおみのサーブとなるのですが・・。

ところが、そこからクビトバはまたしても執念のキープをするのです!

ですが、なおみは引き下がらない!

なおみがキープして5-3、次のゲームはクビトバがキープして5-4、そしてなおみの再びのサービングフォーザチャンピョンシップ!

40-0と、再びトリプルのチャンピォンシップポイント!

1ポイント挽回されて40-15。

2セット目の悪夢がよみがえります。

ですが、そこはなおみのサービスゲーム!

待ちに待った瞬間が訪れます。

センターに打ち込んだサーブがクビトバのラケットを弾き・・!

ゲームセット!

その瞬間、なおみはその場にしゃがみこみました。

優勝~!!

そして、世界No.1!!

お互いに、力の限りを尽くした、まさに死闘というにふさわしい試合でした。

自分の知る限り、ベストオブベストマッチだったと思います。

ところで皆さん、クビトバが2016年12月に強盗に襲われて、利き手の左手首に重傷を患ったのをご存じでしょうか?

神経も切れてしまい、修復手術を受けましたが、一時はラケットも握れず、選手生命が危ぶまれていました。

そこからの復活優勝、そして世界1位を目指して戦ったクビトバも、本当に見事でした。

テニスの試合は、必ず勝者と敗者がいますが、テニス人生に関して言えば、2人とも勝者と言っていいのではないでしょうか。

これから大坂なおみの時代が必ずやってきますが、クビトバも本当に強いことを印象づけた試合でしたし、女子テニス界は今後間違いなく2強時代と言えそうです。

2人とも、本当におめでとう!

そして、感動をありがとう!


カテゴリー: 未分類 | 投稿者bigkhimawari 12:09 | コメントをどうぞ