カテゴリー別アーカイブ: 関東公認

ありのみカップ・春

この大会も18歳以下に出場しました。
 
締切間近まで定員割れするんじゃないかというエントリー状況だったのでそれほど厳しいドローにはならないだろうと思っていたら全然メンバー揃ってるし、初戦から厳しいドローだしなんじゃこりゃ (>_<)
 
 
最近あまり調子が良くないと言っていて、特にフォアハンドが酷いらしい。
昨日もコーチが本来の練習時間の1時間前に特別練習してくれちゃうくらいの重症だったようです。
って、それってプライベートレッスンだよね???
でも私には一切相談なし。
商売っ気がないわけじゃないのを知ってるだけに今回はコーチとしての使命感からなのでしょう。
本当にこのコーチは「ザ・育成コーチ」だよな~と思います (^^;)
 
なので今日の試合は全く期待してなかったのですが中々のプレーを見せてくれました (^^;)
 
今日は本人から調子が悪いから試合を見ないで欲しい、もし見るならどこにいるかわからないようにしてくれと頼まれました。
ハイハイ最初からそのつもりだったけどね (^^ゞ
 
 
1R
 
相手は神奈川の2つ上のO君。
去年の夏にも対戦して相手の調子が上がったらあっさりやられました。
 
今回は6-4で接戦を物にしました。
フォアはまだ自信なさげな感じもありましたが丁寧に打とうという意識が功を奏したように見えました。
いつもより迫力はなかったけどつまらないミスが少なかったように思います。
その分バックのミスが多かったけどw
 
相手のフォアの強打にやられる場面も多かったですが自身の攻めではネットプレーの意識も高くバランスの良い攻めができていたように思います。
ナイスゲームでした。
 
 
2R
 
相手は埼玉の2つ上で第8シード。
昔から強い選手なのでボコられると思いきや序盤から気持ちの面でも戦えてました。
フォアも相手が相手だけに自信なさげに打ってる余裕もなかったからかしっかり打ててました。
相手のサーブが強くリターンゲームは何もさせてもらえないながらも3-3まで苦しみながらもキープができていました。
第7ゲームは相手の40-0からブレイクし、これはもしやと思わせる展開でしたがココから相手にギヤを上げられてしまい3ゲーム連取され4-6でした。
でも最後の3ゲームも競った内容だったので悲観する内容ではありませんでした。
本人曰く「いつも自分のショットのことばかり気にして負けて、それを指摘されてたから今日は相手のことだけ考えた。」と言っていました。
これがもっと前から出来ていたらもっと成長してたと思うんですけどね~ (-_-;)

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

シルクカップ 3日目

予選終了後のLL抽選は4番目でした。
春のシルクは欠場が多い印象を持っていますがそれでも4人も欠場しないよなと諦めていました (^^;)
ところが前日なんとなくドローをチェックしてみると4人欠場となっているではありませんか! Σ(・ω・ノ)ノ
なんとラッキーなことでしょう (^^♪
 
LLで本戦入りするのはこれで何度目でしょう・・・結構あります (^^;)
ドロー運は決していいほうではないですがLL運はあるほうですね~w
 
でもラッキーはさらに続いたのです ( ̄▽ ̄;)
 
4人の欠場枠の対戦相手を見ると3枠は2~3歳上の強者ばかり。
1人だけが予選上がりの同い年でした。
その同い年を引き当てればそれこそ超ラッキーなわけですがLLの4番目ということでくじ引きは4番目、即ち余り物だったらしいです。
 
だが引いてみると対戦相手は予選上がりの同い年!!
まさに余り物には福がある! Σ(・ω・ノ)ノ
聞いた時は本当にびっくりしましたw
 
 
本戦1R
 
ってことで相手は東京の同い年のI君。
彼との対戦は小学5年生くらいの時以来じゃないだろうか。
I君はその頃から同年代では東京上位にいてうちのはまだ全然だった時なので圧倒された記憶があります。
 
今回は6-4で勝利しました。
東京の上位ライバル勢に勝つのは久しぶりです。
ヨウタの調子も決して良くなかったけどそれ以上に相手の調子が悪そうだったとのことでした。
とはいえLLで本戦入りしたラッキーを活かせたのは非常に大きいです。
 
 
本戦2R
 
相手は第3シードのA君。
3歳上で東京3位の子でした。
 
2-6 1-6で当然ながら完敗 (^^;)
よく3ゲーム取れたな~、と感心したのが本音です。
1カテゴリ上の東京3位と戦えたのはいい経験になったはずです。

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

シルクカップ 2日目

予選3R
 
相手は神奈川の2つ上。
やはり苦戦したようですが初戦と同じく6-4でした。
 
これで予選決勝へ進出。
18歳以下とはいえ裏シードをもらっていたのでノルマクリアといったところでしょうかね (^^ゞ
 
 
予選決勝
 
相手は予選シードで2つ上の東京のS君。
めちゃくちゃデカい子だったそうです Σ(゚д゚)
その体格通りにパワフルなプレーだったそうでオーバーパワーされてしまったとのことで1-6でした。
とはいえ7ゲーム中4ゲームはデュースまでもつれたそうでまあ頑張ったのではないでしょうか。
ノーアドじゃなのに1つもデュースが取れなかったということは相当な差があるのは間違いありませんが (^^;)

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

シルクカップ 1日目

今年もシルクカップに出場しました。
今年はシングルスのみで18歳以下への出場としました。
この日は予選。
 
 
予選1R Bye
 
 
予選2R
 
相手は千葉の2つ上。
2つ上相手ということで苦戦したようですが6-4で勝利しました。

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

東京ジュニア 4日目

この日は結構な雨だったので待機時間が長くなることも考えて試合を見る見ないは別として車で送迎することにしました。
 
 
ダブルス 準々決勝
 
相手は第2シードの1つ上ペア。
二人とも速い球を打つが雨の影響でボールが重くなりスピードは殺されるのでチャンスはあるかもと思っていました。
それと二人とも先に行われれたシングルスでは負けてしまっていたのでメンタル的にもチャンスがあるかなと。
でもこちらについてはそんな素振りは全くありませんでした。
やっぱり全国レベルは違うな、しっかり切り替えてましたね (^^;)
 
第1セット。
相手のプレースタイルが攻撃的なのは解っていただろうが想定していた以上に展開が速かったようで全くがついていけず1-6でした。
 
第2セット。
ポーチを食らいまくった第1セットに対して第2セットは考えてプレーしていました。
リターンからストレートを使ったり、何よりロブの使い方が二人とも上手かった。
それにより相手のミスも増えてきて相手はポーチも消極的になっていきました。
先にブレイクもしていい流れになったがやはり相手が1枚も2枚も上手で5-7で取られての敗戦でした。
 
 
私は遠くから見ていたので何が起きたかわからなかったのですが第2セットでSCUと揉めてる場面がありました。
後で確認したところヨウタのサーブに対してパートナーがレットのコールをしたところ失点とされたとのことです。
私はSCUが付いた試合経験はないので調べたところ、SCUが付く試合の場合ラインジャッジは選手が行いますがそれ以外は全てSCUがジャッジするんだそうです。
レットについても同じで選手がレットをコールすると失点となるそうです。
SCUがついても基本的にはセルフジャッジでSCUはカウント記録とラインジャッジのオーバールールしかしないと思ってました (^^;)
SCUが付く試合での違いの理解度が足りなかったようです。
 
ちなみにこのケースはSCUが付かない通常のセルフジャッジでも失点ですけどね(笑)
サーバー側にサービスレットをコールする権利はありません。
サービスレットをコールできるのはリターン側だけです。
大人の草トーでもよく見かけることがあり何度か対戦相手に指摘した経験があります (^^;)
草トーだと失点まではしないで次から気をつけましょうね~、で終わりますけどね (^^ゞ
 
 
これで今年の東京ジュニアは終わってしまいました。
有明は11月から東京五輪に向けて改修工事が始まるので最後の有明での東京ジュニアでしたね。
来年からは駒沢になるのかな~ (・∀・;)
 
ダブルスの関東枠は6。
ベスト8には残ったので後は5月末ランキングまでのポイント争いです。
さてどうなることやら・・・。

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

東京ジュニア 3日目

シングルス 3R
 
相手は第9シードで1つ上のY君。
去年の関東中学以来の2度目の対戦。
 
ドロー番号も若いことから9時開始のはずだが11:30を過ぎても結果の連絡が妻から来ない。
あまりに酷い試合でもして連絡しづらいのだろうかなんて考えてたら連絡きました(笑)
結果は6-4 4-6 3-6で敗戦。
スコアだけ見れば1時間半くらいで終わってそうだが長いデュースが多い試合でスコア以上の熱戦だったらしい。
 
例年なら観戦している私がいないのを気にかけてくれてかコーチもわざわざメールくれました。
ありがたいことです (^^ゞ
 
以下コーチの感想。
「負けてしまったが今まで見た試合で一番いい内容の試合だった。
ディフェンス、長短高低差を使った展開、ネットプレーと幅広いプレーが出来ていたし全体的に無謀過ぎず、攻撃的で良かった。
何よりセットを取り返されても最後まで諦めずに戦えていた。
あんなに走っているヨウタを見たのも初めて。
ただ少しだけ相手の引き出しが多く、ディフェンスが上回っていた。」
 
かなりの高評価で成長を感じられたのは確かだけど、この大会はとにかく結果を残さないといけなかっただけに残念でした。
ドローもノーシードとはいえ早いラウンドでトップ4にあたるドローではなかっただけに絶望的ではなかったしね。
とはいえシードの子はやはり強いし、何より強豪ぞろいの1つ上がいる大会だったので覚悟していた結果ではありましたが (^^;)
ってことで今年もシングルスは関東ジュニアへはいけませんでした (T_T)
 
 
続いて午後はダブルス。
 
 
ダブルス 2R
 
相手は同い年ペア。
見たことないけど相手の一人がとにかくハードヒットしてくるらしく危険な相手だと思っていました。
結果は6-4 6-4。
パートナーのO君はシングルスでシード相手に番狂わせを起こして意気揚々かと思いきや何故かテンションが低かったらしい(笑)
ヨウタがよく引っ張っていたとコーチは言っていた。
でも普段からO君は大人しめだからいつも通りだっただけと思う (^^;)
内容はこの試合もよく2セットで終わらせたという接戦だったらしい。
 
これでシードを守ってベスト8。
東京の独自ルールがあるから確定ではないがダブルスはかなり関東に近づきました。

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

東京ジュニア 2日目

この日はダブルスの1Rのみ。
ダブルスは第5シードでした。
 
今年から東京ジュニアのダブルスはルールが変わりましたね。
全日本ジュニアに合わせてノーアド、ファイナルセットはスーパータイブレイクです。
 
 
1R
 
相手は1つ上ペア。
一人は川崎で対戦してる子でした。
結果は6-1 6-4。
スコア以上に競った内容だったそうで特に2ndセットは取られてもおかしくない展開だったらしい。
ファイナルのタイブレに持ち込まれなくてよかった (^^;)

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

東京ジュニア 1日目

16歳以下1年目の東京ジュニアが始まりました。
 
春からは中学3年生ということで高校受験の事も考えてテニスに取り組まないといけない現実があります。
そういう点からもこの大会と最後の中体連の大会は非常に大事な大会になるとずっと本人には伝えていました。
本人がジュニア卒業後にテニスを続けるのか、続けるにしてもどこを目指していくのか、本音ではどこまで考えているか正直なところ親としてもよくわからないです (^^;)
もしかしたら深く考えてないのかもしれない (^^;)
自分の昔を思い起こしてもまだ中学生だから十分にありえる (^^;)
だとするとより選択肢を広げられるなら広げてあげたいという気持ちが親としてはあります。
春のこの2大会での結果によっては高校の選択肢もより広がるのではないかと思っています。
そういう点からも本人には「この春の結果によってはテニス人生が変わるくらいの覚悟で取り組みなさい」とかなりプレッシャーをかけ続けてしまっていました。
本当はもっとのびのびやらせてあげたい気持ちはあるが現時点での実績が中途半端なだけに仕方ない (~_~;)
 
 
ただ最近そのプレッシャーが原因で新たな問題が出ていることに気づきました。
私がプレーを見ることが更なるプレッシャーとなりパフォーマンスに影響しているということに Σ(゚д゚)
今さら親が見てることなんて気にするなよ(笑)って思ったけど、自分自身の経験からもちょっとしたことで無意識にプレッシャーをかけてしまうことってあるのでわからなくないです。
なのでこの東京ジュニアについては試合を見ないことにしました。
私が見ることで言い訳の1つを作ってしまうのも嫌だし、何より悔いのないように戦って欲しいので。
妻は応援に行くと言っているので次男の相手をしながら連絡を待つことにしました。
どの選手の他の大会とは違う本気度で戦っている大会だけに見たい気持ちは強いんですけどね~ (^^;)
 
 
16歳以下は中学3年生と高校1年生の選手です。
この高校1年生の中に関東以外から東京の高校に進学してきた子が何名かいました。
そういう子は全国大会経験者だったりしていきなりランキング上位に食い込んできます (-_-;)
関東の他県からクラブ移籍に移ってくるのは普通にあることですがこの年代はこういうのがあるんですね (;´・ω・)
ちょっと予想外でした。
その影響でぎりぎりでシードから漏れてしまいました (>_<)
 
 
さて長々としょうもない話をしてしまいましたが試合結果です (^^ゞ
この日はシングルスの1Rのみでした。
 
 
1R
 
相手は1つ上のL君。
昔から知ってる子だけど初対戦だったはず。
最近目立った活躍を目にしてないけど1つ上だし簡単ではないと思っていました。
 
思っていたけど・・・6-1 6-0の完勝。
相手のプレーが凄く荒かったらしいです (^^;)

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

MUFGジュニアトーナメント 東京予選大会

会場は有明のオムニコート。
会場に到着して受付に行ったヨウタから電話がありました。
「もうオムニ用シューズのインソールがボロボロで履きづらいから今日はハード用でやるから」と。
「そんなのオムニ用とハード用のインソールを入れ替えればいいだけでしょ?」と言うと「インソールがボロボロだったからオムニ用は持ってきてない」という返事が・・・もうアホですね (-_-#)
 
こういうことを試合直前にいいますかね、まったく(-_-#)
 
前日の夜にでも言ってくれれば済む話なのに (-_-#)
 
オムニコートでオールコート用シューズを履いてもグリップ力が無さ過ぎて滑ってしまってお話にならない。
オールコート用とは名ばかりでハードコート用ですよね。
レベルは低くとも私だって長年テニスをしてきて道具選びの失敗は色々してきている。
そういう経験も踏まえて道具を揃えているというのに、全く・・・ (# ゚Д゚)
 
頭にきてましたがもし2Rへ進めたらを考えてオムニ用シューズを取りに帰ることにしました。
ってことで試合は見られずでした。
 
 
1R
 
相手は1つ上のK君。
 
1stセット。
初対戦ということでラリーを多くする意識はあったが相手の攻めが良くてペースを掴めなかったとのこと。
1-6でダウン。
 
2ndセット。
気持ちを切り替えて相手のプレーにも対応出来たし、自分のプレーもそれなりにできたが6-7(8)で取られて敗戦。
 
試合を見てた妻もこの2ndセットは凄くいい内容だったと言っていた。
でもこの大会で大事だったのは結果。
 
本人はシューズの影響はなかったと言っていましたが次のことを伝えました。
「レベルが上がれば上がるほど、実力が近ければ近いほどちょっとしたことの差で勝負が決まる。
もしオムニ用シューズでプレーしていたらより足元が安定して自分が打つ球への力の伝わりも増してより良いショットが打てていたかもしれない。
それによって失ったポイントのいくつかは取れてたかもしれないし、もしかしたら2ndセットは取れていたかもしれない。」
 
これも一つの経験として捉えていますが2度と同じことはして欲しくないですね。
メンタル的な部分で隙を見せてしまうことはまだ年齢的にもあるでしょうけど、準備や道具で隙を作るのはもうやめてもらいたいものです。

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

山梨北杜ジュニアテニストーナメント 冬 2日目

準決勝
 
相手は九州の1つ上のN君だったのですが会場に現れずWOとなりました。
九州の強者ということだったので楽しみだったんですけど残念でした。
 
 
決勝
 
相手は千葉の1つ下で全国レベルのI君。
昨夏に2度対戦しているので相手の特徴、プレースタイルは解っていたはずなのにいいようにやられてしまいました。
相手は今日のこのコート、環境で1試合しているというのは少しだけ不利になったかな。
まあ内容的には問題はそこじゃなかったですけど (-_-;)
 
プレースタイルを比較すると決して相性のいい相手ではないと思うので、ということは自分のショットの安定性をもっともっと上げないと上には通じないということなんでしょうね。
 
試合終盤には諦めて投げやりな態度でプレーをしました。
諦めて匙を投げたって奴ですね。
いくらボロ負けでもこういう態度で試合したのは小さい頃から見てても初めてかもしれない。
これが癖になったらいけないので当然説教でした (-_-#)
まあ本人も解っているでしょうから激しい説教はもうしないですけどねw
俺も疲れるしw

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ