タウンテニス大泉学園 中学生シングルス 優勝者マスターズ大会

前週は学校行事の移動教室で3日間も練習に参加できずでした。
東京ジュニア直前だというの・・・まあ学校行事じゃ仕方ないですけどね (-_-;)
前日に練習を久しぶりに見たのですがやはり練習を休んだ影響があったらしくミスばかりしてました (・_・;)
今日はまあこんな状態になるだろうと見越してちょっとでもプレー勘を取り戻してほしいとエントリーしていた草トーです。
 
エントリーは7名でしたが1名欠場となりました。
一番対戦したかった子が欠場とは (-_-;)
県ジュニアと重なっちゃったのかな~。
 
ってことでトーナメントのみから予選リーグ&予選1位2位による決勝トーナメントに変更となりました。
予選は6-2、6-0で快勝して予選1位で準決勝へ。
 
 
準決勝
 
相手は1学年下のW君。
クラブは埼玉だけど学校は東京なので都中学で当たる可能性もありえます。
だからこそココはしっかり勝とう、と伝えました。
本人もそれは解っていたようですがそれでも相手を舐めていたんでしょうね。
それは酷いプレーをしてくれちゃいました (-_-#)
 
第1ゲームは40-40とするもキープされました。
 
第2ゲームのサービスゲームの1ポイント目。
1stサーブが入って返ってきたリターンに対してドロップショットを打ちネットに引っかけました。
この状況でドロップショットを打ったことで「この試合ダメかもしれない・・・」と思いました、マジで (>_<)
 
以前からリスクが高くなるのでドロップショットを打ってはいけないケースとして2つを伝えていました。
 
1つ目が相手の返球がスライスショットだった場合。
一般プレイヤーの試合でもこれでミスしてる場面をよく見かけます。
スライスは力のないショットなのでそれを上手く勢いを殺してドロップにするのは難しいです。
また逆回転でくるボールに対してより強い逆回転をかけてるのも難しい。
順回転で向かってくる来たボールに対して逆回転をかけるのは回転の方向は同じなのでより強い回転がかけられます。
相手コートでバウンド後に跳ねないボールになりやすいけどその効果も期待できないです。
そもそも相手がスライスを打ってくるということは相手は時間的余裕が欲しいからスライスを打ってる場合がほとんどでしょう。
そんな時間的余裕が生まれてる相手にドロップを打ったところで拾われるのがオチだろう、と。
一つ前のショットでコートの外に完全に追い出しているならまだわかりますけどね (^^;
 
2つ目が今回のサーブを打って返ってきたリターンボールに対してのドロップです。
ヨウタはサーブを打ってから次の準備への動作がまだまだ遅いように思っています。
それなのにサーブ打った直後にデリケートなショットを選択するなんて高リスクだからやめようと伝えてました。
それなのにやってしまうんですね、まったく (-_-#)
 
ただこのポイントで「この試合ダメかもしれない」と思った理由が自分のサービスゲームの1stポイントでこれをやったことでした。
サービスゲームの1stポイントはそのゲームを優位に進めてキープをする為に確実に取りたいポイントです。
なのにこういうことをするということは「相手を舐めてるし、何より楽してポイントを取ろうとしているな」と思ったからです。
案の定このゲームをブレイクされて相手を勢いづけてしまいました。
 
その後もラリーでは押し込むのに相手の甘い返球に対してドロップを打ち、追いつかれ切り返される場面が何度かありました。
序盤からあんなにドロップを要所要所で打たれたらそりゃ警戒するよね。
 
勢いづいた相手は大事なポイントでさらに力を発揮していました。
40-40になるゲームが多かったのですがほぼすべてでナイスプレーでポイントを取っていました。
結果は1-6で敗戦。
 
東京ジュニアももうすぐだと言うのにこんなプレーをしているようじゃお話になりませんね・・・。

カテゴリー: その他大会 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

たうてに君カップ 男子ダブルス 2月大会

東京ジュニアまでダブルスの試合の予定がなかったので草トーに出場しました。
ほぼ主催者のNコーチの口コミで募集しているような大会なのでレベルも決して低くはないだろうし、去年はインスピの上級に出て全然上級じゃなかったけどそれよりは期待できるだろうと (^^;)
優勝すると賞金1万円だしね
( ̄▽ ̄)
 
それはさておき「たうてに君」とは何ぞや?と思った方もいるでしょう。
こんな子ですw
 
 20170226_1
詳細はこちら
 
有明でテニスの試合やイベントがあるとよく出没してるので見たことある人もいるのではないでしょうか?
 
 
試合結果に戻ります。
4ペア総当たり戦。
ノーアドで5-5の場合はタイブレーク。
1試合40分の制限がありますが今回は40分を超える試合はなかったです。
 
 
1試合目
 
相手は大学生ペア。
打球はさすがに速かったけど安定性で勝り6-2で勝利。
 
 
2試合目
 
相手は会場のスクールの大学生コーチと育成クラスの現役高校生選手のペア。
序盤から競る場面が多く互角の展開。
中盤以降はブレイク合戦。
4-3の40-40でネットインからのラッキーポイントでキープでき勝負あり。
6-3でした。
展開によっては負けでもおかしくなかったな (^^;
 
 
3試合目
 
相手は・・・まさかの私の友達のおっさんペア・・・本当にエントリーしていたとは
Σ(゚д゚)
冗談だと思ってたのに(笑)
ヨウタを小さい時から知っていてテニスもちょくちょく相手してくれていた2人。
週末プレイヤーとしては上手いほうの二人だが流石にバリバリやってるジュニア2人には勝てないだろうと思っていたら・・・6-0でした (^^;)
おっさん2人、お疲れさまでした (^^;)
 
 
ってことで優勝しました。
二人は初めてテニスで賞金を手にしました。
もちろん参加費分は返してもらったけど差額はお小遣い (^^♪

カテゴリー: その他大会 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

超強豪高校の練習に参加

福岡遠征のもう一つの目的は超強豪高校の練習。
私としてはJPTA全国大会よりこちらのほうがメインイベントだったりしました (^^;)
 
20170219_1
 
最寄りの駅から高校の最寄りまでバスは出ていますがこちらもやはり1時間に1~2本と少ないので朝はタクシーで移動しました。
校舎から少し離れているテニスコートに隣接している寮に着くと早速クラブOBの二人に会うことができました。
 
20170219_2
 
寮の中へ案内してもらうと・・・お世辞にも綺麗とは言えない (^^;)
話に聞くとこの寮は今は寮としては使われていないそうで部室扱いだそうです。
なるほど、納得しました (^^ゞ
 
監督さんも現れてまずはご挨拶。
似てる・・・あの漫画のあの監督にそっくりだ ( ̄▽ ̄;)
この方がモデルだったに違いない (^^;)
ちなみに熱い男・松〇修〇さんと同期なんだそうです。
 
9時30分に練習開始。
ランニング、準備体操、ストレッチ、トレーニング・・・1時間を過ぎても終わりません Σ(・ω・ノ)ノ
ウォーミングアップにこんなに時間をかけるとは流石強豪校という印象でした。
クラブOBの子の話だと「監督の機嫌が良いみたいでこれでも今日のは軽いほうですよ」とのこと。
マジかよ (;^ω^)
 
ようやくボールを使って基礎練習。
基礎練習が終わるとお昼休みを交代で取りながらマッチ練習が始まりました。
8ゲームマッチをやったり2-2から4ゲームマッチをやったり様々。
4ゲームマッチの時には試合を想定して監督さんから「今はこういう状況。それを意識して始めよう。」という指示も出てたりしてました。
ちなみにヨウタの成績は・・・6-1から6-8の大逆転負けという惜しいのあったけど全敗 (^^;)
 
20170219_4
 
この写真の真ん中の方は高校OBでコーチのMさん。
全日本を4回も優勝されている元トッププロです。
そんな方が朝から普通に指導していました。
レギュラー組や上級生の指導をされていたので流石にヨウタの相手をしてもらうことはありませんでしたがお話は少しさせて頂きました。
 
ウォーミングアップや基礎練習はどんなことをやるのか興味があったので見ていましたが試合はずっと見てなくてもいいやということで周辺を散策。
 
20170219_3
 
これはテニスコートの裏側。
水は決して綺麗ではなかったけど水の郷・柳川といった風景がありました。
 
帰りの飛行機の都合もあるので夕方で練習を切り上げさせてもらいました。
監督さんの話によるとマッチ練習の後にまた基礎練習をやって終了だとか。
でもそこから選手によってはさらに自主練をする子もいるそうです。
テニス中心の高校生活をするには素晴らしい環境ですね。
 
「テニスもだけど、部活なので卒業後も考えて人として成長してほしいという思いで指導してます」という監督のお言葉が印象的でした。
「一度練習に参加しただけだと本人も判断できないだろうからまた来て下さい」と言ってもらいました。
まあ確かに今回はお客様扱いだったでしょうからね。
あとは当の本人がどう印象を持ったかですね。
 
初っ端から超強豪校の練習に参加させてもらったけど今後は他の高校の練習にも参加させてもらうようにしない。
高校選び大変だな~ (-_-;)

カテゴリー: 練習 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

柳川温泉 南風

今回の福岡遠征のもう一つの目的の為、柳川に移動しました。
もうこの時点でもう一つの目的は察しがついていることでしょう(笑)
それはさておき数日ホテルの狭い風呂が続ているので流石にゆっくりとお風呂につかりたくなりました。
ということで九州での初温泉です (^^ゞ
 
柳川温泉 南風
 
西鉄柳川駅から30分に1本しか出ていないバスで向かいました。
うれしいことに最寄りのバス停は施設のそばでした。
バス停から温泉が入ってる施設の入口が撮影できちゃうくらいなので (^^;)
20170217_3
 
温泉の入口はこんな感じでした。
もっと古びた感じを想像してましたが全然綺麗です。
20170217_4
 
料金は中学生以上は410円・・・安い Σ(・ω・ノ)ノ
東京の銭湯行くより安いじゃないか!
 
気を付けなければいけないのがタオル。
小さいタオルは販売しているとのことですがレンタルタオルはありません。
事前に電話で確認して良かった。
手ぶらで行くところでした (^^ゞ
 
休憩所がめちゃ広いです。
20170217_5
 
入りませんでしたが電子浴ルームというのがありました。
どんなのなんでしょう?
20170217_6
 
肝心のお湯ですが無色透明ですが少しとろみがあるお湯でいい感じでした (^^♪
露天風呂はちょっと壁に囲まれてる感じで露天ぽくはないですが悪い雰囲気ではありませんでした。
結構気に入ったのでもう少しのんびりしたかったのですが閉店時間が20:30と早いです。
それ以前に駅に向かうバスの最終が20時過ぎでした (^^;)
 

カテゴリー: 温泉 | 投稿者よたぴ 00:01 | コメントをどうぞ

JPTA ALL JAPAN JUNIOR TENNIS TOURNAMENT 全国大会

2/15(水)
 
この日は前日練習日。
飛行機で博多まで行き、特急で駅弁食べながら最寄り駅へ (^^ゞ
 
20170215_1

20170215_2

20170215_3

20170215_4
 
2年前に来たときはあまり下調べせずに行ったので最寄り駅から会場まで徒歩で行きました。
でも大荷物で苦労したので今回は前回の教訓からちゃんと調べてバスで行きました (^^;)
 
20170215_5

 
練習は小学生の時の韓国遠征でも一緒だったY君と。
 

20170215_6
 
 
2/16(木)
 
この日から試合開始。
ルールは2Rまでは8ゲームマッチ、その後は3セットマッチでした。
この日は2Rまで行われました。
 
1R
 
相手は第5シードで広島のK君。
1つ下ですがRSKの全国に出ている子でした。
 
立ち上がりから相手の速い攻めについていけず一気に0-4と引き離されました。
その後徐々に相手のプレーに慣れたのもあるだろうし、相手のペースを崩す展開に持っていくこともできゲームカウントとしてはイーブンの状態まで挽回しました。
終盤はブレイク合戦だったのですがこの試合とにかくサービスキープができなかった。
あと1ゲームキープできればスコアが並ぶというところで最後もブレイクされ6-8で敗戦でした。
残念ながら今回は初戦敗退 (T_T)
 
ポイントはサービスキープができなかったこと。
これは相手のリターンも凄く良かったので仕方ないところもあるのだがそれにしてもキープ率が悪すぎた。
 
そして一番は序盤の第3ゲーム。
相手が3本もダフォしてくれてブレイクバックのチャンスがありながらも取り切れなかったこと。
最初に自分のサービスゲームをブレイクされて直後にブレイクバック出来ていれば試合展開はもっと違ったはず。
このゲームは本当に悔やまれる (>_<)
 
 
その後は敗者同士でマッチ練。
とはいえダブルスでしかも4ゲーム・・・(-_-;)
 
 
2/17(金)
 
この日は敗者によるマッチ練。
ダブルス3試合。
最後にやっとシードだった選手とシングルスを1試合やらせてもらえた (-_-;)
全勝でした。
 
 
2/18(土)
 
決勝戦が行われる日。
決勝に残れなかった選手は強化練習会ということでプロの指導による練習の日でしたが参加しませんでした。
2年前は参加したのですがとにかく参加選手が多くあまり球数も打てなかったこともあり今回は参加しませんでした (^^;)
 
ということで次の目的地への移動となりました。
昼飯は乗り換え駅の天神で博多ラーメン。
一風堂、一蘭も関東で食べようと思えば食えるからパス。
まあ本店で食べてみたい気もしたのですが (^^;)
関東には(たぶん)進出してないお店で食べました~。
 
20170217_1

20170217_2
 
最近、体のことを考えてあまり炭水化物、糖分を摂りすぎないように気を付けていたのですがこの日は歯止めが利かず替え玉までしてしまいました (^^;
いや~美味かったです (^^ゞ
 
 
最後に今回のJPTA全国大会に出た感想です。
12歳以下の時は関東以外は本当に全国レベルの選手が多数出場してましたが今回の14歳以下はほとんど参加してなかったと思われます。
前日練習日の夜のレセプションパーティー&ドロー抽選会も無かったし、試合初日の夜の講習会もありませんでした。
とある関東の選手のパパさんとお話する機会があったのですがその方は「わざわざ北九州まで草トーに出場しに来たいみたい」と言ってました。
でも本当に今回はそんな感じでした (-_-;)
もう一つの目的がなければ出なくても良かったなというのが正直なところでした。

カテゴリー: その他大会 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

MUFGジュニアトーナメント 東京予選大会

会場は有明のオムニコート。
会場に到着して受付に行ったヨウタから電話がありました。
「もうオムニ用シューズのインソールがボロボロで履きづらいから今日はハード用でやるから」と。
「そんなのオムニ用とハード用のインソールを入れ替えればいいだけでしょ?」と言うと「インソールがボロボロだったからオムニ用は持ってきてない」という返事が・・・もうアホですね (-_-#)
 
こういうことを試合直前にいいますかね、まったく(-_-#)
 
前日の夜にでも言ってくれれば済む話なのに (-_-#)
 
オムニコートでオールコート用シューズを履いてもグリップ力が無さ過ぎて滑ってしまってお話にならない。
オールコート用とは名ばかりでハードコート用ですよね。
レベルは低くとも私だって長年テニスをしてきて道具選びの失敗は色々してきている。
そういう経験も踏まえて道具を揃えているというのに、全く・・・ (# ゚Д゚)
 
頭にきてましたがもし2Rへ進めたらを考えてオムニ用シューズを取りに帰ることにしました。
ってことで試合は見られずでした。
 
 
1R
 
相手は1つ上のK君。
 
1stセット。
初対戦ということでラリーを多くする意識はあったが相手の攻めが良くてペースを掴めなかったとのこと。
1-6でダウン。
 
2ndセット。
気持ちを切り替えて相手のプレーにも対応出来たし、自分のプレーもそれなりにできたが6-7(8)で取られて敗戦。
 
試合を見てた妻もこの2ndセットは凄くいい内容だったと言っていた。
でもこの大会で大事だったのは結果。
 
本人はシューズの影響はなかったと言っていましたが次のことを伝えました。
「レベルが上がれば上がるほど、実力が近ければ近いほどちょっとしたことの差で勝負が決まる。
もしオムニ用シューズでプレーしていたらより足元が安定して自分が打つ球への力の伝わりも増してより良いショットが打てていたかもしれない。
それによって失ったポイントのいくつかは取れてたかもしれないし、もしかしたら2ndセットは取れていたかもしれない。」
 
これも一つの経験として捉えていますが2度と同じことはして欲しくないですね。
メンタル的な部分で隙を見せてしまうことはまだ年齢的にもあるでしょうけど、準備や道具で隙を作るのはもうやめてもらいたいものです。

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

山梨北杜ジュニアテニストーナメント 冬 2日目

準決勝
 
相手は九州の1つ上のN君だったのですが会場に現れずWOとなりました。
九州の強者ということだったので楽しみだったんですけど残念でした。
 
 
決勝
 
相手は千葉の1つ下で全国レベルのI君。
昨夏に2度対戦しているので相手の特徴、プレースタイルは解っていたはずなのにいいようにやられてしまいました。
相手は今日のこのコート、環境で1試合しているというのは少しだけ不利になったかな。
まあ内容的には問題はそこじゃなかったですけど (-_-;)
 
プレースタイルを比較すると決して相性のいい相手ではないと思うので、ということは自分のショットの安定性をもっともっと上げないと上には通じないということなんでしょうね。
 
試合終盤には諦めて投げやりな態度でプレーをしました。
諦めて匙を投げたって奴ですね。
いくらボロ負けでもこういう態度で試合したのは小さい頃から見てても初めてかもしれない。
これが癖になったらいけないので当然説教でした (-_-#)
まあ本人も解っているでしょうから激しい説教はもうしないですけどねw
俺も疲れるしw

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

山梨北杜ジュニアテニストーナメント 冬 1日目

16歳以下に出場。
第5シードをもらえました。
 
 
1R
 
相手は予選上がりで東京の1つ下のO君。
そんなに苦労しないだろうと思っていたのですが予想に反して接戦となりました。
相手のプレーも良かったですが一番は試合の入り方に問題がありました。
普段練習してるのとは違うサーフェースでクレーコートだし、ここは標高が高いので思ってる以上にボールが飛んでいくことはもう解っていたはずです。
久しぶりのこの環境で相手との対戦は初めてなので序盤はこの環境、サーフェース、相手の球に慣れる為にラリーを多くすべきなのですがいつも通りのプレーをしてミスを重ねていました。
中盤に差し掛かっても中々突き放せず、5-4から次の相手のサービスゲームをブレイクしてどうにか6-4で勝ちました。
 
 
2R
 
相手は東京の1つ上のI君。
前回対戦した時は一方的にやられました (^^;)
この冬の試合結果を見てみるとI君はあまり好成績を上げていなかったので調子を落としているのかな?と思っていました。
実際に今回は安定にかけたプレーが多かったように思います。
6-2で勝利しました。
 
 
準々決勝
 
相手は第5シードを倒してきた東京の同い年のK君。
去年くらいに練習試合もしてたはずですが大会で対戦するのは久しぶり。
 
午後になるとコートの状況が変わってきました。
寒さで凍っていた表面や霜が溶けてきた影響だと思うのですがコートが少し柔らかくなったようです。
それにK君の癖球が絡んで弾まないボールが返ってくることが多かったです。
苦労するかと思いましたが今回は上手く対応したプレーが出来ていて徐々にリードを広げて6-3で勝利しました。

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ

川崎ジュニアテニス選手権 5日目(ダブルス)

シングルスの惨敗から上手く気持ちを切り替えてダブルスに臨めていました。
気を紛らわせてくれたパートナーやテニス仲間に感謝です (^^ゞ
 
 
準々決勝
 
相手は同い年の東京のライバルペア。
お互いこの冬から結成したペア同士の対戦ということで先の大事な大会を考えると非常に興味深い対戦でした。
もしかしたら彼らが相手だったからシングルスよりこっちの対戦を楽しみにして上手く気持ちを切り替えられたのだろうか (^^;)
 
第1セット
 
5-4まで全部キープの引き締まった展開。
次をブレイクして6-4で先取しました。
 
 
第2セット。
 
今度は序盤からリードを許して追いかける展開でしたが追いつきました。
逆転して突き放すチャンスもありましたがモノにできずタイブレーク突入。
タイブレもマッチポイントと相手のセットポイントが交互に来る一歩も譲らない内容でした。
チャンスを活かせず9-11でセットを奪い返されました。
 
第3セット。
 
序盤にブレイクし、どうにかそれを守り切りました。
6-4で取り勝利しました (*´∀`)ノ
 
正直どっちが勝ってもおかしくない好ゲームでした。
試合時間2時間半くらいでしょうか、東京ジュニアなんかでこんな試合されたら見てる親は倒れますね (・_・;)
 
試合後に「こういうところがポイントになったと思うんだけどソレは狙ってたの?」と聞いたところ「そういえばそうだね!」という返事が・・・たまたまかよ。
やはりダブルス(もだけど)は戦略面でまだまだだな (-_-;)。
 
 
この日のダブルスは準決もやることになっていたとのこと。
しかも30分後。
あ~、しまった、そこまで想定してなかった (;´Д`)
大した栄養補給もできずに試合開始となりました。
 
準決勝
 
相手は神奈川の1つ上の強豪ペア。
まあ普通にやったら完敗なんだろうなと予想してました (^^ゞ
 
第1セット
 
私も昼食を摂っていなかったので序盤は見られなくてもいいやと昼飯に行って戻ってくると1ブレイクアップでリードしていました Σ(‘∀`;)
どうやら相手が余裕を見せてなのか軽いプレーをしていたらしく、その隙をついてリードを奪ったらしい。
終盤追いつかれそうになるもリードを守って6-4でセットを先取しました。
 
 
第2セット
 
相手も本気度を上げたようで早々にブレイクを許し追いかける展開。
追いつけるチャンスもあったがモノに出来ずに3-6で取られ追いつかれました。
 
 
第3セット
 
第1ゲームがポイントとなりました。
好プレーで40-15としましたがそこからブレイクを許してしまいました。
これがガックリきてしまったようでその後は防戦一方。
1-6で取られての負けとなりました。
 
でもスピードもテクニックも反応も上回る相手に体力的にも厳しい状況で良く頑張りました!
1つ上の強豪とできたことで課題も見えましたしね (^^♪
簡単に克服できる課題じゃないけどw
 
 
これでやっと冬休み中の連戦が終了。
ダブルスについてはこの冬初めて組んだペアでスマッシュカップ準優勝、川崎ジュニアベスト4なので上出来ですね。
でもシングルスはもっと頑張らないとまずいな~ (-_-;)

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:01 | コメントをどうぞ

川崎ジュニアテニス選手権 5日目(シングルス)

シングルス2R
 
相手は同い年の全国トップレベルで神奈川のS君と2度目の対戦。
「前回より多くゲームを取る気で頑張る」というので「その程度の目標じゃ前回と同じになる。絶対勝つつもりでやりなさい。気持ちで負けるな。」と送り出しました。
 
が、完全に相手に飲まれてました _| ̄|○
 
相手は打つボールだけでなくプレー全体が速いです。
それに対して合わせるようなプレーしかできていませんでした。
 
第1セットの第1ゲームこそキープしましたがその後は12ゲームを連取されての1-6 0-6の敗戦でした。
今見返してみたら前回より酷い結果じゃないかw
 
この後にダブルスの試合があり切り替えなきゃいけないのでこの試合の直後には私の感想やらの話するのはやめました。
こういう時はパートナーや他の友達といたほうが気が紛れるでしょうから。
 
全試合が終わってから帰り際に
「何もできないまま終わった、と思ってるからもしれないけど俺から言わせれば何もしようとしなかっただけ。」
と伝えました。
でもこういうのは親が言っても響かないんだよな~ (;´Д`)

カテゴリー: 関東公認 | 投稿者よたぴ 00:00 | コメントをどうぞ