2001年・インド戦最終日

おはようございます!貴男です。
昨日の続で2001年のデ杯・インド戦の模様を書いていきます。初日が1-1となり、インドがダブルスを制して2-1とリードしての最終日の第1試合です。僕が第1セットを7-6で取り、パエスが第2セットを6-1で取り返してからの攻防は、より繊細な駆け引きが繰り返されタイブレークに突入します。このセットを取れば優位にゲームを進められるのは分かっていたので、僕としては、何としても取ってパエスにプレッシャーをかけたい気持ちが強かったです。
タイブレークとなれば1ポイントの重要性が高まり、会場の応援もボルテージが上がります。その応援を背にタイブレークを取ってセットカウント2-1とリードしますが、変にパエスが落ち着ているのが気がかりでした。不気味と言うか、これが経験というものなのか、その時の僕には分かりませんでした。案の定、第4セットが始まってもパエスは冷静にゲームの流れを読み、ポイント間の時間を十分に使って自分の間を作り、効果的なネットプレーを使ってプ更にレッシャーをかけてきました。
こちらとしては1ブレークすれば一気にゲームを終わらせることが可能ですが、それが思いの外遠くパエスの調子が上向いてきます。第4セットをパエスが6-4で取ってファイナルセットに入りますが、ここでも僕はブレークが出来ません。結局ファイナルセットも6-4でパエスが取って、インドの勝利が決まりました。パエスに3勝され、ここという場面でのパエスの強さをまざまざと見せ付けられた3日間でした。ダブルスと最終日のシングルスがセットカウント2-1とリードしながらの逆転負けだったので、かなりの落胆がありました。
そして何よりも神和住監督は、インドに対して勝ちたいという思いが選手時代から強かったので、本当に申し訳ないことをしたと今でも思っています。ただこの後に2003年のアウェーで負けたものの、2004年の大阪・靭テニスセンターでは、最終試合で本村さんがパエスに勝利して74年ぶりにインドに勝てた時の監督が神和住さんだったのが何よりの救いでした。
最近は、ワールドグループで戦うのが当たり前と言われるほど選手達のランキングが高いし、注目度も以前とは比較になりません。テニスの軸は個人戦ですから、サッカーのワールドカップと一緒とまでは言いませんが、国の代表として戦うという意味では一緒です。ホームゲームではもちろんですが、デ杯チームを応援しようと遠いアウェーの地であっても現地に駆け付けてくれるファンを大切にしながら頑張らなければいけないと思いました。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 09:49 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

サングラス・インド戦

おはようございます!貴男です。
昨日も気温が高かった東京ですが、今日は更に上がって暑くなる予報なので、体調に気を付けて過ごしたいと思います。オークリーのサングラスへの拘りですが、10年以上前に夏のアメリカの遠征に行く時にテスト的に頂き持っていきました。既に野球界やゴルフ界では、多くのアスリートが使用していましたが、テニス界では、まだそれほど使用している選手は少なかったと認識しています。
特にサーブを打ってからネットに出るタイプの僕としては、眩しい中でサーブを打てたとしても返球された後のボレーの判断が難しいのです。サーブ後がストロークであれば、バウンドさせられるので、少しは時間を稼げると思いますが、サーブ&ボレーはそうはいきません。そこでオークリーのサングラスを使用したところ、トスが太陽と被る場合でも軽減できたし、次のボレーになってもボールが見やすくなりました。目の疲労も全然違いますし、今はプリズムレンズを使用しています。
さて2001年のデ杯インド戦の最終日について書きたいと思います。2日目のダブルスを落とした日本チームは、最終日の第1試合の№1対決でパエスを倒さない限り勝利はありません。パエスとの対決は、体力的な疲労と言うよりも精神的な疲労の方が強く感じるのは僕だけでしょうか!?プレースタイルが似ていることもあり、パエスが使う戦術と駆け引きの意図が手に取るように分かるので、まるで自分と戦っているようです。サーブのコースと球種の駆け引きから始まり、ボレーの打ち分けがあって、毎ポイントが数球と短いだけに集中力が必要でした。
第1セットをタイブレークの末に7-6で取って、幸先の良いスタートを切りましたが、その反動で第2セットの序盤で集中力を切らしてブレークを許してしまいました。第2セットは一方的な展開になり、6-1でパエスが取り返して1セットオールになります。ストローク戦のラリーというものはなく、サーブ&ボレーvsリターンまたはパッシングショットという図式ばかりです。時には、サーブ&ボレーとリターンダッシュが重なり、シングルスなのに二人ともネットに出るという場面もあるほどでした。果たして第3セット以降は、どんな展開になるのか!?明日以降をお楽しみに・・・・・。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 09:23 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

YouTubeに出演

おはようございます!貴男です。
ここ2日間ほど書いていた2001年のデ杯インド戦の模様は、お休みさせて頂きます。最終日のパエスとの戦いを待っていた方には申し訳ありませんが、明日以降に書かせてもらいます。
さて既にホームページやFacebookなどで情報を得た方がいるかと思いますが、僕と小野田倫久プロの共演で「スターテニスアカデミー」というYouTubeチャンネルに出演することになりました。小野田プロは、去年から「小野田テニスクラブ」というチャンネルでYouTubeを始めていましたが、6月から株式会社Bit Starさんと一緒に「スターテニスアカデミー」を作ることになりました。詳しい経緯は、昨日配信された動画を見て頂ければと思います。
僕としては、動画を通じて一人でも多くの方々に上達への良い「キッカケ」が与えられるように小野田プロと制作スタッフと一緒に協力していきたいと思います。コロナの現状を踏まえるとこれまでのように各地でイベントや講習会というものがすぐ元通りになるとは考えにくい部分があるので、この動画で予習・復習をしてもらい、直接会った時に話がスムーズになり深掘りした内容になることも期待しています。小野田プロとの初めての動画は、僕の試合では打つ回数(見る回数)が少ない片手バックハンドのトップスピンですので、ぜひご視聴ください(笑)サングラスについての質問ですが、後日答えさせて頂きます。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 10:43 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

2001年・インド戦2日目

おはようございます!貴男です。
今日の東京は、昨日よりも暑くなりそうなのでコロナ対策はもちろんですが、熱中症にも気を付けて過ごさないといけません。なんせここ3カ月ほどは、運動をする機会が一気に減りましたし、外に出て日を浴びるという行為そのものが出来ませんでしたからね。皆さんも十分に気を付けてください。
さて昨日の2001年のデ杯インド戦の続きです。初日を1-1で終えて、2日目のダブルスは、鈴木・トミー嶋田vsパエス・ブパシの当初のオーダー通りの対戦になりました。第1セットこそパエスの巧みさやブパシのパワーに押されて4-6で落としますが、第2セットを6-3で取り、第3セットも6-2で取ってセットカウントで2-1と日本チームがリードします。
僕は、リターンの時にデュースサイドをプレーすることが多いのですが、この時は、トミー嶋田がプレーしやすいデュースサイドを優先して、僕がアドバンテージサイドをプレーしました。15-40以外のブレークポイントは全て僕が担当するわけですから、いつも以上に緊張感の高いリターンゲームが続くのは覚悟の上です。パエスとブパシは、ダブルスの経験という意味では彼らが上ですが、相手の雰囲気に臆することなく第2セット以降はプレー出来ているし、シングルス以上にチームからの応援や会場からの声援が左右するのがダブルスでありここからが本番です!!
第4セットを2-6で落とし、ファイナルセットは、どちらに転んでもおかしくない展開が続く中で、ダブルスにかけるトミー嶋田の熱い思いとプレーが会場を盛り上げていました。今でも覚えていますが、ファイナルセットの中盤のブレークポイントで僕がリターンを返球し、ボレーで返ってきたボールに対してパエスとブパシの真ん中を狙いバックハンドを打ちました。セオリーとしては間違っていないと思いますが、この場面では堅実なボールを打ち過ぎたのでしょう。何事もなかったかのようにボレーを決められてしまいました。
あまりにも欲しかったポイントだっただけにリスクの低い安全な場所に打って、相手のミスを期待しまったと今でも後悔しています。ブレークポイントをセーブされてから、ゲームの流れが変わりインドチームが6-3でファイナルセットを制してセットカウント3-2でパエス・ブパシの勝利でした。彼ら相手にダブルスで善戦したとは言え、デ杯では、勝利が最優先です。まだ日本チームがインドに負けたわけではありませんが、セットカウント2-1とリードしていただけに大きなダメージを背負いながらの最終日は、明日以降になります。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 10:14 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

2001年・デ杯インド戦

おはようございます!貴男です。
昨日の東京は、思っていたよりも遅くまで雨が降り続き、今日も曇り空が続いています。まるで梅雨入りしたような天気ですね。これまで様々な過去の試合を書いてきましたが、今日から2001年のインド戦の模様をお伝えします。2000年は、右肩の怪我でデ杯に参戦することが出来ませんでしたが、20001年の2月に有明コロシアムで行われたタイ戦を勝利し、同じ会場で4月にインドを迎え撃つという形になりました。
この時のインドは、パエスという絶対的なエースがいて、ダブルスでは、パエス・ブパシという強力なペアーが待ち受けていました。日本チームは、神和住監督・本村さん・トミー嶋田・石井と僕の4人で、初日のシングルスに石井vsパエスと鈴木vsブパシとなりました。2月に同じ有明コロシアムでスリチャパン率いるタイに勝利したことで自信があったのは事実ですが、インド戦は、常にパエスからどうやって1勝を上げるかというところが焦点になります。
パエスが3連戦する一方で僕も3連戦を予定していたので、3日目の第1シングルスで対戦するまでどちらがリードをしているかも重要でした。今の有明コロシアムは、同じハードコートでも以前のサーフェスよりは明らかに遅くなっていて、当時の速いサーフェスと重いボールが重なると僕のプレースタイルが生かしやすかったです。しかし、グラスコートを得意とするパエスとブパシにとってもけっして悪い条件ではなかったと思いますし、応援にしても在日しているインド人のサポーターがコロシアムの一か所に集まり、大声援でインドチームを後押ししていたことも忘れません。
初日のシングルスの結果ですが、パエスが石井に対して6-1・6-1・6-3で勝利し、僕がブパシに6-1・6-0・6-2で勝利して1-1となりました。石井との試合をコートサイドで見ましたが、パエスのネットプレーは本当に上手いと思いますし、アウェーというデ杯の雰囲気を楽しみながらのムード作りは流石パエスと感じました。だからこそ翌日のダブルスが鍵を握りますし、ダブルスに勝っても負けてもパエスとのシングルス№1対決は避けられない状況になりました。この続きは、明日以降になります。
それでは、また・・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 10:22 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

最後の勝利

こんにちは!貴男です。
今日の東京は、朝から雨が降っていて夜まで続きそうです。少し気温が低いので、体調管理に気を付けて過ごしたいと思います。
さて最近は、以前よりもYouTubeを見ていると書きましたが、2009年の楽天オープンダブルス2回戦の鈴木・岩渕vsツォンガ・ワウリンカが出てきました。ツォンガはウイルソンのラケットを使っていて年度末で10位に入り、ワウリンカはヘッドのラケットを使っていた時ですから、二人とも若いです。この2009年で岩渕さんが引退することを発表していたので、僕が一緒にダブルスを組めるのは楽天オープンが最後でした。この年は、雨の影響で日程が詰まってしまい、ダブルスの1回戦がナショナルトレーニングセンターに移動となり、無観客試合の中で行われました。
僕としては、岩渕さんとの最後のダブルスが有明コロシアムとファンの前でプレー出来ないのは寂しいという思いが強く何としても勝ちたかったのです。その思いが通じたのもあって1回戦を勝つことが出来た時は、安堵したのはもちろん素直に嬉しかったです。その2回戦ですが、当時の二人にシングルスで適わないのは仕方がないけど、地元ファンの声援と応援を背に相手のパワーを上手く封じ込めたダブルスが出来ればチャンスがあるとも思っていました。
結果的には、6-3・4-6・10-8で勝利することが出来て、次の準決勝で僕らは負けたので、この試合が鈴木・岩渕組の最後の勝利となりました。10ポイントタイブレークでは、2-0リードから2-5と逆転され、1ミニブレークとは言えかなり劣勢だったことは事実です。しかし、そこから自分のサーブで2ポイント・リターンで2ポイント・岩渕さんのサーブで2ポイントと6ポイント連取できたことで流れを引き戻しました。
1ポイント返された後の8-6では、ツォンガの頭上をバックハンドスライスのロブで抜いて9-6とマッチポイントを掴んだものの、自分のサービスで2ポイント続けて落とすという大失態・・・・・。9-8とリードしていますが、ツォンガのサーブなので、追い付かれてもおかしくありません。岩渕さんの強いフォアリターンが前衛に立っていたワウリンカのバックボレーに飛んでいき、その返球が僕の横を少しだけ高い軌道で通った瞬間は、手を出せなかったのか!?アウトと判断したのか!?は自分でも分かりません。
後ろを振り返って目で追ったボールがベースラインを超えたのを確認して、ガッツポーズでしゃがみ込みホッとしたのか涙が出たのは鮮明に覚えています。まさか最後の試合が9-6とリードして自分が得意でもあるサービスポイントを落として負けるのかと一瞬でも過りましたからね。あの場面でしっかりリターンを返してくれた岩渕さん流石です!!
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 11:18 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

ものまね

こんにちは!貴男です。
今日の東京は、曇り空で涼しいです。明日から雨の予報なので、そろそろ梅雨入りでしょうか!?昨晩は、男子プロテニス選手の選手会によるファンミーティングに参加しました。多くの方々に聞いて頂き嬉しかったですし、テニスの話題を少なくして、かなり砕けた感じだったので楽しかったです。好きな女優さんと自分が誰に似ている!?から始まり、約90分ほど行いました。
さて僕がジュニアの頃によく真似していたのは、エドバーグ・ベッカーを筆頭にサーブ&ボレーをする選手が多く、週替わりくらいで真似していました。強い選手・好きな選手の真似をすることは大切だと思いますし、それによって自分に合った体の使い方や打ち方を発見する時がありました。プロになってからは、ラフターやヘンマンのネットでの動きを参考にして、飛びついた時のボレーと正面に来たボールの処理を参考にしました。フォアハンドスライスに関しては、打つ選手がほとんどいないので完全に自己流です(笑)
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 12:24 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

飛行機

こんにちは!貴男です。
今日の東京は、昨日よりも気温が上がり朝から日差しが出て暑く感じます。都心は、緊急事態宣言が解除されてから初めての週末ですが、皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?僕は、特に大きな変化というのはなく家で過ごす時間は多いですが、少しずつ今後に向けてスケジュールを立てたり、ネットでのミーティングなどを活用しています。この先感染者が減っていくことを願っていますが、テレビやニュースを見ていると不安が広がるのは僕だけでしょうか。それぞれが気を付けながら生活していかなければいけないけど、経済も回さないといけないので判断が難しいですね。
さて昨日ですが、都内をブルーインパルスが飛行したようですが、僕は実物を見れませんでした。飛行機が好きな僕としては残念ですが、どちらかというと旅客機派なので、まあいいでしょう。2月にリアルスタイルのテニスキャンプで沖縄に行ってからは、まったく飛行機に乗っていないし、飛行場に行く機会さえないので、ちょっと寂しいです。またツアーの帯同や解説で国内はもちろんのこと海外にも飛行機で行き来が出来る日を楽しみに頑張ります!!
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 13:54 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

気持ちを抑えながら・・・・

こんにちは!貴男です。
東京は、朝からずっと太陽が出ていて、25℃を上回るほどの気持ちの良い天気です。これから夏前に梅雨入りがあって、気温が上がっていくことを考えるとプレー時間と内容に関しては、かなり気を付けた方がいいですね。ほとんどの方々がこの2・3カ月で体を動かす頻度が少なかったと思うので、久しぶりのレッスンやテニスの場合は6割から7割程度の動きに抑えた方がいいと思います。それはスクール生だけではなく、コーチこそ気を付けなければいけないし、やりたい気持ち動きたい気持ちを抑えながら楽しむ方法を見付けましょう。せっかくテニスが出来るようになったのに怪我をしてしまっては、もったいないですからね。それは僕自身にも言えることなので、気を付けます。
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 16:57 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

スクールの再開

こんにちは!貴男です。
東京の緊急事態宣言が解除され、少しずつ営業を始めるお店と業種がある中で、テニススクールはアウトドアかインドアによっての違いが出ていると思います。僕が所属している「レック興発」のテニススクールは、レックインドアテニスクール上石神井・高島平インドアテニススクールの全クラスが再開し、ネオインドアテニススクール西新井は、昨日から補講が始まり、6月1日より全クラスが再開となります。
再開と言っても以前と一緒とはいきませんし、様々な取り組みをスクール側が行う一方でスクールに通う方々にも注意して頂かないといけません。こうした地道な取り組みをコーチも生徒も継続しながら少しでもテニスを楽しんでもらいたいと思います。
さて毎週日曜日の夜に再放送されていた「ノーサイド・ゲーム」を録画していて、昨日ちょうど見終わりました。ラグビーの素晴らしさだけではなく、企業とスポーツそして協会との関係もドラマとはいえスポーツにとって重要な部分と更に認識しましたし、主題歌が流れるタイミングになるともっと引き込まれました。あまりにも情報量が多くて振り回されやすい昨今だからこそ、ブレずに頑張っていきたいと思います。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 11:59 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP