カテゴリー別アーカイブ: ティエム

ズべレフ ATPランキング 一気に上昇 2017 5月

超大型新人 ズべレフ ATPランキングに大変動
 ATP,ビッグニュースです。驚きますね。若い力。
ご存知の様にランキングには、二つある。
 去年からの通常のランキング、いわゆるランキング。
 去年からの52週の通算ポイントで、持ち越しがある。
 例えば、去年、優勝して、今年だめだと、その分減点される。

 もう一つはATPファイナルを目指す、Raceのポイント。
 去年は、マレーの年。今年はどうしたんだろう。

 単純に、今年の成績を加点する。
 これが旬の強さのポイント。

 今年は序盤から、ランキングの変動が激しい。
 その要因は、マーレーとジョコビッチの不調だ。
 今年の3月のランキング   
 今年の四半期のランキング 
 ハードコートでR.フェデラー、
 R.フェデラー、マイアミでナダルを撃破   
 クレーコートで、R.ナダルが一気に上昇

 そして、若者の元気。
Zveatp

前の週のランキング
 まだA.ズベレフは圏外だった。今年は二つのランキングに逆転現象が起きていて。
ランキングの上位、1位:A.マレー、2:N.ジョコビッチ、
 6位:M.ラオニッチ、9位:錦織圭

Raceランキングで、9位:N.ジョコビッチ、11位:7A.マレー、14位:錦織圭、
 16位:M.ラオニッチ
 N.ジョコビッチは、先のローマで、準優勝で、Raceランキングを9位まで戻している。
 N.ジョコビッチ、D.ティエムを完封 ハイライト動画

Atpmay4

 
Raceで大きく飛躍しているのが、
 D.ティエム、A.ズベレフの二人。
 D.ティエムはランキングも7位まで上げている。
 クレーコートでも活躍 が目立つ。
 
 A.ズベレフは、ローマの優勝 で、一気にトップ10入り、

 Raceも4位に上げた。

 Roma Final ハイライト動画   
 クレーコート最後のビッグイベント、全仏、ロランギャロスに向けて熾烈な戦いが続く。

 錦織圭は、右手首の怪我と格闘しながら、難しい調整が続く。
 ジュネーブに急遽出場。大きな賭けに挑んでいる。
 第1シードの、バブリンカと
Keiswgeneva
 初戦は、2回戦で、M.ククシュキンと対戦する。

 錦織の4連勝、心配はないが。

 ワンポイントアドバイス、レッスンカード 

 作戦ボードの詳しい内容は

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7
 作戦ボード入り、コート図満載の日誌、スコアも充実。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ジュネーブオープン 公式サイト

 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ATP, クレーコート, ジョコビッチ, ズベレフ, ティエム, ナダル, マレー, ランキング, 予想, 動画, 錦織圭 | 投稿者tsukky 08:26 | コメントは受け付けていません。

超破壊力 D.ティエム バックハンド分析 ストローク上達のヒント

D.ティエム 強烈バックハンド トルネード 技術解説
 D.ティエムのテニス、気持ち良い。
 スカッと振り抜き。Photo

 爽快
 バックハンド。
 魅力あふれる
 バックハンド、
 エッセー風技術解説。

ナダルを打ち抜いたバックハンド。
 マドリッドオープンではファイナルで敗れた が、
 

 ここローマで、雪辱。試合の対応力も見せている。
 
 R.ナダルは、疲れていて、本調子ではなったと語ったが。

あのナダルのフォアのラケットを弾いた。
 D.ティエム、サービス、ストローク、ネットプレーも上手い。
 完全にトップを伺える選手。

 特にストロークは強烈、
 あの後ろからウィナーを打ち込んでくるのだから。
 R.ナダルを破った、D.ティエム。そんな予感がした。  
バックハンドに注目したい。
 まず感心するのが、バックハンドのリターン。
 強烈なサービスに対峙する時は、ブロックリターン。
Thiembsreblock_2

 面を合わせて、コース重視。
 でも面がぶれないので、スピードもある。
 S.バブリンカ、R.フェデラー並の安定感がある。
 

 リターンのポジショニング

 圧巻が、風車のような大きなスウィング。
 トルネードバックハンドとなずけた。
 全身を使って、ラケットの軌道を大きくする。

 一見,オープンスタンスで風車の様に振り回す感じがあったが、
 良く見ると、
 比較的オーソドックスなスクエアスタンス、
 コンパクトなテイクバックから、スウィングスピードが超速い。
 その惰性でフォロースルーが大きくなる。
 フォロースルーは回転を使って力を逃がしている。

Thiembstrunade

 ストロークの科学
 ストロークの運動連鎖はしっかり使い、インパクトの面はほぼ垂直。
 

 オープンスタンスを多用するのは、
 走らされ、そうさせられている、余裕がないからだ。
 トッププレーヤーの練習を見れば良く分かるが、きちんとスクエアスタンスで、
 体重移動を確認して打っている。
 ナダルのストロークの基本  
 
片手打ちバックハンドの基本 R.フェデラー
  
 フォロースルーの大きさ、S.バブリンカ、R.フェデラーのバックハンドとの大きな違いだ。
 打点に入る、フットワークが見事。
 ステップバックして、
 打点を予測。
 そこからステップインして、きっちり体重移動。
 基本通りだ。
Thiembsfullattack

 しかも肩甲骨が抜群の柔軟性。
 柔軟な肩甲骨。Thiem

 可動範囲を広げ、
 スウィングスピード
 をアップ。
 大きなパワーと、
 怪我しにくい、
 要因となる。
 片手打ち J.エナンを思い出す。

片手打ちバックハンドの名手に共通する点
 

D.ティエムは、振り抜きが大きい。
 S.バブリンカ、R.フェデラーは大きなスウィングでも面は残しているが、
 D.ティエムは右手首を開放するように、振り抜いている。
 スウィングスピードが速いためだろう。
 ここは一般プレーヤーは真似をしない方が良い。

 しかし、軸がしっかりして、
 体重移動をしっかりしているのが分かる。

 ボールの打点に入ったら、左手を添えてテイクバック。
 打ちたいコースはすでに頭の中にインプット。
 肩を入れて、相手にコースを隠すようにして、一気に振り抜く。
 これでナダルも逆を突かれていた。
 
テニス上達のヒント
 上達のための基本、マニフェストって  

 ストローク、上達法 テニスの科学を知ろう。

 ストローク、インパクトの科学 

 ワンポイントアドバイス、レッスンカード 

 テニス・システム手帳 スコア、データ整理、作戦ボード、マグネット対応 とテニス指導の全てが出来る。
もちろん,ソフトテニス用も準備。

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7
 作戦ボード入り、コート図満載の日誌、スコアも充実。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 NHK、テニス、マスターズ
 ハイライト動画があるので、見逃したら見よう。
 錦織圭の試合中心、時間はいろいろ。

 イタリア国際 マスターズ 公式サイト
 錦織圭選手、第7シード。2回戦から登場です。手首がどれ位回復しているかですね。

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: イメージ, エッセイ, ストローク, ティエム, テクニック, フィーリング, 上達, 科学 | 投稿者tsukky 07:53 | コメントは受け付けていません。

ティエム クレーでナダル撃破 ローマ2017 ストローク力

D.ティエム クレーKing 真っ向勝負 打ち抜く
 D.ティエム、格好いい。
 ルックスもそうだが、テニスが格好良い。
 逃げない精神力も魅力。明らかにトップを狙う、逸材だ。
 D.ティエム有利の予想記事を書いた。
 

 R.ナダルは今年のクレーコートは17連勝中、
 3回連続優勝。クレーコートキング復活だ。

 そこへ、若きチャレンジャーD.ティエムが果し状。
D.ティエム◎ 6-4,6-3 ×R.ナダル
Thiemnadalscore

あの集中力の高いR.ナダルから、3つブレークを多くもぎ取った。
 この二人、ショットの安定性が非常にたかい。
 サービス力でD.ティエムがナダルを上回った。
 と言うかリターン力でもR.ナダルの1stサ-ビスをポイント獲得率で55%に抑え込んだ。
 これはD.ティエムのリターン力が高い証拠。
  リターン力。Up作戦

D.ティエム R.ナダル  ゾーンが面白い。D.ティエムはR.ナダルのフォアで勝負。
Thiemnadalzonelow

 ゾーンを知れば、テニスは強くなる。
 R.ナダル、D.ティエム、A.ズべレフ、
 後ろ過ぎるので一般プレーヤーは真似をしないように。

 マドリッドオープンでのD.ティエム、
 ナダルのバックを突きながら、チャンスで
 スペースが見えるフォアを狙った。
 それを、ナダルが、カウンターで打ち抜いた

今回もバック狙いで、チャンスを待つのかと思ったが、
 大胆不敵、D.ティエムは、早くから、ナダルのフォアを攻めた。
 ナダルも、それなら付き合うよと言わんばかりに、D.ティエムのフォアにハードヒット。

Thiemnadalfs

 しかもナダル得意の、フォアのポール回し、明らかにカウンターのエース狙い。
 これをD.ティエムは、待っていて、逆襲した。
 D.ティエムのカウンタートラップだ。

 二人でコート狭し、と走り回る。
 インパクトでは、息を吐き出しながら、「ハッツ!」と声が出る。
 M.シャラポワはギャンギャンうるさいが、この二人は、ラリー戦の緊迫感を伝える。

 ナダルのストローク、そうエッグボール、威力を増して、深さも増した。
  
 普通のプレーヤーなら、このボールに弾かれる。
 D.ティエムは、R.ナダルの弾むボールを全く苦にせず、フルスウィングで打ち抜く。

 逆に、D.ティエムのボールが、良く弾んで、R.ナダルのラケットをはじいていた。

 R.ナダルはドロップショットを多用。そこから変化が面白い。
 R.ナダルのドロップショット  

 ドロップショットの練習法 
 しかし、D.ティエムは予測していて、フットワークが良い。楽に拾う。
 若いのに落ち着いたテニスだ。

 R.ナダルのストローク 強烈、フォアハンド
  
 
 D.ティエムのストローク 

Roma ハイライト動画 D.ティエム vsR.ナダル

★☆★  テニスコーチ向け、便利グッズ ★☆★
 新作、作戦ボード、折りたたみ、2画面で超便利

Wb2mag

テニス・システム手帳 スコア、データ整理、作戦ボード、マグネット対応 とテニス指導の全てが出来る。
もちろん,ソフトテニス用も準備。

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

錦織圭、D.フェレール ハイライト動画 

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 NHK、テニス、マスターズ
 ハイライト動画があるので、見逃したら見よう。
 錦織圭の試合中心、時間はいろいろ。

 イタリア国際 マスターズ 公式サイト
 錦織圭選手、第7シード。2回戦から登場です。手首がどれ位回復しているかですね。

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: クレーコート, スコア, ストローク, ティエム, ナダル, 動画, 勝因 | 投稿者tsukky 16:06 | コメントは受け付けていません。

Nadal Thiem 激突イタリアオープン2017 好勝負期待

ローマの大激闘 クレーコートの新旧達人。
R.ナダル対D.ティエム テニスの面白さ。豪快ラリーを再現してくれる。
 どの試合も面白いが、マドリッドオープンの再現となった、
R.ナダル対D.ティエムの試合に注目したい。
 この二人、クレーコートがめちゃ上手い。 強い。
 二人ともデフェンス型の選手。基本的にはベースライン後方、もうラインズマンのそばにいる位後ろで打つ。
 この二人、注目点は次の3つ。
1:バックハンド対決 両手打ちのR.ナダル、片手打ちのD.ティエム。
 バックハンド、両手打ち、片手打ちのメリット.デメリット
 

2:ゾーンの対決 ベースラインはるか後方が好きな二人。クロスでは30メートル離れているのではないだろうか。
 ゾーンの戦いが一番はっきりするのが、R.ナダル対R.フェデラー
 
  チャンスになると、ベースラインに入るが、
  そこまでのせめぎあいが面白い。
R.ナダルのリターンポジション。
D.ティエムのNadalreposition1_2

しかしNadalrepositionattack_2

 
2ndサービス
甘く来るのを
見逃さない
ベースラインに
入り
強打。

サービス
結構強烈、
そこで
1stサ-ビスに
対しては
ここまで下がる。
ナダルのポジション

3:フォアの回り込み対決
 基本は、相手のバックを狙ってのラリー、
 右利き同士だとクロスになるが、R.ナダルがサースポーだから面白い。
 バックのラリーは、ダウンザラインになる。
 だから展開が早い。
 そして、試合が動くのがフォアの回り込んだ時。
 フォアに回り込んで逆クロスは相手のフォアになる。
 だから逆襲される事もある。
 回り込み名人 R.ナダル、その練習法は? 
  動画で練習法を。

Nadalthiemfsrs

 D.ティエムの強さ。 去年のローマの錦織圭戦より
 

 フォアに回り込んでダウンザラインが相手のバックになり、
 得点源になり易いのだが、ダウンザラインはネットが高いのと、距離が短いので、
 難しいショットになる。

D.ティエムのハードヒット。
Thiemfshh

 錦織圭のJ.D.ポトロ戦、この決めに入ったダウンザラインのネットミスが目立った。
 

 マドリッドオープンの決勝は面白かった。
 ローマは、マドリッドオープンよりもコートが遅い。だからさらにラリーがつながる。
 何しろ、リターンミスが少ない。ラリーが続く。
 お互いに、もう決めた、と思うようなボールでも、追いつき、切り返す。

 逆を突かれても、止まって、身体を反転、追いかける。
 このボールに対する執念が素晴らしい。

roma ベスト8決めハイライト動画  

ベスト4進出の試合は面白い
M.ラオニッチ対 A.ズベレフ
 M.ラオニッチはT.ベルディフを下し、
 A.ズベレフは大声援の地元、F.フォニューニを下す。
 ビッグサーバーが若い力をどうさばくか。

J.イズナー対M.シリッチ ビッグサーバー対決。
 クレーコートでサービス力は半減するが、展開の速さは変わらない。

 M.シリッチはクレーコートスペシャリストノゴファンを破る。

R.ナダル対D.ティエム
 R.ナダルはJ.ソックの強打を封じ込めた。
 J.ソック、速いが浅い。その浅さ逃さないR.ナダルは立派。
 チャンスボールのミスが少ない。これが錦織圭緒の大きな違い。

 D.ティエムはS.クエリのマッチポイントを逃れた、
 勝負強さを発揮。

 マドリッドの決勝戦の再現。
 新旧、クレーコートスペシャリストの対決。
 ゾーンの使い方が面白い。

N.ジョコビッチ対J.D.ポトロ
 リオの再現。N.ジョコビッチの苦手意識が残っているkに注目。
  J.D.ポトロは、錦織圭を破り、
  N.ジョコビッチはアガットにきっちり勝った。
錦織圭 vsJ.D.ポトロ ハイライト動画 

R.ナダル vs J.ソック ハイライト動画 

★☆★  テニスコーチ向け、便利グッズ ★☆★
 新作、作戦ボード、折りたたみ、2画面で超便利

テニス・システム手帳 スコア、データ整理、作戦ボード、マグネット対応 とテニス指導の全てが出来る。
もちろん、ソフトテニス用も準備。

Tennis2magcnatshfull

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 NHK、テニス、マスターズ
 ハイライト動画があるので、見逃したら見よう。

 イタリア国際 マスターズ 公式サイト
 R.ナダル、N.ジョコビッチ、D.ティエム、ズベレフ、
 注目の選手。

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ティエム, ナダル, マスターズ, 予想, 動画 | 投稿者tsukky 23:27 | コメントは受け付けていません。

ナダル クレーの怪物復活 ティエム封じ込め マドリッドオープン2017

R.ナダル 破竹の3連勝 破格の強さ
 R.ナダルの強さ、クレーコートの新局面。

 クレーコートシーズン、無傷の3連続優勝、15連勝。
 今年に入って29勝5敗で、RaceはついにR.フェデラーを抜いてトップに立った。
 前週のランキング

ナダルのクレーコートの記録がやばい。
 モンテカルロ 10勝目
 バルセロナオープン 10勝目
 マドリッドオープン  5勝目
 これで、マスターズ30勝で、N.ジョコビッチに並んだ。
 この二人通算50試合目。これはいかにこの二人が強いかを物語るもの。
 R.ナダルとN.ジョコビッチのライバル関係 2014 N.ジョコビッチが強くなり始めた。

 2016年 二人のライバル関係  

準決勝で、N.ジョコビッチに3年ぶりに打ち勝ったのが大きい。
 去年の感じでは、もうR.ナダルはN.ジョコビッチに勝てないのではと思わせる。
 N.ジョコビッチの強さ。
 それほど、N.ジョコビッチは強かった。

しかし、この人クレーコートで強い。 今年のクレーコートシーズン、破竹の連勝。

 気がつけば、クレーコートの人、R.ナダル
まさにKing ob Clay.
最高潮のギアで挑んだ、D.ティエム。
バルセロナオープンのファイナルと同じ組み合わせ。
 

 
引き締まった良い試合。マドリッドオープン決勝。

R.ナダル◎ 7-6(8) 6-4 D.ティエム
Nasalthiemscoremo

 攻めていたのは、D.ティエム。
 ベースラインの打合いから一歩も引けを取らない。
 準決勝デ、P.クエバスをベースライン後方に釘付けにした、ストローク。
 R.ナダル戦の常識、R.ナダルのバックハンドを攻める。

 あのR.ナダルが4回もダブルフォールトをしたのは珍しい。
 1stサ-ビスの確率も上がらない。
 D.ティエムのリターンがプレッシャーになっている。

 第1セット、1ブレークずつで、競り勝ったのが大きい。
 タイブレークも10-8。
 最初にブレークしたのは、D.ティエム。
 しかしR.ナダルは焦らない、落ち着いてブレークバック。
 イーブンに戻した。
 ウィナーはD.ティエムが16本で、R.ナダルの4本を抑えたが、
 21本のアンフォーストエラーが大きかった。

 第2セット、ブレークチャンスが多かったのはD.ティエム、
 R.ナダルは少ないチャンスをものにして、勝ち切った。
 D.ティエムはブレークチャンスを1回しかつかめなかった。
 これはR.ナダルの得意の試合展開。
 集中力のある証拠。

Nasalthiemstats

テニスはゾーンの戦い。
 D.ティエムがR.ナダルを破った・。ブエノスアイレス、クレーコート

Zonenadal_2

 

 システム5を知ると面白い。

この二人、強烈なベースライン後方のストローカー
 D.ティエムの良い点
 D.フェレールを破る

 フォアが超強力だが、バックハンド、
 片手打ちで左右に打ち分ける。
 ハードヒットも強い。
 最近は、R.ナダル同じような、中ロブも多用。
 展開を作る。  

Thiembsbasic

 R.ナダルの良い点 
 エッグボール、
 フォアに回り込む
 何より、アンフォーストエラーが少ない事。

 ボール出しマニュアル、フォアに回り込むドリルも豊富に紹介。
Bmdbfsreverse_2

次のローマへと弾みをつけた。
最終目標は、ロランギャロス。

R.ナダルのハイライト動画

D.ティエムのホットショット ハイライト動画
素晴らしい、ドロップボレー

★☆★  テニスコーチ向け、便利グッズ ★☆★
 新作、作戦ボード、折りたたみ、2画面で超便利

Twb2mag

 これはオプションのマグネット全てが入っています。

テニス・システム手帳 スコア、データ整理、作戦ボード、マグネット対応 とテニス指導の全てが出来る。
もちろん、ソフトテニス用も準備。
B7tennisscoremagstats

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7

お陰様で、テニス人気ブログ、上位10位に4つのブログ
 
 有り難うございます。皆様の声援のお蔭です。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

お問合せは、スポーツ&アート までどうぞ。お気軽に。

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 NHK、テニス、マスターズ
 次はローマ、ハイライト動画があるので、見逃したら見よう。
 錦織圭の試合中心、時間はいろいろ。

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: クレーコート, ティエム, テクニック, データ分析, ナダル, 作戦, 動画, 戦略 | 投稿者tsukky 10:58 | コメントは受け付けていません。

マドリッド 錦織の相性が良い大会 トッププレーヤー勢ぞろい

錦織圭の正念場、全仏に向けて、ギアアップする時期。
 トッププレーヤーが、ランキングを安定させている時期。
 今年ほど、ランキングが入れ替わる年は珍しい。
去年は絶対王者だった、A.マレー、N.ジョコビッチの出遅れ。
 変わって、トップを伺うのが、R.フェデラー、R.ナダル。
 結局、Big4の争いなのだが。

 今が旬のR.ナダルの復活。 

Atprankingmaytop

 
 
試合を面白くしているのが、若手の台頭。
 D.ティエム、A.ズベレフ、カチャロフと逸材が揃っている。
 クレーコートで、R.ナダルと渡り合う、D.ティエム

 グランドスラムに次ぐ大きな大会、マスターズ。
 ロランギャロスを前に、マドリッドオープン、イタリアと試合が続く。

こんな中、錦織圭がもがいている。
 まだ今年は優勝が無い、 錦織圭とマスターズ

 しかし、クレーコートのマドリッドオープン 錦織圭には、相性の良い大会。
 記憶に残る名勝負、ナダルが諦めかかった、無念の途中棄権、2014。
 その後も、2015,2016とベストに進出。

2014  F.ロペスを破り、念願のベスト10へ  

 2014 R.ナダルと競り合うが、無念の棄権
 

 2015 錦織圭、マドリッドオープン best4 A.マレーに敗れる

 2016 N.ジョコビッチに惜敗Nolekeimadry

  

 錦織圭,ハードコートが得意と思われているが、実はクレーコートの勝率が良い。

 今年は、今絶好調の19位の地元A・ラモス=ヴィノラス、46位のD・シュワルツマンの勝者と対戦。

 厳しいが、それが現実。勝てる力は十分に有る。

マドリッドオープンの上位シード
最新ランキングで見る強さ。
 旬の強さ,Race rankingでは2位、R.ナダル、3位、S.バブリンカ、4位D.ティエム
5位、D.ゴファン、6位、G.デミトロフ、7位、J.W.ツォンガ
8位、A・ラモス=ヴィノラス、9位、J.ソック、 10位、P.C.ブスタ
 錦織圭は14位

クレーコートで強いのは誰? 
Mo4

 

1 A.マレー  今必死にもがいている。
  15勝5敗で、優勝一回。2月のドバイ。それ以後無し。
 復調に近い感じがするが。
 A.マレー、2015マドリッドオープンで王者ナダルを破る
 

8 D.ティエム 先のバルセロナオープンではR.ナダルと決勝を争った。

3 S.バブリンカ  一人だけ、ン二つのランキングが同位の3位。安定している証拠。
 今年15勝6敗。優勝が無い。
   A.ズベレフ
7 M.シリッチ 今年は不調。イスタンブールで決勝に。

5 M.ラオニッチ 怪我から復調
 今行われている、イスタンブールで決勝に。

9 D.ゴファン クレーコートも強い。好調。
 デビスカップで存在感。

 11 N.キリオス 曲者
4 R.ナダル 今年絶好調、バルセロナオープン、モンテカルロと2連続優勝。
 クレーコート、キング復活。

6 錦織圭 右手首の腱鞘炎と、格闘中。
  A・ラモス=ヴィノラス vs D・シュワルツマン
 D.フェレール
 J.W.ツォンガ
 G.モンフィルズ 怪我からやっと復調

2 N.ジョコビッチ  今までのコーチングスタッフと決別。
   心機一転巻き返しを図る。
   今現在、14勝4敗 優勝1回。年初めのドーハ。

   少しずつ粘りが戻っている。
  N.ジョコビッチの粘り。
 さあ、マドリッドオープンが始まる。
 女子では、土居美咲が、シードのM.キーズを破った
 
 この勝利で、復調することを期待しよう。

テニス上達のヒント

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

Lob

 ロブの立体表示が大好評。
 特にソフトテニスの指導者の方から注文が増えています。
 有り難うございます。 立体的なコート図が有効なんですね。

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」
 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 マドリッドオープン オフィシャルサイト 
 錦織圭が出場予定、強豪がそろい踏みするが、
 NHK、テニス、マスターズ
 5月9日、(火)から放映予定。錦織圭の試合中心。

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ATP, ジョコビッチ, ティエム, ナダル, マレー, 予想, 錦織圭 | 投稿者tsukky 19:45 | コメントは受け付けていません。

King of clay Nadal 強い、D.ティエムに圧勝 復活 バルセロナ2017

ナダル、King of clay 強さ完全復活 偉大なチャンピオン 
ロランギャロスへ向けて、大きなクレーコートの大会二つ目のバルセロナオープンが終わった。
 R.ナダルの連勝。
  ベスト8に、杉田祐一の写真が入っている。
 これは快挙。

Bobest8

 ATP ランキング,前週  
 ナダルは優勝で大きく上げる。

 ここまで快調に飛ばす二人の対決。
 2勝1敗  
1:ロランギャロスでの初めての対戦。
 ロランギャロス2014  R.ナダルのストレート勝ち

2:Rio   D.ティエムの初勝利

  この勝利で脚光を浴びる。
  

3:モンテカルロ2016 best16 R.ナダル

R.ナダルが登り竜のD.ティエムに勝った理由。
 1:ゾーンを上手く活用  
 D.ティエムを下げて、コートを広く使った。
 お互いThiemnadalzonelow

 ベースライン
 深く下がる
 守備的
 テニス
 しかし
 ここから
 逆襲の
 カウンターが
 飛んでくる。

 2:勝利の法則、超基本、R.ナダルの得意で、相手の苦手を攻め切った。
 

R.ナダル◎ 6-3,6-1  ×D.ティエム
 Nadalthiemscore

この勝利で、バルセロナオープンの10勝目で、連覇。
 去年は錦織圭 を破っている。
 モンテカルロの10勝と、クレーコートKingの名を欲しいままにしている。

 R.ナダルの強さ、引き出したのは錦織圭
 

この二人が対戦する時に、注目したいのが、ベースラインでの打ち合い。
 二人とも、ベースラインから下がって、自分のペースに持ち込もうとする。

 R.ナダルの勝因は、アンフォーストエラーの少なさもあるが、
 1:サービスゲームの支配
 2:効果的なネットプレー

 サービスゲームでは、いつものように安定性の高いファーストサーブ、
 1stサ-ビスにポイント獲得率は71%、 D.ティエムを60%に抑えた。

 注目がセカンドサーブ
 R.ナダルは72%でD.ティエムの40%を圧倒した。

 この試合ネットプレーの決定率だった。

 D.ティエムもフットワークが良く、R.ナダルの、ドロップショット、ドロップボレーに良く反応、
 切り返していた。

 しかし、ナダルの攻め方が非常に良かった。
Nadaldropvotiem

 D.ティエム、杉田祐一戦から、D.ティエムの守備の強さ。
 

バルセロナオープン ハイライト

D.ティエム A.マレーを破る

 ベースラインに入って攻撃を仕掛ける、A.マレー。
 しかしベースライン後方から、じっくり攻めるD.ティエム

バルセロナオープン 準決勝
 ナダル◎ 6-3,6-4 ×セバリョス。

 D.ティエム◎ 6-2,3-6,6-4 ×A.マレー

 R.ナダルのプレースタイルの進化、特にフォアハンドがさらに磨きがかかった。
 R.ナダルのトップスピン
  エッグボールから  
  プロペラスウィングへ 

 テニス上達のヒント
  
 R.ナダル、D.ティエム、錦織圭の共通点、リターンの上手さ、強さ。
 カウンター力
 リターン上手になろう 

次は、クレーコートの連戦。
 マドリッドオープン。 ここもR.ナダル 得意の戦場。

テニス上達のヒント

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを

 ロブの立体表示が大好評。

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」
 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 バルセロナオープン オフィシャルサイト

 マドリッドオープン オフィシャルサイト 
 錦織圭が出場予定、強豪がそろい踏みするが、

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: コンディショニング, スコア, ティエム, データ分析, ナダル, 動画, 勝因, 戦略 | 投稿者tsukky 17:00 | コメントは受け付けていません。

杉田 D.ティエムに打ち負けるも大きな収穫 バルセロナ2017

杉田祐一 強打のD.ティエムに完敗  
 しかし、攻め続ける、これが次へのステップに
 クレーコートのバルセロナオープン、A.マレー、R.ナダルと
 強豪が出場、そこでベスト8に入った、杉田祐一。
 この大会で、杉田祐一は大きな進歩を遂げている。
 成長した点は、ブレークチャンスをゲットする、集中力。
 それを支えるのが、ミスを恐れない積極的に攻める姿勢。
 増えた 3球目攻撃

 残念ながらベースラインからのアタックが得意のD.ティエムには通用しなかったが、
 大きな成果を得た大会だった。

バルセロナオープン、シングルスクオーターファイナル、
 快進撃を続けていたラッキールーザーの杉田祐一は
 第4シードで世界ランク9位のD・ティエムに1-6, 2-6のストレートで敗れ、
Dtscorebo

 ツアー初のベスト4進出とはならなかった。
 D.ティエムのホットショット 杉田祐一のスマッシュを切り返す。

 杉田祐一が先にブレーク、直ぐにD.ティエムがブレークバックする展開。
 杉田祐一は、2回のチャンスを全て成功させる、100%のブレークポイントコンバージョンだが、
 ブレークポイントコンバージョンは確率よりも数。
 D.ティエムが8回のチャンスで6回ゲット、大きく引き離されてしまう。
 ここは見習って欲しい。

 課題は1stサ-ビスのポイント獲得率。D.ティエム戦では30%以下の抑え込まれてしまう。
 男子シングルスでは、最低65%以上、欲を言えば70%台は必要になる。
 男子シングルスと1stサ-ビスのポイント獲得率
 

 サービスを横から見ると、もう少し打点を前に出来たら威力が3割アップするはず。
 サービスの威力up

Ser

 しかし杉田祐一は、大きな勉強をすることができた。

 敗因の一つが、D.ティエムを、ベースライン付近でプレーさせたこと。
 普段は、ベースラインよりかなり後方で守るD.ティエムだが、
 杉田祐一のボールが浅かったので、あまり下がらず、
 カウンターを打ちやすくさてしまった。
 積極的に攻め込む、杉田だが、悠然とベースラインの後方で構えて、
 杉田祐一を前におびき寄せ、一気にパッシングショットで抜き去る。
 デフェンス力抜群の D.ティエムならではのカウンター攻撃だ。
Dtstcounter

 

 試合は完敗だが、クレーコートでのバルセロナオープンでの活躍は、大きな自信となる。
 負けから学ぶことは多い
 

第1セット、杉田は第1ゲームでいきなりブレーク。
 好スタートを切ったが、第2ゲームでブレークバック。
 ベースライン後方から、平気でウィナーを叩き込む、ティエム。
 少しずつミスが増えた杉田は、
 第4,6ゲームでもブレークされてこのセットを落とす。

続く第2セット、徐々に自分のプレーを取り戻した杉田は、
 第2ゲームでブレークに成功したが、
 直後の第3ゲームですぐにブレークバックを許す。
 その後も果敢に攻め続けたが、
 第5,7ゲームで再びブレークされ、
試合の流れを変えることが出来ずにストレート負け。

杉田は今大会の活躍
 1回戦では元世界ランク5位のT・ロブレドにストレートで勝利。
 2回戦では第9シードのR・ガスケを4-6, 6-3, 7-6 (7-3)の逆転で、
 

 3回戦では第7シードのP・カレノ=ブスタ戦
 6-3, 6-3のストレートで破る快進撃で、
 ATP500で初のベスト8進出を決めていた。
 

バルセロナオープンセミファイナル
 A.マレーはモンテカルロの雪辱でラモスを破る。

 A.マレー対D.ティエム
 A.マレーの2勝だが、フルセットの激戦。
 調子から言ったら、D.ティエムが有利
 R.ナダル対 若手有望株のカヤロフを破ったゼバロスとの対戦となる。
 1勝1敗だが、好調のナダルを止めるのは難しいだろう。

テニス上達のヒント

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを
Tennisbirdmagset

 ロブの立体表示が大好評。
 特にソフトテニスの指導者の方から注文が増えています。
 有り難うございます。 立体的なコート図が有効なんですね。

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」
 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 バルセロナオープン オフィシャルサイト

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: クレーコート, スコア, ティエム, 作戦, 動画, 敗因, 杉田祐一 | 投稿者tsukky 09:47 | コメントは受け付けていません。

杉田、快進撃の要因 積極性 バルセロナ2017 Best8 D.ティエムと当る

杉田祐一、快調に勝ち進みBest8 バルセロナオープン2017
 あれよあれよの快進撃。
 予選で敗れながらも、ラッキールーザーで本戦入り、
 トッププレーヤーを破り続ける。

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(レッドクレー、ATP500)はシングルス3回戦。
杉田祐一が大会初のベスト8進出。
第7シードのP.カレノ=ブスタに6-3, 6-3のストレートで勝利。
 2回戦で、R.ガスケに勝った のが大きい。
 

男子シングルス 準々決勝の豪華組合せ
 D・ティエム(4) vs. 杉田祐一
A・マレー(1) vs. A・ラモス=ヴィノラス(10)
 R・ナダル(3) vs. Hyeon Chung (若手の伸び盛り)
  Karen Khachanov (若手の伸び盛り)vs. H・セバリョス

 ナダルの好調さが見えるバルセロナオープン
 
 バルセロナオープンBest16 ハイライト動画 
 杉田祐一の積極的な攻撃テニスが功を奏する。
 少ないチャンスをしっかり活かし、相手にはノーブレークで守り切った。
 杉田祐一のこの大会の素晴らしい点は、

 ブレークチャンスをしっかりゲットしている事だ。
 集中力がある証拠。この調子で勝ち進んで欲しい。
 テニスで重要な集中力

杉田祐一◎  6-3 6-3 ×7 P.カレノ=ブスタ
Cbscore

 チャンスがあればネットに詰める。
 初戦のT.ロブレド戦に、その積極性は表れていた。
杉田祐一の積極性
 サービスVstr3

 から
 甘い
 リターン
 フォアハンドで
 クロスに
 ハードヒット
 すかさず
 前に詰め、
 ドロップボレー

 

この試合の第1セット、2回戦と同様に序盤から積極的に攻撃を仕掛けた杉田が
 第4ゲームで先にブレークに成功し、
 たった1度のブレークを守ってこのセットを先取。

 続く第2セット、勢いに乗る杉田は第1ゲームでいきなりブレークに成功。
 試合の主導権を握った杉田は最後まで攻めきってリードを死守し、1時間17分で勝利を手にした。

Borp

準々決勝では第4シードのD.ティエムと対戦する。両者は今回が初の対戦。
 D.ティエムはクレーコートに特に強い。
 D.ティエムvs D.フェレール戦 

 錦織圭、D.ティエム戦 ローマ2016

D.ティエムは守備型の選手
 R.ナダルと同じタイプの選手。R.ナダルよりも展開、カウンターが早い。
 ベースラインのはるか後方で、所狭しとボールを拾いまくる。
 少しでも甘くなると、一気にカウンター。
 フットワークが良く、走り負けない事が必要だ。

人気ブログに上位3位まで、クリック、有り難うございます。
 引き続き、よろしくお願いします。
 杉田祐一快進撃の記事 

 リターンの記事

 ダブルスの記事  
0428

テニス上達のヒント

 作戦ボードの詳しい内容
 テニススクール、テニスコーチ必携。
 ビジュアルなレッスンを
Softmagb4lob3

 ロブの立体表示が大好評。
 特にソフトテニスの指導者の方から注文が増えています。
 有り難うございます。 立体的なコート図が有効なんですね。

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 作戦ボード入りテニスノート 

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」
 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 バルセロナオープン オフィシャルサイト

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: クレーコート, スコア, ティエム, データ分析, 予想, 作戦, 動画, 勝因, 杉田祐一 | 投稿者tsukky 10:38 | コメントは受け付けていません。

ラオニッチ サービスでティエム粉砕 SF進出 ATPファイナル2016

ビッグサーバー、ラオニッチ ティエム下しSF進出
 乾いた音が室内にこだまする、ロンドンのO2アリーナ。

 二人の若いプレーヤー―が準決勝進出を目指して激突。
 このグループ、I.レンドルグループは、
 N.ジョコビッチ、M.ラオニッチ、D.ティエム、G.モンフィルズ。
 G.モンフィルズは肋骨の怪我で棄権、代わりにD.ゴファンが入った。
 N.ジョコビッチは、セミファイナル進出をトップで決め、楽々全勝で通過。
 力が戻ってきている。

 M.ラオニッチはG.モンフィルズを破り1勝。
 N.ジョコビッチ二は惜しくも敗れたが。 
 内容は僅差。  

 D.ティエムは、N.ジョコビッチには惜しくも逆転負け
 
 G.モンフィルズを破り1勝1敗。
 お互い、勝った方がセミファイナルに進む。
 勝ち上がり予想
 プレッシャーがかかる。
 
 二人の戦歴は、M.ラオニッチの1勝。
 超ビッグサーバー、M.ラオニッチ、最近はリターン、ネットプレーも格段に上手くなった。
 コーチの指導でここまで変わるのかと感心する。
 

 一方D.ティエムは、ナダルタイプのクレーコートスペシャリストとして登場。
 R.ナダルを破り注目を集めた後、
 ハードコート、
 芝でもR.フェデラーを破り、強さは本物となっている。
 

 D.ティエムは、彗星のように現れ、ビッグネームを次々と破り注目を集める。
 大きなテイクバックから振り抜かれるストロークは強烈。
 トップスピンが良くかかっている。
 見事な片手打ちバックハンドも特徴だ。

M.ラオニッチ◎ 7-6(5), 6-3 ×D.ティエム
Raothiem

 
第1セットからM.ラオニッチのサービスエースがうなりを上げる。
 220キロ越で左右に振られたら取れない。
 ビッグサーバー M.ラオニッチ 
 返しても、浅くなったボールは、簡単にM.ラオニッチのフォアの餌食となる。
 D.ティエムはベースラインから下がっているので、M.ラオニッチは前に出やすい。
Raoservothiem

 しかしD.ティエムも切れの良いサービスを打ち、お互いにチャンスが無く、サービスキープ、
 タイブレークに突入した。
 実はD.ティエム、
 先にD.ティエムがチャンスを迎えるが、
 この日のM.ラオニッチ、落ち着いている。

 なんとかストローク戦、
 バックハンドの打合いに持って行きたいD.ティエム
Thiembsft

 D.ティエムの豪快な片手打ち、バックハンド

 最近は速攻を使う選手が多い。
 錦織圭の速攻

 破れたD.ティエム、タイブレークは調子が良かったけれど、
 結果的に、僕とトップ10の選手との差が良く分かった。
 来年に期待して欲しいと。
 M.ラオニッチは、「自分でも驚くべき程集中していた。
 この様なプレッシャーの中でも調子を出せた自分に驚いている。」と語る、
 一皮むけた感じがする。セミファイナルでは強力な相手ですよ。

Raothiestats

 錦織圭との対戦を期待したいが、錦織圭は今日決まる。

 ハイライト動画 M.ラオニッチD.ティエム破った。 

テニス上達アイテム
 スポーツ&アートの、作戦ボード、テニス手帳、お世話になったコーチへのプレゼント、お礼に喜ばれています。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 ショットの打ち方以外に、センス、フィーリングを高める、
 グレーディング指導法
 フォームや勝ちではなく、距離感、強さの調整、角度を調整する、フィーリングレッスン
 サービス、バックハンド上達ドリル満載。
Bmstotalcombination

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 テニス、ソフトテニス作戦ボード
2画面見開き表紙付作戦ボード。

 スコアを書いて、自分のテニスを知ろう。
 作戦ボード入りテニスノート 

 テニス システム手帳2017 

 錦織圭を強くした男。
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

★☆★ 最新テニス事情が良く分かるリンク集 ★☆★
NHK on lineATPファイナル
 夜は11時から、朝は5時から。ダブルスも見たいですね。

ATPツアーファイナル 公式サイト 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ATPファイナル, サービス, スコア, ティエム, データ分析, ラオニッチ, 作戦, 動画, 勝因 | 投稿者tsukky 17:09 | コメントは受け付けていません。